« 18年04月開始アニメ | トップページ | FeliCa式カード »

2018年5月 8日 (火)

色々買物と即売会('18GW)

 と、いう訳で今回の3連休+4連休の日記となる

 取り敢えず、3連休…先日、Kindleで横溝正史の『不死蝶』を読破した訳だが、そのタイミングで前々から気になっていた作品を2作、購入した
 アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』と『そして誰もいなくなった』である
 アクロイド殺しは先日ドラマにもなったが、完全ネタバレは避けるとしても、この作品が何故有名なのかは書かねばなるまい
 この作品は『叙述トリックを世界に知らしめた作品』と云う事で有名である
 叙述トリック…文章の書き方で読者のミスリードを誘い、謎解きで読者を驚かせる作風である
 別にクリスティ以前にも無い訳ではなかったが、世界に認めさせたのはこの作品である
 以前、氷菓シリーズでもこの事には触れたし、私のブログ記事でも若干触れたが、ノックスの10戒・ヴァン・ダインの20則では両方とも『犯人の仕掛けたトリック以外で読者を騙す様な事をしてはいけない』旨の事が書かれており、叙述トリックはソレまでの推理小説の中では邪道扱いだった…当然、この作品も邪道とする人も大勢居たのだが、認める人も多く居り、大論争になった…と云う話も有る様だ

 そして誰もいなくなった…コレは云わずと知れた唄に見立てた連続殺人の話で、クリスティ作品の中でも必ず人気作上位3位から落ちる事の無い作品である
 ちなみに映画化もされている様だが、wiki先生によると、この小説を元にクリスティ自身が書き起こした戯曲が映画の元ネタらしく、原作小説とは少々展開が違うらしい
 話は知っているが、読んだ事は無かったので、この機会に読む事としたのだ

 で、その勢いが付いて調べてみると、70年代に制作されたクリスティ作品の映画で、ナイル殺人事件と云うのが、日本語吹替え版(公開数年後に日本のTVで放映された時の音声データ)が収録されたBDで発売される…と云う事で、コレを買う事にしたのだ
 連休初日の4月28日…何時も通り自転車で銀座のホコ天近くまで行って折り返し、この日は普通の土曜日なので、銀座はホコ天をやっているが、秋葉原ではホコ天が無い
 中央通りを戻って少々万世橋の川崎臨時ショールームに寄ったが、ヨドバシAkibaに行ってBDをGet
 同時発売のDVDは吹替え版が収録されていない様なので、仕方なくBDで購入した訳だが…まぁ自室と茶の間にはプレイヤだが、BD再生環境が有るしな
 で、夕食後にソレを鑑賞…懐かしかったし、話も面白かった
 日曜洋画劇場での放送は私が小学生時分の頃だったと思うが、結構覚えている部分とカナリ忘れている部分が有った事に気付く
 当時はノーカット放送等殆ど無かったので、吹替え音声データの無い部分(TV放送時にカットされた部分)は原音に戻り、字幕で確認する事になった訳だが、ソレでも充分面白かった

 さて、ソコで勢いが付いた…と云うか
 チト調べた所、このナイル殺人事件の数年前にオリエント急行殺人事件が、やはり英国で映画化されているのだが、コレも昔、日曜洋画劇場で見た覚えが有る
 で、調べてみると、その吹替えデータ+当時カットされて吹替えの無い部分は新たに吹替えデータを作り(当時の声優が死去等で居ない場合、代役を立てて)完全日本語音声を入れたDVDが結構前に販売されていたらしい
 で、コレの在庫を見てみると…連休前にはヨドAkibaで見た気がするんだが、Akibaでは売り切れ、錦糸町に有るとWEBで出た
 で、翌日の29日にAkibaで確認、無ければ錦糸町に移動して購入…と云う計画を立てた
 結果、WEBはやはり最新情報を更新してるんだね…と云う事で、Akibaでは買えずに錦糸町でGetした
 やはり晩にコレを鑑賞したのは云うまでも無い
 しかし、今回、新たに作られたナイル殺人事件のBDは映像特典としては当時の特報的なCMが入っていただけなのだが、オリエント急行についてはメイキング等の映像が入っていた
 ソレを見ると、アガサ・クリスティの孫…と云う人物が現在クリスティ関係の版権を全て管理しているらしいのだが、クィリスティ自身は余りエルキュール・ポアロと云う人物を好いていなかった…と云う事が語られていた
 wiki先生にも載っていた事では有るが、wiki先生では『最初の2~3作で辞めようと思っていたが、出版社からの要望で書き続ける事になった』と云った感じで書かれていたのだが、特典映像では『一部の友人を除いて、嫌われる人物で良いと思って書かれていた』旨の言及さえしていた
 今まで、横溝の金田一を『小説に出てくる名探偵』の基準にしていた事も有り、結構なショックだった
 金田一は風体態度等から『得体が知れないと思われる事も有るが、基本的に憎めない』感じの人物として書かれていたし、初期の短編を数作読んだだけでは有るが、乱歩の明智小五郎もカリスマを持ち、嫌われる事の少ない人格者として書かれる事が多かったと思う

 嫌われても良いと思われて創作された名探偵…云われてみれば、態度は尊大で言葉には結構毒が有る事も多いのはその為か、と改めて思えた訳だが…

 さて、日記に戻って3連休最後の月曜、30日は前々から予定が立っていた
 中規模同人誌即売会Comic☆1である
 この為に以前、自転車で東京ビッグサイト(以下、TBS)に行けるか試す…と頑張った訳だが、コレの本番である
 取り敢えず12時にTBSに着けば良い訳だが、時間を多めに見て9時過ぎに自宅を出発、先日走った道をその侭トレスする
 途中、行程の半分位で水分補給…と思ったのだが、約12Km強の半分…6Km強の位置って…木場公園のド真ん中でコンビニ一つ無いんだよねwww
 まぁ公園内には売店が有るのだろうケド、ソコまで寄り道したい訳では無いから、と、走り続け(車線に沿って走っているので、対向車線側にはローソンとか有ったが、道を渡るのも面倒なので、寄れなかった)結局、7Km以上走った先にローソンを見つけて茶を購入、小休止を取る
 で、塩浜通りと晴海通り等経由して、TBS着が10時半前…あれ? 1時間強で着いたよww
 で、Comic☆1の入場待機列に並んだのが運の尽きorz
 久し振りに一般入場行列に並んだわ…10時半が開場と云う事で、ソコまで待つのは良いが、開場時間が過ぎても東西連絡通路の一部天井が低くなってる部分(通称ゴキブリホイホイ)で20分以上放置状態
 ナンとか入場して、取り敢えず飼主に依頼した分以外で欲しいサークルさんに数箇所回って友人のサークルスペースで挨拶+休憩
 12時近くなって飼主に連絡して取り置き依頼した分の回収をして友人と取引、取り敢えずの用事は済んだ
 ソレナリにやる事も済ませたので、友人にも挨拶して会場を離脱、帰宅したのだが…
 昼食をどうするか…と考えて、前々から気になっていた店に行く事にした

 神田駅近くに有る京都・勝牛:神田中央通り店である
 生まれも育ちも関東・下町である私は肉のカツと云えばトンカツ・チキンカツ(私は結構チキンカツが好きなんだが)しかなく、牛肉のカツと云うのは食した事が無い…と、云う事で、自転車で中央通りを走ってる時に、何時も気になっていたのだ
 で、木場公園を抜けた所で葛西橋通りにスイッチ、神田方面に進路を取ったのだが…もう少し先の14号なら判る道を、敢えて『より神田に近い方向で』と色気を出したのが不味かった
 道が逸れたのか、却って遠回りになり、店に着いたのが14時前後orz
 まぁランチタイムの料金で食えたは食えたが、マジに疲れたorz

 で、食した感想…ランチ料金である厚切り牛カツ定食と云うのを頼んだのだが、確かに厚い…で、牛肉だから中まで火を通さずに揚がって出て来たのだが、厚過ぎて噛み切るのも面倒…ってか、疲れ切ってる時に食うモンぢゃ無いな…
 コレなら近くに有るいきなりステーキで自分の好きな加減で火を通した肉の方が食い易かったかも知れん
 まぁ話のネタだ

 で、帰宅して5月の1日・2日は通常業務
 後半の4連休に入る

 さて、4連休最初の5月3日、その前日である2日に異変が起きた
 通勤に使っているディバッグと云うかリュックと云うか…が、壊れた
 まぁ前々から調子は良くなかったのだが、チャックを閉めても途中から開く様になって仕舞ったのだ
 コレでは雨の日に中までズブ濡れである…と云う事で、急遽、新しいリュックを探す事に
 今まで使っていたのがアメ横で購入した\3K(当時)程度の安物だったのだが、この機会にチト良いモノを買うかな…と、色気を出した訳だ
 で、検索したのがアウトドア用品の店なのだが、新宿が結構集中している様なのだが…行けなく無いけど疲れるんだよねwww
 で、新宿でもお勧めの店(スポーツ用品店ヴィクトリアのアウトドア専門レベル)は御茶ノ水にも店舗が有る…と、云う事で、取り敢えずソコに行ってみる事にした
 今まで使ってたリュックを持って行き、殆ど同じ大きさで、メインの収納が2ヶ所(場合に因っては生乾きの合羽を収納する必要が有る為)で、潰して余り大きくならない(バッグの上から合羽を着る…と云う事も稀にする為)等、条件を重ねると…実は純粋なアウトドア用品では条件に完全に合致する物は少ない事が判明した
 アウトドア用のリュックとは、軽くて大容量を目指す(まぁ用途によって其々違う場合が有るが、大まかには)訳で、細かいギミックは逆に少ないのだ
 しかし、ビジネス用ディバッグと云うのも少々違う…やはり、中途半端な使い方をするバッグは中途半端な事を目的に作られた製品が良いのだろう

 …と、云う事でアメ横に戻ってきた訳だ
 御徒町から上野を往復しているウチに1つの店に当る
 今まで使ってたバッグの後継製品(GULLWING社製42521-01)を置いている店だ
 色々話したり、ソレまで見ていた他の店の相場を考えたが、今まで使ってたバッグの『数年前時点で\3K強』と云うのは今は有り得ない値段であり、今は同程度のバッグが\5K前後…と云う事で、まぁ妥協して購入した
 ちなみに、御茶ノ水のアウトドア専門店では、今まで使ってたバッグの容量を見た目で『25~28L、30Lは無い』と測定してくれたが、アメ横では『30Lオーバー、35Lに近い』と測定した
 数年前の型なので、実際は判らないのだが、ほぼ同じ大きさの後継製品の容量が34Lなので、目利きはアメ横のおっちゃんの方が上の様だ

 時間が余ったので、何時も通り万世橋に向かって川崎で少々駄弁る…私も週1回以上のペースで通ってる訳だが、結構高評だったらしく6月までだった開催予定が今年一杯に延びたそうだ
 さて、その後は普通に帰宅して晩を過ごした

 翌、4日は秋葉原で買物である
 現在、若干気温が落ち着いているが、4月下旬とか結構な高温な日が有った訳で…
 この時点でクーラーを付けると夏本番に死んで仕舞うので、昨年か一昨年あたりに小型の扇風機を購入し、自室に付けた
 と、云っても置き場の無い自室である
 ベッド直上に有る棚板にクリップ扇風機を挟んで下に向けて使用している
 ただ、この『下に向けて』と云うのが不味いらしい
 買った時にはまぁ問題なく使えたのだが、何時からか首振りが途中で何かに引っ掛かる様に動かなくなり、カチカチ音が鳴る様になった
 で、数回カチカチ鳴った後にまた動き出す…と云う感じで、全く動かない訳ではないのが逆に質が悪いwww
 まぁ羽自体は問題なく回るし…と、使用していたのだが、カチカチ喧しいのが睡眠導入には向かなくなり、新しい物を買う事にした

 で、前にも買ったヨドバシAkibaで物色…しかし、1社3種しか種類が無い…しかもドレも大して変わらず、現状私のベッド上でカチカチ鳴ってるモノと然して変わらない感じがした
 此処で買うのは少々…と云う事で店を出て、取り敢えずビッグカメラになった旧ソフマップに行く事にした
 で、此処には各社1種の様だが、4社分の機種が有った
 やはり製造会社が違うと特色が出るモノで、その内の1つが真上に向かって首が90度曲げられるモノが有った
 コレならクリップを上にして真上に風を送る場合もクリップを下にして真下に風を送る場合も首に掛かる荷重は同じ筈である…と、云う事は私の様な使い方も、想定する使い方になるだろう…と、此処で買う事に
 しかし、在庫を調べて貰った所、都内ビッグ系列には無い様で、川崎に数個、後は更に地方になる…と云う事で、流石に\4k前後の扇風機を買う為に川崎まで行くのもナンだ
 と、云う事でメーカー取り寄せで自宅配送を依頼する事にした
 購入金額なのか、事情(在庫が店に無いから配送としたから)なのかは良く判らんが、送料無料との事なので、依頼した
 9日到着予定との事で、未だ届いてないが楽しみである
 後はする事も無いので、御徒町のジョナサンに

 最近、御徒町のガストからジョナサンに河岸を変える事にした
 両方ともスカイラークグループでは有るが、ファミレスのガストと軽食喫茶のジョナサン…と云う事なのか、設定価格がジョナサンの方が若干低いが提供する料理の梱包…と云うか、方法が簡素化されている感じ…と理解している
(例えばフライドポテトについても、ガストはケチャップ+マヨが器に盛って出てくるが、ジョナサンではケチャップの小袋が一緒に提供されるだけである)
 で、その価格だが、御徒町のジョナサンについてのみ、御徒町界隈では有名商店である多慶屋のメンバーズカードで料金1割引と云うサービスが常に行われている
 基本、ガード下の店なので、席数が少ないのか店に入って直ぐに席に通される事が殆ど無いのが玉に瑕だが、まぁ茶を飲むより落ち着いてKindleを開ければ良いので、案内待ち時間でもKindleは読める

 で、適当に時間を過ごして帰宅する事にした…アクロイド殺しを読み切ったが、ドラマでの犯行動機は一部原作に無い創作が有った、とだけ書いて置きたい

 さて、更に翌日5日…この日も中規模即売会コミティアが有り、TBSに行く必要が有った
 30日に行った時は少々早かったのだが、買うジャンルが私に合った場所だったので、多少他のサークルにも回る必要が有ったのだが、ティアは『1次創作オンリーイベント』であり、基本2次創作をするサークルは来ない
 故に、目当てのサークルは2ヶ所だけで、本当に12時前後に着けば良い…と云う事で、10時を過ぎてから家を出る事にした
 気温も低く、前日である4日に自転車整備(リムを中心にクリーナで清掃、チェーンを中心に油吹き)をした関係も有るのか、快適に走り、11時前にはTBSに到着した
 で、到着を知らせる為に飼主に連絡…と、腰に付けた携帯が無い

 30日にTBSに行った時はダブルタイフーンベルトにベルト管付きのホルダーで携帯を着けていたのだが、今回はキングストーンベルトにベルトクリップ付きのホルダーで携帯を持って来ていた
 ダブルタイフーンは35mm幅ベルトでキングストーンは40mm幅ベルト…ベルト管が40mm幅には対応しておらず、クリップ型の携帯ホルダーしか使えないのだ
 ホルダーごと携帯が無いと云う事は、走行中等に何処かでベルトから外れて落ちた、と云う事を示している
 幸い? まだ11時、待ち合わせの12時まで1時間有る…ソコまでで帰れる道を戻って探すか…ただし、12時にはTBSに戻らなければならないので、30分分のみである
 何時もなら車線を守って走っているが、この時ばかりは車線逆走をしないと探せない…詫びながら逆に走る
 結局塩浜辺りまで戻ったが、見付からない…この時点で11時35分、コレ以上は無理、とTBSに向かう
 速攻で会場に入り、通信手段が無いので、飼主が常駐しているサークルスペースに向かい、直接声を掛けて取引する
 事情を話して詫びを入れ、直ぐに撤退する

 さて、もう一度、車線逆走しながら帰宅…途中、吾妻橋付近で昼食の為に脇道に逸れたが、それ以外は通った道をその侭トレスして帰ったのだが…見付からない
 もう一度TBSに向かう体力が無い…と云う事で、単車を持ち出し、超低速運転でTBSまで行ってみる…一部、一方通行が有ったのだが、それ以外は普通に探しながら走って…見付からない
 帰りも同じ道を通って、対向車線ばかりを見ていたが、まぁ事故らずに帰る事は出来た

 さて、困った…取り敢えず何か次の手が無いか、PCに向かってau公式のFAQページを検索する
 サポート窓口が24時間営業との事なので、自宅の固定電話からTel.
 事情を話すと手続きが2通り有り、回線を一時閉鎖する処理をする方法と、GPS機能を使って位置検索をする方法…との事
 位置検索を依頼すると、私の機種・契約は可能であると云う事で、早速検索をしてくれる…青海2丁目、東京港合同庁舎脇?
 TBSよりも更に先に有ると云う…なんでやねんwww
 兎に角、通過路を探しても見付からない訳だ、検索で判明した場所まで行く事にして、改めて単車に跨る
 実母から携帯を借りて持って行く…で、検索された場所に到着したのが17時半…紛失に気付いて6時間以上経っている
 序でに走ってる最中に考えたのだが、通ってない場所に有ると云う事は、誰かに拾われている可能性が高い
 しかし、何度か自宅や帰宅途中の公衆電話から通話したが、留守録に回されるだけで誰も出てくれない…コレはどう云う事だろう?

 さて、現場に到着…人は居ない訳では無いが、持ち込んだ母の携帯から連絡しても、やはり誰も出ない
 位置検索してから現場到着まで約40分(40分で自宅からTBSに来れるんだ…今度からミケとかでTBSに単車で来る時はこの道使うかなww)、拾い主が移動している事も充分考えられるので、再度検索を依頼する為にauサポートに連絡する

 電話先の担当は変わっていたが、事情を話して再度検索して貰う…すると、船の科学館前? 確かに数百m移動しているが、高々数百mだ
 昔なら船の科学館で見学でもしているかも…と云う推測も出来たが、現在は船の科学館は本館の耐震強度問題で展示を行っていない…関係者以外は入れない場所になっている筈だ
 それなのに40分で数百mしか移動してない? 拾い主は、どんな動きをしている?
 悩んでる時、電話先からコンな一言が…『GPSでの位置検索は50~300mの誤差が出ます』だと?

 と、云う事は、2回検索した場合、最大600mの誤差が有っても可笑しくない、と云う事である…つまり、前回検索から携帯は場所移動をしていない可能性も有ると云う事か?
 周辺地図を再検索…あれ? 警視庁東京湾岸署?

 湾岸署はTVドラマ『踊る大走査線』で舞台になったアレ…では無く、夏のコミケ開催が隅田川花火大会、深川の大祭と日程が重なる事で、この3つの祭の開催場所を所轄する深川署がパンクする事を避ける為、新設された警察署である…故にドラマの放送時点では無かった警察署だ
 まぁ兎に角、検索範囲の中間点近くに湾岸署が有る…と、云う事は、もしや?
 と、云う事で単車を湾岸署に付け、案内に従って落し物の検索依頼をする
 落とした大まかな日時、特徴等を話した所…引っ掛かったらしい
 兎に角、落とし主の届出書類を書け、と云う事で必要事項を書いて提出する
 既に検索された機体を保管庫から持って来た警官から見せて貰うと…私の携帯である
 拾い主は謝礼等の権利を一切放棄すると云ったらしく、受け取りのサインのみで回収出来た

 署を出て、自宅・事情を話した飼主・auサポートに回収の報告をして帰宅、携帯1つの為に四半日潰した結果になったが、まぁ無事に回収出来たのは大きい
 最近の携帯電話は個人情報の宝庫なので、壊した分には仕方ないが、他者に渡ると非常に厄介だ…場合に因っては携帯に記録している友人・知人からの信用も失う羽目になり兼ねない
 兎に角、無事に終了した安心感も有り、その後の晩は余り憶えてない…TV見て寝たんだと思う
 自転車も1日で35Km以上走ったしな

 最後の6日はもぉ気が抜けた…と云うのも有るが、この連休では、ほぼ毎日、自転車に乗っていた事も有り、現在の総走行距離は2,540Kmとなっていた
 10月までに3,000kmとしたい、と云う目標には残りは460kmである
 残り5ヶ月で460Kmと、云う事は1ヶ月に92Kmで済む…って、超スローペースになったのも有るし、この日はユックリと万世橋に向かうだけにした
 一応、とらのあなで市販漫画の新刊を確認したが、特に目を引くモノも無く、川崎のショールームでもそこそこに話しただけで直ぐに出て行く事にした
 で、御徒町のジョナサンでKindle開いて時間を潰す…と、云う事で日を過ごした

 駆け足でGWの日記を書いたが、やはりメインイベントは何故か5日になって仕舞ったなorz
 当然、全部が終わった後はブログネタになるな…と思ったのだが、同時にコンなネタ塗れの人生は嫌だ…とも思うものだorz

 さて、次回は…もぉ休日は7月まで無いんだっけか?
 ネタは…まぁ上記の通りネタ塗れの人生なら何か見付かるだろう
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 18年04月開始アニメ | トップページ | FeliCa式カード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

どもです。
ところでこの下の記事にコメントつけたはずなのに消えちゃってますけど、どうしたんでしょう?

連休にお楽しみばかりでなく色々あったようで、大変でしたね。お疲れ様です。
私の方は娘が東京の大学から帰省してきてヨメさんと二人でいっしょに
「あれ買ってこい」とか
「あそこに連れてけ」とか
「あれを食わせろ」とか
散々にこき使われる休暇でした。
かろうじてアッシーメッシー扱いから抜け出して、岩国の米軍のイベントで最新鋭戦闘機F-35Bの国内初のデモフライト見に行けたのはよかったなあ。

さて、「ナイル殺人事件」。
確かTVでで見た記憶があったんだけど自信がなかったのでいろいろ検索してみたら、どうやら私が見たのは「地中海殺人事件」の方だったらしいです。同じ頃にクリスティー作品の映画化が続いていたころのものだったと思います。「オリエント急行殺人事件」は見たことありますが、こちらは顔ぶれのすごさに酔いそうでしたね。「ナイル殺人事件」は今度探して見てみよう。

「黒井戸殺し」は私も見ましたが、まあまあうまい原作のトリックの描写だったと思います。あの最後の犯人明しのシーンはそれなりに緊張しました。「アクロイド殺し」を読んだのは高校の頃だったかな。横溝正史が「本陣殺人事件」のなかでこの作品に触れていたので、興味を持って図書館で探して読みました。
同じ理由でルルーの「黄色い部屋の秘密」を読んだのもあの頃だったなあ。おかげで後にJETがコミカライズした「オペラ座の怪人」にルールタビーユが出てきたときには思わざ笑っちゃいました。先生流石です。
それにしてもポワロはまあ我慢できそうですが、あの勝呂武尊に殺意を覚えない人間ているのかな(笑)


でわでわ。

投稿: あひる | 2018年5月 9日 (水) 22時44分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します

 下の記事って開始アニメインプレへのコメントですか?
 非常に申し上げにくいのですが…その前の『東京ビッグサイトに自転車で…と、桜餅』にコメントが付いてます^^;
 私の方で『コメント先の記事を変更』と云う操作が出来ないモノで、私のコメント返しもぢつは其方に付けてますwww

 同じコメントで結構ですので、正しい記事にコメントをコピペして戴ければ、私の返信コメントも同様にコピペして、元発言を削除する…と云う事は出来るのですが、如何でしょう?
(私が操作すると、貴方のコメントまで私が発言した記録になって仕舞うので)

 まぁこの連休は色々有りました(苦笑
 其方は御家族サービスに従事された様で、ソレもソレで御疲れ様でした
 米軍イベントですか…私の仲間内にも富士の総火演とか毎年応募して結構な頻度で見学してる連中も居ますけど、私は興味無い訳では無いんですが、出不精でねぇ^^;

 で、ナイル殺人事件
 そうですね、同じ監督高のシリーズで3作、オリエント急行→ナイル→地中海と数年置きに作られましたね
 今回、ナイルのBD化と一緒に地中海もBD化(当然、日曜洋画劇場の吹替えデータ付き)が出たんですが、DVD(吹替えデータ無し)だと\1.5KなのにBDだと\4k強するんで、今回はメインで欲しかったナイルだけ購入しました
 今度勢いが付いたら、地中海も買うかな…地中海は映画化されたのが私が中1の時('82)で日曜洋画劇場で放映したのが高1の時('85)だったので、TVで見て、高校の図書室で原作本をチラ見した(当時は小説を読む小僧ぢゃ無かったんですよ…恥ずかしながら)記憶が有ります

 オリエント急行~は当時でも非常にクレイジーな企画だったらしいです…典型的な『嵐の孤島』系で、登場人物は多くても他にモブが入る余地の無い世界の話ですが、ソレにしても登場人物のほぼ全てがA級(ってこのA級・B級はハリウッドが語源ですから、英国映画にはそぐわないでしょうケド)映画の主役で可笑しくないスターを大量に揃えた、文字通りのオールスター作品なのですから
 メイキングでも役者の出演料がトンでもない額になった…と云ってましたwww

 ナイルはソコまででは無いですが、話は面白いですよ?
 オリエント・地中海は基本、被害者は1人(アクロイドも一応『殺されたのは』1人ですね…横溝の金田一モノの様に連続殺人モノが異常と云えば異常なんですがwww)ですが、ナイルは複数の人間が被害に遭います…まぁ動機と云うかソノ辺は見て戴いた方が良いですが、他の作品に比べて犯行が穴だらけだったので、そうなって仕舞った…と云うかwww
 悪い作品では無いので、ミステリが嫌いで無ければお勧めです

 『黒井戸殺し』は私も見たんですが、池上彰氏の番組だったかな? を見てからだったので、チャンネルを合わせた時は既に犯行が行われた後でした…丁度、Kindleで原作小説を読んでる最中で、読み終わった所から先をドラマで見て、後から原作を追い掛けて読破した感じでしょうか…
 そうですね、勝呂が犯人を名指ししたシーン及びその解説としての犯行再現シーンは結構緊迫してて良かったと思います
 私は独立U系で放映され始めて直ぐの頃から『水曜どぅでしょう』の視聴者だったので、大泉洋はタレント気取りの大学生バイト出のイメージが非常に強いのですが、この作品では綺麗に演じてたと思います

 まぁ本文に有る通り、アクロイド殺しは世界中で大論争になった作品だそうですから…wiki先生では江戸川乱歩も何か雑誌対談でアリかナシかの論争に参加した様ですし
(乱歩は、どちらかと云えばアリ派だった様です)

 ガストン・ルルーは読んでないですねぇ…
 オペラ座すら映画では見ましたが、原作小説は読んでません
 やっぱ俄かだしねぇwww
 JET氏も…そう云えばオペラ座をコミカライズしてましたよね…ルールタビーユ…wiki先生に聞きましたが、ルルーのシリーズ物の主人公の新聞記者なんですね
 確か、映画のオペラ座には出てないと思いましたが、多分、原作にも出てないのでしょう…ソレを『原作スキーなJET氏が洒落でゲスト出演させた』って事なのでしょうね、氏ならやりそうですww

 …あぁ、ソコ
 私もです…英国映画でのポアロも改めて見れば毒は強いし灰汁も強いし…結構、鼻持ちならない人物として演じられてますが、勝呂は同じ日本人として描かれてるからか、非常に鬱陶しく、確かに軽く殺意を湧かせても可笑しくないですね…
 ポアロは英国小説(クリスティは英国人だし、これら映画作品も英国制作の映画)の中で、フランス語圏のベルギー人が英国に亡命してきた人物として設定されているので、英国内でも『外国からの亡命人ナンザこんなモンだ』で許容されてるのかも知れません
 事実、オリエント急行のメイキングでクリスティの孫と云う人物が、ポアロのイメージ元になった人物の話しをしていますが、当時ソレナリに居た欧州からの亡命人の一人…と云ってました
 亡命人全てがこう云う人物だったとはいえませんが、亡命人のイメージでこう云う人物を描写しても英国では違和感を覚えなかったのでしょう

 私は黒井戸殺しの最初を見ていないので時代設定を詳しく見てなかったのですが、移動手段が徒歩・自転車がメインで自動車は無くはないけど珍しい…と云う事は戦前、第1次大戦前後の日本は戦勝国でウハウハだった時代…と推察しますが、その頃の日本は外国人が然して多くない時代でしたし、数少ない外国人が名声を手にしてる設定には無理が有ったのでしょう
(この作品では、既に名声を手にしていたポアロが隠居した先の話となってますし)
 まぁ黒井戸殺しの前に作られた三谷脚本の日本版ポアロ(勝呂)シリーズは見てないのですが、コレはやはり時代・場所も含めて何処かで設定を変えると必ず何処かに無理が来る…と云う典型なのかも知れませんね

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2018年5月10日 (木) 12時01分

どもです。返信ありがとうございます。

うわあ、やらかしとる。なんでこんな大ポカしてたんだろう。
お言葉に甘えて直させて頂きます。ご配慮感謝します。

やはりポワロのあの灰汁の強さはお国柄の違いだから仕方ないと思える要素があるから我慢できるのでしょうね。野村萬歳にやられるとなんかムカついて仕方なかったです。
「いいから大泉!今すぐそいつを刺せ!」
と途中何度思ったことか。
とは言えポワロもやたらとフランス語を混ぜたがるし態度もかなり無礼だし、大英帝国人から見たら相当頭にくる人物だったでしょうね。

でわでわ。

投稿: あひる | 2018年5月10日 (木) 21時24分

Shot>あひる提督
 更にコメント返し感謝です

 まぁ…このブログ開始前からの御付き合いです、タマにはコンな事も有るでしょう^^
 訂正の方も致しましたので、コレからもよろしくお願いします

 さて、ポアロ談義に戻りますが…私の知り得た情報は先日のコメント返しで殆ど使い切って仕舞ったので、改めて書ける事は少ないんですが^^;

 私も今回の黒井戸殺しで初めて勝呂のシリーズを見ましたが、良くコレでシリーズ続いたな…と云うのが感想ですね
 ナンと云うか…非常に癇に障る態度なんですよね、勝呂だけ
 幾ら事件の捜査協力を公式に依頼されている人物とは云え、こう云う態度の人間には協力したくないと思わせる雰囲気があります
 ある意味、コレも『怒らせて本音を云わせる』テクニックと云う場合も有るのでしょうけど、私の様に『嫌いな奴の為には指一本動かすのすら嫌がる』タイプには逆効果ですねwww

 既にドラマも放映されて、提督も原作読破済と云う事でネタバレ会話になりますが、今回、ドラマでの動機は『姉の治療費を捻出する為に大金が必要だったから』と云う事で、ある意味姉が犯人を知る事になるのは、犯人にとってどうしても避ける必要が有った訳で…勝呂と先生が最後に密室で二人きりになった事を姉が知っている以上、勝呂の殺害と云うのは最悪手になってしまう…と云う脅迫も有ったのでしょう
 原作では単にドクターは投資に失敗して大金が必要になっただけですから、ポアロを殺害しても良かったのかも知れませんが、完全にバレたと確認した時点で観念してしまった…と云う事なのでしょう
 後日談は書かれてないですが、ドクターが書いた手記(殺害の現場等々も記述した完全版)を受け取ったポアロはドクターの生死に関わらず公表して仕舞う可能性も有る訳です…ってか、その可能性が高いです(正式に事件の解決を依頼された身ですし)
 ドラマでは姉は病気で余命半年以内…と云う事で、手記の公表は姉の死後…と云う所で落とし所を付けた訳ですが、原作では特に姉は病気の記述も無いですし、ドクターの死後に公表され、姉は泣きっ面に蜂状態になるでしょうね…唯一の肉親が死んで、実はソイツが脅迫犯・殺人犯だったと公表される訳ですから…少なくとも、コレまで通り噂好きの御夫人…では済まないでしょうし、場合に因っては追い立てられる様に引越し位はせざるを得ないでしょうね
 そう云う意味では後日談を想像すると救いの無い話です

 会話の中にフランス語を紛れさせる(日本語訳の本でもフランス語発音がルビで入りますね)のは、所謂『刑事コロンボのカミさん発言』の様なモノで、一種の『関係者に業と愚鈍、又は英語・英国知識が足りないと思わせて、油断させる方法として使っている節も有る』と解釈される場合が有りますね
 ソノ辺は、クリスティ本人が明言した、とか公式見解で『そうだ』と断定したとか云う事では無く(コロンボの『ウチのカミさん…』についても、ドラマ中にカミさんが登場した事が無いと云う根拠でそう推察されてるだけ、と云うのも有りますが)所謂ポアロ研究家(ホームズに於けるシャーロキアンの様な人達)の解釈ですから、真偽がどうこう…と云う話では無いですが

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2018年5月11日 (金) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/66697289

この記事へのトラックバック一覧です: 色々買物と即売会('18GW):

« 18年04月開始アニメ | トップページ | FeliCa式カード »