« 劇団すごろく16年6月公演 | トップページ | 自転車の事(販売店で少々) »

2016年6月28日 (火)

自転車の事(取り敢えず車種)

 と、云う訳で、先日大コケをして自転車を中破、改修したが低速ギア2つを殺して3~7の5段ギアとして運用せざるを得なくなった事を書いた

 だから、直ぐに乗り換え…って程自転車に割く予算を潤沢に持ってる訳では無いのだが、全体的に寿命と云われて仕舞えば次の車種を考えねばならない

 で、先日の記事にやはり答えてくれた、自転車を趣味にしている旧知である氏から『ロードバイクとか、どぉよ』とコメントが来たのも記憶に新しい
 が、結局何の知識も無い状態では専門家の意見を聞くと『ふ~ん』で終ってしまい、情報を吟味出来ない事は当然の事で、それでは折角貰える情報も腐って仕舞うし相手にも失礼である
 …と、云う事で普段、週末に、しかも秋葉原に行く足程度にしか使わない私の知識では話にならない、と幾つか掻い摘んで調べてみた
 実際、先日のブログ→コメントも『ナンも判らんから教えて』と丸投げだったので、多分、回答にも困ったろう…と、反省する

 しかし、やはり『趣味として自転車にハマる』つもりはまだ無く、上記の様な週末に片道数Km程度に使う…程度にしか考えないので、専門的にフレーム・リム等の材質や構造、その特性がどうとか…と云う方面より予算面とコスパ、乗り方に則った車種選び及び販売店等についてのアレコレが中心になる…書いてたら長くなったので、今回は車種についてのみで、販売店は次回以降に回す


 さて、先ず車種なんだが…最初は具体的な車名ではなく、ジャンル確認の方向で
 先日のコメントでは『やっぱロードっしょ』と押しが有った訳だが、確かにソレナリの距離を早く走り抜けるにはロードが一番なのは判る
 軽いから実は肉体的な負担も余り強く掛からないと云うのも利点である

 ただ、先ずコスト、少々でも調べれば判るが、ロードバイクと呼ばれる自転車の最低価格は\100Kだ…コレでも『選べない』と云うと語弊は有るかも知れないが、先ずソレナリのメーカの廉価版がやっと…の世界である…当然『ロードバイクは高い』と云うのが一般常識として有るので、盗難対策も単に鍵止め1ヶ所ってのも心許ない
 まぁね、一時期はミケ3日間で\100K完全に使い切ってた時代がある人間だし、金銭感覚でどうこう…は余り云えないかも知れんが
(最近は使って\60Kかな…まぁ閑話休題)

 次に整備性、取り敢えず乗車して下手な原付より速い…実測はしてないが、普通に30~40Km/h辺り出してる連中が居る訳で
(ソレでも流石に250ccの単車である私には抜かれてるので『車道では遅い』と自認して欲しいのだが)
 兎も角、其処まで速い車両が何の整備も無く性能を維持し続ける事が可能か? と云われて『大丈夫でしょ?』と云えるなら、単車には乗ってないwww
 先日も書いたが、単車は乗出し価格で約\600K(250ccで)、ランニングコストで半年or3,000Km走行毎に整備で約\20K(部品交換等が全く無い場合の話、有れば当然跳ね上がる。自分で整備出来るならやや落ちるが)は掛かると見て良い
(当然、ガソリン代は別に掛かるが、自転車には相応の燃料費が無いので、コレは今回除外して考える)
 自転車にソレだけ掛かるとは云わないが、点検・給油(可動部への油差し)等の手間は厭わない方が自転車ソノモノの寿命は延びるし、逆に不精ばかりでは本来の性能は出ないばかりか、整備不良の車両で一般路上に出るのは事故誘発になるのは単車だけの話ではあるまい

 最後にタイヤ、まぁ自転車はタイヤ口径が大きくなれば細くなる傾向は有るが、ロードバイクはフランス規格である700c(大体27~28インチ、リム径なので、履くタイヤによって外周径が変わる)が一般的だが、タイヤ幅が20mm強、30mmは履かない
 実際見ると判るが、本気で細い…二輪車だから、バランス移動でカーブする都合上、接地面は狭く作ってあり、タイヤ全幅が20mmと云う事は、人間の体重が乗っても直進時接地幅は10mmは無い…多分、有って5mm程度と思う
 スピード重視で動力伝達能力より路面抵抗を嫌っての設計だからなのは判るが、普通に20インチのミニベロに乗ってた人間にイキナリこれはハードルが高い

 と、云う訳で色々調べた所、クロスバイクと云うジャンルが目に入った
 コレはオフ車に該当するMTBとロードバイクの両方の性能を持たせる事を目指して作った所謂デュアルパーパスに該当するものらしい
 まぁ単車のデュアルも舗装道路寄り、オフ寄りに分かれる様に、クロスバイクもMTB寄り(サスがシッカリしてる)やロード寄り(若干太いタイヤ等を履けてハンドルがバーハンドルのロード)が有る様だ
 で、取り敢えずロード寄りクロスで考えてみる

 コスト面では一応入門用として\50K程度のものが有ると云う事で、約半額で済む(まぁ本当に入門用の廉価版だが)

 整備性は…どぉなんだろう、ロード並みに整備した方が良いのは判るけど、空気圧確認と偶にの給油で勘弁してくれないかなぁ…

 タイヤはロードと同じ700cのリムに28~32mm幅と云う事で若干太くなる…ファミリー自転車の27インチ車程度の太さには…なってないか、やっぱ若干細い印象はある、がソレでもロードほど恐怖感が無い

 で、先日、上記アドバイスをくれる氏のブログで『フラットロード』と云うジャンルが目に入った
 ロードバイクと云うとドロップハンドルが印象的だが、このハンドルをフラットハンドル(所謂バーハンドル、曲線の無い一本棒)に付け替えたモデルの様である
 クロスバイク(ロード寄り)とロードバイクの更に中間に位置するモノらしい
 ただ、この辺りは専門店での区分も曖昧で、同一車種が店によってクロスの分類だったりフラットバーロードの分類だったり…と、良く判らん
 一応、店毎に判断基準は有る様だが、飽くまで『店毎』なので、絶対的な判断が出来ない、故に今回はジャンルの紹介だけでこの辺りはクロス(ロード寄り)として考える

 ちなみに、これらはスポーツバイクなので、当然フレームにはトップチューブ(サドル直下からハンドル支柱に延びる地面にほぼ水平したフレームパイプ)が存在する
 この為、スカートを穿く女子には敬遠される(脚を上げて後ろから回して乗るしかないし、乗車中もスカートがトップチューブに引っかかり危険だし、スカートも捲れ易くなる)訳だが、先日、ミニスカの制服姿の女子高生がクロスバイクで登校してるのを目撃した…流石にスカートは捲れてなかったが、度胸あるなぁwww
 車道側から追い抜いただけなので後ろから見ただけだが、スパッツとかも見えなかったしなぁ…

 閑話休題、コレらと一線を画すモノとして良く目にしたのが『ルック車』と呼ばれるジャンル(蔑称?)だ
 所謂『Look車』と云う事で、外見はソレナリに『見える』が、部品構成等がママチャリのモノを使い、廉価だが耐久性や操作性に非常に不安が残り『思ったほど速くない』『直ぐ壊れる』等、散々に云われているモノだ

 調べると、元々は少々前にMTBブームが有った際、MTBっぽいのを作れば売れると技術も無い三流メーカが『見た目はMTBだが、未舗装路を走ると壊れる』と云う莫迦な自転車をバカスカ作り、問題になった事が原因らしい
 コレら『未舗装路を走れないMTBっぽい自転車』を『MTB類型車』とJISが規定し、以降、MTB風なのにMTBでない(未舗装路は不対応な)自転車を『MTBルック車』と呼んだ事が起源らしい

 其処から、廉価で部品精度の低いクロスもルッククロス等と云われる事が有る様だが、MTBルックと違い、クロスにJIS定義は無いので当然クロスとルッククロスの明確な定義は無い…敢えて云うなら、構成部品がスポーツ仕様のソレか、ママチャリ流用のソレか、の違い位か
 当然、ルッククロスと呼ばれている自転車も構成部品が全てママチャリ部品な訳ではなく、一部をママチャリ流用にしてるだけのモノも厳しい『その道を趣味にしてる面子』からはルックの烙印を押される事も有る訳で…故に、この辺も境界が曖昧である
(MTBはJISが未舗装路を走行する性能が無いと判断してMTB類型車と判断した時点でMTBルック決定である)
 故に、一応世間の評判を基に区別はするが、クロスに関しては明確な線引きが出来ない事は念頭に置いておく必要は有る
 で、今回はクロス及びルッククロスを重点的に見る


 車種的にはクロスで入門車と云うと、取り敢えず目に入ったのは以下の車種
FELT Verza Speed 50(\55,800)
GIOS MISTRAL(\54,000)
GIANT ESCAPE R3(\50,000※)
※ ESCAPE R3の値段は17年式の価格、16年式は\55,000

 …この辺りが税抜き5万台の所謂『入門用廉価品だけど、クロスバイクのジャンルで見て良いよ』的な見方がされる車種だ
 で、更に見るのが以下の車種
あさひ プレシジョンスポーツ CBA-1(\45,979)
サギサカ アメリカンイーグル CRB7018 STD(定価帯OPEN)
サギサカ アメリカンイーグル CRB7018 LED(定価帯OPEN)
 等々、所謂ショップブランド等ルッククロス(あさひのはどうなんだろう…?)扱いされるモノ
 大きく分けて価格帯として上段3車は税抜き価格、下段のプレスポは税込み価格、サギサカはOPEN価格である事、スタンドが標準装備(上段3車種はスタンド別付け)、サキサカに至ってはドロヨケやライトまで標準装備(最下段の7018LEDはハブダイナモ仕様なので取り外しも効かん)等々…ドロヨケは雨上がり等でも乗る予定なので、上段3車種を買ってもスタンド同様に付けたい所だが…辺りが違う
 詳細は幾つか有るけど、取り敢えずネットで目に入った・店で勧められたのはこんな感じかな

 取り敢えず、以下が各車のネット・色々回った店で聞いた情報
・FELT Verza Speed 50
 コレは実車を見れたのは1店だけだったかな? …その店でも値引率は然して高くなかったので、買うとなれば、ほぼ定価買いとなる可能性が高い
 店に寄ってはフラットバーロードにジャンル分けされる事も有り、乗った時のポジションもロード寄りらしく、前傾はソレナリにキツいらしい…その辺は跨げなかったからチト不明だが
 タイヤは標準で35mmらしいので、結構太くでも大丈夫? ドロヨケ装着は純正品が無さ気でサードパーティ品を加工する必要が有りかも

・GIOS MISTRAL
 ネットでは一番評判が良かったかな?
 実車は2~3店で確認出来た、コッチも値引率は然程高くない…上手くて1割か1.5割引き程度
 評判の理由は同価格帯で一番コンボセットに良い物を使ってる、との事で、取り敢えず初心者が乗ってすぐさま交換の必要性を感じる部品が無い、との事
 タイヤは28mmが標準装備、ドロヨケは純正品は無し、サードパーティ品を加工する必要有りの様だ
 良く次のESCAPE R3と比較記事が有るが、一概にどっちとは云えないけど、耐久性はコッチが上らしい
 ただ、ジオスはカラーバリエーションが少なく、ジオスブルーと呼ばれる企業色である青、白と黒辺りしか無いらしい

・GIANT ESCAPR R3
 店で聞くと一番評判が良い
 有る程度の売り場面積が有る店なら数台置いてある
 値引率は今の時期だと上記の通り新型が価格を低くして発表されたので、年式落ちも釣られて落ちてる感じ…上手く行けば2割引の店も
 タイヤはMISTRALと同じく28mmが標準だが、ドロヨケは純正品が有るらしく、購入時に同時注文で工賃無料で良い(どうせ店で組み立てるので、別途工賃は不要…と云う事らしい。一度店から受け取ってから付ける場合は、当然工賃は有料になる)と云う店が多かった
 MSTRALに比べて軽いので、信号等でストップ&ゴーが多い街中では此方の方が疲れない、とネット情報である
 まぁ出回ってる台数が多い分、故障時の部品調達も楽だと思われ
 カラバリも少なくないので、赤とか銀とか結構好きに選べそう

・あさひ プレシジョンスポーツ CBA-1
 サイクルベースあさひのショップブランド、もう一つウィークエンドバイクと云うシリーズも有るけど、こっちの方が寄りクロスとして上らしい
 コレは値段帯を見ても判る通り、ルックとクロスの中間点っぽい位置付けらしく、ネットでもルック扱いしてる目の厳しい連中と『此処までのパーツなら最低限のクロスで良いんぢゃね?』と生暖かい目で見る連中とが混在している
 サイクルベースあさひがバックだから、ドロヨケなんかも付けられる仕組みになってる様だし、一応スタンドは標準装備かな?
 また、同じ理由で故障時も全国展開しているショップだから、修理を受け付けてくれる店は探せば見付けられる
 取り敢えず、上記3車より『盗難に遭う確率は一気に落ちる』筈…
 タイヤは28mmが標準装備、重量はMISTRALより更に重いが、スタンド標準装備で考えれば誤差範囲か

 以上4車は、前3段・後ろ8段の24段変速ギア装備車

・サギサカ アメリカンイーグル CRB7018 STD
・サギサカ アメリカンイーグル CRB7018 LED
 コレは両方一気に紹介する…基本変わらないしwww
 拙宅の一番近い自転車販売店になるのかな? サイクルワールド南千住で勧められたルッククロス
 価格帯OPENと云う事で、乗り出し価格は\30Kを切る(税込み)程度
 タイヤは700cの28mmが標準、ギアは前3段、後ろ6段の18段変速
 カラバリはMISTRALと同じく3色(こちらは白・黒・銀)だが、店には黒しか置いてなかったなwww
 スタンド・ドロヨケ標準装備…有る意味、一番盗難に遭い難いだろうクロスwww
 一応サイクルワールドのショップブランドって訳ではないが、ホームセンターで販売される様な本気のルッククロスなので、故障時に購入店でないと修理は出来ない可能性も有るが…

 で、両車種の違いは以下の通り
 STDはグリップシフト(ハンドルの握る部分を回す事でギア変速を指示する)でライトは電池式が標準装備かな?

 LEDは上記に有る通りハブダイナモ(ママチャリに良く有る、前輪車軸に発電機が内蔵されていて、走ってれば勝手に発電する…当然、前輪の回転に抵抗が有る訳で、それだけ重くなる)ライト装備で、シフターはレバー式

 この車種が、と云う意味では無いが、ルッククロスは一部クロスのパーツに無理矢理ママチャリ部品を流用する為、接続が強引だったり専用の変形をさせた部品を使う事が多く、一般の自転車屋で修理を断られるケースも有るらしいのだ

 取り敢えず、以上が調べたor勧められた初心者入門用クロスで良いかな…


 取り敢えず、今すぐ買い替え…とか、そう切羽詰った話では無いので、もう少々気長に調べたり話を聞いたりしたいと思うが、取り敢えず調べた結果がコレ

 結局値段的にFELT・GIOS・GIANTは値引きが掛かればナンとか、そうで無ければルッククロスで充分…的な判断をする可能性か非常に高い
 引き続きナニかお勧めが有ればヨロ

 と、云う事でナンとか1週分記事にしたかなwww
 次回は…今度は通勤路中にある、或いは近所に有る店の印象等を少々纏めたいwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 劇団すごろく16年6月公演 | トップページ | 自転車の事(販売店で少々) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。色々検討を進めているみたいですね。

クロスバイクの選択は「迷ったらGIANTのESCAPEにしとけ」というのが私の感覚です。比較的安価で、どのお店でも取り扱いがあって、重量は2015年モデルからいきなり軽くなったのでヘタなロードバイクよりも取り回しがいいかもしれません。エスケープはショップの押しもあって、実際一番売れているクロスバイクなんじゃないかな?

ルック車という選択は、コスパの追求に舵を切った時に考えるモノとした方がいいかなと思います。安く買って2年程度で使い切る覚悟で。
しょせんルック車なのかもですが、ネットで書かれているほど悪くないと思いますけどね。

GIANTでもAEでも1000円2000円の買い物じゃ無いので、しっかり考えて購入することは大事です。悩み抜いて下さい(笑)

もしロードの選択肢をまだ残すなら、私の手持ちのロードバイクを何台か車に積んでそっちに持って行ってもいいですよ〜。試乗会やろう(笑)。

投稿: いぶき | 2016年6月29日 (水) 00時11分

Shot>いぶき さん
 毎度、コメント感謝です

 まぁ週末のみに近い付き合いですが、3年半付き合ってきた愛車の後継ですし、また数年間付き合う相棒の選定ですからねぇ…
 まぁカタログ見ながら、あ~でもない、こ~でもない云ってる時期が大きな買い物をする時の一番楽しい時間だ…と云うのも有るんでしょうけどねwww

 クロスバイクならESCAPEですか…実際、ネットの評判だとMISTRALに若干軍配が上がってる記事が多いんですけど、実際会う人(店の人など)は間違いなくESCAPEを押しますね…この違いはナンなのか

 まぁ実際乗り比べた人ってソンなに居ない(結局入門機だから、コレで満足するか、満足出来ずにハイグレードに走るかでしょうし、同グレードで乗り換える人って少ないんぢゃないのかなぁ)と思いますから、パーツ単位の構成を見てナンのカンのと云ってるだけの人ばかりなんでしょうかねぇ…
 で、実際乗った人の感想が直に聞ける店の人とか、同じ趣味の人から聞いたり試乗させて貰った感触なりで話す人の方がESCAPE押し…って事なのかなぁ

 次の記事で店編を書く予定ですが、近所のスポーツバイク専門店で聞いた話ですが、ESCAPEは2~3年前に『サドルのサス』を抜いたんだとか
 コレの御蔭で未舗装路での乗り心地は良かったそうですが、舗装路が全国に満遍なく整備されている日本ではペダルへの踏み込む力がサスでスポイルされて仕舞い、足が伸びなかったのだとか…
 で、2~3年前にやっとGIANTが其処に気付いて機構を削ったのだとか

 ルック車については…其処なんですよね
 \30Kの自転車をは3年少々で使い切れば良いか…的に考えますが、\50Kの自転車の場合は最低5年、出来れば10年位は乗り続けたいですしねぇ…
 まぁ寿命を延ばしたいなら、整備はマメにしろ、って事は判るんですけどねぇ…時間も取れないし

 有り難い話ですが、多分、今回はロードはないと思います
 クロスで700cのタイヤに慣れて、スポーツバイクに慣れて、更に上のグレードで路上を自転車でカッ飛びたいとか考えたら、相談させて戴きます^^
 …試乗には興味は有りますけどwww

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2016年6月29日 (水) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/63839738

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の事(取り敢えず車種):

« 劇団すごろく16年6月公演 | トップページ | 自転車の事(販売店で少々) »