« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »

2014年12月14日 - 2014年12月20日の記事

2014年12月16日 (火)

C87三拡

 と、云う訳で1週間遅れたが三拡の議事録ってか内容をまとめて置きたい
 余裕が有れば次回更新等で第2部(質疑応答)についても記すかも知れんが、基本、第1部(代表からの報告)を纏める

12月7日(日)
10:01 開催・代表挨拶
 安田氏からは『9月にE-テレで日本サブカル史90年代を紹介する番組で話をした』旨紹介が有った
 NHKアーカイブとか、有るのかな? 場合によってはFC2動画とかに転がってるかも? 時間が有れば見たいけど、時間が無いwww
 ちなみに、その際に確認したらしいが、'94年にはビッグサイト(以下『TBS』)に会場を移してたらしい…年の経つのは早いねぇ…晴海時代や幕張時代を知ってる私らが年寄り扱いになる訳だwww
 私の場合、周囲にソレ以上前(TRC時代とか)を知ってる面子が居るから余り年寄りに思えないが

 筆谷氏からは何時もの諸注意(録音・録画禁止、ブログ等には自分の言葉で…)だったが、自分なりに意見入れて書くと無茶苦茶長い記事になるんだよねぇ…此処まで書いても開催挨拶の3人中2人までしか書いてない訳だしwww
 ちなみに、6日(土)に筆谷氏が秋葉原を歩いた際、カタログの書店店頭販売での活気の無さ(書店特典のグレードが落ちてる事も含めて)にショックを受けたとの事
 まぁ…紙のカタログは私は買ってるが、飽くまで資料で、実際はROM版で前回チェックリストをインポートして使ってるしな
 WEBカタログは当日の電波が信用出来んので使う気になれん…

 市川氏は…前二人(安田氏・筆谷氏)が長かったので巻く…と、云いつつソレナリにww
 インフル関係含めて健康管理についての注意だが、コレに絡めてか先日の高倉健・菅原文太の訃報について一言有った
 ナンでも、氏はミケ当日、仁義なき戦いのOP5分程を度鑑賞して気合を入れるのがゲン担ぎらしい…その主役2人が相次いで亡くなった訳だしねぇ
 まぁ濃ゆいヲタ程、ナニか当日のゲン担ぎがあると思うが…との事だが、やべぇ、私、そう云うの無いやwww
 まぁ私はソコまで濃ゆくない、って事だな、うん^^

 引き続き、会場周辺関係で安田氏から説明
 実に6年ぶりの大晦日回避とのことである…大晦日恒例になってソンなになるか…慣れって怖いなwww
 ちなみに夏は8月14日~16日と、また第3週になって仕舞ったが、ソレでやるしかない

 TBSの修繕工事については外周その他については先日完了したが、ホール内(シャッター・PIT等)の修繕を開始するとの事
 まだシャッターの整備とかやって無かったのか…そぉいや開催中に使えないシャッターとか無かったしな…今後、より一層の不便が出そうな悪寒

 ワシントン裏の工事は共同坑工事で当面続くし、臨海線周辺でホテル建設も始まるらしいが、五輪対策らしい
 五輪の影響がだんだん目に見える様になっている…まぁもぉ避けられないんだろぉしな

 献血は今回もイベントを行うそうで、既に参加サークルも決定してる頃だと思う
 私は投薬治療中の体なので、もう献血出来ないのが残念である…年末年始の医療現場はヲタクの血が頼みの綱らしいので、献血出来る人は頑張って欲しい

 企業ブースは今回も変わり種が来ているそうで、ボートレース多摩川が萌えキャラを作って来たらしいし、他の競馬だかナンだかでウルトラマンをジョッキーにして宣伝を始めてる所も有るとかナンとか…ミカサ(バレーボールメーカ)はハイキュー関係で参加するらしいし、企業も変わったよなwww

 携帯各社のプロモーションも頑張ってるそうなので、見つけたらついった等で紹介すると、各社燃え上がるそうだ
 また、KDDIが無料wi-fiを考えてくれるとか…どう云う仕組みになるのか、チト詳細を確認したい

 次に、筆谷氏からその他の項目で説明
 夏→冬は時間的に短いので、大きく変わった事は無いそうだ
 総本部が東4のままで設定しているが、救護室の広さ確保の為であるとの事…冬は救護室の用務はソコまで無いが、コレで固定する事にした方が覚え易いだろうとの配慮だそうだ
 私も昨年の夏は御世話になったしな…もぉ御世話になりたくは無いのだが
 しかし、冬は低体温症の心配もあるので、装備品等を考えて欲しいとの事…まぁ健康第一と云う考えは間違ってないよね

 コスプレ先行入場の認知度が上がった事により、希望者が増え、更衣室キャパの関係で抽選率が上がったとの事
 これは有る程度予想していたが、物理的な制限なので仕方ないと思う…今後も入場方法等の検討は続けるそうだ

 屋外展示場がコスプレ会場で使えなくなった(これは、質疑応答での質問に有ったが、企業ブースの問題では無く、純粋に駐車場キャパが溢れた問題らしい)時、臨時に有明西埠頭公園をコスプレ会場にしたが、今回は最初からこの公園を正式にコスプレ会場にしたそうだ…会場も広くなるなぁwww
 この関係で、海をバックに写真を撮れる様になった…と、レイヤ・カメコにもある程度評判が良いらしい
 この人達はコスプレ・写真専門でミケに来てる連中なんだろぉな…流石に同人誌売買の序ででコスプレを見たい程度の人では遠く感じると思う…多分、私も行かないと思われ

 カタログ関係は冊子は三拡前日に書店売り、WEBカタログは公開済み、DVD-ROM版も今は販売済みである
 DVDカタログの仕様変更について、今回からMAC版でもアクティベーションが必要になるとの事
 データ流用も不可になったがWEBでAPIからダウンして対応可能との事だが、コレにはWEBカタログの有料会員化が必須らしい…冊子買ってDVDも買うんだが…
 実際、会場内では上記のとおり無料wi-fiが来ても電波の都合で何処まで迅速に見れるか考えると、Win8タブにDVD突っ込んだ方が良い気がする…最新状態でじっくり見るのは家でやれば良い訳だし、前線基地的に使うならスタンドアロンが最強だと思う

 最後に法令関係を市川氏から説明
 先日女性系イベント(漫画家サイン会)が脅迫で中止にされた訳だが、こうした犯罪はファンの心情を考えて止めて欲しい

 TPP関係は一般ニュース以上の情報は準備会にも来ておらず、取材も10月以降全く動いてないそうだ…このまま現状維持で立ち消えてくれると有難いのだが…と云うのは、同人関係者全員の願いかも知れない

 表現規制としては、先日、3Dプリンタで性器を再現して展示(販売も?)して逮捕された事件が有ったが、コレに伴う大きな動きは無く、修正の度合い等も夏から変更は無い様である

 最近、マスコミの取り上げ方が異様に児童ポルノに絡めたがるのが気になるとの事…チト年少者に対する事件(性的なモノではなく、傷害・暴行等のモノでも)が有ると、直ぐに児童ポルノやロリ・ショタ系の漫画に絡めたがる感じが見えている、との事だが…
 ソコまで頑張ってロリ・ショタ系を日本から完全排除して、行き場の無くなった衝動を実在少女・少年にぶつける犯罪が多発する国にしたいのかねぇ…?

 また、日本の漫画を英国に持ち込んだ際に児童ポルノで逮捕された件が数件あったらしく、準備会にも取材が有ったそうだ
 国によって法律が違う訳で、確か児童ポルノ解禁の国も有った(今は無くなったのか? スイスは確か児童ポルノ対象は16歳以下だっけ?)他国の文化を持ち出す・持ち込む際には注意が必要なのだろう…他国に行く積りは一切無いから私には無関係だが

 著作権関係では、夏から話題になっているが、グッズに対する規制が弱冠増えてるのは事実だそうだ
 企業も同人誌には理解されて来ているが、海賊版・パチモンには云わなければならない立場がある訳で、独自の話が無い絵だけ…酷いモノになると、オリジナルの絵を切り張りでグッズにするだけだと完全に非公認グッズ…所謂パチモンになる訳で
 さて、絵をサークルの絵師さんが模倣して描いた絵でグッズを作った場合等、判断の難しい所は有るんだが、その辺は結局、著作権を持ってる側の云い分が正しい事になる(結局、二次創作とは、著作権者の黙認の上で成り立つコンテンツな訳だし)のだと思う
 その辺は、私も現在休止中とは云え二次創作作家なのだから気を付けないといけない所だと思う

 ミケの宣伝として、「デビクロくんの恋と魔法」と云う映画に5秒程度、ミケ会場(当日)が映ってるらしく、エンドロールに準備会の名前が出ているそうだ
 TBSが映画等に出る事自体は珍しい話ではないが、ミケ当日の動画を映画にブチ込む例はかなり珍しい(スタッフが人手不足で対応出来ないから)のだが…まぁ気になれば見れば、程度である

 更に広報・宣伝関係で安田氏から説明
 米沢図書館で別マの漫画スクールについて取り上げており、原画展示等もしているそうだ
 この漫画スクールは本当にメジャーデビューして一線級になった作家も生み出した企画だと云う事で、その道に行く人には参考になるのではないかと思う
 1月には今回の見本誌閲覧も開始予定であり、先に予約が在ると見易いそうである

 此処1年発行しているミケ専門雑誌『コミケPULS』も3号が発行された
 今回はSP特集等で記事を組み立てているそうである
 一応、1号2号と買っているので、今回も週末に買った
 スペシャルは24耐辺りから5年に1度…となっているが、昔はそうでは無かった訳で…その辺りの事等も記載していた
 創刊号は特に読むべき所も感じなかったが、最近は普通に読める冊子になってると思う

 次回申し込み書には40周年記念調査を付けるので、協力について依頼が有った
 次回の40年史は以前の30年史以降10年分を重点に調査した結果を編集して作成するとの事である

 TBSの拡張については、西及び東6の奥(旧待機場)に新館を増築(西の新刊は五輪時には報道本部にする予定らしいこと、東の新館は1.5ホール分程度の大きさにするとの事)する計画が有る旨報告が有った
 これに対し、準備会からもミケ当日に使い勝手の良い様に意見書を出しているそうだが、何処まで認められるか…と云った所らしい
 一応、10年程度で取り壊す仮設扱いと云う説明だが、建設費等を考えれば20年以上は使わないと費用対効果(総工費100億円程度らしい)が無い計算になるので、当面は使えると思うとの事である 2015に着工、2016竣工予定と云うハイペースな工程だが、コレ以上掛けるとTBSに客離れが起きる恐れが有るので、ナンとか作る…と云う話である
 新ホールを何に使うかは当然検討中と云う事だが、所謂別館扱いになるらしいので、旧A館体制の再現とか、男性向け創作のゾーニングとか、その辺が妥当かも知れない
(企業スペースには狭いと思うしな…今でも西3・4の2ホール分使ってまだ足りない訳だし)

 次に来年のSP6関係が市川氏から説明された
 日程は3/28・29(設営27日)で行う

 OTAKUサミットと銘を打ち、海外のヲタイベントや国内イベント等も呼んで紹介・交流を促すミニ企画も用意している

 1次申し込み済みサークルリストはWEBで公開済みだそうで、ウチのサークル(創作集団chick)も載っている

 企画ブースも用意しているので、通常開催のミケよりも長居して企画を見て行くのも良いだろう
 聖地巡礼(ヲタ的な)に絡めたモノ等も企画している
 40周年誌(30年誌以降の10年分)も発行予定であるとの事…30年史は持っているので、コレも欲しいとは思う

 その他、ブロックノートの復活、オリジナルグッズの製作等、通常開催ではやらない・出来ない企画も進行中との事で、楽しみではある

 更に、チケット制で中夜祭を開催する準備も有るらしい…乾杯も有りと云う事らしく、家が遠い人や酒好きはこのまま残っても良いかも知れない…が、基本、単車運用なのと下戸なので、私は参加しないかも知れない…ってか多分しない

 黒バスオンリーのクロケット(赤ブー・スタジオYOUと共同開催)等のイベント内イベントも企画しているとの事

 紙媒体での申し込みは終了しているが、オンライン申し込みはまだ受付中とのことである
 しかし、1次〆切までに結構な申込み数が有ったらしく、2次受付のサークルがどの程度入れるか…やはり、無理してでも1次〆切に間に合う様に投函して正解だった、と云う事だと思う

 最後に、C87に話を戻すが、設営日にはニコ生で冬の宣伝をするらしい…設営参加者は見れない筈だが、予約して見て欲しいとの事だが、私は設営には行かんので見れるかな
 日程的には行けるが、24時間耐久コミケで設営に参加しようとした時の仕打ちは絶対忘れんwww
 まぁ別に今更恨む積りは無いが、設営に参加する気は一切無くなったと云える

 と、云った話で10時55分、第1部が終了した
 第2部については、気が向いたら…程度で考えて欲しい
 取り敢えず、此処までで充分長いしなwww
 次回更新は…なんだろう、ネタ探しからかな
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »