« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »

2016年2月14日 - 2016年2月20日の記事

2016年2月16日 (火)

徒然(柿本光太郎氏出演作とゲスの極み議員)

 タイトル悪いな…話題にしたのがこの2つであって、両者には全く関係が無い
 当然、光太郎氏は好青年でゲス等とはエンもユカリも無い
(今気付いたが、コレ、漢字で書くと縁も縁も無いで非常に読みづらいのな)

 さて、先ず最初に光太郎氏の話から
 先日の記事で遊助コラボアルバム『遊情BEST』初回限定DVD付きのDVDに記録されているGReeeeNとのコラボ曲『君ドリーム 遊turing GReeeeN』のPVに出演している(ようつべでShotVER.が公開中)旨の紹介をしたと思うのだが、コレの発売が今月3日であった

 結構悩んだ末にアマゾンでポチって仕舞った訳だが、発注が遅かったからか、到着は翌日の4日であった
 で、その後ドタバタして開封すらしてなかったのだが、やっと週末に開封した
 …特に遊助氏のファンと云う訳ではないので、取り敢えずCDはまだ未視聴なのだが、DVDだけ再生してみた
 DVDの収録題目は標記PVとそのメイキング、その他にも『おでん屋 遊助』とあったので、まぁコラボアルバムだし、ナンか愉快な曲が入ってるのかな…とか思っていたのだが
 結論から云うと、遊助氏がおでんの屋台でゲストとトークしてるビデオであった…アルバムや遊助氏の事を話してはいるが、歌ってはいない
 ファンなら見てみたいビデオなのではないだろうか
 …まぁファンで無く買った私は1回見たからこの部分は『そう云うモノだ』と理解した…で終わりなのだがwww

 さて、本題に戻って光太郎氏のビデオ
 曲の通り夢を追い掛ける若者のビデオであった
 まぁフルコーラスでも5分前後なのかな? と、云う事で映画とかTVドラマの様なモノでは当然無い(音楽を聞かせる為のビデオなので、当然台詞も無い)のだが、ストーリーはシッカリ判る作りであった

 上記の通り台詞が無いのでシーンのみで理解するしかないのだが、バンド活動をやっている高校生男女がメジャーデビューを目指してデモビデオを作製、オーディションに応募する…その結果は? と云ったモノだ
 此処で改めて光太郎氏から聞いてビデオを見直したのだが…オーディション結果が一瞬映るだけだったのでチト誤読をしていた
 ビデオを持ってる人は改めてその場で止めて見直すと、この話の本当内容が判る…で、その結果に基づく5人の青春、と云った感じのビデオが最後のサビの辺りで続く
 爽やかな曲と相俟って良い感じで出来ている

 まぁ難を云えば、確かにバンドのボーカルは女の子の方が華は有るのだが、曲は遊助氏が歌ってると思われ、当然男性ボーカルである
 口の動きを見る限り、この曲を歌ってる様に見えたのだが、ボーカルを男性にした方が良かったんぢゃね? って気もしたのだが

 さて、光太郎氏だが、ギター担当と云う事で登場している
 短いPVなので登場人物はバンドの5人以外は顧問の先生らしい遊助氏扮する大人が1人、あとは電車の車内や路上にモブが数人映ってるだけである
 主役はやっぱりボーカルの女の子っぽいのだが、均等に出番があり、ソレナリに目立っている
 メイキングでは5人について最初の集合したシーンで登場役者の名前がテロップされているので、間違える事は無いだろう
 遊助氏のファンでは無い人間が不純な動機(PV出演の俳優目当て…www)で初回限定を買った訳だが、遊助氏ファンには許して欲しい所だ

 ちなみに、11日の休日に秋葉原ヨドバシに行った所、このDVD付き初回限定はまだ在庫が有ったし、アマゾンでも引き続き購入可能になっているので、気になる人は買ってみるもの良いと思う
(まぁ5分強のPVとメイキングが何分だったかな…の為に買う酔狂人は私位なモノだろうが)



 さて、話は一気に変わってゲスの極み議員コト自民党の元衆議院議員:宮崎謙介だが…まぁタイムリーだよねwww
 コイツの御蔭で男性の育休ソノモノにケチが付いたのは間違い無い訳で…まぁ結婚もしてなければ子供も居ない私には関係無い話だが、良い迷惑である

 で、不倫問題と云うが…まぁ言葉の意味は間違っていないのだろう
 不倫=倫理観から外れた事…であるので、一夫一婦制を法で謳っている日本で、妻子有る(育休って事は産後な訳で)状態で別の女とヤってる事件は、この条件を満たしている訳だが
 昔は配偶者が有りながら他の未婚者と性的関係に有る事は『浮気』、逆に自分は未婚でも配偶者の有る者と性的関係に有る事を『不倫』としていた気がしたのだが…
 やはり『浮気』より『不倫』の方が更に悪辣なイメージが有ると云う事で(意味も間違ってないし)不倫と云う言葉に統一されたのだろうか
 今回は丁度、ゲス川谷&ベッキーで不倫がど~のこ~のとやっていたから、そのまま話題がコイツに移った…と云う点もある(私のタイトルもソコからだし)のだと思うが

 さて、こんな記事も見付けた
宮崎議員辞職表明 男性育休に影響懸念…馳文科相ら
 この記事の中で『一方、政治評論家の森田実さんは「不倫は不道徳で国民の批判を受けるだろうが、政治と直接関係がなく、辞職すべきではない。針のむしろかもしれないが、議員の責任を果たし、時間をかけて信頼を回復するのが本道。あしき先例になる方が問題だ」と懸念を口にした。』と有る

 をぃをぃ、日本では民法及び刑法で重婚を禁止してるんだが、この『政治評論家』とやらは、籍を入れてないから合法だとでも云う積りなのか?
 法を作る立法機関に入る為に立候補して、民衆の支持を受けて入った筈の国会議員が法を犯すに準じる事態を起こして『明確な違法では無い』から職務を続けて信頼を回復するのが筋だ、と?
 …やべぇ、鼻で笑うのを抑えられねぇwww

 先ず、国民の支持を受けて国会に入れた筈の奴が、国民から批判を受けている…しかも、その内容は無根拠の誹謗中傷に基づく物では無い
 この時点で支持を失ってる訳で、議員である資格を失っていると同等である
 次に、法を作り、国民に法を周知する(施行するのは行政=内閣だし、法を守らせるのは司法=裁判所の仕事ではあるが)のが本来の仕事である国会議員が、現在一夫一婦制を布いている日本において浮気(上記定義において区別した)が発覚している時点で法を犯す行為に準じていると云う事で、立法府に籍を置く訳にイカン、と辞職する…コレに問題が有るのか?

 さて、幾つか散見した意見に『甘利も議員は辞めてないのに宮崎だけ止める必要は無いのでは?』と云うモノも有った
 まぁね…上記の論理で行けば、口利きの有無に関わらず『業務に利害関係が発生する可能性の有る法人等から金品の贈与があった』時点で黒に近いグレーで、本来なら潔く大臣職だけでなく国会議員も辞めるべきだとは思う
 ただ、コレが『金品授与は受けたが、飽くまで政治献金であり、その業者に便宜を図った事実は無い。献金として帳簿付け、申告する必要は有ったが、ウッカリ忘れた』と云われると、突っ込みドコロ満載で九分九厘嘘だと思うのだが、嘘だと断罪する明確な根拠が見付からないのが事実である
 残念な事に日本では『疑わしきは罰せず』が根本の精神なので、これを根拠に議員辞職を強いる事が出来ないのが実情である

 まぁ浮気相手が明確に存在し、本人も浮気を認めている時点でハッキリ黒な宮崎とは対応が変わっても仕方が無い
(甘利を支持する積りは一切無いし、金輪際支持する事も無いだろうが)

 とか云ってるウチに甘利の問題もコレ(自民支部、佐藤ゆかり議員側告発へ…200万円資金処理問題で政治規正法違反…ナンか続報では告発を受けた議員が告発をした支部の支部長を逆告訴検討…とか云ってるが、取り敢えず本題から逸れるので割愛)がニュースになる位なので、贈収賄だろうが政治資金規正法違反だろうが告発・議員辞職が正しい…と云う理屈も成り立って仕舞った訳だがwww

 この件に関しては、まぁ辞職後再立候補しても次の支持は受けられそうに無いし、政治屋としては終わったと見て良い事、奥方である産休中の金子何某議員が全てを知った上で対応している事から、今後は夫婦間の問題であり、国民としては知った事では無いと思う
 京都(宮崎の地盤)と云う御土地柄では、イメージとして、かなり不義密通に関して厳しいと思うので、奥方議員に対しての支持は(今回の対応について同情の声も賞賛の声も有るので)上がっても、宮崎に対しての支持は再浮上は難しいと思うし…ほとぼりが冷めるまでって、何時冷めるのか、ってか冷めるのか? と、思うwww

 話は少々変わるが、江戸時代や明治辺りまでは日本でも『妾』が法的に許可されていた時代は有ったらしい事も調べて判った
 更に遡って平安貴族の時代は基本的に通い婚で、所顕しと呼ばれる結婚御披露目、所謂披露宴的な儀式を経て夫婦となっていた慣例も有る…つまり、この儀式をするまでは男は複数の女性の家に通う事が可能だった訳だ(飽くまで貴族の風習では有るが)
 で、江戸時代は現在の東京=江戸は基本的に出稼ぎ所帯が多く、男女比が気違いじみて偏っていた…故に、数少ない女性が商店・飲食店で店に出れば『看板娘』と云われてチヤホヤされていた訳だ
 故に、吉原を筆頭に江戸の遊郭は遊女1人に対して男の数が矢鱈多く、一晩に数件の客を相手する遊女が出る程の忙しさだったらしい
 逆に、京都はソコまで酷い状況ではなく、遊郭は金持ちの道楽である事から、島原を筆頭に京都の遊女は旦那さん1人が付けば、他に客を取る必要が無い(旦那が裕福で、1人で女を囲う位は出来る財力だったから…また、男女比もソコまで気違いじみてないから、ソコまで需要過多の状況に無いから)状況だったとの事である
 此処から、江戸と京都の倫理観の違いが生まれている…と何かで読んだ事もある

 まぁそんな京都での浮気騒動なので、地元でのダメージはデカいと思う…ソレを跳ね返して次回当選するなら、余程魅力的な政策を打ち出せたのか、京都の人間が倫理観を失って仕舞ったのかどっちかだろうと思う
 アレだけ莫迦な対応をして未だに野田聖子を持ち上げてる岐阜市民を私が鼻で笑うのと同じ対応をさせないで戴ければ嬉しい

 まぁね、13年も石原みたいな『自分の書いた小説と現実の区別も付かないパラノイア』を知事に据えていた東京都民である私(本当に、有権者として恥ずかしい限り、黒歴史である)が云えた義理では無いかも知れないのだが

 ちなみに、自民党の総裁として安倍が陳謝…とあるが、コレも御門違いである
 まぁ組織の長として新人教育がなってない…と云う面は確かに有るんだが、流石に国会に当選した30過ぎた良い大人に『法律違反、又はソレに準じる行為はいけませんよ』と教育するのは、完全に莫迦な話である…まぁそんな莫迦な話すら守れてなかったから今回の嗤い話になる訳だが
 で、安倍が謝るのは勝手だが、有権者としてその謝罪は受け入れたくないし、自民党への非支持のイメージは更に強くなる…と、まぁただコレだけの事である
 以前よりブログ等でも書いているが選挙権を得て20数年、自分が投票出来る選挙は全て参加したが、自民党・民主党には只の一度も入れた事が無いのは自慢の一つであるが^^
 まぁこれからもこの2つの政党及び政党の公認等候補者に対しては一切入れる事は無いだろうが

 さて、話題としてはコンなモンかな…
 次回はナニ書くかな…プレイしているソシャゲに変動も有ったし、プリキュア・戦隊が代替わりしたし…と、幾つかネタになりそうな物件は有るんだが…
 まだ文章起こしもしてないので、ナニ書くかはその時に決めるかな
(戦隊はまだ1回目だし、その1回も半分少々寝ながらだったから印象が殆ど無いしwww)
 兎に角、ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »