« 2017年2月5日 - 2017年2月11日 | トップページ | 2017年2月19日 - 2017年2月25日 »

2017年2月12日 - 2017年2月18日の記事

2017年2月14日 (火)

歯医者と自転車(日記)

 と、云う事で書く事も無いので日記の様なモノで
 当然、標題に載ってる2点に関連性は全く無いwww

 先ずは歯医者から
 今回は歯科医と書かずに歯医者と書いたのは、医師一人の話では無く、歯科医院全体の話…ってか、今回のメインは歯科衛生士の話だからなのだが
 私の虫歯は過去治療した虫歯の再発やら悪化やら…果ては詰めた金歯が抜けてもその後のケアをしなかった為に治療済みの筈が再虫歯…と云う箇所も有り、結構な惨状だった所で今の通院場所に行ったのが既にソロソロ1年にもなる昨年の4月頃
 まぁその時から『コレは年単位の治療になります』と云われたのだが、現時点で
1.復帰不能な歯の抜歯
2.治療可能な全ての歯の消毒・仮歯作成
3.左上下の本歯(と云うのか? 金属製の歯)の設置
 此処まで完了した
 次は①右上下の本歯の作成・設置 ②左最奥の上抜歯(出来ればコレを左下奥の歯茎に移殖)と云う作業が残っているのだが、年単位と云うか、1年少々で完了出来るかも知れない…と、思える程順調である

 で、今まで通ってた歯医者は、まぁソレが本業なのだから当然なのだが、虫歯の治療だけで終了し、取り敢えず本歯or詰め歯が付いた時点で治療完了とされたのだが、今回の歯医者はチト違った
 まぁ全部の治療が完了した訳では無いのだが、本歯を作る為の型を取ってから本歯が出来るまでのタイミングが1週間空いた形(型を取るのに仮歯等治療痕を一旦を外して、本歯を着ける前に改めてガチガチに固めると本歯を着ける時に面倒なので仮処置となる為、左右両方で型を一気に取るのは避けた)になり、その時間を使って…と、歯科衛生士の出番となった

 先ず、最初にやったのが歯茎の健康診断とでも云うのだろうか、細長い金属の器具を歯周ポケット(歯と歯茎の間)に差し込み、その深さを測ると云うモノで、本来コレは健康な歯であれば一定以上の深さが有るモノなのだそうだ
 歯1本に付き6点位の確認ポイントが有るらしく、其々に金属器具を刺されるのは結構痛かった(しかし我慢出来ない程でないのが却って憎らしいのだがwww)が、全部の歯で行った後、数値を確認した
 まぁある程度年齢の行ってる人ならコンなモンだが、治療中の患者としては不合格…と云う程度の数値と、数箇所の出血確認…と云う結果が出た
 出血と云うのは…まぁ炎症な訳だが、此処で溜まってる血は所謂悪血(医者では『あっけつ』と云ってた気がするが、今NETで検索したら『あくち・おけつ・わるち』等と読むっぽいな…まぁ良いけど)詰まり『病毒が混じった血』らしく、歯磨きで出てくる血がコレらしい
 当然、病毒が混じってるので、普通に体内循環に回すに適さない血であり、出るものは仕方なく出し切って次に出ない様にするのが良い方法らしいのだが…コレが結構有った訳だ

 で、先ずは日々の歯磨きから…と云う事で、問診で歯磨きの回数・1回の時間・歯磨き粉の使い方など色々調べられ、次には磨き講座となった
 歯磨きの方法と云えば、幼稚園の頃や小学校低学年時に学校等で習った気がするが、適当に育った後は特に改めて教わる事の無い物であり、カナリ気恥ずかしい話ではあるのだが、年中何処かしらに虫歯を抱えていた身としては『日々の予防がなってないと、今此処で完全に治しても直ぐ再発する』と云われては受講するしかない
 で、実際話を聞くと、結構目から鱗がポロポロ落ちる思いであった
 まぁ幼稚園・小学校低学年と云えば3~7歳程度、既に40年近くも前の話であり、当時の常識が今は非常識になってて当たり前ではあるのだが、ソレも含めてカナリ磨き方も違う
(当然、大人の磨き方と子供の磨き方でも違うのだろうし)

 で、取り敢えずその日は磨き方講座を受け、フロスを使った歯間磨きも受けて帰ったのだが、その次に歯科衛生士の担当時間になった時に自分の歯ブラシを持って来る様に云われていた
 翌週の歯医者は衛生士の時間はなく、更に翌週、衛生士が口の中に『口内細菌のみ着色する薬剤』と云うのを塗布した
 結果、云われた通りに歯磨きの方法を変えた事も有ってか、カナリ口内環境が改善されたらしい
(左右奥歯の頬側が磨き切れてない…と、駄目出しは有ったがww)
 で、自前の歯ブラシで衛生士が私の歯を磨く…この時の歯茎の感触を覚えて、以後自分の歯磨き時に役立てよ…と云う事だそうだが、兎に角その日も歯磨きの方法に終始した

 更に翌週、歯科医の治療が終った後に衛生士の時間となり、口内を確認した所、歯磨きの方法はコレで当面良い、と御墨付きを貰った
 で、卒業…と云う訳では無く、衛生士の治療は此処からスタートな訳だ
 と、云うのも衛生士の治療とは虫歯の治療では無く、口内の健康管理であり、歯科医に在勤する衛生士としては、その中でも虫歯の元になる歯垢・歯石の除去が本来となるのだ
 歯垢については、最近の歯磨き事情から殆ど無くなってると云って良いらしい(まぁ歯磨きを怠ったり、方法が不味くなるとまた付く…と云う事だが)のだが、歯石とは歯磨きでは削れない程度に石化が進んだ歯垢である…詰まり『此処での衛生士の治療』とは、この歯石の除去が本当なのだ
 ソモソモ、歯垢の除去が個人作業である歯磨きで出来ないと、幾ら歯石を取っても次から次に出来るので、先ず歯磨きが合格しないと進めないらしいのだ
 で、歯石除去…昔、前歯にも歯石が出来た頃が有り、その時は金属製の耳かき(最近の全方向系では無く、スプーン状になってる奴)を前歯に押し当てて歯石を割り取った覚えが有るが、原理は同じである
 歯周ポケットを検査した器具よりも先が太く固く作られている器具(先は尖ってこそいないが鉤状に折れ曲がった先端は見るからに凶悪だwww)を口の中に押し当て力に任せて削り取る…まぁ本来の歯を傷付けると元も子もないので、力加減はしているのだろうが…ソレナリに歯周ポケットの奥に力が掛かるので、結構痛い
 痛ければ麻酔します…とは云われたが、麻酔を掛けるとその後数時間感覚が鈍くなり違和感として残るので、我慢できる範囲は我慢する訳で…コレも微妙に我慢出来る範囲ギリギリの線を攻めるのが嫌らしいwww
 兎に角、左側の歯石を一気に削ったそうで…逆に云えば左側に関して云えば、今後の歯磨きが理想的で有れば歯医者要らず(尤も、冒頭での歯科治療の最終段階『左上際奥の抜歯・左下奥歯茎に移殖』と云う結構な大手術が待ってる訳だが)になるらしい
 さて、ソコまでで先々週の治療が終り、先週の土曜は建国記念の日と云う事で休診だった…次は右側の歯石除去になるのだと思うが…

 実際、歯石を一気に取ると云う事は結構な変化が起きる
 別に『育てた』積もりは無いのだが、何年十何年何十年…迄は行かないか、兎に角長い年月で少しづつ育った歯石を一気に削り取った訳だから、歯根の部分が何十年振りに表に出た事になる訳だ
 ソコで知覚過敏…と云う程では無いのだが、温度差の大きい物(熱いにしろ冷たいにしろ)を左側で飲食すると一瞬染みる位の感覚を味わう事に…orz
 歯石除去から丸1週間経って感覚にも慣れた、或いは神経が健全に戻ったのかとは思うが、コレから右も同じメに遭うかと思うと結構憂鬱では有る
(まぁ健康の為、と割り切って諦めの境地には立っているが)
 まだ先は長いが取り敢えずゴールが見えた歯科治療、最後まで無事終わらせたい物だ

 ソレにつけても、単に自宅から一番近い歯科医院だから…ってのと、まぁ新しく出来た医院だ(詰まり、設備等も一番新しかろう)と云う事で通院を始めた訳だが、結構な当たりを引いたのかも知れん
 取り敢えず、今まで通院した事の有る歯科医で衛生士まで常勤している医院は無かったしな
(ってか、常勤してる人が衛生士と知らんかった…独立前の研修医か歯科助手なのかと思ってたわwww)

 さて、話変わって自転車の話
 先週、チェーンの清掃を行って、結構な回復を感じた、ケド、コレが心理的なプラセボとでも云うか…かも知れん、と云う所で終ったのだが
 今週は土日とも晴れたので、自転車に乗ってみた訳だ

 先ず土曜日、先週と同じ様に自宅から国道4号に乗って秋葉原→日本橋と進んで中央通りに移動、日本橋三丁目交差点でUターン、同じ行程で秋葉原の書泉ブックタワーで買い物、UDX側に出てフリマとあなを散策してから御徒町のガストで一服、帰宅…と云う順路で走った
(総行程13.92Km)
 さて、その結果だが…やっぱプラセボっぽいなwww
 まぁ体調の違い(先週のコメ返しで若干触れたのだが、小規模だが根の深い書籍流が発生して、日曜晩から木曜深夜まで真っ当に自分のベッドで寝れなかった…日・月・火・水・木の5日間で多分、合計15時間弱しか寝てなかったと思うorz)も有ったと思うが、巡航に乗った時にケイデンス70以上…と云うのが出なかった訳では無い(岩本町以降先でも)のだが、常時70オーバーと云う状態にはならなかったのだ

 で、フと感じた
 アレ? …ペダル下死点で脚、伸び切ってなくね?
 本来、自転車を漕ぐ際、一番踏み込む力が強くなるのは脚が伸び切る直前…と云う事が云われており、サドルの高さを調整する際、踵をベダルに乗せて下死点まで移動させた際に脚が伸び切る(実際に漕ぐ際には、親指付け根辺りがペダルの中心に乗る様にする為、この調整法で丁度良い余裕が出来る)そうなのだが、もしかして…漕いでるウチに踏み込む力がサドルにも掛かってる(コレは間違いない…数年前までのGIANT ESCAPE R3はサドルにサスペンションが付いていた所為で、乗り心地の点では良かったが、漕ぐ力がこのサスペンションで相殺されて思う様に速さが出難かったと云う話がある)所為でサドルが沈み込んでて低くなった?
 と、云う事で一旦止まってサドルの位置調整…うん、やっぱ5mm位上げて丁度良い感じになった…で漕ぎ出す

 あ、結構良い感じに回転数が上がってるwww
 チェーンの関係が全く無意味では無いと思う(若干でも調子は上がったし)のだが、サドルが落ちてたと云う方が性能に覿面に出てたのかも知れない
 …まぁまたコレもプラセボで、来週同じコースを走った時にどう感じるか…来週は単車を整備工に持って行くのに1日使うから、土日どっちかで同じコースを走るか…とするのだが、まぁまた試す事になるだろう

 で、日曜日…何時も同じコースばかり走るのはナンなんで、チト変わったコースを(まぁ何時もは秋葉原に用事が有るから、このコースになる訳だが、今回は土曜に用事は済ませたしな)…と云う事で、今度は明治通りを兎に角西に…と進んで、王子駅前まで行く事にした
 自宅が明治通り沿い…と云う程では無いが、ほぼ近い位置取りなので、道に乗ったら兎に角信号以外は止まらずに進む
 結構キツい…向かい風と云うのも有るだろうが、ナンだろう…やっぱチェーンもサドルもプラセボか? と思いながら王子駅前に到着
 取り敢えず、王子に着いた時に一服するガストの前を通り過ぎて次の信号でUターン、ガスト尾久店まで戻って一服する事に
(まぁ帰宅時間を17時(ガンダム放送時間)に合わせる為、今回の行程で適当に近くのガストまで戻って一服したかったってだけなのだが)

 で、16時半近くなり、帰るか…と自転車に跨った時に感じた
 アレ? 妙にペダルが軽くね?
 いや、風向きが変わってないので、行きに向かい風だったのが今度は追い風になったのは間違いない…でも、ソレだけぢゃないよね?
 で、気付く…明治通りって三ノ輪→王子間は若干勾配が上がってるんぢゃね?
 王子から飛鳥山を上るルートになり、此処は少なくとも7Kmを走った後に上りたくはない勾配になってるのは間違いないのだが、王子までの道もキツい坂では無いが上り勾配になってるのではないか、と
 当然、帰りは下り勾配になり、ペダルが軽く感じたのではないかと

 ソモソモ、拙宅は0m地域ってか、多分、地面は水面域より低い位置に有る土地なので、何処に行くにも上り勾配になるのだが、明治通りは上記の王子→飛鳥山の勾配が目に付くので、ソコまで気にしてなかったのだ
 やはり自転車の能力測定は同じルートで行わないと判らないな、と学んだ週末であった
 取り敢えず、来週は上記の通り日本橋のルートを今のセッティングで走って見るか、とwww

 さて、字数も良い感じに埋まったので、今回はこの辺で
 来週は…特にナニも無いと思うが、先日、中古通販で『ヘロヘロQカンパニー八つ墓村』が見付かったので発注したばかりだ
 以前より云っているが、八つ墓村は現時点、一番映像化された本数の多い金田一作品(と云うか横溝作品全体でも一番映像化作品数は多く、現時点では獄門島と同数になる筈)の癖に一度も原作通りの作品が無い(メインヒロインが登場してる作品でも8本中2本だけ、その2本でもメインヒロインは完全に脇に行って全然ヒロインでは無い作品になっている)のだが、演劇と云うのはチト盲点だったのだ
 先日同じヘロヘロQカンパニーの獄門島を買う事が出来た(此方はまだオフィシャルで買えた)のだが、冒頭の幾つかでオリジナルの話が設けられていたが、それ以外はカナリ原作に忠実に作られていた事も有り、八つ墓村も見たかったのだ
(欲を云えばもう1作『悪魔が来たりて笛を吹く』も上演しているので、コレのDVDも見たいのだが)
 届くのを待って鑑賞したい
 コレがネタになれば良いなぁ…でも、横溝作品の映像確認は今まで通りの精度で書こうとすると結構時間掛かるんだよなぁ…
 まぁ無理ならナンか別のネタを…
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月5日 - 2017年2月11日 | トップページ | 2017年2月19日 - 2017年2月25日 »