« 2017年12月17日 - 2017年12月23日 | トップページ | 2018年1月7日 - 2018年1月13日 »

2017年12月24日 - 2017年12月30日の記事

2017年12月26日 (火)

ミケ直前だけど書く事無いな

 まぁ事前準備は適当に(水の確保とか、巡回サークルの確認とか諸々)進めてはいるけど、最近はミケは当日にはっちゃけるだけで、特に事前準備には手間掛けてないよな…

 本当なら事前準備からお祭りなんだけどなぁ…まぁそう云う訳で何時もの通り日常系

 ベルトバックルに付いては、結局、欲しい物は全部一通り落札した
 タイフーン・ダブルタイフーン・キングストーン・ショッカーである
 モノが香港で5~7年前に開催されたMasked Rider Festと云うイベントでのみ販売された会場限定品と云う事で、チト調べたのだが、他にライドル・コンドラー・エレクトラー等のバックルが有ると云う話が見付からない
 まぁ今回落札できた物+1(立花レーシング)以外は無いという話も見付からないので、本当に何も判ってないのだが
 稀に会うライダーとしては、他にライドル・コンドラー辺りは欲しいのだが、サイズ的に両方ともハンドルの有るバックルになり、普通のウエスタンベルト用のバックルサイズにすると『異様に小さい事が目立つ』モノになるから、作らないのだろう

 まぁ後はコレに付くベルトだが、ダブルタイフーンは白・キングストーンは銀が本来の色になる…銀?www
 コレはかなりケバいベルトになるので、グレーか白を使い込んでくすませた感じで使うのが良いか…と、思っている
 シャドームーンVer.にする話も前回考察したが、コレは却下となった

 先週の金曜日、夕食を取りに佐々木剛氏の居酒屋『バッタもん』に行ったのだが、ソレまで気付かなかったが、此処には既に私が落札したタイフーンバックルのベルトがショーケースに飾ってあったのだ
 私が選んだベルトより更に赤味の強い、本当にライダーが使ってた様な色のベルトを付け、風車部分を赤く、風車外周のリングを黒く塗装した、より『本物っぽく』されたものだった
(佐々木氏と一緒に写真を撮りたい、と云うお客用のライダーベルトは別に用意されている)
 ただ、着色後何年か経った物らしく、飾ってあるだけでも色落ちがソレナリにしていた
 使用すれば更に落ち方は激しくなる事が予想される…で、申し訳無いのだが、中途半端に色落ちしたベルトだと、格好良さが結構減じられる事に気付く
 飾ってあるベルトも雑に塗ったのではなく、塗り上げ当時はかなり格好良かったのだと思うのだが、経年での塗装劣化は結構深刻である

 と、云う事で、コレは落札したバックルを、その侭使うのが吉である、と結論付けた
 となると、シャドームーンVer.にするのは却下なので、グレーかくすんだ白、と云う事になる

 で、アメ横の革製品屋に突入してみた
 結果、\6kを超える高価ベルトしかない、と云う状況だった
 幾つかの要因が有るのだが、箇条書きで書いてみると以下になる
・バックル持参でベルトを所望するユーザは革の切り出しからの1点モノを求める人が多い(詰まり、ソレ用に在庫する必要が無い)
・バックル交換を前提としたベルトは通常4cm幅が基本で、35mm幅は無いとは云わないが、かなり数が減る
・白と云う色は季節色で、暑い時期に若干増えるが、寒い時期には減る傾向にある

 革の切り出しからの1点モノは、ソレだけで\10Kを超える高額品となり、チト予算に合わない
 また、逆に非常に安い品(在庫の中にも有ったが、4cm幅であった)も無い訳では無いが、コレは避けた方が良い、と云う忠告も有った
 ナンでも、安い革ベルトは表面こそ牛(又は高価な)革を使うが、ホンの1mmの厚さも使っておらず、裏に安い粗悪革を貼り付けて厚みを出したモノ(所謂、合皮と呼ばれる物)が多いのだそうで…
 値段は倍又は3倍程度になっても、牛革1枚で作った物ならば、耐久性は5~10倍は持つ、と云う事で、最終的には得になる、との事だ
 まぁ今回の騒動の発端になったバンダイ謹製のアレはベルトは今回の話に有った通り合皮で、裏地の革が断裂した所からボロボロになっていたのは実際使っていたので判る…アレが無いのならば、確かに持ちは良いだろう

 さて、無い場合は白が出てきそうな暖かくなるのを待つか…となった訳だが、店の兄さんが問屋や革職人に確認してみるか打診が有った
 ソレでも1ヶ月程度の時間を取って、有無が確認出来る程度の気の長い話になるが、何もやらんよりマシか、と発注してみる
 一応、条件として幅35mm、厚さ4mm前後、色白、価格\5kを上限…と云う事で見付かったら確保依頼をして店を出た
 まぁ最初はダブルタイフーンかな…

 話は変わるが、単車の整備については、特に今回異常な話は無い
 先々週にSHERPAを納車、先週にSHERPAとNinjaを交換、この日曜にNinjaを受領…と云う普段通りのスケジュールで進んだ
 SHERPAについては、前々から話題にしているが、既に12年乗っている車両なので、寿命の問題がチラついているのだが、整備工曰く『確かに、この規制により各社トレールバイクの生産を一時終了する(現行で今年掛かった規制に対応可能なトレールはホンダのCRFだけと思われる…スズキ・ヤマハ・カワサキは一旦トレールバイクの生産を終了するっぽい)が、トレールバイクそのものの需要がゼロになった訳では無い、故に数年後に多分ヤマハ辺りが復活させて、それに追従する形でスズキ・カワサキも各社1車種位は作ってくると思われる…ソレまでならSHERPAを走る様に整備を続けられる』との事である
 まぁ当然、大きな事故等を起こさない事が前提では有るが、その言葉を信じて新車購入は当面無い方向で考える事にした

 Ninjaについては、まぁ今回は購入半年、走行7,000Kmでの点検だし、異常が見付かる方がオカシイ
 ただ、次回の10,000Km点検では前後のブレーキパッド、後ろのタイヤ辺りは交換(前タイヤもその次の13,000Km点検で交換)になるだろう、との事である
 後ろタイヤ・ブレーキパッドは10,000Km、前タイヤは13,000Km、前ブレーキパッドは6,000Kmの定期交換…と云うのがこの単車のサイクルになったかな

 話は更に変わるが、土曜はミケの打ち合わせの為に秋葉原で合流、新宿で更にもう一人と合流であった為に秋葉原・新宿間は久し振りに電車に乗った訳だが、日曜は単車受領だから、最初から自転車に乗れない
(整備工まで自転車で行くと、帰りに持って帰れない)
 と、云う訳で自転車走行距離がかなり減っている
 今回、土曜日は秋葉原で最初の合流をする前に新橋まで足を伸ばして秋葉原に戻って合流、会談後に秋葉原で自転車を回収し、御徒町のハナマサでPET水を購入して帰宅(走行距離19Km)しただけである
 まぁ自転車に乗るのは運動療法の一環…と云う事で、運動するのが必要であり、自転車に乗る事が必要な訳では無い
 と、云う事で日曜の整備工への行程は秋葉原まで徒歩で行く事にした
 整備工は下馬に有り、渋谷でバスに乗り換える訳だが…実は電車代の節約と云う意味なら上野で良いのだ
 秋葉原→渋谷だと、東京・品川方面で\194となり、上野→渋谷だと日暮里・池袋方面でやはり\194となる…つまり、渋谷からだと、山手線のほぼ反対側に位置する上野-秋葉原間は何処から乗っても\194になるのだ
 まぁコレも上記の通り、電車代節約は序でで、歩く(運動する)事が必要だからやった事では有るのだが

 で、実際歩くと、5Km位なのだが、小1時間と云った所か
 普段は自転車でも20Km/h以上の速さで流れるので見逃してた店等もシッカリ見ながら歩けた訳だが…X'masイブだった事もあり、各コンビニ前でケーキやチキンの販売合戦が凄かった
 特に、秋葉原のファミマはCMで一寸したキャラになっている『ファミチキ先輩』が5~7人位の集団で店の前に出ていた
 来店者との写真を撮ってる人も居たので、良い客寄せだったのだと思う
 私は土曜に水を買ったハナマサで500mlPETの茶を買って一口二口含みながら秋葉原まで歩いて、あなで漫画新刊を購入した訳だが
(実際、秋葉原まで歩く…としたのは、この新刊購入の為でもある)
 ちなみに、歩数系は8,000少々を示した

 と、云う訳で多分今年最後の更新は以上かな
 来年は…火曜が2日なのだが、その週は休むか書いても一言二言、実際の更新は9日…は8日が成人の日か…10日辺りになると思う
 まぁミケの奮戦記は余り書く気はしないが、ナニか有るだろう
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月17日 - 2017年12月23日 | トップページ | 2018年1月7日 - 2018年1月13日 »