« 最近のおニュー(Kindleと自転車) | トップページ | 16年10月開始アニメ »

2016年10月25日 (火)

16年9月終了アニメ

 月日の進みは速いモンで既に10月も最終更新(11月は来週火曜…ってか次回更新は11月予定になる)になって仕舞った
 またアニメの入れ替えが進む訳だが、今期は結構一気に変わったかな…本当、業界の体力の無さが浮き彫りになるよねぇ…長くやれば間違いなく面白くなりそうな作品だって有るのに、1クールだと駆け足にもなるし、面白い所に行く前に終るし、原作も途中の見切り発車でアニメ化するから途中から原作追い越して独自展開起こして失速・墜落する作品も散見するし…困ったモンだ
 前置きは兎も角、前期に視聴してたアニメで終了した作品は以下のとおり
 毎度の如く、前回7月開始アニメの一覧を修正したモノ

■日曜日
・機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
・アルスラーン戦記 風塵乱舞
・七つの大罪 聖戦の予兆
・マクロスΔ(デルタ)
・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
・orange
・アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
・Re:ゼロから始める異世界生活

■月曜日
・NEW GAME!
・ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編
・SHOW BY ROCK!!しょ~と!!
・甘々と稲妻
・D.Gray-man HALLOW
・タブー・タトゥー

■火曜日
・SERVAMP -サーヴァンプ-
・不機嫌なモノノケ庵
・魔装学園H×H
・スカーレッドライダーゼクス

■水曜日
・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!
・ツキウタ。THE ANIMATION
・planetarian ~ちいさなほしのゆめ~

■木曜日
・クロムクロ
・ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編
・バッテリー
・はんだくん
・この美術部には問題がある!
・美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!

■金曜日
・ももくり
・あまんちゅ!
・ReLIFE
・ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

■土曜日
・逆転裁判
・食戟のソーマ 弐ノ皿
・ラブライブ!サンシャイン!!
・初恋モンスター
・Rewrite
・クオリディア・コード
・B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~
・アンジュ・ヴィエルジュ
・エンドライド

 8+6+4+3+6+4+9=40本/週…正確には日曜日は夕方の時間帯に2作始まって終ってるから次期に続くアニメは4本?
 プリキュアは4クール(1月頃交代)確定、双星の陰陽師は原作追い越してオリジナルになったらしいから、その侭無期限のオーバーランになりそう、レガリアは中断して1月後に1話から仕切り直し(実質2ヶ月後伸ばし)なので、1クールだとすると11月位に終るのか?、コナンも良い加減終わりが見えないネバーエンディングストーリーだし、所謂2クール物的なモノが一切無い状態に…こりゃ凄いwww
 次期がどの程度視聴するか判らないけど、出来れば減らせる事を祈りたい
 では、各個のインプレに移りたい

・機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
 2クール終了…モトは劇場公開もしたOVAと云う事で、既に話を知ってた人も多かったんだと思うけど、初見だった
 一年戦争で生まれたばっかだった赤ん坊が立派になったねぇ…女の子だからコレで良かったと云えばそうだけど、ドズルの遺伝子何処に行った? って程可愛く成長してまぁ^^
 一応、今までのガンダムについて、歴史を捻じ曲げる事は無かったけど、宇宙世紀に入った時には既にニュータイプの発生を予見してた…って事で良いんだよね?
 ソレを有耶無耶にひた隠した結果、ジオンが現場を見てその発想に至った…と云う事で

・アルスラーン戦記 風塵乱舞
 以前2クールで収まらなかった所を8話で無理矢理続けたって事で
 首都奪還戦の直前で終わった訳だけど、荒川さんの原作(既にこのアニメは田中芳樹の小説が原作でなく、ソレを原作にした荒川さんの漫画が原作、って事で良いんだよね?)が溜まるの待ってるのかねぇ
 とっとと3期を始めて欲しいけど、既に田中小説から少しづつ変わってる所も有るみたいだしねぇ…

・七つの大罪 聖戦の予兆
 こっちも全4話とか、ナンだかなぁ…
 コレも次期に繋げる為の幕中劇扱いって事で良いんだと思うけど…
 原作がどうなってるんだ? 原作付きはやっぱ『原作が終った後』に作ってくれた方が安心して見れるんだよなぁ…

・マクロスΔ(デルタ)
 一応Fに比べて『話は一応の収拾を付けた』とは思えるかな
 三角関係部分は…結局フレイアの勝ちに終った様に見えるけど、寿命問題が全くケリ付いてないんで、フレイア没後にミラージュと…と云う展開も有る可能性を残してるし、結局有耶無耶
 マクロスは初代、ゼロ、Fと本作の間抜けで見てるけど、三角関係がキッチリ片ついたのは初代だけだという気がしてるんだが…

・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
 放映時間帯の都合で流してただけ、殆ど身を入れて見てなかった
 故に感想も殆ど無し、テイルズ関係は今まで見て無かったから、世界観も判らなかったしね
 ナンか、僕たちの旅はコレからだENDって事で良いんだよね?

・orange
 1クールでヤルには急ぎ過ぎたかな…まぁ2クールでやると間延びするかも知れんし…でも、コレ、映画にもなってたんだよね?
 映画ぢゃ尺が足りなさ過ぎるだろ、絶対…基本、アニメで成功した作品を実写でやって失敗した例は腐るほど見てるけど、逆(実写化を先にして後でアニメにした)の作品も結構失敗作多いよな

・アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
 前期から1期分空けて2期目、取り敢えず話は綺麗に纏まって捕まるべきを捕まえたので、次期は無いと思うし、作ると駄作になるだろう事が予見出来る…このまま綺麗に終わらせようね
 この作品、警察モノで犯罪者相手の話だけど、被疑者死亡…って終わり方は殆ど無かったな、その辺は評価に値すると思う

・Re:ゼロから始める異世界生活
 主人公が痛すぎる…まぁ最後の最後で改心してる感じは有るのだが、ソレまでが痛くて空回り感が激しかった…
 まぁ取り敢えず、原作はまだ続いてるし、王選も始まったばかりだからどう転がって行くか判らないのだが、取り敢えずアニメは此処までって事ならソレで良いんぢゃね?
 一応、主人公とヒロインは良い感じになった所で終ってるし
(この場合、レムは納得してるとは云え、面当てにしかされてない不憫さが有るんだけどね)

・NEW GAME!
 コレも丁度良い感じで終わった…原作が溜まって2期を作るなら見たい
 結構キャラも良い感じに住み分けされてたし、問題点が殆ど無かった気がする
 最初は八神のみパンツ描写かと思ったら、遠山、青葉と結構下着描写が多かったのは改めて見ると吃驚…まぁ皆さん大人だしねwww

・ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編
 ダンガンロンパは木曜の絶望編及び最終話になる希望編と併せて全部見ないと話が判らんだろ、コレ…
 結局、超高校級の幸運である苗木が学園長に上り詰めるサクセスストーリーって事でF.A.か?www

・SHOW BY ROCK!!しょ~と!!
 今期に第2期が始まったサンリオキャラアニメだけど、その前に場繋ぎ的に然して意味の無い5分アニメを作ってた…って事で
 本当に特に意味の無い話を1話完結(or1話飛ばして続けるとか、無茶もしたけど)で作ってた、ある意味スタッフとキャストが勘を取り戻す為に作ってたんぢゃね? って程度の作品
 まぁ今期に期待

・甘々と稲妻
 今期の良アニメの1作
 奥さんに先立たれたヤモメの子育て奮戦、母子家庭で母の仕事の為に半ば放任されてる女子高生等々もしかすると語るべき所は結構有るかも知れないけど、取り敢えず、料理旨そ~、小鳥ちゃん萌え~で見ても良いんぢゃね?
 私はソコまで単純には見てなかったけど、色んな意味で良かったかな…原作はチト見掛けたけど、絵が一寸受け付けなかったので読まなかったが

・D.Gray-man HALLOW
 このシリーズ初めて見たんで世界観が先ず判らんかった
 兎に角、エクソシストなる連中を束ねる『教団』ってのが有るって事、基本的にエクソシストの使う力は悪魔やら神やらに由来しているって事しか判らんかったが、その中でアレンなる主人公がエクソシストに『なる』までの、シリーズ前日譚的なモノ…って事で良いのかな?
 まぁ次はこのシリーズ見ないと思うがwww

・タブー・タトゥー
 開始アニメのインプレで旧知のあひる提督からコメントが有ったケドまぁ『チト青い正義感バリバリの体力莫迦が、無駄に強い力手に入れて世界を守るぜ』的な話…ってのは、まぁその通りでwww
 で、途中に主人公の恋人未満の女の子殺されて復讐心で強くなるも結局勝てずにナンか大いなる慈悲に目覚めて勝つ…みたいなテンプレも王道と云うか使い古されたと云うかは微妙
 話は続けられる様に終わったけど、多分次期は無いかな

・SERVAMP -サーヴァンプ-
 コレも最後は原作と変えてるのかな…原作未読なんで判らないけど、未だ続いてるんなら変わってるんだと思われ
 アニメでは良い感じに終ったんだと思うけど、途中からナンか流してるだけに近くなったから良く内容吟味してなかったわ
 結局、桜哉だっけ? 椿の元に居たモト親友、アレ、結局どうなったんだっけ…程度しか見てない

・不機嫌なモノノケ庵
 こっちはソレナリに面白かったかな
 ナンか芦屋と安倍の腐要素かと思ったけど、禅子とか可愛かったしなwww
 普通に妖怪を祓う話だけど、妖怪も祓われる事を望むケースが多く、力づくが1回も無いのは良いかも知れない
 続けば見るかと

・魔装学園H×H
 兎に角、エロアニメを地上波で流したかったからこうなりました…で、F.A.
 AT-X版では乳首までアリだったけど、地上波では魔装のデフォルメ及びその武器から出る光線で隠してた訳だが…ソコまでして地上波でエロアニメ流す必要有るかね…まぁ今更くりいむレモンみたいに『OVAオンリーのエロアニメ』なんて作っても販売数は上限が見えてるのも事実だけどさ…
 話? 有ったみたいだけど、もぉどぉでも良いや、深く論ずる必要有る? 程度

・スカーレッドライダーゼクス
 ぶつかる軌道の異世界2つ、対消滅を防ぐ為にどちらかを消す必要が有り、その為の選定を『当事者に説明せず』戦いと云う『ゲーム』でやってたね、って事で
 まぁコレも最近は同じ系統の話が増えてきてるからステレオタイプだった、と云えなくも無い

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!
 Fateの完全アウトサイド(ってかキャラ使った別物)作品の4期目…原作が漫画で3シリーズ目だからこうなったけど、2シリーズ目が2期に分かれた為、コレが4作目
 で、コレも尻切れトンボ…良い加減、2クールで作れないなら止めようよ…こんな所で止められて、真面目に見るのが莫迦らしくなる

・ツキウタ。THE ANIMATION
 コレも乙女ゲーかなにかが元ネタなのかな?
 芸能界モノかと思って見てたら、マジ魔王様は魔王様だし異能力バリバリ? でも、世界観は普通に現代日本だしな…SF?
 まぁそう云うモノと割り切って見れば見れなくも無い

・planetarian ~ちいさなほしのゆめ~
 ネット配信された全5話のOVAってのかな…
 3話までは真面目に見たけど、結構殺伐としてたんでチト放置した
 絵は綺麗だったけど、話は深く考える余裕(心と時簡に)が有る時に見たいかな

・クロムクロ
 2クール御疲れさん
 P.A.だけど最後まで話に破綻が見えなかったかな…珍しい
 故にコレの評価は普通に高い、結構面白かった
 まぁ今までも『地球を遥かに超える科学力を持つ異星からの侵略』ってテーマは腐るほど有ったし、前線基地を破壊したから取り敢えずあと数百年は大丈夫…ってトコまでは良く有ったかな
 ソコから『力を貸してくれた異星の戦友に恩返し…と主人公(男)が戦場に向かい、置いていかれた主人公(女)は地球の科学力を上げて追いかける』ってのは新しかったかも

・ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編
 上記ダンガン3の『1の前日譚編』
 全部解決したのは未来編だし最後の希望編(絶望編の後に30分だけ作られた新章)な訳だけど、未来編で既に絶望側だった登場人物が何故そうなったか等の解が此処に有る…故に、3は絶望・未来・希望の全部を見ないと意味が見えない…同じクールで2番組って結構冒険だったと思うけど、旨くやったと思う

・バッテリー
 ナンか実写映画にもなった文学系小説のアニメ化って事らしいけど
 …で? ってコレで終り
 中学生らしい青臭い青春野球モノと云えばそうなんだけど、全部通して見て何が伝えたかったかサッパリ判らん
 剛速球持ってるピッチャーと出合った野球少年たちがナンのカのと青春した上で納得済の試合を学年末にやったよね、ってコレで何を書けと?

・はんだくん
 ガンガンオンラインでばらかもんは読んでるが、ソコでの主人公半田清舟が高校時代ドンなだったか…って話だけど、最初はばらかもんのイメージとギャップが激しくてどぉしたモンかと思ったがwww
 最後に辻褄合わせてまぁこう云うのもアリかな…と(まぁ無茶な展開は良く有る事だが、この辺りはギャグ寄りのコメディって事で)

・この美術部には問題がある!
 良作だったと思う
 ヲタに恋する少女ってのは、今までもソレナリに作品が有ったと思うけど、現実的に呆れながらソレでも一途に想うのは、ヲタとして在る意味理想だよねぇ…
 ただ、部長の容貌と良い、ナンでこの作品は中学を舞台にしたかなぁ…高校で良いと思うんだけど…

・美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!
 まさか2期が来ると思わなかった男版プリキュアの第2期
 まぁ世界観を統一させる為に結局は1期とほぼ同じ様な締め方になったのは御愛嬌だけど、こう云う『変化球をド真ん中にブチ込んでくる』作品は偶にだと非常に面白く見れる
 最後に1期で和解した1期時代の悪役が助っ人に来る展開とかもヒーロー物を踏襲してて良いし

・ももくり
 上級生で『それ、ストーキングだよね』と云う彼女とソレに気付かない(いや、気付いてて敢えて無視してる?)下級生彼氏のラブラブ系
 いや、コレ性別逆だったらマジ通報モノだよね? 可愛いは正義、では無いけど得だよねぇ…
 ちなみに、彼女の親友が結構好きなんだが、ニセコイの宮本るりに近い(このキャラも結構好きだし)のがナンとも

・あまんちゅ!
 ARIAが結構長くアニメもやった気がするが、今回は1クールで区切り
 まぁ続くかも知れないけど、ARIAと違って話が進む
(いや、ARIAの話が無い訳でなく、お客相手だから幾らでも続けられるって意味で…コッチは高校生モノだから、長くて卒業までが一区切りだと思うし)
 原作はやっぱチト絵が受け付けないので見れないが、まぁ面白かったとは思う…女の子の青春モノだねぇ

・ReLIFE
 コレは良作、メディアは買う予定無いけど、OPとED集のCDは買った
 原作はデジタル漫画でWEBだとスマホなんかでの縦読み仕様で読みづらいんだが、コミックスではソコまででは無いかな(立ち読みしだけど、コマ割りは変わってた)
 現在の最新刊(6巻)で今回放送された部分まで殆ど終ってるので、2期が有るとしてもかなり先になるかと…ソレまでに忘れ去られてるかなぁ…今の御時勢だと
 勿体無い

・ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
 コレも悪くなかった
 軍師系が主人公だと、基本『相手の裏を掻く』『常識外の戦法を取る』と云う、傍目では『ソレ、卑怯って云うよね?』と云った事が多く、主人公視点だから合理的(作中では『科学的』と称してるが)だが、宗教やらその世界の常識を鑑みて第三者視点で見ると結構酷い事やってるんだよね…
 まぁソレが判っていても、現代常識や理論では正当な手段である事が多いから違和感・忌避感が無いんだが
 続きを作るなら見たいが

・逆転裁判
 2クールで取り敢えず終った
 ゲームの1・2を最短攻略で進んだ感じの話をアニメ化した…って事で良いかと思う
 取り敢えず、出来は良かったんぢゃないかな?
 私はゲームプレイ済だけど、結構前の作品だから懐かしかったし、私の記憶では攻略データと有ってたと思うし

・食戟のソーマ 弐ノ皿
 前回2クールだったのに、今回は1クール
 話が進めば当然人間関係も込み入ってくるし、登場人物も増える
(まぁ1エピソード限りのヤられキャラも居るには居るが)
 原作未読なんでwiki情報だけど、今回で14巻までアニメ化したっぽい…現時点、20巻が最新刊らしいので、6巻分…2クールは難しいな
 次期があれば見る

・ラブライブ!サンシャイン!!
 主役は確かに前作の穂乃果とは違うベクトルが若干入っているが、基本的に人の話聞いてる風で聞かずに自分の道を突っ走る…相手を自分の考える方向に誘導するだけで妥協点の提示が全く無いって辺りは非常に似ている
 まぁ穂乃果ほど『周囲に迷惑掛けてない』のは認めるが…
 話の展開が御都合主義しかないのは…まぁ仕様として、総じて『前作よりマシ』程度(主役の傍迷惑さ加減を差し引いた分だけ)

・初恋モンスター
 コレも結局ナニがしたかったのか…
 怒られた事の無い深窓のお嬢様が、道路への飛び出しを叱った相手に惚れる…コレはまだ良い
 実は叱った男は体は成人男子並みに育ってるが、中身は実年齢相応の小学生…ソレを知っても有る意味引っ込みが付かなくなって付き合いモドキを始める、此処までも…まぁ漫画だし
 此処で(世間知らずとは云え)女子高生と男子小学生の恋愛間の違いで『笑い』にするのは仕方が無い…が、女子高生側がソレをガチで悩んで差を埋めようとするとなると…かなり引く
 小学生としては『遊びに付き合ってくれる綺麗な御姉さん』でも女子高生が『年齢的・経済的な事は了解しているが恋愛観点で妥協しない恋人視線』だと…ねぇwww

・Rewrite
 最後まで見るのが何となく面倒臭くなって放置した作品ww
 まぁ…前回のリトバスもそうだけど、第1期でドン底まで落として第2期で一応の解決を付ける方式、取り敢えず『此処で泣け』の様な無理矢理御涙頂戴する展開、コイツラ全員特異点ぢゃねぇかって位にウジャウジャ居る特異点キャラ…まぁKeyだしねぇ…
 2期も一応見るけど、特に感想は無いかな…

・クオリディア・コード
 後半に入った辺り? 千葉次席がチップの故障を始めた辺りから『物語の本質』が出てきて話がトントン拍子に進んでった感が有る
 原作ってか同世界観の小説は全く読んでないが、巻数は少ないっぽいな…コレでアニメ作ったら小説の完全なネタバラシになったんぢゃね?…まぁソレを見越してるのかも知れんが、そうなると、小説は続き書きづらくなるよねぇ…

・B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~
 途中まで面白かったんだけどねぇ…結局、夜叉丸は澄空一族ってかみそらの親に何された、とかバックグラウンドが一言二言で終っていて非常に薄っぺらくなった
 でB-プロが移籍拒否った事で夜叉丸は失脚しました、目出度し目出度し…なのか、逆に九分九厘決まってた移籍を蹴ったB-プロが干された…とか、その辺のエピローグも無い
(ってか、ソレまで何年も育てて来た夜叉丸を切るのに満場一致って、決断早いな、ヲイwww)
 途中までの展開が面白かっただけに非常に残念

・アンジュ・ヴィエルジュ
 TCGの世界観で展開する風呂アニメ…
 一応、世界がど~の、とか話は有ったが、話題的には全部風呂だろう…光源不明の謎の光線やら不自然な湯気やら満載で、コレも魔装学園と同じベクトルで『地上波で放送する意味有ったの?』って感じ
 続きは作れそうな話になってるけど、無いだろぉな…

・エンドライド
 コレは…アニメが先でその後にソシャゲ(ネイティブアプリ)のマルチメディア展開なのか? …まぁ良いや
 地底世界と云う良く有る設定の異世界モノで、主人公が異世界に飛んできた理由・化宝具をイキナリ出せた理由等は劇中で説明が付いた訳で、その辺に不満はないのだが…ナンかイマイチ燃えなかったな
 女性キャラが少なめで萌えは最初から期待してなかったのだが、燃えの方もあまり盛り上がった感じが無い

 以上かな
 良作も確かに有ったケド、惰性で見てた作品もソレナリに有った印象
 次期こそ本数を減らしたいwww

 次回は…10月開始アニメをインプレしたいケド…チト纏まらないかも知れない
 何かネタを探しての場合もあるし、その辺は未定
 まぁ何か書くとは思う
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 最近のおニュー(Kindleと自転車) | トップページ | 16年10月開始アニメ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

どもです。毎度お疲れ様です。

・機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096
 これ元々は小説でそれをアニメ化したわけですが、カイ・シデンなんかがもっと活躍したりする場面が本当はあったらしいので端折られて残念。ブライトもこの後で実の息子に反乱起こされるわけで、それを思うとあんましすっきりしない。正直圧倒的なまでにカタルシスが足りない感があります。
 けどそもそも、初代ガンダムはトミノ御大が「2001年宇宙の旅」を仮想敵に作ったそうで、ガンダムが戦争ドラマというだけ(もちろんアニメで戦争をドラマとして描くということ自体すごいエポックですけど)でなく、新たな時代の人類を描いた作品なのだという要が宇宙に出た人類の新たな可能性=ニュータイプであったわけですが、UCは少々これを大事的にとらえすぎたんじゃないかなあ。
 本当ならニュータイプの時代というものをたとえばクラークやアシモフのようにもっとSF的にすごい書き方もできたような気もするけど、当の御大自身がF91以降ほとんどニュータイプを空気みたいにしか扱ってないんじゃある意味こういう腰砕けというか掛け声倒れみたいなのも仕方ないですかねえ。
 まあMSなどのメカ描写は圧倒的でありました。これは手放しですごかったです。


・マクロスΔ(デルタ)
 撮るだけ撮って見てないんですよね。フロンティアの時ほど話題にもなってないみたいだし、まあマクロス7も途中で見ててついていけなくて挫折したのでこれもそうなるのかなあ。


・アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
 これは普通に面白かったですね。1期より良かったんでないかしら。
 考えてみたら主人公が2号機というのもパトレイバーの第2小隊のオマージュかな?


・タブー・タトゥー
 時間が無くなってきたんで途中で見るのやめましたが、やっぱりああいう感じなんですか。うーむ、よかったなあ?


・魔装学園H×H
 こっちも途中でやめましたが、円盤買うつもりもありません(笑)。
 「くりいむレモン」はあれでも今までにないモノ(オタクの鑑賞に耐えるアダルトアニメ)を作るという気概もあったし、あんな人とかこんな人とかすごいメンツが作った回もあるし。こっちは原作がラノベで深夜アニメの尻馬に乗った感がありますし比べちゃ失礼な気もしますがどうでしょう。


・クロムクロ
 みんな「PAにしては良かった」と言ってますけどあまり詳しくないもので、それじゃあ一体他のこの会社のアニメってどんだけ?とひいてしまいますが…。
 それはさておきこれも普通に面白かったです。ロボットが出るのが3回に1回ぐらいのえらいスロースペースだったけど、おかげで破たんも少なかったしいろいろ描写も細かくて毎回楽しめました。傑作というほどではなかったですけど、もう一度最初から見直したいぐらいの気持ちはあります。


・あまんちゅ!
 女の子の青春ものってまさにその通りで、たまにこういうさわやかすぎるぐらいのものもいいですね。


・ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
 最初見たときに「スケベなヤン提督」とか思ったけど、「最終的な勝ちはない」という諦観があるあたりそういう認識でよいんでしょうね。原作は結構長いようですが、読みたくなり程じゃないけどアニメで続きがあるなら見てみたいかな。


 でまあ、「クロムクロ」見直してみたら第2回の時に熊本の地震速報が入っていて、「ああ、あのころだったか」とか感慨がわきました。平和で楽しくアニメがみられるって実はすごく運がいいことなのかもとか柄にもなく考えてしまいました。
 また、松茸氏と知り合うきっかけになった例のニフティーのパティオの頃の知己の一人がガンで亡くなられたと知らされました。オフで会ったこともあった人だったのでショックでした。
 今年も先が見えてきましたが、もうこれ以上あれこれ起きてほしくありませんね。

でわでわ。

投稿: あひる | 2016年10月29日 (土) 12時18分

ここ最近は見る本数は減ってしまいましたが。。。


NEW GAME!
作画も話も丁寧で安定してました。
青葉が関わった最初ゲームの販売までと区切りも良くて4コマを意識させない作りですね。
キャラも結構好みでした。
原作のストックもありそうなので2期はありそうですね。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!
結末は劇場では人を選びますね。
気になりますが、見に行くかは微妙です。
TVであるならそこで完結して欲しいです。
売り上げも右肩下がりなので、
劇場で最後って感じでしょうかね。

甘々と稲妻
面白かったです。
続きがあれば見たいですね。
料理アニメとしても、
子育て?アニメとしても良かったかな。
周りのキャラも良い人で主人公家族は
恵まれているとは思いますが
アニメにまでギスギスした現実は不要なので
個人的にはこれで良いと思ってます。

この美術部には問題がある!
個人的にはNEW GAME!より強めに
ギャグ要素と恋愛要素が入っていて
楽しめた感じです。
オタと非オタの絡みを嫌味無く作ってくれた感じです。
これも良いキャラが多くてストレスなく見れました。


クオリディア・コード
話は悪くはなかったと思いますが
作画崩れの方が話題になってしまったと思う。
後半の展開は急ぎ過ぎ感あった気はしますが
結構好きだったんですけどね。
色々残念。


初恋モンスター
女性向けですが、割と男性でもみれるアニメだったとは思います。
恋愛色よりギャグ色が強いので、そこで意見が別れるのかもしれません。
私はギャグアニメとして見てた感じが強いです。
個人的には真冬のキャラの壊れ方と声優さんの演技が楽しめた感じです。
(別作品の知っているキャラとかなりかけ離れた役柄なのでそのギャップで)

投稿: まー | 2016年10月30日 (日) 14時28分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します
 土日に入っていたので亀レスです
 申し訳ありません

 ユニコーン…元は小説だったんですか、って事は富野御大は何処までストーリー構成に口出してたかは不明なんですね
(原案とwikiに有りますが、平成仮面ライダーの様に『実際殆ど関係無いけどライダーの名前だから石ノ森章太郎名義は外せない』って例も有りますし)
 小説のアニメ化(ってか映像化)の場合、原作既読者と未読者で意見が分かれるのは、最近金田一関係でレポートしている関係で結構判って来ました
 まぁガンダムって作品はナニが凄かったかってぇと『主役ロボは飽くまで戦車の進化系であり、量産可能な兵器』である事と『純粋な戦争を描く事で、正義も悪も無く、多々単に人が争ってる姿を淡々と書いた』って事をアニメで殆ど最初にやった作品だからな訳で…
 別にニュータイプってのはその際に『主人公が特別な理由』として殆ど後付で出来た様な設定でしょ?
 御大は最初に話作ってる時に、ソコまで重要視される設定とは考えて無かったんぢゃないか、と推測しますね
 まぁ実際『人は環境に適応する為に進化している、故に宇宙空間での生活が当たり前になった人類は新しい進化を進める筈』と云う考えには説得力がありましたが、最初の一年戦争TV放映開始時には単にジオン公国の独立戦争としか書かれておらず、ニュータイプの『ニの字』すら無かった気がしますし…

 △…まぁね、話題って意味なら確かに余り話題にならなかったですね
 まぁFがTVシリーズ13年ぶりでシリーズ25周年作品と云った位置付けなのに対して△はFからは6年振りでシリーズも31周年と節目とは云いづらい事、製作に毎日放送が絡んでいない事で宣伝力も落ちてた事などが要因ではないかと
 7は最初から見てなかったのですが、Fと△は一応最後まで見れました
 後に書くイリヤの様に『続きは劇場版で』で終らせたFとの比較で賛否両論有りますが、私はFも劇場版は見に行きませんでしたし、そう云う意味での評価はこっちの方が上かな

 アクティヴは純粋に面白かったかな、本文にも有る通り逮捕者は有っても被疑者死亡の事件が目に見えて少ない(1件有ったか無かったか程度だった気が)…アニメで近未来で刑事モノで…で、コレは非常に例が少ない事だったかと
 その点だけでは有りませんが、良かったと思います

 タブタトは…まぁね、王道と云えばそうだけど、ステレオタイプと云えばその通り…って感じでしたね
 まぁヒロイン候補がサクッと死んだのはある意味意外でしたが、主人公が強くなる原因としての当て馬だった、と考えれば無い展開でもありませんでしたし…時間が無ければ見なくても良いかと

 魔装…あ、途中で辞めました?www
 本文に有る通り、ストーリーは『有ったっけ? そんなの』程度ですから論ずる必要も無いですし、本当にアニメでおっぱいでもパンツでも尻でも見たかったら純粋にエロアニメ見た方が良い気もするんですけどねぇ…
 くりいむレモンは…まぁ確かにアレで一躍エロアニメと云うのが世に知れ渡った訳ですが、エロアニメ自体はもう少々歴史が古いですよね
(内山亜紀のロリータアニメ三部作とか)
 まぁアニメマニアでも納得出来る出来で…と頑張ったのはくりいむレモンかも知れませんが…
(でも、シリーズ後半は結構作画等もグダグダになりましたがwww)
 スペオペにおけるスターウォ-ズ、エロゲにおける同級生の様な意味でのパイオニアではあります

 クロムクロ…PAはシッカリした原作があれば良い作品を作るけど、オリジナルは糞…と云うのが私の評価です
(今作とか凪のあすからとか、例外は若干有りますが)
 ソンな感じに製作会社で、ある程度の色眼鏡は付く会社は結構ありますね、少なくとも私は
 例えば、GONZOとかは『原作が糞だと名作アニメを作るけど、原作が名作だと糞アニメになる』とか、P.A.に近いですが『原作モノは旨く作るけど、オリジナルは駄作』ってのは、京都アニメーションもその括りだと思います(氷菓とかけいおん!とか名作作ってるけど、MUNTO(空を見上げる少女の瞳に映る世)とか…)ただ、京アニは自社ラノベレベルを立ち上げて、原作小説を『自社で』賄い始めたので、ソコからどうなるか…まだお試し感覚かな
 まぁ本作は破綻も無くメカもソレナリに動いて見所も有ったし、良かったと思います
 P.A.オリジナルで手放しで褒めたのは上記凪のあすから位たと思いますが

 あまんちゅ!…タイトルから、場合によっては海女んちゅ!になるまで頑張るか? とも思いましたが、まぁアニメで1クールなら良い感じの進み具合かと…侵略だとかヲタ相手の恋愛だとか、チト普通で無い世界ばかりの中で、偶にこう云うのは悪くないです

 アルデラミンは実兄が原作読んだそうですが、本来ヒロインはお姫さんの方らしいです
 アニメ最終回の『国力を落とさずに王政廃止の為の敗戦をせよ』と云うオーダーは叙勲時辺りで既に書かれるのだそうで、相棒のヤトリはその性格や家柄から、最終目的の為にはラスボスになるけど、人情的には仲間で居たい…と云うスタンスで話が進むのだそうで
 原作はこの先をアニメ化すると1クールで良い区切りにはならないらしいので、現状無理ぢゃないか…と、云ってました

 アレ? FDOQSEIの誰かが亡くなってたんで?
 あれ、聞いてないです…私も知ってる人ですよね?
 後で、ついったのメッセでも良いので、誰なのか教えて頂けると助かります
 申し訳有りませんが、お願いします

 では、また^^

Shot>まー さん
 亀レス・まとめレス申し訳ありません
 コメント感謝します

 今期は私もチェック本数ばかり肥大化して見切れてない状態です
 明日の更新で紹介出来れば良いですが

 NEW GAME!は原作は少々先が有る様ですが、1クール分のストックと云うと、もう少々待った方が良いかも知れないと思います
 未読では有るんですが、若干調べた結果、チト1クール分にはかったるいかな…と思えたモノで
 ただ、2期を作ってくれれば間違いなく見ますね

 イリヤ ドライは上記で若干話題にしたマクロスFとか、ガンダムOOとかと同じで一時期流行った『続きは劇場版で』でしたっけ?
 なら、評価は更に落ちますが…
 基本、私は劇場で映画を見ません(最近、ライダー俳優やその血縁関係で見る事は有りますが)で、コレはアニメも例外ではありません
 従って、アニメで劇場版だと、更に半年少々待ってメディアを買う事になりますが、ソコまで見たい映画と云うのは更にハードルが上がります
 多分、イリヤはソコまで行かないでしょうね
 確かにシリーズ初めて直ぐはFate人気も絶好調だったし、良かったと思いますが、ツヴァイが完結した所で止めておくべき話だったかと思います(漫画の方は、美遊の件を片付けたいと云う心理も判りますから、続ける必要が有ると思いますが)

 甘々と稲妻は私も手放しで良作と云える話だと思います
 本文に有る通り、原作はチト絵が許容範囲を超えてたので読めませんでしたが、wiki情報では既につむぎが小学校に進学してるそうなので、原作ストックはまだ結構有ると思います
 コレは続きを所望します

 この美は…まぁ中学生ならではの無邪気な悪戯とか、エロ本に対する拒絶反応とかは確かに中学なんですが、それ以外の部分がどうしても『高校の方が良かったんぢゃね?』と思える話が多くて…
 まぁギャグにソコまで考える必要は無いのかも知れませんが、チト気になりました
 ヲタとパンピーの同居…と云う問題は、乃木坂春香の例やら俺妹の例やらで一時期『ヲタってソンなに悪い事なのか?』と世間に喧嘩売りたくなる時期は有りましたが、この作品は確かに呆れてはいても許容した上で惚れてるとか周囲も許容した上でからかってる、生暖かい目で見ている等の描写は好感が有りますね

 クオリディア・コード(コレの略称ってナンか有ったっけ?)は、確かに中盤以降のどんでん返しとか、最後に青生がアンノウン側に寝返る展開とか、見所は結構有ったと思います
 私はアニメも話で見て、あまり作画とかは気にしない(まぁ子供の頃のアニメ見て『この作品、こんなに作画酷かったっけ?』とかいう事はソレナリにありますがww)タチなので、話が秀逸なら絵は然程気にしませんしねぇ…
 まぁ最後急いだ感じがしたのは同意、もっと丁寧に…でも2クール使うのはチト長いかなぁ…難しい所で

 初恋モンスターって女性向けだったんで?
 ソレでアレほどチンコチンコウンコウンコいってたの? …ソレはソレで非道いなぁ…
 ギャグが強いって割に女の子の心理描写が細か過ぎ(まぁ少女向け作品だったら在る意味納得ですが)で、どっち側から見ても引く感じだったのではないか、と思いますが
 キャストの面では堀江由衣・櫻井孝宏・岡本信彦や杉田智和等の人気・実力ともに備わってる人が揃ってましたしねぇ
 ソレだけに、私はチト残念な気がしてます

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2016年10月31日 (月) 12時03分

去る10/11、FDOQSEIでPクラッシャーの一員だったTomeさんこと、小栗秀順(秀幸)さんが亡くなられたそうです。(お名前は全てハンドルネームです)

私が思うにFDOQSEIのSS書きの集団でおそらくPクラッシャーは最強だったでしょう。その中核が将軍こと宮本信一郎さん(こちらもハンドルネームです)と小栗さんでした。
疎遠になってからも時々HPとかをのぞかせてもらっては、同人作家としての活躍ぶり(なんと文庫の同人誌を作ったという)に感嘆してもいました。
数年前からそのお二人とツイッターで再会して親しくしてもらってましたが、宮本さんから突然「彼は今末期甲状腺がんで危険な状態にある」というメッセージをもらい、そのわずか数日後に訃報が伝えられました。

故人にはリアルで会ったこともあったし色々な思いを馳せずにはいられませんでしたが、ネットで一度疎遠になると生死すら分からないものを、こうして消息が伝わってきたことにはせめて感謝したいと思います。

でわでわ。

投稿: あひる | 2016年10月31日 (月) 21時41分

Shot>あひる提督
 コメント及び情報提供感謝です

 とめさんですか…
 私もFDOQSEIでのオフは参加可能なモノは極力参加してましたし、Pクラには多分唯一の加入希望者(アレ、結局は自称か他称でなっただけで、ある程度人員が揃ってから新規参入希望って基本的に無かったんですよねwww)と云う立場でしたし、存じ上げています
 まぁSNSでの繋がりですから、本名は存じ上げませんが

 将軍は結構WEBページにも伺ってたんですけどねぇ
 ちなみに、私も一冊だけ文庫同人誌作ってますwww
 ヤスリン氏に表紙絵と挿絵を戴いて、文庫の装丁(しっかりカラーのカバーも付けてます)にした奴
 内容は私の同級生舞ちゃんSS全部+書き下ろし1篇と云う、結構厚い奴をwww
 まぁ同級生が下火になってから作ったので、在庫が今でもウチに唸ってます…ご希望があればお送りも出来ます
(ミケでも売ってましたが、今更金取る積もりも有りませんし、御希望が有れば差し上げます)

 御二人ってか将軍は今でもついったしてるんですか…私は、ついったは殆どブログ更新の告知しかしてませんが

 甲状腺癌ですか…私は研究所病院に勤めてた時は腎臓癌専門の准教授(国内でまだ殆ど例の無かった癌の遺伝子治療を成功させた先生です)が居たので、結構問合せを受けた時期がありますが、一言に癌と云っても専門的には随分違うモノらしく、この先生は腎臓癌しか治療出来ない…と、云ってました
(免許云々ではなく、技術やノウハウとして)

 とめさんなら、SSの書き方云々でPATIO内でも結構頻繁にお話しましたし、オフでもお会いしてたかと思います
 しかし、本当にNETは情報が氾濫しており、一度疎遠になると再補足は本当に難しいモノで、情報に感謝します

 改めて、謹んで追悼の意を表します
 安らかに御眠りください

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2016年11月 1日 (火) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/64397061

この記事へのトラックバック一覧です: 16年9月終了アニメ:

« 最近のおニュー(Kindleと自転車) | トップページ | 16年10月開始アニメ »