« 速水亮氏'15年7月ライブ | トップページ | 15年07月開始アニメ »

2015年8月 4日 (火)

15年06月終了アニメと柿本光太郎氏

 と、云う訳で今期は7月突入後に終了したアニメも有るので、少々遅め…ってか8月突入したか? のインプレになるが、取り敢えず1クール終わった
 と、云う訳で今期終了したアニメの感想など少々纏めておきたい
 最後に、柿本光太郎氏の最新情報が公開可能になったので、その辺もひとつ

 先ずはアニメの方だが、4月開始時点での視聴予定アニメ一覧から、6月期の終了アニメのみピックする

■日曜日
 SHOW BY ROCK!!
 雨色ココア
 グリザイアの楽園
 山田くんと7人の魔女
 ハロー!!きんいろモザイク

■月曜日
 ミカグラ学園組曲

■火曜日
 響け!ユーフォニアム

■水曜日
 トリアージX
 放課後のプレアデス

■木曜日
 えとたま
 パンチライン
 旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目
 浦和の調ちゃん
 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 レーカン!
 アニメで分かる心療内科

■金曜日
 魔法少女リリカルなのはViVid
 ニセコイ:
 暗殺教室
 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
 長門有希ちゃんの消失
 VAMPIRE HOLMES
 シドニアの騎士 第九惑星戦役

■土曜日
 美少女戦士セーラームーンCrystal
 終わりのセラフ
 ハイスクールD×D BorN
 ガンスリンガー ストラトス
 Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
 プラスティック・メモリーズ
 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ
 血界戦線

 5+1+1+2+7+7+8=31本/週が終了予定である
 7月に突っ込んで終わるものも含めているが、視聴本数が39本なので、8本が次期に残る訳だ
 まぁプリキュアは4クール固定、コナンとFIRY TAILは何時まで続けるか判らん作品だし2クールとして続くのは5本?
 4月に新規で始まった作品が34本で今回終わるのが31本と云う事で、もぉ一頑張り欲しいなぁ…と、純粋に思う
 昔、ミケの三拡で故・米澤前代表が云っていたが『みんなもっと長く萌えようよ…』と云う気分である
 まぁFanの移り気が表立ってと云うより、業界・製作に体力が無いのが原因だとは思うのだが…
 では、個別感想

・SHOW BY ROCK!!
 サンリオキャラのアニメだしね、綺麗に纏まったと思う
 結局、シアンの帰還シーンは無かったが、無事帰れたみたいだな
 続編の作成も可能とは思うが、キャラの認知度を上げる効果は充分有ったと思うので、多分次期は無いと思われ

・雨色ココア
 最後までナンだか判らんかった5分アニメ
 コレ、ナンか意味有ったの?
 視聴価値無し、無駄に声優は良いの使ってたが、ある意味良い声優の無駄遣い
 13話ってか、最後に情報局って名付けた放送でデジタルコミック原作…って事が判ったが、だからと云って此処まで内容の無い話もなぁ

・グリザイアの楽園
 1クール(果実)+2時間もの(迷宮)の後に10話の1クールで完結
 原作ゲームはエロゲなので、多分、個別シナリヲにその手のシーンが入るのだろうが、無くても充分面白かった
 コレは元ゲームもやってみたいと思えた…今度、中古ゲーム屋にでも行ってみるかな…
 シリーズ最終作なので、多分次期は無い

・山田くんと7人の魔女
 原作継続中な訳だから、アニメオリジナル展開なんだろうな、完全に終わらせて仕舞ったので、次期は無いと思われ
 見てみれば結構面白かったのだが、7人いるウチの魔女数人は問題解決と最後に勢揃いさせる為に1~2回出てきただけ、とか少々駆け足が過ぎてる感が有った…そう云う意味では2クールとかでじっくりやっても良かった話だと思う
 今から原作読み始める余裕は無いが、そう云う余裕が有る人は読んで見るのも一興かも知れん

・ハロー!!きんいろモザイク
 日常ゆるふわ系なので、何時もで再開可能で何時でも終了可能
 中途半端な不思議設定は無いので、取り敢えず普通に面白く見れた
 まぁ人気が有ったのか、2期目の作品なので、原作に余裕が有れば次期も出来そうだが、使い果たしたかも知れず…
 原作を知らんから何処まで原作が残ってるか判らん…次期が有れば見る

・ミカグラ学園組曲
 取り敢えず勢いのみ
 主人公が莫迦の癖に物事の中心を正鵠に射ているので、物語は進むが冷静に見れば違和感がある
 ナンだろう…無理やり1クールで終わらせる為に枝葉を全部刈り取って、幹だけを見せられた気分
 佳作とは云えないな、次期も無いと思われ

・響け!ユーフォニアム
 2期でしっかりコンクールの結果とか、その後の取り組みとかやるモンだと思ってたが、まさかの1クール
 府大会から関西地区大会に出場を決定した所で終わりとは尻切れトンボも甚だしい
 駆け足の癖に結局実らないと云う、何処か褒める所が有るかソコを探さなきゃならん…と云った作品になった
 メディアも然して売れなかったみたいだし、次期は無いかな
 原作は小説としてシッカリしていただろうに残念な作品

・トリアージX
 スクデッドと同じだな…物語も中途半端で投げ出されたし、結局、巨乳の姉ちゃんが乳揺らしながらアクションするだけが見せたかったのかと
 まぁソレを求めてる層には需要が有るかも知れんが、私の好みではない

・放課後のプレアデス
 まぁ綺麗に纏めたかな
 途中から…ってか、敵対する魔法使いがみなとなのはキャストや顔形から判ってた事(変身したら正体は判らない魔法少女モノの鉄則とは云え、視聴者には隠そうとしてなかったろ?)で、そうなれば予測出来る展開に落ち着いた、と云える
 まぁ意外性が無い分安心して見れた、とも云えるが、ソレを長所と取るか短所と取るか…微妙な所

・えとたま
 取り敢えず、干支と云うと十干十二支を指す(ひのえうま、とか、きのえね、とか)ので、この場合十二支のみを対象とした話な訳だが
 実は猫が一番鼠を心配してた…と云うのも、着想としては前から有ったのだろうが、その辺を綺麗に纏めたのは良いかな
 続編は無いと思われるが、まぁ良かったんぢゃない?

・パンチライン
 幽体離脱・時間跳躍ナンかも含めてSF状況満載で、地球への惑星衝突回避と云う壮大な目標も掲げた作品なのに、ナンでコンなにチープなんだ?
 ソレ(チープ)を目指して作ったんならソレナリのスタッフなのかも知れないが、私の好みではないし、逆に目指した訳ぢゃ無いのにソコに辿り着いたのならスタッフが駄目だったんだろう
 続編は無いだろう

・旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目
 ヲタの旦那とノンケの奥さんの夫婦物語でショート(5分)
 前期もソレナリに面白かったが、今期ではこの夫婦に子供が生まれる(ってか身篭った)所で終わりだが、続くと『旦那が~』から『親父が~』にタイトルを変えんとイカンのか?www
 まぁ次期が有れば見たいけど

・浦和の調ちゃん
 取り敢えず…浦和ローカルだから、ナンでもアリかな
 浦和のローカルネタも結構多かったと思うし、それ以外は本当に起伏の少ない女子高生日常モノと云えるかな
 次期は作ろうと思えば作れるが、浦和でしか通じない話だからねぇ…www

・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 wikiで見る限り、原作部分は使い切ったのかな?
 ナンか此処から修羅場へGo! ってな感じにも見えるが、取り敢えず、原作が貯まるまでまた次期は作れないのでは…と、思う
 前期の感想でも云ったが、比企谷の考え方は私は結構共感出来るのだ…実際に行動する勇気が無いだけで
 だからこそ、思い付いて実行出来る比企谷には、ある意味憧れる

・レーカン!
 実際12話が本当の最終回だったかな…と、思う
 まぁ良い話だと思う…琴浦さんは霊感ではなく、ESP(テレパス)だが、普通と違った能力を持ち、有る意味ソレが通常の人間関係に支障をきたしていた女子高生が、理解有る友人と触れ合い、普通の日常を過ごせる様になる…って辺りが
 そう云う話は嫌いではない

・アニメで分かる心療内科
 まぁ云ってる事は間違いではないのだろう
 極端な描き方によってカナリ茶化されてはいるが、間違った事は云ってないと思う
 まぁ私も心療内科学について何を知ってるって訳ではないのだが、思い当たる節も無い訳ではなかったし
 ネタが有るなら続きも作って欲しいところ

・魔法少女リリカルなのはViVid
 魔法少女モノから格闘モノにシフトしたかと思ったら、大会途中で主役の試合の前に終わるとか、ナニ考えて作ってるか判らん作品
 なのは系列は基本見てない(元ゲーのとらハは全作プレイしたが、コレは設定の一部を使った完全別作品…スピンオフですら無いしな)ので、初めて見たなのはシリーズだが、コレは酷い
 世のアニヲタはコレ見て萌えてたの? Dog Day'sの方が万倍マシぢゃん…
 話中途半端だから次期が有れば見るけど、期待はしない

・ニセコイ:
 第1期が20話だっけ? 2クール未満で今期は1クール
 絵については、原作者の絵がそうなのか、ナンか不自然な違和感があるが、話は結構好きなんで見てるんだが、もう少々腰を落ち着けて作成して欲しい
 次期が有れば見たい

・暗殺教室
 前記から引き続きの2クール終了、次期も製作が決定している
 その決定に間違いはない位、良作
 ただ、原作を結構使い切った感が有るので、次期が何時かは知らんが、2期目が無駄に間延びしないか心配
 この作品については、多少のオリジナルエピソードは兎も角、オリジナル展開は無用、むしろ邪魔と思えるので、シッカリ作って欲しい

・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
 まぁラノベ原作の予定調和で1クール
 結局、ヘスティア様押しなのか、バレンシュタイン氏押しなのか良く判らん状態で終わったのも今一盛り上がらなかった要因かも
 ファンタジーとしての世界観も特殊(小説では珍しいレベル・属性値等の考え方)なので、本当にラノベ感満載だったのだが、ソレが旨い方向に行かなかった気もする

・長門有希ちゃんの消失
 全16話と云う事で、7月中旬まで放映されたので、このインプレも遅くなった…まぁソレだけが理由ではないがwww
 取り敢えず一旦終わらせるには良い感じの所で終わらせたかな?
 原作漫画5巻までをしっかりアニメ化して終了した…原作の5巻は6巻への引きが有るが、ソレをアニメ化してないから、次期は無いと思う
 スピンアウトと云うか、コレもある意味設定を使った別作品(開始アニメのインプレでも描いたが、本来『劇場版 ~消失』でキョンが元の世界に戻らない選択をした場合のアフターの筈だが)なので、受け入れられる層とそうで無い層に分かれたかも知れん
 私はこっちのどじっ娘有希も好きなので、両方O.K.だ

・VAMPIRE HOLMES
 雨色~もそうだったが、コレも本当、何がしたくて放映したのか不明
 雨色~と違ってキャストも貧相(主役は元ゲーの製作者)だし、ゲームの宣伝? にしても、コレ見てプレイしたくなるかと云えば、絶対にならん…
 次期は無いだろうし、見る積もりも無い

・シドニアの騎士 第九惑星戦役
 前期1クール、今期1クール…話は進んでるが、壮大な話っぽいのでまだ中途…ってか序盤感が抜けない
 原作が何処まで進んでるのか判らんが、アニメにはし辛いんぢゃないかなぁ…駆け足で劇場版作品とかにすれば、原作の情報量を削ぎ落として意味パープリンになるし、今回みたいに1クール毎のアニメとかにすれば丁寧には作れるけど、今回みたいに序盤感が抜けないと云うか…展開が遅く感じる部分もある
 多分、次期が有れば見る

・美少女戦士セーラームーンCrystal
 セラムンリメイク…NET配信のみ(現在はMX等で放映開始)で隔週更新(MX等では毎週放送…配信開始から半年後の放送開始だしな)と云う条件だったし、実際何時までやるのか判らなかったのだが、所謂Rの部分まで…と云う事で良いと思う
 まぁねぇ…当時の熱狂を知ってる世代から云えば、集英社が『辞めさせてくれなかった』んだろぉなぁ…原作漫画も最後の方の展開はグダグダで見てられなかったしなぁ…
 実際、昔のアニメも無印・R・S・SuperS…の途中までしか見て無かったかな
 そう云う意味では此処で終わらせるのが一番良いかも知れない
 原作に追い付いた所為か、エイル・アンの話を追加した旧作アニメと違い、完全に原作に沿って作ったから、無茶な話の破綻も無かったし
 作画は安定していたかな…旧作アニメは安藤と中村の所為で屑作画の回が非常に多かったし
 特に私はヴィーナスのFanだったから、変身バンクが安藤回だった時、絶望したしな
 まぁ原作に近い絵だったが、ソレはソレでも良いか、と

・終わりのセラフ
 コレは次期作成は決定済み
 まぁそぉだろうね…元々分割2クールの予定だったのかな?
 話が中途半端、優一郎とミカエラが、互いの生存・立ち位置を理解した所まで…と云えば、区切りは良いのか?
 次期は見る

・ハイスクールD×D BorN
 既に3期目だが、今回も文庫2冊分…って事で良いのかな?
 シッカリ作って続編も有ると云う事で、注目のシリーズなのだが、4期目5期目と続いてくれるか心配
 続けば間違いなく見るのだが
 ただ、表面上おっぱいパンツアニメなのは間違いなく、AT-Xは兎も角、MX版は乳首描写がタイトルロゴで隠されてる(不自然な影や光で無い分、明確に隠してるが、潔くは有る)ので、その辺りもシッカリ見たければAT-Xかメディアを買え、って事なんだろうな

・ガンスリンガー ストラトス
 まぁ格闘ゲー原作に有りがちな『すったもんだしたけど、結局は元の位置に戻りました』的な、話だけを見れば『ふ~ん、それで?』で終わるアニメ
 まぁ…ね、そう云うモノも有りなんだろうケド、私は余り好きなジャンルではなかったかな
 SF検証として、同時間軸の異世界同士の融合回避の為に互いに潰し合う…と云う話は少なく無い訳で、その手の作品って得てしてこう云う終わり方が多いんだが…

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
 凛編の後半、取り敢えず原作ゲーム通りに終わった…と、思ったら士郎まで英国に行ってるの?
 PC版しかプレイしてなかったが、私の記憶では凛だけ英国に行って、留学期間終了後に帰って来てENDだった様な気がするが…
 昔、同人で帰って来た凛がセイバーの胸倉掴んで『何で英国の料理ってあんなに不味いのよ!』と怒りをブチ撒ける話を見た気がするんだが…アーサー王に英国料理の不味さを怒ってもねぇ…アーサー王の料理番に文句云わないとwww

・プラスティック・メモリーズ
 どんな事情があろうと必ず別れが待っている時限付きの恋愛
 相手が耐久消費財とかまぁその辺は置いておいて、メインテーマは此処になると思う
 開始時のインプレで結構鬱な話になるかと書いたが、まぁ結局、運命は変えられなかった…と云う話であった
 最後にアエラの記憶継承が起きる『奇跡』か、やはりそんな事は無い『当たり前』か…見てる人の感想や展開予想も結構分かれた様だが(簡単に奇跡が起きるのは話が陳腐になる…と云う意見の方が強かった様だが…まぁKeyのゲームぢゃあるまいし…と云う見方も判る)
 まぁその辺を含めて良作だったと思う

・うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ
 逆ハーゲー原作の3期目、話はどんどん先に行くが、やってる事は作曲家の少女を巡ってイケメンアイドルがプラトニックに萌えてる…って事でF.A.
 まぁ流石に3期は惰性が強かったかな…もぉ無いか?
 話の展開的にはまだヤリそうな気もするんだよなぁ…腐女史の皆さんには逆ハーアニメってまだ需要が有るのかな?

・血界戦線
 長門有希ちゃん~は一応、最初から全16話と云う事で伸びるのが確定していたが、コイツは土壇場で最終回が出来上がらずに放送延期…(オフィシャルでは最終回が尺に収まらずに、後日拡大枠で…と云っているが、コレで伸ばした時間分、過去のフォルム使い回してたら申し開きも出来んのだがwww)
 原則、1話完結だが、キーキャラ関係で繋がってる感を出してる部分で、その繋がり関係の収集が付かなかった…って、どぉよwww
 wiki情報では、その辺りの部分はアニメオリジナルとの事…つまり、アニメオリジナル部分が完結出来なかったから、放映ソノモノに影響したって事だよね? 駄目ぢゃん

 と、云う所でやっとアップ出来た…
 上記の通り、7月半ばまで放映していた(ってか、未だ最終回が放映されないのを除いて)事も有るが、アップ出来る状況になった途端にブログネタ(こっちより新鮮で足が速い)が舞い込んでくるから…www
 近い内に7月開始アニメもインプレする予定(来週出来るかな?)である

 さて、話は一気に変わる
 私のブログの検索ワードランキング第1位を1年以上独占している柿本光太郎氏(倉田てつを氏御長男、光太郎氏も俳優をされている)の情報が此処半年少々? 手に入らなかったのだが、先日、やっと公開可能な情報を戴けた

 昨年のブログで少々載せたかも知れないが、映画出演の話である
 前回出演作『太陽の坐る場所』と同じ監督で撮った5話オムニバス映画『×××(キスキスキス)』が9月5日から新宿で公開するそうだ
 光太郎氏の主演する第2話『背後の虚無』は既に昨年には撮り終えていたらしいのだが、他の作品でかなり難儀したらしく、やっと公開の様だ
 話としては全く聞いていないので、私も期待して見たいのだが、取り敢えず全体のタイトルにある『キス』は『Kiss』の事で間違いないらしく、全体のテーマとしては接吻が絡む話なのだろう…で、戴いた映画チラシによると、背後の虚無の話はオートバイ関係の話だそうだ
 昨年、ロケ地になった自動車教習所のFBでもなんかソンな写真が公開されてたな、そぉ云へば…
 まぁミケ終了後半月空いてだから、充分体力を回復させて見に行けると思う
 親父の3回忌と公開初日が重なってたかも知れんので、初日に見には行けんかも知れんが、翌日には見たいかな

 ちなみに単館上映らしく、新宿に来られる人しか見れんと云うチト残念な状態になっている
 新宿K's cinemaだそうだ…前回出演作『太陽の~』も公開した場所なんだが、私は『太陽の~』は前倒し公開した有楽町で見たので、行った事の無い劇場である…
 道に迷わない様にせんとな…チラシの地図では新宿駅と甲州街道に近い様なので、有料単車駐輪場が近くにある筈…単車で行けそうだ
 まぁ兎に角、見てからモノを云う事にしよう^^

 では、次回だが、多分上記の通り7月開始アニメの記事になると思う
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 速水亮氏'15年7月ライブ | トップページ | 15年07月開始アニメ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

柿本 光太郎」カテゴリの記事

コメント

どもです。
最近忙しさが増してきて見る時間が減る一方なのが残念ですが、録画したのをなんとか最後までチェックしきれたのはこれだけで、長門有希ちゃんは結局切りました。まああれは原作マンガで読めばいいのかなとも思ってますが。

放課後のプレアデス
今時珍しいバトルのない魔法少女モノと思って見てましたが、まあまあ面白かったですかね。
自動車メーカーとコラボした意味があるのかはちょっとあれですが、かわいらしいしいい話だったと思います。

えとたま
こちらもただのドタバタの肌色アニメ化と思いきや、けっこう飽きない展開で思ったより締めもまともで結構よかったですね。

シドニアの騎士 第九惑星戦役
原作のファンなので楽しめました。
原作の連載は丁度今クライマックス真っ最中なんですが、あと1クールじゃ足りないかもと言うところでしょうか。続き作ってほしいなあ。

プラスティック・メモリーズ
アンドロイドがシステム上の問題で寿命が短いというのはいわゆる「フレーム問題」と言うやつが関係しているんだと思うのですが、そういった意味ですごくSFだなあと感心しました。それ以上に展開がシリアスで、OPの最後のアイラの表情が毎回少しずつ変わってくのに気付いたあたりでけっこうキましたね。良いお話だったと思います

血界戦線
これ最初見て面白かったんで、原作みんな読んで毎回楽しみだっただけにちょっと残念です。まあこういうパターンってガルパンとか、古くはイデオンもそうだったし、少々は待ってもいいんじゃないかなあ。

でわでわ。

投稿: あひる | 2015年8月10日 (月) 20時52分

Shot>あひる提督
 毎度、コメント感謝します

 忙しい…私も忙しいのはミケだの深夜アニメだのと趣味の方ばかりですがwww
 仕事の方は、帝都に戻らんとやる気ないしwww
 まぁ『長門有希ちゃん~』は有希萌えの人間対象に近いと思いますし、私はその辺バッチリなのでツボなんですがwww

プレアデス
 まぁ直接攻撃魔法バシバシ…って展開は無かったですが、欠片の争奪戦は結構黒かった気もwww
 まぁねぇ…話は変わりますが、TRPG出身の私からすると派手でも攻撃しか出来ない攻撃魔法より応用の効く小手先の魔法の方がスペルキャスターの真価を魅せられると思うんですがね…まぁ派手さでは攻撃魔法の方が何枚も上手なんですがね
 自動車メーカとのコラボってか、元々の企画がすばる(自動車メーカ)のPRアニメだったんぢゃなかったでしたっけ?
 wiki情報ではその様に説明されてますね
 
えとたま
 そぉですね…一応十二支+1の性格付けもシッカリしてたしブレてないし…展開も無理は無かったです
 ただ、1クールで十二支全員からシールを集めるとか、どうしても展開が急にならざるを得ないので、こういうネタは2クールとかもっと時間を掛けて欲しいモンです

シドニアの騎士 第九惑星戦役
 原作が今クライマックスですか…アニメは何処まで追い付いてるんでしょう…提督の目算ではあと1クール少々で終わりそう…って事だと、アニメでコレが終わった時点は既に起承転結の承が終わり掛けてる辺りですか?
 一応、谷風の女性遍歴とか話は進んでるのは判るんですが、丁寧過ぎて今だ本題に入って無いんぢゃね? 的な印象があるモンでwww
 かと云って、急ぐと原作の情報量が半端無い感じなので、表面だけ追っかけた意味不明アニメが出来上がりそうで、按配が難しいです


プラスティック・メモリーズ
 あ、OPとか結構見逃してるかも…ちと、後で録画見直します
 まぁねぇ…現実に即して考えると、アンドロイドの場合、寿命の設定が難しいとは思います
 無闇矢鱈に永いと主家が滅亡しててもアンドロイドだけ残る…まぁそう云うSFも有りますが、その場合、大抵、主家が無くなった後も誰か主家に来る客を待ち続けて待機モードになってるか、野良化して暴走するか…どちらにしても悲壮感が出ますし、短いと本作の様に主家が健在なのにアンドロイドだけ廃棄対象となり、期間限定での恋人・家族と云う話になります…結局悲壮感が漂いますね
 そう云う意味では、取り敢えず現行技術ではアシモやPepperが精一杯(先行者は何処行ったんでしょうかねぇwww)ですが、更に技術が進化した場合に考えないといけない問題の一つかも知れません
 まぁ少なくとも、私はそう云う時代まで生きてる事は無いでしょうけどwww

血界戦線
 イデオンは…そぉ云や発動編が物語の完結って事になるんでしょうね
 EVAだってまぁ今の新劇場版は兎も角『まこころを、君に』が実質本筋の最終回ですし、『続きは劇場で』の作品は枚挙に暇が無いです
 1クール掛けて映画の番宣だったBLOOD-Cとかwww
 ガルパンは一応、TVで話を終わらせた(映画は隙間の話なんでしょ? 新作は違うのかな? かな?)と思いますが
 まぁガルパンも1クールで総集編2回とか、語り草でしたし、コレもソコまで知名度が上がれば語り草になるんでしょうが、如何せんガルパン程には人気は上がらないでしょうねぇwww
 私は…取り敢えず最終回が放映されれば見ますけど、待ち遠しい…とは思ってないですし
 普通に1話完結の便利屋アニメで良かった気もしますが

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2015年8月11日 (火) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/62016805

この記事へのトラックバック一覧です: 15年06月終了アニメと柿本光太郎氏:

« 速水亮氏'15年7月ライブ | トップページ | 15年07月開始アニメ »