« 2014年2月16日 - 2014年2月22日 | トップページ | 2014年3月2日 - 2014年3月8日 »

2014年2月23日 - 2014年3月1日の記事

2014年2月24日 (月)

柿本光太郎氏2連荘

 と、云う訳で最近、ビリー・ザ・キッド東陽町店に行くと、オーナー(倉田てつを氏)ではなく、御長男(柿本光太郎氏)が肉を焼いてる事が多い
 聞けば、年末辺りから忙しくしているとの事だが、近々何かドラマか映画にでも出るのだろうか…詳細は聞けてない

 まぁソレはソレで情報が入り次第確認するが、ソンなコンなで最近は光太郎氏と話す機会が多い
 氏も倉田氏と同じインフィニティに所属する俳優で、19歳ながら俳優業を初めて3年(2011年の舞台がデビューらしい)と云った状況で頑張っている
 聞いた話では、事務所が持ってきた話は出来るだけ全部受ける様にしているらしく、最近は映画で脇役チョイ下(メインキャストの下でポイント数が若干落ちて記載されるキャストでの上段)辺りの仕事も精出して演じている

 と、云う事で氏から直接確認した出演映画を2本、ソレナリに続けて見たので、その辺りを書いて置きたい

 で、1本目は『僕は友達が少ない』…
 このブログを見る様な人であれば、有る程度情報を得ていると思う
・制作未発表時点でロケ地がエキストラ募集の広告をNetに撒いた所為で制作がバレた
・映像化しても旨く行かないから…と、原作者が断ったのに周囲が無理矢理映画化を進めた所為で、原作者が『原案として名を使う事』だけを許可して、ソレ以外全部投げた
 …等々、少々調べればソレナリの話は聞けて来る
 元々、アニメで受けた作品を実写で映画化し直し…と云う時点で失敗する要因満載である
 過去の例を見れば、キャシャーン、デビルマン、ガイバー、ガッチャマン、ヤッターマン、忍者ハットリくん、ドラゴンボール、宇宙戦艦ヤマト(順不同)…等々
 まぁ出演者本人に直接は云えなかったが、ハズレ要素満載の映画ではあった

 さて、ソンなコンなで上映日…事前に前売り券を買って置いたのだが、公開初日は2月1日…1stDayと云う事で、当日券一般\1kのサービスディであった…前売券\1.3kェ…www
 まぁ良いや、前売り買ったよ、と本人に宣言する為の加算料と思えば腹も立つまい
 前売りを当日の席指定に交換する時、劇場の兄ちゃんが希望を聞いて来る
 中央付近を希望した所、両脇が埋まってない席でこの辺り…と勧められた席に文句は無かったので、了解してパンフを購入して時間を潰す
 昨年、やはり出演作と云う事で見に行った『ジェリーフィッシュ』にはパンフに出演者名として氏の名前が有ったが、今回は名前の記載すら無い…ソレでもお仕事である、頑張って欲しい

 さて、映画…まぁ原作者が投げたとは云え、ある程度原作を読んで描いたシナリヲらしく、ある程度の原作エピソードは参考にしているらしい
 しかし、『ジェリーフィッシュ』は元々『女による女のためのR-18文学賞』作品原作と云う事で最初から成人指定だった訳だが、ラノベ原作でR-12とか…と思ったら、ナンか色々酷いwww
 原作を読んでいないので、アニメとの比較になるのだが、理科の言動がR-12では生温い様な状態である…R-18とは云わなくともR-15位は良いんぢゃね? って気がする
 また、星奈の家庭環境も原作・アニメとはかけ離れており、非常に子煩悩過ぎる親(原作・アニメ)に対し、子を省みず愛人を自宅に囲ってる親(映画)と、全く正反対と云って良い
 小鷹の性格設定も若干難有りで…原作・アニメでは基本的に喧嘩は避ける傾向にあるが出来ない訳ではなく、大事なモノを守る為なら有る程度は荒事もこなせるのだが、映画では完全に荒事からは目をそらし、幸村がイジメられてる現場を見掛けても見ぬ振りをする程である
 まぁその辺が原作では無く原案程度で、監督や脚本も原作を良く読まずに作ったのが透けて見える感じであるが…
 ちなみに、客の入りは…私が見た回(公開初日の土曜日、朝2回目の上映)で18人(シネコン172席)であった…予想を違わないハズレっぷりに笑えた
 もう1つ、ロケ地に滋賀・豊郷の豊郷小学校(けいおん! の舞台になった事でも有名)を使っており、特徴的な『ウサギとカメの像が彫ってある階段手摺』が見事に映っているのも笑ったが

 映画全体に対しての感想はコンなモンとして、私の視聴のメインである光太郎氏だが…小鷹の隣の席のクラスメート役である
 大きく出番は3回、アップも有る
 1回目は普通に小鷹にビビッって、小鷹が落とした消しゴムも見ぬ振りをするシーン
 話が進んで2回目は隣人部の各自が理想の世界を模したゲーム世界に入った時、同じく小鷹が消しゴムを落とした際に実にフレンドリーに拾ってやるシーン
 最後は更に話が進み、ゲーム世界と現実がごっちゃになった? と思わせた世界で、やはり消しゴムを落とした小鷹に今度は実にさり気無く消しゴムを拾って渡してやるシーン
 実は最後の拾い方が本当に『小鷹が望んだクラスメートとの在り方』だったのではないか? と、思わせるのだが、先日の『ジェリーフィッシュ』の時も書いたかも知れんが、このさり気無い演技…と云うのに関しては、仮面ライダー当時のオーナーよりも旨いと思うwww
 映画内容に関わって来るので詳しい解説はしない(公開中の映画にネタバレは不味かろう…と、調べたら、半数少々の公開館が21日に公開終了となっていた…アイドル映画の公開期間なんざコンなモンか? ソレともやはり興行収入が低過ぎて直ぐお払い箱になったのか…)ので、このシーンの意味とか、全体のストーリーに関しての云々とかは割愛するが、まぁ印象に残ったシーンではある
 出番が上記3回程度なので、パンフにも名前の記載が無いのかも知れないが、役者としての仕事はシッカリしている事を感じる

 次は月末公開の映画『仮面ティーチャー』である
 コレは、漫画原作ではあるが、TVドラマ化されており、ジャニーズアイドルのKis-My-Ft2:藤ヶ谷 太輔氏が主演している
 原作・ドラマとも未試聴だが、ドラマのアフターストーリーらしい

 一応、事前情報として調べたところ、原作とドラマでは話に若干の違いが有るらしく、取り敢えずドラマの話だけあらすじを調べて置く
 近未来、体罰が完全禁止化された学校教育の場では校内暴力が再燃し、抵抗出来ない教師と図に乗る生徒の構図が激化した中『仮面ティーチャー法』という法律が可決する
 匿名性と体罰行使を補償された特別教師を採用可能とする法律で、主人公は仮面ティーチャーの一人で、札付き高校に赴任する
 過去の体罰時に起きた事故で生徒を一人死なせてしまった過去から、暴力による体罰はせずに威嚇までに止め、心で教育する教師になっていた主人公は、舞台の学校の校正にほぼ成功する(此処までがTVドラマ)
 その実例で改正仮面ティーチャー法を推し進める官僚と、1例だけでは不十分であり、仮面ティーチャー法の改正は不要とする上役との思惑が重なり、主人公の学校に体罰を半ば許可した指導を可能とする教師を派遣する…と云うのが劇場版の話
 話としては、良いんぢゃ無い? ソレナリに考えるモノも有ったし、アクションもソレナリに格好良かった
 お約束とは云え一度負けた主人公が信念に燃えて再戦、勝利…とまでは行かなくとも対立する教師に認めさせるなどのカタルシスは有り、ジャーニーズのアイドル映画と一纏めに小馬鹿にする程のモノでは無かった
 原作は上記のとおり漫画で、原作者は藤沢とおる…この名前では余りピンと来なかったが、原作漫画の試し読みで直ぐ判った
 湘南純愛組!やGTOを描いていた作者である
 GTOもそうだが、アニメよりもドラマ化する方が相性が良いのだと思う…まぁドラマ化はアニメ化と違って原作を弄っても文句が出づらい傾向にあるのだが…まぁ映画の出来と云う意味では、上記のはがないより面白かったと云える

 しかし、私の着眼点は飽くまで光太郎氏の出演確認なのだが…公開初日(22日)に映画館に行き、前売りを座席指定に交換した際、シアター中心部の席は既に埋まって来てる旨云われたので、若干左にずれた場所の席で了解する
 パンフを購入…今回は劇場エンドクレジットに出たキャスト・スタッフが全部記載されており、氏の名前もパンフに載っている
 …が、写真は確認出来なかったorz
 結構な枚数の写真が記載されたパンフだったのだが…まぁ仕方あるまい、役名『不良』と云う事で固有名詞すら無かった役でもあるし、これからの躍進に期待したい

 さて、時間を潰して上映時間となり、鑑賞…出番が確認出来んかったorz
 もしや…と思うシーンが3カ所あったが、其々にアップは無かった

 1つ目のシーンは今回敵対する教師が学内指導を始める時、カツアゲしてるシーンで指導(所謂体罰)を受ける不良が映ったシーン
 2つ目はその少々後、校則改正で生徒に持ち点制が導入され、一定以上の減点で懲戒・退学等の処置がされることになり、減点数が結構行った不良たちが集まってる所に敵対教師(仮面を被って登場)に叩きのめされるシーン(アクションシーンは無く、乱闘開始直後にSEと暗転後に全員伸されてるシーンに移る)
 3つ目は、全てが終了し、高校の秩序が戻った後、他校の不良が主人公の居る学校に喧嘩を吹っかけているシーン

 其々、逆光やロング撮影で動きもソレナリに有ったので、一人ひとりの顔かたちの確認が出来なかったのだ
 一番ソレっぽいのは、2つ目のシーンで喧嘩上等の台詞の有る少年が氏っぽい気がするのだが…今度会った時に確認したい

 さて、昨日は単車の納車の為に都内を走ったが、東京マラソンに邪魔された…とか、ネタは幾つか有る
 また、今週は25日にXライダーDay(バッタもんに速水氏が来る…最初の1~2回は宣伝が不足して客が余り居ないと速水さんにも失礼…と、気を使ったが、最近はほぼ貸し切り(私は既にXライダーDayは客及び臨時手伝い要員で数えられている)状態に近い…事前に来店予約か当日早めに確認電話を入れないと店にも入れない)が有るし、各ネタはソレナリに有ると思う
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月16日 - 2014年2月22日 | トップページ | 2014年3月2日 - 2014年3月8日 »