学問・資格

2016年5月10日 (火)

正義とは(ヒーロー・ヒロイン観)

 うん、書く事が無いwww
 GWに特筆すべき事も無かったし、日々をダラダラ過ごしていると本当に時間は早い
 まぁ週に40本もアニメを見ていると、ソレだけで純粋に20時間前後の時間を使う訳で…
睡眠・食事等の「生命活動維持の為に必要な最低時間」を差し引くと、アニメ以外の趣味に使う時間がかなり制限される…本当に私は無趣味なのだと自覚させられる

 さて、ではそのアニメ・特撮等で使われる語を掘り下げて記事にしようか、と思い立った訳だ

 と、云う訳で今回掘り下げたい語は『正義』である
 コレをGooの辞書機能(大辞泉と記載されているな)で検索すると以下の通りである
1 人の道にかなっていて正しいこと。「―を貫く」「―の味方」
2 正しい意義。また、正しい解釈。「四書―」
  「其実はあたの語の―に非るなり」〈西村茂樹・明六雑誌三三〉
3 人間の社会行動の評価基準で、その違反に対し厳格な制裁を伴う規範。

類語
 道義(どうぎ)
 人道(じんどう)
 人倫(じんりん)
 大道(だいどう)
 義(ぎ)

関連語
 仁義(じんぎ)

 さて、もう一つ、私の常備PDAであるZaurusSL-C3200にバンドルされているマルチメディア辞書で検索すると、以下の通りになる
1 [荀子正名]正しいみちすじ、人がふみ行うべき正しい道「-を貫く」
2 [漢書律暦志上]正しい意義または注解「尚書-」
3 (justice)
ア 社会全体の幸福を保障する秩序を実現し維持すること。プラトンは国家の各成員がそれぞれの責務を果し、国家全体としての調和があることを正義とし、アリストテレスは能力に応じた公平な分配を正義とした。近代では社会の成員の自由と平等が正義の観念の中心となり、自由主義的民主主義社会は各人の法的な平等を実現した。これを単に形式的なものと見るマルキシズムは、真の正義は社会主義によって始めて実現されると主張するが、現在ではイデオロギーを超えた正義が模索されている
イ 社会の正義にかなった行為をなしうるような個人の徳性

 さて、正義の味方と称されるヒーロー・ヒロインがアニメ・特撮には多々居る訳だが、正義の味方を『自称している』ヒーロー・ヒロインは実は結構少ない
 ソモソモ普段人語を話さないウルトラマン系は云うに及ばず、仮面ライダーも敵組織を悪と断罪し、自分を人類の味方と名乗る事は有ったが、自らを『正義の味方』と名乗るシーンは殆ど無い
(ストロンガーの名乗り口上で『正義の戦士』と云ってるのが最初かな? しかも、以降のライダーも名乗り口上が有る者は居るが『正義』を名乗ってるライダーは他に居ない)
 尤も、他人から正義の味方だと呼ばれて否定しない事は有ると思ったがwww

 此処で一つ、最近お気に入りの漫画作品を紹介する
『ゆけっ!!悪の組織ダークドリーム!!』
『戦え!!悪の組織ダークドリーム!!』
(チャンピオンREDコミックス KAKERU著)
 2作なのは、掲載誌の紙媒体中止に伴いWEBのデジタルコミックに移行、タイトル改正と併せてWEBの規制で性的・残酷描写に『規制』と黒塗りが入ったりするが、基本続いている話である
(『ゆけっ!!』→『戦え!!』の順)
 この作品、タイトルの通り悪の組織が主役である…具体的にはプリキュアの独自解釈がカナリ入っている
 例えば『変身中に攻撃しないのは何故?(概要:以下同じ)』と云う主人公:新人幹部怪人のココセがした質問に対し、先輩幹部怪人は答える
 『パリキュア(この世界でのプリキュア)は強い、ソレと互角に戦える俺達も強い、変身前・変身途中の無防備な中学生に攻撃を加えたら手加減してても捻り潰して仕舞う』
 重ねて質問『悪の組織ですよね? 何故、抵抗してくる中学生程度を殺してはいけないの?』
 回答は『俺達は金は欲しいが、殺人までして金が欲しいと云うのとは違う、セントガーデン(この世界での妖精の国)を支配して好き勝手しても、事有る毎に女子中学生の惨殺死体がフラッシュバックしたら心から楽しめまい、ソレは最悪の敗北だ』
 …凄ぇ格好良いwww

 冒頭の正義の定義の話に戻ろう
 非常に抽象的な語であり、概念を言葉で説明しようとするから、本当に判り難い
 コレを上記ダークドリームでは作中にこう説明した(ちなみに解説したのは呪われたドリームコンパクト…意思を持つ変身道具である)
 生き物が1個体では正義も悪も無い、だが、その種が群れるとその群れを存続させる為の行為を『正義』と呼び、それに反する行為を『悪』と呼ぶ様になる

 Goo辞典の3番の解釈、ZAURUS辞典のアの第1文がコレに近いか…
 つまり、正義とは『群れの存続の為に資する行為』であり『群れ毎に正義は存在する』訳だ
 で、『群れ』とは『人類』と一つに纏めれれば簡単なのだが、人間が全部ソレを認める程成熟していないのが現実だ
 『国』も『群れ』だし、細かくしていけば在住地方毎に生活習慣が違ってくるので、『群れ』が変わる事も有るだろう

 普通に考えれば殺人は『悪』の行為だ
 コレは人類と云う『群れ』で『同属を殺す事が形成する個体数を減らし、群れの存続が多少なりとも難しくなる事に繋がる』からだ
 しかし、この定義で云えば、限定地域に人間を多数押し止めた場合、限りある資源の争奪戦になり、その過程で出来る群れの存続の為に、他の群れに所属する個体を殺す事は『正義』となる…所謂『戦争の正義』は此処から来る訳だ

 世の思想家は『性善説』(孟子)『性悪説』(荀子)等の思想を説いたが、個に正義も悪も無いのだとすれば、当然、善も悪も無い
 私は『正義』『悪』と云う概念は比較対照の問題だと思っている
 詰まり、この行為に比べてより正義に叶っている、又はより悪しき行為である…と云う比較であり、行為ソノモノに正義も悪も無い、と云う考えだ

 ただ、コレを比較検討する者は人より一つ以上上の観念を持った者で無ければならない為、実質不可能だ…と云うのも考えの一つにある
 例えば、人に小遣いをやる…この行為は善悪どちらか? と云う単純な話でも云える
 自己の自由財産を分割して他者に提供する事は善行かも知れないが、受け取った者がナニに使うかによって行為の意味が変わって仕舞うのだ…しかし、小遣いを与える時点でその結果までは確定されていない状況ではナンとも云えない
 つまり、善悪を決めるのは当事者では無理、と云える
 ただ、コレも面倒な話なのだが『ナニが群れの存続に資するのか』は当事者が本来一番『知っていなければならない』事項になる
 コレが判って無いのに行いに善悪を決めると云うのは非常に無理がある

 さて、話を再びダークドリームに移す
 今回の最新話でダークドリームの首領:ダークとパリキュアが対峙した
 ネタバラシをして仕舞えば、ダークドリームの最終目的はセントガーデンの支配に基づくペット産業や未開発の土地・資源開発等により多額の収入を得、ソレで世界中の戦争難民になる子供達に満足な教育を与える事、そして最終的には『充分な教育を受ける事で、世界中全ての場所で戦争根絶を行える世代を作る事』である
 多額の資金を得る為にセントガーデンを侵略する、と云う事だ
 セントガーデンの妖精は人語を解するが所詮小動物であり、人類と云う枠には入らない、詰まり『人類』と云う『群れ』から『戦争根絶』と云う『存続に資する為の行為』の為に『群れ以外のモノから利益を搾取する』と云う行為である
 パリキュアはセントガーデンの妖精を友人と認め、その依頼でセントガーデンを守る任を受けた訳だが、さて、どちらが『正義』なのか

 金が欲しければ他の方法で…と問い掛けるパリキュアにダークは年間数千億から兆の単位で金が必要になるが、それを稼げる具体的な方法の提示を求める
 答えに詰まったパリキュアからは再度の話し合いの依頼をするが『妖精を友人と認め、蹂躙を認めないパリキュアと妖精を小動物としか考えず、戦災難民と化している人間の子供達の方が重要と考えるダークとは妥協点が無い』と切り捨てて戦闘が開始される

 この作品は少々エロ描写もあり、基本的に笑う為の漫画なのだが、云ってる事は正しいと思う
 そして、現在放映開始から10年を過ぎたプリキュア全体について、非常にアンチテーゼとなっている様に思える
 悪の組織の最終目的は様々だが、少なくともこの作品郡ではプリキュアのアジトを爆破する、変身前の身元確定後も変身前の襲撃等の『プリキュアを簡単に効率良く排除する行為』をしていない

 更に云えば、物語の終盤、クライマックスの時点で妖精の国の征服を完了した悪の組織が人間界にも手を伸ばす描写は結構有る(しかし、全作品がそうとも云えない)が、それより前の展開では、人間界に逃げ込んだ妖精か、その妖精が持ち込んだ『何か』を求めて悪の組織から怪人・怪獣が押し寄せてきている事が多い
 つまり、その時点では人間界に取ってこの騒動は『ただのトバッチリ』である
 妖精を『友と認めた一部の人間』が『勝手に集団的自衛権を行使』しているだけなのだ

 元々、妖精は日本国民ドコロか人間ですら無く、憲法上基本的人権を認められているモノでは無い
(逆に、だから『14歳と云う未成年を戦場に駆り出して』いるのに罪に問われていないのだが)
 そんな『モノ』に対して、憲法ですら認めてるかどうか曖昧な『集団的自衛権』を勝手に行使して人間界に災いを巻き込んでいるプリキュアは冒頭の定義で云えば『人間と云う群れに無用の戦乱を引き込み、存続を危うくさせている』行為であり『悪』と認識出来るのだが…

 『妖精の国がヤられれば、次は人間界だぞ』と云う理屈で戦闘を強要し…まぁ事実、多くがその展開になってるのも事実だが…14歳と云う未成年少女を命のやり取りである戦闘行為に駆り出す事が『正義』なのだろうか?
 まぁプリキュアも正義は名乗ってないから、そう云う事なのだろうケドなwww

 かように正義と云うのは簡単に口に出せるものでは無い…と思う
 逆に簡単に口に出せる正義は、本文中盤に有る『戦争の正義』位なモノか…歪んだ正義ではある
 何気なく簡単に使っている言葉も、深く考えようと思えばカナリ奥が深い事もある…と云う事だ

 日本語は世界一美しい言葉である…と、私は思っている(尤も、最近のネットスラングにまみれた日本語はどうかとも思うが)が、ソレはこう云う奥深さから来ている面も有るのだと思う

 さて、何とかGWを乗り切ったぞwww
 次回の更新はどうしようwww
 獄門島を読み切ったからその辺りか、それ以外か
 次は…手毬唄辺りを読みたいかな…アレも映像化の時、尺の都合で変更させられてる箇所が有る事が判ってるし
 兎に角、ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

閏年…時間、そして秒

 先日、東日本大震災から5年経った…と云う報道が、ほぼ1日どのTV局でも行われていた
 震源から離れた都内在住の身としては、もう5年か…と云う感想だが、実際被災地に在住している人は『まだ5年』なのだと思う
 義援金に募金を多少した位で、ボランティアに行くでもなく、他人事の様に過ごしているのは少々心苦しいが、自分の生活を守りながら出来る事と云うのは、やはり多くは無いのだと思う

 此処から話を逸らすが、5年前の3.11当時、私は幕張の放送大学に勤めていた
 当日は金曜日で、大混乱の後、20時過ぎに帰宅出来る者は帰宅…となり、単車通勤だった私は帰宅した
(電車も当然の様に動いていなかったし、自動車も大渋滞だったが、単車は動いたので…しかし、通常1時間の行程で2時間掛かり、帰宅したのは22時過ぎであった)
 幸い(?)金曜日だったので、土日を使って部屋の中を片付け…切れずに、その後は仕事からの帰宅後2晩使ってやっとベッドを発掘し、火曜日の晩から自室で寝る事が出来る様になったのを記憶している

 さて、此処からが本題
 そう、5年前の3.11は金曜日だったのだ
 で、今年の3.11も金曜日である
 1年は365日であり、コレを7日(1週間)で割ると52週に1日余る
 つまり、毎年基本的に同年の元日と大晦日は同じ曜日になり、毎年曜日は1日づつズレる訳だ
 しかし、5年で7日(1週分)ズレて同じ曜日に返って来ている
 まぁ良く考えなくとも判るのだが、閏年が2回(2012年と2016年)来て、年に2日分曜日がズレる年が2回有ったから…と云うだけの話である

 で、この閏年、現在日本が使っている暦(グレゴリオ暦)では面白い計算をしている
 4年に1回(西暦が4で割り切れる年)に2月29日を作り、1年を366日とする
 100年に1回(西暦が100で割り切れる年)は上記に関わらず1年を365日とする
 400年に1回(西暦が400で割り切れる年)は更に上記に関わらず2月29日を作り、1年を366日とする

 …で、もぉ16年も前になるか…所謂2000年問題(電子系機器が日付を誤計算し、動作不良を起こす可能性が高いとされた問題)の時、他の職員より機械操作に若干明るかった…と云う理由で1999年大晦日と2000年2月28日の晩は業務命令で宿直をさせられた覚えがある
 大晦日は年を下2桁でしか計算しない機器が、2000年1月1日を1900年1月1日と誤計算する可能性が有った為で、2月28日は2月29日にならずに3月1日に誤計算する可能性が有った為である
(上記計算では、2000は400で割り切れるので、2000年2月29日は存在した…ウッカリ100年単位で2月29日を計算しない機器が有った場合に誤作動に繋がる訳だ…当時は研究所附属病院勤めだったので、電子機器の誤作動はマジに患者の命に関わる…まぁ蓋を開けて見れば、大きな支障は無かったのだが)

 で、調べると、この法則は地球の公転周期の問題と云う事で決まった法則らしい
 1年は地球が太陽の周りを公転する期間な訳だが、コレは正しくは365日5時間48分45.179秒…と云う事らしい
 コレをまぁ約6時間と計算し、4年に1回1日分増やせば良いんぢゃね? と、計算したのが16世紀頃まで使われていたユリウス暦である
(当時の科学力では5時間48分云々…と云う細かい数字が計測出来てなかった…と云う事情もある)

 当面はソレで良かったのだが、16世紀…つまり、キリスト誕生(とされる年)から1500年以上経って仕舞うと、1年に11分15秒(正しくは5時間48分45秒の所を、大雑把に6時間…とした事で)のズレが蓄積して段々大きくなる…
 正確には実際とユリウス暦での公転周期の時間差は年11分14.821秒(674.821秒)な訳だが、16世紀に突入した1500年で計算しても11日17時間10分31.5秒(1012231.5秒)ズレる
 確かに1500年間と云う膨大な年月の間に…と云う感覚では有るが、11日間半以上のズレが発生する…当時、西暦元年の1月1日と同じ公転位置に地球が来た時、西暦1500年では1月11日になっていた…と云う事だ

 で区切りの良い所でこのズレをどうにかしようか…と、計算する時に100年単位での計算となった
 5時間48分45.179秒(20925.179秒)が4年分で23時間15分0.716秒(23700.716秒)な訳だが、此処で24時間と切って仕舞う訳だから、今度は44分59.284秒(2699.284秒)多くカウントして仕舞う訳だ
 ソコで、100年単位で計算すると、上記ズレが25回分…18時間44分42.1秒(67482.1秒)分を多く計算した事になる
 少々乱暴だが、此処で1日分を削って仕舞え…と、100年に1回、閏年になる筈の年でも2月29日を作らない年を作った…コレが2つ目の条件になる

 100年単位では有るが、約18時間45分を1日分として計算して仕舞うのだから、5時間15分程度今度は少ない計算になる
 5時間強…コレって前に有った1年での公転周期のズレとソレナリに近い数字になる(まぁ30分少々変わるんだが)
 と、云う事で大雑把400年に1回、やっぱ2月29日を設定する年を作ろうか、と最後の条件が出来上がる

 さて、此処まで来れば気付くと思うがコレでも5時間15分17.9秒(18917.9秒)は4倍しても21時間1分11.6秒(75671.6秒)にしかならない
 つまり2時間58分48.4秒(10728.4秒)ズレが残る訳だが、400年で約3時間のズレ…24時間の枠に収めるとなると8周期で1回位か?
 400年の8周期となると3200年に1回、やはり2月29日を作らない西暦が400で割り切れる年を作る…と云う事で対応は可能だと思われるが…
 ユリウス暦が採用されたのが紀元前45年だそうだが、ソコから1600年弱でグレグリオ暦に代わっている
 西暦3200年…大雑把1180年後だが、グレグリオ暦が残ってれば、その辺をその時の学者が何とかするかも知れん
 が、そんな先の話は私の知らん事だwww


 さて、もう一つ時間計算で面白い話がある
 1日の時間だが、コレを自転1周分…と考えると24時間と云うのは実は正確ではない
 昔の日本の暦(丑の刻…とか、そう云う時刻)は日の出を卯の刻(12支で4番目)、日の入りを酉の刻(12支で10番目)として、昼夜を6等分づつして計算していたので、日によって1刻の正確な時間は違っていたのだ
 で、開国後に西洋諸国から『絶対時間が無いと不便』と押し付けられたのが24時間制の今の時間単位になる
 当時は本当に1日を24時間、1時間を60分…としたのかも知れないが、コレも日によって変動が全く無い訳ではない
(地球の公転軌道が楕円形である為『翌日、太陽が同じ位置に来るまでの時間』が一定にならない為)
 で、科学が進んで、より正確な時間を刻む事を追及した学者が、セシウムの放出電磁波の周期を元に絶対的な1秒を計算した
 ソレで計算してみると、地球の自転周期は実は23時間56分4秒となるのである…実に4分近くズレる事になる

 しかし、此処で地球は自転しながら公転している事に目を向ける
 例えば、地表の『とある1点』が太陽の真裏に来ているタイミングを、その地点での0時…と、設定する
 自転周期は23時間56分4秒なのだから、翌日、地球が同じ向きになるのはこの時間、翌日の0時より約4分手前になる
 しかし、地球は太陽の周りを公転しているので『同じ向きになった=太陽と同じ角度で向き合ってる』には絶対ならない
 この計算で云えば、地球は1年で1回分多く自転している訳だ
(地球が太陽の周りを回って同じ位置に付く時、366回自転している計算になる)
 つまり『翌日の公転位置で上記地点が太陽の真裏に来るタイミング』は、自転1回分+4分位の時間になるのだ
 よって、0時は『常に太陽の真裏に来たタイミングの時間』となるのだ

 計算で云えば、自転1周が23時間56分4秒、詰まり24時間に3分56秒(236秒)足りない
 コレが1年(365日)分溜まると23時間55分40秒(86140秒)になる…約24時間分、と云うか自転1周分との差異が24秒程度である
 コレは偶然…では無いだろぉなwww
 つまり、公転位置のズレも併せて考えた上で、地球の定点が翌日の丁度太陽の真裏に来るタイミングを1日として考え、その86400分の1(60秒*60分*24時間)になる1秒に近い『気圧・気温等の条件での変化が極力少ない測定方法』が上記セシウムの電磁波放出周期から計算する方法なんだろう

 ちなみにセシウムは放射性物質になり、身軽に持ち歩く事の出来ない物質な(そんなモノを腕時計に組み込んだら、放射線源として隔離される)ので、より安価に安全に持ち歩ける水晶の固有振動数(セシウム程、気圧・気温変化に対する普遍性は無いけど、比較的変化が少ない)を基にしたクォーツが一般的に家庭用時計に使われる事になった…と云う事だ

 ただ、コレも突っ込み所があり、上述した通り、地球の公転軌道は楕円を描いているので『24時間後に必ず地球と太陽が同じ角度で向き合ってるとは限らない』…つまり、コレだけ正確な時間測定を定義しても、今日の12時と翌日の12時では、地表の定点観測で太陽位置が同位置にはならないのだ
 まぁソレでも『絶対的な時間単位』の方が重要である…と、この様な時間単位になっているのだろうが…江戸時代の様な日の出・日の入りを基準にした時間単位の方が大らかだったかも知れんなぁ…と思わなくも無い
(深夜アニメを愛好している人間の感覚では無いがな…絶対時間が無い世界で30分アニメって…と云う話になる訳だから)


 で更にだが、『1日の時間を正確に24等分、更に60等分、もう一つ60等分した時間』と上記『セシウムから測定する正確な秒』には時間差が出来るのは判ったと思う
 また、『前者の1日』が毎日同じ時間では無い事も此処までで理解されたと思う
 ソコで、その差が一定以上開かない様に…と、設定されるのが『閏秒』である
 コレは『前者の1日』が不定時で長くなったり短くなったりする(地震等が起きても影響するらしいので、本当に正確な規則性が無い)ので、閏秒は『前者の1日』と『正確な秒』を比較して設定を決めるらしい…故に、法則としては閏秒が増える(○時○分60秒…と云う時間が存在する)事もあれば、減る(58秒の1秒後に分が増える)事もあるらしい…此処最近は増えた事しかない様だが


 震災から5年…と云う話から、完全にオカシな方向に話を進めて、その方向に全力疾走した結果、ナンか非常に細かい数字計算の羅列になって仕舞ったが、知って置くとナンかの折に説明した時、一寸違った目で見られるかも知れない…程度の酒場トークとして記して置こう

 次回は…やっと横溝正史の『病院坂の首縊りの家』を読破したので、その辺りで書ければ…かな
 実は、この文章よりも前から書き始めていたのだが、纏まらなかった事も有って、急遽、今回はこの話にした
(まぁ震災の5年目…と云うタイムリーな話題で思い付いた訳だが)
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ニュース3件のウチ2件は教育問題か…書く事無いしなww

 何時もの通り日記から

 帰宅、特に用事も無いので職場から直帰
 夕食前に昨日買った漫画を読むが最後まで読みきれずに夕食…TVはクイズヘキサゴンⅡ、3時間か…他に数字取れる番組が無いんだなぁ…と少々別の視点で哀れむ(いや、TV業界全体をね)
 夕食後も自室でTVの続きをBGにして漫画、読破後にYsOn

 昨日から宣言してる通り24時でスッパリ止める事を前提に取り敢えずソロで狩場に
 昨日の記事で書いた通りLv28で召喚獣がLv3に出来たのと、Lv28で新たに得られるスキルの指南書(転職後のスキルは新規修得には指南書(SS)カードが必要になるが、Lv25以降の指南書カードは購入方法が無い(NPC売りは有るが、買う為の通貨が実装されて無い…ナンだこのシステムwww)ので、特定のMOBが落とすのを待ってひたすら狩るしかない)を求めて、当該カードを落とすMOBを狩って見る…
 ナントカ狩れそうなので、その場で狩り続行…結局3時間、収穫なし
 チト間違えて釣ってしまった別のMOBから私には必要ないSSカードが手に入る
 クレリック用のサルベーション…ウチのギルドにはクレリックは居るが、多分装備済
 後で露店売りでもするか…

 時間になったのでYsOnをout、今日は深夜アニメが忙しいので多分繋がない…金曜晩にまた同じ場所で狩りをする予定なので、港に戻らずにその場でout
 あとは就寝…戦国BASARAは5時過ぎに目が覚めた際、動画サイトチェックで確認出来たので良し
 普通に朝食→出勤となる

 上記の通り、今晩はYsOnは無いので、明日の日記は更に短くなるかなwww
 と、云った所でニュースからネタが取れるかな?ww
・ナニナニ? 経済炭素? シャングリ・ラ?
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/m20090611048.html
 二酸化炭素排出量を削減する政策の問題で、これの削減率を増加させて税金から62兆円の支出、一般家庭に対して7万前後の負担を掛けると云う記事
 まぁね…先進国の一旦(のワリに国際社会での立場が低いのはヤッパ政治屋の質だろぉなぁ…数年もしないウチに首相がコロコロ変わる先進国なんて日本位しか思い付かんし)であるので、二酸化炭素の排出量削減を唱えるのは有る意味義務かも知れんし、ソコに国民の負担を唱える(まぁ今の生活営んでるのに今の文明に全く頼ってない国民は居ないだろぉし)のは仕方ないかも知れん
 で、思い付いたのは現在深夜帯アニメで放映している『シャングリ・ラ』と云う作品だが、話の本筋は若干違う所に有るが、舞台設定として遥か未来の地球では二酸化炭素の排出量過多により滅亡寸前、で、経済的に排出炭素の量によって税金が掛かるシステム(しかし、その税金の受け取り窓口も『政府』とかでは無い様子…かなり話は難しい)で成立している世界である
 当然、娯楽番組として見ているが、数十年前の『鉄腕アトム』の様に『全部がその世界と同じにはならないが、一部未来を予見した番組』とかにならなければ良いなぁ…とか、考えてしまう私も居る
 話を戻すが、上記の通り政治屋の質の問題で国際社会の立場が悪いのを打開する為に国民に負担を強いる考え方には賛同できんな、と

・さぁソロソロ本気で生き残りを考えないとイケンだろ?
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-090610X539.html
 18歳人口(まぁ正確には18歳で無くとも良いのだが)が減少傾向に入って既に数年が経過している訳だが、私大で入学生不足→経営困難→募集停止で学生を出した所で廃校と云う判断をした所が出たらしい
 まぁね、当然の帰結だし、以前『構造改革特区制度』を利用した企業資本の大学も結局開設当時に入学した学生が卒業する4年後まで続けるのが辛くなって3年目で既に新規学生募集停止にしたネタが有った気がする
 まぁねぇ…大学と云っても法人(学校法人)だから、幾らかの稼ぎが無ければ運営出来ないのは判るんだが…そもそも、入学者になり得る18歳人口(上記の通り別に18歳で無くとも、高卒以上その他の学歴を持ってて新しく勉強したい人間なら誰でも良いが、働き盛りの人間が大学に行こうと考えるか、ソモソモ大黒柱が学生になって学費が払えるのか…とか色々有るだろうに)が減ってるのに新たに大学をポンポン作るのが可笑しかった訳で
 で、廃校になっても卒業生はソコの卒業として学位を取得した訳だから、卒業証明にしても学位授与証明にしても発行場所が無くなるのは拙い訳で…どうすんのかねぇ

・国際化に反対はしないが、小学生なら先ず母国語を完璧に操ってからぢゃ無いの?
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090610-567-OYT1T00963.html
 公立小学の高学年では既に英語を貸し始めている旨の記事
 このブログでも結構カタカナ文字やら当て字、表記法から外れた表現をしているのは判っている…ってか、ワザとそうしている面と気付かずに間違ってる面が両方有る気がするwww
 しかし、それについて『ワザと』の部分は基本を押さえて、更に表現法としてそうしている訳で…
 で、小学生時分から英語を習わせる事自体に積極的な反対はしない
 多分、幼少時から教えておけば後々になって『習ったけど忘れた』とか云う事項が減るのだろう
 まぁ基礎的な事だったから…と云う事も有るだろうが、高校・中学の頃の勉強より小学校の頃に習った事の方が『忘れてない』と云えなくも無いしな
 しかし、上記の通り基本を踏まえてワザと崩す…と云う事でも無い限り、母国語の教育はシッカリやって欲しいのが本心だ
 小学校で英語を追加すると云う事は、純粋な学習時間増でなければ『国語その他の教科で教える内容を削る』と云う事だ
 私は旧来の人間なので、先ず母国語たる日本語が有って、外国語たる英語は『日本語に訳して』理解する手順が必要になる
 しかし、小学校から教えるとなると、感覚的に…ソレこそ国語と同じ様に英語を理解させる事も出来るかも知れない…とは思う
 ただ、ソレは理解の方法を日本語ルートと英語ルートに分けると云う事で、普段からバイリンガルに生活している(世間と家庭内で使用言語が違うとか)のなら自然に受け止められても既に10歳以上になってからソレをやるのは困難な気もするしねぇ…
 シッカリした母国語を先ず確立させる事が前提と思うのは、私の頭が古いからなのだろぉか…

 と、云った所で、ニュースも教育関連が2件続いたが、まぁある意味職業病? と云う事で勘弁して欲しい
 明日は…前記の通り日記部分は今日より短くなりそうだし、ナニ書くかな、本気でwww
 毎日ソンな事云ってる気もするが、これも一つの口癖(書き癖?)と云う事でwww
 では、今日の所はこの辺で

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

交通事故、その後、その他

 昨日だが、バイクの整備工から連絡が来た
 修理費、雑把\210k…ただし、傷のみで使用に耐える部品は数えず、また、これから細部を確認するので、更に増える予想…しかし、多く見積もっても\250kは行かない程度で済みそう…との事
 泣ける、色んな意味でorz
 まぁ既に製造終了しているバイク(ZZR250は製造終了、'09年度は後継機であるninja250にモデルチェンジされている)で、当時の走り出し価格が約\800k(保険その他諸経費込みの値段:車両価格は\500k超程度)であるから、ソレもまた致し方なし…と、修理にGo!サインを出す

 怪我…左膝の瘡蓋、風呂に入った時に引っ掛けて半分剥けた…まぁ風呂から上がって数時間もしない内に新しい瘡蓋は出来るが、治りが遅くなるのは戴けない…まぁ一応完治に向かっている
 左足親指の爪、爪を持ち上げていたと思われる血溜まりの一部が切れたのか、昨日出血…一時的にソレナリの血を出したが、出切った後の追加出血は余り見られず
 一応出血自体は止まっていたが、怪我当時に出ていた血が溜まっていただけ(空気に触れていなかったので固まらなかった)と思われ
 絆創膏で仮留めして、昨日入浴…湯上りに抗生物質入り軟膏薬(親が皮膚炎で貰って来ていたもの)を傷口付近に満遍無く塗って更に絆創膏
 本日、別件で会ったウチの教授に概略説明の後に意見を求めるも「一度剥れた爪は再生(皮膚が変異して爪になる)はするが、くっ付き直す事は無い」と云われる
 …まぁ爪の内側に新たな爪が出来たら、自然と古い爪は剥れる筈だから、無理に剥がさずに経過を見るで良さ気…個人的に意見を聞いただけだし、患部を見せた訳でもないので無料www(まぁ世間話のついでだしね)

 序でに世間話で聞いた話だが…最近になって『医者不足』で大学医学部(医学科)定員増とか騒いでいるが、過去に於いて『医者が溢れた事』は無いらしいwww
 厚労省が根拠にしていたのは、とある論文が『このまま医師の排出を続ければ、溢れる事になるだろう』と結論付けたものであったとの事
 ソレがある意味一人歩きして『医者は余るんだから、成れる人間を制限しよう』と一時期大学医学部(医学科)定員を減らした事があり、ソレが今まで続いていたらしいとの事
 結局、その論文の予測通りには行かず(そりゃ、途中で医者に成れる人間の制限をキツくした訳だしな)、医者余りの時代を迎える事無く、医師不足になった…と云う事らしい
 それでも、一度決定した大学医学部(医学科)定員減を撤回する事をせずに今まで『医師の配分が(地方により)偏ってるだけで、不足してる訳では無い』と二~三年前まで云っていた厚労省のツラの皮もかなり厚いと思うが、今更どうにかこうにか出来るモノなのか…困ったモンだ
 そもそも、医師が『どれだけ不足しているか』又は『溢れているか』と云うのは個別の病院単位で判るものでは無く、国全体で取り纏めた資料は霞ヶ関(厚労省or文科省)辺りにしか無く、反対論を展開しようにも論拠となる資料収集が出来なかったので、有効な議論が出来なかったと云う経緯もあるらしい…本当に困ったモノだ

 今日と明日は本業の休憩時間がかなりイレギュラーなので、ブログのアップは良く判らんタイミングになりそう
 明日は…DVD大量購入予定だが、その話は多分明後日かなwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

徒然なるままに…って程高尚でも無いがww

 今日は本気で書く事が無い…
 ネタが無い時はニュースから引用する事が多いが、今日はニュースにもネタにしたいと思うモノが無いwww

 アングラ関係も早々ネタの宝庫な訳ではないし(特に私が実際やってる話は昨日使った言葉では無いが『乞食ハッカー』とでも云えばいいのか…他の人が充分踏み固めた道を確認して歩いているだけで、自分で新たな道を開く事は無い)、DS関係では尚の事である
(DSは一応マジコンを使ってはいるが、コレもランチャーとしての意味合いが強く、自作PGを作ってる訳でもない)

 …ちなみに、ブログ右下にある検索ワードを見ると、アングラ関係で此方に来てる人がソレナリに居るらしい…参考ブログのネタで自分なりの話をしてるだけなのだがww
 皆情報は欲しいのだろう…まぁ、結局は私の様な乞食ハッカーは『収集出来る限りの情報と少々の度胸、そして筺体を壊しても諦められる勇気』が有れば出来る事ばかりをしている訳で…度胸と勇気は兎も角ww、情報量は多いに越した事は無い訳だから…気持ちは判る

 来週、またDVDの大量買いをする予定だが、取り敢えず判っている状態で9パケww
 毎度購入しているアニメが5パケ(二十面相の娘・ストライクウィッチーズ・かんなぎ・喰霊-零-・魍魎の匣)、新規の定期購入予定アニメが2パケ(とある魔術の禁書目録・とらドラ!)、今月のみの特殊事情が2パケ(昨年の劇場版ウルトラマン・瀬戸の花嫁OVA下巻)と云ったラインナップだ
 来月は特殊事情が無くなり7パケ予定、再来月からは二十面相の娘・ストライクウィッチーズが終了する代わりにマリア様がみてる4thシーズンがリリース開始され、6パケ…と云う事になる
 此処まではアニメの話になるが、4月からは特撮(毎月新作をリリースしているが、この数ヶ月は私の興味対象になる作品が無かった)でコンドールマンがリリース予定となっている…コレは押さえないとwww
 と、云う事で4月以降は当面7パケ…となる
 明らかに消化能力以上の大量買いであるorz
 この手の作品はリリースも早いが消える足も速いので、買える時に買わないと何時の間にか入手困難になる罠が仕掛けられている
 特に『コンドールマン』って…www
 子供の頃でもマイナーだったしなぁwww
 希望としては『5年3組魔法組み』とか東映には頑張って欲しいのだが…

 最後にやっぱりニュースネタ…少々古いネタだが
・今更禁止とか騒いでもねぇ…意味有るの?
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090121-567-OYT1T00461.html
 小中学の児童・生徒に学校への携帯持ち込み禁止を文科省で禁止の方向性を打ち出した…と云う事らしいが
 …ねぇwww
 結局、隠して持ってきても『取り上げる』だの『懲罰』だのを科せる筈もなく(モンスターペアレンツ? ソレでなくとも学校・教員側が多少強行的な事(例え、児童・生徒や親に法律違反が有ったとしても)すると無駄に世間は騒ぐ癖に)、云い聞かせるだけで最近の餓鬼が云う事聞くとは思えない
 便利で楽しい道具を何故手放すんだ? と反抗するだけだし、一見云う事を聞いてる様に見えても隠して持って来るのが関の山だ
 で、よしんば『学校に持って来なくても』自宅に帰れば使い放題…裏サイトだのいじめだのが消える筈も無い…判ってるのかなww
 まぁだからといって何も規制しないのもナンだと思うが、目の付け所が根本的に間違ってるよな…
 此処まで教師の権威落とし捲って置いて『正しい指導をしろ』と云って来る文科省の低能さに吹いた…とでも云えば良いのか
 各キャリアと立法府にでも働きかけて本気で制限機能付き(子供用)携帯電話を開発させ、一定年齢以下はそれ以外を利用する事を禁じる(罰則付き)法律でも創れば良いのに…
 まぁ図体ばかりデカくなって精神年齢餓鬼のまま…ってのも最近は少なく無いから、本気で抑止力になるかも判らんがwww
 結局、餓鬼は『自分で痛い目見ないと判らない』訳だから、妙に過保護にすれば付け上がるだけなのだ…あぁ、最近の政治屋もそうだからな、どうしても過保護になるんだろうww

 最後に少々毒を吐いて今日の日記を終えたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

さぁ、戦闘開始だww

 と、云う訳でセンター試験前日
 本業(まぁセンター勤務時に比べればマシですが)の話では有るが、明日と明後日の2日間は普通の出勤(8時30分)よりも早い時間(6時半程度?)に集合と云う事で、取り敢えず挫け掛けている
(まぁソレすらも毎年の事なのだが…実際、就職してから20年、入試と縁が無かったのは千葉大時代の2年間と医科研時代の3年間だけ…ソレも監督として参加した年も有ったしなぁ…)

 で、まぁ大学事務屋の私は試験場本部要員と云う事で、今日から試験場設定である
 私の担当は女子校での高校試験場なのだが、受験生も全員女性だし気を使う事が多くて周囲が云うほど良いモノでも無い
(いや、場所提供をしてくれる高校には感謝なのだが)
 校舎は奇麗なのだが、それは我々が残した汚れは全て払拭するのが当然と云う意味だし、監督も含めて男性多数な状況でトイレは職員・来客用しか男性用が無い
 更に云えば、受験生が女性と云う事で(最近はそうも云って無い様だが)、緊張が強まると気分を悪くする受験生も昔は事例が有った
 その時が丁度試験中だと、付き添いが付いての保健室行きになる訳だが、付き添いが男性だと却って緊張が強まる事があるらしいwww
 まぁ受験者本人にとってみれば笑い事ではないが、取り敢えず男性ではこなせない仕事が多くなるのは当然の事である

 ナーバスと云う意味では雨でも降った日には『階段が滑りますので落ちない様に気をつけて』等、口に出した日には翌日は保護者等からの苦情電話が…と云う事も笑い話にならんしなorz

 昔は『試験場間違い』の学生は『取り敢えず受けさせて、次の休み時間中に正しい試験場に向かわせる』と云う処置が取られていた時代も有った(大々的には発表されていなかったが、『受験をさせる』と云う前提でこの様な方針だった)のだが、今は『遅刻しようが受験不可能になろうが、正しい試験場に向かわせる』と云う方針になって居るので、注意が必要だ
 まぁ昔は最高受験率の『外国語(殆どの大学が課しているので、受験者出席率98%以上)』が最初の試験だったが、今はリスニング(現在は英語のみ:機器の故障等で中断した場合、当日中に再開テストを行う事になるので、最後の試験時間帯に行なう)の関係で外国語はリスニング直前に行う(今年の最初は公民)と云う時間割になっているし、その辺で緩衝されているのかも知れない

 まぁ公民といえば、受験生の間では『公民保険』と云う言葉も昔は有ったらしい
 公民は社会化になるが、もう1科目社会科として『地理歴史』が有る
 で、昔は公民より地理歴史の方が早い試験時間帯に実施されていたので、暗記物の多い地理歴史で勝負するが、コレ(山掛け等)が失敗した場合、公民を受験して最悪の事態は逃れる(公民は分類すると現代社会/倫理/政治・経済になり、新聞記事やTVニュースで知る時事問題で稼げる事が結構有る)事が出来る…と云う事らしい
 コレも時間割の変更と共に無くなった事では有るのだが…

 こうしてみると、此処数年の動きでも結構変わっている事が判る
 実施する我々の方では大した違いでは無い事も、受験する側には結構な違いとなって出る事も多い
 まぁセンター試験の結果で二次試験を受けられる大学が変わる受験生も出るだろうし、センター試験の結果ソノモノが筆記試験結果として採点する大学(つまり、大学では面接等しかしない)も最近はある様だし…
 比重としては決して軽くは無いのだろうが、次が控えている受験生の方が多いと思うので、取り敢えず健康に留意する方をお勧めする
 此処で無理して二次試験等で体調を崩してもやはり芳しく無い結果になるので、充分気をつけて欲しい

 さて、土日はブログなんぞ書いてる時間は無いと思うので、やはり次回の更新は週明けになると思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)