« Ninja250一ヶ月 | トップページ | 17年5月速水亮FC大会 »

2017年5月 9日 (火)

Ninja250一ヶ月その2

 日記系…と云うか10年越しの新車購入に浮かれてる莫迦モノの戯言…と読み流せる人が多いと良いなぁwww

 さて、そんな訳で絶賛慣らし運転中のNinjaだが、先日やっと取説に記載された800Kmの走行距離を越えて、6,000回転まで上げての『慣らしその2』にステップアップ出来た
 …まぁこの辺の経緯は、間抜けな事だが、一応備忘録として…
 連休前の5月2日、燃料計のメモリが点滅(前回記載したが、インジェクション車であるNinjaは燃料計の表示が結構正確で、デジタル6段階+最後の1メモリが点滅すると、昔で云う『リザーブタンクからの給油に切り替えたのと同程度の残燃料量だ』と云う合図になる)したのでスタンドに入れて給油した訳だが…

 この機体は燃料タンク内に『レベルプレート』と呼ばれる板が貼ってあり、取説では『レベルプレートの下端以上は入れず』と書いてある
 コレを読む前に(ってかシッカリ読んだのはつい先程www)最初の給油(納車直ぐに燃費計算の為に満タンにした)をしたスタンドの兄さんが『この板がひたひた程度までは給油O.K.』の様な事を云っていたので、ソンなモンか…と思っていたのだ
 で、今回は自宅最寄の何時ものスタンド
 ソコでの初めての給油だったので、担当した兄さんに『覗いた時に見える板が浸る位まで入れて大丈夫だそうだから…』と話したら、結構頑張ってくれた様でキャップの下面が触れる板ギリギリまで給油してくれて…
 まぁソレでもキャップを閉じた際に溢れる様な事が無かったから、コレで良いか…とスタンドを出たのだが、結果から云えば間違いであったのだ

 誤算その1.給油時は正常な水位を作る為ってのと手間の面で、単車はスタンドで立てるのではなく、両足を踏ん張って立たす…つまり、スタンドで立たすと若干でも横に傾いで立たす事になるので水位が変わるのだ
 詰まり、両足踏ん張った状態で一杯ゝに入れた燃料は、スタンドで立たすと零れる事になる

 誤算その2.連休直前での給油は、その後の連休では遠出の予定は無かった為、零れるかどうかのギリギリの位置で数日過ごす必要があった

 誤算その3.給油は帰宅時だったので、深夜…詰まり、給油時の気温が低かったが、気温が上がる日中になっても放置していた
(通常時は、この気温になる前に出勤として単車に乗っており、燃料が膨張する前に一定量は消費していた)

 …結果、燃料が溢れたwww
 最後のが決め手だと思う…気温上昇で燃料が膨張してキリギリだった水位に駄目押しをして溢れた…と云う事だろう
 取り敢えず安全設計である単車は、キャップ面から溢れずにドレーンホースと云う管を通ってエンジン下に落ちる
 エンジンの燃焼室は当然完全密閉された空間なので、エンジンを掛けた事でイキナリ爆発…と云う事は無い
 が、地面に落ちた燃料が昼間の熱気で気化してガソリンの臭いがその辺に充満した…
 こりゃ不味い…この辺で路上喫煙でも有れば大爆発である

 と、云う訳でドレーンホースの出口をウエスで拭いて、下に落ちた燃料には中性洗剤(化学反応を起こして燃焼性を落とすのと、洗剤の香料でガソリン臭を消すのとの意味合い)を振り撒いて対応する
 昼食後、取り敢えずこの侭では危ない…と云う事で、急遽単車で出掛ける事に…

 さて、今回は『単車で出る事』が用事であるので、何処に行くとかどの位走るとか、全く考えないノープランである
 取り敢えず、慣らし中(まだ770Km程度…出して5,000回転縛り)だった事も有り、勢い遠くはチト避けたいし全く知らない道も(思い通りに速度を出せない為に)怖い…しかしながら、慣れてるとは云え連休初日に通勤路を走るのは気分的に嫌だwww
 と、云う訳でかつての通勤路、国道14号線を千葉方面に…と云う方向で走り出す

 丁度、川崎の専門店が千葉市に有ると云う話も聞いてた(ってか、10年少々前、ZZR250の合鍵(元鍵を無くしたので、川崎純正のキートップが付いた奴が欲しくて)行った事が有ったと思うんだが…)ので、前回話にあったNinje250のバックミラーに履かせる高下駄も『有れば良いな』…と、その辺まで行ければ良いかな…と云う緩い走りである

 途中までは通勤路と同じく、白髭通りで東向島から6号に乗り、直ぐに交差する平和橋通りに入ると直ぐ奥戸街道にスイッチ
 蔵前橋通りにぶつかった所でソッチに変えて14号に合流…と云う感じで千葉入りする
 その侭14号をひた走りなのだが、14号って本八幡以降は往復1車線の狭い道が続く訳で…昔は此処を通勤してたと思うと、結構根気有ったなぁ…と、今更ながらに感心する位、道が悪い
 兎に角耐えて幕張IC辺りで車線が増えるのを待って、やっとストレスが解消される

 その侭稲毛区を越えて…途中で目指す店では無いが、大型のバイク用品店を見付けて入ってみる…ヤッパ無いわ
 元々、Ninja250又はNinja250R専用とか云うピンポイントの商品だし、在庫を持つ店は無いのだろう(パーツ自身も高いし)
 適当に走って疲れたし、目指す店は見付けられなかった(まぁMAPを確認しながら詳細に走ってた訳でも無いし)ので、このまま帰るか…と思ったが、あの糞狭い14号をもう一度走るのが嫌になったので柏方面に進路を取ろうか…と考えた時、燃料系からメモリが1つ消えた
 取り敢えず、目的は達したし千葉市から柏に抜けて帰るとか、それだけで更に60Km位走りそうな行程は嫌だ、と考えを変え、14号のガストで休憩して14号を戻る道に進路を戻す

 で、帰宅したのだが…目出度く総走行距離が800Kmを超えた
 コレで心置きなく6,000回転まで上げられる…と、云う事で月曜の通勤時に早速頑張ってみる
 新車はエンジンも当然新しくパワーが十全に出るのでアクセルが軽いゝwww
 つい6,000以上上げそうになるのを我慢するのは今までと同じ程度の根気が必要かwww
 まぁソレでも77Km/hは出るので、車群に置いて行かれる…ってか後ろの自動車に気を使って走る事が無くなっただけでも充分ストレスは解消される
 取り敢えず、あと200Km走ったら1,000Km点検で、その後は3,000Kmまで頑張って、以降は3,000Km刻みで整備すれば良いかな

 さて、単車関係で書こうゝと思って書きそびれてたネタを一つ
 スペアキーの話である
 新車は、普通鍵を2つ貰う
 普段乗車する為に使う鍵と、万一ソレを無くした際に使う・合鍵の元鍵として保管する為である
 私は自宅に駐輪スペースが有る家なのだが、万一の来客(父親が死んで殆ど来客も無くなったのだが)時に単車を移動する必要が出た際、鍵を全部私が持つと困る…と云う事で1つを自宅に置いている
 で、昔、出先で鍵を紛失した事が有り、その時の経験から鍵は2つ常備する様気を付けているのだが、そうすると鍵が足りない事になる
 普段乗車用は上記の通りキートップが川崎純正の、新車購入時に貰った鍵の一つを使う訳だが、予備としてキーホルダーに付けて置く鍵は逆に目立たない様に普通の合鍵系で欲しい…と、思っていた

 ソコで、合鍵屋で鍵を1つ作る事にした(ってか、新車購入毎にこの様な事はやっている)のだが、この10年で合鍵事情が一気に変わっていたのだ
 最初に行ったのは通勤路にも有るイオンモール柏に出ているリアット! である
 鍵を見せて川崎の単車で有る旨話すと鍵を持って在庫スペースへ…
 その侭戻って来て、次は合鍵用のカタログを開き出す…結果、鍵が新しいのか、取り扱いが無い…との事
 確かに17年式と一番新しい機体では有るが、車種ソノモノは13年式以降カラーバリエーション位しか変更せずに生産されている人気商品である
(実際、発売開始の13年以降、国産125~250ccクラスの新車出荷数では常に上位4機に入っている)
 兎に角、合鍵のベースが無ければ作れない、当然の事なので店を後にするが、去り際に聞いてみると、リアット! と云うチェーンでは基本的に同じ合鍵カタログを使っていると云う事なので、此処でリアット! の可能性がほぼ全滅する

 次に、チト遠回りになるが流山おおたかの森S・Cに店を出しているミスターミニットに行ってみた
 しかし、此処はもぉ問題外…川崎の単車と云った途端に門前払いである
 単車の合鍵を求める層は非常に少ないので、在庫を置かない…との事、WEBではバイクの鍵も速対応…の様な調子の良い事を書いていてコレでは話にならない

 その後、NETで検索するも、川崎純正パーツとしてバイク屋等を通じて発注すれば入手可能なのは判るのだが、ソレでは上記の通りキートップが純正の黒い樹脂製になる
 色々検索してソレでも仕方なしか…と思い、購入店に発注を依頼するかギリギリ(整備中のSHERPAを引き取る際に発注するつもりだった)の所で、途中下車して行ける店が見付かる
 有楽町(私の最寄は三ノ輪で整備工は下馬…渋谷でバスに乗るので、有楽町で途中下車すれば行けない事も無い)のガード下に有る『鍵のレスキュー合鍵ショップ』と云う店が見付かった
 取り敢えず、無駄足は御免なのと、WEBに『お急ぎの場合は必ず店舗に電話でお問合せ』と書いて有ったので、店に電話…
 川崎の単車である事、オリジナルキーなので鍵番号も当然車種年式もこの場で話せる事を伝えたが『実際に見てみないと判らん』って…予め電話させる意味無いだろうが!!

 兎に角、コレで駄目なら純正キーの発注かな…と、半ば期待せずに家を出る
 今回は整備完了のSHERPAを引き取るだけなので、徒歩(電車)で行く事にしているので、日比谷線で有楽町に…
 ビッグカメラ側に出たので店が見付からず、線路跨いで反対側でやっと見付ける(その辺も電話案内が悪いorz)
 で、鍵を渡して数分…見付けて来たよ、合鍵www
 鍵の刻印にはGSSのM436(ちなみにSHERPAはFUKIのM394…合鍵の刻印が判っても削り出すキーパターンが違うので私の備忘録として一応書いて置く)とあり、コレで良いと思われるので、作製して良いか確認されたが、当然作って貰う
 実車が自宅なので、その場で確認出来なかったが、合わない様なら修正可能なので、もう一度持って来て欲しいと云われて鍵を渡される

 整備工でSHERPAを受け取り、自宅に乗って帰って来たら、先ず試すのが合鍵である…で、合ったよwww
 エンジンキー・燃料タンク・タンデム下の小物入れ、全ての鍵が合鍵で開く事を確認して、無事キーホルダーの中に入った
 直近で単車を買ったのは11年前のZZR250の時だったのだが、その際は此処まで合鍵で苦労はしなかったのだが…
 単車人口が減っている事は前々から報道されているし、確かに普通に道を走っていて単車とすれ違う事も減っているのだが、此処まで影響しているとは思わなかった

 取り敢えず、直近の心配はSHERPAがZZRよりも1年古く、既に12年乗っている事になる訳で…整備工に云わせれば、ZZRよりもガタは来ていないそうなので、まだ行けるとの事だが、更に10年…とかは流石に持たないだろうしなぁwww
 で、そうなるとSHERPAは既に生産中止(欧米仕様のSTOCKMAN250は生産中…だよね?)しており、同じくデュアルパーパス車となるKLXも昨年度モデルが国内仕様最終モデルとかで生産を終了するらしい…
 この侭だと、デュアルパーパス車の方で購入対象になる機体が無くなる恐れが…と云う辺りだが、最悪、STOCKMANの逆輸入しかないかなぁ…

 本来、その辺は現用のSHERPAが壊れてから心配する物(と、云うかソモソモ壊さない様に使うのが原則)なのだが、使用年数が年数だけに心配である

 さて、連休明けなので簡単に…と云う事で、と云う積もりだったのだが、思いの他長く書いたな
 次回は…ナニ書くか、週末が速水亮氏のFC大会なので、その辺のネタが書けるかも知れず
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« Ninja250一ヶ月 | トップページ | 17年5月速水亮FC大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ナラシ走行お疲れ様でした。
息子も言ってましたが、エンジンのナラシが一番気を使うのでツラいとのことでした(^_^;)

二輪の給油タンクですが……そうか、直立の状態で満タンにしてその後斜めにするとこぼれちゃうかも知れないんだ(^_^;)当たり前の様ですが今まで全然考えもしなかったです(^_^;)

投稿: いぶき | 2017年5月14日 (日) 19時17分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝します

 慣らし運転は継続中です…ただ今、第2段階(6,000回転縛り)です…こちらは1,600Kmまでとなっており、現在1,200Km強、あと1週間少々でしょうかねぇ…

 新品の自動車はその性能が十全に出ており、吹け上がりも良いので、『つい…』で回し気味になるんですよねぇwww
 まぁ本文の通り、6,000回転も回せば6速で77Km/h程度は出るので、普通に車群に混じる程度は不自由なく出来るのですが…ソコは単車ですから、車間すり抜けとかやる時に『もう一声』的な加速を欲しがる時が有るのを自制しますwww

 SHERPAも新車購入時に一度溢れさせてますwww
 …成長しない事は情け無い限りですが、一度コレをやると、次から『此処まで入れると溢れる』的な目安が自分の中で出来るので2度はないです…
 単車は四輪と違ってスタンドでも『満タンで自動的に給油が止まる』仕組みが無いので、セルフで無い限り、給油時は必ず店員が付きっぱなしになります
 前にその店員に聞いた話だと、『まだ大丈夫、と云って給油を続けさせて、溢れたら店員に怒るライダー』と云うのがソレナリにいるらしく、ソレ聞いて『ソンなん理不尽だよね』といったら、『お客さんみたいな優しいライダーだと、新人教育に良いんです』と云われましたwww
 喜んで良いんだか悪いんだかwww

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年5月15日 (月) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/65256926

この記事へのトラックバック一覧です: Ninja250一ヶ月その2:

« Ninja250一ヶ月 | トップページ | 17年5月速水亮FC大会 »