« 大失態&大問題(柿本光太郎氏主演映画関係) | トップページ | HDD復旧業者レポ(迷走編) »

2015年9月15日 (火)

HDD復旧業者レポ(発注編)

 と、云う訳で週末に、故障したHDDの復旧作業をプロに願い出たので、その辺のレポートを纏めたい
 と、云っても現時点では依頼しただけで、どの程度復旧されるか、ソモソモ復旧されるのか等、大部分が不明なので、事細かに書く積りだが内容的には然して大した事が無いかも知れない
 後でも触れるが、来週は連休+通院で休暇とか結構な休みになり、ブログ更新は1週飛ばすので、復旧結果は早くとも再来週の更新になる

 さて、土曜の時点でだが…故障から1週間、故障確認時に再認識可否確認の為、数回、リムーバブルユニットからの抜き差しを伴う再起動を行っただけで、これ以上は状況を悪化させるだけと判断、PCからは抜いた状態で保管しておいた

 HDDを再度確認すると、メーカーは前回記事にも書いたと思うがシーゲート、型番はST3000DM001の様だが、データとしては11年11月発売のユニットである
 確か、3TBで\10Kを切ったと大騒ぎしたモデルで、HDDの大容量価格破壊の一因となったユニットだったと記憶している
 私が購入したのが12年1月2日…ミケ後の新年会で秋葉原を仲間内と歩いた際に購入した物だ
 PC本体はドスパラの会員サイトを確認すると購入日が11年10月…と云う事は、PC買って2ヶ月で追加したが、3年と8ヶ月強で故障したことになる…ちなみに、PC購入時にシステム用として内蔵(リムーバブルでは無く)して使用しているウエスタンデジタルのHDD(2TB)は故障も無く現役で稼働中である
 で、このシーゲートのHDD、NETで型番と併せて検索すると…酷いモンである
 RAID用に数本買って3年以内の故障率が30%以上とか、平気でその辺の情報がワンサと出て来る
 典型的な『安かろう悪かろう』のモノの様だ…RAIDを組んでいて、1台損傷しても直ぐに建て直しが効くヘビーユーザなら兎も角、1台のHDDでデータ蓄積を頑張る私の様な廉価版ライトユーザは絶対使っちゃいけないタイプの代物だ
 もぉ二度とシーゲートのHDDは買わねぇwww

 さて、で、HDDの修復業者の話に戻るが、先週のブログ記事を作成した時点では、『HDD故障・修理』程度の検索で直ぐ出てきた業者を記載したのだが、それ以降HDD復旧業者の比較サイトなど数箇所を追加で探した結果、その幾つかの比較サイトで比較的上位にランキングされていた業者が有った
(ってか、取り敢えず先週の記事に記載した業者は、比較サイトでは検討もされて無いぞ…大丈夫か、国内No.1www)
 で、見付けたのがデータOKと云う業者で、土日受付可能、即日受付可能、秋葉原に拠点があり、費用の上限額が設定されている事もWEBで確認した
 まぁこの業者をTOPランキングとした比較サイトは実は無かったのだが、本命・対抗・連下で云うなら対抗か連下にはなってる感じの業者の様である

 依頼する事に決めた決定的な点は、上記にも有るが『費用上限が明記されていた』事である
 調べると判るのだが、初期診断時に復旧見積もりを提示し、それ以上は戴きません・成功報酬制なので、顧客が気に入らない復旧状況(99%の復旧がされていても、顧客が求めるデータが復旧出来なかった1%だった等の)場合はキャンセル可能・支払い無し(ただし、99%の部分も返却せず消去(元のユニットは返却するが、一度メーカ対象外の修理をしているので、公式修理には出せません))と云う業者は沢山…と云うか、今はそう云う業者ばかりである
 で、費用についても最低価格については表示している業者が殆ど…ってか、見る限り最低価格を表示していない業者は無い
 しかし、この業者は、完全に固定費用でやっているので、難易度(論理障害・物理障害その軽度・重度)による料金区別はしているが、HDD容量や修理内容によって、WEBで明記されている値段以上を取る事が無い旨明記されている
 例えば、重度の物理障害の修理費用に\108K~をWEBで記載している業者でも、見積もりを取った場合、更にアノ費用コノ費用…と、上乗せされる可能性が有る訳だ
 当然、一旦見積もりが出ればソレ以上取ることは無いのだと思うし、結局、ドレだけ費用を取られるかより、データがドレだけ帰ってくるかの方が重要ではあるのだが、出費額が事前に判ってると云う意味では安心である

 まぁ時間さえ有れば複数の業者で初期診断のみやって貰い(大抵の業者は初期診断料は無料)、一番安い見積もりだった業者に持ち込めば良いんだが、初期診断に1時間程度(一応、最短30分とか明言してる業者も有ったが、飽くまで『最短』であり、実際は1時間程度を見た方が良いらしい)掛かるので、土曜日1日(日曜は親父の法事なので、秋葉原に出てられないのだ)で即決する必要が有り、事前に決め打ちした業者に持ち込む必要が有ったのだ まぁそう云う意味の妥協点として、評判がそこそこ良くて定額制…と云う所で決めた訳だ

 実際、有識者である友人からの助言では、最近のその手の業者は何処も突出して良い技術…とか、箸にも棒にも掛からん駄目業者…と云うのは少なくなってるそうである
 比較サイトでも、秋葉原に拠点のある業者は、やはり客の目が肥えるので、技術的に酷いとか無茶苦茶高額設定の業者等は存続出来ないと記されている
 と、云う事はソレ以外の部分で業者選定するしか無いので、まぁこう云う選び方も良いのだろう

 で、取り敢えず事前に業者に連絡してみる…秋葉原の業者でも、持ち込み前には事前連絡を欲しがる事が結構有るらしいのでの事である
 すると、取り敢えず持ってきて大丈夫…との返答が有る
 此処は事前連絡無しの飛び込み依頼が可能らしい

 土曜日になって、昼食後に自転車で秋葉原に向かう際、業者の入っているビルに向かう
 取り敢えず初期診断に時間が有るなら、その時間中に他の漫画なり何なりの買い物が出来るかと思ったので、イの一番に業者である
 ビルの3階に入ると、iPhone修理依頼の人と、HDDデータ復旧依頼の人とで呼び鈴が違う…コレは、担当者が中で変わる所為なのだろう
 HDDの呼び鈴を押すと、オートロックが外れて中に入れる様になる
 担当者らしき受付の人に用件を伝えると、席に案内され、修理依頼書を書かされる
(取り敢えず、初期診断のみの依頼になるが、用紙のみは書かされ、キャンセルの場合は用紙がその場で破棄される)
 記載事項は私の個人情報から、修理依頼のユニット情報になるが、メーカ・型番・容量・パーテーション数から、何時どんな故障になったか、データは主に何か、拡張子は…等を記入して、ユニットを渡す
 併せて故障時の使用状況(数日稼動し続けて、外出から帰宅時には認識されていなかった、数回の再接続確認の後にユニットを取り外し、依頼稼動させていない)等、依頼書に欄が無い詳細を伝えて置くのは、どの情報がデータ復旧に必要な情報なのかが判らないからであるが、まぁ云える範囲で伝えるのは悪い事ではあるまい
 初期診断に1時間と云われたが、まぁ仕方ないので一時外に出てメイトやあなで漫画やBD(仮面ライダー4号のBDって…売れてるの? メイト・マップ・ヨドで全滅だったぜ? 水曜発売で…結局、メイトで取り寄せとなった)を物色して、携帯を見ると留守録が

 初期診断完了の報告である…折り返し連絡すると、磁気ヘッド損傷・交換対応となるので、重度物理障害と判断され、修理代は\144.8K(税込み)となるとの事、併せてデータのバックアップメディアとして同容量のHDDを1台…との事である
 まぁ…ある程度予測していたとは云え、基盤損傷等の物理障害軽度を期待していたのだが…駄目だったかorz
 その足でドスパラに向かい、ウエスタンデジタルの3TBを購入、業者に向かう

 支払いは成功報酬で、修復完了時にデータ確認をして良ければバックアップ用HDDにデータを差換え(私が了解するまでバックアップ用HDDには手を付けないそうだ)して支払い…と云うことになるらしい
 支払いは現金か振込みとの事で、カード決済も可能だが、手数料の3%は依頼主支払いとなる…と云う事でカード支払い希望の私は¥149,144-…約\150Kとなるが、仕方ないだろう
 併せて、ヘッド交換の為、データ復旧状況が気に入らない等でキャンセルした場合もヘッド部品交換手数料で\10K強の料金は発生する(成功報酬に含まれているので、依頼主が了解してデータ復旧した場合は徴収しない)との事である
 ともあれ、依頼しないと話にならない…その条件で依頼した
 修理期間は10日前後…との事だが、依頼したのが12日の土曜日、10日後は22日、バッチリ連休中である
 その辺を確認したところ、受付窓口は年中無休で休日も空いているが、復旧するエンジニアは連休は休むのだそうでwww
 つまり、土曜である19日までに復旧が出来てなければ完了が連休後になる…と云う事である
 19日までに復旧出来てれば、連休中にデータ確認、バックアップ作業等は窓口で出来る様なので、修理完了の連絡が19日に来るかどうかの勝負である

 で、復旧割合については…初期診断では故障箇所(今回はHDDの認識障害)が磁気ヘッドである…と云うことまでをツールで確認しただけ、と云う事でディスク盤面に損傷が有ったか等は分解して見ないと不明で、ソコで復旧出来るデータの範囲が判る…との事である、まぁ道理だが
 ちなみに、ヘッド交換が必要と云う事で、その旨作業すると云う事は、修理後にヘッドが可動部品になってる訳で…コレでバックアップ用ディスクが要るのか確認した所、データを一時的に吸い出す為の処理としてヘッドの交換をするが、ソレがこれからずっと使えるか、と云うとその保障は出来ないので、リカバリしたデータの引渡しはやはりバックアップ用メディアに行いたいとの事である
 その後、色々調べて見たが、ヘッドが破損している事で、ディスクにも傷を付けていた場合、結局普通の読み込みが出来ないので、バックアップ用メディアは必要なのだろう、と結論付けた
 まぁディスクに傷が無く、完全に復旧…と云うのが理想であはあるのだが…

 兎に角、この結果は多分、次の更新(冒頭に有る通り、再来週)で記載できると思いたい
 少々時間が空くが、忘備録的な意味も含めて、出来るだけ報告はしておきたいので、お待ち戴ければ幸いである
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 大失態&大問題(柿本光太郎氏主演映画関係) | トップページ | HDD復旧業者レポ(迷走編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

わしが出入りしてる会社のHDDが飛んだ時に復旧業者に依頼した時も15万くらいになったっけ。もっともそっちはRAID組んでるドライブだったから500GB程度でもその位になるもんだ、つー事は容量大きければもっと行くのかも、って危惧してたけど、そう考えると存外安くすんでるのかな、って気もする。

ただ、こっちの場合は容量の問題もあってか、500GBのUSB外付けHDD込みの料金だったっけ。
もしくは法人で申し込んだから、って事かもね。

投稿: たいちょ@ちば | 2015年9月16日 (水) 06時50分

Shot>隊長
 此方ではお久しぶりです
 先日は突然お電話申し訳ありませんでした

 あの後、ブログ記事(先週の)を読んだ別の有識者知人からも心配メールを戴いたのですが、取り敢えずプロに任せることにしました

 そのメールやその後本文にも有る様にHDD復旧業者の比較サイトを複数(特定業者のサイトだと、提灯記事が非常に多くなる事、或いは想定以上に破損が酷くて復旧状況が芳しくなかったユーザのネガキャンに引っかかる事がある旨忠告されまして…技術的には最近は何処も高レベルで安定してる旨のお話もソコで戴きました)巡回して今回の業者に決めました

 その際、業者プロパーのサイトも幾つか巡回しましたが、やはり復旧対象の容量で値段が上下する業者は結構有りますね
 と、云うか完全固定料金なのは今回私が選んだ業者しか見付かりませんでした
 他は最低賃金表はあっても、どの場合に料金加算対象になるかが明瞭ではない…つまり、容量が大きくなれば加算されるのか、交換(故障)ヘッドの数が多ければ加算されるのか…見積もり時点でそれ以上の料金発生はしない旨謳ってるので、作業時間や『やって見た難易度』的な加算対象は無いんだと思いますが、TBクラスだと値段が跳ね上がる事は想像に難しくないと思います

 それと、やはり技術革新は日進月歩(一昔前の様にNETへの通信機器がPC主体ではなくなった所為か、秒進分歩…と云う勢いは無くなってますが)に進んでいて、十年前に\200K~とか平気で請求されていたこの料金も、同程度の技術力で\100K少々でやってくれる業者が増えたのだそうで…
 逆に、旧態依然の料金表を使っている業者は生き残れなくなっており、価格改定を余儀なくされているらしいです
(一部、そう云う業者が少ない地方では、未だに殿様商売気取ってる業者も有るそうですが、秋葉ではやっていけないんでしょう)

 隊長の話が何年前かによりますが、それより安く同程度のサービスが受けられる世の中にはなってる様ですね

 単発仕事しかない個人ユースとある程度頻繁に発注が来る可能性の有る法人ユースでは法人ユースの方に割引が入って当然だと思いますので、隊長の話の時代では多分、個人ユースで同じ様な依頼をした場合、\200K~\数百Kの請求がされていたかも知れません
 そう云う意味では、良い時代になったんだと思います

投稿: 毘沙門天松茸 | 2015年9月16日 (水) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/62285512

この記事へのトラックバック一覧です: HDD復旧業者レポ(発注編):

« 大失態&大問題(柿本光太郎氏主演映画関係) | トップページ | HDD復旧業者レポ(迷走編) »