« 源氏物語とラノベ | トップページ | 何処も彼処も地震だから、それ以外で(歯科診療) »

2016年4月12日 (火)

16年03月終了アニメ

 と、云う訳で終了アニメのインプレである

 今月に入って1~2回ほど続いた作品が有った事もあり、更新が遅れた
 取り敢えず、前回の開始アニメ紹介記事から、今回終了したアニメ一覧を載せたい

■日曜日
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
・大家さんは思春期!
・Dimension W
・灰と幻想のグリムガル
・シュヴァルツェス マーケン

■月曜日
・最弱無敗の神装機竜
・赤髪の白雪姫
・JKめし!
・血液型くん!4
・魔法少女なんてもういいですから。
・蒼の彼方のフォーリズム

■火曜日
・プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

■水曜日
・無彩限のファントム・ワールド
・この素晴らしい世界に祝福を!
・ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

■木曜日
・NORN9 ノルン+ノネット
・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
・少女たちは荒野を目指す
・僕だけがいない街
・おじさんとマシュマロ
・ルパン三世 Part4
・PHANTASY STAR ONLINE2 THE ANIMATION
・だがしかし

■金曜日
・おしえて!ギャル子ちゃん
・ディバインゲート
・紅殻のパンドラ
・石膏ボーイズ
・霊剣山 星屑たちの宴
・ヘヴィーオブジェクト
・GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
・亜人(TV版)
・昭和元禄落語心中

■土曜日
・FAIRY TAIL ZERO
・金田一少年の事件簿R
・ブブキ・ブランキ
・ラクエンロジック
・デュラララ!!×2 結
・暦物語

 5+6+1+3+8+9+6=38本が終了した…開始アニメ時に視聴本数が43本を数えていたから残留はプリキュア、虹色、暗殺教室、ここたま、コナンの5本か
 ここたまがチェックのみの現状、視聴してたアニメで続くのは4本…プリキュアは4クール確定だし、コナンは何時終わるか判らんwww
 虹色と暗殺が2クール確定…と云う事で、時期持ち越し作品の確認も出来た…次期の視聴本数はもう一寸減らしたいかなぁwww
 兎に角、個別インプレに入る

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 次(第2期)は秋…って事は、10月開始アニメって事かな?
 まぁこの時間枠は2クールづつみたいだし、ソレが順当だと思うけど
 AGEとかレンコンとか最近のガンダムは私の評価が非常に低い作品ばっかだったのだが、今回の作品は良かった
 昔、富野氏が『巨大ロボットが活躍出来る場を考えたら、戦争モノになった』と、ガンダム(初代)の構想始めの事を話していたが、コレぞ戦争の道具たるMSだと思った…まぁ最終回、阿頼耶識の活性化なのかバルバドスが一気に強くなったのはナンだし、ファーストインプレで書いた通り、バルバドスの腰とか絶対に兵器で有り得ない強度不足になるデザインとか云いたい事が全く無い訳では無いけどねwww
 ギャラルホルンも結局地球出身者の極度な優遇とか、やってる事はティターンズとかと変わらない…世界観が変わってもガンダムはガンダム…って事なのか

・大家さんは思春期!
 原作既読の4コマだが、結構端折ったな…料理研の事も期待したほど描かれなかったし…
 やっぱ5分枠1クールは短い…原作漫画は面白いしストックも5巻分有ったんだから30分枠1クールとか、もっと時間を作れるアニメにして欲しかったかな

・Dimension W
 最後まで見たけど、まぁ一つの話に区切りが付いたって事で、丁度良い感じかな
 キョーマは回収屋を続けるし、主要キャラに損害は無いし…何時でも続きは出来るけど、多分無いかな
 評価的には可も不可もなく…って感じで

・灰と幻想のグリムガル
 最終回のモノローグで、ナンか『現代日本の若者が記憶消去のうえ異世界強制突入』の線が強くなった気がするけど、ソレでも何ヶ月か戦い続けて、仲間にも戦死者が出るような状況で…何で未だに盗賊が戦闘の要になってんだ?
 確かに避け盾(敢えて軽装備で、タゲ取ったMOBからの攻撃を全て避ける事でその場に釘付け、タゲを剥がさせない盾役)も居るけど、実際の盾役であるモクゾーがタウンティング技を持ってないのに盗賊が釣り役って…真っ先に盗賊死ぬよね?
 ファーストインプレでも書いたけど、コレの作者はMMORPGの経験が絶対的に足りない

・シュヴァルツェス マーケン
 まぁね、マブラブアンリミの流れを汲んでる作品が明るい筈無いけどね、ソモソモのマブラブがエロゲだから、実兄妹での近親姦もアリだろうし、舞台は分裂中の東ドイツだし…明るくなれる要素が全く無い訳ではあるが…
 最後だけトイツ統合・ベルリン復興とか平和的に話進んでるけど、BETAの襲撃が無くなった訳でもなく、前線はまだ壊滅的に戦局悪い筈だよね?
 最後だけ『良かった良かった』では済まない気がする
 評価は良くないな

・最弱無敗の神装機竜
 う~ん、やっぱIS?www
 女性率の高い世界観での(主要キャラでは)唯一の男性で、装備は制約付きながらも最強、『男は女性を守るべき』みたいな固定観念で無茶し捲る(で、ソレがギリギリながらも旨く行く展開だから)周囲の女性は増える一方、一部ではハーレム扱いされる…まんまや
 まぁラノベの王道展開と云えばそうなんでソコを気にしたら負けなのか…本作は差別化出来たかな? …微妙

・赤髪の白雪姫
 まぁ王道の少女漫画と云えばそうなんだが、綺麗に終れたかな
 原作継続中の筈だし、この辺で止めるのは有りだろう
(ある意味、少年漫画の『俺の戦いはこれからだ』エンドに近い)
 私は個人的には好きだったかな…最初、福山潤の無駄遣いかと思ったが、中盤以降ナンだカンだで登場したし、良いトコに落ち着いたし
 分割2クールを通して秀作だったと思う

・JKめし!
 gdgdのスタッフなんだっけ? 2クール5分番組で、必ず簡単に作る料理(ジャンクフード系)のレシピを紹介しながら…で、結構旨く出来た気がする(いや、料理が…では無くwww)
 基本3人のJKトーク(稀にゲスト有り)とレシピ紹介だけなんだが、ソレだけで半年よく持たせたモノだwww
 名作…とは云えないが、駄作では無いと思う

・血液型くん!4
 コレで本当に終るのか? 来週には5期が始まるのか?www
 前々から書いている通り、所謂『血液型あるある』なので、ネタは尽きないと思うし、まぁ何でも有りだよね
 シチュに対するステレオタイプのシミュレーションなので、ファンタジーもSFもこなせるし…
 まぁ5分アニメなので、やれば見る程度

・魔法少女なんてもういいですから。
 設定としては魔法少女の存在意義が無くなった後の御付妖精の話…と見て良いのかな
 主人公少女の父親が目に見えての社畜なのはシュールなギャグとしてだと思うが
(まぁ最近でこそ笑えるけど、一昔前は本当に居たと思うしな)
 多少の肌色と多少の笑いで和やかに…って事で纏まってたと思うけど、最後のオチが若干弱いかな…とも思う
 まぁ魔まマよりは遥かに上の説得力が有ったなwww

・蒼の彼方のフォーリズム
 エロゲ原作だけど、完全に話はスポ根物にシフトして、色恋一切無し展開とは…流石に吃驚
 誰彼構わずコナ掛けて結局誰とも結ばれない…ってぇとナンだが、此処まで完全に色恋沙汰を排除すると却って清清しいかも知れん
 …ってか、よく考えたら多分主人公になる筈の男性が、ほぼ全く活躍して無いぢゃんwww
 コレでは恋愛要素が出る筈が無いwww
 尤も、エロゲが元らしいし、此処から先の展開は多分色恋肌色必須になるだろうから、次期は無いと思われ

・プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ
 コレは視聴者層は腐女史に求めた…と、云う事で良いんだよね?
 ある意味、花澤ボイスに釣られて見た感は強いんだけど、その娘を中心にしてるワリに色恋沙汰にはならずに男同士の友情(シチュは腐女史受けのする形で)が中心だし…
 結局、根本であるストライドって競技についても良く理解出来んかったし、私的には評価は良くない出来であった
(上記男の友情シチュを求めた腐女史には判らんが)

・無彩限のファントム・ワールド
 最近の京アニからはナンかパワーが感じられなくなったかな?
 まぁムントとかオリジナルではアレなイメージが強く、けいおん!や氷菓等の原作物ではソレナリに良作を生産してた会社なんだけどなぁ…
 中二病や本作等、原作小説まで自家生産始めた辺りから可笑しくなったかなぁ…
 たまこまーけっとはソコまで酷く感じなかったんだけどなぁ…
 まぁ元鞘エンドってのは良くも悪くも良く有る話なので、ソコは多少の引っかかりは有るモノの許容範囲内だと思うんだけど…
 結局ファントムって何? って辺りには言及されてないし、突然最終回近くで『学校一の退魔グループ』になってるし…放送開始時には封印率最下位の御荷物ペアだったと思うんだけど?
 その辺も含めて、ナンか足りない気がする

・この素晴らしい世界に祝福を!
 まぁファンタジーでギャグ物やるとコンな感じになるかなぁ…と云う試みでは成功だと思う
 純粋に笑いを取る意味では良い作品だった
 ストーリーと云えば…ギャグ漫画にソレを求めない方が良い…と、説教される感じだけど
 方向性がハッキリしていて、私はこう云うのも有りだと思うし、ソレはソレで好きだ

・ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
 氷菓の出来損ない…以上
 学園生活内における一寸した謎ってか事件ってかを部活の合間に解いて行く…ってシチュを狙うなら、氷菓の方が数十段上
 コンな問題を抱えた生徒ばかりの高校の方に問題を感じる
(氷菓では、本当に学園生活に起き得るシチュで纏めているから、その違和感が無い)
 まぁ謎解き物の癖に全話1話完結とか…もぉ何処から突っ込めば良いのか…ってか、突っ込んだら負けなのか?
 所詮、P.A.…って事か

・NORN9 ノルン+ノネット
 ファーストインプレに書いた通り、原作オトメイトって事は乙女ゲー原作って事で…まぁ何時も通り
 ただ、今回は放映開始当初からカップリングが結構済んでいた事、主人公(ヒロイン)以外にも少女が登場し、其々でカップル成立…と云う点は今までの腐女史アニメには無かったと思う
 まぁ世界観だとか設定だとかはSFとして考えれば文明リセットと云う概念は新しい物では無いし、理解しやすいか、と

・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
 取り敢えず第1期って事らしく、最後に大事件が起きて解決…って辺りで一段落、此処から『本当に第八の仲間になった』主人公の活躍が…って感じかな?
 タイガー&バニーの様に反りの合わなかったコンビが1クール掛けて名コンビになり、その後更に一波乱…ってシチュに近い気がするが、王道と云えば王道
 逃げた生徒会長がもう一ちょっかい…って事だと思うが
 取り敢えず、第2期も見る予定

・少女たちは荒野を目指す
 みなとそふとのエロゲ原作って事で、きみある(君が主で執事が俺で)はゲームフルコンプ後にアニメを見たが…ナンか中途半端感の有る内容だった覚えが有るが、今回はゲーム未プレイでアニメのみ
 多分、第1部として、ゲーム製作プロジェクト『六波羅』が軌道に乗るまでをアニメ化したのかも知れないが、それなら良作だと思う
 それとも、きみあるの時みたいに誰かの個別シナリヲを中途半端に流用したのかな…アニメでカップリング成立って最近エロゲ原作アニメではやらない風習になってるっぽいケド…ソレだと本当に中途半端
 …今調べたら、結城勇奈もみなとそふとだったのね…知らんかった

・僕だけがいない街
 最後はチト原作と変えたらしい(原作未読…粗筋はネタバレサイトで確認…もう少し、八代を追い詰めるのに手間を掛けたらしい)ケド、原作に結構忠実だった様だ
 ケド、7巻(完結は8巻?)の漫画作品を1クールは短過ぎたんぢゃね? って気もする
 絵は原作よりアニメの方が好み…原作の強烈な印象が良い意味でスポイルされている
 ナンだカンだで原作・アニメとも良作である事は間違いないかな

・おじさんとマシュマロ
 コレは…最後の落ちは弱かったけど、5分アニメなら仕方ないか
 大家さん~との評価に出た違いは『原作既読かどうか』だと思う
 シチュが私好みだったしな、大家さん~
 コレも良作ではあるのだが…まぁリアルに中年サラリーマンとしては『若いOLに想われて積極的なアプローチとか、絶対無い』と思うから…の違いかなwww

・ルパン三世 Part4
 最初は今回シリーズレギュラーのレベッカの扱い方が白けそうな感じを受けたが、1クール目ラストの流れで『有って良いか』となり、2クール目は出番こそかなり減ったが最後に『こう使うか』でかなり意識的に向上した
 ただ『ミセスルパンを名乗って今後も仕事するから』の様な後々に残る様な引き方をされると今後のシリーズ(TVシリーズとか2時間SP物とか)に影響が出そうで…逆に全く影響が無いと『あのTV4期のラストはナンだった?』になる訳で…チトしくじったんぢゃね? って気がする
 銭形もクールで真面目な敏腕警部で概ね評価は良いかな

・PHANTASY STAR ONLINE2 THE ANIMATION
 最初は只の近未来学園物…PSO2を単にゲーム+コミュニティツールとして使ってた世界だったが、実はPSO2の世界は実在しており、主人公はその世界と往来出来る稀有な存在だった…と云う話は昔どっかで見た気がするなぁ…まぁだからチープと云う積りは更々無いのだが、最後は主人公と生徒会長が普通に先輩後輩として卒業して行った(カップル成立せず)と云うのは有る意味意外
 2期は無いと思われ…結局、生徒会長は1stアカウントで活動始めた途端にSOROの活動が殆ど無くなったんだが、レベル差とかどうなってるのかなwww

・だがしかし
 駄菓子薀蓄満載のギャグ系? ヒロイン? に該当するほたるが恋愛関係に全く反応しないので、ラブコメになってない可能性が…
 サブヒロインになるのか? サヤはココノツに恋愛感情丸出し(ツンデレ気味)なのでその辺を見ればラブコメと見れない事も無い
 ストレートロング、賓乳、ツンデレ(モロバレ)と云うツボを押さえて来てるので、私としてはサヤ押しになるのだがwww
 普通に会話されてる駄菓子の薀蓄が本当の事だとしたらこれらが空で云える登場人物(特にココノツとほたる)は半端無い知識量になるんだがwww
 2期など作れば出来ると思われ、やれば見るかな

・おしえて!ギャル子ちゃん
 原作はコミックス表紙しか見てないんだが、4コマ? ショートショート? まぁアニメで見れば出来は良かった気がする
 能登のナレーションも印象的だし、敢えて全キャラを徒名ってかパーソナリティで呼ぶ辺り、その辺の説明不要になるのが画期的と云えばそうだけど、やったモン勝ちで次にソレやる奴が出ても二番煎じの謗りは免れまいwww
 作品としては、結構好きだったかな

・ディバインゲート
 一般にはソシャゲ扱い(正しくはネイティブアプリと云うらしい…ソシャゲってのは基本ブラウザゲームの1ジャンルらしいし)を題材にした作品だけど、世界観が少々違うのかな…
 ソモソモのゲームをプレイした事が無いので世界観も判らないのだが、多分アニメの世界観とは少々違うと思う
 ゲームの販促とも違うみたいだし、ゲームを題材にはしてるけど別作品…として考えた方が良いと思われ
 最後に『人生の選択権は常に人に有る』的な纏め方をしたが…まぁ良いかwww
 評価としてはBGVより少々上程度

・紅殻のパンドラ
 士郎正宗氏が絡んだワリに非常に御気楽極楽モノになっている辺り、新鮮で私は高評価
 全身義体とか、攻殻を一寸でも知ってた方が良い感じだけど、知らなくても良いかも
 私は…中途半端に知識だけ、攻殻は、ほぼ見てない状態だけど…まぁ楽しめたかな
 一応、話は終わったのかな? 続きは作れそうだけど、このままでも良い気はする

・石膏ボーイズ
 面白かったと云えば面白かったかな
 まぁ『石膏像が意思持ってて喋る』と云う1点を納得出来れば、だけどwww
 普通に主人公の石ボ4人だけでなく、最終回でレプリカされたメディチもナンか喋ってたし…
 世界観さえ受け入れられれば面白いと思う

・霊剣山 星屑たちの宴
 中国のWEB小説原作…と、聞いたが、やはり世界観が特殊
 多分、仙人になる為の修行(道教思想)が元なんだろうケド、道教内での力関係とかそう云うのがネタだから、理解する気が無いと全然判らない
 表面だけ話を追って見るだけなら『俺TUEEEE系』で済むんだけどね
 ナンか第2期決定とか、ソンなに人気有ったんか?
 私的にはBGVかソレより極僅か上程度なんだが

・ヘヴィーオブジェクト
 2クールで多分原作はまだ続いてると思うケド…どうだろう?
 原作者が鎌池氏だから、筆は速いと思うし…ケド、地の文が多くてアニメ化すると一気にシェイプアップされちゃって、この程度の勢いの方が中弛みしないかな…とは思う
 とある禁書さんがアニメ化するにはチト面倒な所までアニメ化しちゃった(ナンか以降はインなんとかさんは本当に空気になるらしいし)から、別シリーズでアニメ化ってのは良いんだけどねwww

・GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
 1クールを2回で本来の話の半分位まで進んだのかな?
 wikiで見るに、単行本5巻+外伝5巻って事らしいが、その内の3巻分終了(粗筋に有る迷宮とかの部分がカットされてる様だが、多分、大勢に影響無い部分のカットと思われ)らしいので、もう1クールあれば完結出来るのかな?
 取り敢えず、此処までで伊丹の身内(自衛隊の部下等)に戦死者・重傷者は出ていないのだが、やはりwikiでは後々出るみたいだし、どうなるかなぁ…出来れば本編だけでも完結して欲しいなぁ…外伝はOVAででもwww
 出来は間違いなく良いので、続編希望

・亜人(TV版)
 4月の第2週まで放映していた、今期終了作で最後まで流していた作品
 話は判った…SFだし、突っ込む所は考証がどうの…ってのは野暮なんだと思うけど、ソレとは別に何となく私とは肌が合わない感じがしたかな
 コレなら東京屍食鬼の方が私の趣味に合ったかな…主人公が悪い意味で時勢に流されまいとしている(運命に抗う…では無く、自分の隠遁生活を守る事を主眼としている)辺りが気に障ってるのかも知れない…作品最後で立ち上がる決意をするとか、原作続いてるからなんだろうケド…2期目狙ってる?
 まぁお安いヒーロー物では無いんだぞ、と云う面を出したかったのかも知れないが

・昭和元禄落語心中
 第1話(1時間SP)で登場した与太郎は2話以降は全く出ずに最終回で昔話を聞いた数年後(?)って事で再登場
 今回1クール使って八雲(7代目・8代目)と助六(2代目)の話が中心…しっかり1クール使ってやっただけあって判り易かった
 第2期決定と云う事で、与太郎が3代目助六を襲名するのか、その辺りから始まるのだろう
 以前、秋葉原で袖刷りあった程度の行きずりの人から、この原作者、元はBL漫画から出た人らしい…と、聞いたが、まぁ確かにそう云う展開ではなかったが、雰囲気は有ったかも知れない
 次期決定だそうだが、やれば見るかな

・FAIRY TAIL ZERO
 ZEROってか、やっぱ原作に追い付いてるんだろうな…ZERO編終ったら2話で第2部終了とかwww
 まぁ流石に第1部終了時の様に大魔闘演武の最中でアニメ終了とか云う無茶でない(あの時は打ち切りかと思ったわwww)分マシだけど、こうなると再発は難しいかな…原作溜まるまで出来ないだろうし、ソレまでFANが待ってるかって話にもなるしねぇ…
 まぁZEROで能登主役がほぼ1クールあったので、ある意味満足したしwww

・金田一少年の事件簿R
 取り敢えず分割4クールって事で終ったな
 原作では二三とか云う従妹が出てたと思う(読んでないから詳しくは知らん…コイツも金田一耕助の孫筋に当たるって設定らしいが…もぉ何云っても駄目だ、コイツラ)は出ないで終った様で
 何故か人気コンテンツらしいので、この後どうなるか判らんが、横溝の金田一が好きな身としては、これ以上騒がんで欲しいとは思う

・ブブキ・ブランキ
 えっと…コレで終わったの?
 ナンか、最終回から2話くらいで一気に話が暴露して回収して…で無理矢理終った感が半端無いんだけど
 分割2クールだったっけ? …まぁ良いや、然して面白い話にも感じなかったし
 放映前の番宣では『友情・団結・勝利』みたいな一致協力路線っぽい煽り文句だったけど、蓋を開けてみれば団結したのは最後の数話だけだった気がするし

・ラクエンロジック
 TCGの販促アニメとしてなら出来は良いんぢゃないか?
 一つのアニメ作品として見れば、やはり御都合主義のヒーロー物と云う感触しかない訳だが
 そう云う意味ではTCGの世界観を知りたいプレイヤと幼い男の子向けのヒーロー活劇物としては支持層は有ると思う
 幼い子向けだと、トランス後の格好がややおっきな御友達向け(露出過多傾向)になるけどなwww

・デュラララ!!×2 結
 1期2クールでその後1クールづつ3回で原作全部完結…って事で良いのかな?
 取り敢えず、黄巾党もブルースクェアもダラーズも、ある意味有名無実化して臨也は池袋から離脱、臨也が居なくなれば静雄も平和になるし、問題ってか非日常を抱えてるのは杏里の罪歌とセルティくらいかな? …まぁ平和になったって事でwww
 取り敢えず完結っぽいので、次期は無いと思われ

・暦物語
 原作も物語シリーズは続いてるんでナンともだが、取り敢えず今までの物語シリーズの幕間劇的なショートショート
 で、暦は大学入試に失敗したって事と、真宵復活が示唆されて終わった訳だが、コレで終ったとか…非常に中途半端感は抜けないのだが
 ソレはどぉも原作からしてこう云う形の様で…駄目ぢゃんwww
 まぁ続きってのがどぉも後日談や前日譚らしいのだが、ある程度の収拾は付けて欲しい所

 …以上かな
 亜人が終るのを待ってた訳だが、あまり真面目に見てはいなかったなwww
 今期一番…と云われると、鉄血・魔法少女・GATE・白雪辺りから選ぶ事になると思われ
 4月アニメも既に始まっている訳だが、インプレは1週間で書けるかな…その程度の量だと嬉しいなぁwww

 次回にこの4月開始アニメのインプレが出来れば良いけど、無理なら1週何かで誤魔化すかも…
 ネタが無いから、何で誤魔化すかも判らないけど…まぁ何か適当に
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 源氏物語とラノベ | トップページ | 何処も彼処も地震だから、それ以外で(歯科診療) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ここ数クールは語れるほど見てませんでしたが。

・僕街
・大家さんは思春期
・GATE
・ラクエンロジック
・紅殻のパンドラ
・魔法少女
は見てました。今回見ていたのはどれも良い感じですね。数は減りましたが、それなりに楽しめました。

・GATEは二期なので割愛。
安定していると思う。3期あれば見ます。

話的には僕街、
最後が急ぎ足だったのが唯一のマイナスポイントでしたが、加代の話を丁寧にやったのは正解だったと思います。ここを端折ると切り捨てる人が多いだろうし、そ判断は正しかったと思いますね。
15話くらい使えばとは思いますが、せめて後1話あれば。。。

大家さんは思春期
チエちゃんが可愛い。2分では勿体ない。
せめて15分枠にして欲しい。
短いなりにポイント抑えて作ってますし
内容的には十分合格点なんですけどね。

・ラクエンロジック
・紅殻のパンドラ
この辺りは無難に面白かったです。
若干重たい展開にはなりましたが、
基本安心して見られました。
話としての区切りも良いですし。

・魔法少女
5分枠で安心かな。キャラも割合好みですし。
若干オチが弱いのは同意です。
キャラも出揃ったので、今後にも期待できそうですね。続きがあれば見ると思います。

・Dimension W
大家さんの流れで、半分くらい見ましたが
これは最初からシッカリ見ておけばと少し後悔。
最終回も話纏まってましたし。

投稿: まー | 2016年4月12日 (火) 21時11分

Shot>まー さん
 コメント感謝します
 まぁねぇ…週40本を超えると完全に私生活を犠牲にしますからねぇwww
 とっとと切れば良いのに切れずにズルズルと見て仕舞うのが…即売会でも妙に諦めの悪い性格は出てますがorz

 GATEは3期目欲しいですよねぇ…wikiで見る限り、端折った部分も有りますが、大筋においては原作に忠実に作ってる感じですし

 僕街は確かに最後が非常に急いだ感じがしました…本文でも書いた通り、八代を追い詰めるのに、もう少し手間を掛けても良かったかも…と思いますが、だからと云って他に削れる場所も無く…1クールが短過ぎた、と云うのは有りますね
 貴方が云う15話でも良いかも知れませんが、2クール欲しかったかな…

 大家さん~は本当に5分アニメでは勿体無いです
 30分1クールで、人気を見て続編検討(多分、ソレなら続編確定だったかと思いますが)が良かったかと
 原作知ってる身からすると、アレでも原作の面白さ半分も出てないですし

 ラクエン~は本文の通り販促アニメとしては良い出来かと
 紅殻~は普通に面白かったかな…世界の命運掛けた戦いをほのぼのと描写出来てた気がします

 魔法少女~は仰る通り5分アニメで安定してました
 原作を知らないんですが、ストック有るんですかね?
 私も続けば見ます…キャラ的に『出ただけ』みたいなキャラも居るので、シッカリ絡んでくれれば云う事無しですね

 Dimension Wは…うん、飛ばしながらだと話が判らないかもwww
 BGVより上…程度の見方でしたが、ソレでも一寸複雑になった辺りで少し悩みましたし

 …さて、今期も40本は下らない勢いなので1stインプレは来週では上げられないかも知れません(まだ始まってない作品も有るし)
 これからもよしなにお願いします^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2016年4月13日 (水) 12時03分

どもです。お久しぶりです。
しばらく何も書き込めませんでしたが、仕事の方でいささか気力を奪われすぎておりましたんで申し訳ない。
今更書き込めませんが、病院坂のお話流石よくまとめられており感心しました。
あと、「ストラダ5」は何回か見た記憶がありますが、なんか話が地味でよく覚えておりませぬ。でも確かに宍戸錠は出てたのは記憶にあります。この人は「スターウルフ」でも隊長やってたし、結構子供番組に縁のあるかたですね。


・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 生きるため他に術のない孤児達が戦争をやる。殺伐な話でしたが、命の取り合いに誇りだの名誉だのまったく一顧だにしないあたりが、戦争といえばテロや不正規戦が当たり前になってきている今ではリアルでもあります。私も最近のガンダムの中では気に入りました。続きが楽しみです。

・Dimension W
 見始めたら面白かったので原作も読んでみましたが、驚いたことにアニメが始まった時点では最終話近辺はまだ単行本未収録でした。つまり完全に原作を使い切ってますが、すごい見切り発車でアニメ化したなー。
 お話はほぼ原作通りですが湖の話とかものすごく端折っていてなんかもったいない。なかなかSFしてて面白くはあったけど、全部終わってみるとこれでプロローグが終わっただけのようにも思われ、確かに可も不可もない感じですね。

・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
 一応全部見ましたが、まあ面白い方でしょう。「早くこいつらどうにかしないと」的な犯罪者ばかりを相手に、あくまで大人であり警察官たらんとする主人公たちの頑張りには多少共感めいたものを感じました。

・だがしかし
 うーん、これって面白いのかなあ。私が地方人なので出てくる駄菓子の半分ぐらいはよくわからず、思い入れが感じられなかったからかな?なんかよくわからないです。

・おしえて!ギャル子ちゃん
 原作の、色付きボールペンで書いたような独特の絵がアニメの絵でも結構感じられてちょっとびっくり。お話の方は「らきすた」みたいなあるあるでしたが、こういうどぎつい絵柄でやると迫力が出てるような気がしました。

・ヘヴィーオブジェクト
 こちらもまあ面白いんだけど「禁書」と同じでこの作者さんのお話は、セリフや話が理屈っぽすぎるのがテンションを下げますよね。

・GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
 3巻以降はなんか一気に話がややこしくなりそうなので、いいところで区切ったのでは。毎回結構楽しめたお話でした。
 しかし主人公は30過ぎで公務員とかって考えるとラノベには珍しいお話だよな。

・ブブキ・ブランキ
 とりあえず最後まで見たけど、いやもうなんかわけわかんねえなという感想しか浮かびません。ストーリーの筋が通らないのか配分がおかしいのか単に説明不足なのか、ほとんど何の説明もなく話が引っ張られてなんか知らないけど中途半端な最後でしたねえ。次見るかどうかわかんないぞ?

 途中でやめちゃったのが紅殻のパンドラで、最初3話目ぐらいまでは見たけどもう士郎正宗の名前出しといてこんなの真面目に見られるか!って感じでした。
 あの後変わったのかな?

 でわでわ。

投稿: あひる | 2016年4月13日 (水) 21時34分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します
 ブログのコメントなんざ暇な時に気が向いたらで良いんですよ^^
 コメントを励みにする事は大きいですが、自分の私生活に影響出るまでする必要はないモノです
 また、古い記事にもコメント入れて下さって結構ですよ
 未だにミケのチケ組み関係の記事にコメントが付く事も有りますし…アレ書いたの何時だったかなwww

 病院坂、感想感謝です
 今、獄門島を読んでます^^
 小学生高学年時に一度呼んだ覚えが有りますが、小学生用のハードカバーだった事や、流石に30年以上経ってる事で忘れてると思い、先日ブックオフで文庫を買いました
 最近は、平成以降の改編版ばかりで、杉本一文画伯の扉絵の文庫が見当たりません…プレミアム付いてるのかな…

 ストラダ5についても、本当に岡崎さんとお会いする機会が無ければ一生見る事の無い作品だったと思います
 本気でマイナーだったし、再放送だってやったのかな? って程、知られて無い作品でしたし…実際、最初のDVD-BOX(私が入手した日活版)も日活が最初に企画したのではなく、根強いファンからの要望で…って事らしく、一部熱狂的なファンは居ても、一般には『売れない』と思われてた作品だったのだと思います


 で、本題
 鉄血…そうですね、前にDr.モローの同人誌で三日月の事を『ガンダム史上初の読み書き出来ない主人公』と紹介していた事は1stインプレだっけ? で、書きましたが、実際、その日を何とか生きてくだけ、読み書きよりも目の前の飯の種…って事で『生かされてた』子供たちってのは殺伐としてますが、世界を見ればリアルな話なんですよね
 戦争を起こす奴等はメンツだ信念だ叫んでますが、実際戦場に立つ連中は『その日の戦闘を生き延びる』のが命題になる分、本当の戦争をしてるんだと思います

 Dimension Wは、原作を読むまではしてないんですが、端折ったんですね…まぁ良い区切りの部分で終ったと思いますが
 原作物の場合、後がハッキリして無いのに見切りでスタートしてグダグダになるケースも多いですが、原作者が先をシッカリ見てる場合は原作同時終了とか、今回の様にアニメ終了が原作に丁度追い付いた…ってケースも有るのだと思います
 時間が有れば改めて見たいですが、私も結構追われてるんでwww

 アクティヴレイド…ある意味、技術革新に人間が追い付いてない世界って事で、現在と大差無い事やってる訳ですよね
 NET一つ取っても、正規に非常に便利に使ってる人も居れば、犯罪に使う者も居て、規制が間に合ってるのか間に合ってないのか…
 そんな中で治安当局が新技術に対する対策課を作ってもやっつけ仕事だからどうしても後手ゝになるし、最初は批判を浴び捲るのは仕方の無い事で…2クール目確定なので、多分見ますが

 だがしかし…私は都内生まれ都内育ちだったし、まだ餓鬼の頃は『近所に駄菓子屋』と云うのが有った時代の人間なので、全く判らない事はなかったですね
 確かに麩菓子の詳細なメーカとか、カルト知識に近い方に行けば不明な所は有りましたが、ソレナリに判りましたので、結構笑えました

 ギャル子…らきすたっぽい…なるほど、絵柄が全く違う(らきすたは非常に幼い感じの絵だし)ので余り気付きませんでした
 でも本作の方が話題が胸やらパンツやらに寄ってた気もしますがwww
 女子高生あるある…まぁ日常系ですから、そう云う面は結構有りますね…DVD借りた2クールアニメを一晩で一気見とか、流石に今の体力では出来ませんwww

 ヘヴィーオブジェクトは鎌池さんですからねぇwww
 こちらの原作は読んでないですが、禁書と変わってないと思うので、地文での説明も多いし、キャラもカナリ説明がないと理解し辛い内容にはなるんですけどね…世界観とか結構独特だし
 ただ、世界観が判ればソレナリに面白い話書いてると思いますけどね…何より製作側からすると、筆が速いのは非常に美徳の様でwww

 GATE…まぁ確かに原作未読のwiki情報ですから私は詳しくは無いですが、以降は一気に政治的な話になっていき、伊丹が困った→自衛隊機が現代科学の兵器で圧倒→何とかなった…では済まない話になりそうで
 伊丹の部下に居る隊員も重傷(片目失明を含めた身体部位欠損)や殉職者も出るみたいだし…楽しく見れるのは此処まで、って事かも知れませんが
 主人公の年齢的には確かに…まぁ自衛隊でソレナリになる(3尉なら兎も角、本来は1尉になれる筈が、勤務態度その他で2尉留め置きとか)年齢だと伊丹の設定でも若いと思いますが

 ブブキ…私は結局、最後の2話で無理矢理話を終わらせたようにしか見えませんでしたがwww
 ブブキ・王舞って何よ、とか何の説明も無く各キャラの一騎打ち戦が始まって、かと云えば主人公が一騎打ちに介入して来たりでグダグダやってるウチに地上に浮いてる宝島への道の開き方とかって話になって行けばソコでも乱戦、王舞と炎帝の戦いになれば一方的に礼央子の事情説明が入って無理矢理終結…と、12話見たままの解説が数行で終っちまってぃwww
 次期製作決定されてるそうですが、それほど数字(視聴率。DVD販売数)取れたんですかね? 私は見るにしてもBGVだし、DVDは絶対買わないと思うんですがwww

 紅殻は最初から最後まで作品の雰囲気は変わらないですね
 士郎氏の作品と考えれば非常に異色で、ソレを基準に見る方には絶対合わないかも知れません…私は逆にソコまで士郎氏に思い入れが無いので、御気楽極楽アニメとして見ましたが…その辺は完全に趣味嗜好の世界ですので、どうにもこうにもですね^^

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2016年4月14日 (木) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/63475415

この記事へのトラックバック一覧です: 16年03月終了アニメ:

« 源氏物語とラノベ | トップページ | 何処も彼処も地震だから、それ以外で(歯科診療) »