« HDD復旧業者レポ(壊滅編) | トップページ | 15年10月開始アニメ »

2015年10月13日 (火)

15年09月終了アニメ

 今回は、HDD全損とか云うアクシデントとソレに伴う混乱で、最後の一番良い所をあまり身が乗らずに見た様な気もする期であったが、まぁ私の都合と関係無く時間は過ぎるし、アニメも終了するので、終了したアニメのインプレに入りたい
 毎度の事だが、前回の開始アニメの記事での一覧から、今期終了したアニメのみ抽出する

■日曜日
 アルスラーン戦記
 VENUS PROJECT -CLIMAX-
 ワカコ酒
 GOD EATER

■月曜日
 赤髪の白雪姫
 To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd
 ミリオンドール
 実は私は
 のんのんびより りぴーと

■火曜日
 それが声優!
 オーバーロード
 モンスター娘のいる日常

■水曜日
 おくさまが生徒会長!
 空戦魔導士候補生の教官
 俺物語!!

■木曜日
 ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 がっこうぐらし!
 乱歩奇譚 Game of Laplace
 だんちがい
 青春×機関銃
 城下町のダンデライオン

■金曜日
 ミス・モノクローム -The Animation- 2
 わかば*ガール
 GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei Herz!
 Classroom☆Crisis
 食戟のソーマ
 戦姫絶唱シンフォギアGX

■土曜日
 電波教師
 下ネタという概念が存在しない退屈な世界
 デュラララ!!×2 転
 Charlotte
 WORKING!!!
 ガッチャマン クラウズ インサイト
 六花の勇者

 4+5+3+3+6+7+7=35/週か…視聴アニメが42だったから、7作品が残った訳か…プリキュアは安定の4クール、コナンは…何時終わるんだ?www Fairy TAILも原作にはかなり追い付いてる感じだが、まだ伸びそうだし、英国一家は大雨決壊やらナンやらで伸びてるだけで本来今期終了扱いで良い物だし、デレマスも伸びてるだけで次週最終回の様だ…アクエリオンは2クール、うしとらは2クールだっけ? 3クールだっけ? で更に完結辺1クールの予定だったかと
 まぁ兎に角この7本は終った時に更に何か書こう
 で、総括として…数本私的に良作扱いに出来る作品も有ったが、兎に角酷いアニメが多かったのが全体的な印象として残る
 その当たりは個別インプレで書きたい
 で、その個別は以下の通り

・アルスラーン戦記
 原作は小説で、既にアルスラーンが国王となって、内政・外交と活躍する話になってる様だが、荒川さんがコミカライズした漫画は既にアニメ3話かソコらで抜いて仕舞った感じである
 荒川さんの絵はとっつき易いし、話も中途半端で終わってるので、せめて原作第1部(アルスラーンが国王になるまで)はアニメ化して欲しいのだが、やってくれるかな? かな?

・VENUS PROJECT -CLIMAX-
 駄作その1
 結局、ナニがやりたかったのかサッパリ…ゲームの紹介にも碌になってないし、1クールで結局アニメ6話のみとか、視聴者莫迦にしてる様な作りだし…先日も書いたし、もぉ良いか

・ワカコ酒
 良作…最近は本当に5分アニメの出来が良いwww
 まぁ数人の『一言だけ』キャストは有っても、基本、沢城が喋ってるだけなので、もぉ沢城の実力のみ…と云って良いかも知れんが
 後述のミス・モノクロームが堀江由衣で押してくる作品なのに、傑作感が無い所、この作品はかなり見所が有った…やっぱ、無理に声優を押して来ない所が良かったのかも

・GOD EATER
 駄作その2
 結局、放映は9話で打ち切り…笑っちゃうねwww
 コレも以前書いたが『製作陣は頑張ってるんだよ』なんざ、見てる連中には『ど~でも良い事』であって、ソンなのは製作の自己満足でしかない
 で、本来、私は作品を全部見て評価する訳だがこう云う『完全に打ち切りと判って途中で放映投げ出された作品』については評価に値しない…と、評価する

・赤髪の白雪姫
 良作…本当に最近のLaLa原作のアニメは良い仕事するわ
 コレ、続きはアニメ化されないのかな?
 暁のヨナは…最後、黄龍が唐突に出て一気に四龍揃って『次は諸国漫遊』として終わったのが消化不良だが、今回はお互いが思いをぶつけただけで、普通に考えれば『王子と宮廷薬剤師(見習い)』の恋愛なぞ身分違いも甚だしい訳で、コレからが本番の筈なんだが…
 1クールでは短過ぎ、第2期以降を求める

・To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd
 コレも厳密には放映が終了していないのだが…あと2話有るらしいのだが、月末にBS帯と云う情報が有るので、本来、そっちで終了インプレする必要があるかな
 おっぱいパンツ肌色アニメの代名詞になりそうだが、一応TVアニメ4期+OAD等多数の作品なので、人気は有ると思うんだが
 取り敢えず、ハーレム計画はどうでも良いが、ヤミの収拾だけはどうなったか知りたい

・ミリオンドール
 駄作その3
 再三書いているが、アイドルの盛り上げ方を『自分流』で押すヲタ同士の同属嫌悪の話かと思えば、『ロコドルがメジャーデビューする際のハードルの高さ』の話にシフトして、結局収拾が付いてないとか
 5分アニメは良作が多いが、5分を無駄に使った駄作の代名詞として良いと思う

・実は私は
 原作は結構先に進んでるみたいだが、取り敢えずコレはコレでケリが付いてる感じで良いんぢゃない?
 一応、主人公のモテ期到来、と云う事で、3人に想われる感じだから、一気に誰か(まぁヒロインは決定してる訳だが)とカップルにならないドタバタエンドでも問題はないと思う

・のんのんびより りぴーと
 第1期の間を抜いた感じで同じ1年を作った…と云うのは新しいかな
 蛍が小鞠に懐く直接原因となったエピソードとか、第1期で少々不自然に感じた所も補完されてて、2作で一作品と見て良いかも知れない
 続きは流石に進級させないと不味いと思うが、学年が進むと唯一の男子生徒(千夏・小鞠の兄)が卒業しちゃうしな…喋らない癖に時たま異常な存在感が有るキャラだしwww

・それが声優!
 原作が同人誌で、アニメ化に際して小学館から3巻分だけ発行されたが、その分も含めてアニメで追い越してる(原作では苺が怪我して、コンサート直前でプロデューサにソレを打ち明ける所まで)訳で…
 同人作品がアニメ化…と云うなら、ひぐらしとか月姫とか先駆者は結構有った訳だが、畑さんとしてはある意味冒険作だったんだと思う
 アニメの出来としてはそれなりに良かったし、各回ゲストとしての大御所又は現在主役級の声優を出してきたのは評価する

・オーバーロード
 良作…私的には今期1押し
 結局、書籍版はペーパーバッグでサイズが大きく、買ってないのだが、WEB版(話が書籍版とは違う…アニメは書籍版を原作としている)は全部読んでるのだが、コレも結構面白い
 最初のインプレでSAO・ログホラとの差別化について書いたが、やはり異世界に行ったのが(現状の認識では)1人だけ、他に居ても敵対する可能性を考えて…と、云った辺りが充分差別化されてると思う
 結局、この世界の原住民はどう転んでもゲームからの転生者には勝てる要素が無い訳だし

・モンスター娘のいる日
 今期のおっぱいパンツ肌色アニメその2
 人外だから恥ずかしくないもん…と云う事なのか、コレでもかと肌色を強調してたとしか思えない
 話は一応有ったが、一昔前のラノベ…と云うか、主人公に女難を与える為だけの御都合展開とか、チト古い(まだ『1周回って逆に新しい』まで古くない)のがナンだかなぁ

・おくさまが生徒会長!
 駄作?その1
 以前も書いたが、民放での放送時には性的シーンカットして情報コーナーとか何の為の放送なんだか
 ソコまで放送したいなら性的シーンを無くせば良いし、性的シーンを作りたければOVAでやれ、と
 話も結局中途半端に終らせて、本当、何がやりたかったのか…

・空戦魔導士候補生の教官
 駄作…とまでは云えないけど、良作とは云えないかな
 最初のインプレでも書いたが、出撃拒否=裏切り者と云う図式がナンか第二次大戦中の日本における反戦思想=非国民と云う図式の継承に見えて個人的には大きなマイナス要因になった
 序でに云えば、ユーリが『けいおん!』の梓に被り捲ってるのがプラス要因なのかマイナス要因なのかwww
(黒髪・ツインテ・ツンデレとか、何処まで似せる積りだ、と)

・俺物語!!
 良作、最初のインプレで○物語と云うタイトルが西尾維新を思い出すと書いたが、一目見れば間違いなく違うので、半年前の私の意見却下www
 で、まぁ単純な『一途なラブストーリー+少々コメディ』のラブコメな訳だが、此処まで来ると1周回って新しい位潔いかと
 アニメで此処まで作ると、実写は外れ臭プンプンして来そうな気がする

・ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 駄作その4
 コレも再三になるが、話に救いが無い
 既に悲劇の後に続くゲームがあり、所謂ゲーム世界のプレストーリーをアニメにした、と云う形らしいが
 確かにナニか他のメディアに有る作品のプレストーリーをアニメ化すると云う試みは初めてではないが、ソレが『過去の悲劇』と云う時点で陰鬱な話でしかないことは明白で、何でコンな事したかな、と
 Fate/ZEROも…まぁゲーム以前の戦争を物語化した作品ではあるが、コレにはシッカリ見せるべき内容が有った
 悪いが、この作品には『ゲームの始まる前、すっげぇ悲劇が赤竜の所為で有ったんだ』で済む程度の話しか見えない

・がっこうぐらし!
 駄作?その2
 うん、何の解決もしてないよね?
 初期症状を治癒する薬ってのは見付かった、騒動の原因もバイオハザードチックにどっかの研究所の暴走って事でケリが付いた
 ケド、この騒動の被害範囲が何処まで行ってるとか、人類生存の確率とか、その辺完全にうっちゃってる時点で、スクール・オブ・ザ・デッドと対して変わらない(スクデッドの方が、打倒の方法やら、生き残った人間コミュニティの話とか、まだマシ)
 キャラが可愛く描けてれば話しはどうでも…って人には良いかも知れんが、話を見たい私には良作とはとても云えない
 まぁ積極的に駄作とは云えないかも知れんので駄作?扱い

・乱歩奇譚 Game of Laplace
 駄作その5
 江戸川乱歩が草葉の陰で泣いている…ってか、まぁ乱歩作品で真っ当な映像化された作品を(私個人は)知らんから、既に涙も枯れ果てたかも知れんが
 まぁ再三云ってるが、登場人物が精神破綻の社会不適合者『しか』居ない(唯一の例外が、中年刑事だけ)と云う、精神異常者が作中に良く出る乱歩らしいと云えばそうかも知れんが、ソコで括るのは流石に乱歩が不憫

・だんちがい
 基本、兄弟姉妹しか出てこなかった印象が強い
 まぁ短時間アニメだし登場人物を絞るのは必要なんだろうな…
 ちと、軽くインモラル(近親間でのドキドキ…的な?)匂いは有ったが、全体的に軽いのでまぁ良いだろう
 日常系なので、第2期とか作ろうと思えば作れるんだけど、余り可能性は無さそう

・青春×機関銃
 駄作その6
 以前書いた通り、主人公に全く共感出来なかった故、BGV以下にしか感じない
 結局、性別に関しては最後まで明かさずに終ってるし、何が正義で何が格好良いのかサッパリ判らん、以上

・城下町のダンデライオン
 取り敢えず、花澤さんって基本的に何かに対して恥ずかしがってる役って多いよね、合ってるから良いけどwww
 まぁ例に違わず今作もソンな感じで…展開が速くて1クールで1年分、しっかり投票結果=次期王様まで決定したので、2期とか無いと思うが、ソレナリに良作だったと思う

・ミス・モノクローム -The Animation- 2
 コメント無用、堀江由衣押しってだけのアニメで第2期とか…何がしたいのかが明確過ぎて、そのピンポイントから外れた人には完全に対象外になるアニメ
 それで間髪入れずに3期が有るとか、ナニやってんのかなぁwww

・わかば*ガール
 良作だったな
 ほのぼの女子高生日常系ってか、若葉ちゃんの設定がチト(一寸ドコロでなく)異常な気もするが、ソレでもある意味共感は出来る
 原作が残ってれば、2期とか続きも有って良いかも知れない

・GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
 これは2期製作決定済…ってか、逆に2期が無いとあの引きは無いだろうwww
 wikiで見たが、コレもWEB小説→商業ベース小説→アニメ化となった作品らしいな…で、WEB版では若干話が変わってるとか
(アニメは商業小説を原作にしており、WEB版では王女様が完全脇役・敵役らしい)
 まぁ兎に角、話は面白かったので、2期といわず原作が完結してるらしいし、シッカリ作ってくれると有り難い

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei Herz!
 まぁ…纏まったかな?
 8枚目がギルなのは…まぁFateのお約束と云う事で、その辺はキャラ設定を一部使った2/3オリジナルの作品でも使うんだなぁ…と
 原作は第1部(全2巻)しか読んでなくて、第2部は全5巻(現在、第3部が連載中だっけ?)なので、2期分使って第2部終了…と云う事だと思うんだが
 第3部も製作決定してるんだっけ? まぁ有れば見る

・Classroom☆Crisis
 駄作?その3
 何と云うか…詰め込み過ぎ
 社長一家のお家騒動なのか、社長と共に起業して没落した家の復讐劇なのか、最近新開発が出来てない開発部の社内地位再確認なのか、1クールで全部やるから、焦点が何処にも定まらずに終った
 かんざきひろの絵は基本、幼いので社会人ばかりの作品に向かない…と云うのも有り、余り積極的に見る気になれなかったのもある

・食戟のソーマ
 良作だった…惜しむらくは、多分原作に追い付いて仕舞ったので、2期以降は有ってもかなり先になる気がすると云う事
 最初は『ソンなにメシ食う度に欲情してたら身が持たねぇよ』と思ったが、毎回こうだと慣れるなwww
 話としても秋の選抜で予選が終っただけだし、出来るだけ早く続きは見たいと思う

・戦姫絶唱シンフォギアGX
 もはや惰性以外なんでもない…まぁ最近はそうとばかり云えないが、シリーズは続く度にテンションが落ちると云うジンクスが有るが、今回はバッチリそうだったと云える
 次回作、作る気有るかどうか知らんが有っても見るか本当に判らないな

・電波教師
 週刊サンデー連載作品で、原作も読んでるが、この作品は…まぁ内容もソレナリに面白いが、売り方が旨い
 まだソコまでメジャーでなかった頃、ミケのカタログに単行本未収録の話(コミケが舞台の話で、当時の最新巻はソコまで掲載されてなかった…後日、発売された単行本には載った)を丸々1話掲載許可する等してヲタの目を呼び、内容も基本的に主人公が『行き着いたヲタ』なので、共感を呼んだ訳で…かく云う私もその経緯で読み始めた一人だ
 アニメとしては、妹役が新人以下のアイドルを起用した所為で非常に浮いてたが、それ以外はまぁまともだったかな
 やっぱ、専門訓練されて無い人間は芸能人でも声優をすべきでは無いと思う…絶対に声が『浮く』のだ
 まぁ昔放映した『主役級が皆AKB48からで、脇が実力お墨付きの声優陣』と云う『主役級だけ声が浮く』とか云う笑い話にもならない作品もあったが、黒歴史だよな、アレ

・下ネタという概念が存在しない退屈な世界
 まぁ話は面白かったかな?
 扱うのがシモネタの癖に局部処理的な『何処からとも無く現れる湯気』とか『光源不明の光線』とかは少なかったし
 まぁラノベ原作の作品で世界観がどうこう云うのはある意味マナー違反かも知れんが、この世界の日本は『人類絶滅を目指してるんだよね?』でF.A.な突込みが有る訳で…
 アニメとしては、やはり声優の話になるが速水奨さんの凄い良い声で『エロは変態を作らない、変態の妄想を掻き立てるだけだ』とか、身も蓋も無いナレーションとかが凄く印象に残る…なんかソレだけで良作と云って仕舞いそうな自分が怖いwww
 此処は一応自制して良作のラベルは貼らない様にしておくwww

・デュラララ!!×2 転
 2クール終らせて暫く間を空けたら1クールづつで3作やって完結予定…と云う変則の3期目
 原作は終了してるらしいので、シッカリ終らせるんだと思うけど、取り敢えず話が流石に大きくなって来たかな
 そもそも、池袋限定のカラーギャングと云う本来、超ローカルな話なんだが、本職(893)とか外国の殺し屋とか、池袋ってそんなに怖い場所ではないと思うんだがwww
 まぁ私もイベントの時位しか行かないし、ソコまで裏道を歩いたりはしないケドな

・Charlotte
 う~ん、駄作?その4に数えるかどうか少々考える
 何時も通りの自己完結型御涙頂戴系と云う意味では『あ、そう』で済む程度なんだが…天使ちゃん抜きでもAngelBeetsには及ばなかったな

・WORKING!!!
 少々久しぶりになるかな? の第三期だったが、まぁ良いんぢゃないかと
 話が進まない感じがした第2期に比べ、小鳥遊の伊波に対する感情とか、山田の家族問題とか、結構色々伏線が回収出来てたし
 ただ、この終わり方だと、小鳥遊-伊波ラインについて小鳥遊母の介入で一騒動起きる展開ですので、出来るだけ早く続きが見たい
 まさかコレで終わらないよな?

・ガッチャマン クラウズ インサイト
 駄作その7
 以前も書いたが、考えの無い莫迦が政治に介入して結果、碌でもない事になる展開はリアルで散々見てる、故にアニメで見直す必要など一切無い
 そう云う意味では見ていて不快であった、以上
 最後にもう一言、これ以上ガッチャマンを汚すな

・六花の勇者
 賛否両論有るかも知れない…私としては悪くなかった感じがしたが
 ファンタジーではあるが、裏切り者は誰だ、的な犯人探しミステリに近い風味で、謎の解き明かし方も典型的なwhodunitで取り敢えずオカシな所は無い
 最後に更に7人目(8人目?)が居る展開で終ったって事は第2期を予定しているのか?
 原作通りなのだとしても、今回単発でアニメ化してる(次期を考えてない)のであれば、蛇足でしかなく、無い方が良かったのだが
 次期は…タイミングによる
 1期空けて…とか、その程度なら見るかも知れないが、半年・1年と空けて第2期を放映されても第1期を忘れてると思うので、見ない公算も出てくる

 以上かな
 次回更新は、今回が休日が入ったが、ナンとか更新出来た訳だが、次週に新作アニメのインプレが間に合うか…まだ1作文も書いてないしwww
 間に合わなかったら、ナニか適当に探して、と云う事で
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« HDD復旧業者レポ(壊滅編) | トップページ | 15年10月開始アニメ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

今季はあまり見てなくてピンチですが、
前季の振り返りとして。

私はわかばガールを買い始めてます。
特に推しキャラとかはいません。、全体的に好みです。(2巻しか出ないのて買うのが楽なのもありますが)
最近は力を入れずに見るアニメが好みの傾向です。
キャラにそれぞれ特徴があり、女子高生らしい?のも良いのかな。

Charlotte
それなりに綺麗にまとめたとは思いますが、
モヤモヤ感は残ります。
後半主要キャラが一気に入れかわり
キャラの使い捨て感がありました。
7話?で主人公が立ち直る辺りまでは結構良かったと思うのですけどね。。。
タイムリープものの難しさもあると思いますが
友利が主人公を好きになる理由も弱いかなと思います。個人的にはもう少しキャラを掘り下げて欲しかったです。尺的に難しいと思いますが。。。

がっこうくらし
これも一応まとまった感じではあると思いますが
ハッピーエンドではないですね。原作終わってないのもありますが、この作品は終わりが難しそう。。。
ゆきが学校(めぐねぇ)から卒業して、次の一歩を踏み出すと考えれば、一段落はしたかなと思います。

ダンデライオン
王様まで決まって綺麗にまとめました。良作かと思います。スタッフは優秀だと思います。
基本的に嫌なキャラがいない理想的な世界ですね。
わかばと同じでストレスなく見られました。
アニメとしてはもう少しキャラを絞っても良かったのかなと思いますが、原作ありますからね。

投稿: まー | 2015年10月14日 (水) 22時00分

Shot>まー さん
 コメント感謝します

 私も此処数回の記事の通り、期の土壇場でドタバタして身を入れて見れなかった…ってか、今期も今の所落ち着いて見れてる作品が少ないのがナンですが…

 わかばガールは良かったですね
 本当に最近は一部を除いて短時間アニメの活躍が目覚しいです
 まぁ時間制約が強い分、エピソードやキャラのシェイプアップが綺麗で、基本的に嫌味な展開・キャラが出て来ないのが良いのかも知れません

 Charlotteは…まぁやはり非常に御都合的な展開に走った感が有り、コレで泣けるのか? と、本気で思いましたが
 確かに前半と後半でキャラの入れ代わりが著しく、しかもタイムトラベル系の矛盾は一切無視してるSF検証が何も無い作品…と云う意味では駄作?ではなく駄作で良いかも知れないです
 友利は途中から本当に脇になりましたし、心理描写が非常に少ない分、ナニ考えてんだか…から、何で此処で恋愛感情? と云う感想は当然だと思います

 がっこうぐらし…確かにエピソードとしては…と云う意味ではね
 ただ、本文の通り本当に『何の解決もしてない』訳で…最終回の逆転の一手になった『下校放送』は本来、学校内でのみ有効な一手で、街中のゾンビ達が家に帰る理由にはなってないし、被害範囲から他に生存している人間が何処に有るか等の情報も全く無い
 単に『学校で生活出来る状況に先が見えたから脱出しました』ってだけで、何処まで行けば良いのか、何すれば良いのかが全くノープランです…未完作品のアニメ化による弊害ですね

 ダンデライオンは本当に綺麗に纏まったかと…1話でほぼ1月、1クールで1年を描いた感じ…と云う事で兄弟数も多かった所為もあって、余り個人が深く描けなかったのが難点と云えば難点な訳ですが
(例えば、修と佐藤についても恋人らしいエピソードはどう考えても足りなくて、ナンかマネージャー業務のイメージが強かったしwww)
 ソレを踏まえても良作であったと思います
 しかし、茜ちゃんは家族その他に愛され捲ってるよね…更に下の妹とか居て、末っ子属性でもないんだけどね…

投稿: 毘沙門天松茸 | 2015年10月15日 (木) 13時02分

どもです。少々遅くなってすみません。

モンスター娘のいる日常
この手のあまりモノを考えずに見ていられるアニメも必要な気がするんで、私は割りと楽しめました。ついでに原作マンガもレンタルで読んでみましたが、まあ結構原作に忠実でしたね。まあしかしこういう寸止めエロギャグってまだまだ需要あるから作られるんだろうなあ。

GATE
これも面白かったです。
軍事力差がありすぎなので、ミリタリーモノと言うより政治劇として見るものなんでしょうね。とはいえ原作者が入隊経験者だったそうでその辺のリアル感も見事でした。
こちらもついでに原作にも手を出してみようとしたところ、これが長い!正伝と続編の外伝あわせてハードカバーで9冊。文庫版だと書く上下巻に分かれてるので18冊。ラノベだしと甘く見て何冊か中古本で買ってみましたが、思ったより中身が濃くてなかなか進みません。
ちなみにアニメは原作2巻の頭までなので少なくとも4クール無いと正伝すら終わらないなあこりゃ。

Charlotte
残念超能力者コメディーの前半と急転直下シリアスすぎる後半がぜんぜん違うアニメなんでないかこりゃ?と途中でびっくりしました。一応最後まで見ちゃいましたが、主人公が主人公らしいのは終盤だけだしヒロインかわいげないし、タイトルの意味が本筋とあんまり関係ないとか、どうもいろいろ消化不良気味。

六花の勇者
今期の録画しただけ。もともと剣と魔法ってあまり得意な分野でないので、どうしようかなあ。

松茸氏が前にもおっしゃってましたが今期はいい作品があまりなかったみたいで、私も今回どーしても毎週見たくなるようなアニメが少なかったようで少々寂しかったですね。
あと再放送のガルパンも時々見てましたがやはり面白かったです。しかし映画化か…こんな特殊すぎるお話をさらに引っ張ってうまくいくのか少々不安です。
再放送と言うと今ダンまちも見てますが思ったより面白いですねこれ。毎週楽しみにしています。

でわでわ。

投稿: あひる | 2015年10月17日 (土) 19時16分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します
 コメントは戴けるだけで有り難いので、お気の向いた時間・お時間の有る時にでも入れて戴ければソレだけで感謝です

 モン娘…まぁ確かに何も考えずに見れる、と云えばそうなんですが、肌色(一部色が違うけど…スライムとか)の描写が前面に出てる気がして…最近は『ソレが無いと視聴率を稼げない』ってか、更に云えば『ソレが無いとメディア販売数が伸びない』と云う事情が見え隠れしてて…
 昔はTVスポンサーが離れるとかの事情で前者が問題でしたが、最近は自社提供で後者を問題にする傾向が強いですよね
 だから、肌色描写にマスキングして、メディアでマスク開放…と云う『売り方』が一般的になって…何の為にアニメ作ってるんだか
 まぁ私は原作未読ですから、貴方の言葉を信じるとして、原作からそう云う作品なんですね

 GATE…実景が読み始めた様で、私も聞きました
 ハードカバーorペーパーバッグ的な大判作品で、文庫化に当たって1冊を上下巻に分けたとか
 で、アニメでは元の1冊(文庫2冊分)をアニメ化してて、多少端折ってはいても、なり忠実に再現してるとか
 まぁ…政治劇と云えばそうですよね、政治の舞台になるのは近代兵器の火力を背景にしているとは云え、話が政治中心になると自衛隊の出番は終了する訳で…
 取り敢えず、次期製作は決定している様ですので、原作2冊目まではアニメ化されるでしょう
 期待作の一つではあります

 Charlotteは…まぁ脚本家がアレですし、真っ当な話になると思ってませんでしたからねぇwww
 この作品、一体ナニが云いたかったのかがサッパリ判らないのは私も同意で、何処見れば良いのかねぇ…

 六花の勇者は、剣と魔法では有るんですが、余りソコは重要ではなく、どちらかと云えば、『裏切り者の7人目を探せ』的なwhodunitの推理小説として考えた方が話の中心に近いかも知れないです
 まぁ剣も魔法も出て来るんですがwww
 まぁ無理に見る必要があるThe名作では無いですが、気が向いたら…程度の『駄作では無い』作品ではありました

 今期は良い作品が無かった…訳ではなく、駄作が多かったんです
 私的にはGATEもオーバーロードも良い作品だったと思いますし、アルスラーン(剣は有りますが魔法は無いです)や赤髪の白雪姫(こちらも魔法は無いかな)等、お勧めの作品が…みんな中世系だわwww
 食戟のソーマも悪くないんだけど、ナンと云うか試食したキャラが皆欲情に近い反応するのが…見る人を選ぶかなwww
 まぁそんな感じで、10月期はどうなることやら
 ガルパンはメディアのコメンタリが良いです^^
 ダブルコメンタリで声優Ver.は…まぁ適当に女の子がキャイキャイするだけなんですが、スタッフコメンタリがマニアック過ぎて笑えます
 軍事評論家とか、アニメのコメンタリで入る面子ぢゃ無いよねwww
 ダン待ちは…ヒロインをどちらにするか決めかねてる感じがチト消化不良かな…全体的に作品としては面白いんですけどね

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2015年10月19日 (月) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/62466839

この記事へのトラックバック一覧です: 15年09月終了アニメ:

« HDD復旧業者レポ(壊滅編) | トップページ | 15年10月開始アニメ »