« 合羽橋感謝祭 | トップページ | ルパパト主題歌 »

2018年3月27日 (火)

カルピス最強説ww

 と、云う訳でネタになる話が出来たので、今回はコレを

 金曜日、恒例の夕飯外食はバッタもんだった
 佐々木氏も退院後店に出る様になって…まぁ、まだ体調も万全、と云う程では無い様だが、通常営業になっている
 で、ママさんと翌日の予定の話をネタにした

 取り敢えず、ライダー俳優関係で私が『有る意味ルーチンワーク』になっている訪問・参加等の習慣は4つ
 ビリー・ザ・キッド東陽町(ブラック:倉田てつを氏がオーナーの大衆ステーキハウス)
 バッタもん(2号ライダー:佐々木剛氏の居酒屋)
 Bar HEROⅢ(V3:宮内洋氏の御子息が経営されているカクテルバー)
 Xライダー:速水亮氏のライブ等々イベント
 …この順番は私が御邪魔した時期の早い順だが、ソレは本題では無いwww

 さて、先日の土曜日…バッタもんで夕食を取った翌日だが、HEROⅢに席を予約しておいたのだ
 マスターはバッタもんにも偶に来る(HEROⅢとバッタもんの定休日が重なるので、マスターが来る日はHEROⅢが休みになるがww)ので、ママさんもマスターの事はソレナリに知っている
(当然、佐々木氏やママさんもHEROⅢには行った事もあるとの事で)

 まぁ私と云えば、上記の通りHEROⅢには、ある程度定期的に行っているので、マスターも有る程度知ってくれている
 当然、基本的に下戸で通している事も知っており、HEROⅢはカクテルバーだが、ノンアルカクテルばかりを頼む事も知っている

 少し話は変わるし、この話は前にもしたと思うが、HEROⅢにはオリジナルカクテルとなる4つのメニューが有る
 マスターの実父である宮内洋氏が演じたヒーローにちなんで
・緑の『V3』
・青い『アオレンジャー』
・赤い『ズバット』
・白い『ビッグ1』
 …この並びは単純に宮内氏の出演順でカクテルとは何の関係も無い

 さて、上記2点を組み合わせるが、私はノンアルカクテルしか頼まないが、店にオリジナルカクテルが4種有る…結論として私はこの4種のカクテルを飲む事が出来ない訳だ
 ノンアルでこの4種が出来ないか訊ねた事も有るのだが、ソモソモ、この色がカクテル名になっているヒーローのイメージカラーで、色を出す為に使うリキュール等を厳選している、と云う事で、ぶっちゃけて云えば、色が重要なカクテルな訳だ

 で、その色味を出すのがリキュール…詰まりアルコール成分な訳で、ノンアルでのオリジナルカクテルは難しい、という話であった
 ただ、取り敢えず赤だけはノンアルのシロップなのかな? で用意があったらしく『味は全く違ったモノになる』と注意はされたが、ソフトズバットと云うのは頼めば出してくれる事になった
 以降、私があの店に行く時には、必ず1杯はコレを頼んでいる

 さて、では残りの緑・青・白だが…まぁ安易に想像出来るのがカキ氷用のシロップである
 メロン・ブルーハワイ・カルピスだな…
 ただ、HEROⅢは私の様な下戸のヲタクのみを相手にした安易なバーでは無く、銀座で10年以上修行した本物のバーテンが経営している本格バーである
 まさか紙パックの安物シロップなんぞ持ち込める筈も無い
 …ただ、カルピスなら、前にアルコールの入ったカクテルにも使われる様な事を聞いた事も有るし、持ち込めるかな? と、思っていたのだ

 で、金曜日の話に戻るwww
 バッタもんで『翌日はHEROⅢに行く予定である』…当然、バッタもんでも私は下戸で通している事は佐々木さんやママさんだけでなく、一部の交流の有る常連仲間にも知れ渡ってる訳だが、今回はソコで『カルピス原液を差入れで持って行ってソフトビッグ1を作って貰おうかと…』と、話して見たのだ
 まぁカクテルバーと居酒屋では基本、出す酒の種類が違う訳だが、その話には『カルピス原液を炭酸水で割ったら…』とまぁハイボールの感じから受け答えが出たのだが、ソレをやったら『カルピスソーダ』が出来るだけであるwww

 まぁソンな話をして翌日、土曜日…
 毎度の事ながら、昼食後に自転車に跨り新宿まで走る
 知り合いからは『新宿まで自転車で行けるなら、中野ナンザ目と鼻の先ぢゃん』と云われるが、新宿まで行くのに靖国通りの坂を延々と登り続けて、その後に更に数Kmとか、今の私には無理だわwww
 兎に角、自宅を出発して、先ずはカルピスを求めて合羽橋へ

 合羽橋は、基本的に飲食店で使う道具を販売している店が殆どだが、香辛料・ソース・ドレッシング等の飲食店で使う消耗品を扱う店も数店有る
 それらを回ったのだが…良くゝ考えればソレは間違いで
 合羽橋は上記の通り『飲食店で使う消耗品』として売っているので、基本的に詰め替え用等の『量が多くて梱包が簡易なバージョン』で販売されているのだ
 現在、カルピス原液はプラスチックボトルで500ml弱のパッケージが基本だが、合羽橋では紙パックの1Lパッケージで販売されるのだ
 上記の数店を回ってみて、取り扱ってる店は全て紙パックだったので、此処での購入を諦める事にし、先に進む事にした

 しかし、ソコまで合羽橋に拘らなくとも、私が新宿に向かう場合、秋葉原まで4号線を南下して靖国通りにスイッチする道順で走る訳で…途中、御徒町で多慶屋の前を通るのだwww
 多慶屋…何処まで有名なのかは判らんが、上野・御徒町近辺では多分知らん人の居ない総合販売店で、所謂ディスカウント系なのだろう
 此処での販売パッケも基本、多く安い…なのだが、取り敢えず入ってみた所、有ったわ…プラボトルのカルピス
 コレを購入して秋葉原に向かう

 秋葉原では、この週に発売された漫画新刊『魔法使いの嫁 9巻』『君に届け 30巻』『ママレード・ボーイLittle 6巻』を購入、靖国通りに向かう
 中央通り(とらのあなが有る)と靖国通りの交差点近くが万世橋駅跡…最近、足繁く通っている川崎臨時ショールームの有るmAAch e-cuteである
 今週から展示車両が変わって500SSマッハⅢとZX-11になっている
 500SSだと少々車種が違うが、マッハⅢと云えば、キカイダーのバイク(サイドマシン・ダブルマシンは400SS、白いカラスは750SS)と云う名機なのだが、間近で見るのは始めてである
 コレに対する感想も無い訳では無いが、取り敢えず今回の本筋と違うので割愛

 靖国通りは市ヶ谷駅近く辺りまでは桜が満開で、花見客やソレを乗せた自動車が大渋滞orz
 その煽りで自転車も普通より遅く進まねばならず…只でさえソレナリの勾配の坂が延々と続くのに自分のペースで走れないのは非常に厳しいorz
 逆に市ヶ谷を越えると桜はなくなるので非常に快適に走れたのだが…体力は結構削られたかなorz

 さて、新宿に到着し、有料駐輪スペースに駐輪、電車に乗り換えて中野駅に
 新宿までの最終電車は0時半…と、云う事で中野ブロードウェイに
 まんだらけのライダー・戦隊系グッズの専門店、古本屋でゲームブック(『火吹山の魔法使い』は入手したので、『バルサスの要塞』とか無いかな…と探したのだが、流石に無かった…ってか、今回はリヴィングストン系のゲームブックが全く無かったな、珍しい)、CD・DVD専門店とゲーム専門店を見て回った所で17時半前
 食事が出来ないHEROⅢでは、店に行く前に夕食を済ませないといけない…1本道をズラして『いきなりステーキ中野店』に向かう
 何時も通りワイルドステーキ450gスモールサラダ・ライスセットで肉マイレージゴールドの特典を使って『からだ健やか茶W』を貰う

 食事が済んで店に向かうと丁度18時過ぎ、店は…やっていた
 マスターに挨拶、ベルト(当然、此処にはダブルタイフーンモチーフのベルトを付けて行った)を見せびらかしてマスターと話しながら注文
 1杯目、此処に着たら先ず最初に飲むジンジャーエール(辛口)
 当然、バーテンさんが1から作るジンジャーエールなので、市販品をグラスに注いで終わりなんてケチなモンぢゃ無い
 生姜を絞って作る、本当のジンジャーエールである

 すると、次の客が大荷物を持って来店…その大荷物はプレミアムバンダイで販売していたCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONカイザギアだったww
 COMPLETE SELECTION MODIFICATIONとは、プレバンが『大人に満足して貰える変身ベルト』を目指して作ったCOMPLETE SELECTIONシリーズの第2段である
 COMPLETE SELECTIONは真鍮・ダイキャスト等で造った大人サイズの変身ベルトで1セット¥100K以上するシリーズだったのだが、無闇に高いのと、上記合金製の為、非常に重く、腰に巻くまでは良いが、アクションするとベルトに振り回される様になる等の欠点が有り、一部の部品をプラスチック製に変え、代わりに内蔵IC等をバージョンアップして、よりギミックを本物に近づけたシリーズとしてCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONと云うのが生まれた
 ソレのカイザギア版を購入した人の所にやっと届いたので見せびらかしに…と云う事らしい
 カイザブレイガン(腰に付いた剣と銃を兼用するカイザの武器)のギミック等、確かに凄い…値段も聞けば約¥50Kなのだとか
 一頻りその辺りの話も堪能して2杯目はソフトズバット
 コレも上記の通り、私がこの店で頼む定番ドリンクである

 今期のアニメの話やカイザギアにちなんで店内映像を『仮面ライダー555 劇場版パラダイス・ロスト』にしてその辺りの話をしたりして過ごす
 で、3杯目…満を持してカルピスの御目見えであるwww
 以前から、マスターに『色が重要なドリンクと云うなら、味は違わっても良いから、その色の元になる何かを持って来たら試して貰えないか?』と依頼していたのだが、此処でカルピスを渡す

 余り自信の無さそうなマスターを尻目に、バッタもんで前日話した『炭酸で割ったら』→『カルピスソーダになるぢゃん』と云う会話を話しながら、どんなのが出てくるか楽しみに待つ
 当然、プロのバーテンであるマスターはソンなチャチい事はしなかった…ソレは作ってる行程を見ていた私が保証する

 しかし、出てきたドリンクの味は『若干違う風味が加わったカルピスソーダ』であった…orz
 コレは、マスターの腕とか加えた材料とかの問題では無く、カルピスが異様に『強い』のが原因である
 良くゝ考えれば、カルピスは乳酸菌飲料…詰まり、発酵食品である
 味噌・納豆等と同じく、発酵食品は『加えたら、他の材料がナンであれ、その味が異常に主張する』と云う原則を持っている
 カルピスもその原則は持っている様で、兎に角カルピスの味が強く、コレを打ち消す、或いはコレの味に変化を加えられる無色の飲料は殆ど存在しないのではないか、と思われる
 コレは誤算だった…と、云うか多分、マスターはソレを知っていたから、カルピスと云う『手近で手に入る白い飲料』を知っていながら使おうとしなかったのではないか、と思う
 コレは失敗だ…店やマスターの、では無く、安易に白いから…と、カルピスなんぞを店に持ち込んだ、私の失敗である
 マスターには持込んだカルピスは店で使うアルコールカクテルに使うも良し、自宅に持ち帰って自分で飲んでも良し、と云う事で献上する事にして、4杯目は1杯目と同じジンジャーエール(辛口)を飲んだ…

 ちなみに、合羽橋でカルピスを探している最中、ガラス瓶入りのチト高そうなシロップが目に留まり、ブルーハワイは無さ気だったが、メロンは有ったので、次に来る時はそれを持ち込んでソフトV3を作って貰う事を画策している、とマスターに予告して帰る事になった
 店を出た時間は0時…ちとユックリ歩いて丁度最終電車に乗って新宿から自転車で帰宅…流石に午前1時前後の靖国通りは街灯以外のライトアップが無く、桜見物の歩行者も居なかったので、快適に走りながら、花見が出来た、とだけ付け加えておく

 明けて日曜日は単車整備の必要が有り(SHERPAの方が立て続けに2回も後輪をパンクさせたのだが…その修理をした場所を手近で済ませたら2回目の業者がチェーン長調整用のプレートを適当に付けた為に後輪が傾いで取り付けられて仕舞い、後輪の角度=ブレーキディスクの角度とブレーキパッドが干渉して不味い状態になっていた…流石にコンな施工をする業者に再度持込んでやり直させる度胸は無いww)、下馬の行き着け整備工に持込み、直して貰った

 まぁ細かい事は割愛したが、今回の週末はコンな感じで…次にHEROⅢに伺う予定は5月、Comic1(4月30日)で手土産を用意出来るので、その後になると思うが、瓶入りシロップは忘れない様にしたいww

 と、云う事で来週は…もぉ4月なんだよな
 今期はアニメの開始インプレをしなかった所為も有るが、エアチェックだけで1話も見てない作品も結構有るな…
 見た作品だけなら30作切ってるかな…その辺りも追々纏めないととは思うのだが、1月開始期は年始番組の所為で開始が遅くて最終回が4月に突入する作品も多いしな…
 まぁナニか有ればソレ、無ければ先週書きたかったもう一つ…辺りかな
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 合羽橋感謝祭 | トップページ | ルパパト主題歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

特撮俳優・縁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/66543582

この記事へのトラックバック一覧です: カルピス最強説ww:

« 合羽橋感謝祭 | トップページ | ルパパト主題歌 »