« インフルエンザ詳細 | トップページ | ベルト完結篇 »

2018年2月20日 (火)

ひょんな事からベルト進展

 と、云う訳で日記系に戻る訳だがwww
 未だ咳は止まらないんだよねぇ…咳以外の症状が全く無いので、別のインフルに掛かってると云う線は無いと思うんだが

 さて、この土日、まぁ上記の通り咳は出るがナンとかインフル前の日常に戻せるかな? と云う感じで考えていた
 土曜日の昼食を取った後、何時もなら自転車…となる所なのだが、最近、自転車の走行距離は結構稼げていた
 昨年10月、クロス購入1年で点検に出した時のサイクルコンピュータに計測されているODO(総走行距離計)は1,440Km、月間120Kmの計算になり、一応、自転車購入当時の目標ギリギリではあったが、達成出来た形である
 で、現在、ODOは2,010Km…10月頭から4ヶ月少々で570Kmの距離を走っている
 取り敢えずの目標は今年10月の購入2年の点検時で3,000Km、タイヤ交換が出来ると良いなぁ…と考えていたのだが、このペースは流石に速い(9月頭頃に3,000Kmに達するかな? まぁ6月頃の雨が続く時期には乗れないから、ソコまで気にする程度では無いかも知れないのだが)と考え、チト日差しも少なくなって来た(午前中は結構、日が照っていた)のも有って、今回は歩くか…と考えた

 丁度、先日、結局『買わなかった』ヘッドホンの調子を見るのも必要だと考えていたし…
 耳掛けヘッドホンの緩衝用ビニル部品を紛失しても、長時間ヘッドホンを掛け続けられるか? と云う実験をして置きたかったのだ
 流石に自転車で車道走ってる最中にヘッドホンは怖くて掛けられんからねぇ…
(単車では通勤時に掛けてるけど、極小音で、基本的に『抜く事は有っても抜かれる事の殆ど無い』単車だから出来る事だしねぇ)

 と、云う訳で当座の目標地点はスカイツリーとした
 何時もは馬道通りより更に河縁を歩いて、言問橋辺りを渡るのだが、浅草で昔、散歩中に休憩で使っていたミスドがいきなりステーキに変わってるのを歩いて確認したい(単車や自転車で走り抜けて確認だと、見間違いが有ったかも知れんし)と云う事で、吾妻橋を渡って行くと云う、少々遠回りの方法で歩いてみた

 まぁ最初に見た通り、ミスドがいきなりステーキになってるのは事実の様で、今後は散歩中の休憩所はガスト一択になりそうだ
 吾妻橋を渡って金のウンコの真下(下から見ると、ビルから少しだけウンコがはみ出してるのが判るwww)を通って後は聳え立つスカイツリーを目指して歩く
 で、スカイツリーに着いても別にやる事は無いので、ソラマチの近くに有るガストで茶をシバく
 此処にもティーソーサーは無いのか…ココアを飲む時に、時間が経つと沈殿する粉末を拡散するのにスプーンは必須で、そのスプーンの置き場が必要なのだが…結局、浅めの取り皿を使ってスプーン置き場にするのは、他にも『ティソーサーの無い店』でやる方法なのだが

 Kindleを読みながら休憩して、適当に時間を過ごした後、店を出て帰路に付く
 今度は吾妻橋を渡る必要は無いので、最短距離と云う事で言問橋を渡る事に
 橋を渡った後、馬道通りに行かずにその侭右折、この道に名前付いてるのかなぁ…良く知らんが、取り敢えず、ほぼ真北に向かって歩く
 普段使わない道なので、色々と周囲が結構目新しく映るのだが、途中に革素材屋が見付かる
 ナンか安くベルトも売ってるぞ…と、云う事で、入って見る事に
 中の店員さん(職人さん?)が気軽に声を掛けてくれたので、幾つか話を聞いてみる事に
 で、判った事が幾つか…
・革素材屋で見る『ds』と云う単位は平方デシメートル…1辺10cm四方の面積を差す単位で、1枚革で幾つ10cm四方が取れるか、で価格になる
・白革の『ベルト』は、確かに季節モノだが、飽くまで『ベルト』と云う装飾品がそうなだけで、白革の素材は通年有る
・浅草は問屋街だが、浅草『橋』は小売もしている店が有るので、行くと良いかも
・ぶっちゃけ、アメ横は『製品の店』と云う事も有るが、余り安い買物は出来ない
(と、云うか…職人さんに『アメ横は高いよ』とキッパリ云われた)

 と、云う事で、帰宅後少々調べてみる
 『浅草橋 革』で調べると、レザークラフト用に革ハギレや革用裁縫道具等を取り扱う店が有る様だ
 基本、日曜は休業の店が多い様だが、一部、営業している店も有る様なので、日曜に行ってみるか、と計画する

 で、明けて日曜日…昼食後に出掛けてみる
 馬道通りを今度は自転車で走って行く…浅草を抜け、駒形橋・厩橋・蔵前橋の脇を通り抜け、浅草橋駅まで約4Km少々
 自転車を停めて、営業している店に入ってみる
 革素材で何かを『作る』人用のハギレ・裁縫用道具・バッグや財布等の口金やチャーム類等々…で、ベルト用の細長い革も有った
 しかし、この素材は単に長方形に切ってあるだけで、先端がU字・V字に切られてるでも無く、ベルトを止めるバックルを通す穴が空いてるでも無い、只の革切れである…当然、縁の部分に縫込みが有る訳も無い
 まぁベルト製品としては、1枚革のベルトでも端のホツレ等を防ぐ為に輪郭部分が縫い込んである製品も有るのだが、ソモソモ合皮ではない1枚革なら裏地等無い訳で、縫い込む『必要』は無い
 故に、この素材でも先端部分をU字又はV字に切る方法と、バックルの突起を通して止める為の穴を開ける方法さえ有れば、ベルトとして使える
 で、目的の幅35mm、厚さ4mm弱の白、と云うベルト素材は…有るよwww

 店内をウロ付いていると、出掛けていたらしい職人っぽい店員さんが(ソレまではレジ担当の女性しか居なかった)帰って来たので、少々相談してみる
 すると、先端カット用のノミって云うのかな…U字やV字に刃が付いており、素材に押し付けて上からトンカチで叩く感じに裁断する物らしい…が有るので、ベルト幅に合ったコレを使えば素人でも簡単に等角に先端が切れる…と云う道具と、穴あけ用の丸いノミを見繕ってくれた
 もしかして必要かな? と思って、ダブルタイフーンのバックルを持って行っていたので、突起を直接見て貰い、丁度良いサイズの丸ノミを選んで貰えた
 ナンでも、革は後で伸びるので、15号(4.5mmφ)でも充分使用は可能との事だが、最初からユッタリ通したいなら18号(5.4mmφ)…との事だったので、18号を買った
 ベルト素材・先端カット用ノミ・穴あけ用ノミの3点購入で\3.9K弱…本当を云えば、穴あけ位置を記すための定規とか、ノミを打つ際に下に敷くゴム板だとか、買いたいモノは他にも幾つか有ったのだが、買ったベルトが使えるかどうかも判らんウチから道具ばかり揃えて出費を広げるのも怖い
 取り敢えず、此処までならタイフーン用にアメ横で買ったベルトより若干安い価格で抑えられている

 さて、その後はソコから靖国通り→中央通りと動いて秋葉原mAAch e-Cuteのカワサキ臨時ショールームに行ったのだが、先週よりも咳が出ないで話せたので、非常に楽しく時間を過ごせた
(楽しすぎて、日曜は茶をシバく時間が取れなかったわ…www)

 帰宅後、鞄の中に入っていたダブルタイフーンバックルに購入したての白革ベルトを差し込んで、金具を止めてみる…旨く挟めるよ^^
 ベルトを引っ張ってみても特にグラ付く感じもしないので、逆端をV字ノミで切り落として、自分のウエスト位置に合う場所に穴を空ければ直ぐにでもベルトとして使える事が判明した
 チト時間が無くてソコまで出来なかったのは残念だが、コレは良いかも知れない
 コレを細工して旨く使える様なら、もう1本買って来て、同様の細工を施せばキングストーンにも白い革ベルトが(結構安い値段で)付く事になる
 万一、旨く行かなかった場合はこの計画は頓挫する訳だが、その場合でも損失はこの\4K弱で済む訳で、多少の勉強代と考えられる程度である
 在庫的に白のベルト材が何処まで有るかは不明だが、土曜に浅草の店で聞いた限りでは、白と云えども素材としての革材は通年で買えそうなので、万一、ベルトの耐久性がソコまで期待値に沿わなくてもベルト材のみの購入費なら\1.5K弱で済むので買い替えは楽…と云えなくも無い
(ノミの耐久性が何処まで有るかに掛かるのと、最初の計画ではキングストーンのベルトは単に白では無く、銀が本来の色なので、白を使い込んでくすませたい…と云う希望なので、簡単に取替え…となるのは本当は不本意なのだが)

 取り敢えず、ベルトが全く見付からない…と云う最悪な事態からは一応脱した事になる
 元々はソレを考えて自転車から散歩に切り替えた訳では無いのだが、瓢箪から牡丹餅と云うか、フとした所から意図しない方向で事態が好転するのは有り難い
 この計画が旨く行きます様に…

 と、云う事で此の侭日常系を進めるかな…
 来週も特に予定は無いのだが、2月も終わりになるしな…
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« インフルエンザ詳細 | トップページ | ベルト完結篇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/66414031

この記事へのトラックバック一覧です: ひょんな事からベルト進展:

« インフルエンザ詳細 | トップページ | ベルト完結篇 »