« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月25日 (火)

17年4月開始アニメ

 と、云う訳で終わるアニメ有れば始まるアニメ有り…と、云う事で既に1ヶ月近く経っているが、4月に開始したアニメのインプレを書きたい
 先ずは2chアニ雑スレから編集した今期視聴予定アニメの一覧を

■日曜日
・キラキラ☆プリキュアアラモード
・アリスと蔵六
・ID-0
・つぐもも
・リトルウィッチアカデミア(TV版)
・僧侶と交わる色欲の夜に…

■月曜日
・笑ゥせぇるすまんNEW
・ゼロから始める魔法の書
・フレームアームズ・ガール

■火曜日
・ロクでなし魔術講師と禁忌教典
・アイドルマスター シンデレラガールズ劇場
・覆面系ノイズ
・終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?
・王室教師ハイネ

■水曜日
・喧嘩番長 乙女
・RoomMate
・ラブ米 -WE LOVE RICE-
・武装少女マキャヴェリズム
・サクラダリセット
・サクラクエスト

■木曜日
・月がきれい
・冴えない彼女の育てかた♭
・クロックワーク・プラネット
・カブキブ!
・恋愛暴君

■金曜日
・ひなこのーと
・兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-
・ツインエンジェルBREAK
・正解するカド
・sin 七つの大罪
・ソード・オラトリア ダンまち外伝
・信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎篇~
・神撃のバハムート VIRGIN SOUL

■土曜日
・僕のヒーローアカデミア
・名探偵コナン
・進撃の巨人 Season 2
・アトム ザ・ビギニング
・Re:CREATORS
・GRANBLUE FANTASY The Animation
・エロマンガ先生

 6+3+5+6+5+8+7=40本/週か…ジャスト40本…切れなかったな…まぁ一応減ってるかな
 2期系で見る事が確定なモノから既に録画のみになってるモノまで結構有るな…
 取り敢えず、個別インプレ、行くか

・アリスと蔵六
 漫画が原作っぽいな…SF(異能モノ)
 異能を『持って生まれた』のか『持たされて生まれた』のかチト不明だが、国家プロジェクト的に開発された超能力少女のイザコザと、ソレに関わった一般人の頑固爺ィ…と云う組み合わせの話
 こう云うコンビは珍しいので、目新しい感じはする
 継続視聴予定

・ID-0
 此方は完全にスペオペ系SF
 戦闘行為は余り無さそうだけど、衛星・彗星に有るエネルギー源となる鉱石の採掘権絡みでキナ臭い展開と、実際の掘削作業のアクション性とのバランスは悪くない
 これも継続視聴は間違いないかな

・つぐもも
 少年誌系のライトなエロさがウリなのかな?
 メディア版は規制解除版になるとCMしてるが…付喪神と相棒になる少年の妖怪退治をメインに置いてラブコメ系の話を織り交ぜた感じになるかと…まぁ面白そうだし、継続視聴

・僧侶と交わる色欲の夜に…
 こっちはレディス系のWEBコミック原作っぽいな
 こっちもメディアでは削除したエロシーンを載せるっぽいCMをしてるが、絵柄的ってかレディス系特有の嫌らしさが出てるので、18禁になるんぢゃないか? と思わないでもないwww
 同窓会で『昔好きだった青年』と再会したら、実家の寺を継いで僧侶になってた上、二人になるとエロ全開…ってレディコミのパターンのアレンジバージョンかな
 時間帯の都合で見てるだけ、録画せず

・笑ゥせぇるすまんNEW
 大平透氏が永眠され、玄田哲章氏が喪黒福造を当てているが、大平氏の遺言の一つだったらしいと云う事で、期待したい
 …ただ、時間に追われてまだ見れてない(録画済)なのが悲しいが
 話としては、かなりのブラックジョークなのは当然知ってるので、覚悟して見るしかないのだが

・ゼロから始める魔法の書
 魔女と魔法を使えない人間との大規模戦争終結後(魔女の方が単体での戦力は大きいが、ナニブン絶対数が少ない故に負けた)、魔女狩り筆頭になる獣堕ち(生まれながらの獣人)と魔法の書を記した魔女の旅…らしいが
 主人公の魔女は現在の魔法がほぼ自分の記した魔法だけにカウンターマジックが使える…って事は、結構無敵ぢゃね?ww
 取り敢えず2話まで見たが、チート感は無いかな…

・フレームアームズ・ガール
 えっと…武装神姫?www
 フィギュアサイズで自律稼働の電動人形(女の子)とテスト依頼をされた女子高生との日常…そんな技術が確立してる割に日常の科学レベルは現在と変わらず…と云う矛盾は有るが、その辺は武装神姫で慣れたwww
 コトブキヤがメインスポンサーなの(提供紹介では最後だけど)か、コトブキヤのニッパを非常に推してるんだがwww

・ロクでなし魔術講師と禁忌教典
 ラノベ原作っぽい
 カウンターマジック専門で格闘術で敵を倒す魔法使いが学園の魔術講師になって…と云う事らしいが、生徒の方にも曰く有りの娘も居たり、その辺で話が膨らむっぽい
 まぁ絶対のカウンターマジックってのは対魔法使いでは無敵だしな

・アイドルマスター シンデレラガールズ劇場
 所謂デレマスのSDキャラでのパロ
 ぷちますと違って『SDの別キャラが居る』訳ではなく、飽くまでデレマスの番外4コマ漫画的な軽い気持ちで見れる感じの
 5分アニメだし、特に気負わずに見れるかと

・覆面系ノイズ
 久しぶり…かな? の『花とゆめ』原作
 最近花ゆめは読んでないから、当然この原作も知らないけど、一応期待出来るかな?
 音楽+恋愛+三角関係と云う、まぁ少女マンガのスタンダードと云えばその通りなんだが、どの辺で差別化するか、ソレとも変化球無しの直球勝負で来るか…取り敢えず楽しみに見たい

・終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?
 ラノベ原作らしいけど…取り敢えず2話まで見て『終末』とタイトルに有る通り非常に救いが少ない展開になりそうな…
 絶滅までのカウントダウンが始まってる状況で、獣人属性の無い固体が差別される世界で、世界最後の『純血の人間』と生態兵器として育てられてる妖精種の交流…から、どんな展開になるか
 鬱展開は避けられ無い気もするけど、出来れば楽しい方が良いなぁ

・王室教師ハイネ
 イケメンばっかなんだが、腐臭は余りしないかな…
 女っ気が全く感じられない(1話で皇太后だっけ? が出ただけ)なのだが、テイストがコメディだし、まぁヤに下った腐女史には良い材料なのだろうが、そう云う目で見なければソレナリに面白いかな
 第2~第5王子の教育を任された『子供にしか見えない』教師の話

・喧嘩番長 乙女
 15分アニメと云う…短いんだか短くないんだかwww
 4月に出会い頭にぶつかった男子高生から無理難題吹っ掛けられて不良学校に通う事になった女子高生…と云う、字面で見れば一昔か二昔前に良く使われた設定なのかな?
 何もかもが御都合主義なのだが、ソレを踏まえて見るべき話だと思われ

・RoomMate
 前期『OneRoom』の男女入替え版
 今度は『自分』が女性で男性キャラの一人芝居…ってか、今回は3人とイキナリ同居って事で、1人4話*3人ではなく、同時攻略?www
 男が見ても余り面白いモノでは無いのだが、時間帯の関係で流して見てるだけ

・ラブ米 -WE LOVE RICE-
 5分アニメだが、莫迦系
 米の銘柄を名に持ったキャラが米のマイスターを目指す話…らしいのだが
 取り敢えず、こう云う『本当にナニも考えさせないナンセンスギャグ』と割り切れば、ノリはは嫌いではない…のだが、展開次第ではクドくなるかなorz

・武装少女マキャヴェリズム
 札付きの矯正施設と化している共学高に送られた主人公が、独立自治を担当している武装女子高生(妹分の中学生も)とバトる話っぽいのだが、コメディ色が強くて色恋系も若干?
 この程度の塩梅は嫌いでは無いので継続視聴予定

・サクラダリセット
 異能力が当たり前の街で、時間を巻き戻せる(色々制限もあるし、戻しても、その記憶が残らない)娘と一度見聞きした物を完全に思い出せる男子高生が人助けをする話?
 なんか2話掛けてプロローグだったのか? 話の中心になりそうだったクラスメイトがイキナリ死んだぞwww
 ラノベ原作らしいけど、レーベルは角川スニーカーだし、ソコまで破綻はしてないと思われ
 実写映画もほぼ同時に進行してるらしいけど、アニメの出来が良ければ良い程、実写はハズすと思われwww

・サクラクエスト
 だからP.A.はオリジナルを作るな、とアレほど(以下略
 地方再生の一環で始まった『ミニ独立国』(テーマパーク)の再生を任された就職活動全滅の新卒女子大生の話…らしいが
 先ず間違いなく話が破綻する事は目に見えてる(P.A.だし)
 取り敢えず、多分駄作扱いだろうケド、駄作を駄作と断ずる為に流し見る程度

・月がきれい
 中学生の恋愛話
 作中でも台詞が有るが『I love you』を『月が綺麗ですね』と訳したのは夏目漱石だと云う逸話が有るのだが(作り話と云う説も有る)
 高校生の様なスレたと云うか直ぐキスだのデートだのと展開の速い恋愛脳では無く、非常にもどかしい初々しい恋愛が見れると思われ

・冴えない彼女の育てかた♭
 第2期のラノベ原作アニメ
 無駄にモテる(本人に自覚無いのか?)ヲタと云う現実には居そうに無い展開なのは百も承知なのだが、アクションを掛ける美少女が結構積極的なのは流石に『フィクション』全開である

・クロックワーク・プラネット
 世界の滅亡を時計職人が救った…って、この時点で突っ込んだら負け感が半端無いwww
 惑星の代わりにデカイ歯車仕掛けの大地を作って千年、ソロソロ本格的な整備が必要になったが、ソレを出来る人間が殆ど居ない世界で、歯車の可動音に詳しいだけの半人前技術者と整備能力が高い少女技術者が世界を守る…的な?
 まぁ…冒頭に書いた通り突っ込んだら負けなので、見るか見ないか、だけで決まるかな

・カブキブ!
 男女入替えたラブライブ!ってか、ウザい傍迷惑男子高校生が周囲のクラスメイトを巻き込んで歌舞伎部を作って『自分で歌舞伎を演じたい』とする…これ、本当に女子高生がアイドルで…であれば、ラブライブの展開と同じ
 駄作感が其処彼処に有る気がする…場合によっては切る可能性が高いかな

・恋愛暴君
 天使が悪戯でカップル乱造…真夏の夜の夢のパックかよ…と先ず思ったのだが
 デスノのパロ感満載なキスノートって設定と良い、ナンか各方面から突っ込みか文句が来そうな作品なんだが、映像化して良いのか?
 まぁメインヒロインがヤンデレとか、何処までもやらかしてる作品(この場合、やらかしてるのは作品であって制作では無いが)なので、逆に行き先が不安だ

・ひなこのーと
 田舎暮らしの引っ込み思案…ってか、対人硬直で『特技:かかし』って既に社会不適合者だろ、ソレ
 他にも一癖…ってより異常者ばかりの中で『コメディ』って…ギャグに走るなら兎も角、コメディをするには設定が異常過ぎ
 そう云う意味では前期の『うらら~』に通じる物が有る
 私は余り好きになれないかな

・兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-
 5分アニメ
 金曜日(私は毎週金曜は夕食を外食で済ませるので、帰宅が遅くなる)でしかも録画せずなので、非常に中途半端に見る見ないが決まるのだが…それで良い程度
 声優陣はナンか豪華な気がするが、日常系と云うのもナニなナンセンス系…特に云う事は無いかな

・ツインエンジェルBREAK
 ツインエンジェルってぇと昔、快盗天使だっけ? ってパチンコのキャラを元にしたアニメが有ったが…どぉもその系統らしいな
 話は結構違うのだが、世界観は継続している感じで、『プリキュアの派生系』とでも思って見れば良いのかな…
 取り敢えず、見る方向で

・正解するカド
 東映が前面に出て作ってるオリジナルアニメだったのね
 動画サイトのコメントで腐臭がどうの…と有ったので、一瞬敬遠したんだが、見てみるとソンな事は無く、政治的な事を絡めたSFで結構面白い
 日本が交渉相手に選ばれた理由として、余剰する物なら生活必需品でも不足した同胞に分かち合う性質を多く持っている民族の国家だから…的な話があったが、まぁ他の国と比較すればまだ若干その辺の気質は多いと思うが、最近はその辺の気質が薄れて来てるよなぁ…と、思わなくも無い
 さて、日本だけが一方的な恩恵に預かれる状況になって、列強各国がどう動くか…この辺の政治劇が中心になるかも知れず、有る意味興味

・sin 七つの大罪
 七つの大罪って云うから、夕方アニメになったアレの続きとか思ってたが、まさか地上波表現規制付きの『一歩間違えばエロアニメ』な作品だったとは…www
 取り敢えず、堕天使が悪魔に対抗する話…って事らしいが、どうなんだろう…この作品展開はクイーンズブレイドを思い出す
 アレも結局、話は有って無い様な感じだったしなぁ…

・ソード・オラトリア ダンまち外伝
 ダンジョンに出会いを求めるのは間違ってるだろうか(通称『ダンまち』)の外伝…と云う事で、裏ヒロイン(?)のアイズ・ヴァレンシュタインがメインになる話…らしい
 ダンまち本編では、多少感情表現が希薄な感じは受けるが完全無欠な女剣士として描かれている彼女をどう主役にするか、興味は有る
 継続視聴予定 

・信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎篇~
 えっと…前期に2クールで終った訳ではなかったのか
 まぁ面白いから続く事には歓迎なのだが…
 信長は伊賀を滅亡に追いやった武将としても有名なのだが、その辺までやるとナンか凄い事になりそうな気がするのだがwww
 まぁ継続視聴

・神撃のバハムート VIRGIN SOUL
 ソシャゲ(ネイティブアプリ)原作
 元のゲームは未プレイなので、話がゲームに即してるかどうかは知らない
 神(?)に人が戦争を挑んで勝ったと云う世界の話らしい
 元神は人間に奴隷扱いの中、奴隷解放的に活躍する義賊(?)と賞金稼ぎの娘(コレも龍らしい…が、隠して生活してる)が中心になるっぽいな
 一応見るけど、余り期待してない

・僕のヒーローアカデミア
 待望の第2期
 取り敢えず、王道の少年漫画『何一つ取り得の無い少年がフとした切っ掛けに開花して強力な正義の味方に』をまんま走る作品
 今回は体育祭メインと云う事で、学生同士の切磋琢磨がメインになりそうだが、第1期の伏線(ビラン連合の介入)も予想出来るだけに展開が気になる

・進撃の巨人 Season 2
 コレもTV・OAD・映画と進めてTVの第2期
 取り敢えずOADは一部見たけど番外編的な話だったし、映画は見て無いな…知らんが、今作はTV1期目の続きらしい
 そういう意味では、私の様な者でも話が判るので有り難い
 コレも終末モノってか、救いは無いよな…

・アトム ザ・ビギニング
 コレにも原作の漫画は有ったのね…当然、手塚作品では無く、手塚治虫の名は『原案』となっているが
 若き日の天馬博士と御茶ノ水博士の話らしいのだが…
 実際の所、私は鉄腕アトムをソコまで詳しく知らんで、天馬博士はアトムを作り出すが、無機物故の『成長しない体』に不満を持ってサーカスに売り飛ばす…って所までしか知らないのだ
 その後、天馬博士がどうなったか…とか、その辺を全く知らない
 故に、どんな変人でも『そうなのか』で済ませられるが、見た感じソコまで気を入れて見る気になれない…何故だかな
 一応継続視聴は予定するが(1クールらしいし)

・Re:CREATORS
 アニメとしての創作物であるキャラが『設定そのまま(異能含めて)』に飛び出して来る…と云うローファンタジー
 主人公は完全に巻き込まれ型で、当然『飛び出してきた人たち(当全、一人二人では無い様だ)』は人間よりも個体能力が飛び抜けている訳で…まぁ有る意味、ローファンの典型的な話になるかと思われ

・GRANBLUE FANTASY The Animation
 今期のソシャゲ(ネイティブアプリ)原作のアニメその2
 取り敢えず、コレも原作ゲームは未プレイなので、ゲームの物語に沿った展開なのかどうかも知らん
 主役二人が1つの命を分け合った存在として『一定以上離れたら死ぬ』と云う設定は稀にある設定なのだが、今までの作品とどう差別化するかは興味かな

・エロマンガ先生
 両親の再婚で知り合った義兄妹が両親の事故死(? 原作読んでないし、調べてもないから推測)で孤児になるも、兄が小説家として収入を得る事で生活が出来る様になったって事かな?
 で、完全引きこもりの妹はその小説家の覆面イラストレータだった事が偶然バレて…って、妹の原稿料(と、ソレに伴う所得税)はダレがどう管理してるんだ?
 ナンか色々突っ込み所は有るんだが、まぁ『俺妹』の作者ペアだし突っ込んだら負けなのかな
 作品はどうでも、取り敢えずミケでタブグラがホイホイになるだろうから、その辺は他が楽になるかな…とwww

 長かったwww
 ケド、1週間で書き切ったかな^^;
 次回は…まぁ更新出来るかな(ネタはコレから探す訳だけど)
 その次がねぇ…GWの関係で1週飛ぶか短めで何か適当に茶を濁すか…
 まぁソン感じで
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

17年3月終了アニメ

 と、云う訳で4月に最終回がズレ込んだ作品等有り、少々掲載が遅れたのだが、先月終了したアニメの雑感である
 例によって、今期終了したアニメを1月時点で視聴を計画したリストからの抜粋という形で掲載する

■日曜日
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
・エルドライブ
・にゃんこデイズ
・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
・アイドル事変

■月曜日
・超・少年探偵団NEO
・ガヴリールドロップアウト
・TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-
・鬼平

■火曜日
・信長の忍び
・ACCA13区監察課
・ハンドシェイカー
・けものフレンズ

■水曜日
・双星の陰陽師
・AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-
・ピアシェ ~私のイタリアン~
・OneRoom
・CHAOS;CHILD
・小林さんちのメイドラゴン
・この素晴らしい世界に祝福を!2

■木曜日
・政宗くんのリベンジ
・SUPER LOVERS 2
・MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang
・クズの本懐
・うらら迷路帖
・セイレン

■金曜日
・幼女戦記
・風夏
・南鎌倉高校女子自転車部
・スクールガールストライカーズ Animation Channel
・青の祓魔師 京都不浄王篇
・昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

■土曜日
・タイムボカン24
・クラシカロイド
・バンドリ!
・3月のライオン
・Rewrite
・亜人ちゃんは語りたい
・霊剣山 叡智への資格
・戦国鳥獣戯画~乙~
・チェインクロニクル ヘクセイタスの閃

 …あれ? 1月視聴アニメと殆ど変わらなくね?
 5+4+4+7+6+6+9=41本/週…視聴計画だったアニメが44本で毎年2月交代4クールのプリキュアとネバーエンディングストーリーのコナン(実際、最近は過去放送のリマスタが放送の半分以上ぢゃね? って気もするが)、あとリトルウッィッチ(2クール予定)の3本だけってか?
 まぁ単なる四半期ではなく、年度代わりである事も踏まえれば当然かも知れないが、見事に終わる作品ばっかたなwww
 まぁ今期は名作がソレナリにあって充実してた気もするので満足だが、ソレだけに続けて欲しいものも結構有ったんだが…
 ただ、今期も結局途中で挫折したモノや見るのを後回しにした結果、結局見なくなって仕舞った作品がソレナリに出た…どうにかしないとなぁ…
 その辺も踏まえて、個別インプレに移りたい

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 ナンか珍しく『ガンダム…ってか主人公陣営が悪役となって終わる物語』だったな…
 所謂クーデター失敗(鉄華団は元々がヒューマンデブリ(所謂消耗品扱いの少年兵)出身なので被支配者層だが、与した陣営がマクギリスと云うギャラルホルン(地球圏の治安維持組織)管理運営部門の一角なので、クーデターで良い筈)側なので、間違いなく以後の歴史教育では悪として語られる存在になるだろう
 で、併せて云えば、三日月、オルガ、アキヒロと云った鉄華団の主要面子がソレナリに死んでるのに、その他サブキャラが殆ど生き残る展開は珍しかったかと…
 まぁ面白かったとは思う

・エルドライブ
 ナンか途中でエロドライブと揶揄されていたが、まぁ…最近のアニメではパンチラすら規制対象になってる中、シッカリその辺描写してる分、そう云われてしまうのかな…でも、昔の過激なヤツを知ってる世代からすれば微笑ましい程度
 宇宙警察者で、一応最後に盛り上がりの為に宇宙犯罪組織の中ボス逮捕劇は有ったが、充分続きは出来る感じ
 家庭教師ヒットマンReBorn!の原作者の作品なので、話は長く出来るだろうし、続編が出れば見る

・にゃんこデイズ
 5分アニメとしては、まぁソレナリ
 猫が完全に意思疎通出来る対象となってる意味ではSF(少し不思議)系ではあるが、それ以外は一応日常モノ
 高校入学までボッチだったのに、猫繋がりでイキナリ友達増えるとか、何でそれで中学時代にポッチだったんだ?www

・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
 番組開始時には前回の設定引き継いでるのか? と思っただけだったが、今回は完全に分割2クールの後半だった様で…
 色々話は収束させてる様なんだが、ナニの所為だ? 最終話だけ4月末に放送予定とか…特に特番で放送帯侵食した様な『やらかした系』では無かったと思うんだが…
 話としては、テイルズの設定を知らない私でも一応判る様に作られていたし、良かったと思うが、ナンにせよ終わってないwww

・アイドル事変
 取り敢えず、今期一番の莫迦作品
 政治だナンだと云っているが、やってる構図は『理不尽な大人に子供の理屈でジャリタレが頑張りました、目出度し目出度し』と云う話
 普通に芸能界の中だけの方が『無駄に突拍子も無い』展開にならないだけ理解出来たかな…
 まぁ頭空っぽにしてヘラヘラ見るだけなら見れるかな…続編はどうか知らんが、出ても余り期待出来ん

・超・少年探偵団NEO
 うん、取り敢えずスタッフと原作漫画の作者は乱歩氏の墓前に土下座に行って来い
 特に面白い展開でもなく、途中からは多少飛ばしても『まぁ良いか』程度にしか見て無かったわ
 明智・小林・二十面相である必要が全く感じられない…
 まぁ今期終了のもう一つの少年探偵団モノでも同じなんだが…

・ガヴリールドロップアウト
 ナンセンス系ギャグ…って事ならソレで良いかな
 私は余り好きではない…と云うか、ぶっちゃけ嫌いな類だが
 開始インプレの時『キルミー』臭がすると云う話だったが、まぁアレ(主人公の片割れが凄腕の殺し屋で女子高生…と云う設定が全く生きてない)よりは多少マシかな…程度

・TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-
 さて、この製作(原作含め)も乱歩氏の墓前で土下座決定
 明智・小林・花崎・野呂・二十面相と乱歩の小説に出てくるキャラの名を使ってはいたが設定を全く生かしてない上、小林の特異体質設定とか、要らん要素を無駄に足してソレが話の中心になってるとか、ナニがしたいのかサッパリ判らん
 2クール付き合った私も良い面の皮だが、完全駄作決定

・鬼平
 コレは名作
 某Barで本作の話をした所、鬼平の顔が劇画なら『さいとう・たかを』氏の絵が思い浮かばれて…(本になってる劇画では、作画が氏なので)と云う話もあったが、その先入観さえなければ、話も纏まってたし、秀作と云って良いと思う
 コレは続編希望だわ、原作小説もストックはまだ充分有る筈だし

・信長の忍び
 歴史の小ネタをギャグにして魅せる感じで良作
 こう云うのは結構好き…時間の都合で見れない話も多かったが、録画済だし、時間を作って見たい
 と云うか5分アニメなんだから見ようよ>私

・ACCA13区監察課
 うん、綺麗に終わったね
 最後の最後でクーデターの首謀区が独立国家となる展開になったが、詰まりこの国以外の『外国』は有った、と云う世界の様で…この国は外交とか全くやってないのかなwww
 政治の話なのに、内政ばかりで外交の話が全く無い事の違和感を無視出来れば綺麗に纏まった良い話だと思う
 続編は無いと思うが、良作だった

・ハンドシェイカー
 う~ん、結局ナニも解決してないよね?
 最終回一つ前がネタバラシ回だったけど、大元の教授の行き先とか、ハンドシェイカーの起源や原理・神の存在等々、そう云ったモノへの伏線を張り直して結局何一つ回収していない
 続編作りたいの? そのワリには今回の元凶とは和解して分かれてるし、全く理解出来ない
 ギルティクラウンの再来…と揶揄されてたが、絵柄云々も含めて話が投げっ放しとか、そう云う意味でも本当に再来かも知れんwww

・けものフレンズ
 うん、御免、1回で挫折した
 一応録画は済んでるので、見ようと思えば見れるんだが…見るかなぁ…多分見ないで終わりそうだが
 一部熱狂的なFanが出来た、とか『うわー』『すごーい』『貴方は○○が得意なフレンズなんだね』と、兎に角相手を全肯定の上で褒める…と云う『出来るキャバ嬢の会話方法』を完全にマスターしている、とか色々話は聞くんだが
 まぁそう云う意味で成功してるなら、私が口出すのは蛇足かも知れん

・双星の陰陽師
 最後の1月半ほど時間が無くて見てなかったのを先日、一気見した
 丁度その辺りから話が急展開した訳だがwww
 陰陽師ってのは…まぁ資料もかなり昔に遡らないとイカン物だろうし、日本における『魔女・魔法使い』に該当する伝説の様なモンだから、こんなの嘘だ! とは云えないかも知れんが、ナンだよねぇ…
 ソレと、この手の話になると、陰陽師の祖である安倍清明は抜きにして語れないんだろうケド、清明が正義のヒーローになるパターンと諸悪の根源になるパターンと2極化する傾向にある
 今回は後者のパターン
 まぁ1年スパンで子供向け…と云う事を踏まえれば、ソコまで酷くなかったかな

・AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-
 良作か駄作か云われれば多分駄作
 元のゲームは、確かに敵対する亜人を『脱がせて退治する』と云う奇抜なゲームだったのだが、話は真面目だったのに対し、本作は余りにも笑いを採りに行く方向に走り過ぎた
 しかも、その笑いもスベり気味だし…この規制ゝの厳しい中、パンツ描写を地上波で堂々やった事は、ある意味評価するが、元々ソレがメインではない筈

・ピアシェ ~私のイタリアン~
 5分アニメでシッカリ作ってきたと思う
 笑える所もあれば、真面目な所もあったし…まぁ原作のままだと思うが設定的に無茶は確かに有ったケド、ソレも踏まえて良かったとは思う

・OneRoom
 元々ゲームだったんだっけ? サターンかナンかでリアルタイム(詰まり、ゲーム機の内蔵時計とリンクした)ゲーム展開をする同居ゲームだったと思うんだが…
 主人公の声無し姿無しのヒロイン一人芝居系5分アニメだが、4話で1人のヒロイン攻略、5話目はリセット…と云う『アマガミ』方式
 まぁ短い時間で適当に良く纏めたと思う
 アングルで色気の有るシーンを用意したのは、この時間帯は御約束か?(前期では『あにトレEX』枠)

・CHAOS;CHILD
 へ? 続編製作決定?
 …まぁ良いけど、所謂『科学アドベンチャーシリーズ』っての?
 カオスヘッド・シュタインズゲート・ロボティクスノートとコレだが、全部『ナンか中途半端』と云う印象が抜けない
 SF考証とか話の作り込みとか、ナンか目に付く所で非常に中途半端感が抜けないのは何故だろう…
 特に本作は第1段のカオスヘッドの直接の続編…と云う事で、その辺の解決がされるかと思ったが、更に続編に続くとか…無いわ 

・小林さんちのメイドラゴン
 久しぶりに京アニ枠で楽しめたわ…今期名作の一つ
 原作に結構忠実だったらしいけど、未読なので詳細不明
 最終回の話は展開が若干違うらしいが、このアニメ版はカナリ良かった…小林さんカッケー
 笑いがメインだが、真面目な所との調和が良く取れてた…他者原作のアニメ化が京アニの真骨頂なんだろうな、やっぱり

・この素晴らしい世界に祝福を!2
 ラノベ原作の2期で…前回のテイストまんまで良作
 御気楽極楽系ハイファンタジーで、主人公は特殊技能は全く無い(この世界に来てからのレベル上げにより、一部魔法や盗賊スキルは得た)状態で、姑息な機転だけで魔王軍の幹部8人中3人を撃破、1人を半分仲間にしてる状態って…結構な快進撃の筈なんだがなぁwww
 続編は有れば見る

・政宗くんのリベンジ
 ラブコメとしては良く出来ていたかな
 まぁ設定はソレナリに凝ってたけど、王道ラブコメに近い展開でストレスが無く見れた
 話途中なので続きは作れると思うが、原作のストック次第かな
 原作に沿って続編が出来るなら次も視聴したい

・SUPER LOVERS 2
 所謂腐女史系で養子の男子高生と長男のガチホモ系
 実際行為に及ぶの及ばないので揉める辺り(まだ行為に至ってないと云う意味で)ソフトなのかも知れんが、既に相思相愛になってる時点でガチ
 まぁソレ系の例に漏れず、全員美形ばかりだし、ソレナリに笑いドコロも有るので、それ系に拒否反応が無い人ならまぁ見れるかな
 これも原作次第で続きは作れそう…今回は前作の惰性で見たが、結構飛ばした気もする(録画なし)なので、次回は不明かな

・MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang
 少年アイドルグループが楽しくやってるね、以上
 特に腐女史要素(ホモラブや逆ハー)は全く無く、単にイケメン少年達がアイドルやりながら学生生活もエンジョイしてるぜ、的な作品
 以前放送されたツキウタみたく妙な魔王・異能力設定とかが出て来ない分受け入れ易かったかも
 まぁ現実の男性アイドルはこんなに御気楽極楽では出来ない世界だ…と云うのは『ソレ云ったらアイマスだってそうだろ?』になり兼ねないので、ソコまで云う気は無い

・クズの本懐
 1話だけ見て、その後放っておいたwww
 ノイタミナ枠は時間的にMXのアニメともTBSのアニメとも間が空いており、その間を睡眠時間として録画しておいて後で見る…って癖が付いたが、その所為もあり『後で見れる』で見てなかった…
 で、2日位で一気見したのだが…予想以上にクズばっか登場してるなwww タイトルに偽り無しwww
 綺麗に纏めてるけど、結局、一番クズだった女教師が趣旨変えして一番幸せになった、って事でF.A.?
 原作同時終了って事で、多分原作も同じ様に終わったんだろうケド、結構モヤモヤするかな…

・うらら迷路帖
 開始インプレにも書いたが、占い師の養成を目的とした街とか意味不明過ぎてなんだかなぁ…だし、孤児で森で育った野生児が普通に文化的な生活に馴染んでるとか突っ込みドコロは満載だが、その辺を全部無視出来る広大な心の持ち主なら和めるかな
 私は結局和めはしなかったが、トンデモ設定のプチ魔法少女モノとして適当に流して見た
 続編が有っても余り熱心には見ないと思われ

・セイレン
 4話で1つ、3ヒロインを全部リセット(最初からやり直し)で攻略するアニメ
 アマガミ系なので、既にやり方も目新しくは無く、ある意味慣れた
 ソレがプラスかマイナスかと云えば、私的にはどちらにも作用していない
 サブキャラにアマガミのヒロインの弟らしいのが居るっぽいんだが、その辺は全く説明されてないのは、ゲームの設定上と尺の関係と思われるので仕方ないかな…
 取り敢えず、ゲームでは他にもヒロインが居たと思うので、続きは作れると思うが、やはり熱心に見るかどうかは別問題
 最近には珍しく恋愛脳全開の、兎に角色恋しか考えない作品なので、そういう意味では珍しく見れた

・幼女戦記
 原作はWEB版しか読んでないので、その差については適当に集めた情報だけと云う事で
 話としては展開はWEB版にも近い(書籍版はアウトラインは変えずに詳細を書いてるとか云う話も有るが)状態で、最初の戦争には勝つが、大陸覇権を握る事を危惧した周辺各国が帝国をタコ殴りにしようと世界大戦が勃発する辺りで今回の話が終わる
 WEB版では信仰心を取り戻さないターニャに対する措置として突然『存在X』が寄越した『メアリー・スー』だが、コレが書籍版では参戦する動機も『戦争で父親をターニャに殺された』と云う詳細が加えられ、アニメでは更に『メアリーの父も一度臨死体験をして存在Xに仕込まれた』と云う話に膨らんでいた
 多分、書籍版との大きな違いはこの『メアリーの父』の話くらいでは無いかと…
 メアリー参戦直前でアニメが終わってるので、続編を作るなら見たい

・風夏
 こっちも基本、色恋ばかりの恋愛脳全開作品なのだが、一応1クール使って1つの話をやった分、話の展開が濃い
 バンド志望の女の子とアイドル歌手を相手する男子高生と云う三角関係モノだが、バンド結成の話等も入り、まぁ一昔前の恋愛脳全開作品、と云った所か
 完全に片方とくっ付く事を決めたのなら話は終わるが、此処でフラフラすると話は続けられそう

・南鎌倉高校女子自転車部
 ろんぐらいだぁすとは別方向で女子の自転車モノだったのだが、長距離ツーリングに主眼を置いたろんぐ~とは一応差別化はしたかったのは感じる…が、余り旨く行った感がしない
 事前に思っていたサーキット系に行く訳でもなく、やはり街乗り~ロンツー寄りか
(まぁ廉価ミニベロを買ったばかりの初心者を40Kmのロンツーに引っ張り出すろんぐ~が非常識なんだがwww)
 資金面の話も有るが、やはり高校生に最低10万の自転車をホイホイ買う展開には無理が有るかな…
(主人公だけ、貰い物ってのは現実的なのか非現実的なのか)
 どっちが好みか聞かれると結構割れそうな気もする
(私は僅差でろんぐ~かな)

・スクールガールストライカーズ Animation Channel
 まぁ異次元からの侵略に対抗可能な女子高生を集めて戦わせる…と云う、ソモソモのゲーム設定から外さずに話を作るなら、この辺が限界かな
 取り敢えず、話に無茶はない(SFだし、ゲーム設定にアレコレ云うのも無粋なので、結構目を瞑っての話だがww)ので、最底辺はクリアしてるかと
 良作・駄作で云うと…可も不可もなく、だがwww

・青の祓魔師 京都不浄王篇
 ソレナリに前に放送された作品の続き…原作ストックが出来たのか?
 ソレは兎も角、一応、1つの話が綺麗に出来たのでソレはソレで良いかな…視聴者が設定忘れてなければコンな感じに原作ストックが溜まるのを待って…と云う手法も悪くはないかも知れない
 次回も有れば、忘れてなければ見るかも

・昭和元禄落語心中 -助六再び篇-
 前期で原作前半分、今期で後ろ半分って事で完結したらしい
 時間の飛びが結構激しい(前期も八代目八雲の回想だから少年時代~青年までの時間移動が有ったが、今回はソレ以上に飛んだと思う)が、まぁこう云う話ならソレも致し方無しかと
 最終的には前期を含めた2クール分で合わせて良作だったと思う

・タイムボカン24
 うん、駄作
 まぁ最初から『タイムボカンシリーズ初作のタイムボカン』は歴史改変がど~とかこ~とかは全く考えてなかった単なる時代を遡っての宝探しだけだった訳だが、今回は教科書通りの歴史を守ろうとしたのが所謂『悪のトリオ』で、新歴史と称してトンデモ歴史を認めさせようとしたのが主人公…と云う過去のシリーズの真逆をやってたのが気になる
 莫迦話としては『そう云うのもアリ』なのかも知れないが、小さい子供向けのアニメでソレは出来ればやって欲しくなかった
 自分勝手に教科書を作った『悪の親玉』が『悪のトリオ』に命じて改変しようとさせるのを『主人公』が止める…オタスケマンとかがそう云う感じだったが、その方が良かったな、と

・クラシカロイド
 1話で切った…一応、録画データだけは有るので見返せるけど、多分見ない
 偉人由来の異能を持った人造人間(?)の起こすドタバタとソレの発端になった裏事情とのナンのカンの…と云う話らしいが、騒がしい上、何となく肌に合わない感じがしたので切った
 まぁ最近チェック本数が多過ぎて追い切れてなかったし後悔はしていない

・バンドリ!
 女子バンド系テンプレまっしぐら…かと思ったら、先日の放送で主人公が傍迷惑な存在だったことが他のキャラからも言及され『ココの登場人物はソレが判ってて付き合ってたのか』と吃驚
 つまり、主人公の傍迷惑さに気付かない莫迦が集まったのが『ラブライブ!』(両方とも)で、傍迷惑な主人公をソレと判った上で付き合ってるマゾが集まったのが本作、と云う事でF.A.
 制作も『やらかした系』なので、未完で継続中

・3月のライオン
 名作、面白かった
 2クールで最年少プロ棋士になった少年の葛藤やら苦悩やら、ソレに対する救いやら…適当に笑いドコロもあって真面目にも見れたし気を抜いても見れた
 実写映画が大コケしたと聞いた(後編はコレかららしいが、前編がコケれば後編のみを見ようって奴はそう居ないだろう)が、アニメの出来がコレだけ良ければ、態々2時間強*2本程度に尺を切ったディレクターズカット版なんざ見たくもなくなるだろう
 話は続いてると思うので、更に続編を作るなら見たい

・Rewrite
 うん、Keyのゲームっぽいな
 特異点大杉で収拾付けられてないだろ…コレ
 最大の特異点が全てのケリを付けて終わりって、魔まマに通じるよね…まぁあっちは完全に何もかもが説明不足だったので『評価対象ですらない』のだが…
 泣きゲーのつもりだったんだろうケド、泣かせたい所が点在してるっぽく、結局何処も中途半端で泣けないし、その辺が如何にもKeyクオリティ
 故に私の評価は低いな

・亜人ちゃんは語りたい
 原作漫画に結構忠実だったかな
 ただ、原作では漫画ならではの表現方法とアニメではアニメならではの詳細説明が有り、両方見ると相互補完できるかと…
 アニメではイベントの順序が入れ替わる事で説得力が増したり細かな表現が統一されたりして、アニメをメインに原作を詳細解説に…と見るのが良いかな…
 今期の名作として充分推せる

・霊剣山 叡智への資格
 まぁ中華原作だし仙人モノだし、理解出来ない部分も結構有る
 前作の惰性で見た訳だが、中華の仙人観と云うのが何となく判る感じかな…そう云う意味では(私に取っては資料的な意味で)有意義だったかも知れん
 純粋にアニメ作品として見れば、日本人の仙人観とは微妙にズレてるので、合わないんぢゃないかなぁ…

・戦国鳥獣戯画~乙~
 甲と乙の違いが判らなかったが、兎に角、歴史上の武将を鳥や獣に描写して歴史上の逸話をチクッと別観点から見る様な見せ方は嫌いではなかった
 5分番組だからこそ出来る一発ネタばかりなので、長時間見たいモノでは無いが、見て『クスッ』と笑えれば成功…的な作り方は好感が持てる
 私としては好きだった

・チェインクロニクル ヘクセイタスの閃
 コレもソシャゲ(ネイティブアプリ)原作なので、然して話に厚みは期待してなかったしなwww
 そう云う意味では期待通りwww
 ファンタジー世界で突然武勲を立てて戦力の一角になった主人公の世話係を云い付かった騎士が扱いへの不満を突かれて闇落ち、ソレを救済して闇の根源を打つ…やべぇ、3行で1クールの話が要約出来たwww
 取り敢えず、ソンなモン

 以上かな…カナリ沢山だったので、見るのも大変だったし何本か切ってるし…
 今期もソレナリに多いかと思うが、来週までにインプレ出来ないかも知れんなぁ(まだ1行も書けてないし)
 その時は何かでお茶濁して…とwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

Ninja250納車

 と、云う訳で先週にも予告したのだが、新車としてNinja250を受領した
 今回はその辺について少々書きたいのだが…

 実は納車後自宅に乗った18Km前後と、昨日今日の通勤(1往復で約64Km強)で乗った合計120Km弱の距離しか走れてないのだ
 納車を受けた土曜日は小雨、日曜は夕方には上がったが昼間は基本雨…と云う状況だったので、満足に運転出来ていないのだ

 さて、今回は色で決めた車種と云う事でNinja250ABS Special Edition(2017年型)と云う正式名称になる
 名の通りABS装備車なのだが、現時点余りその恩恵は判らない
(ABSが必要になるほど飛ばせてない…慣らし運転中だし)
 一応、外観は川崎公式にも有るが、来年以降写真が変わる筈(年式で色が変わるから)なので、一応貼り付けるかな
Ninja250abs
 ちなみに、今までのZZR-250がコレ
(中古車販売業者のWEBからだが、取り敢えずカラーリングと撮影角度でコレを取ってみた…色も黒で、このカラーリング)
Zzr250

 パッと見で…まぁ全然違う外見なのだが、オーナーとして見ると、大きな違いが幾つか有る
 先ずライトの数であるが、ZZRが1灯であるのに対して、Ninjaは一見2灯、実は4灯である
 と、云うのも、両目に2灯づつ有り、メインになる大灯と別に脇に小灯が1つづつ配置されている
 で、右目は常に点灯しているのだが、左目は大灯が常に消灯しているのだ
 では、左の大灯はナニに使うか…と云えば、ハイビーム及びパッシング専用…と云う使い分けがされているのだ

 ZZRでは1灯2極と云う形式で、1つの電球に2対の電極が付いており、ハイビーム設定及びパッシング中には同じ電球の別電極に電気が通り、上向きに若干強めの明るさで光を放つ仕組みになっている
 大してNinjaは全ての電球が1極で、ハイビーム設定及びパッシング中は普段点かない電球(左目大灯)にも通電されて明るさ上乗せと上向きに向かって光を放つ仕組みになる
 まぁどっちが上かは知らんが、取り敢えず電球が増えた分、万一の電球切れの際にも何処か点いてれば最悪走れるかな…と云う安心感は有る
(ソレと、2極電球より1極電球の方が安いので、交換の際の部品代は安くなる…その分、切れる可能性の有る箇所が4箇所になった訳だが…)

 次に、シートがタンデム用も一体型シートだったZZRに対してタンデムシートは別付けになったNinjaと云う差が判る
 通常、シート下に工具・書類(自賠責保険証や登録済証明書(250のバイクは車検が無いので、車検証の代わりになる公的書類)等)を入れるスペースになるのだが、ZZRの方が広く用意されている
 Ninjaはタンデム下のスペースしか無いので、ETCを入れると他はナニも入らない…と云う話である
(尤も、私は基本的に高速に乗らないので、此処に書類を入れるのだが)

 で、寸法的には以下の通り(全長x全幅x全高)
  2,050mm x 700mm x 1,125mm(ZZR)
  2,020mm x 715mm x 1,110mm(Ninja)
 若干、Ninjaの方が小さくなったが、全幅の数字が1.5cm広くなっているのが気になる
 と、云うのも、単車御得意の車間すり抜けの際に、1.5cmはソレナリに響く…あと、カウルの形状がノッペリと丸いZZRに比べ鋭角的に尖ってるNinjaの方が数字以上にハンドル付近での幅を感じる

 さて、外見上の話は此処までにして、実際に乗ってみる
 跨いだ感じ、足付きは悪くない…新品のNinjaと11年落ちのZZRではサスペンションの具合が全く違うので、ソレを考慮に比較すれば『ほぼ同等』と云えると思う
 ヘタってるZZRは両足がほぼベッタリ付いたが、Ninjaも両足とも土踏まずまではシッカリ両足付けるので、乗ってれば多分同じ程度にはなると思われる
 シート高は 760mm(ZZR)と 785mm(Ninja)と2.5cmNinjaの方が高いが、シートの形状(シートがほぼ同じ幅でタンデムまで続くZZRと、タンデムを別シートにしてフロントシートを三角に近い状態にしたNinja)の関係で工夫してあるのだと思う

 次にエンジン始動…あれ? チョーク(始動時に強制的に混合気の燃料比率を上げて点火し易くする機構)が無い
 最近は四輪自動車から殆ど無くなったチョークだが、ついに単車からも無くなったか…この辺は後述するフューエルインジェクション(燃料の供給方式)にも関係しているのだと思うが、取り敢えずNinjaはオートチョークとなっている様だ

 キーを挿してイグニッションをONにすると、メータ類のランプが一度全点灯し、幾つかのランプを残して全て消える
 この際、ニュートラル・ABS異常・オイル異常の3点は点灯したままに残るのだが、エンジン始動と同時にオイル異常が消え、ギアを入れればニュートラルが消え、走り出せばABS異常が消える仕組みになっている
(スピードメータ等のデジタル部分は数字が点灯する)
 また、唯一のアナログメータであるタコ(回転数計)も一度、針が逆に振り切れてからゼロに戻る
 この一連の作業が終わってからスタータボタンが押せる様になる訳だが、流石に新品、エンジンの掛かりは良い
 …と、此処で11年前の日記(当時はmixi日記を付けてたのだが、撤退する際に全部のバックアプを取って置いてある)を確認すると、ZZRは新品時でもエンジンの掛かりが悪かった記録が残っている
 コレはやはり燃料供給方式に因るモノ…と、単車屋の弁である

 デジタルメータには、スピード・時計・燃料残量が常時表示され、オド(総走行距離)・トリップ(リセット可能な走行距離)*2が切り替え式になっている
 オドはKm単位でトリップはA・Bとも0.1Km単位となり、その分オドは1桁上まで記録出来る様になっている
 個人的にはオドも0.1Km単位で欲しかったのだが、コレはまぁ…仕方ないと諦めるしかない
(トリップを1つ潰してオドの0.1が判る様にして置くしかないか、と)

 ギアを踏んで1速に入れてクラッチを繋げる…当然、単車の運転方法なんざ早々変わる筈も無く…って、クラッチミートが遠いwww
 今までの単車の積もりでスロットル開けながらクラッチ離してても繋がるのがカナリ先だった為、空吹かしの状態にorz
 今後調整するかな…ミートを手前過ぎた所に設定すると、完全に握り締めても切りきれない状態になるのだが、此処まで遠くする必要は無いだろうなぁ…取り敢えず、コレは慣れたんだが、後で整備帰りのSHERPAとの違いに、また戸惑う事になりそうだww

 さて、実際に走り出す…と、云っても慣らし運転であるし、ソレ以上に車体感覚が違っていて怖くて飛ばせない
(流石に100Km以上乗ってれば慣れるのだが)
 取り敢えず慣らし運転について…だが、単車屋からは500Kmを4,000回転縛りで、その後の500Kmを6,000回転縛りで…と云われた
 実際走ってみると、4,000回転だと6速で52~55Km/h程度にしかならない
 6,000まで回せれば70Km/h辺りまで出るので充分…とは云えないが、ソレナリに車群に混じれるのだが、結構ストレスが溜まる

 此処で、『慣らし運転』について触れたいが、新車の場合、慣らし運転は幾つかの『慣らし』を同時にする事になる
 1.エンジンの慣らし
 2.タイヤ・ブレーキの慣らし
 3.その他駆動系の慣らし
 4.搭乗者の慣らし

 1.については上記の通り、適当に距離を走るまで回転を上げずにエンジンが『回転する事に慣れる』のを待つ事である
 この手の量産機械の場合、当然工場で流れ作業で作る部品を組み合わせるのだから、其々が合う様に『設計』はされているが、微妙に表面のザラ付きだの計測範囲外の寸法差だので旨く噛み合わない部分が必ず発生する
 ソレを承知でイキナリ高回転でブン回せば、そりゃ寿命も短くなる
 その為、低回転で適当に合わない部分をすり合わせ、場合によっては合わない凹凸が削れ合って旨く合う様に繋がるのだ

 2.についてもブレーキは同じ事が云える
 コレに付いているブレーキはディスクブレーキと呼ばれるタイプで、車軸に固定されているディスクを両脇からパッドと呼ばれる部品で挟み込み、その摩擦で車輪の回転を止める機構である
 このディスクとパッドも同じく微妙な凹凸・計測範囲外の凸凹が出るので、『完全に新品』だと効きが悪いのだ
 タイヤに付いてはチト変わるが、ソモソモこの手の機械・部品と云うのは『生産して直ぐ使用される』モノではない
 当然、大量生産して保存しておき、使用する際に組み上げて使う訳だが、タイヤはゴム製品と云う事もあり、経年劣化が他の部品より激しい嫌いがある
 ソコで、大量生産する際に、ゴムの保存状態を守る為にワックスを染み込ませておくのだが、コレが使用開始すると滑るのだ
 で、大体1,000Km位走るとそのワックス部分が削れてタイヤに求められているグリップ力が万全に発揮される、と云う仕組みである
 ただ、厚みとしてワックス部分を削れば良い…と云う訳では無く、乗車して加減速をする事で路面との摩擦熱等がワックスを変異させ無力化する…と云う意味が大半である
 従って、一昔前のレース漫画等で『新品タイヤを履く前に一皮剥くぞ』とヤスリでタイヤを削るシーンが有るが、実はアレは殆ど無意味であるwww
 で、まぁコレはブレーキもタイヤも消耗品なので、基本交換時は行う必要が有るのだが、両輪のタイヤ・ブレーキ全てが新品…と云うタイミングは新車の納車時しかないので、コレが一番怖いのだ

 3.は1.と同じ理由だが、ギアだとかチェーンだとか、エンジン以外にも実際使わないと0.0何mmの誤差で旨く噛み合わない部品は山と有るので、その辺をやはり走らせながら調整すると云う意味である
 その意味では、1~6速の全てを均等に使う必要が有るのだが、上記の通り6速でも4,000回転では50Km/h強までしか出ないのに、それ以下でチンタラ走ってると邪魔以外のナニモノでも無く、6速が一番多く使われるギアになるのは仕方が無い、と諦めている

 4.は…私個人的な感覚である
 ZZRとNinjaのフィーリングもそうだし、ソモソモZZRの調子が悪くなったのが年末、以降SHERPA一辺倒で走り続けて丸3ヶ月、乗車姿勢等がSHERPA専用になっているのだ…
 ZZRはツアラーとしての形だったが、Ninjaは勿論その系統は強い(足付きが良いのもその名残だ)が、見て判る通りレーサーレプリカの色が強く出始めている
 この車の乗り方を自分の『体』に染み込まさないと、フとした拍子にミスる可能性がある上、ナニより私が怖いwww
 まぁコレは先ほども触れたが、100Kmも走ってれば大体掴めるモノで、ソコまで不安な状態からは脱した…と、云える
(まぁ乗りこなす迄にはまだ充分な時間が必要だが、おっかなびっくり…と云う程では無くなったかな…伊達に四半世紀も単車に乗り続けていない)

 と、云う事で納車を受けた土曜日又は日曜日に50Kmでも100Kmでも乗って置きたかったのだが、冒頭に有る通り雨天に付き取り止め…となった
 まぁ雨の中でも走る事は有り得る(基本、雨の日はSHERPAで通勤する事を常套にしているが、今週の様にSHERPAが整備中とか、可能性は有る…結局、今朝の出勤は雨の中だったし)ので、雨でも怖がらすにヤる方が良いのだが…上記の通り新車納車時は全ての慣らしを一度に行う必要があり、当然機械的にも搭乗者的にも慣れてない状態で行うので、事故る危険性も一番高いタイミングになる…と云う判断で回避した訳だ

 で、明けて月曜日に、この車体での初出勤
 通常1時間程度で出勤出来るのだが、大事を取って1時間20分程度の余裕を持ってスタート
 ガンガン抜かれながら此方は前方は勿論、タコを睨みながら走り続ける…基本、回転数が変わらなければエンジン音も変わらないので、今回は音楽を聞かずに耳もエンジン音に向けて気を付ける
 結局、1時間10分位掛かったか…定時10分前に職場には到着した
 更に、今朝は同じ時間に出発して、ほぼ定時の到着…詰まり、雨で更に10分時間が掛かり、1時間20分の乗車時間となった訳だ…明日以降も慣らしが終わるまでは同じ時間に出勤とか、結構疲れるなorz
 まぁ職場が本郷とかであれば、走行距離が短くなるので、2週間程度(往復64Kmなら5往復で320Km、2週間弱で500Kmは走る)では済まない話で、今回の職場異動が無いのは歓迎したのだが、これから2週間は結構針の筵かも知れない…あぁストレスが溜まるorz

 しかし、コレをやらないと単車が長持ちしないとなれば仕方が無い
 ZZRの時は800Kmを6,000回転縛り…と云われてたらしい(10年以上前の話なので忘れた…当時の記録より)ので、一発で慣らしを終わらせた(しかも6,000回転まで回せれば、上記の通り70Km/h程度までは走らせられる)様だが、まぁプロに云われた通り頑張ってみるか…

 さて、最後に途中で少し触れたフューエルインジェクション(通常、インジェクションとだけ呼ぶ場合も有る)について記載しておく
 自動車は四輪二輪関係なく燃料を内燃機関で爆発させてピストンを上下運動させ、ソレをクランクを使い回転運動に変えて車輪に伝える
 燃料を爆発させるには密室で圧縮した上で点火する訳だが、燃料は液体時よりも空気と混ぜて混合気にした場合の方が激しく爆発する性質が有る
 で、今まで二輪車等はキャブレターと呼ばれる所謂『霧吹き』を燃焼室手前に設置して、エンジンの回転に合わせて流れる空気が燃料を吸い込み、混合気として燃焼室に流し込み、圧縮・点火される仕組みだったのだが、このインジェクションは電子制御で燃焼室に吹き込む燃料の量を調節して燃焼室に吹き込む
 当然、燃焼効率が一番良い量で吹き込むので、燃費は上がるし、最初から吹き込む燃料の量を決めてくれるので、手動でチョークを調節する必要は無くなる
 ただ、電子制御と云う事は、バッテリーが上がった場合に稼動しなくなる…と云う事にも繋がり、完全にバッテリーが上がっても押し掛けでエンジンを掛けられるキャブレター式よりもバッテリーに気を付けなければならないと云う欠点もある
 尤も、インジェクションで使う電力量はソコまで高くないので、完全に上がる(デジタルメータやニュートラルランプ等の点灯すら出来ないレベル)状態で無い限り、押し掛けは可能だ、との話も聞くが…
 どちらかと云えば、より高級車に搭載されているのがインジェクション…と云う理解で間違いない様だ

 と、云う事で取り敢えず字数は結構行ったかな
 次回は…終了アニメインプレ、出来るかな…
 見てなかったアニメの録画を見直しているが、今期のアニメも見始めてるしなぁ…
 まぁ出来なければ、何か探して…と云う事でww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

歯科終了と日々の買い物(ポーチ・ヘッドホン等々)

 さて、今日も今日とて日記系…
 今週の月曜に鬼平が、水曜にメイドラゴンのTV放映分最終回の筈なので、アニメのインプレはソコからかな…
 バンドリが例によって遅発(放送直前回とか無駄に時間伸ばし…制作が間に合ってないんだろ、どぉせ…)の所為であと3回程度? 有る筈だが、アレは期待もしてないし、初見での予想通りテンプレに乗ってるだけなので特に感想も持てそうに無いし…

 あぁ、後で書く積もりだったけど、新車が今週末受領可能との事なので、場合によっては新車に関して1~2回でも記事にすればバンドリ最終回後にアニメインプレになるかな…

 さて、今週の日記は…話の発端は金曜からかな
 金曜日は最近隔週で板橋の居酒屋『バッタもん』で食しているのだが、今月は板橋に行かない金曜日が3回有った
 金曜は月に4~5回有る訳だが、その内半分は板橋に行くのは確定で、残りの内2回は柏のラーメン屋『akebi』(倉田氏次男のお勧めで最近ソレナリに行ってる)か豊四季の馬車道(ただ、馬車道も矢絣袴の制服も無くなって久しいし、桃の香りのアイスティもメニュー・ドリンクバーから消えた…最近、行く意義が無くなったに等しい)辺りをどちらか1回、もう1回は馬橋の中華屋『千成亭』で食している
 で、今回は5回の内2回が板橋に行く予定の週で、残り3回の内2回分は上記ローテで回ってる店になるが、最後の1回分について何処か冒険出来るかな…と考えた
 で、通勤路に有るBigBoyに目を付けた

 以前、1回だけ新宿付近で入った事が有るが、コストパフォーマンスは悪くない店なので、もう1回行ってみるか、と
 此処のウリはBigBoyバイキングと銘打って『サラダ・スープ・ライス・カレー』の食い放題を付ける事が出来る事らしい
 コレなら食前の野菜も食い放題だし、良いか…と、行く事にしたのだが、時間潰しが必要か、とKindleを持って行くことにした

 その時だ…普段持ち歩く際に使っているウエストポーチからKindleを取り出そうとファスナーを開けた時に『パキッ』…?
 ファスナーの摘みが、折れた…と云うか割れた、と云うか…
 ウエストポーチ自身、既に数年~10年弱使ってる年季物で、愛用の一品なのだが、最近は摘みが『外れる』事は良く有ったので、ソロソロ寿命か…と思っていたのだが、まさか摘みが割れるとは思わなかったwww
 まぁ買い替え時と云う事なのだろう、と考えを切り替える

 NETで秋葉原UDXで適当に開かれているフリマが今度何時かな…と、調べるとナンか4~5月は無さそうだorz
 特に別の用事で秋葉原に行く時にやってれば冷やかしに回るのだが、まさか本当に用事が有る時に開かないとか…無いわwww
 で、仕方ないのでヨドバシで買うか…となった

 また、通勤時に聞いている音楽のヘッドホンでイヤーパッドが紛失してしまった(私が愛用しているオーディオテクニカのCKRシリーズはパッドをXS・S・M・Lの4種類を附属しており、私愛用のサイズはSなのだが、無ければ急場凌ぎには他のサイズでも何とか…と云う状況)ので、代えのパッド及びこう云う時の為に代えのヘッドホンも買うか…とヨドバシへの用事が有ったので、まぁ序で…と云う事もある

 さて、兎に角、金曜日は夕食をBigBoyで取ったのだが、チト気張り過ぎたのか鱈腹食い過ぎて帰宅後も少々気持ち悪い程だったのだが…(まぁサラダ*2杯、250gハンバーグ、コーンスープとカレーライスも2杯づつ、別にドリンクバーを付けてコレも結構お変わりしたな…コーヒ-ゼリー・ヨーグルト・杏仁豆腐も各1杯、普段から考えれば間違いなく食い過ぎだ…よく体重が一気に増えなかったな(微増はしたが)と我ながら感心した)

 さて、そんな一晩を過ごして土曜日
 何時もの歯科診療…予てより型取りしておいた右上犬歯一つ奥の抜歯痕に部分入歯が出来る日である
 今回は治療無し、入れ歯を入れてみて噛み合わせを調整して完了である…来週、入歯の調子を見たら一旦治療終了(以前少々書いた左奥の上を抜いて下に移殖とか…は結構負担の大きい手術なので、今回入れた入歯の調子を確認の上…と云う事で、3ヶ月程度は様子を見てから再度考える事になった)と云う事で、1年掛かった歯科治療(カルテ見て貰ったら、初診は昨年の4月6日)に目処が付いた形となった

 で、時間が出来たので、合羽橋に毎食前に使うサラダ用のドレッシングを買いに行く事にした
 と、云う事でタイヤの空気圧確認…前輪、圧低くね?
 先週のパンク確認時ほど落ちてないケド、通常(105~108psi)に比べれば低い数字(80psi強)位まで落ちてる
 先週、パンク修理後に通常の空気圧聞かれて『100psi強』と云った積もりだったが、余り入れてくれてなかったのかな…
 別のパンクは無いと思うが、日曜にも念の為に確かめよう、と108psiに合わせて走り出す
 で、ドレッシングを買って馴染みの食品サンプル屋で少々駄弁って帰宅後昼食…入歯に不具合は無いが違和感がバリバリだwww
 コレから一生モノの筈なので、慣れなきゃならんのだが…

 昼食後は散髪(私の散髪は年2回、4月と10月の出来れば最初の週末辺りでやっている)に出掛ける
 散髪屋は幼少の頃から利用している理髪店なので、現在の住処からは自転車で行く事に…
 丁度待ち時間も無く散髪開始で、終了が15時半(昼食後、転寝をして仕舞い、家を出たのが14時半過ぎだったのだ)、この足で秋葉原まで行く事にした

 取り敢えず、秋葉に着いたらヤる日課として漫画の新刊チェック…今週はAチャンネル8巻とナンか仮面ライダー系で1冊出るそうなのだが、詳細データが無い…と云う事で、現地調査も兼ねる
 普段使ってるとらのあなでは仮面ライダーは見付からない…が、無邪気の楽園11巻とか、出てるの知らなかったな…
 特典情報を鑑み、あなでは買わずにZINに行って見ると、やはり4コマ系の単行本ならZINの方が特典が充実している
 仮面ライダーも見付かった…石ノ森漫画の再録(コンビニコミックスの様な紙質の余り良くないタイプ)だったので、コレは見送って、Aチャンネルと無邪気の楽園だけZINで購入した

 その後にヨドバシに移動、ウエストポーチとヘッドホンである
 ウエストポーチはフリマの方が安く入手出来たとは思うが、2ヶ月以上待ちとか有り得ないので仕方ない、一応コールマンのバッグが見付けられたので、物は悪くないだろう…と、妥協した
 次にヘッドホンだが、最近はステレオイヤホンと云うのか…?
 カナル型ヘッドホンと云う云い方は最近一般的では無い様だ…
(インナーイヤー型はイヤホンと称するのが一般的になって来ている様で…昔はイヤホンと云うのはモノラルで片耳にだけに入れるモノを指してたんだが…)
 まぁ兎に角、今まで使っていたのがCKR5だったのだが、既に廃盤で、後継機がCKR50となっている…値段的には値引率が落ちたのか? 以前CKR5を購入した時は¥3K強だったと思ったが、今回は¥5k強であった…まぁ仕方ないか
 グレードとしてはCKRは30→50→70→100とグレードが上がるので、下から2番目と云う所だが、形状が私の耳にピッタリだったので愛用している
(単車通勤中の音源なので、音質には余り気を使ってない、と云うのも有る)
 併せてイヤーパッドも購入して自転車に跨る

 時間も余り無かったので、その侭帰宅、おやつをファミマで購入して自宅TVで僕のヒーローアカデミア(2期)の1話鑑賞に間に合う事が出来た
 アニメを見ながら普段使いのヘッドホンにパッド交換、ウエストポーチの中身入替え等々して土曜日は過ぎて行く

 と、此処で気付いたのだが、携帯に留守電が入っていた
 着信が散髪中の事だったので気付かなかったらしい
 発信元は単車屋で、内容としては月曜日に新車が納車されるので、週末以降なら引き取れるとの事なのだ…コレでSHERPAを整備に出せる
 フと、今日(電話受けた土曜日)は4月1日だよな…等と不届きな事も考えるが、取り敢えず嘘では無いらしい
(後日、単車屋にその後の日程(SHERPAもチェーン交換予定なので、整備後に1,000Km走ったら初期調整が必要で…結局、両車両とも受領後1,000Km程度走ったら一度整備工に持ち込む必要が有るのだ)等の相談もしたが、普通に相談出来たしwww)
 で、日曜日には天気が崩れる予報なので、土曜日に行くしかない訳だが…新車早々に雨予報かよorz
 実際、新車と云う事は前後のタイヤ・ブレーキも新品で揃っているので、実は慣らしも兼ねた最初の1,000Kmが一番怖いのだ
 出来れば最初の1週間は(SHERPAが整備中なので)晴天続きであって欲しいのだが…

 さて、日曜日
 土曜日で起きた疑問で確認の為、自転車の前輪に空気入れをセットしてみる
 …普通に100psi強(私は仏式バルブに空気を入れるのが余り得意では無いらしい…バルブから空気入れを外す際に空気が漏れるのだ…故にメータでは若干高めに入れる、故に土曜日に108psiで入れた空気圧が日曜に100psi強と云うのは正常である)入ってるので、やはり修理後に入れて貰った空気圧が若干低かったのだろう

 ソレはさて置き、ウッカリ忘れていたが、職場で使っているサンダルが酷い状態だったのだ
 既に靴底はペラペラで先日の雨が降った際、両足とも思いっきりスベって転んだ位である
 4月に職場異動が有れば、新しい職場に新しいサンダルを持ち込めるかと思っていたのだが、特にその様な事も無く、当分現職場を動かない(単車を新車にするので、慣らしの意味も考えると、今回の異動は無い方が良かったとも云えるのだが…柏だと往復1回で60Km以上有るが、本郷だと往復1回だと10Km強有るか無いか…だし)ので、コレも買い換えるか…と、思ってはいたのだ
 サンダルについては、地元商店街の雑貨屋に近い洋品屋等で1足¥500程度のモノが有った筈なのだが、その辺の店は日曜休業だったのだ…
 コレは最悪、あと1週間今までのを履き続けて次の土曜日にでも…と考えたのだが、まぁやってる店も有るかも知れない…と、自転車に乗って商店街を流す
 結局、商店街には見付からなかったが、商店街を出た後、大通り沿いの洋品店で¥500のサンダルを買う事が出来た

 その足で普段のポタリングコースに乗って日本橋三丁目交差点で引き返す何時ものコースへ
 御徒町のガストでドリンクバーを楽しみながらKindleで坂口安吾を(やっと明治開化 安吾捕物帖もその17まで読み進められた…後コレを含めて4編で終わる、その後は不連続殺人事件を読んで一旦坂口安吾を終えて横溝正史に戻れる…手始めは『夜歩く』か『犬神家の一族』にするかと思うが)読み進める
 適当に時間になったので、帰宅してガンダム最終回(コレも後々のアニメインプレで書くが、私が視聴したガンダムで『ガンダム乗りが死んだ』のはOOでロックオン兄ちゃん位かな…珍しくガンダム乗りが死んだな)を視聴、あとは普通に日曜日である

 私が就職した直ぐ(平成2年1月1日付採用)では4週6休と云う事で、土曜日は隔週交代で休みを取っていた時代だったのだが、週休2日になればなったで結構休めないなぁ
 …まぁ糖尿病の所為で運動療法として自転車で出ているのが常になったのも要因で間違いないのだが、此処1ヶ月は単車の日帰り整備やらナンやらで土日片方が必ず潰れてたりと結構有るしなぁ…
 ユックリ出来る休日が欲しい

 さて、そんな訳で冒頭や本文にも書いたが、来週は新車が納品される
 既に4ヶ月近くZZRに乗らなかったのだが、Ninjaとどう違うか、比較出来ればしたいとも思うし、その辺が書ければ良いなぁ…と
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »