« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »

2015年8月30日 - 2015年9月5日の記事

2015年9月 1日 (火)

今期のアニメ、酷くね?

 と、云う訳でまだ今期クール半分を過ぎた所だが、チト目も当てられない作品が多過ぎて一言云いたくなったので、記事にする
 今期見てるアニメは以前記事にしたのでソレを参照して貰えると助かる
 で、今回酷いと思った作品が以下の数々

■日曜日
 VENUS PROJECT -CLIMAX-
 GOD EATER

■月曜日
 ミリオンドール

■水曜日
 おくさまが生徒会長!

■木曜日
 ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 乱歩奇譚 Game of Laplace
 青春×機関銃

■土曜日
 ガッチャマン クラウズ インサイト

 かなり甘く見て、コレだけ酷いのが揃ってる…もっと厳しく確認したら、毎日1本づつ以上有ったので、慌てて採点基準を落として此処まで減らしたのだ
 …で、ナニが酷いか、何時もは終った後に終了アニメインプレで語る所だが、取り敢えず此処でやっておく
 終了アニメインプレでも更に評価するケドねwww

・VENUS PROJECT -CLIMAX-
 酷いと云うか…次のGOD EATERもそうだけど、この2本は規格外品扱いで良いかな…そもそもアニメ作って無いしな
 取り敢えずこの作品、9月1日現在で3話しか放映されて無い
 7月スタートで、日曜は既に9回有った…では、残り6回はナニやってたか…って、声優使ってゲーム大会やってただけである
 元ネタはゲームらしく、ゲームで主役級キャラの声を当てた声優とアニメのメインキャラを当てた声優とでゲームやってどっちが勝ったのと、普通ならWEBで番宣としてやる程度の事を現時点で5回もやっているのである…ちなみに日曜日9回でアニメ3回、ゲーム大会5回、残り1回は…なんとアニメ第1回の再放送であるwww
 ゲーム大会は2回目で嫌気さして以降はアニメ回だけ見てるのだが…あぁ、今、公式WEBで確認した、此処から全6話でアニメやって9月の最終週はまたゲーム大会やってで終わる予定らしいな
 P.A.の駄作アニメSHIROBAKOで、昨今は30分アニメ1本作るのにドレだけ手前から始動して、最後何処まで切羽詰るか…とかは、結構現実に即して作ってる感じだったが(ソレ以外の所で駄目駄目だったので駄作扱い)、このアニメ、何時から始動してドンなスケジュールで追ってるんだ?
 制作会社が無能なのか、スケジューリングしたプロデューサが無能なのか、既に評価出来る域に無い
 一応3話(全6話だから、半分)まで見たアニメの感想としては…コレも酷いwww
 開始アニメのインプレでも書いたが、えっと…歌手が歌う事でバーチャル空間にロボ的なナニカが発生して同じ曲を同時に2人のアイドルが歌う事で発生するナニカ2体がバトル、その勝敗でノックアウト式(トーナメント方式って云い方は日本でのみ通用する…って、どっかで聞いたな)の大会を勝ち抜いて行くって話しらしいが
 出て来るアイドルは際物ばっかだし、試合の度に歌う曲がランダム(数曲~十数曲? の一定枠の内、試合直前に1曲をランダム)で一緒に2人のアイドルが同じ曲を歌う舞台も謎だし、勝敗基準がナンだか判らん(別にアイドルが操縦する訳でも無く、ランダム要素高くね?)し、もぉ何処から突っ込んだら良いか…突っ込んだら負けなのかも知れんが、最初から『突っ込んだら負け』と知らせておけ、と
 まぁ開始早々2ヶ月近くで1話2回放送して5回ゲーム大会とか、その時点で突っ込んだら負けなんだろぉケドなwww

・GOD EATER
 えっと、規格外品その2
 放送直前SP→製作にドンなに頑張ってるか知って欲しいよ番組→1~3話→この作品、絵にドンだけ力入れてるか知って欲しいよ番組→4~5話→この作品、音楽にもドンだけ力入れてるか知って欲しいよ番組→6話
 前記のVENUS PROJECT -CLIMAX-の様に此処まで出放映されたアニメが3回とか云う程酷くは無いけど、話途中でブツブツ切って『俺達頑張ってるんだゼ』番組とか、要らねぇ
 視聴者はアニメが見たくてチャンネルを合わせるんだが、そのアニメの裏でスタッフがどんなに頑張ってるかナンザ、本当はどうでも良いのだ
 スタッフが心血注いだ積もりでも駄作に感じる作品は腐る程有るし、スタッフが遊びながら(と云うと非常に聞こえが悪いが、昔のアニメはスタッフも楽しみながら作ってたのを感じる作品は多い)作ってた作品が名作になった例も少なく無い
 そう云う意味では『俺達頑張ってるんだ、ソレを知って欲しいんだ』と云うのはスタッフの押し付けであり、エゴだ
 そんな特番を『話しをブツブツ切ってまで差し込む』のは、製作が間に合って無いだけとしか考えられない…実際はどうだか知らんが、肝心のアニメ作品が発表されて無い以上、そう評価せざるを得ない
 何度かついったでもつぶやいたが、2週に1本しか製作間に合いませんので、隔週放送で2クール下さい…と、最初から云った方が潔い
 まぁソレでも地上波でソレやるのは前代未聞なんだが

・ミリオンドール
 さて、此処からアニメの中身で酷い作品…と云う事で、前2作と違って内容的にアニメを評価しよう
 取り敢えず、本作は…ナニを描きたいのか判らん
 最初は地下アイドルのFan活動について『コレと思ってNET等情報発信を根拠に知名度を上げたい活動をするFAN』と『現場でイベント・物販で毎回参上して持ち上げたいFAN』が同属嫌悪する内容だと思ってた
 しかも、同属嫌悪の内容が、一方は『金を落とさない』、もう一方は『移り気でアッチコッチ手を出す』…しかも、アイドルの事を思ってってより『俺(私)が、このアイドルを有名にするゼ』とか、お前らこのアイドルのナンなんだ…と、思える様な行動基準だったりして、共感出来ない奴らばっかだったり…と、何処を見れば良いのか良く判らん
 と、思ったらその辺の地下アイドル追っかけ連中を無視して話は進み、地下アイドルのメジャーデビューがドレほどハードル高いかと云った話にシフトするし
 5分番組で話の内容盛ると話がアッチコッチ行って支離滅裂になるので、止めた方が良い…と云う典型
 このアニメは本気でナニがやりたいのかサッパリ判らん

・おくさまが生徒会長!
 取り敢えず、AT-X版はまぁ良い
 しかし、地上波民放版が最悪…ってか、性的な表現になる部分を情報番組で差し替えとか、ナニ考えてるのか、ソコまで民放で放映するハードルが高いなら、OVAでも良いぢゃんよ…と
 確かに、スポンサーが制作費を出すのは、本当に作る為の分だけ(しかも、最近は自社提供…詰まり、制作費は殆ど製作会社の自腹と云う番組も少なく無い)で、アニメ制作会社の純利益とかはメディアの売り上げで賄う必要が有り、余程の大きな製作会社でも次回作の制作費は前作アニメの成功度(興行的な…TVアニメならメディアの販売数)によるのが現状と聞いている
 事実、ジブリだって映画1本コケると次回作の制作費が出ない…と云う時期があった(今もなの?)と聞いている
 故に『メディア買ってよ…メディア買うと良いモン付けるよ』的な戦略(実際、TVでもフルハイ供給が当然の様になって来ると、自宅でのHDD録画・BD録画で充分間に合う)のは判るが、『Hなシーンを見たければメディア買え』って、ソレ、エロビデオの考え方だよね?
 昔、くりぃむレモンと云うエロアニメビデオ(OVA)シリーズが有ったが、当時は情報が少ない(NETもインターネットなんざ無かった時代…ボード型NETすら有ったかどうか)時代だったので、パンツ1枚で男物のワイシャツだけ前空けで羽織った亜美ちゃんのイラストだけでドンなに妄想を掻き立てられたか判らんwww が、結局、そう云う事がやりたいのか、としか思えない
 …その辺、今回挙げなかったがToLOVEるにも若干云える所で有るが、アレも画面の9割以上真っ白でナニやってんのか見えない所は有るがwww 一応、音声などを使って視聴者に伝え様としているので、今回除外した
 あ、コレもアニメの内容ってか製作方針的に酷い作品…って事になるのかな

・ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 コレも内容が酷いアニメ…と云う事になるか
 コレもゲームか何かが原作らしいが、主人公に全く救いが無い
 赤い竜と契約出来る血統の主人公が贄を差し出す事で敵対する誰かを殺せる…戦後、列強から2分されて2つの国の領土にされた島の王族に生まれた少年の話しだ
 そんな状況なので、人死にが付き物の話なのは理解できるが、此処で云う贄とは『契約者(主人公)の親しい物の命』であり、人命を贄に他の者を殺す…と云う図式である
 しかも、贄は『契約者が心から親しいと感じた者のみ(その場限りの友誼の契約を交わしただけ…とかは無効)』『完全に死ぬ(復活の余地も無くす)』等、制約もあり、話が進むに連れ、主人公は周囲の人間を死なせて行く
 飽くまで贄であり、竜が殺した訳でも無いので、多分物語り最後で復活…とか云う御都合主義も起きないと思われる
 物語的に救いが無いし、主人公の周囲から死んでいくなら、アニメとしてもメインキャストが常に交代する事になるかと思いきや…出て来るんだねぇ旅先で幼馴染とかwww
 いや、まぁ大きな島では無い感じだし、王族と云ってもある意味単一種族の族長程度の扱いなのかも知れないが、その話限りのポッと出友人が死ぬとか、展開が雑になって来た…と云うのも有る
 まぁ一応継続して見る積りでは有るが、余り身を入れて見る気がしない

・乱歩奇譚 Game of Laplace
 コレは…前回記載したので、その辺で参照して欲しい
 江戸川乱歩が不憫でならない

・青春×機関銃
 コレも話が破綻してる気がする
 元々、男子に見間違える様な女子高生が『同級生が手酷く振られた』と誤解してホストクラブに乱入、狼藉を行い、誤解が解けた所で弁償額の代わりにNo.1ホストの運営するサバゲチームに入る事になった…って話
 基本、女人禁制のチームだったが、男子に見間違えられる容姿を逆手にその案に乗った訳だが、今度はサバゲが面白くなったから、性別を偽ったままそのチームに残る…と、続く訳だが、このまま字面だけを読めば『ふ~ん、そぉ』で済む程度の話だ
 しかし、この主人公の女子高生、元々の設定がかなりの正義漢で、最初の事件(ホストクラブ乱入)も、勘違いとは云え、高校生に手を出して貢がせるだけ貢がして振った、と思ったからの乱入である
 しかも、口癖なのか『立花の正義』がど~とかこ~とか…兎に角『正義』と云う言葉が大好きの様である
 そんな自称正義漢が借金返済の為とは云え、性別を偽って女人禁制チームに入るとか…まぁ此処までは一人暮らしの女子高生に返せる金額で無い所にナンとか返済のアテを作って貰えたのだから…と云う言い訳も立つが、その借金返済分は完了したと宣言された(結構初期段階で)後も、サバゲが面白かったから、チームを抜けたくない…と、性別詐称のまま居る訳だ
 都合の良い正義だな…まぁ、現在、ソコに気付かれた第三者からチクチクやられてる感じだが、当然だろう
 私は年代的に仮面ライダー・ウルトラマンを筆頭に東映:平山亨Pや円谷英二氏,円谷一氏の作品を通して正義と云う言葉を学んだ
 従って、正義と云う言葉は軽々しく使わないし、簡単に使う人間を信用しない…しかも、ダブルスタンダードの有る正義なんぞ…鼻で笑ってしまう
 即ち、この作品の評価は主人公の人間性を信用出来ない所から来ている様だが、取り敢えず評価はかなり低い

・ガッチャマン クラウズ インサイト
 最後だが、コレもまた酷い
 タツノコが過去の栄光を食い物にして繋ごう作戦第1弾として出した作品の2期…2期が有ったって事は売れたの? コレ…
 前期のガッチャマンクラウズも私としては評価が低い(ガッチャマンって名前だけでソレこそ正義は無いし異星のオーバーテクノロジー同士で戦ってるだけにしか感じなかった)のだが、今回は更に政治にまで介入しやがった
 ナンでも『コイツが居ると平和になる』と思われてる異星人が地球で発見され、コイツの思想『意思を一つに纏める』だかに賛同した新人ガッチャマンが政治活動にのめり込んで行く…と云った流れだ
 もぉね…ナンと云うか…先ず、前作でも云えるが、絶対にコレはガッチャマンでは無い
 同じ過去の栄光を云々…の第2弾になる夜のヤッターマンは間違いなくヤッターマンの後継番組であるのに対し、此処まで前作に敬意の欠片も無い作品も珍しいって位、前作を無視している
 次に、政治思想について、何を語りたいか知らんが、やってる事の当たりは良く描かれてるが、内容は民主主義の名を借りた独裁になりつつあり、結果的に異星人に依る地球支配となんら変わらない
 ソレを手伝う新人ガッチャマンも考えの底が浅過ぎて『莫迦が政治に口出すと碌な事が無い』と云う状態を体現している様だ
 鳩山だの安倍だのと云う、現実で『莫迦が政治のTOPになったからエラい事になった』と云う状態は散々見てるのに、アニメでまで『莫迦の政治』は正直見たくない
 色々酷いアニメは見て来てるが、ある意味『最悪の一つ』と云える形である
(まぁ、乱歩奇譚も別の意味で最悪の一つだが…やべぇ、今期だけで最悪のアニメが2本も有るwww)

 以上、これらのアニメは知り合いには絶対勧めないアニメである
 それでも見たいなら止めないが、時間の無駄だった・見る為に使った時間返せと云う苦情は放送局と製作会社にして欲しい
 基本、アニメや特撮は好きなので、年中見てるが、だからこそ許せない作品が多く有ったので、今回の記事にした

 次回は…取って無かった夏季休暇を取る事にしたので、更新は無しか、5連休で予定しているHERO3への来店や光太郎氏の映画鑑賞等を記事にするかも知れん
 場合によっては、1回休んでこの記事を次々回にするかも…
 あぁ、光太郎氏の映画は1ヶ月程度の公開期間かな? なら、コレのレポートだけでも早めに上げるかな…その辺を悩む所
 まぁ兎に角、次回更新まで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »