« HDD復旧業者レポ(迷走編) | トップページ | 15年09月終了アニメ »

2015年10月 6日 (火)

HDD復旧業者レポ(壊滅編)

 さて…と、こんな走り出しから始めるのもパターンになっているが、前回以前からの続き、完結編になるんだろぉなぁ

 データ復旧業者3社を渡って、最後には『データ復旧出来なくても金は取るぜ』の契約にされた訳だが
(一応、自分で選んだ事にはなるが、成功報酬が倍額要求される条件とどっちが良い? と聞かれて、復旧出来ない可能性を大きく見る奴が何処に居るんだ? 最初から無理なら無理って云う筈だし…)

 9月の30日(水)業者から連絡が有った
 『復旧出来ませんでした(テヘペロ) 機材はヤマトで送るんで精算よろしくね(ハート)』ってなモン(意訳)だ
 詳細を聞きたく、業者に受け取りに行くと云ったのだが、『社にはカード精算用リーダが無いんで、来るんなら現金でね』とか抜かしたので、結局郵送…と云う事になった
 \170k丸損である
 個人的にはマジにシーゲートのネガキャンしたくなる状況である…いや、個人的にはもぉ絶対買わないし、知り合いに相談を受けたら絶対に他社を勧めるけどな

 まぁね…この事態の可能性も全く考慮しなかった訳ではないし、その場合は勉強代と割り切る覚悟も多少はしてた訳だが…
 安物買いの銭失い…まず、シーゲート何ぞと云う碌なモン作らん三下メーカのユニットに手を出した事、次にツールを使って初期診断…と云う『ユニットを起動しないと出来ない診断』をする会社に持ち込んで診断させた事で、傷を広げたと思われる事、最後に『ウチなら復旧出来る“かも知れない”』と云う言葉で、成功報酬をケチって作業代金だけふんだくられた事…と云う3点で完全に全部裏目に出てる訳である

 さて、そうなると手持ちデータの復旧は無理なので、新たなデータ獲得に本腰を入れる必要が有る
 今まで見ていた作品のうち、壊れたHDDに変えてから見てきた一覧を算出、取り敢えず『有っても見返すことの無い作品』をチェックして、今回講じた別途手段で確認可能なデータを照合、これから獲得する必要の有るデータを算出する

 一概に作品と云ってもHUNTER×HUNTERとかFAIRY TAILの様に4クール以上続く超長編もあるし、1クール・2クール・4クールと云った短・中期作品も有る
 まぁその上で作品数だけ云えば、全視聴作品448作、再確認不要と現時点で切った作品73作、再確認が済んだ作品73作品…、昨晩時点で同数になってたのは単なる偶然である
 合計で146作品、全体の32.6%…ソレでも全体の1/3にもなっていない
 しかも、過去のデータには時期限定でアップされていた昔の作品(マジンガーZ→グレンダイザーまで3作品、J9シリーズ3作品、家庭教師ヒットマンReBorn、新造人間キャシャーン、破裏拳ポリマー等々)…これらは通常の放送枠と違っているので、この母数に数えられていないし、再確認が非常に難しい…そう云う作品も多数有ったので、マジに損害がデカい

 最近、放映されるアニメのスパンの短さ(殆どが1クールで、2クールのモノも珍しい)に辟易としたコメントを毎回綴っているが、今回に関してのみは1作品に対して要確認の個数が少なくなるので助かってると云わざるを得ない…尤も、ハイスクールD×DとかDog Daysとかの様に3期まで製作済み…とか云う息の長い作品も有るので、気が抜ける訳ではないが…
 当面は夜中、リアルタイムでのアニメ視聴に並行してこの作業も進めねばなるまい…約4年分のデータ、落ち着くまで何年掛かるか…

 さて、ソンなコンなで10月3日(土)の午前中、宅配便が来た
 土日は基本、糖尿病の運動療法も兼ねて秋葉原に自転車で行くか、浅草方面・北千住方面に散歩をするか等しているので、午前中でないと宅配(しかも、今回はカード支払いになるので、私自身が居ないと困る)が受け取れないので、その様に業者に指示したら、宅配が来たのが11時も過ぎてからである
 8~12時の時間指定と云っていたから間違いではないのだが、8時とか(土日では)早い時間に宅配が来る事を想定して、とっとと済ませるべく準備をしていたのに、結局午前中ギリギリとか…私の午前中はコレで終わって仕舞った…
 で、受け取りの支払額が…\183,600? \170Kぢゃないの?
 調べてみると、見積書には成功時の約\400Kは税込値段だが、作業料は口頭で\170Kと云われたが、書面にはコレは税抜き値で有った事が判った…つまり、税込みで\183.6Kである
 別にコンな所で\10K少々増えた所で今更どうこう云わないがな、消費税合算の金額提示で成功報酬を説明するなら、失敗時の作業料についても税込み値で説明しろよ

 兎に角、支払いを済ませて、手元に残ったのは全損HDDと完全ブランクのHDD(3TB)である
 既にデータ用HDDは5TBに設置済であるので、この3TBは完全に『浮き』ユニットである…従って、友人から融通して貰ったデータのバックアップにでも宛てるか…と考えている
 今回の騒動で、USB接続の裸族HDDユニット(ユニット単体を直挿しで認識させるHDD接続機)を増設したので、定期的にバックアップが取れれば、今後は此処まで大騒ぎにならんで済むかも知れんしな

 と、云う訳でコレまでは幾らかでもデータが復旧する事を前提に過去の喪失(するかも知れない)データを再検索する方向で確認していたが『兎に角、喪失データは1ビットたりとも帰って来ない』事が判明したので、見返す頻度が高いだろう直近のデータから確認する方向にシフトすることにした
 まぁ流石に直ぐリンクが途切れたりする作品も有ったが、有る程度の確認は進んでいる
 無駄に\180K+ユニット\10Kで\190Kも使ったから、今後のメディア購入費も節約せねばならんしな…

 そう云う意味では、ログ・ホライズン2のメディア完納後に今期買うアニメが無かったのは僥倖かも知れない
 半年置きに3期で放映する筈(だったのではないか)と思っていたログ・ホライズンは原作者の騒動の所為か3期が始まる感じがしない(尤も、タダでさえ原作の発刊ペースが遅いので、原作に完全に追い付いてしまった…ってか、第2期の最後は原作を追い抜いてたしな…事も大きな要因だとは思うが)
 ファンとしては続きの展開を知りたい(原作小説も続きの部分は未発表であるので、アニメ化されれば、アニメが先行する事になる)のだが、その辺は痛し痒しと云うか…
 まぁ取り敢えず、当面のメディアの購入は、隔週で購入している古谷金田一のアレで良い事にしようwww

 此処まで書くと、既にこの件で書く事は何も無くなって仕舞ったな
 この件を教訓に何か有るとすれば、何度も云う様に『シーゲートは碌な仕事しないから絶対止めた方が良い』と云う事と、『HDDの復旧は駄目モトで頼むのが一番、基本的に“復旧出来たらめっけモン”程度の気軽さで依頼し“駄目でも金は取ります”の場合は本当に慎重に判断する必要が有る』って事かな
 あと、復旧業者は本当に選ばないと駄目だね…自社の提灯記事ばかりで選択基準が判らないのは事実なんだけど…

 と、云う事で、次回は9月終了のアニメで…書けるかな?
 まだ1作品分も書いてないから、チト大変な作業になるかも…
 無理なら1週空けて、次回は別な話を…
 兎に角、ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« HDD復旧業者レポ(迷走編) | トップページ | 15年09月終了アニメ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/62421154

この記事へのトラックバック一覧です: HDD復旧業者レポ(壊滅編):

« HDD復旧業者レポ(迷走編) | トップページ | 15年09月終了アニメ »