« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の記事

2017年10月31日 (火)

17年10月開始アニメ

 と、云う訳で終わるアニメ有れば始まるアニメ有り…毎回の事だが、10月に開始したアニメについて視聴リストと其々一言づつ…
 既に録画だけになってる作品も有るには有るのだが、取り敢えずチェックした作品を一覧にしようかね…
 毎度の事だが、2ch改め5chのアニ雑スレのリストから視聴アニメをピックアップ

■日曜日
・キラキラ☆プリキュアアラモード
・アニメガタリズ
・妹さえいればいい。
・クジラの子らは砂上に歌う
・干物妹!うまるちゃんR
・お見合い相手は教え子、強気な、問題児。

■月曜日
・妖怪アパートの幽雅な日常
・UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~
・ネト充のススメ
・Wake Up,Girls!新章
・infini-T Force(インフィニティ フォース)

■火曜日
・アイドルマスター シンデレラガールズ劇場
・戦刻ナイトブラッド
・十二大戦
・食戟のソーマ 餐ノ皿
・お酒は夫婦になってから
・Evil or Live

■水曜日
・このはな綺譚
・URAHARA
・あめこん!!
・TSUKIPRO THE ANIMATION
・俺たちゃ妖怪人間
・僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

■木曜日
・Just Because!
・王様ゲーム The Animation
・いぬやしき
・ラブ米 -WE LOVE RICE- 二期作

■金曜日
・少女終末旅行
・キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series
・ロボマスターズ
・Dies irae(ディエス・イレ)
・結城友奈は勇者である2 鷲尾須美の章

■土曜日
・タイムボカン 逆襲の三悪人
・クラシカロイド 2期
・名探偵コナン
・Code:Realize ~創世の姫君~
・宝石の国
・ラブライブ!サンシャイン!! 2期
・3月のライオン 2期
・アイドルマスター SideM
・Fate/Apocrypha
・つうかあ
・ブレンド・S
・鬼灯の冷徹 第弐期
・魔法使いの嫁
・ボールルームへようこそ
・血界戦線&BEYOND

 6+5+6+6+4+5+15=47本/週…って、えぇ? 多くね? ってのと、土曜の負担、気違いぢみてるよね?
 最速のリストだから、実際TokyoMXで放映される曜日と違う作品とか、現時点で録画のみ・視聴無しの作品も混じってるのは事実だけど、ほぼ見てるしなぁ…
 改めてリストにすると非道いな、コレ…
 新作のみを数えても5+4+6+6+4+5+12=42本/週でやっぱ、土曜の比率高いよな…ってか、新作だけで40本超えてるしorz
 まぁ、取り敢えず個別インプレに行こうか…

・アニメガタリズ
 元々は劇場アニメの幕間短編(確か、紙兎ロペ・鷹の爪団も似た様な公開してたよね…)らしかったのだが、今回TV30分枠で
 ソモソモ劇場アニメを殆ど見ない(メディア化されてから買う派)なので、この作品は知らなかった
 で、アニメを良く知らない主人公がアニヲタの中で染まりながらも奮戦…と云う事で良いと思う
 アニヲタも結構考えが個々に分派してるから、複数集まっても話の合わない連中も居る訳だが、その辺も描かれていそう
 …が、現行4話まで見て、不快感が結構高まってきたな
 一昔前の『乃木坂春香』とか『俺妹』と同じ様に『アニメをナニも生産性の無い下等なモノ』と位置づける派閥が『常識的』に描かれている
 アニメのマナー啓発アニメからスタートした作品で、コレは無いな
 継続視聴を考えているが、不快感がコレ以上増えた場合、その限りでは無い

・妹さえいればいい。
 ラノベ原作っぽい
 弟(可愛くて良く出来た)は居るが妹が居ない小説化が妹愛のみで作品を書いて行く生活の中、ソレを取り巻く連中とのコメディ…って事で良いんだと思うが
 小説家にもイロイロ有ると思うのだが、私の知り合いの小説家(一部、鬼籍に入った人も居るが)はソコまで楽勝な生活ではなかったんだがな…
 無駄にモテ期が来てるハーレム属性背負ってるし…まぁラノベだから仕方が無い、か

・クジラの子らは砂上に歌う
 wikiによると、少女系漫画(継続中)が原作らしい
 まぁ女性キャラも居るが、大体が美形キャラしか居ない辺り、ソレらしいと云えばらしいが
 異能・砂漠世界・巨大船の中での生活…と云う、ファンタジーになるのかなぁ…生活拠点となってる船は現代の船を遺跡と化した感じのフォルムなので、『実は遠い未来の話でした』と云われてもソレで済みそうな描写だが
 普通に生活してるだけだった(ってか、あんな船の中でどうやって飲食物を生み出せてたんだ?)船に、なんか偉そうなのが虐殺に来た辺りまで見たが、まぁ話は出来てる様なので、継続視聴

・干物妹!うまるちゃんR
 …取り敢えず、時間的に他の番組の間に挟まれてるから流してるだけ、録画も当然していない
 少々前に1クールだっけ? 放映した作品の2期目だが、前作で主人公の駄目っぷりが目に余り、切った作品
(今回は、上記の通り時間帯的にTV切ると次の作品の時TVをつけ忘れるので、流してるだけ)
 故に、現時点で評価対象外

・お見合い相手は教え子、強気な、問題児。
 最近継続してる『Hシーンが見たければ、デジコミ登録ヨロ』と云う商売アニメ
 今回は若い女教師+美形問題児と云う、一昔も二昔も前のAVの様な設定でやってるみたい…既に此のタイミングで意識を無くしてる事も多くて、結局見てるんだか見てないんだか…
 録画もしてないし、当然コレも評価対象外

・UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~
 原作漫画は時々秋葉原で見掛けたが、実際に内容を見るのは初めて
 本当にネギまの続編だったのか…取り敢えず、エヴァンジェリンの視点で、今期の主人公はネギの孫と云う事は確定っぽいが、近衛姓と云う事は木乃香と何処かで混じった、と云う事か(ネギと木乃香の子供が現主人公の親なのか、親の代で木乃香の血縁と混じったか)
 ただ、ネギまの最後は結構壮大な話(現代から100年以上経った世界)になってたと思うのだが…その辺の整合性は取られてるかどうか…
 一応、見るけど

・ネト充のススメ
 デジコミが原作らしい…comicoと云うから、Re:LIFEとかと同じ出所と云う事なので、ソコまで悪い印象は無いかな
 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』と同じ感じの、ネトゲ廃人が現実世界でも同じギルドのプレイヤとナンやカやで接触する(取り敢えず、今、アニメになってる時点では、御互いソレと気付いてない)…と云った話
 まぁ最近は御無沙汰(プレイしてたネトゲも全部サービス終了したし)してたが、元ネトゲプレイヤなので、判らんでもない所と、漫画特有の御都合の部分とで良い按配では有るかな

・Wake Up,Girls!新章
 アイドル系で、主人公達が頑張って此の業界で成果上げてます系(アイマス)や、莫迦な主人公が周囲に迷惑振り撒きながら驀進してます系(ラブライブ)とは違い、主人公達も頑張ってるんだろうケド、結局は大人の事情(事務所の手配とか力関係とか)で全て決まるよね、と云う…まぁある意味一番現実的なのかも知れない系統の作品
 まぁその所為で、作品全体にカタルシスが無く、ナニが面白くてこの作品描いてるのか良く判らない
(私は一応、見て置かないと批判も出来んかな、で見てるだけ)

・infini-T Force(インフィニティ フォース)
 タツノコ55周年記念作品
 ガッチャマン(大鷲の健)、テッカマン、キャシャーン、ポリマーの4大タツノコヒーローが一堂に会すると云う、ある意味夢の様な作品
 元々、あの頃のタツノコは劇画調で、矢鱈に濃い顔の画風だったが、今回のフル3DCG仕上げでは妙にマッチしてるかな
 上記4ヒーロー(ガッチャマンは本来の意味でのガッチャマン…科学忍者隊全員では無く、健のみ)は其々、自分の世界を妙な道具に封印されていて、物語の舞台は4人のヒーローとは別の世界…と、云う事らしい
 今の所、ポリマーがソレナリに活躍してる回が多いけど、ガッチャマンも竜巻ファイターを一人で繰り出すとか、無茶してるしwww
 さり気なく脇に居るペガスとか、良い味出してる…タツノコアニメをセルフプロデュースしてるから『コレは無い』と云う表現が今の所見付からない
 期待して見たい

・アイドルマスター シンデレラガールズ劇場
 えっと…3ヶ月空けたんだっけ?
 デレマスのキャラをSDにして使った5分アニメ
 まぁ…コレはぷちます! みたいに妙な生物が飛び出してくる訳でもなく、DVDの付録アニメでも良かったね、程度の作品として癒しで見てれば良いかな

・戦刻ナイトブラッド
 戦国っぽいけど、登場人物全て人外でイケメン…と云う腐女史向けゲームのアニメ化…って事で良いのかな?
 主人公が少女一人で他のキャラはマスコット以外は全てイケメン男性と云う構成から、間違い無く腐女史向けと思われ
 其々、吸血鬼・狼男等、人外特性が有るが、主人公の血でパワーアップとか、まぁ主人公を奪い合う理由が色恋で無い所は視聴者・プレイヤは目を瞑るのだろぉなぁwww

・十二大戦
 今、wikiで確認した、コレも西尾維新なのか…
 十二支の戦士と呼ばれる、子丑寅…の属性持ちの戦士がバトルロワイヤル…と云う話で、1クール
 まぁバトロワ物の常として、同盟・裏切りが御約束…って事になりそうで
 殺伐とした話になりそう

・食戟のソーマ 餐ノ皿
 結構待ってた第3期
 劇中では秋の学園祭…って事は大体10月辺り?
 …時間の進みが遅ぇwww
 取り敢えず、その後は多分秋月十傑に挑戦…と云った展開になるのだと思うが、単行本の既刊が26巻で、現在14~15巻辺り…1期目2クールで秋の選抜途中、2期が1クールでスタジエール終了(此処で14巻)…って事は1クール4巻と少々…って事か?
 今期は1クールか2クールか判らんが、充分原作は有ると思われ
 取り敢えず、期待

・お酒は夫婦になってから
 5分アニメ…普段はキリッとした有能OLが、自宅で酒を飲むと一気にデレる…と云う、酒アニメ
 在る意味、ワカコ酒と対照的(ワカコ~は酒もそうだが、アテ(つまみ)に焦点を合わせているが、今作はカクテル系で酒飲みを味わう)だが、まぁコレも悪くない
 シェーカーを持つ積もりは無いが、レシピ…と云うか、紹介した酒の原料が紹介されるので、好きな人は自分で作るのもアリかも知れん
(ノンアルの回も有ったし)

・Evil or Live
 ネット依存症の子供に対する矯正施設…と云う話だが、まぁ刑務所だね、実際
 コレは漫画として誇張されては居るが、何時か本当にコンな状態になるんぢゃないかって気にはさせられるな
 大昔、札付き問題児の矯正施設として設立、その後、折檻死だかナンだかを起こして大問題になった『戸塚ヨットスクール』のネット依存症版と云えば良いか…
 余り明るい話では無い…ってか、間違い無く救いは無いよな

・このはな綺譚
 CMの煽り文句では、この世とあの世の境…だか、常世と隠世の境だかと云った、まぁモノノケ的なモノが居て可笑しくない世界での旅館に奉公に来たケモノ耳っ娘の話
 まぁ登場人物が人外…と云うだけで、やってる事は旅館奉公モノなので、特に違和感無く見れるかな
 ナンか毎回風呂シーンが有る感じだが、人外なので問題ない…のか?

・URAHARA
 ウラハラとは裏原宿の事の様で…
 ナンか文化を吸収するとかで世界中の街を取り込み捲ってる宇宙人から裏原宿を守る為に謎の変身アイテムで戦う女の子3人組…と云うと魔女っ娘モノを連想するが、ナンか雰囲気が軽い
 wikiで見ると、原作が米国のアニメ配信サービスに連載中の小説だとか…だからか、非常にヤンキーナイズされた、深刻さの欠片も無いノリで突っ走ってる
 だから、だと思うが、私の肌とは根本的に合わない
 一応、作業中のBGV扱い

・あめこん!!
 雨色ココアと云う登場人物が男性のみの喫茶店アニメの第4期って事らしい
 基本的に短編アニメ(15分枠だった頃も、アニメは数分で残りは出演声優の顔出しバラエティだった)ので、話は有って無きが如し…って事で良いと思う
 声優(男性限定)Fanが見てれば良いんぢゃね? って事で
 取り敢えず、その時間帯にする事が無い時のBGV

・TSUKIPRO THE ANIMATION
 ツキウタ。の世界観で展開するアニメっぽいんだが…アレも謎の作品だったんだよなぁwww
 リアルな現代社会での男性アイドル物っぽいんだけど、魔王キャラがマジ魔王ってか、異世界との接点持ってたり、特異点が其処彼処に…と云うSF展開も有りで…
 今作では、取り敢えず、その手の描写は見付かってないのだが、何時ソンな話が出るか期待と不安で一杯www

・俺たちゃ妖怪人間
 コレは録画なし
 …ってか、鉄人28号Gao! とか、ガラスの仮面ですが とかと同じ、キャラだけ使ったパロディ作品
 妖怪人間ベムの放映50周年を記念して作ったにしては、ナンとも情け無い感じ…もう一寸でも元作品の悲哀とか、何かを意識して作っても良いと思うんだケドねぇ…
 まぁ頭空っぽにして単に嗤い飛ばす(誤字に有らず)用に作ったって事で良いのかね?

・僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
 漫画原作、未読
 原作のタイトルは『僕の彼女がマジメ過ぎる処女びっちな件』と云う事で、TVでその侭アニメ化するのが憚られたので『しょびっち』と仮名に開いて短縮した…と云う事か
 まぁ明後日の方向に暴走した耳年増で、暴走結果を実施し様とするマジメさが周囲とのギャップを出して笑いになる(飽くまでも視聴者視点で)と云う事なのだと思うが
 まぁ最近はそう云う話も少なくなくなって来たし、良いんぢゃ無い?

・Just Because!
 昔育った町に帰って来た転校生を中心に始まった青春ラブストーリー
 完全オリジナルな作品らしいので、事前情報が殆ど無い…取り敢えず、今の所は前期の『コンビニカレシ』みたいな、コメディ要素の少ない恋愛モノになる感じかな…まぁ今期ではそう云う枠が無いし、良いんぢゃ無いかな

・王様ゲーム The Animation
 えっと…元は小説だっけ? wiki情報では携帯小説が大元らしいな
 実写映画が有った気がするが、当然見ていない
 謎のメールで下された命令に従わない時に『罰』と称して従わなかった者を死に追い遣る…と云う謎の現象に狙われた1クラスの話…って事で良いんだよな
 1クールって事だが、真相まで辿り着けるのか? コレ…

・いぬやしき
 今期のノイタミナ枠
 チト眠ったりして真っ当に見れてないのだが、原作は漫画らしいな
 ナンか非常に判りづらい…と云うか、今迄には無い感じの作品かな
 老年に差し掛かった親父が主人公で、所謂サイボーグ(と云うか、精神だけ移植されたロボット体っぽいが)がその能力を使って人助けをしたい…が、上手く行かない…と云う苦悩が見て取れるのだが
 1クールでナニをやる積もりなのか…

・ラブ米 -WE LOVE RICE- 二期作
 少々前に放映されたバカアニメの続編?
 米の銘柄の名を持つキャラが学園内での知名度アップを目指す…的な? 良く判らないww
 まぁコレも『ナニも考えずに頭空っぽにして見る』系なので、余り得意な分野では無い(特に、主要キャラは全て男だし)
 まぁ惰性で見てるだけ、と云うのもある

・少女終末旅行
 原作は漫画らしいな…絵が幼い感じがするが、完全に救いが無い話っぽい
 戦争らしいモノを経て、生存者は主人公2名以外全く登場しない世界で、残された戦争の遺産(兵器の残骸やレーション等)を求めて旅して回っている話…と云う事で良いのだと思う
 基本、生産をしておらず、食料も旅先で見付けた物を食ってるだけなので、定住する事が出来ない状態…詰まり、この先遠くない未来に破綻する事が判り切ってる話なので、それを踏まえて見るると、本当に救いが無い
 或いは、最後に何処か人郷を見付けて受け入れられる話で〆る…とかになるのだろうか?

・キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series
 ラノベ原作…電撃だっけ?
 第1期のアニメは全く見てないのだが、wikiによると完全オムニバスでキノが旅に出てる理由等も特に詳しく語られてる『第1話』は無い様なので、今期だけ見てても問題は無さそう
 私がこの作品名を覚えているのは、確か原作小説で話がソレナリに進んだ後で『実はキノは少女である』と云う事が発覚した途端に、然して人気の有るシリーズではなかった今作が一気にメジャー入りした…と、ネットで話題になったからなのだがwww
 アニメでは、キノがシャワーを浴びている事は説明された話が有ったが、直接ソレを描写したシーンは無かったwww

・ロボマスターズ
 アニメーション制作自体は日本の制作会社っぽいが、勢作ソノモノは中国と云う日中合作アニメ
 故に、アニメーション自体の動きは悪くないが、登場人物が全て中国人設定で、風習もソッチ方面の色が非常に強い
 書き文字も中国語で、日本人用には字幕が入る訳で…どぉも馴染まない
 取り敢えず録画はしてるし1話だけ見たが、所謂中国で行われているロボコンを舞台にしてるっぽいが、ナンだろぉな…話が鼻に付く感じがする…基本的に登場人物の『謝った方が負け』的な我の強い中国人気質が其処彼処に見えるのが原因と自己解析するが…
 録画は続けるかも知れんが、見るかどうか不透明
 今、番組サイトを見たが、全6話らしい

・Dies irae(ディエス・イレ)
 えっと…wiki情報では元ネタはエロゲらしい
 取り敢えず、現時点で判ってるのは主人公が何や異能バトルに巻き込まれてるけど、ソレをその都度記憶操作でもされて『夢』扱いにされてる…と云う事かな
 絵もナンか崩れてるのか、そう云う味を出したいのか判らんが然して好みの仕上がりになってないし、場合に寄っては切る事も有るかな

・結城友奈は勇者である2 鷲尾須美の章
 駄目だ、見る気になれないorz
 録画はしてる…ケド、時間が有っても見ようと思えない
(実際、台風で外出を封じられた2週連続の週末でも、コレだけは見る気が起きなかった…)
 まぁタイトルの通り『結城友奈は勇者である』の2期目…と云うか同一直線上に有る物語だと思う
 前作はPCのHDDがフッ飛んだ時に全部消えたが、救いの無い話だった事は印象に残っている
 世界を守る勇者…と祭り上げられては居るが、結局は世界を存続させる為の人身御供でしかなく、勇者の能力を使う度に身体能力をどれか、又は複数一気に失って、結局『ただ死んでないだけ』の『物体』にさせられていく『勇者』の話だったと記憶している
 その設定が頭の根底に有るので、録画データの再生を無意識的に拒否してる感じ…
 HDDがフッ飛んだ時も、データの再獲得する気にもなれなかったしな

・タイムボカン 逆襲の三悪人
 録画なし、見逃したりBGV扱いになってたりしててもその侭
 タイムボカン24の世界観で、三悪を主人公側に持って行って作っている…が、上記~24の時にもインプレしたが、基本、正しい歴史認識で居るのが三悪側で、新常識と称して訳の判らん史実をデッチ上げてる(劇中ではソレが正しい事になってる)と云う、今迄のタイムボカンシリーズとは逆の作りになってるので、三悪が常に勝ってて良いんぢゃね? って気もしてるけどな
 評価は当然低い

・クラシカロイド 2期
 1期の惰性で録画してるだけで、基本見てない
 故にナニも描く事がないwww
 1期ってソンなに売れたの? まぁNHKだから売れた売れない関係なく作ってる気もするが、ログホラとか下記3月のライオンとか、ガチで良い作品も作ってるんだけどねぇ…
 今後も多分見ないんぢゃないかなぁ…

・Code:Realize ~創世の姫君~
 腐女史向けゲームが原作っぽい…『オトメイト』だし
 その割に主人公(女)が特殊能力持ち…と云うより呪いに近い能力だよね、基本、兵器転用で狙われてる感バリバリだし
 ゲーム自体は結構シリーズが続いてるみたいだから、人気シリーズなんだろうケド、その辺は理解出来ない
 まぁ話自体は気になるので、多分継続視聴予定

・宝石の国
 原作は漫画らしいな…SF、未来モノらしいけど、主人公が珪素系人間…って事で良いのかな
 宝石の体を持つ人間ってのは珪素系とは違うか?
 まぁ良いや、兎に角バトル物…って事っぽいんだが、コレもあまり熱心に見れてない…時間帯が丁度PC作業中とか、一瞬意識を失ってるとかで…間が悪い事この上ない
 話的にも余り好みな展開では無さそうでもあるし、流して見る程度になりそう 

・ラブライブ!サンシャイン!! 2期
 取り敢えず、私は嫌いだ
 初期のラブライブでも、このサンシャインでもコレで合計4期目になるが、全部揃って主役が一番トラブルメーカで反省と云う言葉を知らず、他人の忠告にも聞く耳持たんで騒動だけ起こして、周囲の人間のスペックで解決…と云う展開のオンパレード…コレでなんで好きになる人が居るのか、よく判らない
 取り敢えず、見ずに否定するのは簡単だが、ソレでは話にならんので、一応見る、ソレだけ

・3月のライオン 2期
 コレは来ると思わなかったが、嬉しい誤算
 中学でプロ棋士になった少年の『大人の世界』『プロ棋士の世界』『同年代との交流』等々、見所は一杯
 NHKだから、今期も2クールと思うが、楽しみにしたい

・アイドルマスター SideM
 元々のアイマスと違ってサイドMと云う事で、男性アイドル版
 まぁゲームも腐女史用って事だと思うんだが、アニメではどうなる事やら…
 元々のアイマスではライバルユニットが男性アイドルグループだった訳だが、男性アイドルユニットが女性アイドル相手にナニか…と云うのはライバルキャラってか敵役だからやれるんであって主人公側がやる事では無いよな…となると、やはりライバルキャラも男性アイドルになる公算が高いし…
 どぉも765プロと同じ世界観で進むらしいから、ゲストで多少出るかも知れんが、腐女史展開(まぁカップリングは無いと思うが)になる事が容易に想像付くよな…

・つうかあ
 コレもオリジナルアニメっぽい
 女子高生ニーラー(レース用サイドカー:側車)競技のアニメってのは珍しいな
 私も単車は長いが側車には乗った事が無い…一般路上しか走ってないので、側車にする必要性も感じないし、車幅が大きくなり機動性が落ちる側車はデメリットでしかないから
 ただ、側車レースはパッセンジャー(側車に乗る人)もカナリの比重で走行に寄与しているのは知ってたが、その辺を本格的に描くのは凄いと思う

・ブレンド・S
 原作は4コマ漫画の様で…芳文社枠か
 目付きが悪い女の子が『キャラ設定付きの喫茶店』でバイト…まぁその目付きの所為で他のバイトを断られ捲った(この時点で結構御都合だけど)と云う経歴からO.K.したにしても…まぁ本人が納得してるなら良いけど、結構ストレスぢゃね?
 絵は安定してるし、基本的なシチュだけ楽しむ分には面白いから継続視聴かな

・鬼灯の冷徹 第弐期
 地獄が舞台のギャグ漫画原作第2期
 第1期の最初はナンか肌に合わない感じだったが、慣れるとソコまで拒否反応も無く、今期は最初から普通に見て笑ってる自分が居る
 まぁモノが地獄だけに結構ブラックな話も有るんだけど、まぁソノ辺は慣れかなwww

・魔法使いの嫁
 今期の一推しかな
 単行本に付いていたOADは動画サイトで見たのだが、コレは話の途中に有る幕間劇っぽい話だったので、話の最初を知らなかった訳で
 改めて話の最初から見て、成程ソンな話だったのか…と云う事で、原作の漫画を集め始めた
 アニメが終わっても漫画は追っ掛けて行くと思う
 メディアは…どうかな、チト悩む

・血界戦線&BEYOND
 2年前だっけ…に放映されたアニメの第2期になるんだろうケド、このアニメ、第1期は『やらかした』系ぢゃなかったっけ…?
 最終回の制作が間に合わずに放送延期で、最終回だけ突拍子も無く外した時期に放映した気がする
 話も勢いは凄いが勢いだけだった…と云う印象しかないのだが
 原作者とか確認したら、トライガンの作者だった…そりゃ勢いは凄いが勢いだけの作者だわwww
 まぁ今期はどうなる事やら…BGVに近い状況で流し見程度

 …取り敢えず、1週間で書けたなwww
 かなり乱暴な寸評も結構有るが、現時点の心証とか、ソノ辺に偽りは無い
 コレから3ヶ月、どの作品が化けるか楽しみ…と云うのも正直な感想である

 さて、次回は…ナニ書くかねぇ…
 チト何も決めてない
 ナニか適当なネタが有れば、ソレで…かな
 11月はHERO3にもまた行く予定だし、すごろくの公演も有る、Xライダー速水氏のライブも有るのでネタには困らないと思うし
 まぁ取り敢えず、ナニか書く世思うので
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

17年9月終了アニメ

 既に10月も半ばを過ぎているのだが、取り敢えずコレを書かないと季節が過ぎた感じがしない…と、云うか、既に気温等で季節を吹っ飛ばして冬に感じてる今日この頃www

 まぁ恒例でもあるし、見ていたアニメの感想を短くまとめて置きたい
 取り敢えず、3ヶ月前の開始アニメインプレ時に使ったリストの修正で9月で終了したアニメの一覧を作成する

■日曜日
・ナイツ&マジック
・セントールの悩み
・プリンセス・プリンシパル
・潔癖男子!青山くん
・バトルガール ハイスクール
・スカートの中はケダモノでした。

■月曜日
・天使の3P!
・恋と嘘
・異世界食堂

■火曜日
・異世界はスマートフォンとともに。
・NEW GAME!!
・アホガール
・徒然チルドレン

■水曜日
・捏造トラップ-NTR-
・カイトアンサ
・クリオネの灯り
・ノラと皇女と野良猫ハート
・はじめてのギャル
・サクラダリセット
・ようこそ実力至上主義の教室へ
・サクラクエスト

■木曜日
・ゲーマーズ!
・DIVE!!
・コンビニカレシ
・アクションヒロイン チアフルーツ

■金曜日
・メイドインアビス
・18if
・バチカン奇跡調査官
・地獄少女 宵伽
・時間の支配者
・RWBY Volume 1-3:The Beginning
・信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎篇~
・神撃のバハムート VIRGIN SOUL

■土曜日
・僕のヒーローアカデミア
・ひなろじ ~from Luck&Logic~
・賭ケグルイ
・Re:CREATORS
・ひとりじめマイヒーロー
・活撃 刀剣乱舞
・戦姫絶唱シンフォギアAXZ

 6+3+4+8+4+8+7=40本/週…視聴アニメ中、5本を除いて全部終わったって事で…流石に第2四半期と云う事で、2クール物も結構終わったしな
 プリキュアは4クール、コナンはネバーエンディングストーリーで、妖怪アパート・Fate・ボールルームは5chでは2クールと記載されている
 結構見ずに押さえただけの作品多いなぁ…やっぱ、体力が持たなくなってきたかねぇ…最初に本数減らせれば良いんだけどねぇ
 まぁ兎に角、個別インプレ

・ナイツ&マジック
 まぁ面白かったんぢゃ無い?
 開始インプレに有った通り、なろう系原作で、なろうでは今でも続きが書かれている
 取り敢えず、なろう掲載版は全部読んだ…此の後の展開はちとアニメにはしづらいかな…
 ソレナリに丁度良い所で終えたんぢゃ無いかな…ただ、間違いなく端折った感じは有る
 ロボットバトルは文章量に対して動画にすると結構短くなりがちではあるけど、もう少々引っ張って2クール位には出来たんぢゃ無いかな
 良作、ただ、上記の通り端折った所が気になる面も

・セントールの悩み
 原作漫画は結局手に取ってません
 開始インプレの感想にも有ったケド、人権主張が強過ぎて逆に雁字搦めになってる世界が、最近の『ビリの子が居たら可哀相だから、徒競走は皆で手を繋いで横一線でゴール』とか、現実世界の延長を見てる様で怖い気もするが
 ソコまで深く考えないで見るのなら、普通に『人間とは違う人類進化をした世界のほのぼの系』として見るしかないんだが…どっちが正しい(作者が描きたい)事なのかな…?
 ソレによって評価は変わりそうな気もする

・プリンセス・プリンシパル
 えっと…結局、コレはネイティブアプリとのメディアミックスだったの?
 Ep.の番号が結構飛んだり小数点が入ったりしてたから、本筋のナニかが有って、その断面ゝをアニメにした…って感が有るのは事実なんだけど
 まぁ一通り、途中参加のキャラが加わった経緯とか、各キャラの背景説明とかはハッキリ描かれてたから、アニメだけでも問題無く見れたけど
 綺麗に終わらせたけど、幾らでも続きが作れそうな終わり方で、元ネタが続けばまだ続けられるのかな?
 ソレナリに良作だったけど、優秀作とまでは云えないかな

・潔癖男子!青山くん
 コレは…ギャグ系と考えれば良いのかな
 時間帯的に、チト疲れて一瞬意識を失う時間帯に近かったので、ソコまで必死に見なかった(録画もしなかったし)
 サッカーとか、最初使ってた設定も途中からは舞台になる事が少なくなってた気がするし、まぁ良く有るギャク寄りコメディって感じだったのかな
 最初に感じた妙な違和感ってか嫌悪感ってかは最後には無くなってたけどね

・バトルガール ハイスクール
 うん、開始インプレで書いた通り、スクスト(スクールガール・ストライカーズ)との相違点が掴めなかったね
 個別のストーリーは確かに違ったけど、結局、似た様な設定で始めてるから、同じ世界の違う地方の話…でも納得出来る感じかな
 まぁソレ云うと、なろう系を代表とする異世界ラノベ系は似た様な感じになるケド、ソレ以上に違和感ってか類似感ってかを拭えなかったな

・スカートの中はケダモノでした。
 デジコミのエロマンガを一部省略して電波に飛ばして詳細が見たかったらデジコミ登録ヨロ…って手法のしょうもない商売作品
 今回は攻めの男性が女装癖持ちってだけで差別化してる事にしてる訳だが…評価の対象にも出来ない感じ?

・天使の3P!
 開始インプレで持った印象その侭に終ったかな
 まぁロゥきゅーぶの原作ペアがその侭新作を作った訳なので、作風も狙った客層も同じにしたんだろうケドね…
 しかし、此処で一人、その方面での精神的な発達(所謂男女差だのソレに伴う羞恥心だのの面)が未発達なキャラが居ると破壊力が変わるなwww
 一応、ロゥきゅーぶではソコまでのキャラはいなかったと思うんだが…まぁ続きを作るかどうかは判らんが、絵は安定してたし、話も破綻はしてなかったので、良作なんだろう
 続編が出れば見ると思う

・恋と嘘
 コレも…開始インプレで持った印象その侭で終わったかな
 原作はまだ続いてそうなんで、事の発端(一度出た政府通達が書き換わって新たに周知された)の件について収集が付いてない気がするが、話が三角関係+1になってきた辺りで既に原因はどうでも良くなって来ている気もするし…
 まぁ話としてシッカリ完結してないのは、未完原作を使ってる弊害だよね…コレに限った話ぢゃ無いけどね

・異世界食堂
 コレは最初から一押しだったな…先にイセスマ・ナイツ&マジックを読み始めたから、なろう版原作を読み切るのが最後になったけど、コレも今掲載されてる分の原作は全部読んだ
 なろうではテキスト換算で1話7~20KBのショートショートを毎回A・Bパートで1作づつアニメにしてる感じで、ソレでも丁寧になる程の作りになってるので、原作は119話(内、1話は料理の話では無いので計算外としても118話)なら、59回分の原作ストックが有る訳で…1クール終わっても、まだ3クール分は有る訳だ
 続編期待したい

・異世界はスマートフォンとともに。
 コレもなろう系、原作読破
 此処数日でも最新話が掲載された位、更新も継続中
 …コレ、続ける積もり間違いなく有るよね?
 OPフィルムで意味有りげに登場しているエンデ(確かに後々非常に重要なキャラになるんだけど)が最終回のCパートにチラッと出ただけとか、コレで終わらせたら何考えてるんだ? で終わる黒歴史決定だぜ?www
 まぁ一応、続きは知ってるけど、アニメで続編作るなら見るかな

・NEW GAME!!
 期待の第2期
 原作は結局まだ読んでないんだけど、多分、今単行本になってる部分までは使い切ったんぢゃね?
 八神の渡仏で今後は登場しなくなるのか、先で帰って来るのかは不明だが、取り敢えず、八神無しで1~数年間分の話を進める(フェアリーズストーリーシリーズは青葉の参戦前から開発してて青葉参戦後1年掛けて発売だったけど、PECOは1年で開発完成させたよね? …新作の開発スピードがどうなってるのか…シリーズ新作より完全新作の方が時間が掛かりそうな気もするんだが)必要は有ると思う
 まぁ八神無しで2~3作は作らないといけないだろうし、原作が続けば3期も有るかな
 期待したい

・アホガール
 ナンか悠木碧の声がコッチに引っ張られてて、昔、美少女役が多かった頃が思い出せないwww
 15分アニメで良かったと思う…コレ、30分見せられてたらカナリ鬱陶しかったと思う
 15分でも時々ウザッ…と思う事も有ったしなwww
 まぁ作画は綺麗だった、併せて云えば、風紀委員長役の上坂すみれも最近、コッチ系の役に引っ張られてるんだが…
 前期で放映した『ヤバい○○』と良い、進む方向が決まって来た様だが、メジャー化した代表作『パパ聞きの空ちゃん』は確実に遠のいたなwww

・徒然チルドレン
 こっちは幾つかの主人公が連立して進めている純粋な青春物
 傍から見ればコメディ・ギャグに見える事でも、結構当事者には深刻な事って有るよね…まぁ読者・視聴者は当然傍から見てるんだけどwww
 ニヨニヨして見るか、主人公に同調して見るかは人それぞれ、ソレナリに良作だったと思う

・捏造トラップ-NTR-
 結局、殆ど見なかったな…録画はしてるんだが
 百合カップルが偽装の為に男性とカップリングした…と云うのとは少々趣が違うが、結果論としてはそうなるのかな
 最後にソレが露呈する様だが、真面目に見てなかったので、完結がどうなったか憶えてない
 そう云う訳で(私が見てない…と云う意味で)評価対象外

・カイトアンサ
 コレも開始インプレで書いた通り、ナゾトキネの世界観をその侭に、でも展開が変わったね
 単に異世界に取り込まれてクイズ出され続けるだけだった前作と違い、先に進む理由がシッカリ定義された
 …しかし、何でコレの登場人物ってソコまで立川への愛が深いんだ? まぁ住んでる地域への愛が有る事は良い事なのだろうが、此処迄来ると逆に滑稽なのか嫌味なのか判らなくなるんだがwww

・クリオネの灯り
 コレも結局見なかったなぁ…録画だけはしてあるんだけど…
 まぁ面白可笑しいだけの作品では無く、偶にはこう云うメッセージ性の高い作品を見るのも良い筈なんだけどねぇ…時間が無いと、娯楽作品ばかりを追い掛ける傾向が有るのは仕方ないかなぁ
 見返す時間、作れるかなぁ…

・ノラと皇女と野良猫ハート
 エロゲの販促アニメ…と云う事で、キャラ紹介とかシチュの一部を再現とか問う云う作品(ソモソモ5分アニメだし)と思ってたのだが、まさか物語の収拾を付ける可能性の有る最後になるとか…
 まぁ蓋を開ければ『振り出しに戻る』系の終わり方だったが
 元ネタゲームとか、そのソフトハウスが好きなら良いんぢゃね…って所か

・はじめてのギャル
 思いの他、青春ラブコメしてたかな
 チト偏ったキャラは居たが、ソコは漫画と割り切って見れば、大筋に不満は無いかな
 そぉ云へば、この作品も結構女子高生のパンツ見せまくってたな

・サクラダリセット
 2クール使って原作小説を完全に使いきったんだと思う
 原作小説未読だから、ナンとも云えないけど、綺麗に纏まったと思う
(浅井ケイの決意の後、実際に管理してどうなったとか、その手のエピローグが無いのは仕様と考えれば、ソレはソレで良いのかな)
 上記の通り原作使い切ってるから、次期は無いと思われ

・ようこそ実力至上主義の教室へ
 逆にコレは次期が無いとナニがナンだか…になると思うが
 ただ、今作が初めてでは無い…ってか、同じく今期放映の『賭ケグルイ』もそうだが、ルールがハッキリ判ってないと、どんな論理展開で此の結果に至ったか…と云うのが正確に理解出来ない作品は、ルールを一瞬画面に出しただけでは本来意味が無く、ビデオで見返したり一時停止したりして見ないと判らない…と云う作りになるが、ソレって本来、小説・漫画やOVAの技法であって、映画やTVアニメでは禁じ手なんだよね…
 TVで1回見ただけで理解出来無いのは本来減点対象だ、と云う事を判った上でやってるのか、最近タブーが減ってるから良いや、で作ってるのか…ソレによってスタッフへの評価が変わるんだが

・サクラクエスト
 取り敢えず、P.A.の作品にしてはマトモに見れたかな…
 まぁ難癖付ければ、最後の大ドンデン返しとして使われた『外国の都市との姉妹都市化について、市長を拉致って了承を得るだけで済ませる乱暴さ』が突っ込み対象になるのかも知れんが…今までのP.A.作品に比べれば遥かに軽傷かな
 一応、P.A.オリジナル作品では『凪のあすから』に続いて2作目かな…マトモに見れたのは
 余所者だからこそ、見える視点で『町おこし』はするが、決して『余所者の勝手な思いだけで行う開発』ではない…と云う点は良かったと思う

・ゲーマーズ!
 うん、完全にギャグ寄りのラブコメ…ある程度頭を空っぽにして、アハハと笑って見るのが正解な作品
 最初の展開ではどうなるかと思ったが、回を増す毎に加速して行って面白くなって来た感は有る
 景太・花憐・千秋の三角関係の行方とか、気になる所は有るが、まぁ綺麗に纏まった所で終わったかな
 次期が有れば見たい

・DIVE!!
 今期のノイタミナ枠だが、開始インプレで書いた通り、男子高飛び込みネタのスポーツ物なので、余り食指が動かず、結局録画だけ…と云う状態に
 見返す時間は…多分、作れないなwww

・コンビニカレシ
 正当派青春ラブストーリー…って事で良いかな
 主人公と親友で2組のカップルについて描かれていたが、先に親友の件が片付いて、主人公のサポートを男女両方で始める辺りは、本当に昔ながらの青春ラブストーリーって感じ
 偶にこう云う作品も悪くない…かな

・アクションヒロイン チアフルーツ
 開始インプレに書きそびれたが、放映当初は『普通の女子校生が【アクションヒロイン】やってみた。』的な見方をされていた訳で、まぁ結果もそうだったのだがwww
 最後の展開は公民館の閉鎖を覆す足掛かりになっただけで、まだ市会議の議題に上がったかな? レベルで終わってる分、視聴者の想像に任せる終わり方になっているのだが、まぁ綺麗に終わったんぢゃ無いかな
 2期を始め様とすると、公民館の存続について一定の方向性を付ける必要が有るし、『大ホールを満席にする』課題が、『コンスタントに満席に出来る舞台を続ける』の様な気の長い課題にせざるを得ないから、アニメには向かなくなる…故に、次期を作らずコレで終わるのが綺麗な方法だと思う
 この作品は『はじめてのギャル』と同じく、女子高生のパンツ描写が結構有ったが、比較作品に比べてキャラデザが幼い画風なので、危険度は高めwww

・メイドインアビス
 俺たちの冒険は続くぜ、エンドwww
 まぁ1クールの冒険で全部踏破出来る程度の奈落なら、ソコに住んでる人類が命運を掛けてヤル程の事では無いのだが、実際、冒険途中で仲間を1人Getだぜ! で一区切り…と云うのは悪い終わり方では無いと思う
 キャラが幼い(まぁ本当に年齢設定12歳とか、低い…リアルでは小学~中学程度)割に、結構命懸けの冒険やってるのは、ファンタジーだから…と云う話で済ませるしかないのかね
 原作の消費がどの程度なのか不明なので、次期が有るかは不明だが、有れば見る

・18if
 コレも録画だけで見てないな…
 開始インプレに有る通り、ネイティブアプリ原作と云う事は、攻略を進めれば、更に次のステージに行く…って展開だろうし、幾らでも続きは作れるんだと思う
 実際、アニメになった部分はアプリでの攻略が可能なシナリヲだったのか知らないし、残り何面分有るのかも判らないが、次期は…見ないかなぁ

・バチカン奇跡調査官
 コレも時間が無くて見れてないなぁ…録画はしてある
 見てないから『神』『悪魔』の所業が本当に有る世界なのか、これらを騙って不可能犯罪に見せ掛けた事件を起こしていただけなのか、チト判らない
 どちらも私の嫌いなジャンルでは無いのだが、コレは本当に時間が無くて見れてなかった
 今後時間を作って見れると良いなぁ…

・地獄少女 宵伽
 放送直前特番と新作6話で本来終わり、残りの6週は今迄の3期で放送された作品中から適当に抜き出して放映しただけ…一応、アバンに紙芝居(声優が声は当てていた)が追加されたが
(全話が1話完結なので、出来る事かな…第1期の『あいが地獄少女になった経緯関係の話』と各期の1話・最終話を飛ばせば、全部矛盾無く見れるし)
 まぁ放送直前特番でだけど『復讐バラエティ』とか何か云ってたんだよね…初期は本当に必殺仕事人張りに『復讐を受ける相手は悲惨な目に遭って地獄送り』と云う展開だったけど、途中から『復讐方法が傍目には非常に滑稽な手法』になって来て、趣旨が変わった気がするんだが…まぁ良いや
 久しぶりに能登の『いっぺん、死んでみる?』が聞けたのは良かったかなwww

・時間の支配者
 最初はナンだろう…快傑ズバットとか小林旭の渡り鳥シリーズとか、そう云う『主人公サイドが旅して回って、その旅先での怪異を解決』って話かと思ったが、結局やった事は主人公(父親)の記憶探しになった…って事で良いのかな
 まぁソレも一つの話の流れだし方向性だとは思うが、主人公は決して特殊な力を持たない諸人の為のヒーローでは無く、自分の目的の為に動く単なる旅人…って事でF.A.
 …最初の想定がヒーロー物だったからか、個人的にはナンとなく消化不良かな

・RWBY Volume 1-3:The Beginning
 うん、飛び飛びでしか見てない
 金曜晩(夕食のチョイスによって、見れない時間になる)である事と、開始インプレにも書いた通り、若干ポリゴンが荒く見える作画の為に然して熱心に見てない(録画もしてない)ので、何とか話が判ったかな…判らないかな…程度しか印象に無い
 チト評価と云える程、評価出来ないな

・信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎篇~
 前期2クール後期2クールで結局4クール(1年間)放映したな
 5分番組でコレは凄いかな…『てーきゅう』の様に意味も無いドタバタギャグなら兎も角、キチンと歴史に沿ってコレは凄いな
 当然、脚色は強いが歴史的に間違った事は書いてないから、原作は上手く出来てるんだろうな
 ストックが有れば続き、作るのかね…有れば見るかも

・神撃のバハムート VIRGIN SOUL
 コレも見なかったなぁ…絵柄が然して好みで無かったのも有るだろうし、放映時間帯が中途半端だったのも有るんだけど、決定的な理由が無く『何となく見る時間が無くて』で見なかった感じ
 ネイティブアプリ原作で云えば、グラブルとか上記の通り酷評してるバトスクやスクストは見たんだけどねぇ…
 やっぱ、絵かな…綺麗な絵だとは思うけど、単に私の好みではなかった、と云うだけ

・僕のヒーローアカデミア
 コレは良かった…1期が1クールだったが、今期2クールで合計3クール放映したが、この続きも気になる
 原作漫画は読んでないのだが、多分原作には忠実に作ってるんだろう、wiki情報では今アニメになってるのは夏の合宿直前だから8~9巻辺り(現在15巻)なので、1クール3巻分として、あと2クール位は作れるって事かな
 第3期の勢作決定も発表されてるし、期待している

・ひなろじ ~from Luck&Logic~
 開始インプレにも書いたけど、ラクエンロジックの世界観でありながら、前作とは完全に雰囲気の違う作風が却って混乱したまま1クール見終わった感じ
 まぁラクエン~で平和になった世界だから、こう云うほのぼのが出来る様になりました…と云う後日談的に捉えると云う見方も有る、と教わったんだが、私の頭が固いのかねぇ…
 結局、ソコまで身を入れて見る事が出来なかった

・賭ケグルイ
 顔芸アニメ?www
 公的にギャンブルが認められてるのみならず、ギャンブルの才能で序列が付く学校と云う時点で既に『ナンかオカシイ』のだが、まぁ賭けてる額が半端無い額と云うのも有るだろうケド、一々顔芸が変
 まぁソレを見せてるんだろうケドねぇ…
 所謂『バレ無ければイカサマでは無い』的な論法も当然の様に出て来る話だし、好きな人は好きなのかな?
 私には余り合わなかったかな

・Re:CREATORS
 2クール無事に終わったかな
 被造物が現実化した…と云う観点で始まった超常物な訳だが、コレもローファンに分類されるのかな
 まぁ良いや、オチの付き方も不自然では無く、嫌いではなかった
 まぁ現実問題として、日本の『記号化された顔の造詣である被造物が現実化しても違和感バリバリ』と云う話で、アニメだから違和感無く見れた作品、とも云える訳だが

・ひとりじめマイヒーロー
 今期の腐女史(男同士カップル)枠
 最近、ドコぞのバラエティが、昔少々ウケた『ゲイを揶揄したキャラ』を何の躊躇いも無く復活させて大バッシングを受けてたが、別にそう云う性癖の人種に対して敢えて揶揄したり人格攻撃する必要は無いと思うが、やはり自然の摂理に従った異性愛者から見れば、同性愛者は(男同士でも、女同士でも)奇異に移るのは仕方の無い事で…
 ソコで、周囲に知れ渡っても、貫く気が有るなら、応援こそしないかも知れんが、別に攻撃する積もりは更々無いな、私には
 まぁ要は『好きにやってくれ、私を巻き込むな』って事では有ると思うが(私は同性愛でも異性愛でも、他人の恋愛事情に巻き込まれるのは好かん、と云う事だがwww)

・活撃 刀剣乱舞
 今度はゲームに即してたのかな?
 幕末期に、擬人化された刀剣が歴史改編を狙う謎の集団から歴史を守る為に戦う…と云う事で良いかな
 ソモソモ、現代に伝わる刀剣は幕末期には現役で武士やら勤皇志士達に振るわれていた『現役』であったモノも多く、自分を愛刀として振るった『持ち主』の戦死を防ぎたい…と云う武具の本能(?)と歴史を正しく導く使命との板挟み…と云うのも有り、結構見れる展開だったと思う
 ネイティブアプリでソコまで描き切れているかは判らんが、アニメはソコまで酷くなかった…まぁ女っ気が無いと云う意味で、腐女史枠…と云う見方も有るのだがwww

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ
 悪いけど、ソコまで身を入れて見れなかったな…ソロソロ此のシリーズも飽きた気がする
 最初は戦いに巻き込まれて、聖遺物を体内に打ち込まれる形で同化した主人公が世界を救う戦いに巻き込まれる…だったのが、使命感に燃えて積極的に戦いの場に…と変わる辺りまでは良かったんだが
 結局、ドンドン新たにマッドサイエンティストが世界の綻び的な隙間を見付けてソコから世界制服を企てて、さぁ戦闘だ…みたいな展開ばかりになってるのがねぇ…
 最後の引きを見ると、更に続けそうな気がするが、もぉ満腹に近い
 序でに云えば、今期の悠木碧枠2つ目なのだが、アホガールに釣られてコッチでも響が叫んでるシーンがアホガールに聞こえる弊害がwww
 放映タイミングを間違えた、と云わざるを得ないww

 以上かな…結構見てない、見たけど身が入ってない…と云う作品が多いな
 最初に篩いに掛けない分、途中失速するとソノ侭見ない事になる事が結構有るなぁ…
 一応、録画はしてるので、2クール作品で、初期に失速したけど1クールを終えた後半で盛り上がりを見せた場合に見返して…と云う事は有るのだろうケド、ソモソモ2クール作品自体が殆ど無い状態だしねぇ
 今後、アニメはどうなるか…余り明るい未来が見えて来ないのがFanとしては寂しい限りで有るが

 さて、何とか書き終わったかな
 1週間で何とか出来るモンだなwww
 次回は10月開始アニメインプレ…にはキツイかな
 まぁチビチビ書いて行くけどね
 適当にネタを見付けて書くとしよう
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

雨の土日(Comic1☆12参加等)

 と、云う訳で日記系…
 ソロソロ日記にも書く事が尽きて来てるし、アニメインプレ行きたいんだけど纏めてる時間がねぇ…orz

 さて、この土日は日曜日のComic1に参加は既に決定事項なので、土曜日にナニするか…と云う事だけが未定であった
 午前中は何時もの如くダラだらダラ…と過ごして、ネット巡回で動画確認等を過ごしていた訳だが、午後、何となく雨が止んで来たかな? と云うタイミングになった

 上記の通り、日曜は自転車には乗らない(会場は有明だから、流石に自転車では辛い…単車で行く)予定なので、このタイミングで無いと自転車に乗れない…と、云う事でチト出掛ける
 この1年、自転車に乗って来て、土日とも乗らない週が1回有ると、次の週では必ず漕ぎ足が重くなっているのを感じる
 毎日乗る訳では無いので、土日に連続して乗れないと云う事は、基本的に10日以上乗らずに過ごす…と云う事に等しい
 そうなれば、自転車に乗る事で使われる筋肉(歩いたり、日常生活で使う筋肉と共通部分も当然有るのだが、自転車に乗る事で特に使われる部分も有る様で…)が萎えるのだろう、まぁ翌週に土日両日で乗れば、日曜には回復してる程度の違和感なのだが、コレを感じるのだ

 さて、自転車に跨ったは良いが、特に用事も無い…と、云う事で、何時もの銀座コース
 まだ整備の余韻が残っているのだろう調子が良いのと、上記の通り日曜は絶対乗らない事が確定しているので、今回も足を延ばして銀座コース
 土曜だからホコ天は無いかな…と思っていたのだが、やってるんだね、銀座は
 まぁ銀座は秋葉原の様に雑多な感じが無い周辺なので、ホコ天が有ってもソコで集会開いてミニライブとか、莫迦な事仕出かすゴミ共が居ない分、やってても問題無いのだろう
 ナンにしても自転車では、これ以上中央通りを進めないので、迂回して帰る事に

 と、此処で何か雨っぽいのを感じる…歩行者を見ると、敏感な人・気にする人が傘を差し始めてるが、大多数は普通に歩いている
 自転車も本来は雨に当てたくないので、丁度良い塩梅、と帰宅に舵を取る
 降り始めで踵を返したので、直ぐに雨の無い地帯に出た様だ…が、途中で便意がorz
 銀座から中央通りを北上中な訳で、便所が借りられるデパートには事欠かない…と、手近な建物…三越の別館だった様だが…に飛び込み、トイレを借りる
 コレがコンビニなら、便所代としてナニかペットボトルの1つも買うんだが、三越別館…紳士・淑女服の店内でナニを買えと?www
 申し訳ないが、売り場は素通りして直ぐに建物を出る…と雨が追い付いて来てるしwww
 急いで自転車を漕ぎ始める

 が、走行距離も稼がねばならんし、雨も止んだ
 腹具合に余裕が出来たので、東京駅にも寄る事に
 何時もの円谷ショップ…先週行った時は3連休最終日だったが、今回は普通の土曜日なので、混雑具合は何時も通り
 故に若干店員と駄弁ったのだが、この日も先週同様、店員が怪獣や防衛軍の制服系を着込んでいた
 店の制服が変わったのかと思っていたのだが、聞いてみるとハロウィン制服と云う事で、今月一杯の土日祭は仮装デーなのだそうだ
 まぁ良い、知恵の輪の話やら、最近の大人向けグッズ(ネクタイ系は結構充実していた)の話等を聞いて店を出た
 …すると、地下街を出ると、やはり雨の圏内に入っていた
 当然、急いで漕いでまた雨が余り降ってない場所に向かうのだった

 中央通りを戻って秋葉原に来ると、当然ホコ天は影も形も無い
 特に用事は無い、と云ったが、半分誤りで、先週買った『魔法使いの嫁』は原作漫画もソレナリに面白かったので、続きを買う事にした
 Zinで4~6巻(既刊は8巻までなので、次に買いに来た時で全巻揃う事になるだろう)を買う…と、最近読めてないが、一応愛読のラノベ『落第騎士の英雄譚』最新巻が発売されていた
 新刊の場合は付く特典に依るが、あなの方が良い物が付く事が多い…と云う事で、あなにも寄ってコレを購入
 ソノ足でマックでヘーホンホヘホハイを食って更に自転車に…ヤベ、また雨が追い掛けて来ている

 で、雨の圏内を逃れて上野に…此処で更に距離を稼ぐか、と浅草通りに舵を取り(ってか、此の侭4号線を北上だと、道が悪いんだ、非常に)合羽橋に
 行き付けのサトウサンプルで駄弁る
 先週の道具街祭でのスタンプラリー景品、ビニル製の河太郎人形に付いて、貰った時から思っていたのだが、昔懐かし『ダッコちゃん人形』を髣髴とさせる…と思っていたら、金型は同じ物なのだそうで
 最初はダッコちゃん人形がソンなに数が出る品では無くなった昨今、使われなくなった金型の救済の意味で作ったらしいのだが、最近はこの祭での景品としての用途が出来、古くなった金型を新調した(ソレにより結構予算が飛んだ)と云っていた
 ソレナリに金を掛けて作った物なので、組合店にも無料配付は無いらしく、結構なレア品扱いなのだそうで…
 まぁ店にお客が入り出した所で邪魔にならん様に店を出て帰宅…今度こそ寄る場所も無くなったので帰宅した
 徒歩は5.5K歩、自転車は16.5Km程度と云う所か

 さて、日曜…雨、止まねぇな…
 しかし、幾つかの約束が重なっており、行かないと云う選択肢は無い…プリキュア・ライダー・戦隊を見てから着替えて単車に跨る
 合羽を着込んだ上にメッセンジャーバッグを肩掛け、Ninjaで家を出る…今回、雨なのにSHERPAでは無くNinjaなのは、Ninjaの燃料がソロソロ空になる頃合なので、此処で若干走ってメータが落ちたら給油するか…と云う算段であった

 兎に角、急ぐ訳では無い…先方には正午前後に着くと云ってある、10時半前に単車で出れば、どんなにチンタラ走っても11時半には会場に着く計算だ
 まぁ当然だが、会場の東京ビッグサイト(以下『TBS』)公式駐輪場はソレナリに空いており、普通に駐める事が出来たのだが、合羽は裏地を外側に丸めて単車に括り付けたヘルメットの中に…と云う感じで
(結構、単車に掛けて乾かしてる人も居るのだが…別に悪戯しようとか思う訳も無いが、ソレでも無用心とか思う私は心配性なのだろうか)
 さて、会場内に着いたら取り敢えず毎回買ってるサークルに並ぶ
 適当に周囲の人と話して順番が着たら新刊を買って仲間内のサークルに
 腰を落ち着けた所で飼主に取り置き分受け取り可能のメールを送信
 スタッフ業務が空いた所で連絡をくれると返信を受け取り、時間潰しが始まる
 幾つか会場内を回るとか、仲間内と駄弁るとかしたが、思いの他、食指が動かない…結局、買った物は会場内に入って直ぐ買ったサークルだけである
 取り置き分を受け取り、仲間内に分配し、やる事も無くなった
 飯食って帰るか…と、仲間と別れて単独行に戻る
 取り敢えず、TFTビル内の飯屋で食うか…と、かもめの駅を通り越してビルに入るが…食後のデザート、と思っていたヘーホンホヘホハイが、無い…ってか、マック、無くなってたんだっけ?
 今は奥はすき家とうどんやが入っているが、ホール側のファストフードはモスとサブウェイである
 まぁ嫌いでは無いが、ヘーホンホヘホハイが無いショックでTBSに戻る事にした
 結局、東コンコース1階のマーメイドでカツカレー…ドリンクバーが付くので、此処で少々喉を潤す
 普段、TBSはミケで来る位しか用事が無いので気付かなかった(ミケの時は飲み水は自分で確保しないと、生温とか余り良い目に遭わないので、現地買いとかしないのだ)のだが、TBSの飲み物自販機って『観光地価格』なのな…
 茶で¥130、ジュースで¥160~と云う、コンビニで買う値段+¥10はする値段で売っている
 会場内に居る時分から少々喉は渇いていたのだが、自販機で買う気にならず、マーメイドでのドリンクバーが家を出て最初に飲んだ飲料水等であった

 飯を食ったので帰るか…と、今度はバッグ内には買った本が有る…と云う事で、最近の技である『合羽の内側に鞄』と云う方式を取る
 普通にライダージャケット→鞄→合羽と着込む訳だが、合羽のチャックがソレナリにキツキツになるのが難点か
 まぁ何とか締め切って単車を走らせる
 勝鬨橋近くになって、やっと燃料ゲージが減り、残り1ゲージになる…良かった、此の侭減らなければ、此の雨の中、態々前傾姿勢になるNinjaでTBS往復をした(雨の日は乗車姿勢が立つSHERPAの方が個人的には乗り易いと感じている)事になる
 まぁ兎に角、燃料ゲージが落ちたのだから…と、その侭清須橋通りを厩橋まで走り、国際通り…と云う走り方で4号線に出て、行き付けのガススタンドに到着する

 スタンドでは、先日、空気入れが故障していたとかでSHERPAのタイヤ空気圧が確認出来なかったのだが、ソノ2日後には復旧しており、SHERPAの空気圧確認が済んだばかりである
 SHERPAはタンクが小さいので、職場との2往復でスタンドに寄る必要が有るが、Ninjaの場合はタンク容量と、SHERPAに比べて若干燃費も上がってる傾向が有り、給油1回で5~6往復可能である
 故に、このタイミングで空気圧の確認をしないと、次の確認は約400Km走った後になるので、此処で確認…と、願い出た
 適正空気圧は事前に調べて置いたので、問題なく済ませたのだが、その間タンクからは少々目を離していた…時に、チト問題が
 タンクに給油していた店員が慣れてないのか満タンの指示を『すり切り一杯』と理解していたのか、少々多めに入れていた
 慌てて止めたが、給油の目安板は完全に水没状態である…で、月曜朝の目視では、夏の時みたいにドレーンホースから燃料が零れ落ちてる…と云う形跡は発見出来なかったが、実は漏れていた様だ…
 チト鼻が詰まっていて臭いに気付かなかったのだが、結構臭っていたらしい…雨だったので、気化分と流された分で職場から帰って来た時には殆ど臭いも無かったのだが…
 空気圧調整は単車整備の感覚3ヶ月の内、中間点程度で行うので、年4回位行う(整備時には整備工が調整してくれるので、実質1ヵ月半毎の点検となる)のだが、今後は気を付けんとイカンな

 さて、帰宅後、BarHEROⅢへの土産になる同人誌を取り分けて、マスター宛てにメッセージを送っておく、マスターからの返事も確認出来たので、これは来月の来店予定で持って行けば良いや、と

 まぁナンと云う事も無い土日であった
 次回はアニメインプレ…出来るかなぁ…無理かなぁ
 何かネタは見付けたいが
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

自転車点検・散髪・道具街祭

 と、云う訳で日記系

 この3連休でやった事な訳だが…先週の記事で書いた通り、予定していた事は標記3件である
 3連休と云いながらも初日の土曜は雨予報と幸先悪いスタートだった訳だが、コレも午後には晴れたので問題なく過ごせた

 さて、時間の掛かる事から始めるか…と土曜の午後に散髪と自転車点検を併せて行う様に計画した
 自転車に乗って自転車屋で整備依頼、此処で直ぐ終わる様なら終わったソレに乗って理髪店に・時間が掛かる様なら自転車は預けて徒歩で理髪店に、散髪後に自転車屋に戻って終わってれば乗って帰り、終わらない様なら、その侭預けて翌日等…と、フローを描いておく

 昼食後に自転車に乗って自転車屋に
 イザと云う時に直ぐ頼りに出来るよう、近場で…と云う事も考えて選んだ(ソレだけではないのは、昨年の店を選んでイロイロ回った記事に載ってる訳だが)イルクオーレである
 最短の道筋だと路地裏をコネコネ回る訳だが、面倒なので1~2回の曲がり角で行ける道筋で到着、自宅から1km程度

 店に入ると、ナンか常連客っぽいお客2人と店長のみが店に居て、片方のお客さんのバイクだろう、ロードのブレーキ交換をやっていた
 パッドだけでなく、機構とワイヤも全て交換…と云う形で手間が掛かりそうなのは見てて判る
 一寸手が止まった隙に話だけして、自転車を預ける算段を付けたら一旦店を出て理髪店に

 理髪店は十数年前に引っ越す(まぁ南千住→浅草近辺の短距離引越しだったが)前から懇意にしている馴染みの店で、千住間道沿い、郵便局向かいに有る理髪店である
 何時もは自転車なので、歩行者の少ない道をスルスル行くのだが、今回は徒歩と云う事で、商店街(昔、金八先生とかのロケも結構やった商店街なのだが)を通って店に向かう
 …変わったなぁ
 まぁこの道を結構使ったのは、千住に住んでいた頃に高校へは電車通学(三ノ輪→秋葉原→両国)だった頃なので、既に30年前か…
 見知った店は半分以下ドコロか既に数件程度と数える位になって、ソレにも増してシャッターが増えた…
 30年前当時は結構栄えた商店街だったんだがなぁ…
 散髪屋について散髪…半年に1回だから結構な量刈る事になるが、まぁソレも何時もの事で
 15時過ぎに理髪店を出て、またテクテク来た道を戻る

 自転車屋では、先ほどのブレーキ交換は完全に終わっていた様で、私の自転車を店内に持込んでイロイロ見てくれていた
 店長曰く、事有る毎に店に持って来ているので状態も良く判っており、結局は各部締め付け直しとリアブレーキのパッドだけ磨耗が有ったので交換した…との事
 最後に、私ではやらない(やれない)箇所への給油をして完了…と云う事である
 料金は、パッドの部品代と交換工賃だけで〆て¥1.5K弱…マヂで?
 当初は¥5k程度と聞いていたので、ソレナリに覚悟していたのだが、ワイヤやらナンやらと交換部品が増えた場合、部品代や工賃がかさんでソノ程度になる事が有る、と云う意味で云っていたのだそうで、マメな手入れ(と云っても、毎週の乗り始め日に空気圧確認、毎月のチェーン・スプロケ・プーリー等への給油、同じく月1回のクリーナでのリム掃除程度しかしてないのだが…店長曰く、ソノ程度もしてないオーナーが結構居るのだそうで…スポーツ車がソノ性能を十全にする為にはコレでも結構サボってると思うんだが…)がされているので、特に目立ってする事は無かった、との事である

 ただ、この時点で16時過ぎ…流石に此処からどっか走って来よう…とは思えずに帰宅、徒歩歩数は4.5K歩、自転車は2Km強であった

 翌日、日曜日は朝から晴れていたのだが
 やはりプリキュア見ながら朝食、ライダーと戦隊を見て午前中はダラダラ…で、午後に出る事にする
 浅草・合羽橋の道具街祭に行く積もりだが、流石にソレだけだと運動量が足りない…と思い、何時もの通り自転車で出る
 4号線を南下して、永代通りで中央通りにスイッチ…整備直後の所為か、踏み足が軽い
 土曜日に殆ど乗れてない反省を込めて、この日は15Kmを目安に…と、京橋を越えて走らせたのだが、銀座で歩行者天国にぶつかる
 
 銀座のホコ天はどうだったか判らないが、今の秋葉原ホコ天は自転車も完全不許可(降りて押して歩く分には可)なので、避ける関係で少々迂回…片道7.5Kmを数えた所で折り返して、来た道を帰る
 当然、秋葉原でもホコ天中なので、中央通りで帰るのは避ける
 実は、土曜の深夜、新しく始まったアニメ『魔法使いの嫁』の出来が思いの他良かったので、原作を買って見るか…と思っていたのだが、走ってるウチに道具街祭に気が行って、漫画を完全に忘れて仕舞ったのだが、ソレが失敗だったのか、良かったのか…とは、後で考える事になったのだが

 と、云うのも合羽橋道具街祭で思いの他時間を使ったからだった
 会場に着いた所で自転車を一旦駐輪、徒歩で回ったのだが、上野側から入ったので、自転車は南端に置いた事になる
 この日は完全ホコ天になっておらず、中央側の往復1車線は車道のまま、歩道側1車線づつを歩道・自転車専用と仕切って歩道拡張をしていた
 当然、両側の商店を一気に見る事は出来ないので、片側に沿って北上する
 すると、メイン会場…と、云うかイベントスペースと本部は北端に有る学習センター前だったのだが、此処に着いてからスタンプラリーのカードを渡されたのだ
 で、貰った物は仕方が無い、始めるか…とスタンプを集め始める訳だが、当然の事ながら、スタンプ置き場は片側の商店に偏ってる筈が無い、スタンプ集めを重視するなら、ジグザグに動く必要が有る訳で、当然、商店をジックリ眺める…と云う行為は後回しになる
 結局、南端まで戻って全部のスタンプを集め切ってから、学習センターに戻る序でに最初に通った道と車道を挟んで反対側の店を眺めながら北上する形を取る
 景品である河童の河太郎ビニル風船人形を貰って自転車を取りに南下…結局、合羽橋商店街を南端から北端に2往復した形である
 その後は、その侭帰宅したのだが、ナンだカンだで17時を過ぎており、秋葉原で時間を潰していたら合羽橋で時間が足りなくなる所であった…故に、上記で良かったのか悪かったのか…となる訳だ
 この日は徒歩7.6K歩、自転車は16.5Kmとソレナリに運動した

 さて、連休最終日、取り敢えず予定は全てこなした訳だが、新たに出来た案件『魔法使いの嫁』単行本の購入をする為に出掛ける
 まぁ当然、運動療法の一環と云う意味も有るので、自転車を使い、銀座経由での移動となる
 すると、銀座では月曜もホコ天を行っている…祝日でもやってる様だ
 秋葉原は9年前の通り魔大量殺傷事件を期に一度消滅し、住民その他の訴えから再開したが、内容的に『集会その他集団で道に止まる行為・人寄せの為の行為禁止、自転車を含む全ての車両乗入れ禁止(上記の通り降りて押して歩くのは可)、開催日は晴天の日曜限定(祝日でも日曜以外は行わない)』と、条件がカナリ厳しくなった
 まぁ集会その他は消滅前のホコ天でも問題視されていたし、自転車…と云うか車両に対する規制についても仕方あるまい
(9年前の大量殺傷事件では、唯一、自動車が横切れる車道から自動車を突っ込ませて来て数人跳ねた所から事件が始まった訳だし)

 まぁ良い…自転車のコンディションが良いタイミングに乗れるだけ乗っとくか、と銀座まで出たが、銀座のホコ天でまた止められたので、少々迂回した後、今度は中央通りで秋葉原方面に舵を取る
 途中、東京駅の円谷ショップにも顔を出すが、流石に連休最終日は混雑度合いも凄くて、店員と駄弁る余裕も無さそうだったし、早々に退散した
 秋葉原では予想通りホコ天は無く、コミックZin(あなでも良かったのだが、既刊本に関してはZinの方が長くイラストカード等の特典が付き易い)で1~3巻を試しとして購入した
 で、マップ改めビッグの脇にあるマックで『ヘーホンホヘホハイ(コレ、こう注文しても店員の復唱はベーコンポテトパイなのなwww)』を1つ食して御徒町のガストで本格的にお茶
 走行距離はソコソコ取れたと思うが、更に一回り距離を稼ぐか…と、上野から浅草通りを国際通りまで走り、雷門通りにスイッチ、江戸通り(馬道方面)側から自宅に向かう…と云う経路で走る
 江戸通りって…六本木に行く時に使った道(ってか、自転車で頻繁に出る様になる前は散歩で浅草とかよく行ったので、歩いていたのだが)だが、非常に走り易い
 道路工事が少ない(休日の方が人通りの多い道なので、そう工事で掘り返したり出来ないのだろう)為か、自転車で走ると爽快この上ないのだ
 結局、月曜の運動量は徒歩4.4K歩、自転車17Kmとなった

 結構良い運動した3日間だが、最後にお茶したのがナンなのか、最近の体重増加は止められないなぁ…と云う状況で
 今月に入って70Kgを切ったのが1回、平均体重が71Kgになっているのがもぉ…どぉしたモンかと
 少し考えなければイカンかも知れん

 さて、今週は残り3日、来週は通院が有るのでやはり4日出勤と云う状況なので、アニメインプレが何処まで捗るか…
 来週は無理っぽいなぁ…出来るだけ早くしたいが
 と、云う訳で来週も日記系になりそうな感じだ
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

はずるウルトラマンとそれが声優!大全集

 と、云う訳でやはり日常系…

 金曜日は特にコレと云って変わり無く、夕飯は馬橋の千成亭
 毎回頼んでるコーンスープが材料不足(コーンの粒缶は入手可能らしいのだが、スープにするペースト缶が入って来ないらしい)と云う事で販売中止状態に…orz
 定食だけを戴いて帰宅、翌日を迎える

 土曜日、午前中は何時もどおりダラだらダラ…で、午後は自転車に乗る訳だが
 次週で購入1周年を迎えるので、自転車屋に定期点検を申し入れる予定だが、ソレまでに走行距離を調整したい…と考える
 出来れば月平均で120Km位走っている…と云って置きたいのだが、その時点でサイクルコンピュータの総走行距離は1,410Km…あと30Kmで120Km*12ヶ月=1,440Kmになる
 まぁ考えて見れば、1ヶ月に週末は4~5回、全てで晴れている筈も無く、雨が降れば自転車で出る事も無い
 各週末に15Km程度づつ走れば、月120Kmの走行になる計算で、雨天日の代わりには、年数回の祝日(今年は土曜と重なって休日扱いにならない祝日が多い年だったが)や、通院休暇で休んだ際に、通院(自宅・本郷間 往復)を自転車で走ったりする事で補完しており、大雑把この程度の距離になる
 で、来週が1周年なので、今週土日で其々15Kmづつでも走れば充分間に合う距離である

 で、秋葉原での漫画購入及び同人誌購入(先日、とらのあな通販で発注した、あさのますみ・畑健二郎両先生の夏コミ新刊『それが声優! 大全集』の入荷がメールされたので、ソレの受け取り)と用事が有ったので、何時もの京橋コースへ行くか…と、走らせる

 秋葉原での用事は帰り際で良いとして、何時もの京橋信号で帰って来ると、15Kmに若干足りない感じがするので、東京駅にも行く事にした…円谷ショップで知恵の輪購入の為である

 最早最近は結構足繁くになった円谷ショップ東京駅…店員さんと話して知恵の輪コーナーに行くと…やっぱ、ウルトラアイは品切れ中
 …ナンでも、この手の商品は再入荷が無いとは云わないが、結構少なく、先日の品切れ以降まだ入荷していないそうなのだ…
 その代わり、10月発売となっていたが、9月30日に前倒しで店に出ていたのが標記『はずる ウルトラマン』の2種類(科特隊マークとベータカプセル)である
 科特隊マークは難易度1、ベータカプセルは難易度3と云う事で、先日買ったTDFマーク(難易度4)より簡単…とされているのだが、取り敢えず店頭で見てみると科特隊マークは結構重い…厚みも有るし、良い感じかな…
 触って見た感じ(コレは以前にリンクした記事にも有るが、流星の流れる向きに垂直方向で割れ、2つのパーツになるパズルなのだが)既に割れた状態で置かれており、その場で立ってイジって見ても突破口が見付からない
 難易度1でも侮れないかなぁ…と思って、取り敢えずコレを購入した

 で、同人誌の方だが…受け取りには到着メールからリンクで飛べるサイトで確認出来る受領用番号(バーコード)と身分証明書が必要(保険証・マイナンバーカード不可…それ以外の身分証明書の無い人は素直に郵送料をチト高く払って自宅宛て送らせろって事でしょう)と云う事だったのだが、身分証明書になる免許書を忘れて家を出た事を、東京駅に向かう途中で秋葉原を通過した時に気付いた…
 受け取りは日曜日にしよう…と思って、新刊だけ購入した
 今月は『警部銭形 銭形警部北へ篇』と云う事で、このシリーズ、最初は『普通に其々の事情で殺人を犯した犯罪者が、ルパン(の一味)の仕業に偽装する事で逃げ様とする…が、ルパンの疑いが有る、と銭形が呼び出され、偽装を見破った銭形に事件が解決される』と云うパターンだったのだが、WEBコミックになった所でルパン一味が微妙に登場してくる事が増えた
 まぁソレでも大元の事件はルパン一味の犯行では無く、銭形は普通に事件を解決するのだが、この作品での銭形は半端無く敏腕警部であるのは間違いない
 愛読のシリーズである

 さて、買い物も済んだので、御徒町のガストで一休み…レシートのアンケート回答特典でのドリンクバー割引が10月3日までだったので、此処で使うか…と、ユックリ満喫
 帰宅途中、思い立って合羽橋商店街に寄り道、道具街祭りを来週に控えたサトウサンプルで少々駄弁って帰宅した

 さて、日曜日
 コレも午前中は同じく(ただ、今週からTVの時間帯が変わってプリキュア→ライダー→戦隊になったので、結構意識が覚醒した状態でライダーを見たなwww)過ごし、午後は自転車に
 残り15Kmになるのだが、今回は寄りたい場所が…
 と、云うのもコメダ珈琲店なのだが、プリペイドカードを購入、利用しているのだが、最近行ってないなぁ…と土曜の晩に思い立ったのだ
 この手のプリペイドカードは使わないとチャージしている金額が無効になる事が有るので結構油断出来ない
 調べてみると、最後に利用したのは今年の2月で、有効期限は最終利用年月日の2年後…つまり、再来年の2月、と云う事になる
 まぁまだ間が有るとは云え、久しぶりに行くか…と思ったのだが、池袋に行くには秋葉原と方向が違うし…と考え、秋葉原で用事を済ませてから、北千住に取って返し、コメダに寄る…と云うルートで考える
 その侭、自宅→秋葉原→北千住→自宅では15Kmにならないので、秋葉原を越えてから若干東京駅方面にオーバーランして戻り、秋葉原で用事を済ませてから北千住に…と云う方向でルートを作成、走ってみる
 北千住駅前では共産党が演説かましてたが、取り敢えず無視決め込んでコメダに向かった
 北千住のコメダは基本、待つ…常に満席なのだ
 取り敢えず、何時もなら待つ位なら…と、北千住のガストに行ったりもするのだが、今回はコメダのプリペイドを使う事が目的なので、兎に角席が空くまで待つ
 何とか席に通され、たっぷりアイスオレ(無糖)とミニシロノワールで落ち着く
 横溝正史『幽霊座』を読みながら時間を潰して、帰宅

 …と、その前にフと気になってコメダの下に有る書店に寄る
 最近、北千住に用事が無かったので、全く行ってなかったのだが、先週・先々週とアレだけ探した『おへんろ 徳島編』が見付かるかな? と、気になったのだ
 結果…見付かるしwww
 先週までの2週間はナンだったのか、と云いたいのだが、まぁ最終的に収まる所に収まったのでコレはコレで良し、と云う事にして、今回は笑い話の1つになる

 で、帰宅…途中端折ったが秋葉原では免許証とiPod touchのメール・Safariで受領番号を表示して『それが声優! 大全集』を受領した訳だが…分厚いな、コレwww
 600ページを軽く越す勢いなのだが、2011年冬コミでスタートして、ミケ毎に新刊出して、宣伝や新刊に乗せなかったWEBでの4コマも収録して…とやったらこうなった…と云う、有る意味『確信犯』と云うか『やらかした』と云うか…な冊子に出来上がっていたwww
 コレ、夏に会場で買った人、死んでるんぢゃねぇか? 多分、初撃で行かないと買えなかっただろうから、アレ持って1日駆けずり回るとか…無いわwww
 奥付は2刷扱いだったが、もぉ良いや、コレはソレでwww
 幾つか買ってはいたので、持ってる分も若干有ったのだが、ソレも含めて未読だった分も併せて全て流しで読めたのは良かったんだけどね…
 厚過ぎて、読むのに冊子の保持が面倒臭い…と云うのも有るんだがwww
 コミックスにもなったが、途中で止まってるし、まぁ買って損したとは思わない…その中で活躍している浅野氏だから出るネタと云う事も有り、買って良かったと思う

 さて、週末の話はこの辺りなのだが、土曜日に買った『はずる ウルトラマン 科特隊マーク』だが…パッケージを開けてみる
 すると…パッケージでも分割して収まってる?
 外して、戻す…ぢゃなくて、今回は戻すのが命題?
 只管悩んだのだが…解けた
 タネが判れば簡単なモノで、確かに難易度1と云われるのも判るのだが、コレに閃くかは全く未知数、閃かないとカナリ延々と悩む事になる
 で、感想として…成程、コレは『外してから戻す』では簡単過ぎる
 組み合った状態から外す為には考える要素がまるで無く、その方向でしか動かないのだ
 で、その逆順を辿れば簡単に組める訳で…コレはバラされた状態からノーヒントで組むのが難しいのである
 まぁ此処まででも充分ヒントになるけど、具体的な解き方は公表しないけどね^^;

 と、云う訳で来週はやる事が結構有るかな
 取り敢えず散髪…年2回(4月と10月)の散髪タイミング、合羽橋道具街祭、自転車の1年点検…最低でもコレをこなさないとならない
 まぁアニメの感想もぼちぼちと書いていく積もりだが…まだ1行も書いてないしなwww
 取り敢えず、次回は月曜が休みなので、更新は水曜かな
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »