« 16年12月終了アニメ | トップページ | 年初めのHEROⅢ »

2017年1月24日 (火)

17年1月開始アニメ

 さて、先日前期終了アニメをレポートしたが、前期が終われば今期が始まる…と、云う事でまた新作アニメが結構出来ている
 総論もリストの後として、取り敢えず視聴一覧を毎度の事ながら2chアニ雑スレのリストを加工して掲載する

■日曜日
・魔法つかいプリキュア!
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
・エルドライブ
・にゃんこデイズ
・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
・アイドル事変
・リトルウィッチアカデミア(TV版)

■月曜日
・超・少年探偵団NEO
・ガヴリールドロップアウト
・TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-
・鬼平

■火曜日
・信長の忍び
・ACCA13区監察課
・ハンドシェイカー
・けものフレンズ

■水曜日
・双星の陰陽師
・AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-
・ピアシェ ~私のイタリアン~
・OneRoom
・CHAOS;CHILD
・小林さんちのメイドラゴン
・この素晴らしい世界に祝福を!2

■木曜日
・政宗くんのリベンジ
・SUPER LOVERS 2
・MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang
・クズの本懐
・うらら迷路帖
・セイレン

■金曜日
・幼女戦記
・風夏
・南鎌倉高校女子自転車部
・スクールガールストライカーズ Animation Channel
・青の祓魔師 京都不浄王篇
・昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

■土曜日
・タイムボカン24
・クラシカロイド
・名探偵コナン
・バンドリ!
・3月のライオン
・Rewrite
・亜人ちゃんは語りたい
・霊剣山 叡智への資格
・戦国鳥獣戯画~乙~
・チェインクロニクル ヘクセイタスの閃

 7+4+4+7+6+6+10=44本/週…前期の47本とか云う気違いじみた数では無いが、コレでも結構な数になっている
 前期でも途中で切った積もりは無いが結局見切れなかった作品がソレナリに出てるし、今後は考えたいのだが…どうしたモノか
 少々前からノイタミナが1本になった事なども有り、木曜の負担がソンなに大きくなくなったのは良い感じなのだが…
 ちなみに新作は…前期からの引継ぎが9本有るから35本か…ソレでもヤッパリ多いな…
 では、個別インプレに…

・エルドライブ
 宇宙警察が出てくるSFで、主人公の巻き込まれ型アニメ
 ナンか見たこと有る絵だなぁ…と思っていたのだが、ヒロインの顔がサイコパスの常守朱に見えて来た…あぁ調べたらサイコパスのキャラ原案が今作の原作者なんだ、なるほどね
 併せて云えば家庭教師ヒットマン リボーンの作者だったのか…ソコには気付かなかったが、なるほど主人公がツナだwww
 OPフィルムを見る限り、ヒロインが主人公を認める展開になりそうだが、何時デレるか…原作未読だし、その辺も楽しみに見たいかな

・にゃんこデイズ
 えっと…猫の擬人化? SF(少し不思議系)?
 JK一人と猫っぽい擬人化猫3匹の日常系
 癒されるって云えばそうなんだが、このJK、猫繋がりで話しかけてきた同級生が初めて出来た友達っぽいが、プロぼっちなのか?ww

・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
 前回のテイルズシリーズの続きっぽい
 前回は幸か不幸か流し見程度で見てたから、一応話は判る
 放映時間帯の関係とかで結局今回も流してる状態…ソコまで真面目には見てない

・アイドル事変
 今期一番のバカアニメと思われ
 昨今の政治が汚いとか、社会に有る問題を何とかしようとか、そう云う話も出てはいるが、解決方法が力技過ぎて検討する気にもならん
 熱血アイドル物として見れば…コレもナンか根性と体力のみで解決しそうだし、何処に照準を合わせれば良いのか…結局、何も考えずに見るバカアニメとして見るのが正解か、と

・リトルウィッチアカデミア(TV版)
 ファンタジー系魔法使いを目指す少女達のアニメ
 所謂魔女の家系でなく、海の物とも山の物とも…と云う主人公が特殊な状況でのみ才能を発揮…と云う展開の様だが、なにぶん主人公がウザい…信念に正直と云えばそうなのかも知れんが、周囲の迷惑顧みずな部分がラブライブの穂乃果を髣髴とさせて…ラブライと違って一応『自分の力で解決』してはいるが、周囲に迷惑書け捲ってる辺りは似て非なる感じが有る

・超・少年探偵団NEO
 いや、もぉ…スタッフ一同、江戸川乱歩の墓前に雁首揃えて土下座しろ…と
 私も乱歩の作品はソコまで大好きな感じを得ない(初期作品しか読んでない事も有るが、非常に通俗的と云うか、異常性愛が主眼だったり、余り得意な分野ではない)のだが、日本の推理小説黎明期で時代を切り開いた偉人の一人なのだ
 その偉人の創作物を題材にするのは悪くないが、何でお笑いに持って行くかね…前期からのTRICKSTERは近未来にしたのは兎も角、変な設定盛り込んで訳の判らん作品にしてるし…

・ガヴリールドロップアウト
 …余り得意な感じはしないかな
 まぁ幼年期に非常な優等生だった少女が世俗に塗れて堕落した…と云うのは人間の話でも良く有る事なのだが…
 天使や悪魔の話として…と云うのは、まぁ話にアクセントを付ける意味でも、キャラの性格設定でもソレナリに生きてるんだが…
 あぁ、『干物妹!うまるちゃん』に通じる物が有るのか、アレも生理的に駄目だったしなぁ…

・鬼平
 実写時代劇では原作を使い切ったっぽい(池波正太郎の遺言で、原作をアレンジ・複数の原作を融合等は兎も角、全く原作に無い話をしてはいけない、と制約が有ったらしい)ので作れなくなり、アニメで製作…と云う話も聞いたが、取り敢えず、良い出来
 必要以上に劇画にならず、かと云ってフザけた印象は全く無く、本格時代劇アニメ、と云う事で良いと思う

・ACCA13区監察課
 現代っぽいけどチト違う…並行世界? っぽい異国が舞台の作品
 主人公は行政区の監査(多分、みなし公務員的な)立場らしいのだが…取り敢えず、まだ1話しか見れて無い(2話は録画済…木曜、通院で休暇取るし、見れるかな)ので、ナンとも
 今後、化けるかどうかは判らないけど一応継続視聴
 原作は完結してるっぽいので、話の破綻は無さそう

・ハンドシェイカー
 SFなんだが、チトよく判らない
 特殊な体質の少女と手を繋ぐ事で異能を手に入れられる少年がバトる…と、まぁ内容を簡潔に書くと、こう云う事らしいが…
 その少女、主人公のパートナーである少女は基本、何も知らん(飯の食い方すら)ので、その辺りの交流モノとしてなのか、バトル物としてなのか、方向性がイマイチ掴めない

・けものフレンズ
 コレは、完全に幼年向けかな
 広大なサファリっぽい場所で記憶を無くした(多分人間)の子供が意思疎通の出来る野生動物の子供(擬人化されている)と交流しながら、自分の正体を見付けに図書館(多分、世界の端っこっぽい)に行く…と云う事らしいが
 1ヶ所、野生動物の解説を多摩動物公園だかの職員がする辺り、教育も兼ねてるのかも知れん

・AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-
 PSPからVITA、PS4にシリーズが続いたゲームをアニメ化
 一応、ゲームでは1・PLUS、2と有るが、そのドレとも世界を変えている
 基本、秋葉原に吸血鬼が邪な企みを持ってやって来た、人類と共存を目指す一部の上位吸血鬼が対抗している…と云う世界観と、その戦いの序盤に巻き込まれた主人公が秋葉自警団に入って活躍する…と云うラインは有るが、全部別の世界観である
 吸血鬼の退治法は十字架・聖水・ニンニク等は一切効かず、唯一、太陽光だけが効くと云う話で…詰まり、炎天下で服を剥ぎ取る、と云う事に
 ゲームの1は好きだったんだけどなぁ…

・ピアシェ ~私のイタリアン~
 高校に入ってバイトを始めたい女の子が選んだのがトラットリア…
 店長代理をしてるシェフが小学生とか、チト無茶な設定が有るが、5分アニメで何処まで出来るか…一応継続視聴予定

・OneRoom
 調べてみたが…視聴者を主人公に見立てた擬似恋愛ゲームのアニメ版と云う事らしく、主人公視線だから当然主人公はフレームに入らないし、声も無い
 女の子がカメラに向かって一人芝居してるだけに見えなくも無いが、取り敢えず新しい試みって訳でも無いから需要は有ると思われ

・CHAOS;CHILD
 カオスヘッドの正式な続編…と云う事らしい
 所謂超科学物で、人の思想を外的要因から誘導したり、所謂妄想具現化だったりと云った方面で超科学が展開されるらしい
 不可思議殺人と云う結構スプラッタで猟奇的な人死にが題材にも有り、見る人間を選ぶかな

・小林さんちのメイドラゴン
 酒に酔って山に迷い込んで偶然遭遇したドラゴンと意気投合して家に雇い入れる事になったSE…って事で良いんだよな?
 モノがドラゴンなので、人間を下等種族としながら、家主である小林には深い愛情が有る描写がナンとも
 ソレナリに面白そうなので継続視聴

・この素晴らしい世界に祝福を!2
 ラノベ原作の第2期
 第1期のラストで街の危機を救う為に爆発物を座標無指定で転移させたら大物貴族の家に転移されてて…と云う展開から続き
 一応死罪は免れたが更に借金を背負う事に…魔王退治と云うより、その日暮らしが課題になる展開は前期と変わらず
 まぁ基本、PTの女の子が可愛いケド残念…と云う辺りがウリだろうから、その辺を楽しむ作品かと

・政宗くんのリベンジ
 昔、太っていた事が要因(それ以外にも有りそうだが)で手酷く振られた少年が自己改造してイケメンに、そして振った少女を夢中にさせて逆に手酷く振る計画を立てるが…と云う、異色恋愛コメディ、で良いのかな?
 まぁ判らんでもないが、ソコまで頑張れたなら振った女の事ナンザ忘れてリア充になれば良いのに、基本的に発想が暗いwww

・SUPER LOVERS 2
 腐女史(基本的に女性がメインに出る事が無い、完全に男性の絡みオンリー)向けの第2期
 ナンだカンだでショタを誑し込んだ元ホスト…と云うか、まぁ相思相愛なら良いんぢゃね?
 男性同士の絡みが駄目な人は見てはいけないアニメ

・MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang
 コレは…男性アイドルユニット主役の…やっぱり腐向け?
 別にこの作品で主人公になってる4人組アイドルユニットは恋愛等は無いだろうケド、取り敢えずイケメン4人がじゃれ合いながらアイドル活動に青春に…と頑張る姿を見せる話っぽいし

・クズの本懐
 前から原作漫画は気になってたが、成程こう云う話だったか
 生徒→教師の恋愛感情が有る男女逆パターン2組で、教師同士が相思相愛っぽい事に気付いた生徒2人が御互いを『想い人の代用に』する契約をする…と云う、単純なのか複雑なのか微妙に判りづらい話
 肉体的な絡みも入り(寸止めなので、R18にはならない)、本当の意味で深夜アニメの題材として良いのかも知れない
 …ナンか、同時にドラマ版も作ってるの? 実写でコレは不味いだろうに…ww

・うらら迷路帖
 占い師になる為の街(って時点で既に意味不明だが)で知り合った占い師の卵たちの日常系?
 主人公の一人が完全に野生児で『謝罪には腹を見せる』って、犬系の降伏ポーズだよな、ソレ…
 その辺りの非常識を何処まで許容出来るかが、このアニメの許容限界と思われ

・セイレン
 キミキス・アマガミ・フォトカノ系に連なる恋愛モノ
 アマガミの様式で、各キャラ毎に数回でカップルになる話をヒロイン毎に繰り返す感じらしい
 まぁ…兎に角、色恋しか頭に無い思春期を見続けられるなら見れる…って事でF.A.

・幼女戦記
 えっと…会社のリストラ担当だった社会人(男)がリストラ対象になった者に殺されかけ、何故か神と交信、魔法の存在する異世界に女性として転生させられる…と
 その転生体は過去の記憶を持ち合わせながら、世界の常識と自身の魔法力で軍人になり、エリート安泰コースを模索するが、驚異的な魔法力(戦力)として最前線に…と云う展開っぽいな
 やってる事のえげつなさと最初の『元男(しかも可愛げの全く無い)』と云う部分を忘れて萌えられるか…私には無理だがwww

・風夏
 高校に入学と同時に引っ越してきた主人公と奇妙な縁で知り合ったクラスメイトの少女、今は人気アイドルになった幼馴染の女の子の3人での三角関係モノらしいが…
 真面目に三角関係やると、結構泥沼化するんだけどねぇ…少年漫画原作だから、何処までやるのか

・南鎌倉高校女子自転車部
 『ろんぐらいだぁす!』も正式には終ってないのに自転車+女の子ネタで新アニメとか…ろんぐ~の様な長距離競技云々ではなく、サーキット競技にシフトして行くとか云う未確認情報も有るが…
 まぁ今回は女子高生と云う事で、金銭的な余裕は大学生より無い筈(一人、富豪の娘っぽいのが居るけど、ソレが例外)で、何台もロードレーサを買うとか無理だろうと思うし、遠出だってソコまで無茶は出来ないだろうと思うので、その辺の差別化がどうなるかは興味かな

・スクールガールストライカーズ Animation Channel
 ソシャゲ(ネイティブアプリ)が元ネタのオリジナルアニメ
 女子高で素質の有りそうな娘を異形と戦うチームにスカウト…って時点でゲームネタでは有りだけど、アニメにする必要有る? って気もする話なんだが
 一応、戦闘服だから…って事だと思うけど、スカートの中は見える描写が多いかな…まぁ旧セラムンのパンチラの様なものか

・青の祓魔師 京都不浄王篇
 随分前に一度アニメになった作品の第2期…此処まで間が空いたって事は、原作使い切ってから溜まるの待ってた?
 兎に角、前の設定とか忘れてる面がソレナリに有る…人間関係はソコまででは無いけど、前期のラストってどんな終り方だったっけか?
 前の録画引っ張り出して見る必要が有るかな…?

・昭和元禄落語心中 -助六再び篇-
 こっちは9ヶ月空いたんだっけか?
 前期は先代の八雲・助六の顛末の話だったが、今回は当代の八雲の弟子になった与太郎改め当代助六の話…今、wikiで調べた所、原作は完結済みで全10巻、前期が5巻までで今期は6巻以降の話らしいから、コレで多分終わると思われ
 落語と云う『伝統文化だが娯楽』と云うある意味特殊な芸能の盛衰が判る話で、話自体は嫌いでは無いので、継続視聴

・バンドリ!
 この記事書いてる時点で、やっと1話放映…
 直前特番を2週連続とか、コレも『やらかした』系か?
 どんな番組かは視聴者が見て判断するから、兎に角完成した物を見せろ、と
 前回も書いたが『評価出来るのは完成した作品だけ』なのだ
 取り敢えず、1話を見たが…あれ? ナンか女子高生のバンド物って既に始まりってかキャラ設定が固定化してるの? 間違い探し?
 主人公は無邪気と云うには度が過ぎてるほどマイペースで質屋の倉庫に不法侵入、見つけたエレキギターを抱えて金も払わずに逃走、追い駆けて来た娘と強引にライブハウスに突入とか、軽く見ても犯罪者だろ?
 駄目だコレ…最近の女子高生バンド物の悪いエキスを抽出して作ってるみたいだ

・Rewrite
 前期の全滅エンドからの続き
 1話では主人公と鍵の少女だけしか存在しない世界が、2話では分岐されてる世界からの干渉により受ける攻撃に対処して、メインキャラを創造(召還?)した様だが、元ネタゲームを未プレイなので、その後の展開は判らない
 そう云う意味では鍵系のゲームってONEとKANON位しかやってないな…Airは途中で投げたし…まぁ感性に合わなかったって事で良いんだが

・亜人ちゃんは語りたい
 亜人と云う種族…では無く、人類の特殊変異体として認められた『個体』であり、血縁でも亜人になるとは限らない(ってか、亜人の個体数が少なくて、血縁が亜人と云う確率ソノモノが殆ど無い)と云う世界
 ヴァンパイア・デュラハン・雪女・サキュバスと云った生徒・同僚が突然増えた『大学時代に亜人研究をしたかったが、許可が下りずに挫折した生物教師』を中心に話が進む
 ってか、ヴァンパイア・デュラハンは本来、亜人ってかアンデッドだぜ?www
 取り敢えず3話まで見たが、思ったより良いかな…今期の一押しになりそうだ

・霊剣山 叡智への資格
 コレも2期になった中華アニメ
 前期は主人公が修士(仙人になる前段階)として霊剣山に入門する、そして初期過程を修行する話だったが、今期は中期過程に入って、一度故郷に帰る所から
 まぁ基本、中国思想では神より仙人の方が上(封神演義とか読めばそうなる)の思想だが、更に儒教思想(生まれの差で既に個人の徳が決まってると云う、支配者有利な思想)も入って来るので、私には理解出来ない展開も結構有るしな…前期は一応見たので、惰性の意味も結構強いかな

・戦国鳥獣戯画~乙~
 前期終了直後に今期…甲乙付ける意味が判らんwww
 連続して2クールなら番組名1つで良いぢゃんwww
 話ってか描写とかは前期のインプレの通り結構気に入ってるので、継続視聴

・チェインクロニクル ヘクセイタスの閃
 コレもソシャゲ(ネイティブアプリ)が元ネタ…元ゲーを未プレイなので、バックボーンの話がこのアニメと、どうリンクするのか良く判らんが、多分アニメオリジナルと思われ
 ゲームを知らん私からすれば、普通のハイファンアニメとしてどう評価出来るか…だけになるかと

 以上かな
 ナンか…まぁ年始と云う事もあり、最初の1週間は年始特番ばかりでアニメ新規開始が遅れるのが毎年の常(深夜帯にまで特番組む必要無いだろうにねぇ…)なので、毎回、本当に1~2話までの視聴でインプレを書いてる
 だから結構的外れな事も書くかも知れんが、その辺りは終了インプレで訂正するって事で

 さて…次回はナニ書くか
 ネタは常に探してるので、見つかったモノから…と
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 16年12月終了アニメ | トップページ | 年初めのHEROⅢ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

どもです。

・エルドライブ
 録画してるけどまだ見てないです。面白そうな雰囲気は感じたんだけど、時間が無くなったら落とすしかないかなあ。

・ガヴリールドロップアウト
 おバカなギャグアニメということでよいのではないかと思います。
 いろいろ出てくる奴がみんなバカすぎておかしいです。
 雰囲気的には「キルミーベイベー」を思い出すんですが、松茸氏はあれ嫌いだったから確かに肌が合わないかもとは思います。

・ACCA13区監察課
 暇な課の特に何かすごいわけでもない職員が、周りのいろいろな思惑や陰謀になんか知らないうちにからめとられていく、って感じでしょうか。絵柄が独特でなんか惹かれてみてますが面白くなるかはよくわからないですね。

・小林さんちのメイドラゴン
 これもバカアニメっぽいんですが、ところどころシリアスになるし主人公の小林さんのキャラが変にリアルで親近感湧くし、けっこう緩急や硬軟取り混ぜた感じで面白いです。原作読んでみましたがなかなかツボを押さえた感じで好感持てます。今季一番の楽しみにしてます。

・幼女戦記
 なんというか小林源文の劇画を園田健一に書かせたような感じで、この作品で萌えを感じる奴はいないんじゃないかなあ。
 第一次世界大戦に少し魔法を混ぜたような感じですが、飛行機はなく機関銃もなく当然戦車もなくて、魔法で飛べる人間が重砲の弾着確認をし生身で空中戦もやるという。対空砲で人間を打ち落とすとかえぐいですよね。これでどこまで続くのか、原作はラノベで結構巻数は出てるみたいですが。

 でわでわ。

投稿: あひる | 2017年1月24日 (火) 23時17分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します

 エルドライブは…まぁ云われて見ればリボーンの雰囲気が残ってる感じで『一見駄目駄目な男子が何かの拍子に特異能力に目覚めて自分を高めていく』って感じですね
 私はリボーンは結構好きだったので、コレはコレで良いかなぁ…まぁどうしても見なきゃソン…って程のお勧めはしないですが

 ガヴリール…なるほど、キルミー臭か、そう云う感じは有るかも知れませんね、ナンと云うかナンセンス臭と云うか
 確かにキルミーも一通り見ましたが私の評価は低いです、やっぱ普段は気にしてませんが結構好き嫌い有るんですねぇ、私www

 ACCA…昨日第2話を見ました
 なるほど、取り敢えず、今描写されてる分だけを見れば完全に濡れ衣嫌疑なのですが、コレを『正しい事』と捏造するのか、『実は描写されて無い部分で主人公の嫌疑は正鵠を射ている』のか、視聴者にはまだ判らない所です
 こう云う話は嫌いでは無いですね

 メイドラゴン…まぁバカアニメと云えばそうですがwww
 やっぱ京アニは変に真面目な物作るより、こう云う単純に笑いを求める作品作ってる方が良いの作る気がします
(まぁ氷菓は悪くなかったですが)
 そうですね、ドラゴンとか平気で受け入れてる癖に妙にリアルな考えの小林さんは面白いです
 今期、私の一押しは亜人ちゃんなのですが、コレもカナリ上位のお勧めだと思います

 幼女戦記は…やっぱ、萌えませんか、アレではwww
 そうですね、文明程度は第1次大戦頃で、航空戦力代わりに魔法で空飛ぶ人間を使ってる感じですか…対空戦力の開発も後々必要になるのでしょうけど、対空砲は飛行機の様な大きさの物に対する兵器ですから、人の大きさ(大きくても2mは超える者は少ないでしょう)に対してだと開発コンセプトが変わってきそうですが…
 結局、この作品での『存在X=自称神』はナニがしたいのか…この主人公に『自分を崇拝せよ』ってだけでコレやってるの? …だとしたら、随分ケツの穴の小さい神ですがwww
 原作はあなで背表紙だけ拝みました…確かに巻数は出てる様ですので、何処までアニメ化するか、人気が出れば続きは作られるんでしょうけど、有る意味興味です
 …しかし、最近の悠木碧はオーバーロードのクレマンティーヌとか本作とかで役幅広げてるなぁ…とwww
 普通に逆転裁判の真宵とか僕街の加代とか、可愛い系の役も多いってか、その方が多いんだけど、クレマンや本作のイメージが強すぎてwww

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年1月25日 (水) 12時00分

返信どうもです。

・亜人ちゃんは語りたい
これ忘れてました。原作一通り読んでまして、私も好きです。ただ逆にそれゆえ原作未読だったメイドラゴンのほうがやや気になってしまってますが。
とは言えアニメも期待していましたが、結構原作まんまないい感じなのでワクワクです。
しかしデュラハンの頭だけ出てるシーンは、改めてみるとシュールを通り越してギャグのようだ…。

幼女戦記ですが。
対空砲はもともと時限信管の炸裂砲弾を高空に放り上げ、広範囲に防御の弱い航空機に対して損傷を与えるものですから、そんなもんを人間に使うとおそらくお空が赤い花だらけになるんじゃないかと…ゾゾゾ…
それはさておき存在Xの目的も松茸氏のおっしゃる通りよくわからんですね。信仰心を得たいならこんなひねくった設定を用意せんでも全くよかろうに。
人が神に祈るのはそれが人の手に余る事象だからで、人同士の争いの極限である戦争の最中で誰が信仰心を取り戻すと思ってるんでしょうか?

でわでわ。

投稿: あひる | 2017年1月25日 (水) 22時41分

Shot>あひる提督
 返信コメント感謝します
 通院休暇を取ってたので返信遅れました

 亜人ちゃん…原作は私も何度か手に取ったんですが、踏ん切りが付かなくて…私はデュラハンちゃんが好きですが、絵と動きが有っての事、と云う場合も有って原作を買うのに躊躇する感じなんで…
 メイドラゴンは原作の表紙は見てますが、亜人ちゃん程『原作買いたい欲』が沸いてきません…アニメは楽しく見てますが^^
 まぁデュラハンを題材にした作品はラノベ・アニメになった『デュラララ』辺りが有名ですが、本来デュラハンは確か『死を予言する妖精』と云う事で、ファンタジーRPGだとアンデッドに分類される存在なんですけどねぇww

 幼女戦記(幼女で切るとナンかアレだしwww)ですが…対空砲ってのは時限信管だったんですか…知りませんでした
 ソレなら防御力の低い(ナンか魔法防御みたいなのを作ってるパターンが有りますが)生身の人間を広範囲で迎撃するコンセプトには合ってるのかも知れません…実際ヤると絵面は結構グロくなるかと思いますがwww
 存在Xの目的って、物語を見る限り(まぁまだ3話までですが)、本当にターニャを通して世界に信仰を深めたいのか、ターニャ本人についてのみ改心させれば気が済むのか…その辺も結構曖昧なんですよね…まぁどっちにしてもケツの穴の小さい事では有るんですがwww
 まぁ魔法とか入ってますが、結構ガチな戦争物らしいですし、一応継続視聴の予定ですが

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年1月27日 (金) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/64803417

この記事へのトラックバック一覧です: 17年1月開始アニメ:

« 16年12月終了アニメ | トップページ | 年初めのHEROⅢ »