趣味

2016年8月23日 (火)

TOYOTA2000GT

 いやぁ…書く事が無いwww

 ミケの参戦記も悪くはないんだけど、今回チト表立って書きたく無い事がメインのネタになりそうで、個人的な判断でお蔵入りした
 金田一シリーズは一応『悪霊島』は原作小説を読み切って、鹿賀丈史版劇場映画、片岡鶴太郎版TVドラマ、古谷一行版TVドラマ(2時間)と映像化作品は全部入手した関係で、今、ネタ帳を開いている所なのだが、纏めるのに少々時間を取っている

 さて、そうすると本当に書く事が無い…と云う事で、日常からカナリ短めに
 私は今までも書いている通り、都内在住で柏在勤である
 通勤手段は単車で、昨日の台風直撃にも台風で通勤した(まぁ出勤・退謹時間は丁度穏やかだった訳だが…ソレでも遅刻したケドな)
 経路としては、その大部分を国道6号泉で走っている
 まぁもしかすると、もっと近道が有るのかも知れないが、国道番号一桁の幹線道路ではあるし、他の道に変える必要も無いので、柏在勤になって依頼、此処を使っている

 で、以前、友人と駄弁ってる最中にコンな話を聞いた
『国道6号なら、途中のトヨペットにTOYOTA2000GTが展示されてなかったっけ?』
 …気付かなかったorz
 私は家庭がそうだったからか、日産よりトヨタ派で、更に云えば『サーキットの狼』『アローエンブレム グランプリの鷹』『マッハGo!Go!Go!』等の漫画・アニメ作品も一通り見ていた次期も有ったので、スーパーカーに憧れる一面は持っている
 で、トヨタが産んだスーパーカーのハシリと云えば、TOYOTA2000GT(以降『トヨニセ』)であろう
 この実車が有る近くを素通りしてたとは…orz

 詳しい場所を聞いてみると千葉トヨペット八ヶ崎店に展示しており、外からもガラス越しに見える…との事
 以降、通勤の際に見てみると…後ろからの姿だったので気付かなかったが、定期的に向きを変えているのか、正面を向けた際に確認した
 写真等で見る三角形のリトラクタブルヘッドライト、間違いなくトヨニセだ
Gtf
 以来、ほぼ毎日ソレを見ていたのだが、先日耐え切れなくなってNETで調べてみた
 すると、以前展示していたのはソーラーカーとして改造された『SEV』であり、現在展示しているのが1967年当時に生産されたオリジナルであるとの事

 で、帰りの時間が少々遅くなっても良い日に寄って見た
 まぁ普通にディーラーなので、自動車買い付けの商談なんかも出来る様になっている(ってか、ソレが本職)が、展示車は普通に見学可能である様だ
 触るのは禁止なので、ドアを開けるとかシートに座ってみるとかは出来なかったのだが、写真はo.k.と許可を貰い、好き勝手に撮らせて貰った
 照明の関係でガラス越しになるシートや室内は満足に写せなかったが、ソレでも全体像から部分写真も数点写させて貰った
Gtdl
(ガラスの映り込みが少なかった1枚…良く見ると排ガス対策済シールがwww)

 後でwikiで確認してみると、初期・後期・2300GTと3世代有る様だが、撮った写真とwikiに載ってる写真等を比べると初期型では無いかと思われる
 2300GTはフロントグリルの違いが一発で判る位違ってるし、初期と後期はフロントウィンカーレンズが透明(初期)と橙(後期)の違いが有るらしい
Gtfr

 今度は尻をガラスに向けたタイミングで時間的に余裕が取れたら、もう一度写真を撮らせて貰いに行くのも良いかも知れない
 まぁ自動車の性能としては、約50年前の自動車(その代わり、時代的に規制等が無かった関係上、好き勝手作れて性能が良かった可能性は有るがwww)なので、今の1800ccクラスの自動車の方が性能は良いのだと思うが、やはりトヨニセはロマンだと思う
Gtrl_2
(リア左側の給油口)

Gten_2
(リア右側のエンブレム)

Gtr
(リア全景エンブレムの位置が判る)

 取り敢えず、撮った写真を此方にも載せて今日の記事は終了したい
 来週はナニ書くかなぁ…本当 にネタが無いわwww
 まぁ何か見つけて…
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

正義とは(ヒーロー・ヒロイン観)

 うん、書く事が無いwww
 GWに特筆すべき事も無かったし、日々をダラダラ過ごしていると本当に時間は早い
 まぁ週に40本もアニメを見ていると、ソレだけで純粋に20時間前後の時間を使う訳で…
睡眠・食事等の「生命活動維持の為に必要な最低時間」を差し引くと、アニメ以外の趣味に使う時間がかなり制限される…本当に私は無趣味なのだと自覚させられる

 さて、ではそのアニメ・特撮等で使われる語を掘り下げて記事にしようか、と思い立った訳だ

 と、云う訳で今回掘り下げたい語は『正義』である
 コレをGooの辞書機能(大辞泉と記載されているな)で検索すると以下の通りである
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」
2 正しい意義。また、正しい解釈。「四書―」
  「其実はあたの語の―に非るなり」〈西村茂樹・明六雑誌三三〉
3 人間の社会行動の評価基準で、その違反に対し厳格な制裁を伴う規範。

類語
 道義(どうぎ)
 人道(じんどう)
 人倫(じんりん)
 大道(だいどう)
 義(ぎ)

関連語
 仁義(じんぎ)

 さて、もう一つ、私の常備PDAであるZaurusSL-C3200にバンドルされているマルチメディア辞書で検索すると、以下の通りになる
1 [荀子正名]正しいみちすじ、人がふみ行うべき正しい道「-を貫く」
2 [漢書律暦志上]正しい意義または注解「尚書-」
3 (justice)
ア 社会全体の幸福を保障する秩序を実現し維持すること。プラトンは国家の各成員がそれぞれの責務を果し、国家全体としての調和があることを正義とし、アリストテレスは能力に応じた公平な分配を正義とした。近代では社会の成員の自由と平等が正義の観念の中心となり、自由主義的民主主義社会は各人の法的な平等を実現した。これを単に形式的なものと見るマルキシズムは、真の正義は社会主義によって始めて実現されると主張するが、現在ではイデオロギーを超えた正義が模索されている
イ 社会の正義にかなった行為をなしうるような個人の徳性

 さて、正義の味方と称されるヒーロー・ヒロインがアニメ・特撮には多々居る訳だが、正義の味方を『自称している』ヒーロー・ヒロインは実は結構少ない
 ソモソモ普段人語を話さないウルトラマン系は云うに及ばず、仮面ライダーも敵組織を悪と断罪し、自分を人類の味方と名乗る事は有ったが、自らを『正義の味方』と名乗るシーンは殆ど無い
(ストロンガーの名乗り口上で『正義の戦士』と云ってるのが最初かな? しかも、以降のライダーも名乗り口上が有る者は居るが『正義』を名乗ってるライダーは他に居ない)
 尤も、他人から正義の味方だと呼ばれて否定しない事は有ると思ったがwww

 此処で一つ、最近お気に入りの漫画作品を紹介する
『ゆけっ!!悪の組織ダークドリーム!!』
『戦え!!悪の組織ダークドリーム!!』
(チャンピオンREDコミックス KAKERU著)
 2作なのは、掲載誌の紙媒体中止に伴いWEBのデジタルコミックに移行、タイトル改正と併せてWEBの規制で性的・残酷描写に『規制』と黒塗りが入ったりするが、基本続いている話である
(『ゆけっ!!』→『戦え!!』の順)
 この作品、タイトルの通り悪の組織が主役である…具体的にはプリキュアの独自解釈がカナリ入っている
 例えば『変身中に攻撃しないのは何故?(概要:以下同じ)』と云う主人公:新人幹部怪人のココセがした質問に対し、先輩幹部怪人は答える
 『パリキュア(この世界でのプリキュア)は強い、ソレと互角に戦える俺達も強い、変身前・変身途中の無防備な中学生に攻撃を加えたら手加減してても捻り潰して仕舞う』
 重ねて質問『悪の組織ですよね? 何故、抵抗してくる中学生程度を殺してはいけないの?』
 回答は『俺達は金は欲しいが、殺人までして金が欲しいと云うのとは違う、セントガーデン(この世界での妖精の国)を支配して好き勝手しても、事有る毎に女子中学生の惨殺死体がフラッシュバックしたら心から楽しめまい、ソレは最悪の敗北だ』
 …凄ぇ格好良いwww

 冒頭の正義の定義の話に戻ろう
 非常に抽象的な語であり、概念を言葉で説明しようとするから、本当に判り難い
 コレを上記ダークドリームでは作中にこう説明した(ちなみに解説したのは呪われたドリームコンパクト…意思を持つ変身道具である)
 生き物が1個体では正義も悪も無い、だが、その種が群れるとその群れを存続させる為の行為を『正義』と呼び、それに反する行為を『悪』と呼ぶ様になる

 Goo辞典の3番の解釈、ZAURUS辞典のアの第1文がコレに近いか…
 つまり、正義とは『群れの存続の為に資する行為』であり『群れ毎に正義は存在する』訳だ
 で、『群れ』とは『人類』と一つに纏めれれば簡単なのだが、人間が全部ソレを認める程成熟していないのが現実だ
 『国』も『群れ』だし、細かくしていけば在住地方毎に生活習慣が違ってくるので、『群れ』が変わる事も有るだろう

 普通に考えれば殺人は『悪』の行為だ
 コレは人類と云う『群れ』で『同属を殺す事が形成する個体数を減らし、群れの存続が多少なりとも難しくなる事に繋がる』からだ
 しかし、この定義で云えば、限定地域に人間を多数押し止めた場合、限りある資源の争奪戦になり、その過程で出来る群れの存続の為に、他の群れに所属する個体を殺す事は『正義』となる…所謂『戦争の正義』は此処から来る訳だ

 世の思想家は『性善説』(孟子)『性悪説』(荀子)等の思想を説いたが、個に正義も悪も無いのだとすれば、当然、善も悪も無い
 私は『正義』『悪』と云う概念は比較対照の問題だと思っている
 詰まり、この行為に比べてより正義に叶っている、又はより悪しき行為である…と云う比較であり、行為ソノモノに正義も悪も無い、と云う考えだ

 ただ、コレを比較検討する者は人より一つ以上上の観念を持った者で無ければならない為、実質不可能だ…と云うのも考えの一つにある
 例えば、人に小遣いをやる…この行為は善悪どちらか? と云う単純な話でも云える
 自己の自由財産を分割して他者に提供する事は善行かも知れないが、受け取った者がナニに使うかによって行為の意味が変わって仕舞うのだ…しかし、小遣いを与える時点でその結果までは確定されていない状況ではナンとも云えない
 つまり、善悪を決めるのは当事者では無理、と云える
 ただ、コレも面倒な話なのだが『ナニが群れの存続に資するのか』は当事者が本来一番『知っていなければならない』事項になる
 コレが判って無いのに行いに善悪を決めると云うのは非常に無理がある

 さて、話を再びダークドリームに移す
 今回の最新話でダークドリームの首領:ダークとパリキュアが対峙した
 ネタバラシをして仕舞えば、ダークドリームの最終目的はセントガーデンの支配に基づくペット産業や未開発の土地・資源開発等により多額の収入を得、ソレで世界中の戦争難民になる子供達に満足な教育を与える事、そして最終的には『充分な教育を受ける事で、世界中全ての場所で戦争根絶を行える世代を作る事』である
 多額の資金を得る為にセントガーデンを侵略する、と云う事だ
 セントガーデンの妖精は人語を解するが所詮小動物であり、人類と云う枠には入らない、詰まり『人類』と云う『群れ』から『戦争根絶』と云う『存続に資する為の行為』の為に『群れ以外のモノから利益を搾取する』と云う行為である
 パリキュアはセントガーデンの妖精を友人と認め、その依頼でセントガーデンを守る任を受けた訳だが、さて、どちらが『正義』なのか

 金が欲しければ他の方法で…と問い掛けるパリキュアにダークは年間数千億から兆の単位で金が必要になるが、それを稼げる具体的な方法の提示を求める
 答えに詰まったパリキュアからは再度の話し合いの依頼をするが『妖精を友人と認め、蹂躙を認めないパリキュアと妖精を小動物としか考えず、戦災難民と化している人間の子供達の方が重要と考えるダークとは妥協点が無い』と切り捨てて戦闘が開始される

 この作品は少々エロ描写もあり、基本的に笑う為の漫画なのだが、云ってる事は正しいと思う
 そして、現在放映開始から10年を過ぎたプリキュア全体について、非常にアンチテーゼとなっている様に思える
 悪の組織の最終目的は様々だが、少なくともこの作品郡ではプリキュアのアジトを爆破する、変身前の身元確定後も変身前の襲撃等の『プリキュアを簡単に効率良く排除する行為』をしていない

 更に云えば、物語の終盤、クライマックスの時点で妖精の国の征服を完了した悪の組織が人間界にも手を伸ばす描写は結構有る(しかし、全作品がそうとも云えない)が、それより前の展開では、人間界に逃げ込んだ妖精か、その妖精が持ち込んだ『何か』を求めて悪の組織から怪人・怪獣が押し寄せてきている事が多い
 つまり、その時点では人間界に取ってこの騒動は『ただのトバッチリ』である
 妖精を『友と認めた一部の人間』が『勝手に集団的自衛権を行使』しているだけなのだ

 元々、妖精は日本国民ドコロか人間ですら無く、憲法上基本的人権を認められているモノでは無い
(逆に、だから『14歳と云う未成年を戦場に駆り出して』いるのに罪に問われていないのだが)
 そんな『モノ』に対して、憲法ですら認めてるかどうか曖昧な『集団的自衛権』を勝手に行使して人間界に災いを巻き込んでいるプリキュアは冒頭の定義で云えば『人間と云う群れに無用の戦乱を引き込み、存続を危うくさせている』行為であり『悪』と認識出来るのだが…

 『妖精の国がヤられれば、次は人間界だぞ』と云う理屈で戦闘を強要し…まぁ事実、多くがその展開になってるのも事実だが…14歳と云う未成年少女を命のやり取りである戦闘行為に駆り出す事が『正義』なのだろうか?
 まぁプリキュアも正義は名乗ってないから、そう云う事なのだろうケドなwww

 かように正義と云うのは簡単に口に出せるものでは無い…と思う
 逆に簡単に口に出せる正義は、本文中盤に有る『戦争の正義』位なモノか…歪んだ正義ではある
 何気なく簡単に使っている言葉も、深く考えようと思えばカナリ奥が深い事もある…と云う事だ

 日本語は世界一美しい言葉である…と、私は思っている(尤も、最近のネットスラングにまみれた日本語はどうかとも思うが)が、ソレはこう云う奥深さから来ている面も有るのだと思う

 さて、何とかGWを乗り切ったぞwww
 次回の更新はどうしようwww
 獄門島を読み切ったからその辺りか、それ以外か
 次は…手毬唄辺りを読みたいかな…アレも映像化の時、尺の都合で変更させられてる箇所が有る事が判ってるし
 兎に角、ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

劇団すごろく観劇と単車修理、最後にチョット柿本光太郎氏出演情報

 まぁ何時もの日記な訳だがww

 劇団すごろく…2005年から公演の度にお邪魔している劇団である
 かなり昔…既に20年近く前になるだろうか…通信仲間のうち、頻繁にリアルで会える人たちと週一で会える機会が有った
 ソコは別に通信仲間…と云う括りではなく、その仲間達が属する鉄道マニアのコミュニティであった
 特に鉄道ファンではない私は、本来完全な部外者だったのだが、友達の友達は…ではないが、優しく受け入れて貰えたので、居ついて仕舞った訳だ
(結局、集会所となっていた喫茶店の閉店とほぼ同時に集まり自体が無くなって仕舞ったが)
 ソコで出来た友人が誘ってくれて観劇に行き始めてから最初だが、もう10年になるのか…と思う
 ソレだけ面白く、充実した時間を過ごさせて貰っている

 当時は座長・緒方賢二氏、副座長・松本保典氏だったのだが、座長が一昨年退団し、以降は松本氏が座長として活躍している
 さて、この劇団、新宿のSPACE107と云う劇場を拠点に活動していたのだが、昨年4月で閉館となり、流浪の劇団となってしまった
 年2回必ず行われていた公演も昨年は1回(やはり劇場の折り合いだった様で…良い感じに使える劇場を未だ探しているところらしい)だったのだが、今回、2月と云う今までに無いタイミングで公演が有ると云う

 演目は、7年くらい前に行った演目の再演との事で、正直迷ってはいた
 一度見た作品であるし、今回の劇場は上落合…最寄駅的には西武新宿線の下落合らしいが、行った事の無い場所だし…しかし、興味も有る
 …と、云った折、上記の劇団を紹介してくれた友人からチケの確保について確認が有ったので、行く事に決めた

 で、先日の土曜日が観劇当日となった訳だが、この日は昼食後から行動を開始した
 と、云ってもナンか最近疲れてるのか、睡眠欲が強い
 昨、金曜日はバッタもんで食事を取って日付変更前後に帰宅、そのまま金曜日の深夜アニメを見て就寝…と、その後、何故か腹具合をおかしくして夜中に何度か起こされたのだが…気付けば土曜の朝も8時頃に目を覚まして朝食…と云うタイミングだった

 昼食もそれに合わせて遅くなり…と云う訳でもなくwww
 午前中のアニメFairyTailを見たらそのまま気絶に近い状態で就寝…13時過ぎに起こされるまで爆睡していたのだ
 で、昼食後ソレナリにゆっくりして14時過ぎに行動開始である

 取り敢えず金の用意、着替え、持ち物は…先日の公演の際、劇団員の一人が『漫画家:村枝賢一氏の大ファン』である旨話を伺っていたので、以前、バッタもん関係で貰った事の有る村枝先生のサインが描かれている先生の画集『改造人間』を鞄に入れておく事にした

 さて、下落合に向かうには電車…単車でも良いのだが、置き場が不安なので今回は電車とした…が、自宅最寄駅はメトロかJRになる…検索すると、時間・料金ともJR経由の方が良い様だ
 最寄→常磐線→日暮里→山手線→高田馬場→西武新宿と云う検索結果が出た

 しかし、此処で一つ案件が上る…この劇団、公演中に『差し入れした人のの名前を口上で述べる』と云うのが慣例になっている
 毎回、お邪魔する度に差し入れているのだが、上記乗換駅(日暮里・高田馬場)では、余り差し入れを買える店が見繕えない
 と、云う訳でチト変更して山手線→西武新宿線の乗換駅を新宿に変更する…と、運賃も変わらない
 コレで行くか、と決定する

 で、出発…最寄駅から常磐線で日暮里まで、乗り換えて新宿…しかし、新宿ってよく考えるとテリトリー外なんだよなぁ…www
 池袋はサンシャイン等のイベント会場が有り、行く事も少なくないが、新宿はそう云う事もなく本当に乗り換えに使うだけで街を歩くって殆どした事が無い
 取り敢えず、東口に出て歩く…道を間違えて完全に歌舞伎町方面のヤヴァい場所に…まぁ昼間だしソコまで危険はないかな…と、取り敢えず平静を装って明治通りまで出る…此処からなら伊勢丹に行けるか、と路上MAPを見ながら伊勢丹に向かう

 伊勢丹地下1階の菓子売り場で詰め合わせを購入、その足で西武線の駅に向かう
 場所が判らないので、現地で確認した後に時間を潰せれば…と云う算段である
 と、云う訳で下落合駅…周辺、ナニもねぇwww
 劇場をGoogleMAPで検索…MAP上はすぐ近くなのだが、場所の割り出しが難しい
 結局、付いた点の位置が微妙にズレていて、道一つ跨いで探したらすぐ見付かったのだがorz
 18時に入場手続開始…だが、まだ17時前だし、特に私は上記友人と合流しないとチケも無い状態だし…と、兎に角時間を潰す方法を探る

 再度、GoogleMAPで喫茶店とか食事とかで探しても個人経営の喫茶店や定食屋等が殆どで、安く済ませる・長時間居ても問題無さ気なチェーン店系が全く無い
 結局、捜し歩いてる間に時間が潰れると云う、嬉しいんだか嬉しくないんだかの状況で、駅近くのカレー屋で夕食
 その後、セブンイレブン(コンビニはコレともう一つ、ローソンが有った)でコーヒーを買って(最近は\100とか\150で淹れたてホットコーヒーが買えるので、コンビニでは缶飲料って買わんよな…)劇場前で更に時間を潰す

 で、開場後に友人とも合流、劇場内に入る
 差し入れをしたり、グッズを買ったり…と云うのも済ませて劇に集中する

 流石に7年前に1度見ただけの劇だけに、忘れている…
 物語の途中で思い出すが、充分楽しめた内容である

(此処から先は登場俳優名が入ります)
 今回の演目『シバラク!』はすごろくの定番である時代物の人情劇である
 伝説の英雄『シバラク』に憧れる青年が偽シバラク(先代シバラクの弟子だったが、後継になれなかった)に弟子入り、その裏で悪事を働く子悪党に騙されて…となるが
 偽シバラクを演じた高宮武郎氏は7年前の公演でも同じ役を演じたが、流石の存在感…と云うか、声・恰幅・立ち回りといい、こう云う役回りでは圧倒的である

 次いで、現シバラクの息子を演じた小川一樹氏はこう云う腰の引けた、気弱な武家の息子…と云った役回りでは秀逸である
 確か、この人も7年前と同じ役回りだったと思う

 後は、先代シバラクの娘役を演じた本井えみ氏だが…怒って力むと声が城ヶ崎さん(ちびまる子ちゃん)になるのがナンとも…本人は狙ってないんだろうが、コミカルなシーンだけに笑いは間違いなく取れる^^

 他にも、偽シバラクの下に付きながらもチト悪い事も…でも悪党に成り切れないシバラク団筆頭を演じた加藤朗史とか、見所はいくつも有った

 惜しむらくは舞台が若干手狭で最後の大立ち回り(チャンバラをするのが8人? それ以外にも登場人物が数人…総勢10人以上で舞台を立ち回る)が少々厳しく感じた位か

 公演後の打ち上げについては、場所が狭いと云う事で以前の様な大々的な感じではなくなったが、ソコはそれ、コネ(友人にチケが回ってくる経緯が劇団員→アニメのプロデューサ→友人なので、そのお零れで私も)で参加を許していただき、参加

 で、村枝先生ファンの団員(上記小川氏)に例の本を見せたり、今週月曜に放映したドラマ『警部補 杉山真太郎』に柿本光太郎氏(倉田てつを氏の御長男)が出演する情報などを宣伝してみたり…と劇の話も当然メインにしたわけだが、そんな話をしたりして、23時過ぎ、お開きとなった

 今度は新宿に立ち寄る必要もないので、高田馬場で乗り換えて最寄駅から帰宅した時間が日付を超えて1時少々手前位か
 深夜アニメを見て就寝である

 明けて日曜日、7時過ぎに目を覚ましてTVを付ける
 新戦隊、手裏剣戦隊ニンニンジャーが始まる
 …まぁ第1話で『コレは良い!』と直感したのは最近ではキョウリュウジャーと少々前でタイムレンジャー辺りかな?
 今回は1話だけではソコまでの感想は持てなかったが、トッキュウジャーよりマシには思えたかな…
 逆に1話ではソコまで光るものを感じなかったが、最終的に良作だったのはゴーカイジャー、シンケンジャー辺りかな?

 その後、ライダーを見て朝食(プリキュアを見ながら)、その後も若干TVを見てやはり眠って仕舞った
 13時に目を覚まして昼食(噂の東京マガジン…今回はやってTryが無かった)、その後に先日の事故で修理に出した単車の回収である
 まず電話で回収可能かどうかの確認をして移動である
 単車は下馬の整備工にお願いしてるので、渋谷からバスになる
 自宅からだと、今度はメトロが安くて速いのでメトロでの最寄駅に行く
 上野で乗り換えて渋谷、バスに乗り換えて整備工に到着、状況などを話して会計、単車を受け取る
 納車時にサブのヘルメットを置いて行ったので、それを使って乗って帰る…まぁ天気が怪しかったが、結局降られずに帰宅出来た
 その後もTVと夕飯、寝てアニメ…と本当に暇が有れば寝てる状態である
 ソレだけ睡眠を欲してるんだと思うが…今回の土日も出掛けた関係で見損なってるアニメが数本…そして月曜はイレギュラーで見る予定の上記『警部補 杉山真太郎』も有るので、どれ位睡眠出来るか…
 まぁ死なない程度にHP削って生きるのには慣れてるっちゃ慣れてるんだがwww

P.S.
 文章中にある柿本光太郎氏出演『警部補 杉山真太郎』に関して、調べてみたらTBSはドラマをNETで1週間無料視聴可能に設定しているらしい
 月曜日に見逃した諸氏はコレを使えば今週中は普通に見れることを申し添える
 私は…TV放送には間に合わなかったが、この無料配信で見た
 感想は…次回に書くかなwww

 さて、次回更新は…ナンか書く事有ったかな?
 まぁ何時もの近況・雑感かな(ドラマの感想とか)
 それまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

単車に纏わるアレコレ

 私は単車乗りである…と、云うのは面識のある面子には周知の訳だが、子供の頃に見た仮面ライダー・電人ザボーガーの影響が強い
 で、20歳前から乗り始めて現在40代半ばであるが…既に20年以上単車に乗ってるのか、私は…改めて時間って短いと思う

 高校卒業した18歳の4月に四輪免許を取り、原付…この時から既に単車を希望していたので、ギア付き(所謂スクーターを除いた)機種選定をして、ヤマハDT50を購入、デュアルパーパスなので、どちらかと云えば体を起こして乗るタイプであったが、左手でクラッチ、左足でギア操作、右手と右足でブレーキ…と云うモノに慣れた
 翌年就職して1年弱、20歳になったばかりの11月に中型二輪の免許を取得、川崎GPZ400Rを中古で購入、当時は実兄が中古バイク屋に就職していたので、ソレナリに状況の良いモノを斡旋して貰えた
 コレを乗り潰し、ZZR400を新車購入、コレを乗り潰す前にDT50が廃車となり、SuperSHERPAを新車購入、翌年にZZR400が廃車となり、ZZR250を新車購入…と云う変遷で、現在の2台持ちになっている

 さて、現在は両方とも250ccバイクなので車検も無い訳だが、毎日自宅←→柏の職場に通勤していると、毎日往復64Km前後の走行距離が発生する
 当然、1日の通勤に乗る単車は1台だけだから、両方を満遍なく乗ると走行距離の負担は半分になる訳だが、ソレでも1ヶ月で1000Km位づつ増える
 最近は、土日等の休日に近場(秋葉原等々)に行く時は自転車にしているるし、少々遠場(池袋等々)に行く場合は最寄り駅まで自転車で行き、以降は電車に乗る事が多くなり、単車を休日の足にする事は少なくなっているが、ソレでも約3ヶ月少々の間を空けて走行距離が3000Kmづつ増えて整備するタイミングになる

 この時、整備工に預ける時間は1週間程度とみているので、週末を3回使って整備を終わらせて貰っている
 1台目を納車した翌週に2台目を納車、1台目を受領して、更に翌週に2台目を受領する…と云う具合である
 整備工が下馬なので、チト遠く、こうする事で無駄な行き来を抑える狙いがある
 この為にも3ヶ月で両方の単車を3000Km走らせる(まぁ期間は兎も角、両方の単車でほぼ同じ距離を走る)様に心掛けている次第である
 今回もそのタイミングが来て、現在、2台目を納車中である
 今回はタイヤ交換の時期にも来ているので、チト値が掛かる予定である…
 1台目、ZZRが約\32K、この時は前輪のみ交換して後輪は次回にまわした訳だが、SHERPAは前後両方交換を願い出ている…コレだけで約\20K弱追加予定であるが、もう一つ、シートの問題がある

 云わずと知れた単車の場合、シートは風雨に晒される訳で、ソレナリにそう云うモノには強い素材で作られている訳だが、経年と直射日光等で劣化し、亀裂が入る事が有る
 この亀裂、放って置けばドンドンでかくなるし、シートに亀裂が入ると、その下は緩衝材のスポンジであるから、雨等を吸って仕舞い、晴天時でもナンか湿る…と云うか、含んだ水分が多いと尻が濡れる事も珍しくなくなる
 故に、亀裂を見付けた場合、補修する訳だが、シートの張替は自分でやればソレナリに安く上がるらしいが、その手間と出来栄えを気にする場合、やはりプロに頼む事になる
 で、更にその金を惜しむ場合、補修用シールが販売されている
 当然、シート地と同じ材質な訳ではないが、合成皮で粘着シートになってる補修シールを購入して、亀裂が覆い被さる様なサイズに切って貼り付ける事で補修する
 コレで1年少々…いや、もう少しかな? 耐えて来たのだが、シールの下で亀裂が大きくなっている事、シールの貼り際にも亀裂が出来た事(シールだから、当然その部分の厚みが増し、際には大きな荷重が掛かるのは当然で…)等が判り、とうとうプロに頼む事にした

 一番、購入時に近い状態になるのは当然、メーカからシートをパーツとして購入して付け替える事だが、当然、一番金が掛かる
 次善策として2りんかん等の店舗に依頼してサードパーティ製の合成皮で張り替えて貰う方法だが、値は半分程度になるらしいが、1週間~10日間掛かるらしい…整備工に1週間預けるのに、更に1週間以上別工場に預けるとか、流石に無理(ZZRに負担が掛かり過ぎる事、また、ZZRでは雨天や強風等の悪天候時にチト弱い事等があり、少々心許ない)である
 …と、云う訳で時間を金で買うと云う選択の元、シート交換を依頼した訳だ…コレが約\30K、整備工の見積もりでは、今回の整備費用は約\80K前後だろう、と云う事だ
 前のZZRの料金\32Kと合計して\112Kと云った所だが、まぁ仕方あるまい

 さて、最近、その序でで出る話題が次の買い替えの話である
 冒頭で単車の所有変遷を記したが、所有バイクの所有期間は以下の通り
DT50:15年10ヶ月(GPZ等中型免許取得後に一時乗らなかった時期あり)
GPZ400R:7年(2年落ち、車検通した直後の中古で購入、故に製造後9年で廃車)
ZZR400:9年6ヶ月(新車購入、廃車まで)
SuperSHERPA:9年8ヶ月(新車購入、現在現役)
ZZR250:8年7ヶ月(新車購入、現在現役)
 一般にはどうか知らないが、私の場合、ZZR400で9年半以上乗った時点で整備工に『良く持った方だ』と褒められた
 コレが一般的にこの程度で廃車になる車が多い、と云う事なのか、私の乗り方(整備の全てを一手にお願いしているので、私の乗り方なぞ見てなくても判るだろう)のワリに良く持った方だ、と云ったのかは判らないが、大体私の単車の場合、寿命はその程度と云う事なのだろう
 すると、現在現役の2台もソロソロ…と云う事になる

 取り敢えず、1年先輩のSHERPAが順当なら先に逝く事になる訳だが、ソレでも整備工曰く後1年は大丈夫との事…出来れば私としては、後2・3年頑張りたい所だ
 で、新車だが、SuperSHERPAもZZRも既に現行モデルは廃止されている

 SHERPAの後継は既に無く、並売されていたKLXかD-TRACKER Xになるが、KLXが\543K、D-TRACKER Xが\563Kである
 KLXの方がよりオフロード仕様でタイヤサイズも大きめでシート高も若干高くなる…D-TRACKER Xは若干オンロードを意識しており、タイヤサイズも若干小さいオンロードタイヤを基本装備している
 ZZRの後継はNinja250になるが、3バージョン販売されており、ノーマル、スペシャル、ABSスペシャルとなっている
 ノーマルは\553K、スペシャルが\569K、ABSが\620Kとなっている
 違いはノーマルにクラッチ周りを上等品(ってかレース仕様の品なのかな?)にしたのがスペシャル、更にその上でブレーキ回りをABS搭載にしたのがABSスペシャルらしい
 全て車体の税込み価格だが、乗り出し価格では更に\4~50Kが上乗せされる(保険やら初期整備やら)
 ナンにしても、両方交換すれば\1,200K前後の出費となる訳だが…結構デカいorz

 すると、整備工から一つ提案が…
 KLXをワンサイズ落として125ccにすれば、値段が抑えられるのではないか…との事だ
 元々、デュアルパーパスはDT50を廃車にする際、排ガス規制で2ストの原付が製造出来なくなっており、オフ車が250ccクラスしか無かったからSHERPAにした経緯がある
 数年前から、デュアルパーパスの125ccが作られ始め、今ではソレナリに主流になっているとの事である
 今回はSHERPAに慣れてから125ccにランクダウンする訳で、パワー不足を感じるかも知れないが、ソレでも最近の125ccはソレナリに走るし、加速し切れば巡航では問題無いそうだ
 柏への通勤に使えるかどうか…まぁそもそも柏も既に3年目な訳で、ソロソロ都内に戻りたいんだが…が問題になるが、値段としてはKLX125で\348K、D-TRACKER125で\369Kになる
 悪くない話だ…取り敢えず、今乗ってる単車を出来るだけ乗り続けたいが、今後の選択肢として考えるのは悪くない

 ちなみに…色だが、Ninjaは赤が良いんだけどなぁwww
 昔は有ったのに、人気無いのかなぁ…今はラインナップから無くなって仕舞っている
 まぁ後2~3年は先の話だ、その頃に復活して欲しいと切に希望する
 オフ車の方は今のライムグリーンは昔、川崎がレースをやってた頃のイメージカラーなので、無くなる事はないだろう…このままライムグリーンの車に乗っていたいので、全く問題は無い

 と、此処まで書いた訳だが、昨晩、ZZRにチト異常が発覚した
 メータ類が一切反応しなくなったのだ…タコだけ動いており、スピート、トリップ(A・B両方)、オドの3系が吽とも素とも云わん状態である
 昔、DT50の頃に良く有った事だが、メータに前輪中心辺りから伸びてるケーブルが抜ける事が有ったが、あの時は…メータに2本のケーブル(タコ用とスピード用)が刺さってたが、オドとか動いてたっけ…?
 取り敢えず、整備工に連絡した所、やはりメータに向かうケーブルが抜けたか断線したか…と云う事である
 タコは電機系のケーブルなので独立して動くが、上記スピード・トリップ・オドは1本のケーブルでメータ内を分岐して独自に動かしているらしい
 木曜には修理可能と回答を貰ったが、取り敢えずコレで木曜晩までは運用せねばならん…しかも、就業後に柏→下馬までツーリングだwww(googleマップで2時間少々…orz)
 まぁタコが動いてれば、速さは周囲との相対速度で適当に測るし問題無い訳だが…燃費計算だけか、今回は特殊事情だし適当に数字を埋めるか…と云う感じかな
 ソモソモ、ソコまで厳密に計算してる訳でもないが

 さて、今週は…水曜日に眼科診療と土曜日に速水氏のディナーショーだ…更に云えば、日曜は冬コミの三拡である
 その辺がネタになるかな…三拡の議事録は更に翌週になると思うが
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

ワイルダネス企画・東京公演と先週の補足

 と、云う訳でアニメのインプレが遅れる遅れるwww
 週末の18日、ワイルダネス企画の東京公演が有ったので行って来た
 8月中旬からのチケット販売で、9月末には完売していたらしいのだが、私は8月下旬にバッタもんで取り扱う分のチケを購入できた

 さて、この企画は2号ライダー佐々木氏とXライダー速水氏、アマゾン岡崎氏とスーパー1高杉氏の企画な訳だが、今回はゲストとして555半田氏も出演する
 聞いた話では、当初は劇にも参加を予定していたが、諸般の事情で劇には不参加、トークと歌での参加をされると云う事らしい
 取り敢えず、平成ライダーでは一番好きなライダーが555なので、コレは嬉しい(まぁ劇は残念だが…)

 舞台終了後の懇親会(舞台が200席で懇親会は50席、1/4の確立だが、地方から来ている客も居るだろうし、その辺が妥当なのかな…終了予定0時だしな…途中退席もO.K.と云う事だが、出演俳優・殺陣師(大野剣友会:岡田氏)・脚本(漫画家:村枝賢一氏)が各テーブルに順に回って来るそうなので、途中退席は非常に勿体無いしな…)も予約している

 ナンでも会場近くの東急インだかは予約で満室になったそうで…まぁ土曜日の公演だから、一泊して日曜に帰る地方客も居るんだろう
 私は0時程度なら、中央線が動いている筈なので秋葉原でも上野でも着けば、日比谷線も1時位まではやってるだろう…
 最悪、上野からなら歩いても帰れるしな
 取り敢えず、バッタもんで購入の立花レーシングの帽子と弐剛会Tシャツで行くかな…と、考えていた

 さて、当日
 予定通り弐剛会Tシャツに青の半袖シャツ、赤いライダージャケットに立花レーシングのキャップと云ったスタイルにした
 17時30分入場で18時開演と云う事なので、取り敢えず秋葉原での買い物も有ったし14時に家を出る
 通常、秋葉原に出掛けるだけなら自転車で行く(糖尿病の運動療法の一環として2年前から)のだが、今回は夜が遅くなる事とその先が長いのとで徒歩で日比谷線の駅に向かう

 秋葉原で買い物及びフリマをブラついてJR駅に向かった
 お茶の水で快速に乗換え…と云う手も有ったが、敢えて乗換えずに各駅停車で吉祥寺に向かった
 今回の目的地・吉祥寺は中央線の中でも各駅・快速・通勤快速の停車駅で、通勤特快・中央特快には停車しない訳だが、土曜午後と云う時間帯では中央快速が若干走ってるだけなので余程気を付けづに乗り換えなければ吉祥寺に停まらない列車に乗り込む事は無い、筈だwww
 従って先日の有楽町の時みたいにうっかり快速で停車駅を飛ばされた…と云う事は無いが、充分間に合う時間だった事と、既に座れる状態だったので、敢えて乗換えをしなかっただけだが

 さて、吉祥寺に到着した所で駅前の周辺地図を確認
 劇場の住所から道順を確認して一旦現地に向かう
 既に入口ではスタッフ(ワイルダネス企画自体、母体が弐剛会事務局の面子なのか、顔見知りが多い)が入場準備していたが、場所確認と入場の詳細(張り紙でチケット番号により入場時間の目安が掲示してあった)ので確認して場所を離れた
 懇親会での食事がどうなるか判らなかった事もあり、ガストで食事とドリンクバーで時間を潰す(小説を持ち歩いているので、こう云う時間は余り苦にならない)
 適当に良い時間になったので、会場に赴くと入場待ちの行列が出来ていた
 チケット番号順に入場だったらしく、既にスタッフが会場整理をしている
 流石に観客にも顔見知りが多かったので、適当に雑談等しながら入場を待つ

 入場した所で、席の確保をして、物販会場に向かう
 入場者プレゼントのマフラータオル&サインはアマゾン岡崎さんのモノであったので、購入分のマフラータオルは佐々木さんと速水さん(速水さん分だけ保管用と使用用に2本)や、ゲストの半田氏のCDなんかも有ったので、コレも買ってみた
 一応目的のブツを確保して会場に戻る
 周囲の人と話しながら時間を待つと開演である

 劇は30分前後かな?
 4人のライダーが新しい悪の組織の基地に潜入したが分断され…と云った話で、其々のライダーが其々で見せ場がある作りだ
 別々のライダーが同じ目的の為に同じ基地内の違う場所で其々活躍する…若干シチュエーションは違うがPS2ソフト『仮面ライダー 正義の系譜』と思い出す
 劇には出ないと云っていた半田さんも一瞬顔を覗かせるシーンが入り、場も沸き立つ
 今回の企画は東映に話は通ってるらしく、シッカリ『仮面ライダー』『一文字隼人』『神敬介』『山本大介』『沖一也』の名前が劇中でも呼ばれているが、流石にスーツまでは借りて来なかったらしい
(まぁスーツは今、スーツだけでのレンタルをしてないらしく、スーツを借りる際は中のスーツアクターごと派遣…と云う方法らしいので、一気に賃料が上がるのだそうで…)変身ポーズの後は朗読劇になっていた
 ソレでも変身ポーズをとる前に数分の立ち回りがあり、朗読…なので、佐々木さんと岡崎さんは特に朗読中の息切れも大変そうであった…
 流石に現役でアクションをしている俳優(バッタもんの常連仲間で佐々木さんの俳優仲間のツテで本職を借り出せた)に大野剣友会の岡田氏が殺陣を付けてるだけあり、迫力のあるアクションだったのだが、ソレだけに相当、体力を持って行かれた様だ…

 劇が終わり、休憩をはさんでトークショー、コレには殺陣師の岡田氏や半田氏・三枝りな氏(今回の劇にも出演、ストロンガー荒木氏の娘さん)も登場して談話会である

 更に休憩をはさんでライブである
 佐々木氏・速水氏・岡崎氏・高杉氏の順に出演作品の主題歌と今回新しくレコーディングをした新曲と2曲、劇にも出演した声優:関智一氏(この企画には初期から出演されている)もアルバム収録曲から1曲、続いて半田氏も555の主題歌と物販にも有ったアルバムから1曲披露された
 特に半田氏の555主題歌は結構カラオケとかでも要求はされるモノのナンだカンだとかわして歌わない事が殆どらしく、ライブ等では『最初で最後だと思う』とまで云って歌ってくれたのは非常に嬉しい話である

 さて、それらが終わって公演は終了した
 この後は懇親会(席数増加が出来たらしく、当日受け付けも可能になってた…まぁ良いけどさ)である
 懇親会に行く面子だけ固めて、その他の客は解散する
 固まった懇親会面子は固まって会場に向かう

 会場での席割りは自由だったので、空いてる所…と探した所、弐剛会面子が固まってるテーブルに座る事が出来た
 ナンだか此処だけ『バッタもん別室』の様な状況だwww
 で、懇親会が開始…されないorz
 ワイルダネスのスタッフが他の部署で散らばってるらしく、懇親会場に一人も来てないのだ…Tel.NO.を交換している弐剛会メンバーが連絡したのだが、多忙中なのか携帯を着替時に置いておいて身につけてないのか連絡が取れないらしい
 只でさえ公演が盛り上がった関係で開始が遅れているのに、コレは少々戴けない…次回以降の課題になる筈だ

 さて、ソレでも飲み会が始まれば話は弾む…元々が同じモノが好きな連中が集まる会な訳だし
 適当に話しながら飯を食い、俳優さんたちの準備が整うのを待つ…
 すると、関氏だけ先に退席された様で、結局お話しすら出来なかったのが心残りであるが仕方あるまい…次回以降、機会が有れば…と思う
 更にその後、半田氏も時間が押して…と席を立たれるとの事だったので、その時はチト席を立って2言3言話をさせて貰って握手まで(事務所関係なのか、写真はNGだった)させて貰ったのは僥倖であったと思う
 その後、佐々木さん・速水さん・岡崎さん・高杉さん・村枝さんと岡田さんも一般席に入って来たので、基本立ち席であっちフラフラこっちフラフラと(他の参加者の写真の為にシャッター押したりしながら)交流を深める
 楽しいひと時であった…会場もオーダーストップ(飲み放題)は定時の23時半位には入ったが、場の提供は0時半位まで解放してくれたので、長い時間楽しめた

 さて、帰るか…と駅に着いた所で吃驚www
 列車が最終を残すのみとなっていた…0時前で殆ど終わってんぢゃんwww
 駅員と京王線等も交えて帰る方法を確認したが、どうにもこうにもならん事が判り、始発まで待つ事にした
 駅前商店街も殆ど閉店していたが、24時間営業のマックが有ったので、あんこパイ(期間限定)と爽健美茶を頼んで此処でも文庫本の出番である
 Another(綾辻行人:2年前にアニメ及び実写映画化された作品の原作本)も合宿所の場面になり、良い所だが…眠い
 始発の時間が来たので電車に乗り込む
 お茶の水で降りて(始発から1時間位は中央線各駅なのでお茶の水から神田に抜ける)総武線各駅が来るのを待って秋葉原に
 日比谷線に乗り換えて無事帰宅したのは6時頃だったろうか…

 その後、見れなかったアニメのエアチェックを確認して(未だに見れてない作品が数本…今週の深夜アニメのチェックは鬼の状態だな…)1時間前後の仮眠を何回か挟んで日曜は過ごした
 …ってか、今の時点でも眠いorz

 今週末は毎年1回だけ有る休日出勤(基本、糖尿病関係で産業医から止められているが、例外の1回)だし、かなりハードな週になりそうだ
 取り敢えず次回も更新はネタは有る筈…ってかアニメインプレの文章は出来てるしなwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

P.S.
 先週更新した記事のネタ映画『太陽の坐る場所』であるが、あの後、チト調べてみた
 原作小説は主役である2人の『キョウコ』を基本、『キョウコ』と記述し、心情(主人公2人の…と云う部分と、多分、他のキャラから主人公2人へのも含めて)の読み方を混乱させるする事で読者にミスリードを誘う所謂『叙述トリック』と呼ばれる手法を用いた作品らしい
 映像化すればソンな手法が取れる筈も無く、結局、起きてる事象が全て映像として目の前で展開される訳で…ナルホド、映画を観た感想がミステリではない…と云うモノになる筈だwww

 叙述トリックの作品を映像化した事で印象に強いのは丁度原作小説を読んでいる所だが、綾辻行人の『Another』がアニメ1クールと実写映画で映像作品となった
 アニメは声優プロダクションを巻き込んだ壮大なトリックで見事に1キャラを2人に見せかけて映像化に成功したが、実写映画はグダグダだった印象がある
 やはり映像で旨く見せられるモノと文章でしか伝えられないモノには大きな隔たりがあるのだと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

弐剛会と自転車・単車

 と、云う事でナンの事は無い日記記事
 当然、3つの話題に共通性はないがwww

 金曜日、1週空けてまた晩飯は『バッタもん』へ…
 晩飯と云っても、バッタもんは居酒屋で、『食事』になるメニューがピザと焼きそばのみなので、途中どっかで軽く食ってから行き、店ではウーロンと摘みで駄弁る事が中心となる
 先日、CoCo壱でサラダ+ハーフサイズカレー(御飯量150g)ルー増量,ビーフカツトッピングで食した後にバッタもんで駄弁って帰った所,翌日の血糖値が120mg/dL近くに跳ね上がったのを見て、カレー(しかもルー増量)とカツのトッピングは流石にキツいか…と思った訳だがwww
 普通にすき家の焼きそば牛丼サラダセット(サラダ+味噌汁)の後にバッタもんだった時は翌日の血糖値が100mg/dL切ってたので安心してたのだが…
(期間限定メニューの「焼きそば牛丼」は丼飯に焼きそばを乗せて、更に上から牛丼の具(所謂牛皿)をかけると云う、かなり乱暴なメニュー…御飯と焼きそばの炭水化物タッグは血糖値には良くない筈…しかも、確かこの時は普通盛だった筈で、米の量は間違いなくコッチの方が多い…この辺りも喰った量等より体調の方が血糖値に影響してるんぢゃね? と思う根拠の一つであるが)
 と、云った訳で今回はすき家のネギ玉牛丼サラダセット(並・サラダ・味噌汁のセット)を食してからバッタもんに…
 バッタもんでは、弐剛会の会員証が出来上がっていた
 会員番号は130番…あれ?
 どぉも、私が入会手続きしてから別の3人が手続きしていた…と云う事らしいwww
 ネタまみれの入会だなwww
 ちなみに、調べた所、ライダーカードの130番は「新1号ライダーと滝和也のツーショット」であったwww
 滝和也(千葉治郎氏)と佐々木氏は今でも親友同士であるが、1号ライダーとの写真か…ソレもネタだなwww

 さて、週4日はバッタもんに居ると云う常連(ちなみに弐剛会には入っていない…既に入るタイミングを外して仕舞った状態で常連認定されている様で…ソレもネタだなwww)さんと駄弁ってる最中、ママと3人で糖尿病から痛風の発症や治療、他の弐剛会員に彼女が出来てバッタもんに来なくなった…等の近況ネタ等で盛り上がるが…先日発売された『仮面ライダー復刻大全集』と云う「1971年当時、たのしい幼稚園に連載されていたライダー漫画をフルカラー再収録した冊子」のコメントで佐々木氏が書いているが、『弐剛会員は俺(佐々木氏)にサインを求めない。常連になると俺を放ってウルトラマンやガンダムの話で盛り上がる。俺が俺が…とならない、何と和やかで穏やかな会に育った』と云った通りの状況である
 さて、季節の関係か、バッタもんでは冷やし中華を始めていた…上記の通り既に食事後だったので注文しなかったが、次回はコレを狙う事にしよう

 さて、話変わって自転車
 先日の記事で少々チューンナップ(ってか7段化)をすることにしたウチのDAHONのOEM廉価自転車だが…
 デフォで装着しているスプロケは14-16-18-21-24-28Tの6段
 今回楽天で購入したスプロケは13-15-17-19-21-24-28Tの7段
 通常、丁数(歯の数)が大きい(つまり軽い=遅い)方から1段→2段…と呼んで行くので、1~3段の丁数は同じ…つまり同じ重さの荷重となる
 対し、4段に上げる際にデフォでは3丁減って次から2丁→2丁で最終6段は14丁となるが、今度取り付けるスプロケは、ずっと2丁づつ落として最終7段で13丁となる
 つまり、新スプロケでは6段までは1丁分軽くなり、もう1段分重いギアが追加される…と云う仕様になる
 前回の記事の通り、デフォのギアでは6段巡行をしているが、楽に漕いでいる訳では無く、まぁ一応巡航(秋葉原に行く程度(片道4.4Km)程度では信号以外の途中休憩無し:ただし、信号等で止まる際は3段までギアを落とす)が可能かな…と云う程度である
 コレがどう変わるか…
 土曜日に設置(特にディレイラーの調整は(ソモソモ6段変速用のディレイラーを7段変速に使う訳だし)プロに任せた方が良いという判断から、自転車を購入した自転屋に部品を持って行き、設置を依頼した)した
 日曜は整備が完了したSHERPAの引き取りの為に出るので、自転車を使う事が出来ない…仕方がないので、設置後に合羽橋→上野駅→自宅と巡航することにした
 流石に、ディレイラーの交換はしなかったことも有り、若干各ギアで違和感(走行に邪魔になる程では無く、チェーンその他に影響も無い様なので取り敢えずそのまま使用する)が有る気がするが、逆に踏み込み自体はスムーズになった感じがするので、重さは感じない
 つまり、今まで3~6段(スタートが3段(21丁)で、スピードが乗ったら6段(14丁)で巡航)を使用していた訳だが、今度は4~7段(スタートを4段(19丁)で巡航を7段(13丁))での仕様が可能そうだ…速さの実感も実のところ余り無かったが、実兄曰く重さの実感はやはり差して感じなかったが、速さは若干速くなったのを感じたとの事…その辺は私は気にしてないからなぁ…他に比べる対象物が有れば判るのだが
 まぁ取り敢えず半年乗って来た訳だし、来週以降に実感するかも知れん

 最後に単車の話…
 3週続けた整備工通い(ZZ-R納車、SHERPAと交換、SHERPA受領)もコレで最後、取り敢えず3ヶ月は来ない事になる…訳だが
 今回はSHERPAのグリップヒータ関係でラバー製グリップの再接着及びタイヤの交換…だったのだが、木曜の晩にフと思い出して仕舞った
 大雨の際にSHERPAで走行中、ストールを起こした事をである
 再始動も問題無く行えたし、若干煽り気味に走行した時にはテンションがオカシイ(エンジンの一時的なパワーダウン)は有ったモノの再ストールは起きなかったので、整備工には報告だけしたのだが、雨によってキャブレターに水が溜まったとか、オイルクリーナが雨の水分で目詰まりしたとかは考えられる
 取り敢えず、この際(ってかその辺りを小マメに見る為に定期点検する訳だが)一緒に見て貰う事に…電話したところ、丁度金曜日に整備開始との事で、間に合った訳だ

 で、受領時に聞いた話
・タイヤが同じグレードで最安の横浜ゴム製が入荷せず、次点のミシュランになった(巷で騒いでいる、タイヤの単価上昇は今の所まだ起きて無い様だ)
・雨天時のストールはエアクリーナーとキャブレターの間のエアダクト(ゴム製)に亀裂が有り、ソコから雨飛沫が入ってのことだろう、との事。部品注文したが入荷せず、シーリングで対応、次回の整備時に交換する
・グリップの緩みは先日書いた中心部分のプラスチック製グリップが熱で縮んだ(水分・空気が抜けて小さくなった)可能性が高く、径を上げる為の上げ底をして際接着した
 との事である
 今回のグリップヒータは所謂社外品を取り扱うのがこの整備士さんでも最初だったので、この事は予見できなかった様だ
 取り敢えず了解して、次の整備(3ヶ月後)にする予定の整備の話をして引き取った
 …まぁ取り敢えずの日記としては以上になるかな…

 取り留めの無い長話になってしまったが、次回の更新はやはりその時あるネタで…
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

子供番組の主題歌

 先日、バッタもんで話をしたお客(バッタもん主催のイベントに協賛した九州の店(ってか、同じ企画を九州と関東で行い、九州の企画を他店で、関東の企画をバッタもんで行ったらしいのだが)からイベントの為に派遣された店員さんらしい)から聞いたお話

 子供向け番組の主題歌は、一定年齢層より低い年齢を対象とした場合、『歌を覚えて貰う為に、1コーラス(所謂『1番』)を覚えれば全部歌える仕組みになっている』と云う事だ
 1~3コーラス終了後にサビだけリピートする事は有るが、所謂『Cメロディ(Aメロ→A’メロ→Bメロ→Aメロと云う通常の進行とは別のメロディを曲の中間に入れる)』と云う手法は使わず、1コーラスを歌えれば、歌詞カードさえ有ればフルコーラス歌える用に作って有るのだそうだ

 なるほど、基本戦隊ヒーローはその様に作っている
 昭和ライダーも基本同じく作っている
 平成ライダーは…龍騎辺りから、この法則を使わなくなっている
 つまり、戦隊ヒーローと平成ライダーは基本、同じ子供向け番組でも対象年齢が若干変わっていると云う事なのだろう
 確かに戦隊ヒーローも昔のデンジマン辺りでは途中登場の悪の幹部が組織内で謀反を起こし、最後にはまた元の女王が覇権を取り戻す…しかし、その間に組織の弱体化があり、ヒーローに壊滅させられる…と云った話があったが、コレは入り組んでる方で、悪の幹部の一人が行方不明だったヒーローの関係者の一人が洗脳させられていた、とか程度までだった気がする
(戦隊を全部見てた訳ではないので…特にジェットマン辺りはトレンディ戦隊と云われるくらい、ヒーロー側の事情が入り組んだ様だし)
 平成ライダーも…前に何処かで話したか記したかも知れんが、色々『大人の事情』で話が変わった経緯が多い作品群だしなぁ…
 クウガはまぁ最初に設定したストーリーボードに乗っかった作りをしたらしいが、アギトから既に路線変更を余儀なくされたそうだし
 伝聞で未確認情報では有るが、取り敢えず以下の通りらしい
アギト:本来、3人のライダー(仮面ライダーにされて仕舞った男:アギト、仮面ライダーになり損なった男:ギルス、仮面ライダーになりたかった男:G3)の其々を書きたかったが、ライダー因子が足りなかった為に完全なライダー因子を持つアギトを付け狙うライダーとして設定したギルスの役者(葦原涼役:友井雄亮)がイケメンで人気が出たから、何時までもライダーを付け狙う役に出来なくなったと云う理由で、途中に同じ超能力因子を持つ少女から『ライダー因子を受け取り、完全体ギルス(イクシードギルス)となった』事として、アギトと一緒に人間を狙うアンノウンを倒すと云う話になった…
龍騎:上記前作で、ライダー俳優にイケメンを使えば人気が出ると誤解(?)したスタッフが『13人のライダー同士を戦わせる』と云う話で作ったが、毎月1人づつ退場させる予定の脇役ライダーもやはり人気が出て殺せなくなり、結局土壇場になって『残り○人のライダーは私が倒した、私が最後の一人だ』と数人飛ばしてラストバトルを無理矢理始めた…
 等々、色々聞く話は多い
 まぁその辺は兎も角、ソンな感じで無理矢理話を捻じ曲げた関係で本来要らなかった裏設定が膨大なモノとなり、普通に小学生低学年等では理解の範疇を越えた話になる事も少なくなかったと思う
(いや、まぁ現在進行形でシリーズは続いているがwww)

 以前聞いた法則では、『番組名又は主人公名(子供向け番組では同じ事が多い)を繰り返す主題歌の番組はナニも考えずに見るな』と云うモノが有った
 コレは『子供(特に低年齢層)向けの番組だから、深く意味を考えずに表面のストーリーを追って行く事で楽しめる』と云う意味だと思う
 詰まり、複雑な裏事情とか、悪の幹部に良心の呵責とか…そう云ったモノは全く設定しないから、兎に角目に見えているモノを全てと感じろ、と云う事だろう
 この法則でも、平成ライダーは龍騎辺りから番組名や主人公(ヒーロー)名を歌詞に入れない事が多い(555の「Justiφ's」、剣の「Round ZERO〜BLADE BRAVE」、ダブルの「W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜」…結構有るな、平成ライダーが現行のウィザードで14作目、クウガ・アギトを抜いても12作中3作…1/4が主題歌に番組名を入れているか…まぁ戦隊は全作の主題歌に番組名を入れてる訳だしな)
 ちなみにプリキュアシリーズもアニメだが10年目を迎え、主題歌を見ると必ず番組名が入っており、しかも複雑な音楽記号(繰り返し等の記号)が少ないと云う特徴は守っている
 基本、プリキュアは大きなお友達は別として、設定している主視聴者層は幼児~小学校中学年との事だから、3・4歳~10歳程度を想定しているのだと思う

 取り敢えず、歌、と云う一つのファクターに焦点を当てて聞いてみると面白いかも知れない
 ちなみに、昭和の第1作「仮面ライダー」の主題歌はオーケストラが伴奏していた訳だが、段々と電子音が強くなっているのも時代と云う部分を含めて面白いので、この辺りも併せて聞き比べるのも良いかもしれない

 と、云った事で、次の更新はナニ描くかなぁ…
 翠星のガルガンティアがまた話を動かしたみたいだし…併せて銀河機攻隊マジェスティックプリンスと革命機ヴァルヴレイヴとの対比ってか個別感想も含めて書くのも良いかな
 と云う事で、ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

近況(血糖値と弐剛会)とフと思った事

 近況…は、まぁ大きな事は無いのだが
 最近の血糖値の推移と弐剛会入会の関係かな

 血糖値については、最近高くなり気味であった
 と、云うのも取り敢えず、先日来、当ブログにも記載しているが、現在、糖尿治療には飲み薬のみでインスリン注射は全く行わなくなった
 コレは先月の診療後に医師から指導があり、接種用の使い捨て針を使い切った先月末から注射の一切をしなくなった
 と、なると自然分泌(薬で分泌量が多くなる様に促してはいるが)のインスリンのみで対応するしか無く、対応し切れない分の血糖値が上がってると見る事が出来る

 また、GWも原因の一つと感じている
 と、云うのも、大型連休だと特に家族連れは何処かに出掛けている事が多く、職場への土産がほぼ必須となる
 私の場合、特に出掛けなかったので土産も無いのだが、旅行した面子は、ほぼ必ず土産を買って来る
 で、その土産とは殆どが菓子なのだ
 まぁ一番手軽ではあるのだが、1人2人が休暇を取って旅行したとかなら、さした量では無いのだが、大型連休だと職員の半数近くが土産を買って来る訳で…基本厚意なら受けない訳にも行くまい
 一気に食う事は無いにしても、毎日少量でも菓子を食い続けてれば、そりゃ血糖値も上がるwww
 しかも、最近の傾向として土産の菓子は洋菓子が多い…小麦粉・バター・クリーム系が多く、どうしても血糖値が上がり易い
 また、先日、夕飯にカレーを食った時もやはり上がった…ルーを使わないインド系等はそうでも無いかも知れない(逆にインドカレーはスパイスが漢方薬と同じモノが多く、健康的な効果も有る…気がするwww)が、ルーを使った英国風はやはり御飯の量を加減しても覿面に出るらしい

 逆に、休み中は家で喰う分加減が出来るのと、多少無茶しても自覚が有るので次に加減したり調整が効き易いのか休み明けの方が落ち着く傾向にある

 まぁどんな生活すれば適当に食う事を楽しめるか、見つけられれば良いな、とは思う

 さて、弐剛会
 前にも書いたと思うが、俳優:佐々木剛氏の公認ファン倶楽部である弐剛会は会費初年度(入会金含み)が\3kで、2年目以降の年会費が\5kとなる
 で、毎年3月に決算として会費の振り込みが必要で…と云う仕組みなので、2月に入会すると1ヶ月で直ぐ次年度の会費請求が来るが、4月に入会すると\3kで11ヶ月間、会員として扱われる
 で、特典だが…ぢつは余りないwww
 会報が年2回発行されるが、コレは居酒屋:バッタもんに行けばバックナンバーも含めて1冊\1kで販売されている(非会員も購入可能)し、佐々木氏との交流…と云う意味では、ソレこそバッタもんに行けば、氏は殆ど居る上、弐剛会員とそうでない客の区別無しに交流してくれる方なので、別にその意味での特別計らいは無いのだ
 弐剛会員限定のイベントも年数回有るには有るが、ソレに参加しないのであれば、ぢつは実益は殆ど無い
 眼に見える形では会員証の発行(プラスチック製で名前と会員番号が刻印される)くらいかな…?
 ただ、弐剛会の事務に携帯電話番号やメールアドレスの登録がされるので、情報共有がされる
 バッタもんの女将さんから今度速水亮氏(カメンライダーX、神敬介役)の来店が事前に判る様なら連絡戴ける旨お話が有った
 まぁ自己満足の為の入会と云っても良いかもしれない

 逆に、バッタもんでは客→身内にカテゴリ変更されるので、多忙時間帯に居合わせた場合、注文聞きや料理の提供等、ウェイター業務を手伝う事が有ったりするらしいwww
 入会時に確認されたので、まぁそう云う事が有っても文句の云えない立場になる、と云う事だwww
 まぁ会員証も次回バッタもんに来店時に交付と云う事で話が付いているので、まだ入手していないのだが

 さて、最後にフと思った事
 少々シモの話になるが、日本語の使い方について…
 便所で大なり小なりを済ます事を『用を足す』と云う
 ソレこそ居酒屋等、食品を扱う店や子供たちが多く余り下世話な物言いをしたくない場で使う言葉な訳だが、この言葉がふと気になった

 用は良い…大便を大用とは余り云わないが、小便は小用と云う云い回しをする事も有る
 気になったのは『足す』と云う云い回しだ
 基本『足す』とは足し算、加える事を指す事が多い
 私は幼少の頃、この云い回しは『用を達する』の事だと思っていた
 つまり、用を済ませると云う意味なのだと思っていたが、有る程度育って、この言葉を文字で書く事を目にする機会が有った時『用を足す』と書かれているのを見てかなり吃驚した覚えがある
 何故、用を『済ませ』に行くのに「用を『加える』」と云い回すのか…この疑問は、ぢつは未だに解けていない
 まぁ40過ぎた今になって思い返すと、と云う程度だが、フとその事を思い出して気になった

 本来、この云い回しの関係でネタを一つ書く積りだったが、思いの外、近況で字数を使いすぎて仕舞った気がする
 次回更新は未定だが、次回以降、また思い付いたら書く事があるかも知れない
 では、次回更新まで、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

グリップヒータ装着(SHERPAのみ)

 と、云う訳でプリキュアの代替わり(スマイル→ドキドキ)はしたが、戦隊(ゴーバスターズ→キョウリュウジャー)はまだなので、インプレはチトお預けでwww

 先日の更新で、防寒or耐冷の手袋を探して…と云うネタを振ったが、御覧の通り単車乗りである2氏から助言を戴いた
 お二人ともグリップヒータをお勧め下さり、併せて一方からはブラッシュガード(検索すると、『ナックルガード』と云うと、本当に草木や石等からグリップを護るだけの防具で、『ブラッシュガード』と云うともっと広い面積の風防としても役に立つモノを指す…様なニュアンスであった…まぁメーカがどんな名を付けて売るか…ってだけの話でもあったがwww)を勧めて貰った

 で、丁度、現在、愛車の3,000Km点検の最中(正しくは、ZZ-Rの整備は終わり、SHERPAの整備中)だったので、整備工に注文してみた
 前回のコメント返しにも有るが、SHERPAはデュアルパーパスであるので、ナックルガードも付けられる構造だし、いっそのこと両方付けるか…と云う事で依頼してみた訳だ

 一昨日、整備完了と云う事で引き取って来たのだが…
 まずお値段
 部品代:ナックルガード\4.4k,グリップヒータ\8K
 工賃:ナックルガード\3K,グリップヒータ7K
 計:ナックルガード\7.4K,グリップヒータ\15K

 …まぁ仕方ないか…
 ちなみに、ZZ-Rにはナックルガードは無いので、付けるとしたらグリップヒータのみで工賃含め\15Kで付くとの事だ
 ただし、設置の為に一部接着剤を使用しているらしく、コレが渇くまでに8時間掛かるとの事で、納車してチト待てば設置完了して乗って帰れる…と云う形にはならないそうだ
 最短でも1晩泊める必要がある…と云う事で、どうしても急ぎで欲しい場合は土曜に納車して日曜に受領…と云う事になるが、当然往復1回分、電車なり自動車なりを動かす必要が出来る

 ソロソロ暖かくもなるし、ZZ-Rは今年の年末辺りに付ける算段で良いかも…と云う結論になった

 さて、受領した車両には見た目で大きく変わったのはナックルガード(サードパーティ品が廃盤になったらしく、川崎純正のKLX250用)が付いた事と、バーハンドルの中央付近にランプ(5つ)とボタン1つが1BOXにまとまった小さな装置が付いた事が判る
 グリップは純正のゴムグリップから別のモノに変わっているが、大きな違いを感じない…が、握ってみると一回り太くなった事が判る…伝熱線がグリップの下に1枚入った事で太くなったのだと思う

 イグニッションをONにすると、通電確認の為にランプが一通り付くが、飽くまで通電確認で電源が入った訳ではない
 ボタンを1回押して電源投入(前回OFF時の強度で発熱)される
 ボタンを1回押す毎に発熱強度が上がり、最高段階で更にボタンを押すとOFFになる
 当然、イグニッションを切ると電源も切れる…うん、操作は簡単だ

 発熱までの時間は結構早く、電源投入後1~2分で仄かに温まり、指定強度の発熱が始まる…数分もしないウチに一定温度まで行ったと思う
 取り敢えず、消費電力については左程バッテリに負荷が掛かってる風では無いらしく、発電と交流・直流変換が旨く動いていれば全く問題は無いらしい

 …とは云うモノの、土曜日は結構暖かく、しかも15時過ぎの一番暖かい時間帯にグリップヒータは必要無く、電源を切った状態で帰宅したのだが

 日曜は自転車でスーパーまで恵方巻きを買いに行くだけで、他には家から出ず、今日の出勤となった
 今日は雨のち曇りの予報だったが、取り敢えず自宅周辺は雨になっていない…SHERPAの走行距離がチト多目になっているので出来るだけZZ-Rで通勤したいのだが、天気関係と先日のナックルガード+グリップヒータの試乗もまだしていないので、この機にやってみた

 ナックルガードは無い時との比較を思い出せないが、体やヘルメットに当たる風圧と比べて拳に当たる風は少ない気がした
 …新品部品を意識する余り『気がした』だけかも知れないのは御愛嬌だがwww
 グリップヒータは確かに温かいのだが、やはりハンドルを握る際、右手はブレーキ、左手はクラッチのレバーを同時に操作する都合上、五本指でしっかりグリップを握る状況にならない…と云うのが難点か
 掌はかなり温かい…コレだけでも確かに付けた意味が有るのだろうが、指先は流石に温まらないのが現実だ
 かといって、走行中にレバーから指を放すのは…車道オンリー(歩道が完全に別区画)で前後ともに車間がシッカリ取れる区間ならブレーキを放す事も可能か?
 速度差が余り起きない区間で有ればクラッチを放す事も可能か?
 …と云った、かなり限定された区間の走行中及び信号等の停車中のみ五本指でグリップを握れる…が、その短時間で指先まで温まるのは無理かも知れん
 有る程度予想していたが、コレ以上厚手の手袋を探しても、流石にグリップヒータが無駄になるのでコレも不味い
 掌が充分温かくなるので、霜焼けの心配は無くなった…と前向きに考えるしかないのだと思う
 さて、風防が付いて掌が温まると云うこの状態でこの使用感な訳だが、ZZ-Rに付けるかどうか、非常に迷う所

 取り敢えず、ZZ-Rは先週、前後とも新品タイヤ+新品ブレーキパッドと云う『滑る・止まらない』と云う状況で1週間過ごし、やっとタイヤの慣らしが済んだ状態になった訳だし、取り敢えずZZ-R中心で乗って行こうかと思う

 ちなみに、新品タイヤは、最初の100~200Km程度の走行時は下手するとズルズルの使い古しタイヤより滑る
 コレは、製造過程でゴムを溶かして金型に流し込むので、一度変性を起こしている上、金型から外しやすくする為・保存中の経年劣化を抑える為にワックスを表面に塗っているからなのだが
 稀にワックス部分をヤスリ等で削って『1皮剥く』と云う事が昔の漫画やNETのアドバイスで有るのだが、コレは確かにワックス部分は削れるかも知れないが、製造過程で起きるゴムの変性に対して何も対処されていない事になる
 普通、路上(レースでも一般公道でも)で走れば単に100Km走りっ放しと云う事は無く、曲がるし止まる訳で
 その際、路面との摩擦・路面の温度が伝導したり外気温で冷やされたり…と、加熱・冷却が繰り返される
 その過程でゴムの材質が安定し、メーカが想定したグリップ力が発揮される…コレがタイヤの慣らしである
 と、云う事で走りもせずにタイヤにヤスリ掛け…と云うのはワックスが剥げれば良いと思っていた昔の話で、今は『差して意味の無い行為』だとの事である

 ちなみにブレーキパッドも当然、新品だと最初の100Km位は交換前の状況よりも『止まらない』のもライダー間の常識である
 コレは、ブレーキの構造上、タイヤと一緒に回転しているブレーキディスクをディスクより若干硬度の劣るブレーキパッドで挟み込み摩擦で止める訳だが、当然、その過程で両方(ディスクも若干ながら)削れる訳だ
 で、削れて凸凹が出来てるディスクに新品パッドを当てるのだから、接着面積が交換前より狭くなる訳で…有る程度使って、ディスクの凹凸にパッドの形状が合う様になった所で『アタリが出る』と云う状態になる…此処で、本来のブレーキ性能が出る訳だ

 消耗の度合いによって交換時期が変わるとはいえ、前後のタイヤ・ブレーキパッドの全部を一気に交換した先週は乗ってて生きた心地がしなかったのは仕方が無いだろうwww
 まぁコケずに済んだのは僥倖なのだが…
(NETで調べると『タイヤ新品交換→店の整備士に「滑るから気を付けて」と忠告を受ける→店から出て走り出す→最初の曲がり角でコケる→店の整備工に生温かい目で見られながら押して整備工場に直帰』と云った顛末が数限りなく記載されている)

 さて、ソンなコンなで、まだ自宅→職場の片道のみしか使ってないが、グリップヒータの1stインプレである
 今後、様気も暖かくなってくれば使用頻度は落ちると思うが、不意の雨の時とかも使えるかも知れないと考えれば良い買い物なんだと思う

 次の更新はプリキュアと戦隊インプレかな…
 何かネタが有れば、その時は更新したい
 ソレまで皆様、御多幸を^^

P.S.
 そうか…『設置に接着剤を使う』って事は、取り外しの時は『切る』しか無い訳で…単車の乗り換えが発生した場合、結局、グリップヒータも新品を買って付けなきゃならんのだな…
 ナックルガードはビス止めなんで付け替えは聞くけど…まぁソレで我慢するしかないかwww

P.S.S.
 今回設置したグリップヒータは、検索した結果KIJIMA製GH-03と云うモノらしい
 各種インプレ(使用者のブログとか)を見ると温度調節可能で安価、しかも熱の入りが早い…と云う事で結構良い感想ばかり
 ただし、グリップ全体が発熱されるので、長時間使用時には温度調節をしないと厚く感じる事も有るとか…
 今朝の通勤、1時間ほどだったが、上記感想を持った人は何時間連続使用してたんだろう…まぁ私の使用は5段階の3段目をずっと使ってたんだが

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

5連休も含めた日記…かな?ww

 と、云う訳で2週間ぶりである

 この5連休、毎年恒例の京都旅行も考えたが、チト職場異動のあおりで、その気力もなくwww…orz
 先日来の懸念だったブルーレイドライブの増設作業を始めた

 前回の日記にも入れたと思うが、私のPCは3年前に購入したBTO品で、M/BはASUSのP5VD2-MX/C/SIと云う型番のモノが入っている
 で、ASUSのWEBを検索するとP5VD2-MXと云うボードのスペックは載っているのだが、BTO用に払い出されたモノは一部簡略化されてる可能性もある…と、買った店(ドスパラ)の店員からも一度筐体を開ける事を勧められた
 まぁ先週はその時間もなかったので持ち越しになった訳だが、せっかくの連休という事で一念発起して開けてみた

 最近はPC周辺にも雑然と荷物が積んであるので掘り出すところからスタートだったが、まぁそれは良いとしてwww

 取り敢えず空けて見る…ASUSのWEBに掲載されていたP5VD2-MXのレイアウトと同じに見える…SATAの端子も筐体背面の端子群を基準に右下に2箇所(コレには既にHDDが2機、繋がっている)とPC-Ex端子(G/Bが挿さっている)の脇に赤いSATA端子が見える
 ちなみに良く見たら背面端子群にもe-SATA端子が1つ有るではないかwww
 結局、SATA関係は物理的にはP5VD2-MXと同じだけ用意されているのが判った

 さて、物理的に端子が『有る』のと、回路として『生きている』のとは、また別問題
 と、云う訳で上記接続済のSATA接続HDDの端子を1本抜いて、新しく見つけた赤い端子に挿してみる
 …で、PCを起動すると…無事起動出来た…と、云う事は赤いSATA端子も生きているという事が確認できた訳だ

 さて、そうと判ればパーツを買いに行くか…と、秋葉原に向かう
 一応BTOの発注先であったドスパラに向かうが…ナンか品揃えが少ない
 で、お隣はT-ZONEに向かってみる
 と、品揃え・値段面ともにドスパラより豊富であったwww
 幾らか比較検討の後、結局はT-ZONEで購入する事とした
 一応、最初のブルーレイなので、リテール品(箱入りモノ…所謂バルク品と違い、値は張るが、ドライバ・ソフト等、一通り揃っている筈のモノ)を選んでみた

 しかし、最近のドライブはフロントベゼル(所謂、筐体前面に見える部分のガワ)は黒が多いらしい…白も有るには有るが、最高級品か一番の廉価品…と云う事で、ミドルレンジの物は黒『しか無い』状態らしいのだ…
 まぁ私がBTOを発注したのは上記のとおり3年前…流行り廃りが有るのだろぉなぁ…ハァ

 さて、内臓ドライブなので、電源(SATA用ドライブ専用の電源ケーブルが必要)ケーブルを併せて購入して帰宅…単車に駐禁が貼られてるよorz
 今が秋の交通安全運動期間だからだと思いたいが…此処1~2年安心して置ける場所だったので、目を付けられると痛いんだがなぁ…

 帰宅後、今までの筐体からDVDドライブを抜く…IDE端子が空くがまぁ良い
 電源その他も問題なく抜いてパーツを外したら、箱からドライブを取り出す
 さて、付けるか…って、SATA接続ケーブルが無い? orz
 リテール品なんだから、接続ケーブルくらい附属してろよ…orz

 しかし、無いものは無い…と云う事で買わねばならない
 実兄のアドバイスで浅草松屋にK's電気が入っていた筈…との事なので、歩いて浅草まで
 で、着いて見ると松屋に入っていたのはベスト電器…店、変わったのかな?
 まぁ電気屋だし…と入ってみると、ケーブル類はUSBが精一杯、SATAどころかIDE・内部用電源ケーブルすら無い…
 置いてあるPCや周辺機器も内臓用は無く、外付けドライブが精一杯と云う体たらく…駄目ぢゃん

 仕方が無いので、此処からは電車に乗って上野に向かう…
 上野、ヨドバシカメラでSATAⅡ対応(ドライブもSATAⅡだし、多分M/Bも赤いのはカタログ通りなら3GB…SATAⅡだろう)のモノを買ったが…高っ!
 秋葉原で買わなかったのを後悔する

 さて、ナンだカンだで接続も完了、ドライブも認識(組む時に、実験的に外したHDDの再接続をし損ねて、もう一度開け直したのは内緒だ)させたので、附属ソフトのインストールである
 PowerDVD8を筆頭にそれなりにソフトは付いていたが、コレをインストールした後、今まで使っていたGOMプレイヤが動作不全になる…orz
 一応FAQに載ってた通り設定を変更したら、MP4の再生状況は復旧したが、MPEG-1のデータで一部まだ動作不全が続いている…
 一応、MPEG-1は別の再生ソフトに割り当てたが、若干不便になった気がする

 さて、で…ブルーレイにした原因である吉村文庫氏のBDソフトだが…見れたさwww
 なるほど、氏が云うには「ハイクォリティな動画環境でチープなアニメを作るのが目的」との事だが、ソコは氏の作品、発想とセンスは素晴らしい出来であった

 まぁディスプレイがHD対応していない(LG製15インチ液晶)なので、ブルーレイが『見れる』だけで、フルスペック稼動している訳ではないから、これから購入するアニメもまだ当分はDVDになる事だろう

 さて、此処から話を変えて、今日のこれからを少々…
 今月もまた月末に近づいたので、DVDの購入をする訳だが、一応予定に有るのは以下の通り
・PandoraHearts DVD RETRACE:3 (初回限定版)
・ヘタリア Axis Powers vol.4【初回限定版】
・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 (初回限定版)
 以上3パケである

 発売日が9月30日であるハガレンは兎も角、パンツとヘタは既に発売済みである
 前回の記事の通り、石丸と手を切る決心を付けたので、購入方法は他店かAmazon辺りになる予定だ
 初回限定を出来るだけ求める傾向にあるDVD関係は店舗販売の所が理想だが、ポイントの付き具合等を見ると、やはり対抗馬はヨドバシ辺りになるのかなぁ…
 で、職場からだと千葉店が一番近いが自宅と反対方向になる…帰宅方面で一番近いのは錦糸町(しかし、本来国道14号線から離れる箇所から先に有るのでやはり遠回り)か上野になる訳だが…WEBで調べてみた限り、上野にはDVDソフト販売スペースが無い様だwww
 駄目ぢゃん…orz
 やっぱ、日曜日にでも秋葉原行くか、錦糸町を確認するかになるかなぁ…
 取り敢えず、今日は土曜出勤なので、錦糸町に寄ってみるか…と

 久しぶりだが、こんな感じで一応生きてますwww
 次の更新も2週間後かな…その頃は秋の新作アニメも出揃ってるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧