« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

2014年2月16日 - 2014年2月22日の記事

2014年2月18日 (火)

徒然なるままに('14/02/18)雪と帯状疱疹

 と、云う訳で週の頭からドタバタして更新出来んかったので1日遅れ…まぁ致し方なしorz

 先週も大雪だったが、今週も輪を掛けて大雪…
 お陰で合羽橋に生野菜用のドレッシングを買いにも行けない
 毎日食うのモノなので、数種類を1L業務用で買っているから、すぐ尽きる事も無いのだが、流石に2週間空くと在庫が無くなる
 また、自転車にもタイヤの空気圧を確認したいと思っているが、コレも合羽橋に行かないと確認出来ない
(私の自転車はDAHONのOEMなモノで、普通の虫ピンのチューブではないので、自転車用空気入れでは使えない…自動車・単車用の空気入れを使うので、購入した自転車屋で空気圧調整するしかないのだ…)

 更に云うと、ソロソロ単車の走行距離が前点検より其々3000Kmを数えるので、整備工に連絡したいのだが、この状況では迂闊に整備に出せん…
 SHERPAが無いと、うっかり雪が残ってるかも知れない道路は走れないので、雪の翌日にはSHERPAが欲しい
 特に今、SHERPAは前輪に付いているスピードセンサがグリス切れを起こしている様で、走行中(特に低速走行中)に高音がなる
(SHERPAの持病の様なモノで、ユーザは『ヒヨコが住み着いた』と呼ぶ現象である…)
 臨時的にはスプレータイプのオイルを放り込む事で多少は緩和するが、根本的には前輪部分をバラしてグリスアップする事が望ましい…この雪の影響もあって、グリスアップドコロかスプレーも入れるタイミングが無いので早々に整備工に持ち込みたいのだが…
 また、SHERPAばかり乗ってると走行距離が偏るので、ZZ-Rも適度に乗らないと不味い
 雨ならなんとか我慢できるが、雪はチト我慢の限界を超える
 更に云えば、整備工に引き渡す手間を考えて、両車両は連続で整備する事にしている…1台目引き渡しの翌週に1台目引き取りと同時に2台目引き渡し…と云った感じである
 この為、単車整備には3週間掛かるのがウチの常識である

 電車で通勤すると、\1K以上の移動費用が掛かるし、途中に100円ショップも無いので、昼食代も高く付く…不味い事ばかりである
 給料日が今日と云う事で、金銭的な窮地は何とか凌げたが、この1週間はマジにヤバかった…orz
 年末のミケで夏に死んだ分の回収も一気にした所為で、出費が嵩んだモノ原因の一つだが、世の中ままならん…

 と、云う訳で家から出れない事を良いことに寝週末…としていたのだが、ベッドの足元で書籍流が…orz
 一度修復した積りだったが、チト不注意で更に被害範囲を拡大して崩れ落ちた…
 雪の雪崩では被害が無かったが、室内でエライ雪崩に遭ったモンだorz
 昨晩の修復作業が思いの外捗り、寝床の確保は出来たのだが、毎回、積み方を記録している訳ではないので、違う形に仕上がるのがナンとも云えない…そのまま数ヶ月持つ積み方も有れば、翌日にはまた崩れる積み方も有り、旨く積めた時の記録が有れば便利に思う事も有る
 しかし、ベッドの状況等で崩れる箇所が違うので、同じに積んでも同じ位持つとは限らないのが結構悩ましい
 リアルテトリスとかリアル倉庫番の世界なのだが、それらのパズルゲームは得意分野なので、まぁナンとかなっている

 さて、話は変わって2週間くらい前かな?
 チト風邪をひいた気配が有った…と云っても咳き込んだり高熱が出る程では無かったのだが、チト腹筋辺りの筋肉痛と微熱…と云う感じだった
 多分、風呂で寝てるのが原因だろう…最近、湯船に浸かるとそのまま眠りこける事が殆どで、風呂の温度が落ちて目が覚めるのだから、体は冷える…最近は不経済なのは判っているが、そのまま沸かし直しをして無理矢理身体を温め直してから上がる事にしている
 さて、ソンなコンなで若干体調を崩した拍子に発生した症状だが、帯状疱疹が出て仕舞った

 帯状疱疹…wikiで調べたが、水痘(水ぼうそう)ウイルスが原因の症状である
 水痘は一度かかると免疫が出来、大人になっても掛からなくなる…と云うのは聞いていると思うが、半分正解で半分間違いだそうだ
 免疫…と云うより、不活性化した状態のウイルスが神経節という延髄~脊髄と云った身体の中心部に潜伏している状態なのだそうだ
 で、体調不良に伴い、神経細胞を駆け巡り水膨れを起こす…で、この時に神経細胞を傷付けるので酷い神経痛を併せて起こす事が多いらしい
 私の場合は神経痛はソレ程酷いモノは無かった(そもそも、私は痛みには結構強い体質の様で『普通此処まで症状悪化したら痛くて七転八倒』と云われる位の診断をされてもケロッとしてる事が侭有るが)が、水膨れが出来て痛みが走った
 結局、一度職場を休んで病院に行ったが、バッチリ典型的な帯状疱疹だと診断された
 帯状疱疹は上記の通り脊髄周辺から神経細胞を駆け巡るので、体の左右どちらか半身にしか現れず、左右両方に出る事は無いのだそうだ
 で、1週間分の処方を受け、治ればソレで再診する必要は無いと云われた
 この治療費と内服薬代も厳しい懐に追撃を浴びせてくれたのだが…本気で不味かったorz
 まぁ余所で借金する前に、給料日に引き落として貰う小遣いの前渡しを依頼する所だが、ナンとか切り詰めて耐え切ったのはチト自分を褒めたい
 このままWin8インチタブでも買ってやりたい(カードだから直接懐は痛まない)位だ…この関係も後でネタにする程情報有ったかな…?

 話は戻るがこの症状、基本、体内のウイルスが活性化しただけなので、対外放出は少なく、他人にうつる事は少ないとの事だが、何故か母親にうつった
 単に同じタイミングで発症しただけかも知れないし、どちらかがうつしたのかも知れない…まぁ一緒に住んでれば偶にそう云う事もあるだろう
 取り敢えず、1週間半位経ったが、未だに若干の痛みと乾いてかさぶた状になりつつある水膨れが痕跡として残っている
 痛いのも嫌いだが、予定外に原因不明の病気とか、勘弁して欲しいモノである
 持病は糖尿病だけで充分である

 さて、書く事が無いタイミングで日記ネタだが、次回はどうしよう…マジに書く事が無いwww
 まぁナンとかひねり出すしかないかww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »