日記・コラム・つぶやき

2017年7月 4日 (火)

Bar HEROⅢ、3周年

 と、云う訳で宮内洋氏の御子息が経営するBar、HEROⅢが3周年を迎えた

 昨年は開店記念である7月2日に行けたのだが、今年は2日が日曜日…此処で夜更かしすると、月曜に響くと云う事で、前日の1日に行く事にして、事前にTel.席を予約しておいた

 さて、その前日である金曜日は何時もの通り外食で夕飯を取る予定なのだが、今回はどうしたモノか、と少々悩んだ
 と、云うのも、一時期は月4~5回有る金曜日は隔週でバッタもんに御邪魔して、残りの2~3回の夕飯を馬車路でのピザ食い放題、馬橋の千成亭と云う中華屋を常用していたのだが、最近、馬車道に魅力を感じなくなっている(矢絣緋袴の制服取り止め、桃の香りのアイスティー削除等々)ので、常用する夕食屋は千成亭だけになって仕舞っている
 で、どうするか考えたが、一時期、気に入って通ってたラーメン屋である北松戸『まねき』に久しぶりに行くか…と決めた
 まねきは評判の良いラーメン屋で、確かに旨い
 …が、基本、酒のつまみにするチャーシューやメンマの様なラーメン具材に使うモノと、ラーメン(味は結構有る)の店で、米系のメニュー(炒飯、白飯等)は一切無い
 ラーメンを大盛りや替え玉すれば良いのかも知れんが、週1回の外食でソレは味気ないかな…と、考え、マックで楽天ポイントを稼ぐ事にして仕舞った
 ソレ自体に後悔は無いのだが、まぁチト今度は食い過ぎたかな、と

 で、帰ってユックリ…ナンか、最近FireFoxの調子が悪い
 ソロソロ入れ直しした方が良いのかな…
 まぁ良いや、6月最終日と云う事もあり、余り放映しているアニメも無かったし、問題無かろう

 さて、夜が明けて土曜日…中野に行く際は、何時もは自転車で日本橋経由の秋葉原(距離を稼ぐ為に態と行き過ぎている)でマスターへの手土産(昭和の大ヒーローの御子息なのだが、趣味にPCを筆頭に結構な年季の入ったゲーマの様で、ソッチ方面でも話が結構合うのだ…故に、最近はその手の資料を手土産に持って行く事が多い)を見繕って…と云うパターンが常套なのだが、生憎の雨予報…
 秋葉原には別の用事も有るので、今回は行きについては日比谷線→秋葉原で用事を済ませてJR→中野、帰りは東西線→茅場町で日比谷線と云う方法で電車を使う予定とした

 さて、午前中はユックリして昼食後、何時もの通り13時過ぎから14時前後に昼食を取り、着替えて出発
 秋葉原では、取り敢えず書泉ブックタワーへ…自分の用事である漫画単行本は…チト思ってるのと違ったので、購入は見送ってゲーム攻略本コーナーへ…目当ての手土産をGetしたのだが、その拍子に(同じ階にラノベコーナーが有る)目に入ったモノが…
 落第騎士の英雄譚(12巻)とゼロの使い魔短編集…
 落第騎士はアニメ化前から読んでる(確か、ミケで脱水症状起こして入院した時に仲間内が見舞いでくれた時から愛読)していたのだが、最新刊が出てるの知らなかったわ…ケド、もしかして持ってる? 判らないので、帰宅後に確認して購入するか検討する事にした
 ゼロの使い魔はコレもアニメ化前から読んでいて、ヤマグチ先生ともついったでは少々会話した事も有り、訃報には本当に悔やんだモノだ
 で、ヤマグチ先生が生前、ショップ特典とか色々販促として書いておられた外伝等を纏めた短編集と云う事で、コレも買い決定である
 …まぁ荷物になるから、コレも翌日回しかなwww

 で、JRに乗り中野…まんだらけで物色(今回はライダーベルトをデザインしたアクリルキーホルダー(Xのライドルが有ったので)と、昭和の名作『怪奇大作戦』の歌が数曲入ったCDを1枚…と云う成果だったが)して夕食は松屋の牛めし、デザートに31アイスクリームでトリプルを食して時間調整、開店時間の18時に店に着く様に動いた

 すると…他に客は誰も居なかったが、どぉも最初の客ではなかった様だ、1人来ていたが、待ち合わせの相手が来ないので、早々に帰ったと云う事らしい
 …昔は開店時間丁度に店に来るとまだ準備中…とかが結構有ったので、態と時間を遅らせて来る様にしていたのだが、その辺は改善されているらしい

 ウエルカムシャンパンを戴く時には別の客も数人…流石にアニバーサリー、繁盛している
 聞けば、ご近所の方やマスターの学生時代の同級生なのだそうで…愛されてるな、マスターwww
 その後も次から次へと客が来るので、元同級生は一旦退避を決めたらしく、来て早々に挨拶だけで別の会場に集まる事にしたとの事
 私も手土産を渡したが、他の客は3周年と云う事で祝儀系の手土産(その人の地元産の酒とか、珍しい酒とか…まぁ私は下戸だしな)が結構差し入れられる
 甘いから大丈夫…と、手土産に貰ったワインをサービスされたので試飲程度にコレも戴く…確かに甘いな、大丈夫そうだ

 幾らか客が入れ替わり、私と同類の特撮系の客も来て(その人とは1年以上会えてなかったのだが、本当に久しぶりである)結構な繁盛具合である
 まぁ元同級生の方々は半ば冗談に『3年持つとは思わなかった』とか5人で来ても大丈夫(いや、カウンターが5席で、別椅子も3席しか無いから、定員着席8人なんですが…まぁこの時にマスターから聞いたが、店の大きさを知らん客が立ち飲みで良いと30人で来た事が有ったとか…幹事の方が出来た人で旨く纏めてくれたので、オーダーなども旨く出来たが、普通に30人は無理…との事、そりゃそうだwww)と思ってた辺りはマスターと店を若干過小評価してたかも知れんが、マスターが愛されてるのは間違い有るまい

 大繁盛ぢゃん…と話すと、実はそうでも無かった話が聞けた
 今回の3rdアニバーサリーイベントとして、(特に今回は店名のHEROⅢと3繋がりで)一律¥4kの全メニュー飲み放題、オードブルを隣の店から出前をして貰い、コレも会費内とした訳だ
 コレを6月30日~7月2日までの3日間で企画したが、初日の30日は客が全く居ない時間も発生してチト泣けて来た…との事であった
 金曜日はねぇ…柏から中野まで、流石に単車で走るのは勘弁して欲しいのだが、此処で来れていれば、もっとユックリと色々話せたかも知れず、勿体無い気もした
 結論として、客が来過ぎても来なさ過ぎても、会費制飲み放題は余り効率が良いとは云えない…と云う事らしいwww
 この記念企画は今後封印して、次の大記念(HEROⅢの3周年だから、と云う事にしたので、次の大記念は13年? 33年?)まで取っておく事にするか、と冗談交じりに話す
(まぁ飲み放題の封印は冗談では無いのだろうケドな)

 さて、昨年の7月2日は御尊父:宮内洋御大が店に来て、盛り上がったのだが、その辺の話をした所、今年も花輪は貰っているがまだ来てないとの事…さて、来るのは明日かなぁ…とか話していた話題が切れた所で、キター!^^
 マスターと話していたので気付かなかったが、宮内洋氏が来店していた…今回は昨年と違って、地元の人が多かった事や、女性客が少なかった事等も有り、ソコまで大騒ぎにはならなかったのだが、気軽に話し掛ける雰囲気でもなかったのが勿体無かったかな…
 宮内氏はウエルカムシャンパンとワイン等を飲んで少々話した所で隣の店(出前をしてくれた)に挨拶…と云って店を出る
 その際、一寸した事件…と云うか、伝説がまた一つ出来たのだが、まぁソレは会える人には機会が有れば話す事も有るだろうwww
(HEROⅢでは、宮内洋氏の伝説は幾つか有るらしい…www)

 さて、今回は秋葉原まで出れれば自転車で帰れる何時もと違い、最寄駅まで電車に乗らねばならん…と云う事で、中野駅に着いた時に改札で確認した最終(上記の通り、茅場町乗換えで日比谷線に接続出来る最終、と云う意味)は23時40分前後の発らしいので、余裕を見て23時10分くらいが店に居られる最後になる
 その時間が来たので、暇を告げて店を出る…マスターが店を出る客全てに渡していた記念品を貰う…オリジナルプリントの缶に入ったパンであった…まだ食してはいないが、粋なプレゼントである

 毎回、奇数月に来ているので、次はミケの後、9月になるかな…まぁ決めてる訳では無いので、行きたくなったら行くかも知れんが
 本格的なカクテルも出す癖に、店の客同士がカナリの確立で打ち解けられる、本当に良い店になっている
 次の大記念が33年になるかどうかは判らんし、33年後にも(私が)中野に出向ける体力・財力が有るかどうかも判らんが、末永く続いて欲しいと思える店である

 さて、今週は此処まで(まぁ土曜の晩、帰宅後に足元の書籍流崩壊、一晩1階のダイニングで過ごしたとか、まぁ書こうと思えば書くネタはまだ有るのだが)としておくか…
 次回までには6月終了アニメのインプレが出来ると思う
 7月開始のアニメは…まだ良く判らんがな
 ソレまで皆様御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

劇団すごろく'17年6月公演

 と、云う訳で、日記系観劇記録など…

 この週末は先日の更新で予告した通り、観劇に出ていた
 毎回定期公演では土曜の夜公演(劇団の公演って、ソレナリの確立で水~日の5日公演なんだよね…楽日を日曜に予定すると必然とそうなるんだと思われ)の席を、友人経由でお願いしており、今回は24日の19時半公演がソレに当たった

 友人からは既にO.K.の連絡を受けていたので、当日に合流するだけの予定で、普段通り金曜はバッタもんで夕食
 この日は『結構遠方で滅多に来ないけど、上京すれば、ほぼ必ず来店』と云う常連さんが連続で来ており、私も久しぶりの顔等も見て楽しい夜を過ごしたのだが、ソレも有ってか閉店後も延長戦に突入、30分以上は店に居たなwww
 と、云う事で帰宅したのは日付を超えてから…

 帰宅してからは、金曜の深夜アニメ(ツインエンジェル・正解するカド等)の録画を確認(見れてない…取り敢えず録れてるのを確認)して、結構疲れていたのか眠り込んでしまった

 さて、土曜日…実は翌日の日曜日は単車(SHERPA)の定期整備(定期と云うか定距離と云うか…1年又は3,000Km毎に行う整備)の為に半日(整備を願っている整備工が下馬なので、往復その他で半日仕事になるのだ)使うので、この週末は自転車に乗れないか…とも思っていたのだが、今回の劇場は下落合
 差入れ(毎度の事だが、観劇の際に差入れを持込むと上演中に差入れ者のリストを読み上げる)を買う関係も有り、新宿か池袋で途中下車して購入しないと、下落合ってナンにも無いんだよね…www
 以前も、すごろくの公演が今回の劇場であった時に来た事が有るのだが、周囲はコンビニが1つ有るのだが、それ以外に夕食を取る場所も探す必要が有るくらい、完全な住宅街なのだ…
(今回行って見たら、コンビニの道挟んだ並びにマルエツ プチが出来てたのは逆に吃驚した)
 と、云う訳で、晴れてれば新宿辺りまで自転車で行って、差入れ購入と夕食を済ませて西武新宿線かな…と計画を立てる

 何時も通り、13時に昼食を取り、自転車に跨る…新宿には過去数回行っているが、出来るだけ坂を回避するには4号線→靖国通りの12Km少々のルートが一番と、NAVIタイムでも出ている
(まぁ少々小路に入るルートが推奨されているが、面倒なので、このルートで)
 …坂道を極力回避する関係で、靖国通りに入ってからは基本上り坂オンリー(勾配が緩くなる事は有っても下がる事が殆ど無い)になるんだが、ソコはソレ、海抜マイナスの土地に住んでる人間が高台に向かう場合は致し方有るまいorz

 途中、最近職場での口慰みにミックスナッツを持ち込んでいるが、ソレの在庫補充の為、御徒町・多慶屋で買物、防衛庁前を過ぎた辺りのローソンで小休止(ペットの茶を購入)序でに給料日後なので、昼食購入用の御財布pontaに入金…と云う休憩を挟んで新宿伊勢丹に到着
 地下1階で菓子折り等のギフトコーナーを巡り、適当に(個人的な考えだが、夏公演は発汗が多い事を考え、しょっぱい系の菓子を選んでいる…必然、和菓子系が多くなるが、今回は海老煎)選んで、あとは夕食を取って友人と合流…な訳だが、現時刻15時半…まだ早い
 …と、云う事で、時間潰しにガストに入る
 伊勢丹の並びにあるビル4階のガスト…時間もオヤツ時間と云う事か、ソレとも年中この混み様なのか知らんが、結構な待ち行列
 まぁ時間潰しに入ってる訳だし、と待つ
 この店は長居禁止(制限時間90分)を最初に行ってくる店なので、ソレを了解して入店…どぉせドリンクバーで時間潰して『犬神家の一族』を読むだけなので、夕食前には出て行く予定だし
 で、コレを読み切って、次の冊子を『殺人鬼』に選んで読み始めた辺りで時間になったので退店する

 新宿もソンなに来てる街では無いので、イマイチ地理が判らん…と云う事で、伊勢丹向かいの交番で西武新宿駅を尋ねると、靖国通りに戻って(伊勢丹は靖国通りから1本ズレた新宿通りに面している)ガードの手前を左…と案内される
 自転車に跨り直して靖国通りに…ガード下に向かった所で吉野家を見付ける…此処で夕食にするか
 此処最近、牛丼なんざ食ってないなぁ…と、最近は吉野家もメニューが増えてるのを感じながら、牛丼のとん汁セット(生野菜)で夕食…合流予定の友人からのメールを確認すると、『高田馬場で夕食でもどぉ?』…気付くタイミングが悪かったなぁorz
 夕食は断って劇場合流を希望する旨返信して駅に…丁度駅前で有料駐輪場が…自転車専用の駐輪場なので、まだ幾つか空きが残っている
(2時間無料、その後6時間で\100…この立地なら安いんぢゃね?)
 此処に駐輪して電車に乗る…各駅で2駅先が下落合

 駅に到着すると、劇場までは1度行った場所だが特に他にする事も無いので、劇場脇の駐車場の段に座り込んでKindleを開ける…開場した所で、まだ友人は来ていないが既に団員とは適当に顔馴染みwww
 チケは後で…と、差入れだけ先に渡して物販コーナーで今回の新作を購入(公演前に購入すると、公演後にサイン入りで貰えるのだ)
 今回は、団員が完全オリジナル新作で脚本を作ったとの事で、完全に著作権関係がクリア出来ている、と複製台本がグッズに並ぶ
 此処で物販コーナーに居た当の脚本家に『表紙裏に「脚本家」と銘打ってサイン頂戴』とお願いするwww

 さて、開場後、今度は入場時間近くになって友人登場、一頻り挨拶して劇場内に…
 今回は夏公演なので、第2部は無く、劇が終われば公演が終了する

 で、肝心の劇だが、タイトルは『おそばに参上』
 うん、何時ものすごろく色が強く出ている良い話だ
 基本、すごろくの定期公演は時代劇人情モノとなっており、侍・岡っ引きは出る事が有るが、人死にが殆ど無い
 今回は町の蕎麦屋が舞台で、常連が患って店に来れなくなった、と云う理由で出前をする事から始まる不人気蕎麦屋の嫌がらせ騒動、と云った話であるが、配役に上記侍・岡っ引き等の治安当局が全く出て来ない
 全て町民同士で話にケリを付けており、乱闘も有るが全て素手ゴロである
 従って、人死にドコロか重傷者も出ずに、敵役も改心して許される大団円、水戸黄門張りの『安心して見れる時代劇』の最右翼である
 舞台装置としては、今回の劇場は前回1度来ているので知っては居たが、チト手狭な舞台であり、乱闘するのに閉塞感が出るかと思われたが、ソコで上記『全て乱闘は素手ゴロ』と云うのが効いており、ソコまで狭さを感じさせずに済ませている
 また、以前は舞台を上下に分けたり前後に分けたりして暗転せずに場を変える等の奇をてらった舞台装置も作った劇団なのだが、この舞台ではソレも出来ない…代わりに、舞台両袖から一定部分を1段上げて右と左で別の場所を表す演出等、狭いなら狭いなりの工夫は見て取れた…ソコは熟練劇団たる所以だろう
 今回、ダブルキャストで公演され、私が見た回は狐グループと云う事で、他にキャストを変更した狸グループが有るのだが、残念ながら此方は見れず仕舞いになる

 さて、公演終了後、打上げにも参加させて頂き、今回の劇についてとか、それ以外の劇団員との共通の話題とかを話して楽しく過ごす
 友人が『翌日(日曜)も仕事で…』と23時頃に出るが、敢えて残らせて頂き、23時半過ぎ辺りに店を出る

 西武新宿線で2駅、新宿に戻って自転車を回収(17時半頃に自転車を預けて0時前後…6時間半なので、上記料金の通り\100で済んだ)、跨って靖国通りを帰る…と、シートポストに付けた後方点滅灯(赤)が付かない…電池切れかな
 百均で購入した時の電池で付いていたので、その侭にしていたのだが、多分そうだろう…と、取り敢えず違反では無いので、前哨灯だけ付けてスタート
 途中でローソン100が見付かったので、此処で止まり、後方点滅灯の電池を確認する…CR2023だ、普通に百均なら置いてある筈
 探すまでも無く見付かり、購入…電池交換をして点灯、再び走り出す

 結局、自宅に到着したのは1時を少々過ぎた所だろうか、家に入った所で深夜アニメは殆ど終わっており『上坂すみれのヤバい○○』が放映中…最終回は宮野真守を巻き込んで擬似遊園地…と云うネタだったが、最初の登場を見逃したのは痛かったかなorz
 その後、深夜アニメ(リクリ・グラブル・エロマンガ先生等)を確認して、寝る…流石に2晩連続で午前様は効くwww

 で、明けて日曜日、戦隊とライダーは半分寝ながら観賞、プリキュアを見ながら朝食、その後も暫く転寝して昼食…と自堕落な午前中を
 午後は予定通り単車の整備工に向かう
 SHERPAは最近、エンジンの掛かりが悪い時が有るので、週1~2回は走らなくともエンジンだけは掛ける事にしている
 今回は前の水曜日だかに通勤で使ったので、大丈夫…と、思ったが、少々グズられたorz
 まぁ掛かったから良いや…と、下馬まで向かい、基本、Ninja納車時に1度整備してから1,000Km程度しか走ってないので、その時にサボったオイル交換だけ済ませてとっとと帰る事に
 次は多分、Ninjaを単独で整備して貰い、更にその次のNinja整備とSHERPA整備を連続して行う様、距離を調整する方向で乗る積もりである

 帰って17時少々前、部屋で転寝したら笑点が終わってたorz
 鉄腕DASHを見ながらの夕食を終えた後も転寝…で、22時半に目を覚ます積りが23時orz
 アリスと蔵六は録画で済ませる事にしてID-0と進撃の巨人特番、リトルウィッチと見て就寝、今度は目覚ましで早朝に目を覚まして風呂に入る…と云う過ごし方である

 まぁ日記と云う感じなので、コンなモンで
 最近短いけど、まぁ無駄に長文より良いかな、と
 次回は…特に予定は無いけど、ナニか見つけて
(終了アニメも終わったモノから書き始めては居るのだが)
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

地図を見ずに池袋

 と、云う訳で池袋へ最短距離で第2段
 一応、地図は持って置くが出来るだけ見ずに行きたい、と云う感じで自転車に跨る事に

 土曜日、今度は本当に池袋でする事も無いのでトンボ返りの予定で昼食を自宅で取ってから自転車に…
 まぁ何時も土曜は昼食も13時を越えているのだが、今回は若干早く12時半に食べ初めて13時のTV番組コールを見てからトイレ・着替えと済ませて自転車に跨る

 地元から日暮里中央通りまでの道は…まぁ御近所なのだが、先日は道を1本先まで行って曲がって仕舞い、最終的には合流出来たのだが、少々遠回りになっていたのを気にして手前で曲がる…と、今度は曲がる場所が手前過ぎて却って遠回りにwww

 結局、日暮里中央通りには合流出来ずに尾久橋通りにぶつかり、その侭、日暮里駅→西日暮里駅→道灌山通りのルートに乗る
 道灌山通りから不忍通りの裏道に出る際の路地裏通りだが、此処でも若干迷走する…が、一応、此処では直ぐに目的の路に合流する
 さて、裏道を爆走した所で、先日大迷いした田端・本駒込の『一度歩道を横切って、駐車スペースっぽい所を抜けてからクランク』と云うアレだが、此処は流石に印象に強かったので迷わずに抜けて本郷通りに
 駒込駅の上で本郷通りを渡り、路地に入って山手線線路を跨いで線路北側の路地を並走
 巣鴨駅を越えて大塚駅手前で線路をもう一度跨いで南側に出て大塚駅の南側を並走
 大塚駅ホームが途切れた所で線路を離れて南西方向に進路を取り、春日通りを渡れば豊島郵便局が見える…サンシャインである
 ソコで時計をチェック…13時52分…上記の通り、13時のコールを見てから準備して、なので、実質乗車時間は40分前後だろう、サイコンに記録された走行距離は8.66Kmである
 Googleマップで検索した距離が8.4Kmであるので、若干遠回りになった分と誤差範囲として了解出来る範囲である

 で、サンシャインを1周して帰るか…と時計回りに回り始めたのだが、サンシャインの西側、西友の並びに有るすき家で行列?
 良く判らんが、ヲタっぽいのが行列作ってるぞ?
 取り敢えず、係わり合いにならない方が吉と見て、見ぬ振りで通り過ぎる
 ちなみに、サンシャイン周辺に妙にヲタが多い…見れば、コミックマーケットのスタッフ用ズタ袋を下げてる強者まで居る…
 コレもヤッパリ係わり合いにならない方が吉と見て、通り過ぎたのだが…

 で、後で調べたら、サンシャイン全体でラブライブ関係のイベントが有り、すき家もスタンプラリーに参加してた様である
 ソレの判子欲しさでの行列であり、サンシャインのヲタ共であった様だ…まぁラブライバーとは係わり合いになる気は無いので、此処は回避して大正解だった、と云えるだろう

 さて、サンシャインを1周して帰路に付く訳だが、大塚駅を越えた所(帰路だから『越えた所』だが、自宅よりの方)の細い線路脇道に『短いが勾配がソレナリ』の坂が有る
 私の前にスイッと入った自転車…良く見ると私と同じGIANTのESCAPE R3ではないか
 年式は良く判らなかったが、色も赤でナンだか駄々被りの様な気もしたが…まぁソレは良い
 乗ってたのはナンか若い兄ちゃんだったが、その坂を立ち漕ぎで懸命に漕いでいた
 見るからに『立ち漕ぎ』であり、所謂スポーツ車の乗り方である『ダンシング』とは、とても云えない様な乗り方であるし、ソモソモこの坂は2*3か1*4のギアで充分座って上り切れる
 人の漕ぎ方を見て、その辺が判るのは、流石に半年以上乗って来て乗り方が判って来たのかなぁ…と少々自惚れてみたりwww
 しかし、ダンシングは一応、私もマスターしたい乗り方なので、色々調べてはいるのだが…実際にやろうとすると尻が浮かない…ってか、尻を浮かべた時点で旨くベダルを漕ぐ力が伝わらなくなり、却って効率が悪くなるのだ…
 結局、まだまだ…と云う事なのだろうorz

 さて、此処まで休憩無しで走っていた事も有り、何処かで休憩を取りたいと思うのだが…
 まぁ毎度の日本橋往復でも日本橋交差点で引き返して御徒町まで戻って(此の時点で大体10Kmを少々超える)ガストなので、今度は日暮里駅辺りで良いだろう…と、少々遠回りになる(本来、此処は尾久橋通りを通り過ぎるので、駅前には行かなる)のだが日暮里駅前でガストに入る

 …ナンか凄ェ繁盛っぷり? 入店が15時前だったのだが、私の前に3組の入店待ちが…
 で、通されて判ったのだが、店が狭いwww
 テーブル数がソモソモ少ないので、直ぐ満席になるのだwww
 まぁ良いや…何時ものポテトとドリンクバーでKindleを開く…
 先日、通院した際に『夜歩く』は読み切ったので、今度は『犬神家の一族』である…コレも結構映像化している作品なので、今度、ブログ記事に取り上げたい
(私は石坂版(両方)、古谷版(両方)、鶴太郎版、稲垣版と、6本の映像化作品+JET版漫画を確認可能である)
 その時に詳しく書きたいが、作中舞台が昭和二十X年としているが、コレが22年説と24年説がある様で…その辺は後日詳しく記したい

 さて、16時半を過ぎた所で店を出て自転車に跨り、尾久橋通りを今度は日暮里中央通りに曲がりその後は普通に…ぢゃなかったwww
 途中、携帯に入っていた留守電で、発注していた血糖値自己測定器の消耗品が入荷した旨連絡が有ったので、千束通りのマツキヨまで足を延ばす事に…
 昭和通りを跨いで国際通りを跨いで…その侭千束通り商店街まで足を延ばしてマツキヨに

 発注品を購入して帰宅した
 帰宅時の走行距離は19.68Km…先週は、まぁ池袋駅まで行ったのも有るが、往復で24.67Km、実に5Kmも短縮した事になる
(まぁ運動療法としては無駄な事ではないのだがwww)
 奇しくも、来週はサンクリである…コレは参加ってか、顔を出す必要のあるイベントなので、行く事になるのだが、雨が降らねば自転車で行く事になるだろう…
 関東も梅雨に入ったし、現時点では予報として曇一時雨(降水確率50%、信頼度C)ってのは…電車かなぁwww

 さて、そんな事で結局、鞄の中の地図は一度も開かずに往復出来た訳で、今度からは地図を持たずに行ける自信も付いた
 サンクリにあんな重い地図持って行くとか洒落にならんし、丁度良かったと云える
 地図は、また何処か定期的に自転車で行く事になる際に確認用として持つ事にしようと思う
(まぁ地図って結構、頻繁に変わるし、数年後には目印になってるファミレスやコンビニが変わってる可能性が高いんだがwww)

 翌日は、また例によって日本橋コース…漫画は木曜の通院の際、帰りに秋葉原に寄って購入済であるので、今回は秋葉原には寄らずに御徒町でお茶の予定である
 故に、足を延ばして先週と同じく京橋の交差点まで行って帰って来る事にした

 ちなみに、その木曜の通院からの帰りの事であるが、9年前の通り魔大量殺傷事件の現場になる交差点で、近所の御住職が献花台・線香台を設置していた
 例の事件が発生したのが6月8日…丁度、通院日と重なっていたのは偶然だが、ソコで少し手を合わせて来た
 事件後1~2年は自治体が主導して献花台や線香台を設置していたが、その後は完全に放置している様で、道端に花が添えられようがナニしようが放置だったそうである
 ソレを見た近隣寺院の御住職が自主的に献花台を作って下さっているのだそうだ
 …流石に、線香等、火を使う事も有るので、当日で撤収する様で、道理で私が見る事が無い(職場が本郷なら帰りに見れたろうが、今は秋葉原が完全に通勤路から外れており、平日には先ず通らない)訳だが、毎年、御供養して下さる御住職には本当に頭が下がる
 感謝と冥福を祈り、頭を下げてきた訳だが
 9年も経つと、事件ソノモノこそ忘れないが、詳しい日時までは結構忘れるモノだ…
 まぁ人間、忘れる事で先に進む事も有るので、ソレばかりは仕方ない事なのだが、偶にソレを思い出す時くらいは神妙になるのも良いだろう

 まぁその2日後には大量殺人事件が起きる小説を読む訳だがwww

 と、云う訳で適当に字数も埋まったかな…最近の記事にしては短いのだが、話題になる程道に迷わなかったから仕方ない…本来はその方が良いのだしwww
 来週は上記の通りサンクリ、その次の週は劇団すごろくの夏公演なので、話題に欠かないかな…
 まぁサンクリは然して書く事も無いのだが…
 まぁ無ければ適当にナニか探して…と云う事で
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

地図持って池袋

 と、云う訳で、この週末は懸案事項であった『池袋への自転車移動、出来るだけ最短経路で』を実行する事にした

 取り敢えず、その前に…折角、池袋まで出るのにナニもせずに帰って来るのも味気無い
 と、云う事で週末のイベント関係を池袋駅周辺で検索したのだが…特に琴線に触れるモノは無い
 ナンかパルコの別館で『コップのフチ子さん』特設販売スペースが出てる様で、まぁソレだけで時間潰すのは難しいが、昼前に出て昼食も池袋なら、適当に時間が潰れるかな、と計画する
(まぁ今回は『正しく地図通りに池袋に行く』のが目的で、池袋でナニかしたい訳でも無いからなぁ…)

 さて、で、実際に動く準備なのだが、先週、書泉ブックタワーで購入した地図に、Googleマップで検索した『自宅→サンシャイン』の経路(歩行時)で、一番短かった計8.4Kmの道を鉛筆でなぞって置く事で一応準備完了としたのだが、此処に冊子の弱点が出る

 デジタルマップは見ようと思う度に
 電源を入れる
(特に私の様なiPod touch使いの場合、ルータも電源操作が必要)
  →マップを表示させる(レジューム機能で省略可能)
   →現在地を確認・モニタの位置を現在地に設定させる
 と、此処までやる必要があるわけだが、冊子の場合は取り出して当該ページを見れば取り敢えず現在地の確認は可能であり、手間は格段に減る

 しかし、見開きマップなので、頁境の部分が一部不鮮明になるのが欠点になるのだ
 昔、単車で高速に乗る様な旅行をした際は、リング綴じのマップを用意して見開き部分を排除したのだが、今回は縮尺が出来るだけ小さい(細かい表示がされる)モノを選んだ為、その様な都合の良い物が無かった、と云う事だ

 さて、兎に角、紙の地図にマーキングはしたのだが、今までは、この経路を目指して途中で道を見失い、結局は途中から見え始めたサンシャイン60を目指して漕ぐ事で、1時間弱での到着を果しているのだが、今後はどうなる事やら…

 さて、土曜日、朝食を済ませて早速自転車に跨る
 流石に地元では迷う事無く地図通りに道に乗り、日暮里中央通り→日暮里駅周辺で尾久橋通り→西日暮里駅で道灌山通り…まではソレナリに順調に進んだ
 此処で、地図通りなら不忍通りの裏道に入る筈なのだが…何処で入るのかが判らんwww

 今回の地図、先週書いた通り1/7000の地図なのだが、中途半端に細かく中途半端に雑である事が判ったwww
 詰まり、ロードマップを名乗っている以上、適当に小さい(住所の番地境の)路地は網羅しているのだが、徒歩用に作られた様な更に小さい路地裏的な道は省略されているのだ
 もしかしたら、地主の厚意で通行が可能である私道だからなのかも知れないが、実際の角を数えながら『此の路か?』と曲がっても、その後の路の当たり方・曲がり方が違うのだorz
 少々迷いながら、電信柱の住所標記を確認して、此の路で良いか…と確認しながら裏道に出る事に成功、田端・駒込辺りまで道なりなのでソコまでは順調に走れた

 ソコで、更に細い路地裏に入る様指示が有ったのだが…コレが見つからないorz
 一旦自転車を降りてウロウロすれば良かったのかも知れないが、細い路地だけに自転車を脇に止め、放置するのも憚れる感じで…結局、自転車に乗ったままアッチでも無いコッチでも無いとウロウロウロ…
 何とか見つけた路は、一度歩道に乗り上がって近所の駐車スペースに近い状況になってる部分を『路』と云って通す場所であったorz
 判んねぇってwww

 さて、ソコからも若干細めの路地をクランク状に曲がって最終的には南北線駒込駅の上で本郷通りを渡って、やはり路地を通って山手線の線路を越える
(此の時も、ウッカリ本郷通りに乗って仕舞い、若干道を見失ったのだが…コレは凡ミス)

 山手線の線路を左に見る路地(線路の北側になる)を道なりに走り、巣鴨駅を越えて大塚駅手前で一度線路を潜り線路の南側に出る
 大塚駅のホームを越えるまで南側を併走して線路脇を離れる
 若干南西に進路を変えて春日通りを跨いで豊島消防署・豊島郵便局を抜ければサンシャインシティの東端にぶつかる
 此処まで、気付けば1時間半近く掛かり、走行距離も13Kmを少々超えた数字を示している…迷いながら行ったり来たり結構したしなぁwww

 さて、今回はサンシャインに用事は無い
 その侭駅前近くまで自転車を乗り出して、御目当てのパルコ近くに駐輪
 パルコP'1階イベントスペースって…入って直ぐぢゃんwww
 で、フチ子さん及びPUTITTOと呼ばれる他のキャラでフチ子さんっぽくコップに設置出来るミニチュアが多数販売されてるブース(元々はカプセルトイだけに、ガチャの機械もソレナリに並んでいたが、その辺は秋葉原ガチャ会館とかを普段から見慣れてる身からするとフーン程度の話な訳で)が見える
 ナンかSAOのキャラPUTITTOが有るな…男性キャラはキリト・クライン、女性キャラがアスナ・リズベット・シリカ・ユイで、併せて6種…で、シリカが居るなら、買うしかないぢゃんwww
 と、云う訳でフチ子さん2個+SAOのPUTITTO2個を御買い上げ…

 で、昼食はサンシャインからパルコに着く途中で見つけた『いきなりステーキ』に寄ってみる
 先日、医者に行く時に食したランチ限定のサービスメニュー…は、平日限定でも有ったので、無かった…まぁ切り落とし系のg単価¥5のメニューがあったので、コレを300gでオーダー
 サイドはサラダのみを注文して食事にする
 張り紙見て気付いたのだが、此の店、ペッパーランチの系列店なのね…まぁ良いんだけど

 スタンド形式の店なので、兎に角食ったら出る…と云う雰囲気の中、買ったフチ子さん等の中身を確認出来る筈も無く店を出たのだが、流石にSAOに関してはシリカが出ない場合は買い直しも視野に入れねばならん…と、云う事でSAOだけは路上で開封…
 結果、リズとシリカ、買い直しの必要は無い様であるwww

 で、特に他の店に用が有るでも無し、その侭帰る事に…
 当然、路を覚える事が今回の任務なので、帰りも行きと同じ経路を逆順で…となる訳だが
 慣れない路って、逆から見ると完全に別の道になるのは良く有る事だが、このトラップに2回程掛かるwww
 やはり往路で迷った田端・駒込辺りの路地と不忍通り裏道→尾久橋通りに出る路の2箇所である
 両方とも、地図の指し示す路でなく、若干遠回りになるかも知れないが、一部直進すれば目指す道にぶつかるので、最悪ソレでも良いのだが、まぁ今回は『道を覚える』のが目的な訳だし…

 途中、西日暮里で一息つくか、とマクドナルドに寄る
 マクドナルド…最近は、まぁ信用も回復されて来つつあり、客足も一時最悪だった頃より延びているらしいが、気になるのがポイントサービスである
 先月まで、dポイントと提携し、最初の1ヶ月目である先月は1ヶ月間、dポイントが5倍付与…と宣伝していたのだが、先週『マクドナルドは楽天ポイントと提携を開始し、最初の1ヶ月(6月中)はポイント5倍』とニュースが…ナンだそりゃ?www

 で、取り敢えず、dポイントカードは持ってなかったので、先日マクドナルドオリジナルプリントのポイントカードをGetしたのだが、今月はマックで飲食するとdポイントは使えるのか? 楽天との併用は? と判らん事が多かったので、その辺も確かめに寄って、序でに腰を落ち着けて小説の続きを読むか…としたのである

 さて、店に入ると店頭に、此方もマックオリジナルプリントの楽天ポイントカードが有ったので、1枚Getして、会計では態とdポイントカードを提示してみた
 すると…普通にdポイントを加算してくれた
 ナンでも両方対応…と云う事で良いそうだ
(まぁ当然だが、1つの買い物で両方のポイントが欲しい…と云う我侭は駄目だそうだがwww)
 取り敢えず、今月はマックで飲食するなら楽天カードを持ってれば、その方がポイントは多く付くって事で良いのだと思う

 ちなみに、楽天ポイントカードはミスドオリジナルプリントのカードが有るのだが、最近、ポタリングの途中に寄るのはミスドでは無く、ガストになっている(ガストの方が安くてドリンクバーだから、ホットカフェオレオンリーのミスドより利便性が高くてねぇ…)ので使ってないのだ
 しかし、さっきWEBでチェックしたのだが、楽天ポイントは1つのIDで15枚まではポイントを一元管理可能なのだそうだ
 今後、ミスドでオリジナルカード優遇とかマックでオリジナルカード優遇とか有れば両方持ってて優遇の有る方を使う…と云う事も可能な様だ
(まぁ両方とも限定配布の可能性も有り、記念にプリントが違うだけで、今後は優遇等の措置は全く起きない…と云う可能性も充分有るのだが)

 さて、ソレは兎も角、2階席で横溝正史『夜歩く』を読む…時間も無かったので1章だけ進めてやっと金田一が登場した章を読み終えた訳だが
 この辺はチト趣旨がずれるので、別記事にしたいが、横溝の金田一シリーズは金田一が最初から関わってるパターン(獄門島・悪霊島・女王蜂等々)と事件が起きてから呼ばれるパターン(本陣・八つ墓村・夜歩く等々)が有るのが判る
 金田一を主役とする為に、兎に角放映1話から金田一を出演させなければならなかった古谷一行シリーズは結構脚本が苦労したんだろぉなぁ…と改めて思う
 夜歩くは2時間ドラマにはなってないが、全3回の連続ドラマにはなっている(小野寺昭演じる2時間半ドラマも有るのだが…見れてないし動画データも見付けられなかったのだ)ので、読み終えたら改めて見て置きたい

 さて、適当に時間を潰して残りの路を走る訳だが、流石に地元に近付くに連れて迷わずに進める様になる
 自宅に帰った所でサイコンの走行距離は24.67Km…8.4Kmを往復(まぁコレはサンシャインまでで、その後に池袋駅西口まで走ったのは走ったのだが…)しただけで何故に8Km近くオーバーランしてるかなwww
 まぁあと何回か同じ道を走れば流石に覚えるだろう…と、コレで終わりにせずに何回か走る積もりである
 実際走った所、大塚駅からの坂道が一番キツい感じだったが(それ以外は全体に上り勾配だったとは思うが)、ソコまでキツい感じは受けなかった
 まぁ…Escapeを購入して約8ヶ月、総走行距離も940Kmを超えた今になって、やっと足の置き方とかが判ってきたらしく、ソコまで辛い思いをせずに前に進める様になった…と云うのが現実だと思う

 帰宅して少々時間が有ったので、月1回のメンテナンス、チェーンへのオイル吹きをして、序でにスプロケやプーリーのギア拭き取りやフレームの汚れ等も取ってやる

 翌日は流石に同じ行程を走るのは面倒だったので、何時も通り日本橋まで…今週は特に秋葉原で買い物も無いので、寄り道なしの予定だったから若干足を延ばして京橋二丁目先の明治屋前(此処まででサイコンが7kmを超えた所)まで走って引き換えしたのだが…
 残念ながら、ガストでのお茶は、真犯人が『そぉさ、俺が犯人さ』と自白を始めた所で時間切れwww
 ナンだかなぁwww
 まぁ急いで読む必要の有るモノでもなし、来週には読み切るだろう

 さて、その来週だが…
 特に予定も無いし、漫画の発売も今日(みなみけ)だけで、木曜に通院の為に休暇を取るから、その序でで秋葉原寄れるし…と云う訳で池袋第2段『1回通った道も忘れるとナンだから、記憶が新しいウチにもう1回行こう』ツアーにするかな…
 まぁナニか探して書くか…
 と、云う事で、ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

部屋の扇風機等とガスト尾久店

 と、云う訳で今回も日記系www
 当然、タイトルの2つに何の関係も無いwww

 週末、少し考えていた
 給料も入った(公務員からエセ公務員に身分が変わっても給料日は同じく『月末締めの17日払い』なので、週末時点では入金済)事だし、懸念事項を解消して行くか、と

 取り敢えず、考えている事項は以下の通り
 生野菜用ドレッシング…コレは使い切ったドレッシングを補充するか、と合羽橋に行くだけ
 漫画について…コレも普通にその週に発売された単行本を纏めて土曜日に買っていると云うだけ
 23区内地図…先日来、池袋迄は自転車で行く様になったが、未だに最短距離でのルートが決められない…iPodのGoogleマップで検索しても途中で自転車を止めて確認するのに、やはり手元の小さいiPodでは面倒い…と、云う事で、縮尺率の低い紙の地図が無いか、本屋で探す
 CD…起動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの主題歌集アルバムが発売されたので、コレを買って通勤用iPodに入れる

 と、此処までは、まぁ普通の週末なのだが、最大の懸念事項がコレ
 扇風機…私の部屋は只でさえ漫画単行本等が山積みで本当に寝る場所しか無い状態なのだが、毎年、夏場はPCの発熱で蒸し風呂状態になる…故に冷房の入る時期が家族一早いのだが、冷房気を酷使しているので、故障も一番多いのが現状で…扇風機でも置けば冷房導入が若干でも遅らせられるか、更に冷房を付けた後も適当に扇風機と併用すればソコまで酷使せずに済むか…と前々から考えていたのだが、コレを実行せねば…と、今更だが実行に移す決意をした

 さて、ソンな感じで土曜日
 先ず合羽橋を済ませる為に、午前中に一遍出る…ドレッシングを購入後に何時もの行きつけであるサトウサンプルで社長や奥様と駄弁る
 今は本当の業者(飲食店で、本来サンプルを本当に必要とする人達)が経費削減でサトウサンプルの様な『職人が1品ゝ作っている芸術品』でなく、粗製乱造の安物の方が売れる傾向に有るとの事
 実際、使用すればサトウサンプルの品の方が10年20年と使えるので経済的なのだが、逆に最近の飲食店はソモソモのメニューを短期間で切り替える事が多く『長持ちする』がメリットにならない場合があるのだそうで…
 もっと、こう云う『日本人の視点だから出来た職人芸』と云うのを大事にせんとイカンだろぉ…と思うのだが、私も懐事情でサンプルを使ったタイピンを買うくらいしか出来てないので偉そうに云えないのがナンともwww
 で、ドレッシングを買ったと話したら、お勧めが『肉のハナマサでオリジナルのカシューナッツを使った奴』と話があったので、午後に出る時に気にして置こうと思った

 で、昼食後にも自転車で家を出る…一応、運動療法も兼ねてるので、何時もの通り日本橋までは行っておく
 帰りに神田川を渡った所で書泉ブックタワーに…此処には地図を買いに
 23区だけ(それ以上の遠くには流石に自転車で行く気にならん)で良いので、出来るだけ大きく書かれている道路地図…と探して、結局『街の達人 7000 でっか字 東京23区 便利情報地図』と云う冊子が1/7000と云う事で一番大きかったのでコレを購入
 今度、Googleマップの最短路を鉛筆ででもなぞっておこう

 で、その侭秋葉原駅の電気街口から自転車を降りてガードを潜り、UDX前で駐輪、とらのあなで『デンキ街の本屋さん』と『未確認で進行形』を、ZINで『警部銭形』を購入してヨドに

 ヨドでは先ずCDソフト売り場でオルフェンズのアルバムを購入、その後に5階の家電売り場に移動した
 ウチの部屋は前記の通り窓も全て漫画が積み上がって塞がれてる様な状態であるので、当然、扇風機を『置く』場所なぞ無い
 で、考えたのがベッド直上に有る棚(PCソフトのパッケージが置かれている)にクリップで挟んで首振りで風を撹乱出来ないか…と云う構想である
 …と、云うかソレ以外に我が部屋に扇風機を置く事は出来ない
 で、売り場に…シーズン直前ってか、扇風機の場合は冷房気と違って既にシーズン入ってるのか? 結構な機種が置いてある
 が、クリップで止められる扇風機となると4機種しかなかったのが現状で、ウチ1機種は卓上用USB電源のミニファンである
 コレを除外して残り3機種…ウチ1機種が『首振り機能が無い』事が発覚、コレも除外して二者択一にwww
 結局、両方『強』(風力切り替えは両方とも2段階)で回して、よりパワーを感じた方を購入、と云う事で『APIX AFM-166 WH』になった

 で、問題点…上記の通りベッド直上の棚にクリップ止めする訳だが、電源・風力調節が本体裏にあり、作動・停止が一々ベッドの上に立ち上がらないと出来ない、と云う事
 コレはもう1つの選択肢だった商品も同じなので、どちらを選んでも抱える問題だったのだが…ソコで閃く
 スイッチ付きのテーブルタップでコンセントから延長すれば、扇風機側の電源を常時『強』に設定して、タップのスイッチでON・OFF出来るんぢゃね?
 と、云う事で、店員に相談、店員を引っ張ってテーブルタップ売り場に移動する
 流石に1口テーブルタップでスイッチ付き…と云う都合の良い商品は無かったのだが、此処で1口のスイッチのみ(詰まり延長コードになってない)コンセント切替機を店員が提示してきた
 コレに延長コードを使えば同じ事が出来る(まぁコンセント接続口が多くなるので、ソレだけ故障の可能性が上がるのだが)し、2口のスイッチ付きテーブルタップより若干安く上がる
 と、云う事で、扇風機・延長コード・スイッチ切替機をセットで購入、コードとスイッチは鞄に入れて、扇風機は自転車のリアキャリア(購入後、空気入れを自転車屋から自宅に運ぶ時にしか役に立ってなかったが、今回2回目の御役立ちである)に括り付けた

 その後、御徒町のハナマサに向かい、ドレッシングを探す…結局、カシューナッツの名は無かったが、カシューナッツを含む数種類のナッツを使用したドレッシングとして『クリーミーナッツドレッシング』と云うモノを見つけた
 取り敢えずコレも購入…結局、時間が結構掛かったのでお茶する時間は無く、途中コンビニでマッチ500mLを購入して飲みながら帰宅(やっとボトルホルダーも真っ当に役に立ったwww)して土曜日が終わった
 …ナンだカンだで\10K以上使ったなwww

 さて、明けて日曜日
 土曜は秋葉原方面で買い物と云う用事も有ったので、日本橋方面に抜けたのだが、2日連続でソレも…偶にやるけど面白くない
 と、云う事で、今度は明治通りをひた走り、王子方面に走る事に
 昼食後、自転車に跨り明治通りを走る
 王子駅で飛鳥山方面には行かずに(坂、キツいしwww)枝道に逸れて7.5Km走った所の信号でUターン
 尾久駅近くのガストで休憩・読書・お茶タイムとした
 王子方面に行く場合、王子駅前店だと、帰りも結局7Km前後走って帰る事になるが、此処なら帰りは5Km程度なので、まぁ手頃かな、と

 入ると、2組待ちが有り、私はその後になった…
 順々に呼ばれて席を案内されるが、私一人になった時に入ったオヤジが待合票に記名もせずに店内に…誰か既に入ってる組の連れ合いかな…と、思って特にその時は気にしなかったが、私が呼ばれて席を案内して貰う時にチラッと見たが、大人数用の大テーブルの真ん中にドカッと一人で座ってやがった…あの席なら待たずに勝手に入って良いのか? と思ったが、まぁ窓際で読書に明るい席に案内されたので、まぁ良いかと気にしない事に

 で、注文…基本、お茶なので、ドリンクバーで、セットドリンクバーにするために軽食も付けて…と云う形にするのだが、その為にiPodにガスト公式アプリを入れて割引クーポンを使っている
 さて、今回は山盛りポテト…ドリンクバーはセルフなので、注文が通って直ぐに取りに行き、ホットでココアとアイスで炭酸系を貰って来る
 …で、ポテトが来ないwww
 取り敢えず、まぁ良いや…と、読書を始めるのだが、気付けば注文を通して20分以上経ってる
 前にTV番組(日本の凄い所を紹介する系)で紹介されたが、ガストは注文を店員が入力すると無線でオーダーがキッチンに行き、調理開始、上下から加熱可能な万能ヒーターで焼く・蒸す・揚げる・茹でる等加熱調理が済む様な下拵えを済ませた材料をセントラルキッチンで作って各店舗に配付、ソレを仕上げて提供するので、基本、数分で提供出来る…と云う構造を紹介して外国人の視察を吃驚させていたが、コレはナンか可笑しくないか?
 結局30分を待って店員を呼び出して『さっきの注文、まだ?』と聞いた所、確認に走った後、数分で『もう少々お待ち下さい』と云われて、その後更に数分経ってポテトが来た
(詰まり、注文が通ってから約40分たってからな訳で)

 しかも、ナンか2度加熱した様なコンガリ狐色の濃い、一部焦げたポテトである…
 『催促してから作ったの?』と軽くジャブを入れてみた所、『伝票が紛失して提供先が判らなくなっていた』との事で
 と、云う事は注文が通って1回作った料理の行き場が判らなくなっていて、督促されたから、冷めたソレを再加熱して持ってきた、と云う事ですね
 判ります、有難うございますwww

 まぁね、伝票紛失(キッチンで印刷された伝票を出来た料理と一緒にホールに出すんだったか? その際にどっか落ちたとか)と云うのは、まぁ機械が完璧にやった事も、操作するのが人間である以上、間違いはソコで起きる可能性が有る訳だし、仕方ない、まぁソコは初犯だし目を瞑る
 しかしね、冷めた料理を再加熱して提供って、どぉよ
 隣で注文された料理のポテトと明らかに色が違うぞ?
 別にファミレスで大声出して文句云ったり、ソコで作り直しを要求したりするのも自分としては格好が悪いと思うので、食えないモンでも無いし食ったけどさ、絶対、話のネタだよね
 ちなみに、会計時に『ドレ位待って料理が来なければ督促して良いレベル?』と聞いたら『15分位しても来なければ申し付け下さい』って、15分でも結構料理冷めるよね…冷めたポテトって凄ェ不味いの知ってるよね?

 王子方面では他にガストは無いし、嫌なら王子駅前店でお茶するしかないんだよねぇ…
 チト、今後の運動コースをどうするか、ソレナリに真面目に悩める材料になる1日だったwww

 と、云う訳で、取り敢えず字数も適当に書けたかな
 次回は…ナニか有るかなぁ…土曜日買った地図片手に池袋でも行くかと思ってるので、その辺かなぁ…
 まぁナニか探して書くとするか、と云う訳で
 それまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

明治開化 安吾捕物帖と不連続殺人事件

 と、云う訳で日記系…?
 先日、やっとKindleにインストールしていた上記作品を全て読破出来た
 両方とも坂口安吾作の小説で、安吾捕物帖はシリーズで短編20本、不連続~は長編作品である

 さてさて、坂口安吾及び安吾捕物帖と云う作品は以前にも数回記載したと思うが、2011年10月期にノイタミナ枠で放映されたアニメ『UN-GO』の原案と云う事で興味を持っており、先日バッタもんで佐々木氏が読破後に無料配付していた文庫群に混じっていたので1冊戴き、結局途中からはKindleに青空文庫として上がっていた全作品をダウンロードして読んだモノである
 まぁ併せて作者である坂口安吾にも興味を持って、氏の推理小説としては初めての作品である不連続~も読んだ、と云う訳である
 坂口安吾は1955年2月に没しており、著作権で保護される『死後50年』を経過している為、合法的に青空文庫に上がっているのだ

 先ずは作者である坂口安吾と云う人物だが、1906~1955(享年48)と云うから、明治中期~昭和中期の人であり、処女作発表が1931年と云うから、まぁ戦前~戦後少々までの活躍次期だったのだろう
 1947年に初の推理小説である不連続~を雑誌に掲載開始、その時には既に人気作家になっていた(作家としてブームになったのは1921年発表の『白痴』)そうなので、特に推理小説家として有名な人、と云う訳では無い
(ちなみに安吾捕物帖は1950年に書き始められ、最終作である20話目は1952年の発表である)

 ちなみに横溝正史は1902-1981(享年79)、処女作『恐ろしき四月馬鹿』が1921年、初の金田一シリーズである本陣殺人事件が1948年、絶筆である悪霊島が1980年となる

 …対比すると横溝氏の方が年上だったんだな…ただ、横溝氏は地方出身で実家の薬局を継ぐ為に薬剤師の資格を得て薬局を数年経営していた時期が有り、そこでは小説家稼業に従事していないので、ブームが遅れている訳だ
 処女作の発表年で云えば、横溝氏の方が早いのだが、コレは雑誌投稿作品で、コレを読んだ江戸川乱歩氏に才能を見出されて、半ば強制的に作家として活動する事になった訳で…
 書かれた年代としては不連続~と本陣~がほぼ同時期であったと云うのは、この記事の為に調べた時に初めて知った

 で、作品の方に話は移るが、先ずは安吾捕物帖
 短編でしかもシリーズ最初に序文として『極めてパターン化しており、全5章(作品により多少の変動有り)として、虎之介が海舟を訪ねて事件説明を始めるまで→事件そのものの説明→海舟が推理する→新十郎が真相を暴く→海舟が負け惜しみを云う』と云った旨の説明がある訳だが、まぁ確かにそう云う感じである
 ただ、後半に行くに従って、段々その辺が有耶無耶になっているのだがwww
(海舟のミスリードされた推理を一々考えるのが億劫になったんぢゃないかなぁ…とか邪推するのだがwww)

 UN-GOは…まぁ原作では無く原案、と云えばそうなのだが、結局、第1話位しか原案の事件を踏襲した作品は無いんぢゃね? と云う感じであったのだが…まぁ細かく対比をしている人のページも有る様なので、その辺を調べたい人はソッチを当たって欲しい

 で、読み始めた第一印象が、先ず『読み辛い』であったwww
 兎に角読み辛いのだ…直接面識の有る人のは愚痴った事は有ると思うが、ナンと云うか『講談師が人前で物語を講釈するのに使う台本をその侭冊子にした』感じなのである
 「○○が××を△△したもンだから、たまンない」の様な、文語調・口語調とはまた別の…ナンか云い方は有るのだろうが、私は知らない…な文体で書かれている

 上記の通り明治中期生まれで戦前から小説を書いていた人だから…と云うのは横溝氏も同じなのだが、単語が現代人には馴染みの無い物もフンダンに入っており、横溝氏の小説を数作読んだ後だから挫折せずに読み切れたが、文体の読み辛さが更にソレを増幅させ、最初にコレだったら途中で投げ出していたのではないか、と思える位である

 内容としては基本的にHow done it的な作品であり、容疑者の動機を探る様な事が無い
 複数の容疑者には動機が有り、この状況で起こり得る殺人はどうしたら出来るかを突き詰めると真犯人に辿り着く…と云ったモノである
 wiki情報では、氏は和製ホームズを書きたかったから、このシリーズを始めたと云う旨の記載も有り…まぁホームズも数編の長編以外は新聞の読み物連載だった所為も有り非常に短編で、人間関係を深く洞察する作風は無く、トリックを暴くのが基本になっているし、コレを目指しているなら、そう云う作品になるのだろうな、とも思う

 上記に有る通り、名探偵と誉れ高い新十郎に対抗したい虎之介が、維新の傑物である勝海舟に事件のあらましを告げて知恵を借り、解いたと思った所に見落としが有り、ソコを的確に見抜いていた新十郎が真相を暴く…と云うパターンが成り立っている
 で、真相を知った海舟が『事件の詳細を事細かに告げないから』だとか『現場に居合わせないと気付かない盲点を突かれた』とか、まぁ自分は『与えられた情報の中で最良の推理をしている』と云うスタンスを崩さずに相談に来た虎之介を最後にディスっているのだが、当の虎之介は海舟に心酔しているので恐れ入るばかり…と云う辺りでオチが付く感じである

 途中から、上記の通りミスリードで辿り着く『偽りの真相』を考えるのが面倒になったのか、海舟の出番が非常に減って来ているのだが
 ソレにしても、勝海舟と云えば、維新の傑物で日本史(近代史)には必ず名が載る人物なのだが、そんな人物を此処まで扱き下ろして良かったのか、と云う感想も出る
 調べると、海舟の没年は1899年、坂口は上記の通り生年が1906年なので、生きた時間は全く被っておらず、人物像は伝聞でしかない筈なのだが…

 併せて、最初には警察内部に古田巡査と云う老警官が登場し、新十郎の手足となって証拠集め等を手伝う記載も有るのだが、ソレも途中で御役御免と云うか…何時の間にか出て来なくなり、証拠その他は新十郎が自身で出歩いて集める事が殆どになる
 この時代の作家はシリーズを書くに当たって詳細な設定等記しておかないのが常なんだろぉなぁ…と思えてしまう
(事実、今度気が向いたら書こうと思うのだが、横溝氏の金田一シリーズでも準レギュラーの設定ミスを見付けている)

 この当時の作家と云うのは純文学を追及する学者で無い限り、人気商売であり、読まれる作家が人気作家だった…と云う事は、現在のラノベ作家とスタンスは指して変わらない筈なのだが、読者もその辺を全く気にせずに読んでるだけなのか、最近のヲタが細かい所に気付くだけなのか…ラノベ作家の方が人間関係だの物理的な位置関係だの、詳細な設定を考えてから書き始める人が多い気がする

 さてさて、次に不連続~なのだが、文体は逆に安吾捕物帖に比べればまだ読み易い
 ただ、登場人物が非常に多い
 密室では無いが、酷い田舎の大邸宅…周囲には1里以上離れた場所に人里が有る程度で『犯行の為に外部から進入して、犯行後にまた外部に逃げる』は不可能では無いが、ソレを連続で行うには効率が悪過ぎる…と云う事で犯人は大まか絞られてくる…と云った状況
 そんな邸宅に主人・客・使用人等併せて28人の人間が集められ、立て続けに発生した殺人事件により、8人が被害者となる
 普通に考えれば連続殺人事件なのだが、殺された被害者に一貫性が無く、一連の事件として考えると動機がハッキリしない…別々の犯人が其々別の思惑で事件を起こしているかも知れない、と云う可能性も含めて『立て続けの事件だが、不連続』と云う意味でタイトルが付いた、と作中にもそれとなく書かれている
 まぁ実際の所、それでは推理のし様も無く、同一犯に因る連続殺人事件だった訳だが…

 上記の通り、登場人物が非常に多く、しかも其々に『誰が誰を呼ぶ時にはこの呼び方』の様に『この発言でこう呼ばれているのは誰だっけ?』的な思い出しをしないと話も頭に入り辛い作風である
 更に人間関係も酷く複雑で、現在Aの妻だが、元はBの妾で更にCとも関係有り…の様な入り乱れが激しく、そう云う意味では誰が死んでも叩けば動機の一つ二つ持ってる奴は複数出る…と云う様な、やはり『容疑者多数で、この殺害が可能な人間は…? と云うHow done it的な作品である』と云える

 初出では章区切りで雑誌掲載をしており、懸賞金を出して読者への挑戦状と云う形で『此処までで犯人が判った人は居るかな』的な文章が末尾に付く章が幾つか散見される
 しかも、エラリー・クイーンの様にスパッと書かずに、自分の知り合いの作家名を出して『コイツは良い所まで読んでるがマダマダだ』とか『コイツの発想は当てにならん位、明後日の方向に行っている』とか、作中の人物でない『作者の言』で書かれる文章が有るのは、珍しいと云えばそうだが、読んでて少々鬱陶しい感じも有る
 結果、見事に犯人・動機・トリック等を解き明かしたのが4人出たらしく、その内本当に寸分違わずの1名を大賞とし、残り3名を2位扱い、後はトリック等は外している部分が有るが犯人は当たってる人が4人の計8人に懸賞金を送った、と云う扱いで締め括っている

 まぁ最後に探偵役の登場人物が全ての謎を解き、殺害に関するトリック及び動機の説明等、全部済ませた時に矛盾は無く、他の解も得られない程度には完成していたので、推理小説として成り立ってはいるのだが…横溝小説の方が読み易いなwww

 坂口安吾は他にも20少々の推理小説を書いていたそうだが、申し訳無いが、これ以上読む気にはなれない…現在は横溝正史の『夜歩く』に本を移している
 女王蜂も見れる映像作品は出来るだけ集めたし、原作も読んだので纏められると云えばそうなんだが…間が空いた所為で改めて読み直した方が良いかな、とも云える状況(同じく『本陣~』も)なのがナンともwww
 未だに私のブログで検索件数で引っかかるのが横溝作品(八つ墓村とか病院坂とか)なので、もしかすると期待されてる? 或いは期待はされてないけど、そう云うの書けばまた見られる? とは思うのだが…あれ、書くの凄ェ根気と労力が要るんだよねぇwww
 まぁ気が向いたら、と云う事で

 さて、次は…ナニも書く事が無い
 故に、また何か探しながら…と云う事で
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

17年5月速水亮FC大会

 と、云う訳で前回少々触れたが、週末の話題

 云わずと知れた仮面ライダーX、神敬介役を演じられた速水亮氏のFCが結成から3年を数え、第3回のFC大会となった
 開催等については速水氏のブログ(ウチからもリンク貼ってます)で概要を、詳細はメールで(FC大会だから、FC会員のみ詳細を知れば良い訳で…ライブは詳細もブログで発表されます)連絡が来ている

 取り敢えず参加についてはメールで返信、会費等は当日現場で徴収と云う回答も有り、話は進んでいた
 先日以降、副会長から『今後は特に当日の手伝いは足りてる』と云われてから『なら押し売りする積もりは無い』と単なる参加者として楽しむ積もりだったのだが、先々週に一大事がwww

 丁度その日、佐々木氏(仮面ライダー2号、一文字隼人役の俳優、佐々木剛氏)の店、バッタもんで食事する積もりだったのだが、その前の寄り道をした時であった
 携帯に着信を感じていたので確認すると、見知らぬ電話番号が…
 普通なら無視するモノだが、留守録に音声も録音されている
 ワン切りやウイルスなら留守碌登録ナンザしない筈…と、録音メッセージを確認すると
 『松っちゃん? 速水です、手が空いたら電話くれます?』と…
 ナンだってぇ?www

 慌てて返信連絡…すると、速水氏から次のFC大会での依頼として
1.今回のスペシャルゲスト、Xライダーにチコ役で出演されていた小坂チサ子(現:仁和令子)女史が登場する際、BGVとして使う動画(当然、チコの登場シーンの部分)を編集して用意出来ないか?
2.会の最後に速水氏オリジナルの『海に抱かれて』と『Xライダーメドレー』をFCの皆と合唱したいので、カラオケCD作れない?
3.併せて歌詞カード作ってくれない?
 との事

 で、回答として
1.DVDはXライダーを全巻持っているけど、mp4とかPCデータで無い事で一度リッピング作業が必要になるが、その技術が私に無く、チト難しい
2.前にメドレーのカラオケ音声はmp3で戴いている(海に抱かれてはCDを持ってる)ので、コレは作れる
3.メドレーの歌詞について、調べながらになるのでチト手間が掛かる

 と云う事で協議の結果、
1.速水氏が自分でDVDを会場に持参して、小阪氏登場時に流す場面指示をする
2.私が作る
3.メドレーの歌詞を別途メールで戴き、ソレを元に私が作る
 と、いう形で決着した
 電話番号? そりゃ当然携帯の電話帳に登録したさwww
(大会当日に本人に申し伝え、了解も貰った)

 さて、先週のGWだが、まぁ結局何処に出るでもなく(BarHERO3には顔を出したが)過ごした訳だが、その時に依頼を片付けるか、と
 歌詞カードは昨年・一昨年とVer.を上げながら作ってきた歌詞カード(Ver.1は歌詞のみを白紙に印刷、Ver.2は紙にウォーターマークで海に抱かれてのジャケット画像を映し込んで印刷)と作っていたので、今回はXライダーメドレーの歌詞を入れたモノ…と進化させる
 ただ、このメドレーが問題で…俺はXカイゾーグ→神敬介の歌→ライダー賛歌→Xライダーアクション→突撃仮面ライダーXと5曲のEDテーマ・挿入歌を1コーラスづつ続けて歌い、最後にOPテーマであるセタップ!仮面ライダーXをフルコーラス歌うと云う、かなり長い曲なのだ
 歌詞カードも当然長くなり、A4版1枚に入れるのは厳しい…いや、出来なくは無いのだが、かなりポイントを絞らないと入り切らない
 ただ、カラオケの現場は結構明かりが落ちるし、ポイントを落とすにも限度が有る…最低、この曲でA4版2面は欲しい
 …と、云う事で、最後の手段、A3両面印刷で2頁取り、中央で折って4ページ本を作るしかない、となったwww
 帳合を考えて、1・2頁にメドレーを2面使って、3頁目は空白として4頁目に海に抱かれて…とすれば、4頁目を表紙にして開いた内側2面にメドレー、裏表紙が白紙、と云う構成になる
 コレを作って出掛けた序でにキンコーズで試し刷りをして確認する
 初めてキンコーズを使ったので、会員登録や利用料金について説明を聞き、今後もこう云う事で使うんだろぉなぁ…とか、漠然と思いながらデータを完成させた

 さて、CDについては、PCでの作業になるので、昔買って置いたストックであるCD-RにライティングソフトでCDDA形式に海に抱かれて→Xライダーメドレーのカラオケ音源を記録する
 容量が無駄に余ったので、海に抱かれてのインストVer.と私の持ってるXライダーソングCDのカラオケ曲を全部放り込んで書き込んでみた…心配だったので、取り敢えず視聴…と思ったら、最近CDを聞いていない(CDを買っても、速攻でmp3にエンコードしてiPod行き)ので、プレイヤが手元に無い事に気付くwww
 仕方が無いのでTVに繋いでいるBDプレイヤで再生してみて、問題なく再生出来る事を確認した

 さて、前日の金曜日、この日もバッタもんで夕食の予定だったのだが…国号6号の新葛飾橋(松戸と葛飾区を繋げる橋)を都内に入った後、2・3の信号をパスする為の陸橋上で爆発炎上事故www
 原付か小型二輪らしい単車とバンらしい自動車が絡んで燃えていた
 消防車両もまだの所を見ると、やらかして直ぐだった様だ
 関係者は諦めてる様だが慌ててる様子はない…重傷・死亡は無さそうだ
 しかし、時折爆発音が…この手の火事を間近で見るのは初めてだな
 消防・警察が来て消火活動を開始するも勢いが強く消火に至らず、警察は下道に降りる分岐に後部車両から誘導しているとの事
 単車は車間を押して後部まで云って下道に降りろ、と指示があったので、従う
 ちなみに、月曜日に同じ道路で帰宅したのだが、現場跡は当然整理されていたが、舗装面には消し切れない焦げた痕が黒々と残っていた

 さて、バッタもんでは夕食・常連仲間と駄弁ったりして過ごしたのだが、看板を下げる時間に…弐剛会元会員と云う事で、私が店に行くときは看板を下げるのは私の仕事になってる(笑)のだが、その時に若干霧雨的な粒を感じる
 で、その旨話して会計を済ませて帰る事に…佐々木氏は雨天運転で何か危険を感じた事が結構有るらしく、雨っぽいのを感じた、と話すと『直ぐ帰れ』と快く送り出してくれる
 まぁ霧雨が降ったのか降ってないのか…程度で帰宅は出来たのだが

 さて、当日…前の予報では雨は午前中…と云っていたのだが、何時の間にか一日中雨と云う予報に置き換わっているorz
 会場は池袋西口付近、パセラ池袋本館の4階、仮面ライダー・ザ・ダイナーである
 晴れてれば自転車で行く積もりだったが、チト不味いかも知れないので電車にする事に
 池袋だと、一番安く行けるのが南千住→日暮里→池袋のJR(乗換え1回)か、三ノ輪橋→東池袋四丁目の都電(乗換え無し)なのだが、今回は池袋でも西口であるので、JRを選択

 朝食後に、データを入れたUSBメモリと焼いたCDを鞄に入れて家を出る…霧雨が降って来た
 駅まではこの侭歩けそうだが、天気予報だと1日中雨って事で、コレから強くなる事も考えられる、と引き返して傘を持って出る
 予定の乗換えで池袋西口…やべぇ、本降りだwww
 傘を持って出たのが大正解だった…と、その侭駅前通を西に向かって丸井に…目的地は4階のセリア(百均)である
 歌詞カードを運ぶ用にA4ハードケースを1つ購入する
 で、次は丸井の並びにあるキンコーズに
 レンタルPCでUSBをセット、印刷指示(試しに1枚、問題無ければ追加で50枚)して出来たA3両面計51枚を受領して会計、作業場を借りて2つ折り作業を開始
 全部折り切った所でA4ケースに入れ、ケースの購入時に貰ったレジ袋に入れて、雨対策を完璧にした状態で鞄に放り込む

 さて、13時近くになっているので、近くのガストに向かう
 昼食をドリンクバー付きで頼むと徐にKindleを…長期滞在スタイルであるwww
 しかし、この店は炭酸水のみを単独で出す機構が無かった様で、最近飲んでいる紅茶ソーダ(トロピカルアイスティ+炭酸水)とか、炭酸系の創作飲み物が造れなかったのは残念
(最近のドリンクバーには結構『炭酸水のみ』の機構が有る事が多いのだが…)
 最近Kindleにインストールした『転生したらスライムだった件(WEB版)』を1章丸々読んで、更に読書中だった坂口安吾『不連続殺人事件』の続きも少々…で18時半にwww
 このまま帰るのも店に悪いか、と夕食もその侭追加オーダーで取る事にwww

 で、19時を過ぎた所で会計、店を出てパセラに向かう
 徒歩3分で到着、雨も結構小雨になっていたが、取り敢えず会場に
 店の人から、開場前だから、取り敢えず1階に…と、案内されたので、行くと既に数人のFC会員が
 副会長に歌詞カードとCDを渡したら『私もただの参加者』…と、普通に周囲に溶け込んで駄弁る…結局、カラオケでの『歌いたい唄アンケート用紙配布』とか、ナンだカンだで依頼されたのだが…まぁ良いか
 時間になってイベント開始
 席は自由席で、適当に陣取って速水氏の登場待ち、副会長の挨拶の後に速水氏登場、その速水氏の紹介で小坂氏登場…となった
 乾杯の後、歓談タイム…食事は済ませていたので、軽く追加で食し、周囲のFC会員や順繰りに回って来た小坂氏・当時、助監督だった久保田氏と歓談タイムになる

 カラオケタイムに突入、この店はパセラ池袋本館の1フロアだが、基本、カラオケスペースは無い所に強引にカラオケを入れたのだが、まぁ女性が2~3組か? 速水氏とデュエットした所でジャンケン大会に移行する
 今回は…何とか1回勝ち残り、速水氏と小坂氏のサイン色紙をGetした
 思えば、速水氏とも知り合えて数年になり、サインも数点戴いているが、色紙に戴いた事は無かったな、とwww

 その後は速水氏御待ち兼ねの合唱カラオケタイムである
 コレもまた、店内音響とCDプレイヤを強引に繋いで私持参のCDを…で、音切れ凄ェwww…orz
 家での再生には全く問題なかったのに…と焦っていると、取り敢えず1曲目は普通にCDも出している『海に抱かれて』であるので、コレは私のCDを外してオリジナルCDから音を出す事に…
 さっき切れた所でも音が出た…って事はCD-Rの生焼け? 不味いな…と思ってたら、最後で此方の音源でも音切れがwww
 やっぱ店の設備の所為だ、とホッとしたのは事実だ
 半ば冗談としてだが、速水氏が『音が切れるのはCD(を作った私)の所為』とする所だった、との話も出て笑いを取るが…まぁ良いけどねwww
 で、Xライダーメドレーは音源が私のCDしか無いので『途中切れても強引に歌うぞ!』と曲をかける
 確かに数回切れたが取り敢えず最後まで曲は流れた…無事に終わって良かった
 …ちなみに、CDは速水氏も副会長も特に引き取る様子ではなかったので、私が回収して、自宅でもう1度再生してみたのだが…問題無く再生出来ている
 やっぱ店の機材の所為ぢゃないか…

 さて、その侭閉会となった訳だが、取り敢えず店の前で速水氏の出待ちをしている会員等と話をして過ごす
 速水氏はその後、副会長と打ち合わせ等と云う事で2人で離脱するらしく、それなら帰るか、と帰途に付く
 まだ時間的には23時を越えた辺りだろうか、と云う事でJRが充分使える、来た時の逆順と云う事で南千住に戻り、帰宅する

 ソレナリに体力も使ったし、結構疲れたのも事実だが、楽しい一時だった
 ちなみに小坂氏は次回ライブ(7月予定)にも参加される事が決まったらしく、このFC大会で発表された
 翌日の日曜はNinja250の1,000Km点検に行き、幾つか話を聞いた
(一番ショックだったのは、政府が来年から単車の新車製造にABSを義務化する関係で、全体にコストアップがされて仕舞い、ソレでも売れる機種を残して製品ラインナップを縮小する…川崎のデュアルパーパス車であるKLXもソレで昨年発売モデルをファイナルエディションとしたのだろう…と云う話である)
 まぁその辺は何時か機会が有れば触れたい

 次回は…何かネタが有るかな
 無ければ何か探すしか…まぁ何時もの事だ
 兎に角、ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

Ninja250一ヶ月その2

 日記系…と云うか10年越しの新車購入に浮かれてる莫迦モノの戯言…と読み流せる人が多いと良いなぁwww

 さて、そんな訳で絶賛慣らし運転中のNinjaだが、先日やっと取説に記載された800Kmの走行距離を越えて、6,000回転まで上げての『慣らしその2』にステップアップ出来た
 …まぁこの辺の経緯は、間抜けな事だが、一応備忘録として…
 連休前の5月2日、燃料計のメモリが点滅(前回記載したが、インジェクション車であるNinjaは燃料計の表示が結構正確で、デジタル6段階+最後の1メモリが点滅すると、昔で云う『リザーブタンクからの給油に切り替えたのと同程度の残燃料量だ』と云う合図になる)したのでスタンドに入れて給油した訳だが…

 この機体は燃料タンク内に『レベルプレート』と呼ばれる板が貼ってあり、取説では『レベルプレートの下端以上は入れず』と書いてある
 コレを読む前に(ってかシッカリ読んだのはつい先程www)最初の給油(納車直ぐに燃費計算の為に満タンにした)をしたスタンドの兄さんが『この板がひたひた程度までは給油O.K.』の様な事を云っていたので、ソンなモンか…と思っていたのだ
 で、今回は自宅最寄の何時ものスタンド
 ソコでの初めての給油だったので、担当した兄さんに『覗いた時に見える板が浸る位まで入れて大丈夫だそうだから…』と話したら、結構頑張ってくれた様でキャップの下面が触れる板ギリギリまで給油してくれて…
 まぁソレでもキャップを閉じた際に溢れる様な事が無かったから、コレで良いか…とスタンドを出たのだが、結果から云えば間違いであったのだ

 誤算その1.給油時は正常な水位を作る為ってのと手間の面で、単車はスタンドで立てるのではなく、両足を踏ん張って立たす…つまり、スタンドで立たすと若干でも横に傾いで立たす事になるので水位が変わるのだ
 詰まり、両足踏ん張った状態で一杯ゝに入れた燃料は、スタンドで立たすと零れる事になる

 誤算その2.連休直前での給油は、その後の連休では遠出の予定は無かった為、零れるかどうかのギリギリの位置で数日過ごす必要があった

 誤算その3.給油は帰宅時だったので、深夜…詰まり、給油時の気温が低かったが、気温が上がる日中になっても放置していた
(通常時は、この気温になる前に出勤として単車に乗っており、燃料が膨張する前に一定量は消費していた)

 …結果、燃料が溢れたwww
 最後のが決め手だと思う…気温上昇で燃料が膨張してキリギリだった水位に駄目押しをして溢れた…と云う事だろう
 取り敢えず安全設計である単車は、キャップ面から溢れずにドレーンホースと云う管を通ってエンジン下に落ちる
 エンジンの燃焼室は当然完全密閉された空間なので、エンジンを掛けた事でイキナリ爆発…と云う事は無い
 が、地面に落ちた燃料が昼間の熱気で気化してガソリンの臭いがその辺に充満した…
 こりゃ不味い…この辺で路上喫煙でも有れば大爆発である

 と、云う訳でドレーンホースの出口をウエスで拭いて、下に落ちた燃料には中性洗剤(化学反応を起こして燃焼性を落とすのと、洗剤の香料でガソリン臭を消すのとの意味合い)を振り撒いて対応する
 昼食後、取り敢えずこの侭では危ない…と云う事で、急遽単車で出掛ける事に…

 さて、今回は『単車で出る事』が用事であるので、何処に行くとかどの位走るとか、全く考えないノープランである
 取り敢えず、慣らし中(まだ770Km程度…出して5,000回転縛り)だった事も有り、勢い遠くはチト避けたいし全く知らない道も(思い通りに速度を出せない為に)怖い…しかしながら、慣れてるとは云え連休初日に通勤路を走るのは気分的に嫌だwww
 と、云う訳でかつての通勤路、国道14号線を千葉方面に…と云う方向で走り出す

 丁度、川崎の専門店が千葉市に有ると云う話も聞いてた(ってか、10年少々前、ZZR250の合鍵(元鍵を無くしたので、川崎純正のキートップが付いた奴が欲しくて)行った事が有ったと思うんだが…)ので、前回話にあったNinje250のバックミラーに履かせる高下駄も『有れば良いな』…と、その辺まで行ければ良いかな…と云う緩い走りである

 途中までは通勤路と同じく、白髭通りで東向島から6号に乗り、直ぐに交差する平和橋通りに入ると直ぐ奥戸街道にスイッチ
 蔵前橋通りにぶつかった所でソッチに変えて14号に合流…と云う感じで千葉入りする
 その侭14号をひた走りなのだが、14号って本八幡以降は往復1車線の狭い道が続く訳で…昔は此処を通勤してたと思うと、結構根気有ったなぁ…と、今更ながらに感心する位、道が悪い
 兎に角耐えて幕張IC辺りで車線が増えるのを待って、やっとストレスが解消される

 その侭稲毛区を越えて…途中で目指す店では無いが、大型のバイク用品店を見付けて入ってみる…ヤッパ無いわ
 元々、Ninja250又はNinja250R専用とか云うピンポイントの商品だし、在庫を持つ店は無いのだろう(パーツ自身も高いし)
 適当に走って疲れたし、目指す店は見付けられなかった(まぁMAPを確認しながら詳細に走ってた訳でも無いし)ので、このまま帰るか…と思ったが、あの糞狭い14号をもう一度走るのが嫌になったので柏方面に進路を取ろうか…と考えた時、燃料系からメモリが1つ消えた
 取り敢えず、目的は達したし千葉市から柏に抜けて帰るとか、それだけで更に60Km位走りそうな行程は嫌だ、と考えを変え、14号のガストで休憩して14号を戻る道に進路を戻す

 で、帰宅したのだが…目出度く総走行距離が800Kmを超えた
 コレで心置きなく6,000回転まで上げられる…と、云う事で月曜の通勤時に早速頑張ってみる
 新車はエンジンも当然新しくパワーが十全に出るのでアクセルが軽いゝwww
 つい6,000以上上げそうになるのを我慢するのは今までと同じ程度の根気が必要かwww
 まぁソレでも77Km/hは出るので、車群に置いて行かれる…ってか後ろの自動車に気を使って走る事が無くなっただけでも充分ストレスは解消される
 取り敢えず、あと200Km走ったら1,000Km点検で、その後は3,000Kmまで頑張って、以降は3,000Km刻みで整備すれば良いかな

 さて、単車関係で書こうゝと思って書きそびれてたネタを一つ
 スペアキーの話である
 新車は、普通鍵を2つ貰う
 普段乗車する為に使う鍵と、万一ソレを無くした際に使う・合鍵の元鍵として保管する為である
 私は自宅に駐輪スペースが有る家なのだが、万一の来客(父親が死んで殆ど来客も無くなったのだが)時に単車を移動する必要が出た際、鍵を全部私が持つと困る…と云う事で1つを自宅に置いている
 で、昔、出先で鍵を紛失した事が有り、その時の経験から鍵は2つ常備する様気を付けているのだが、そうすると鍵が足りない事になる
 普段乗車用は上記の通りキートップが川崎純正の、新車購入時に貰った鍵の一つを使う訳だが、予備としてキーホルダーに付けて置く鍵は逆に目立たない様に普通の合鍵系で欲しい…と、思っていた

 ソコで、合鍵屋で鍵を1つ作る事にした(ってか、新車購入毎にこの様な事はやっている)のだが、この10年で合鍵事情が一気に変わっていたのだ
 最初に行ったのは通勤路にも有るイオンモール柏に出ているリアット! である
 鍵を見せて川崎の単車で有る旨話すと鍵を持って在庫スペースへ…
 その侭戻って来て、次は合鍵用のカタログを開き出す…結果、鍵が新しいのか、取り扱いが無い…との事
 確かに17年式と一番新しい機体では有るが、車種ソノモノは13年式以降カラーバリエーション位しか変更せずに生産されている人気商品である
(実際、発売開始の13年以降、国産125~250ccクラスの新車出荷数では常に上位4機に入っている)
 兎に角、合鍵のベースが無ければ作れない、当然の事なので店を後にするが、去り際に聞いてみると、リアット! と云うチェーンでは基本的に同じ合鍵カタログを使っていると云う事なので、此処でリアット! の可能性がほぼ全滅する

 次に、チト遠回りになるが流山おおたかの森S・Cに店を出しているミスターミニットに行ってみた
 しかし、此処はもぉ問題外…川崎の単車と云った途端に門前払いである
 単車の合鍵を求める層は非常に少ないので、在庫を置かない…との事、WEBではバイクの鍵も速対応…の様な調子の良い事を書いていてコレでは話にならない

 その後、NETで検索するも、川崎純正パーツとしてバイク屋等を通じて発注すれば入手可能なのは判るのだが、ソレでは上記の通りキートップが純正の黒い樹脂製になる
 色々検索してソレでも仕方なしか…と思い、購入店に発注を依頼するかギリギリ(整備中のSHERPAを引き取る際に発注するつもりだった)の所で、途中下車して行ける店が見付かる
 有楽町(私の最寄は三ノ輪で整備工は下馬…渋谷でバスに乗るので、有楽町で途中下車すれば行けない事も無い)のガード下に有る『鍵のレスキュー合鍵ショップ』と云う店が見付かった
 取り敢えず、無駄足は御免なのと、WEBに『お急ぎの場合は必ず店舗に電話でお問合せ』と書いて有ったので、店に電話…
 川崎の単車である事、オリジナルキーなので鍵番号も当然車種年式もこの場で話せる事を伝えたが『実際に見てみないと判らん』って…予め電話させる意味無いだろうが!!

 兎に角、コレで駄目なら純正キーの発注かな…と、半ば期待せずに家を出る
 今回は整備完了のSHERPAを引き取るだけなので、徒歩(電車)で行く事にしているので、日比谷線で有楽町に…
 ビッグカメラ側に出たので店が見付からず、線路跨いで反対側でやっと見付ける(その辺も電話案内が悪いorz)
 で、鍵を渡して数分…見付けて来たよ、合鍵www
 鍵の刻印にはGSSのM436(ちなみにSHERPAはFUKIのM394…合鍵の刻印が判っても削り出すキーパターンが違うので私の備忘録として一応書いて置く)とあり、コレで良いと思われるので、作製して良いか確認されたが、当然作って貰う
 実車が自宅なので、その場で確認出来なかったが、合わない様なら修正可能なので、もう一度持って来て欲しいと云われて鍵を渡される

 整備工でSHERPAを受け取り、自宅に乗って帰って来たら、先ず試すのが合鍵である…で、合ったよwww
 エンジンキー・燃料タンク・タンデム下の小物入れ、全ての鍵が合鍵で開く事を確認して、無事キーホルダーの中に入った
 直近で単車を買ったのは11年前のZZR250の時だったのだが、その際は此処まで合鍵で苦労はしなかったのだが…
 単車人口が減っている事は前々から報道されているし、確かに普通に道を走っていて単車とすれ違う事も減っているのだが、此処まで影響しているとは思わなかった

 取り敢えず、直近の心配はSHERPAがZZRよりも1年古く、既に12年乗っている事になる訳で…整備工に云わせれば、ZZRよりもガタは来ていないそうなので、まだ行けるとの事だが、更に10年…とかは流石に持たないだろうしなぁwww
 で、そうなるとSHERPAは既に生産中止(欧米仕様のSTOCKMAN250は生産中…だよね?)しており、同じくデュアルパーパス車となるKLXも昨年度モデルが国内仕様最終モデルとかで生産を終了するらしい…
 この侭だと、デュアルパーパス車の方で購入対象になる機体が無くなる恐れが…と云う辺りだが、最悪、STOCKMANの逆輸入しかないかなぁ…

 本来、その辺は現用のSHERPAが壊れてから心配する物(と、云うかソモソモ壊さない様に使うのが原則)なのだが、使用年数が年数だけに心配である

 さて、連休明けなので簡単に…と云う事で、と云う積もりだったのだが、思いの他長く書いたな
 次回は…ナニ書くか、週末が速水亮氏のFC大会なので、その辺のネタが書けるかも知れず
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

Ninja250一ヶ月

 と、云う訳でまたもや日記系に戻るwww

 と、云う訳で新車購入したNinja250
 先日新車購入した際に記載した記事は、兎に角納車して直ぐに書いたので、事前に調べられるスペックやZZRとの違いの部分のみに特化した記載になっていたのだが、今回はソロソロ1ヶ月(まぁSherpaも乗らないとヘソを曲げるので、適当にローテーションして、だが)乗った感想等を少々…

 先ず、慣らし運転だが、マニュアル(購入時に貰う取説)では800Kmを4,000回転、1,600Kmまで6,000回転…と云うのが記載されている事項であり、先日の500Km刻みと云うのは11年前のZZRの時の記載だった事が判明した
 現在、やっと700Kmを超えた辺り…まぁ販売店(整備工)と少々話をした結果、段階を付けて上げて行けば、500Kmを越えた辺りで5,000回転…とかでも良いんぢゃね? ってな事になって、結局、他の邪魔にならなければ4,000回転、車群に入る時は5,000回転まで上げて走っている
 5,000回転まで上げられれば速度も65~67Km/h程度には上げられるので、ソレでも邪魔になる時は有るモノの、流石に文句云われる程遅くないと云えると思う
(まぁ法廷速度は50Km/hの道だしなwww)

 で、5,000回転に上げ始めてから、音に変化が起きた
 新車当時はナンと云うか…電動モーターの様な非常に静かな音『しか』しなかったのだが、最近はソレに加えて爆音の様なモノも混じる様になって来た…まぁ喧しくなった、と云う程では無いし、本来の単車の音と思える様にもなって来たので、ソレは私としては問題無い話なのだが

 また、走ってて気付く事だが、ZZRに比べて『煽り風に強い』事が挙がる
 ZZRは煽り風に非常に弱く、雨の日だけでなく風が強い日もSherpaで対応…と云う事もソレナリにあったのだが、今度からはソコまで気を使う必要は無くなるかも知れない
 尤も、デュアルパーパスであるSherpaほど強い訳では無いので、風の強さが台風並…とか天気予報で云われると悩むのだが、まぁソコまで神経質にならなくても良い感じである

 さて、走ってれば燃料は減るモノで、当然、給油が必要になる
 で、まだ1回しか給油していないので、その辺を少々
 取り敢えず、慣らし中は回転数を抑えた走りになる都合上、結果として非常に燃費走行に近い走り方になる
 ソモソモ、この機体は250ccの単車にしては比較的大きな燃料タンクを持っており、17Lの容量が有る
 先日の記述に有る通り、この機体はインジェクション方式の燃料供給なので、キャブレター式の単車よりも燃料の燃焼効率が高い
(排ガス規制に対応する為の処置だったのだが、結果として燃焼効率も上げる事になった…と、云うのが現実だが)
 以前のZZRでも25Km/Lを切る事は殆ど無かったのだが、同程度の燃費としても25*17=425Km以上は走行出来る計算になる
 購入時に直ぐ満タンにして、燃費計算に使った関係で、700Kmを走った現在でも、まだ2回目の給油タイミングに来ないのだ

 さて、此処でもう一つ…単車には昔から有った機構として、燃料コックと云うモノが有った
 コレは、燃料タンクからエンジンに向かうパイプにスイッチを一つ付けて、ON・OFF・RESERVE(リザーブ)と云う3つの位置に変更出来る様にするモノだ
 ONは所謂走行中の『キャブレターに燃料が少なくなれば常に給油します』と云うポジション
 OFFは整備する時等、タンクを取り外す際、燃料が漏れて来ない様にパイプを完全に閉めるポジション
 最後のRESERVEと云うポジションが独特のモノである

 単車には基本、燃料計が無い…いや、無かった、と云うべきか
 給油タイミングはライダーが前回給油してからどの位走ったか、によって判断(まぁタンクを開けて目視するライダーも居るが)して決める事が多い
 稀に燃料計が付いている単車も有る(昔乗ってたGPZ400RとZZR400には有ったと思ったな)のだが、目安として、簡単な『浮き』による水位計で、浮きに水分が染み込んで機能低下すると、燃料はまだ結構残ってるのに燃料計はガス欠を示す事も侭有る程度に信用出来ないモノだった
 で、本気でガソリンが残ってない状況だと、近くのスタンドまで引き擦って歩く事になる訳だ
 ギアをニュートラルに入れて車輪が転がる様にする…とは云っても170Kgを超える車重を1~2Km(最近はスタンドも廃業が増えたし…)の距離を引っ張るのはカナリ骨…ってか出来ればやりたくない
 この解決方法として、RESERVEと云う機構が生まれたのだ

 普段、走行(ON)時の燃料はタンクの下から3L位残した上のパイプから供給される…此処でガス欠になった時にRESERVEに切り替えると、タンク最下部のパイプからの燃料供給に切り替わるのだ
 詰まり、Bar等でボトルキープ(リザーブ)するのと同じ意味で、ガス欠時に『近くのスタンドまでは行ける程度までは燃料をキープして置こう』と云う事である
 結果、上記17Lの燃料も通常時は14L位までしか使わずに、万一ソコでガス欠を起こした時に残り3Lを使う…と云う形で不便を無くしていたのだ
 私の場合、リザーブを使う前に給油する癖を付けていたので、1回の給油で14L、燃費が25Km/Lとして1回350Kmを目安にして給油していた…と云う事である

 ただ、コレがインジェクションだと一気に事情が変わる事になる
 燃料が電子制御で供給量を調節して吹き込むので『基本的に電子機器が指示を出さないと燃料が吹き出ない』仕組みなのだ
 詰まり、常にコックはOFFの状態にあり、エンジンが稼動している時に電子機器がその都度ONに切り替えている様なモノなのだ
 併せて云えば、電子機器で使用する燃料量を計算しているので、貯蔵量がハッキリすれば、その後の残燃料量も完全に制御出来る訳だ
 詰まり、燃料計の精度を上げれば、その後の燃料消費量や何時間持つか…等が計算出来る訳だ
 残燃料量が一定以下になった時にアラートを出せば、一度ガス欠状態にしてから、コックを切り替えてエンジンを掛け直す…と云う手順は必要無くなる訳だ

 以上の理由から、燃料計の精度が上がり、燃料コックが無くなった
 コレは四輪自動車には結構前から付いていた機構(四輪自動車はインジェクション化が早かったから)のだが、単車は此処十年程度(排ガス規制が厳しくなってから)と云う事だ

 で、Ninja250は燃料計はデジタルで6段階の表示で最後の1メモリになってから暫くして、表示が点滅してアラートになる…つまり、7段階の表示になっている
 先日、350Km弱の所で最後の1メモリになり(アラートにはなって無かったが、安全策として)給油した所、約13L入った
 概算で350/13=26.9Km/Lとなる
 当然、17-13=4Lは残ってる訳で、多分、その半分辺りで点滅アラートが付くと予想されるが、その場合でも26.9*2=53.8Kmは更に走れる計算になる
 ちなみにZZRを新車で購入した直後は…あれ? 記録だと21.6Km/L程度しかないぞ?
 逆に有る程度乗ってからの方が燃費が上がっている…まぁ良いや
 飽くまで慣らし走行は燃費走行に『近い』走り方であって、燃費重視の走行では無いからなぁ…
(シッカリ規定回転数まで回す事も慣らしの意味なので、低速でシッカリ4,000回転まで上げてたし)

 さて、後は…気付くのはミラーの長さが足りないwww
 バックミラーに映っているのが鏡面の半分近く自分の腕ってどう云う事だ…orz
 調べると、結構なオーナーが同じ事を云っている
 その辺の不満を解消する為のパーツがサードパーティから出る始末であるwww
 このパーツは、ミラーの位置を付け根から数cm浮かせる事でミラーを物理的に移動して、もう少し見え易い位置にセットし直す…と云うモノである
 強度を保つ為と、見栄え的にアルミ削り出し…という形で作ってあるが、¥6K(税抜き:左右1対で)と云う値段であり、決してコストパフォーマンスは良い商品では無い

 と、云う事で色々自作で対応しているオーナーも居るらしい
 一番簡単な方法として、長めのボルトとナットを組み合わせて、2本のボルトで浮かせる方法で実装しているオーナーが見付かる
 使ってるオーナーのサイトでは、強度的にはソレナリに走ってるが問題なく緩んだり外れたり、根元が割れたり…と云う事は一切無いらしい…ただし、基本的にボルト・ナットと云うのは鉄だったりアルミだったりするので
 1.無塗装では銀色なので、妙に目立つ
 2.更に、鉄製の場合は錆びたりする
 と、云う事があるらしい
 で、考えたオーナーは自分で塗装(と云ってもスプレーで吹き付けるだけだったり、凝った人は錆び止め→下塗り→上塗りで数回塗料を変えて吹き付けたりする人も居るらしい)等の工夫をしている様だ
 コスト的には¥1K前後で済むらしいが、手間も掛かり、更にはカウルから2本の鉄棒でミラーが浮いてるフォルムになるので、見栄え的に少々不安定に見える、と云うデメリットは有りそうだ

 次に見付かったのが、ホームセンター等で打っているゴムのカド材(DIYで作った家具等の、尖った角の危険防止用に使うゴムの補強用パーツ)を使って、ソコにボルトを差し込んで使うパターンである
 見た目は上記サードパーティ品と似た形で作れ、値段も更に安く¥1k掛からずに行けるとのレポートなのだが、如何せん硬質ゴムだけに経年・日光による劣化が心配される所である
(取り敢えず、劣化による緩みやハズレ等のレポートは無いのだが)

 私は、と云えば、取り敢えず、サードパーティ品を探すか…と、通勤途中に有る2輪館松戸店に在庫確認をしてみた
 結果、取り扱いはしているが、取り寄せ品になる…との事である
 次に先日、バッタもんに行く際に脇を通る、同じく2輪館の足立店に寄ったが、此処も現品在庫は無かった
 更に週末に上のバイク街(まぁ前にも少々触れたが、かつてのバイク街もバイク人口の激減と光輪が『やらかした』関係で殆ど見る影も無いのだが…)でSCS上野店、Rabeeの2店(他にもバイク屋は若干有るが、車体販売かヘルメット・ウエア系に偏っていて、パーツ系は心許ないのだ)にも寄って見たが、此処にも無かった
 結局、通販か整備工経由で依頼するしかないかなぁ…と思ったり
 この連休で少々走り回れたら探して見るか…とも思う
 後は、最悪ミラーを覗く時に若干体勢を変えれば少しは後ろが見えるので、ソレで間に合わすか…と云う『現状に運用で慣らす』と云う方法もある
 まぁ予定では、あと10年以上付き合う予定の車体だ、ユックリと考えるとしよう

 さて、若干短めだが、ソレナリに書けたと思うので、今回はこの辺で
 次回は…GWは特に予定も無いので、多分書く事は少ないと思われる
 故に短めに済ませて日記系かな…?
 場合によっては次週を飛ばして2週後になるかも知れん
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

Ninja250納車

 と、云う訳で先週にも予告したのだが、新車としてNinja250を受領した
 今回はその辺について少々書きたいのだが…

 実は納車後自宅に乗った18Km前後と、昨日今日の通勤(1往復で約64Km強)で乗った合計120Km弱の距離しか走れてないのだ
 納車を受けた土曜日は小雨、日曜は夕方には上がったが昼間は基本雨…と云う状況だったので、満足に運転出来ていないのだ

 さて、今回は色で決めた車種と云う事でNinja250ABS Special Edition(2017年型)と云う正式名称になる
 名の通りABS装備車なのだが、現時点余りその恩恵は判らない
(ABSが必要になるほど飛ばせてない…慣らし運転中だし)
 一応、外観は川崎公式にも有るが、来年以降写真が変わる筈(年式で色が変わるから)なので、一応貼り付けるかな
Ninja250abs
 ちなみに、今までのZZR-250がコレ
(中古車販売業者のWEBからだが、取り敢えずカラーリングと撮影角度でコレを取ってみた…色も黒で、このカラーリング)
Zzr250

 パッと見で…まぁ全然違う外見なのだが、オーナーとして見ると、大きな違いが幾つか有る
 先ずライトの数であるが、ZZRが1灯であるのに対して、Ninjaは一見2灯、実は4灯である
 と、云うのも、両目に2灯づつ有り、メインになる大灯と別に脇に小灯が1つづつ配置されている
 で、右目は常に点灯しているのだが、左目は大灯が常に消灯しているのだ
 では、左の大灯はナニに使うか…と云えば、ハイビーム及びパッシング専用…と云う使い分けがされているのだ

 ZZRでは1灯2極と云う形式で、1つの電球に2対の電極が付いており、ハイビーム設定及びパッシング中には同じ電球の別電極に電気が通り、上向きに若干強めの明るさで光を放つ仕組みになっている
 大してNinjaは全ての電球が1極で、ハイビーム設定及びパッシング中は普段点かない電球(左目大灯)にも通電されて明るさ上乗せと上向きに向かって光を放つ仕組みになる
 まぁどっちが上かは知らんが、取り敢えず電球が増えた分、万一の電球切れの際にも何処か点いてれば最悪走れるかな…と云う安心感は有る
(ソレと、2極電球より1極電球の方が安いので、交換の際の部品代は安くなる…その分、切れる可能性の有る箇所が4箇所になった訳だが…)

 次に、シートがタンデム用も一体型シートだったZZRに対してタンデムシートは別付けになったNinjaと云う差が判る
 通常、シート下に工具・書類(自賠責保険証や登録済証明書(250のバイクは車検が無いので、車検証の代わりになる公的書類)等)を入れるスペースになるのだが、ZZRの方が広く用意されている
 Ninjaはタンデム下のスペースしか無いので、ETCを入れると他はナニも入らない…と云う話である
(尤も、私は基本的に高速に乗らないので、此処に書類を入れるのだが)

 で、寸法的には以下の通り(全長x全幅x全高)
  2,050mm x 700mm x 1,125mm(ZZR)
  2,020mm x 715mm x 1,110mm(Ninja)
 若干、Ninjaの方が小さくなったが、全幅の数字が1.5cm広くなっているのが気になる
 と、云うのも、単車御得意の車間すり抜けの際に、1.5cmはソレナリに響く…あと、カウルの形状がノッペリと丸いZZRに比べ鋭角的に尖ってるNinjaの方が数字以上にハンドル付近での幅を感じる

 さて、外見上の話は此処までにして、実際に乗ってみる
 跨いだ感じ、足付きは悪くない…新品のNinjaと11年落ちのZZRではサスペンションの具合が全く違うので、ソレを考慮に比較すれば『ほぼ同等』と云えると思う
 ヘタってるZZRは両足がほぼベッタリ付いたが、Ninjaも両足とも土踏まずまではシッカリ両足付けるので、乗ってれば多分同じ程度にはなると思われる
 シート高は 760mm(ZZR)と 785mm(Ninja)と2.5cmNinjaの方が高いが、シートの形状(シートがほぼ同じ幅でタンデムまで続くZZRと、タンデムを別シートにしてフロントシートを三角に近い状態にしたNinja)の関係で工夫してあるのだと思う

 次にエンジン始動…あれ? チョーク(始動時に強制的に混合気の燃料比率を上げて点火し易くする機構)が無い
 最近は四輪自動車から殆ど無くなったチョークだが、ついに単車からも無くなったか…この辺は後述するフューエルインジェクション(燃料の供給方式)にも関係しているのだと思うが、取り敢えずNinjaはオートチョークとなっている様だ

 キーを挿してイグニッションをONにすると、メータ類のランプが一度全点灯し、幾つかのランプを残して全て消える
 この際、ニュートラル・ABS異常・オイル異常の3点は点灯したままに残るのだが、エンジン始動と同時にオイル異常が消え、ギアを入れればニュートラルが消え、走り出せばABS異常が消える仕組みになっている
(スピードメータ等のデジタル部分は数字が点灯する)
 また、唯一のアナログメータであるタコ(回転数計)も一度、針が逆に振り切れてからゼロに戻る
 この一連の作業が終わってからスタータボタンが押せる様になる訳だが、流石に新品、エンジンの掛かりは良い
 …と、此処で11年前の日記(当時はmixi日記を付けてたのだが、撤退する際に全部のバックアプを取って置いてある)を確認すると、ZZRは新品時でもエンジンの掛かりが悪かった記録が残っている
 コレはやはり燃料供給方式に因るモノ…と、単車屋の弁である

 デジタルメータには、スピード・時計・燃料残量が常時表示され、オド(総走行距離)・トリップ(リセット可能な走行距離)*2が切り替え式になっている
 オドはKm単位でトリップはA・Bとも0.1Km単位となり、その分オドは1桁上まで記録出来る様になっている
 個人的にはオドも0.1Km単位で欲しかったのだが、コレはまぁ…仕方ないと諦めるしかない
(トリップを1つ潰してオドの0.1が判る様にして置くしかないか、と)

 ギアを踏んで1速に入れてクラッチを繋げる…当然、単車の運転方法なんざ早々変わる筈も無く…って、クラッチミートが遠いwww
 今までの単車の積もりでスロットル開けながらクラッチ離してても繋がるのがカナリ先だった為、空吹かしの状態にorz
 今後調整するかな…ミートを手前過ぎた所に設定すると、完全に握り締めても切りきれない状態になるのだが、此処まで遠くする必要は無いだろうなぁ…取り敢えず、コレは慣れたんだが、後で整備帰りのSHERPAとの違いに、また戸惑う事になりそうだww

 さて、実際に走り出す…と、云っても慣らし運転であるし、ソレ以上に車体感覚が違っていて怖くて飛ばせない
(流石に100Km以上乗ってれば慣れるのだが)
 取り敢えず慣らし運転について…だが、単車屋からは500Kmを4,000回転縛りで、その後の500Kmを6,000回転縛りで…と云われた
 実際走ってみると、4,000回転だと6速で52~55Km/h程度にしかならない
 6,000まで回せれば70Km/h辺りまで出るので充分…とは云えないが、ソレナリに車群に混じれるのだが、結構ストレスが溜まる

 此処で、『慣らし運転』について触れたいが、新車の場合、慣らし運転は幾つかの『慣らし』を同時にする事になる
 1.エンジンの慣らし
 2.タイヤ・ブレーキの慣らし
 3.その他駆動系の慣らし
 4.搭乗者の慣らし

 1.については上記の通り、適当に距離を走るまで回転を上げずにエンジンが『回転する事に慣れる』のを待つ事である
 この手の量産機械の場合、当然工場で流れ作業で作る部品を組み合わせるのだから、其々が合う様に『設計』はされているが、微妙に表面のザラ付きだの計測範囲外の寸法差だので旨く噛み合わない部分が必ず発生する
 ソレを承知でイキナリ高回転でブン回せば、そりゃ寿命も短くなる
 その為、低回転で適当に合わない部分をすり合わせ、場合によっては合わない凹凸が削れ合って旨く合う様に繋がるのだ

 2.についてもブレーキは同じ事が云える
 コレに付いているブレーキはディスクブレーキと呼ばれるタイプで、車軸に固定されているディスクを両脇からパッドと呼ばれる部品で挟み込み、その摩擦で車輪の回転を止める機構である
 このディスクとパッドも同じく微妙な凹凸・計測範囲外の凸凹が出るので、『完全に新品』だと効きが悪いのだ
 タイヤに付いてはチト変わるが、ソモソモこの手の機械・部品と云うのは『生産して直ぐ使用される』モノではない
 当然、大量生産して保存しておき、使用する際に組み上げて使う訳だが、タイヤはゴム製品と云う事もあり、経年劣化が他の部品より激しい嫌いがある
 ソコで、大量生産する際に、ゴムの保存状態を守る為にワックスを染み込ませておくのだが、コレが使用開始すると滑るのだ
 で、大体1,000Km位走るとそのワックス部分が削れてタイヤに求められているグリップ力が万全に発揮される、と云う仕組みである
 ただ、厚みとしてワックス部分を削れば良い…と云う訳では無く、乗車して加減速をする事で路面との摩擦熱等がワックスを変異させ無力化する…と云う意味が大半である
 従って、一昔前のレース漫画等で『新品タイヤを履く前に一皮剥くぞ』とヤスリでタイヤを削るシーンが有るが、実はアレは殆ど無意味であるwww
 で、まぁコレはブレーキもタイヤも消耗品なので、基本交換時は行う必要が有るのだが、両輪のタイヤ・ブレーキ全てが新品…と云うタイミングは新車の納車時しかないので、コレが一番怖いのだ

 3.は1.と同じ理由だが、ギアだとかチェーンだとか、エンジン以外にも実際使わないと0.0何mmの誤差で旨く噛み合わない部品は山と有るので、その辺をやはり走らせながら調整すると云う意味である
 その意味では、1~6速の全てを均等に使う必要が有るのだが、上記の通り6速でも4,000回転では50Km/h強までしか出ないのに、それ以下でチンタラ走ってると邪魔以外のナニモノでも無く、6速が一番多く使われるギアになるのは仕方が無い、と諦めている

 4.は…私個人的な感覚である
 ZZRとNinjaのフィーリングもそうだし、ソモソモZZRの調子が悪くなったのが年末、以降SHERPA一辺倒で走り続けて丸3ヶ月、乗車姿勢等がSHERPA専用になっているのだ…
 ZZRはツアラーとしての形だったが、Ninjaは勿論その系統は強い(足付きが良いのもその名残だ)が、見て判る通りレーサーレプリカの色が強く出始めている
 この車の乗り方を自分の『体』に染み込まさないと、フとした拍子にミスる可能性がある上、ナニより私が怖いwww
 まぁコレは先ほども触れたが、100Kmも走ってれば大体掴めるモノで、ソコまで不安な状態からは脱した…と、云える
(まぁ乗りこなす迄にはまだ充分な時間が必要だが、おっかなびっくり…と云う程では無くなったかな…伊達に四半世紀も単車に乗り続けていない)

 と、云う事で納車を受けた土曜日又は日曜日に50Kmでも100Kmでも乗って置きたかったのだが、冒頭に有る通り雨天に付き取り止め…となった
 まぁ雨の中でも走る事は有り得る(基本、雨の日はSHERPAで通勤する事を常套にしているが、今週の様にSHERPAが整備中とか、可能性は有る…結局、今朝の出勤は雨の中だったし)ので、雨でも怖がらすにヤる方が良いのだが…上記の通り新車納車時は全ての慣らしを一度に行う必要があり、当然機械的にも搭乗者的にも慣れてない状態で行うので、事故る危険性も一番高いタイミングになる…と云う判断で回避した訳だ

 で、明けて月曜日に、この車体での初出勤
 通常1時間程度で出勤出来るのだが、大事を取って1時間20分程度の余裕を持ってスタート
 ガンガン抜かれながら此方は前方は勿論、タコを睨みながら走り続ける…基本、回転数が変わらなければエンジン音も変わらないので、今回は音楽を聞かずに耳もエンジン音に向けて気を付ける
 結局、1時間10分位掛かったか…定時10分前に職場には到着した
 更に、今朝は同じ時間に出発して、ほぼ定時の到着…詰まり、雨で更に10分時間が掛かり、1時間20分の乗車時間となった訳だ…明日以降も慣らしが終わるまでは同じ時間に出勤とか、結構疲れるなorz
 まぁ職場が本郷とかであれば、走行距離が短くなるので、2週間程度(往復64Kmなら5往復で320Km、2週間弱で500Kmは走る)では済まない話で、今回の職場異動が無いのは歓迎したのだが、これから2週間は結構針の筵かも知れない…あぁストレスが溜まるorz

 しかし、コレをやらないと単車が長持ちしないとなれば仕方が無い
 ZZRの時は800Kmを6,000回転縛り…と云われてたらしい(10年以上前の話なので忘れた…当時の記録より)ので、一発で慣らしを終わらせた(しかも6,000回転まで回せれば、上記の通り70Km/h程度までは走らせられる)様だが、まぁプロに云われた通り頑張ってみるか…

 さて、最後に途中で少し触れたフューエルインジェクション(通常、インジェクションとだけ呼ぶ場合も有る)について記載しておく
 自動車は四輪二輪関係なく燃料を内燃機関で爆発させてピストンを上下運動させ、ソレをクランクを使い回転運動に変えて車輪に伝える
 燃料を爆発させるには密室で圧縮した上で点火する訳だが、燃料は液体時よりも空気と混ぜて混合気にした場合の方が激しく爆発する性質が有る
 で、今まで二輪車等はキャブレターと呼ばれる所謂『霧吹き』を燃焼室手前に設置して、エンジンの回転に合わせて流れる空気が燃料を吸い込み、混合気として燃焼室に流し込み、圧縮・点火される仕組みだったのだが、このインジェクションは電子制御で燃焼室に吹き込む燃料の量を調節して燃焼室に吹き込む
 当然、燃焼効率が一番良い量で吹き込むので、燃費は上がるし、最初から吹き込む燃料の量を決めてくれるので、手動でチョークを調節する必要は無くなる
 ただ、電子制御と云う事は、バッテリーが上がった場合に稼動しなくなる…と云う事にも繋がり、完全にバッテリーが上がっても押し掛けでエンジンを掛けられるキャブレター式よりもバッテリーに気を付けなければならないと云う欠点もある
 尤も、インジェクションで使う電力量はソコまで高くないので、完全に上がる(デジタルメータやニュートラルランプ等の点灯すら出来ないレベル)状態で無い限り、押し掛けは可能だ、との話も聞くが…
 どちらかと云えば、より高級車に搭載されているのがインジェクション…と云う理解で間違いない様だ

 と、云う事で取り敢えず字数は結構行ったかな
 次回は…終了アニメインプレ、出来るかな…
 見てなかったアニメの録画を見直しているが、今期のアニメも見始めてるしなぁ…
 まぁ出来なければ、何か探して…と云う事でww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧