« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月13日 - 2014年7月19日 »

2014年7月6日 - 2014年7月12日の記事

2014年7月 8日 (火)

14年06終了始アニメ

 と、云う訳でまた7月になったので、6月に終了したアニメの感想を上げておきたい

 やっぱ長期(2クールだって本来長期とは云えないと思うが…)アニメって本気で無いなぁ…
 次期は本数抑えるぞ、と思いながらも侭ならないのが現状で…大器晩成と云うか、最後まで見ないと評価出来ない作品が多いのも悩みの種で…最初で切って最後に涙目…と云う事を心配すると、やはり本数見る必要が出来てるしなぁ…

 さて、取り敢えず前回の視聴アニメの中から今季で修了した作品リストは以下の通り

■日曜日
・極黒のブリュンヒルデ
・召しませロードス島戦記
・ラブライブ! 2期
・ブレイクブレイド
・一週間フレンズ。
・彼女がフラグをおられたら
・ノブナガ・ザ・フール

■月曜日
・マンガ家さんとアシスタントさんと

■火曜日
・ブラック・ブレット
・ソウルイーターノット!

■水曜日
・ノーゲーム・ノーライフ
・棺姫のチャイカ
・風雲維新ダイ☆ショーグン

■木曜日
・エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~
・ご注文はうさぎですか?
・犬神さんと猫山さん
・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
・ブレイドアンドソウル
・シドニアの騎士
・僕らはみんな河合荘
・悪魔のリドル
・selector infected WIXOSS

■金曜日
・デート・ア・ライブⅡ

■土曜日
・健全ロボ ダイミダラー
・星刻の竜騎士
・ニセコイ
・メカクシティアクターズ
・神々の悪戯
・それでも世界は美しい

 7+1+2+3+9+1+6=29本/週…4月の視聴開始のアニメ本数が38本なので、差し引き9本が据え置きだが、名探偵コナンとか…有る意味どぉでも良い感じのモノだったりで、やっぱ基本の視聴番組は1クール物で終わる様だ
 取り敢えず、各作品のインプレを始める

・極黒のブリュンヒルデ
 原作もこうなのか判らんが、最後にバタバタ倒れるキラーシナリヲ…と思ったら、ソレナリに主役級は残ったか…
 かなり救いの無い話で人気が出るか不明である…当然2期も不明
 2期、有れば見るけど渇望するほどではなく…と云った感じ

・召しませロードス島戦記
 本当に最後までトイレタイムに場繋ぎで流してただけだったなwww
 初期ロードスのキャライメージに有った人材見付けて文化祭で演劇しただけ…って事でF.A.
 ソモソモ、ロードスって月刊コンプティークでD&Dのルール説明の為にやったセッション記事だった事を知ってる人間がドレだけ居るか…まぁ日本でのTRPG創世記だったしな

・ラブライブ! 2期
 まぁ出来レースと云えば出来レース、王道と云えば王道展開だった
 ファーストインプレにも書いたが、痛さ全開で周囲の意見も聞かずに迷惑掛け捲って二進も三進も行かなくなってから周囲に泣き付く、と云う典型的な迷惑型主人公が、何故に生徒会長? とか周囲への配慮の方法とか、キャラ設定変わってね? とか色々有るが、そう云う意味では2期はまだ見れたかな…
 まぁ次は無い展開(新入学生巻き込んで、新ユニット立ち上げとかの展開は有るか?)だろうから、コレ以上は云わん

・ブレイクブレイド
 原作漫画の途中までだった様で…まぁ原作はまだ続いてる様だし?
 取り敢えず、劇場映画だったモノを再編成して1クールにしたらしいし、続きは無いかも知れんな
 取り敢えずSFで良いんだと思うが、巨大ロボを『兵器』としてしか使わない作風が前面に出てて、本来ならアクションより話を見るモノなんだろぉな
 メディアも出るらしいが購入予定は無い

・一週間フレンズ。
 これも原作漫画が続いてるけど、まぁ良い感じの所で区切りを付けた感じ?
 まぁ好きな娘の為に頑張る男とトラウマ原因で少々厄介な精神病な娘…と云えば、有る意味純愛モノの王道と云えなくもないし
 そう云う括りで云って仕舞えば、君に届けとか、その辺も同じだしな

・彼女がフラグをおられたら
 Wikiを見る限り、最後はオリジナル展開? の様だ
 展開飛ばして11話までに6巻まで及び9巻の展開を織り交ぜ、12話と13話はオリジナルっぽい
 通りで完全に話が終わる展開になってると思った…コレではこの世界での話が続かない
 以降フラグ関係無しにラブコメやるなら有りだが、ソレだとメインテーマが無くなるから難しいだろ
 そう云う訳でアニメの次期は無いと見た…物語として完結した辺りは評価、オリジナルとしても悪くない終わり方だったと思う(少々強引だがwww)

・ノブナガ・ザ・フール
 洋の東西を問わず、偉人をモチーフにしたキャラを入り乱れさせて星間戦争をやらかしたSF…な訳だが
 中国系の偉人(三国時代の、とか封神演技・西遊記・水滸伝とかでは歴史上では無く伝奇物になるか)が出ないのは、こう云うの出すと扱い云々で中国全土が面倒に騒ぐからかなwww
 まぁ結局、信長が鬼子(戦大好き)とか、ランマル(乱丸と書くのか? 歴史上では蘭丸だが)を掛けて(乱が好き)と云わせる辺りが気に入ったかな
 メディア購入は無いけどね

・マンガ家さんとアシスタントさんと
 主人公の漫画家:愛徒って松岡禎丞だったのか…聞き覚えのある声だとは思ってたが、今までのキャラとのギャップが大きくて…キリト(SAO)と繋がるか? コレ…いや、声はよく聞けば繋がるんだがwww
 まぁ兎に角、ヤング誌連載漫画原作の様だが、まぁそぉなんだろぉな…と云った感じ
 15分アニメと云うチト尺が妙な放映だったが、2期は有れば見る程度

・ブラック・ブレット
 絵面は可愛いけど結構救いの無い話で、メインヒロイン(意見が分かれる所だと思うが、取り敢えず主人公の想い人の方だろ?)が精神的に病んでる(復讐に人生掛けてる)って…
 話としては面白かったが、多分此処から先が有るからだと思うがラストエピソードでバッテリーを独断破棄した自衛官(元・聖天子護衛隊長)が結局ナニも処罰されてない辺り、描ききれてない…尺が足りないのは判るが、見てて若干不満が残る

・ソウルイーターノット!
 Wiki情報によると、クライマックスはアニメ先行で見て欲しいとの事で掲載紙でのページ数を減らすまでしているとの事
 って事は、完全に原作を使い切ったか原作は飽くまでコレで完結させて本編のサイドストーリー的な位置で終わらせるかって事だが…
 本編は原作・アニメとも未視聴だが、雑把な話は知ってたので不都合無く見れた
 上記の通り原作を使い切ってるので2期は無いか有ってもかなり先と思われるが、有れば見ても良いかな

・ノーゲーム・ノーライフ
 原作ラノベ3冊分を1クールと云う事で、4話1冊と云ったところ…まぁ良いかな
 話自体もなかなかに興味深かった…異世界モノで云えば、少々前にやはりアニメ化された『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』が好きだったが、コレも悪くないかな
 取り敢えず、原作は既刊3冊分(現在6巻まで)残ってるので、あと1クール分くらいは有るのかな?
 話としては、全種族連合で統一国家を作ってテトに挑戦…ってところまでは予定調和だろうけど、テトとの対戦結果には少々興味かな
 次期が有れば見ると思う

・棺姫のチャイカ
 これは逆に2期が既に予告された
 飛ばし捲る制作で、1クールで6巻まで消費(現在9巻まで発行)している
 聞いた話では同時進行同時終了を目指すという未確認情報も有るが、とらドラやハガレンの様に旨く行くかどうか…
 話としてはファンタジー系では有るが、まぁソレナリに複雑な話なのにコンなに飛ばして良かったのか? もっと丁寧に作った方が面白いと思うんだが…

・風雲維新ダイ☆ショーグン
 電脳紙芝居、以上www
 取り敢えず、ファーストインプレであひる提督からレスを受けて画面を見た(ソレまでPC作業用のBGVとして背後で流してる程度だったので、音声で話は追ってたけど画面見てなかった)ら、コリャ酷い…半世紀前のアニメだってもっとマシに動くぞって位、紙芝居
 話は…維新が成り立たなかった江戸時代、16代将軍時代の話だが、巨大ロボット出てくるし…まぁもぉナンだかなぁ…って感じ
 おっぱいアニメにしたかったんならあんなに動きの無い作品にはしない筈だし、ホント、何がしたかったのだか…

・エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~
 木曜の癒しタイムその1
 アトリエシリーズは基本、ゲームも殆んどやって無いのでオリジナルアニメのノリで見てたが、まぁ良いんぢゃ無い? 普通のファンタジーで
 最近は普通のファンタジーが逆に新鮮になって来た(普通のファンタジーが飽きられた頃に発生したサイバー世界と融合した物語だったり、現代ファンタジーだったりと云うのが最近逆に食傷気味だし)
 話もソレナリに素直で見てて癒されるのは間違いない
 まぁ…見返すか? と、云われるとあまりそれは無いくらい毒にも薬にもならん話では有るが、こう何十本もアニメを見てるとこう云うのは必要だと思える…良作の部類になると思う

・ご注文はうさぎですか?
 木曜癒しタイムその2
 まぁ4こまパレットだし、所謂癒し系の代名詞?www
 結局先代マスターが兎(で良いのか?)になった経緯とかが不明…ってか、有る意味異世界の話と云う事で割り切って(でも、この世界でも人が兎になるのは頻繁に有る事では無い様だが…)見るのが吉なのかな
 序でに云えば、主人公たちは本業学生の筈だが学校シーンは結局出たっけ? 非常に印象に無い
 学外で同級生に会うシーンは有ったと思うので、学生生活もしてる筈なんだが…コレも居世界として無理やり納得するしかないか?
 見返す事は無さそうだ

・犬神さんと猫山さん
 ソフト百合の学園コメディ
 まぁ5分アニメと云う事もあり、くどく無く見れた
 少々百合色の強い(まぁプラトニックだが)事が耐えられるなら悪くなかった…適当に笑えたし

・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
 ラノベ原作の何冊分使ったのか…3冊?
 まぁ…続きが作れそうな終わり方をしていたので、メディアの販売数によってかな…最近、ノイタミナも2期モノが入り始めたし
 取り敢えず、主人公(重護)の設定が判らん…義賊の理念(他人の為に…)に反発して出奔の筈が、何故七々々の事情(七々々を殺した犯人探しとか、ソレに伴う七々々の本心確認とか)には首を突っ込みたがるのか、どう考えても性格破綻にしか見えん
 まぁ2期があっても見るとは思うが、積極的にメディア購入は無いな
 序でに云えば、コレの主題歌がBOWYのMarionetteをパクった…と話題になった事を特筆しておく、BOWYは高校時代仲良かった仲間が熱心に聴いていて、私もこの曲に聞き覚えが有る…最初にこの曲を聴いた時に『どっかで聞いたな…』と思っていたが、サビの部分はマジまんまである

・ブレイドアンドソウル
 最終話は取り敢えずおまけだった様で、12話で話は完結してた
 まぁ所謂ネトゲの世界が舞台の復讐劇だった訳だが、コレも話が暗い…最終話はその反動か?
 取り敢えず、2期は無いな…見返す事も殆んど無いと思われ

・シドニアの騎士
 コレは逆に2期決定済みの様で…
 原作漫画を何処まで追ったか不明だが、ストックまだ残ってるんだろぉな…
 話自体はソレナリに判り易い展開も有ったし飽きなかった
 両性具有ってか、性分化されない人類って事で女性形に近い(胸が有ったり腰がくびれてたり)は有っても結構肌晒してたな…
 乳首が無いのは授乳の必要が無いからか?www
 結局、ガウナに取り込まれてエナとして確保された星白がどうなるか…とか、伏線は回収されてないしな

・僕らはみんな河合荘
 良い意味で原作通り
 1~3巻までを完了、宮原さんのテイストがよく出てて良い感じだった
 恋愛ラボより年齢設定が高い(恋愛ラボは中学生)ので、恋愛関係に若干性欲が絡んでもスンナリ見れるし、この程度の方が私個人は面白いと感じるかな

・悪魔のリドル
 えっと…コレ、原作は漫画? ナンだか判らないケド話は全部終わった
 故に2期は無いと思われ…まぁ女子のみのクラス(学校?)に標的と殺し屋だけで作ったクラスとか、突拍子もない設定と風呂とか肌色成分がナニ気に多い絵面、併せて主役二人を筆頭に何組かの百合要素と、おっきなお友達要素が多かったのも事実

・selector infected WIXOSS
 まさかの分割2クール(1クール終了後、間を空けて第2期)となるとは…
 先日、wikiで見たが、ゲームの販促考えずにゲームを中心としてドラマを展開させる事を目指した旨あるが、販促とかそれ以前に、この話見た後では中心となるTCGを積極的に『やりたくない』と思わせる展開なんだが…
 スタッフナニ考えてるんだ?

・デート・ア・ライブⅡ
 全10話と云う事で、若干早めに終了
 今回は単行本2冊分? まぁデート・ア・ライヴの2期目と云う事でクオリティは前作同様作画に関しては良い
 話も…悪くは無いのかもしれないケド…チト消化不良気味
 原作読めばもっと面白いのかな…時間無いから読めないケド

・健全ロボ ダイミダラー
 今期、暗いってか救いの無い話が多いが、その中で明るくスケベ(下品…かも知れんが、明るいスケベになると思う…ハイスクールD×Dと同じ感じ)に作られた作品
 あぁ云う救いの無い話ばかりの中で、逆にホッとする
 『前尻尾』はもしかすると以降、思い出したように使う単語になるかも知れんwww

・星刻の竜騎士
 肌色分大目だけど、メインヒロイン(エーコがメインなんだよね?)は貧乳ツンデレと云う、一昔…程ではないが、半昔前の王道
 ナニ気に肌色要素も多かったが、AT-X版とMX版でシーン・カットが変わってた部分が有ったのに気付いたのは後半に入ってから
 原作小説も続いてるみたいだし、続編は有っても不思議ではないし、有れば見る

・ニセコイ
 全20話と云う事で、2クールより1ヶ月手前で終了した
 取り敢えず、物語が開始時点から殆ど進んでいない感じ?
 多分、原作漫画がそうなんだろうな…恋愛対象となるヒロイン・サブヒロインが多数出てきて混戦となるのはパターンと云えばパターンだが…特に述べる事無し…だな
 この手の展開のモノはToLoveるで完成した気がする…ってか、申し訳ないが、今作の2期ならToLoveるの続編の方が有難い

・メカクシティアクターズ
 う~ん、まぁ最初から途中まで話がナニも判らなかったが、最後を見てある程度納得
 異能の力を受け継いだ子が、インナースペースでゝ悲劇を演じてたが、現実に目を向ける様になる話…って事でF.A.?
 結局、良く判らなかったから結構流し見orBGVにしてたので、理解は足りてないと思われ

・神々の悪戯
 元は腐女史ゲームなのかな? 腐女史要素たっぷりの男神と女子高生の逆ハー物
 どぉでも良いけど、攻略用男性神の中にアポロンとハデスが同時に存在してるけど、コレって甥・伯父だよね(アポロンの父親がゼウスでハデスはゼウスの兄)
 しかも、箱庭を用意して世界の理を作ったのがゼウスとか…自分の息子と兄貴を陥れたのか? まぁゼウスってそぉ云うヤツだけどさ…
(3兄弟の末弟だが、小利口に立ち回って長兄ハデスを冥界の王として、次兄ポセイドンを海の王として追い遣り、自分が地上界の王となった)
 まぁ突っ込んだら負けの作品なんだろぉな…

・それでも世界は美しい
 もっと主役二人の年齢差や体格差をネタにナニか有ると思ってたが、思いの外純愛路線に走ってたのは意外(まぁ原作未読だから意外だったのかも知れんが)
 適度に笑えた(コレは池田氏・杉田氏はじめ声優陣の力が大きいか?)ので、2期が有れば見たい
 OP/EDのテーマより劇中に流れるアメフラシの曲が印象に強い…特に、場面ゝによって歌い方、アレンジ(ってのかな…疲れた歌い方とか、不意に口ずさんで仕舞った感とか)を変えてたのも印象に強い
 こう云う演出は好印象^^

 以上である
 7月開始アニメがナニか、まだ調べてない部分が多く、ナニ見るかは不明だが、取り敢えず減ると良いなぁwww
(コレばっかだが、実際、睡眠時間が結構地味に来るんで…)

 今回は結構長文で描いた作品も有るし長い記事だがここまで読んで貰えて感謝である
 次回は…ナニ書くか、ネタが有れば、と云う事になるが、無くてもナニか書くとは思うwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月13日 - 2014年7月19日 »