« 歯医者と自転車(日記) | トップページ | 池袋への往復(自転車で) »

2017年2月21日 (火)

単車廃車と自転車試走

 と云う訳でまた日記系

 うん、ヘロQの八つ墓村は見ました…流石に長編作品(でも獄門島も結構長編なんだけどね)で2時間半の上演時間を持ってしても入り切らなかったのか、ソレとも登場人物の多さが問題なのか、一部配役が省略されて、ソレに伴うストーリーの変化も有ったので、以前やった『映像作品比較対象』をやれば結構違いが出てくるかと思います
 まぁ…今は気力が無いのは事実かなwww
 最近、Kindleで読んでるのは坂口安吾だしwww
 明治開化安吾捕物帖って短編集だから、1編は短いんだけど、21本有るから結構読みでが有る…序でにその後は不連続殺人事件もKindleに入れてあるしorz

 さて、前置きは兎も角、週末は単車の整備工への納車がメインだった
 3ヶ月少々前に整備した後、通勤中に右直ニアミス(ぶつけてはいない)で単車を転がして(速度も遅かったし、自分は怪我なし)ペダルをへし折った際、整備工にはペダルの修理のみお願いした事は有った
(当時、車体及び走行に問題は感じられなかったし)
 で、年末の月中辺りから、その事故ったZZRの方で異変が起きていた
 ナンか…異音がするのだ
 走行時と云うか、エンジン回転に併せて大きくなる『カタカタカタ…』と云う聞き慣れない音だ
 最初は『キャブレターのタイミングが合わなくなったかな? 一回転がしたしな…』と思っていたのだが、取り敢えず走ったし、まだ次の整備タイミングまでカナリ時間も距離も有るので、多少の音は『気にしない』で頑張ってみるか…と走っていた

 しかし、年末から年を越した辺りで音はドンドン大きくなるし、気付けば駐車している下に水溜りが出来て来たのだ
 漏れてるのがガソリンなら大惨事(気化したガソリンの爆燃性は半端なく、そんな中で近くを歩きタバコが来ようモンなら…)なのだが、幸いガソリンが漏れた時の様な臭いが全く無い
 となると、単車の中で巡ってる液体は大きく3種類、ガソリン・エンジンオイル・冷却液になる訳だが、残りの2つのどちらかになる
 で、触って見ると特に粘り気は感じないが指に嗅ぎ慣れない臭いが付いた…こりゃ冷却液かな
 で、流石にこれ以上乗ってるのは単車に不味いかも知れん…と乗るのを止めたのが先月中旬、直ぐに整備工に持って行っても、2台持ちの整備タイミングがズレるのを避ける為に整備工に置きっ放しになるのだが、ソレは整備工の店舗面積的に不可能
 と、云う事で、取り敢えず今、冬だし冷却液が若干足りなくなっても走るだろう、と1月程放置して、SuperSHERPAで通勤、こちらの走行距離が適当に進んでから納車…と、算段を付けた

 で、先週持ち込みたかったのだが、整備工の都合で今週にズレ込んだ訳だ
 …で、久しぶり、殆ど1ヶ月振りにZZRに火を入れてみた訳だが…結構呆気無くエンジンに着火して、例の異音は健在だが普通に走る
 カワサキ凄ぇ…wwwと感心する事しきり
 さて、整備工への道は4号→東京駅脇(東京国際フォーラム前)→1号→246号→三宿→下馬となる訳で、東京駅手前までは此処最近は自転車で走ってるコースになる訳だが…やっぱ壊れかけの単車でも自転車より速いし楽だわwww
 人間、楽を覚えると元に戻れないと云うが…原付買って以降、糖尿病で運動療法を導入しなきゃならん状態になるまで四半世紀…自転車に乗らなくなったの、判るわwww

 まぁソレは兎も角、整備工に到着して…まぁ店内の整備士さんにも聞こえる程の異音なので、改めて云う事無く話に入る
 まぁ…直せるだろうケド、もしかすると結構(金が)掛かるんぢゃね? …との事
 併せて話が有ったのが、ZZRの寿命の話である

 2006年に新車購入したZZR250だが、翌2007年には排ガス規制で生産が終了せざるを得なくなり、2008年には完全新型になるNinja250R(2013年からNinja250と名称変更)に切り替わっている
 単車の保守部品保管義務は生産終了から9年と云う事で、排ガス規制で生産を完了したのが2007年9月であることから、昨年9月を以って上記義務が完了した事になる

 ZZRとNinjaで共通部品が有ればソレは使える筈なのだが、上記の通り先ず規制有りきで、根本的に変える必要が有った事、併せてZZR250は1990年からメジャー・マイナーチェンジを繰り返して生産されたロングセラーだった事も有り、設計自体が古いと云う事は間違いなく、完全に基本設計からやり直した新機軸のバイクになった訳だ
 結果として、共通部品と云うのは非常に限られた部分…ってか、無いんじゃね? って位共通した部分が無いwww

 と云う事で、今回の修理が非常に金銭的に掛かる場合はソロソロ新車を…と云う話になっても可笑しくない話になる…との話であった

 で、結果は昨日やって来た
 鑑定:エンジンが逝ってましたorz
 いや、エンジン上部(カム・クランク周辺)の破損と云う事なので、直せば使えるのは使えるのだが…
 故障原因は11年にもなる長期の使用に因る経年磨耗と上記年末の転倒で起きた冷却水の減少に因る異常加熱での変形…との事
 直接原因はまぁ転倒な訳だが、経年磨耗と云うのも侮れない原因の一つ…と云う事らしい
 実際、上記故障原因を修理すると15万強、ソレに元々この整備で交換する予定だった前後スプロケ・チェーン・前タイヤ、最近、人工皮が裂けて補修テープで何とか誤魔化してたシートの交換までやれば+10万強(シートだけで3万位する…皮の張替えならもっと安く付くが、時間が掛かる…コレは昨年SuperSHERPAの時に理解した)、併せて25万強~26万掛けて場合によっては翌年、エンジン下部(シリンダ・ピストン等)にも手を加えないといけなくなる可能性が…と云う事で
 まぁ実際、11年で62,500Km…結構走った方ではある
 最初のGPZ400Rとか次のZZR400は7~8年で廃車にしてた事を考えれば、一番長く乗ったロードバイク、と云う事になるかと思う
 SHERPAの方が1年と3,000Km長く乗ってるので、更に長寿バイクになるのだが、ソレは兎も角www
 明日(今日は整備工が定休日)、整備工に連絡して新車購入の手続きに入る予定である

 後継車種は当然Ninja250にする積もりなのだが…私は前々から赤い単車が好きだった
 最初の原付はDT50で赤/白、次のGPZ400Rは赤/銀、更に次のZZR400は赤一色、SuperSHERPAは橙は有ったが赤が無かったので、川崎カラーのライムグリーン、ZZR250も赤がラインナップに無かった(購入年式は黒か青)ので黒一色である
 で、今回のNinja250では、廉価で作られている単気筒エンジンのNinja250SLで黒か青、二気筒の通常Ver.でも黒か青、ABS搭載のVer.で赤/黒、ABS搭載レーサーカラーリングVer.で黒かライムグリーン/黒と云うラインナップである
 ABS…有っても良いけど今まで無くても充分走れたし、特に必要性は感じてなかったのだが…赤はソレしかないとなれば、コレにするしかないだろう…値段も車体価格で7万弱変わるんだが
(当然、ABS搭載者の方が高い)
 廃車と新車発注→自賠責保険の引継ぎ(排気量を変えないので、保険の残期間を引き継げる)手続き等をして、発注後から乗り出しまで2~3週間程度掛かるそうだが、ソレまでSHERPAで通勤するしかない
 SHERPAが壊れなければ良いが…
(まぁコッチは整備タイミングが1ヶ月遅れるだけで、別に事故は一切起こしてないのだが)
 しかし、単車購入で多分乗り出しまでに65~70万弱、当分、大きな買い物は出来ないなぁ…
(まぁソレでも上記の通り以前乗った400の2台より長寿だったが)


 さて、話は変わって自転車の話
 昨日、旧知とのコメント返信で若干触れたが、日曜は何時ものコース(自宅→4号→日本橋→中央通り→日本橋3丁目交差点)を走ったのだが、多分、速くなっている…サイコンに提示されてる数字的には
 掛かった時間は体感としてソレほど大きくは違わないにしても、間違いなく短くなっている数字が出ている
 流石に常時ケイデンス70rpmを超えた状態か、と云えばソコまで漕ぎ切れてないのだが、下り坂(橋の中央を越えた先とか)では80rpmを超える数字が出る事も有ったし

 ただ、足に感じる負荷は然して軽くなった感じがしない…
 確かにソレまで使ってたミニベロとは違う感触は有ったが、あのミニベロもDAHONのOEMで、安物ではあったが、その辺のホームセンター等で出回ってる『安いだけの折り畳み』とは若干違い、一応走り出し重量で14Kgだったと記録が残っている
(DAHONオリジナルではなく、OEMの廉価品で、アルミパーツをスチールにした関係で安価だが若干重めに仕上がった、と云う説明だった)
 ただ、ギア比の関係で(前スプロケが52丁だったので、ギア比は大きかった)漕げば結構速く走れたと思う
 当然その分、踏み足は重かったが…
 兎も角、先日記した通り、今の私の愛車は予想だが12Kg前後と云う事になる筈で、間違いなくアレより車体重量は軽い筈

 更に云えば、新車で買った昨年10月時点では、コレまで『ミニベロで秋葉原まで行く程度で良いや』と30分弱掛けていく程度だった所を『今回の自転車でソレでは運動量が減って療法として機能が落ちる』と、こうやって秋葉原に用事が有るにしても態々日本橋まで一旦走って…とか走行距離を延ばして対応していた訳だ
 当然、ソレに伴って運動量は増えた筈で、アレから4ヶ月も経過して、トレーニングとして有効に働いている筈…と思っていたのだが

 走行前、単車の納車に行く前(整備工は午後から営業なので、歯科診療後、若干時間が出来る)にチェーン給油を改めてしてみた
 給油と云っても『だた油を注すだけだと結局油の注し過ぎで却って抵抗になる』とか『クリーナオイルだし拭き取らないと不味い』と云う事で、先々週と同じ様に拭き取りながらの清掃になった訳だが
 もしかすると拭き取りが過ぎて、必要な油分まで吸い取ってないか、心配になったのだ
 で、再度給油の意味も含めてチェーン清掃をした訳だが…チェーンが汚れてんぢゃんwww
 思わず清掃としての作業をし直して仕舞い、結局、油分の追加と云う意味では充分出来たか心配である…最適な状態ってのが良く判らないのが問題なんだけどなorz

 誤解の無い様云っておくが、先々週、自転車屋でオイルを買って、その軒先で清掃した際は仕上がりを店長に確認して貰い『この程度の仕上がりが毎月出来てれば充分』と太鼓判は貰っていた
 その後2週間で50Km弱程度しか乗車していないのだが…別の意味で凄ぇな、都内の空気の汚さと云ったらwww
 まぁだからと云って運動療法として乗ってるだけの自転車にコレ以上の整備をする積もりも無く、1~2ヶ月に1回程度のチェーン清掃で済ませる予定ではあるのだが
 来週、サンクリに行く為、池袋まで…前回はWI-FIルータを忘れた為、大まかな方角だけを頼りに自転車で行って1時間弱だった訳だが、今回はシッカリiPod touchのマップで出来るだけ最短距離を走って行きたいのだが…
 その辺りは来週の更新で書けるかも知れない
 ボトルホルダーも付けたし、途中でコンビニか自販機でペット買っても付けられる程度にはなってるし、その辺も試して見たい

 で、話は前後するが、チェーン清掃を行って空気圧確認もして、サドルも再調整(留め金の〆が緩かったのか、若干落ちてた…今回調整に併せて留め金も少しキツ目にしたので、コレで落ちなければ良いのだが)して、本来なら最良のコンディションにしたのだが、ソレでも足への不可を感じるのは如何なモノか…

 体重は最近の平均は70Kgを切るか切らないか程度、昨年・一昨年に比べれば2~5Kgは落ちている
 体脂肪率はやはり20%を切るか切らないか程度、同じく昨年・一昨年に比べた場合、1~2%落ちている
 昨年の数値が74Kg・21%として単純計算15.44Kgが体脂肪の重さになるが、体脂肪のみ4Kg落ちれば11.54Kgの脂肪が残った計算になる
 74Kgの79%58.46Kgの筋肉質に11.54Kgの脂肪が乗ったとすれば、今の体脂肪率20%(14Kg程度は脂肪になる)に合わなくなる
 現在の体重・体脂肪率で計算すると、脂肪は約1.5Kg(15.5-14)と筋肉約2.5Kg(58.5-56)で4Kgの減量となる計算である…って、筋肉の方が落ちてんぢゃんorz
 まぁ母数が違う(15.5Kg中の1.5Kgは9.7%だが、58.46Kg中の2.5Kgは4.3%)ので、どの数字を気にするかで話は変わるのだが、まぁ全体として『筋肉だけが落ちた減量』では無いと思いたい
 そんな中で筋力が落ちてるとも云いたくないのだが…

 謎は深まるばかりである
 誰かその辺の回が判れば教えて欲しいモノだ

 さて、日記でも結構字数は埋まるもので、結構書いたか
 次回はサンクリへのサイクリング道中…になるかなぁ
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 歯医者と自転車(日記) | トップページ | 池袋への往復(自転車で) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
バイク廃車ですか……残念です。
ご存じの通り、エンジンは経年の摩耗が結構バカにできません。高熱・高回転に晒されるパーツばかりなのでストレスが掛かり続けると減ったりへたったりする部分は交換を余儀なくされます。
走行中に焼き付くとかじゃ無くてよかったと思いました。

Ninjaカッコイイですよね〜。個人的にはZX-6Rが一番綺麗なカタチしていると思うのですが、公道禁止なんですよね(^_^;)

自転車のチェーン周りの汚れに関してはそんなに神経質にならなくてもいいと思います。
自転車の踏み出しが重く感じるのは多分にフィーリングの部分もあると考えます。
私でも、平地走行時リア23Tで回して重たいと感じるときもあれば軽い登りなのにリア19Tでまだ踏めるゾと軽々回すときもあります。
多分にまったけちゃんの場合は乗り換え時に軽く感じた印象が強くて、以降はESCAPEに慣れるに従って「あの時のインパクト」を追う様に気持ちが向いちゃっているのでは……なんて感じました。

しっかり自己分析しているところは、まったけちゃんらしいなぁと思った次第です(^_^;)

投稿: いぶき | 2017年2月25日 (土) 18時39分

どもです。

ZZRはお役御免ですか。長らくお疲れさまでしたね。
私も20年以上前ですが乗ってました>ZZR250(以下参照)
http://bike-lineage.jpn.org/kawasaki/ninja250r/ninja250.html
これによると松茸さんのは後期型で私が乗ってたのは前期型に当てはまるようです。
前にも言ったような気がしますが、このバイクはタンクが大きいので航続距離が長いことはツーリング派の私には大きな魅力でしたが、曲がらないのと高速でうるさいのはマイナスでしたね。後期型はスプロケットの減速比が変更になったとも聞いたのでうるさくはなくなったのかな?

実は私もバイクを手放しました。まあ娘が春から東京の大学に通いそうなので、支出の整理のためなんですけどね。貧乏はつらいです。
ヤマハトリッカーは6年前に購入して、特に大きなトラブルもなく通勤とツーリングで49,650キロ走りました。1日最大700キロ走った時もありました。10年10万キロが目標でしたが少々残念です。
松茸氏も新しいニンジャを可愛がってあげてください。

でわでわ。

投稿: あひる | 2017年2月26日 (日) 10時48分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝します

 ZZRは廃車となりました…単車の整備工(当然、SHERPAも同じ整備工に頼んでるんですが)と以前、話した時も『先に買ったSHERPAより、後に買ったZZRの方が先に駄目になると思う』とは云われてたんですが、まさか突然来るとは思わなかったのでwww
 ちなみに、本文の通り直接原因は事故で冷却水が減った関係なんですが、SHERPAは空冷なので、この心配は有りませんwww

 Ninja、格好良いんですが、今回私が選んだ ABS Special Editionは今まで乗ってきた単車(DT50から数えて6台目になります)の中で一番派手なカラーリングなんですよ
 まぁ自分で選んだモノですが、慣れるまで気恥ずかしいかも知れませんwww

 現在売られてるNinja250(2013年から販売開始された『R』が無くなったVer.)はZX-10RとZX-6Rとビジュアルイメージを揃えた感じに仕上げたモノらしく、云われて見るとパッと見は結構似てますね
 まぁ600ccだと私は免許持ってないので、ソモソモ乗れませんがww

 なるほど、フィーリングですか…やっぱ精神的なプラセボってか、『コレだけヤったんだから、扱い易くなってる筈』的な精神面が結構響くモンですね
 昨日、サンクリ参加の為に池袋まで行ったんですが、道を迷い乍ら…と云うのも有るんでしょうが、GoogleMAPで最短8.4Kmの所を10.4Kmと遠回りして総走行時間は1時間…帰りは下り坂が多くなるのと疲労が相殺されてやはり1時間(迷うって程でもなかったですが、やはり最短ルートは見付けられずorz)で10km強走った様で…往復で20Km強を走りました
 昨年10月のサンクリではもう少々早く付いたと思ったんだけどなぁ…

 まぁ…走り出し当日は実際、ソコまで大きく感じなかった前ミニベロとの『差』ですが、1週間・2週間では結構大きく変わった感じがしましたからねぇ…その時の『理想』と比較するから『今』が平時なのにナンか『足りない』感じがするんですね…
 まぁよく見る本やWEB記事に『クロスに乗った奴はその内ロードが欲しくなる』とナニかの標語の様に其処彼処に書かれてますが、その気持ちも判らなくはなくなってきた、とは思います
 まぁ当面ロードに乗り換える気はないですがwww

 自己分析ってか、まぁ理詰めで考える事が好きなんでしょうね、だから推理小説とかも好きだし、例の金田一映像化比較とかやらかす訳ですしwww

 兎に角、戴ける助言は大変有り難いです
 では、これからも助言お願いします^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年2月27日 (月) 12時00分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します

 確かに『長らく』ですねぇ…総走行62,500Kmと云うのは其処まで短い寿命では無いと思いますが、誇れる程長い寿命でもなかったかと…
 まぁ11年と云うのは本文にも有る通り歴代の愛車の中でDT50(16年弱…ただし、GPZ400R購入後暫く乗らない時期有り)・SHERPA(12年で継続中)に次いで長い…ってか次のNinjaで6台目ですから丁度中間点な訳で…ロードバイクに限定すれば、一番長く乗った機体になりますが

 戴いたリンクを確認しました…なるほど、川崎の250バイクの系譜が判りますね…私は本文の通り生産中止前年のモデルですからバッチリ後期になります
 20年前にオーナーだったと云う事は2002年以降にモデルチェンジする前なのは確実ですから前期となりますね
 私の機体も曲がるのは結構苦手でしたねwww
 高速は実の所余り高速道路には乗らなかったので、高速移動での不具合と云うのは気付かなかったですね…下道で走る分には速くても80Km/h程度で抑えないと信号で止まれませんから、その程度では不具合って程の音は感じなかったですね
 取り敢えずWikiでは前期と後期の違いは生産国(前期:日本・後期:タイ)位しか書いてなかったですが、ギア比も変えてあるんですね
 タンクはカタログでは17L(内リザーブ3L位)と云う事ですが、Ninjaも同程度の容量持ってる様です
 
 あら、単車を手放されたんですか…
 娘さんが東京の大学にですか、御進学御目出とう御座います
 まぁ単車は『個人で(公人との区別で云う個人ではなく、本当に一人の人、と云う意味で)乗るには経済的ですが、複数人で移動するには却って不便になる(効率的にも経済的にも)』ので、仕方ないとは思いますが
 今、日本の単車人口は確実に減ってますので、何時の日かお戻りになられる日をお待ちしてます^^

 トリッカー…あのタンクの形状が独創的で、一発で判る機体ですよね…やっぱオフ車ってどのメーカでも頑丈に作ってるんでしょうね
 まぁ自転車の『MTBルック』みたいに『オフ車に見えるけど、実際オフに出ると壊れる』では怖くて乗れない訳ですがwww

 取り敢えず、ZZRの廃車・Ninjaの新車登録をして、自賠責の残期引継ぎ(昨年5月に5年分で更新したばかりだったので)手続きをするのに時間が掛かり、3月第2週(6日の週)辺りに納車…との事で
 納車したら取り敢えず慣らしを兼ねて安全運転で取り回しを憶えてから…ですね^^

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年2月27日 (月) 12時01分

どもです。コメント返しありがとうございます。
少々しつこいとは思いますが、もうちょっとバイクの話をさせてください。

私が乗ってたZZRの不満の「うるさい」というのは、高速道路を走っているとエンジン回転数が高いため音がうるさいという意味でした。走っていると音の大きさに少しずつ疲れてきて、はっと気が付くと高速なのに60km/hを切ってたり、バリウスとかにどんどん抜かれたりしたこともありまして、ツアラーと銘打ちながらなんだよこれは?とか思ってました。
気になったので少々ZZR250について調べてみましたところ、ZZRの前期型と後期型ではエンジン出力以外に決定的に差があるのがスプロケットの減速比で、前期型が14:47なのに対し後期型は15:44と結構違う。計算したところ80㎞/hだと400rpmくらいの違いになるようですが、おそらく前期型ユーザーから私同様の苦情や要望が入ったんで減速比を変えたんでないかなと邪推してます。
さらにあれこれ見てみると、前期型ZZRのトップギアでの総減速比は9.24で同じ90年ごろの他のバイクではVTZが8.55でFZRが9.82。先代にあたる最強2気筒クオーターGPX250でさえ8.85なのでやはりかなりローギヤードだと言えると思います。これが後期型ZZRになると8.65と一気に低くなります。

ついでに現行NINJA250も比較してみたところ、面白いことに後期型ZZRとほぼ同じ減速比でした。おそらく松茸氏が乗り換えてもあまり違和感ないんじゃないでしょうか?

あとZZRって曲がらないというか寝てくれないバイクでしたよね。ツーリングで前を走るバイクと同じペースでコーナーに入って曲がってくれずに血の気の引く思いを何度したことやら。

とまあ長くなってしまったのでこれぐらいで終わります。お目汚し失礼しました。
でわでわ。

投稿: あひる | 2017年3月12日 (日) 17時22分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します
 Ninjaの納車日を確認した所『カワサキは直前になってテヘペロとかやるしなぁ…』と、結局4月上旬と云う以前聞いた所までしか判らずに悶々としている私が居ますwww

 同じく、整備工にZZRの前・後期型でのギア比と云う話は軽く聞いてみたんですが、ギアそのものの変更はして無いんぢゃないか…と、返って来ました
 カワサキはまぁ此処十数年ってか若者のバイク人気が落ちてる辺りからソレナリに経費節減が激しく(だから、ZZRの生産も国内からタイに移した…と云うのも有るらしいですが)、余程のリコールに近いような欠陥が見付からない限りギアの歯数を変える(コレをやると、1段に付き送り側と受け側、最低2枚のギアを交換する必要が有る)と云う面倒な設計変更はしないだろう、と
 やってギア部分では無く、前後のスプロケを変更(コレだけならギアはチェーンを噛ませてるだけなので、1枚交換だけで澄む)する程度では無いか、との事でしたが

 で、実際私はZZRで高速ってNifty時代からの旧知の寿オフに出席する為に伊豆に行った時位しか乗ってないんですよねぇ…本当に街乗り専門になってしまって…
 故に余り高速で走る事をしなかった(一般道で100Km/h超えたのは数える位だし)ので、その辺の『音』に関しては余り気になりませんでした
 まぁ従前からの話の通り私の機体は後期型でしたしね

 なるほど、ZZRからNinjaになったのはwiki情報では排ガス規制によりZZRが生産継続出来なくなった為と有りますが、コレは間違いでは無いでしょうけど、本当に『変えなくて良い所は変えてない』のかも知れませんねwww

 あぁ…まぁZZRは『曲がらない止まらない』の代名詞でしたからねぇ…友人とのツーリングってZZRに乗る様になってからは殆どやらなかったんで、その辺はマイペースで倒してました
 友人はFZRとかCBRとかでしたしねぇ…当時の私はGPZ400Rでwww
 当時は高校時代の同窓生とツルんでたんですが、此処十数年は連絡すら取ってないや…連中、生きてるのか死んでるのかすら知りません

 取り敢えず、コレからも単車には出来るだけ乗り続けたいと思ってますので、そう云う話も歓迎です
 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年3月13日 (月) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/64921516

この記事へのトラックバック一覧です: 単車廃車と自転車試走:

« 歯医者と自転車(日記) | トップページ | 池袋への往復(自転車で) »