« 2018年4月15日 - 2018年4月21日 | トップページ | 2018年4月29日 - 2018年5月5日 »

2018年4月22日 - 2018年4月28日の記事

2018年4月24日 (火)

東京ビッグサイトに自転車で…と、桜餅

 と、云う訳で今期開始アニメは纏まってないので、日記系で茶を濁すwww
 毎度の事だが、タイトルに書かれた2点に関係は無い

 取り敢えず、健康状態について…
 っても、一進一退と云うか…前々から書いている通り糖尿病は今の所、治らない病気…所謂『不治の病』なので、薬や運動療法・食事療法等で健常者と同じ様な生活が出来る状態を維持する事が必要になるだけで、特に劇的な変化は無い
 ってか、劇的な変化ってぇと悪化以外には考えられないので、無い方が良い訳である

 で、運動療法だが、そろそろクロスバイクを個人用として買って1年半になる
 120Km/月を目指して1年間、丁度昨年の購入日時点で1,440Kmをマークしたのだが、今年の購入日時点では3,000Kmを目指している
 大体、タイヤの寿命がその辺り…と云う事なので、中途半端なタイミングで整備する必要が無い様、此処に合わせたい訳だ

 で、6月辺りは雨も多くなるだろう…と、晴れの多いこの冬の時期に頑張るか…とした結果、現時点で2,405Kmとなった
 残り595Km…購入日が10月6日、第1週と考えて、残り5ヶ月と1週間…595/5.25=113.333…と云う事で、現時点、昨年までのノルマである120Km/月を割るペースでも大丈夫なまでになったとも云える
 多少、雨等で週末が潰れても、大丈夫だぞ、と云う事である

 ただ、単車の整備(整備工への納車・整備済車両の受領)で週末の3日間は晴れてても自転車に乗れない(整備工が下馬なので、行く場合は半日掛ける事になり、その日は自転車に乗ってる暇が無い)…約3ヶ月で1回の整備をしているので、6日間(単車は2台有るので、1台目納車→2台目納車・1台目受領→2台目受領、と1回の整備で3回、整備工に行く必要が有るのだ)は単車整備に時間を取られる計算になるし、安心もしていられないのだが

 さて、そんな中で、自転車での移動先…最近は万世橋で川崎モータースの臨時ショールームに顔を出す事が習慣になってる都合上、銀座・新橋方面に足を伸ばす事が多いのだが、先日、少々行き先を変えてみた
 今月末、30日にはComic☆1がある訳だが、コレには朝一で行く必要は無いが、昼前に会場到着する必要は有る
 と、云う事で、自転車で行けないかな…と画策した訳だ
 WEBに有る、自転車ルート検索サイトで見ると、12Km弱…と距離は新宿に行くより少々長い程度と云う事も判り、ならば…と試す事にした
 イキナリ当日に自転車に跨って『やっぱ駄目でした』では色々と支障が大きいので、事前に…と、検索したルートを頭に叩き込んで、以前、池袋までのルートを確認する為に購入した都内地図帳を持って自転車に跨った

 途中、旧友と会う用事が別途有り、言問橋で落ち合う事に
 合流後、用事を済ませて直ぐに言問橋を発つ…自宅→ビッグサイトの最短距離ルートに言問橋が有ったのは幸いであった
 三ツ目通りを只管南下…このルートは倉田てつを氏の経営するビリー・ザ・キッド東陽町店に向かうルートで年中通っている訳だが、何時もは単車を使っている道を自転車で走っている事になる

 最近、単車の整備工に納車に行く際、昭和通りを東京駅近辺まで走るのだが、その時は『普段自転車で走ってる道を、稀に単車で走る』と云う今回とは逆な事が起きる訳だが、その両方の場合で感じる事が有る…単車って、やっぱ楽だわwww

 昔、自転車での運動療法を開始する前の職場での健康診断で、医者から問診で『普段、30分以上の運動とかしてる?』と云う質問に対し『通勤で単車運転して1時間、ソレナリに汗もかいてる』と答えた時、『うん、ソレ、運動になってないから』と返された事が有るが、今更…ってか、自転車に乗る様になって…更に云えば『自転車に乗って、普段は単車で走る道を走って見て』判った…と云うか
 単車は自力は殆ど使ってない(まぁ乗車姿勢の維持とか、ニーグリップとかで『全く使ってない』訳では無いが)ので、道の上り下りに関しては、多少は感じてもスロットルの調節で普通に走れる訳だが、自転車では全て自力な訳で…下りは楽になるモノの、登りは兎に角漕がねば先に進まない
 当然、平坦な道を走るより、脚に対して荷重が掛かる…24段変速をフルに生かして楽な荷重で上がる訳だが、当然ギア比の関係で、負荷を軽くしたギアの場合、回転数を上げなければ速度が出ない
 しかも、今回のルートは東京湾の縁まで走る…詰まり川下側に向かって走る訳で、先に進めば進む程、小さい川の合流地が多くなり、自然と橋を渡る事が増える
 橋はその構造上、中間点が一番盛り上がるアーチ型であるモノが殆どとなり、必然、上り下りが多くなる

 新宿に行く時は靖国通りを只管上がる訳で、行きは兎に角上り坂になるのだが、帰りは下り坂ばかりになるので、用事を済ませて帰る時はソコまで疲れずに帰れる訳だが、今回は行くのも疲れるし、帰るのも疲れると云う…もぉ泣くぞ…って感じの道になる

 取り敢えず、ビッグサイトに付いたので、時計を確認
 自宅を出発したのが10時半…到着が12時前、言問橋での用事や途中、地図確認で止まって現在位置確認等(この地図、今回のルートがページに跨る道が多くて、どのページを見れば良いのか判らなくなる所が多過ぎたのだ)で併せて10~20分位か? はロスしたと思う
 故に、1時間強~半まで掛けずに来れる事が判った
 ただ、今回は地図確認の為に途中止まったが、到着まで小休止等全く無しで走り切ったのだ…本番では、水分補給等を何処か1箇所で入れたい感じなので、やはり1時間半を見た方が良いかな…と云った所か
 ただ、着いた時点でカナリ疲れた…故にミケでは絶対に単車を使う事にし、Comic☆1とかコミティアとか…他の中小イベントで出向く必要が有る時に使うのが精々…と云う結論が出た

 ちなみに、帰りは初めての道は木場公園前までなので、ソコから三ツ目通りを第一京浜(国道14号線…コレを秋葉原方面に向かって走ると、靖国通りに繋がる)で折れて万世橋でやはり川崎モータースに寄ってから神田のいきなりステーキで昼食…と云うルートを使った訳だが…結局、自宅に着いた時に走った距離を見た所、30.3Km…片道15Km(まぁ今回は帰りに寄り道したから増えたのであって、自宅→ビッグサイト迄は12.5Km前後だったと思うが)と云う事が判った
 現時点で月末の天気は、気象庁のサイトでは晴れ時々曇、降水確率20%、信頼度Aとの事で、自転車が使える事だろう
 まぁ健康の為、と云うのと一挙両得を狙った話では有るが、死なない程度に頑張る事にしよう
 

  さて、次は桜餅
 次の更新でも良い話なんだが、一応季節モノだしねぇ…
 で、桜餅だが、全国で桜餅と云うと、大きく2種類に分かれるのは御存知だろうか?
 関東の長命寺と関西の道明寺である
 両方とも餡子を餅でくるんだモノを桜の葉の塩漬けで包む…と云う概要は同じだが、長命寺は小麦粉を水で溶いて作った生地で作った餅を使い、道明寺は道明寺粉と呼ばれる、餅米を一度蒸して乾かして砕いたモノを使って餅を作ると云う違いが有る

 で、最近はコンビニ等で両方とも売ってたりするので、余り違和感が無いのだが、折角浅草近辺に住んでいるのだ、本物の長命寺を食ってみようか、と思い立った
 桜餅が長命寺・道明寺と呼ばれる由縁は諸説有るそうだが、一番有力なのが、隅田川縁にある長命寺で桜の落ち葉を掃除している時に、掃いても掃いても落ちてくる(隅田川は8代将軍:吉宗の時に、土手の踏み固めに桜の木を植え、庶民に花見を推奨する事で『ランニングコストを殆どゼロに抑えて目的を達する』と云う政策を取った…故に、この時から隅田川沿いには桜の木が大量に植えてあるのだ)葉を見て、コレを有効利用しようと開発された…と云う事で、参勤交代等で長命寺の桜餅が関西に渡った時、関西で使われていた道明寺粉を使って似た様なモノを作った関西の桜餅が『道明寺』と呼ばれる様になった…と云う事らしい

 さて、ソレは兎も角、場所確認をすると、長命寺は言問橋から少々川上側に上った所にある寺で、和菓子屋『長命寺』は寺の脇で桜餅専門店として営業している
(長命寺では桜餅しか作らないが、1年中桜餅を売っている…季節モノだが、桜の葉は塩漬けなので、1年中作れるのだ)
 何時もの通り自転車で走った後に寄る事にする

 で、思い立った日だが、運悪く『隅田川桜祭り』当日であったorz
 銀座方面から中央通りで万世橋まで帰って来た後、靖国通りを東に曲がる
 その侭走って両国橋で隅田川を渡り、後は川上に進路を取れば良い…と思ったんだがねwww
 実際走ってみると、そうも行かない
 蔵前橋・厩橋・駒形橋・吾妻橋と此処までは川縁の道路を順調に登れたのだが、その先の道は自動車専用道路になり、自転車では脇に逸れるしかない事に気付く
 仕方が無いので、出来るだけ川沿いになる様に走って言問橋の下を潜り、桜橋を越えた所で見付ける
 然して大きな店では無いのだが、流石に書き入れ時なので、人が行列を作っている
 普段は店内で食事も可能(桜餅+御茶で\300)なのだが、この日は無理…と、店の入口に張り紙が
 仕方が無いので、その日は帰って翌週に再度来店したのだが…その日も『桜祭り』は終わっているのに店内での食事は非対応…とされ、もぉ面倒臭いので6個包みの持ち帰りを買って帰宅した

 ちなみに帰る方法だが、桜橋は自転車で通れるの? 少々判らないので取り敢えず無視
 言問橋は…上記の通り『下を潜る』道になっているので、桜祭りの日はうっかり通り過ぎて仕舞い、吾妻橋まで戻って仕舞った訳だが
 翌週は少し考えた後、自転車の利点を使って言問橋を渡る事にした
 言問橋は国道6号線を渡す橋になるので、ソレナリに大きい
 故に、一番川縁を通る道は橋桁の下を潜らせるのだが、歩行者用に橋桁の上に登る用の階段が有るのだ
 自転車を降りて、自転車を担いでソコを通れば、大きく迂回する事無く言問橋を渡れる…と云う形で帰宅した訳だ
 流石にママチャリではやりたくないが、フェンダー等のオプションを色々付けた私のママチャリ仕様でもクロスバイクは軽い…12Kgは無いと思うので、そんなに長い階段で無ければ担いで登れるのだ 

 さて、その桜餅…店内で飲食する時はどうか判らん(結局、アレから行ってないし)のだが、持ち帰りの包みを開けて吃驚した
 1つの餅に3枚の葉を使って包んでいたのだ
 桜の葉を使うのは香り付けと乾燥を防ぐ為…と店のWEBに書いては有ったのだが…確かに、所謂一般の和菓子屋等で売ってる様に、1枚の葉で挟むだけなら、乾燥を防ぐなんて出来ないだろう…とは思う
 そして、ソレは正しかった

 買った時に店のオバちゃんから『今日中に食べる様に』と云われたのだが、家族3人(ウチ、1人…実兄は道明寺の方が好き、と云う事で余り喜ばなかったので、実質2人)で6個も1日に食える訳が無い
 翌朝に持ち越し…となったのだが、一晩置いただけでカナリ硬くなり、餡子の固さは変わらないのに餅が固いので、食いづらい事この上無くなったのだ
 更に、昼過ぎ…購入から20時間位経った後に最後の1個を食したのだが、更に硬くなっており、コレは土産には向いてない…と、結論せざるを得ない状態になった
 桜餅等の、菓子を一般に生菓子と呼ぶが、本当に生物(昔この『生物』とシールの貼った弁当を一人が『イキモノ』と読んで、次から弁当の業者が張るシールに『生ま物』と送り仮名が入る様になったのも懐かしい話だが…閑話休題)であり、非常に足が速い食い物である、と認識する必要が有るだろう
 命名の歴史の時に『長命寺を関西に持ち込んで、現地調達出来る道明寺粉で作った』と書いたが、実際にソレをやると、絶対に関西では食えたモンぢゃ無くなると思われる
 故に『関東には、こう云う菓子が有る』とネタだけ振られた関西の菓子職人が現地調達出来る食材で造ったのが道明寺粉で作った道明寺なのではないか…と想像するが、どうなんだろう?


 さて、次回は…GWを挟むが記事的には開始アニメインプレが纏まってれば更新可能かな…無理なら5月1・2日は更新飛ばして翌週になるかな…となる事も有るかも知れない
 まぁソノ辺は臨機応変と云う事で
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月15日 - 2018年4月21日 | トップページ | 2018年4月29日 - 2018年5月5日 »