« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »

2016年3月27日 - 2016年4月2日の記事

2016年3月29日 (火)

ゼロの使い魔21巻

 先週の記事が横溝氏の推理小説読破記事だった訳だが、ラノベは読むのに時間掛からないなぁwww

 と、云う訳でヤマグチノボル氏の最新刊、標記を読破した
 …出来れば、ヤマグチ氏御存命中に書いて戴き、完結して欲しかった作品ではある

 ゼロの使い魔はヤマグチ氏の代表作であり、アニメにも4回(各1クール)放映された、ソレナリに有名なラノベの部類に入ると思う
 私はアニメから入ったのかな? …かなり前の話なのでチト曖昧だが、アニメを見てから原作を読んだ気がする
 ただ、原作が少々進んでからアニメ化されたので、原作を読んでるウチにアニメ化された部分を追い越して話を知って仕舞い、途中、戦記モノに近いほど戦争シーンが多くなる事もあり、アニメでの完結まではしないのだろうなぁ…と漠然と思っていた作品である

 しかし、思いも掛けない方向で完結した
 アニメ第4期は半ばアニメオリジナル展開になり、強引に終了してしまったのだ
 まぁ良く有る話ではあるのだが、原作がまだ続いている作品をアニメ化する時の弊害の1つで、原作を読んで結構好きだった私はかなり残念だった事を覚えている

 しかしまぁ原作は原作、と気持ちを乗り換えて続きを待っていたのだが…物語も佳境に入った20巻発売後、作者のヤマグチ氏が入院された旨の情報が入った
 ついったでフォローしていたので、ソレナリに早い時期に情報は知っていたし、幾つかついったで応援メッセージや質問等にも対応戴いていたので、心配しながらも、ある程度『回復可能』と楽観していた
 で、つぶやきの頻度が落ちてきてるな…回復した様な話も有ったし、執筆準備かな? …と、思っていた矢先の事だが、wikiにも有るが、2013年4月にヤマグチ氏の訃報が発表された
 これは結構ショックだった
 私は大学職員(事務)として本業をしている中、病院事務(附属病院医事担当)をやった事も有り、その時期は(病院が単に大学病院と云うだけでなく、先進医療病院指定を受けていた…つまり、入院患者はソレナリの割合で重症患者なのだ)人の死が結構身近にある事を経験している
 まぁ故に…って事なのか、私が冷めてるのかは知らんが、結構人の生き死ににはドライであるのだが
 ヤマグチ氏も人間だし、死ってのは結構思いがけずに唐突に来ることも知ってるので、その辺はショックではなかった(当然、上記の通り、既にミリオン作家だったにも拘らず、ついったなどでも応対してくれる人柄もあり、個人的に好きな方が亡くなった事へのショックは有ったが…親が死んでも結構平静だったしな、私は)のだが『ゼロの使い魔』が未完で終わって仕舞った事がショックだった

 アニメ4期のあの前後の脈絡を感じさせない唐突な終結(そりゃもぉ酷く、黒歴史扱いしてたから、チト忘れ気味だが…確かイキナリ世界の異変は巨大怪獣の所為だって話になって討伐して終った様に記憶している。虚無の使い手やその使い魔に掛かる伏線とか、全部放り出してのエンディングだった気が…)がこの作品のオフィシャルエンドになって仕舞うではないか
 ついった等でもヤマグチ氏は原作の終わりは見えてる、後は書くだけだと呟かれていた、アニメより面白い終わりが絶対に有る筈なのだ
 …と、思ったのは私だけでは無かった様だ

 先日、21巻が発売された
 あとがきに因ると、ヤマグチ氏御存命の頃から、最後までのプロットは完成されており、万一の際に代筆をされる作家の選定に掛かっておられたそうだ
 御自分の事なので、あと文庫2冊分の執筆も厳しい事は自覚されていたのだろう
 …で、20巻から5年、ヤマグチ氏の訃報から3年経ったが、やっと続巻が発行された
 ちなみに、次巻が最終巻らしい

 さて、前書きが長くなったが、病院坂読了後に読み始めた訳だが…大まかな内容は覚えていたが、中心から少し外れたキャラの名前とか、結構忘れてるなぁwww
(最後の決算の積りか、かなり昔に対峙した敵役等も登場しているし)
 読んでるウチに粗方思い出したのだが
 内容的には先月発売されたばかりの作品なので、ネタバレは避けたいが、最終巻になる次巻が非常に楽しみである
 今まで書かれていた伏線(虚無とは…その使い魔とは、エルフの国で始祖ブリミルが行ったこと、ブリミルを初代ガンダールヴが殺したと云われる事の真実等)は全て書かれるモノと思われる
 ヤマグチ氏も選定に参加したと云う代筆作家(先入観を無くす為に非公開とされている…完結後に発表されるのかな?)の文体も、かなり違和感無く読めるので、その辺の心配も無い
 読んでる最中は…まぁ話自体がラブコメ中心なので楽しんで読んだが、買った時と読み終わった時は少々感慨深く感じたな…
 冒頭にも書いたが、ヤマグチ氏の御存命中に完結して欲しかった…と

 まぁ今回はネタバレ記事が書けないのも有って、かなり短い記事になっているが、書く事が無いってのもナンだよねぇ…
 ブログのネタになる事ばっかの起伏に富んだ人生ってのも疲れるし、偶にはコンなのも良いかも
 次回は…本当、ナニ書くかなぁ…
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »