« ワイルダネス企画・東京公演と先週の補足 | トップページ | 14年10月開始アニメ »

2014年10月27日 (月)

14年09月終了アニメ

 10月も既に最終周な訳だが、遅まきながら9月に終了したアニメのインプレを書いて置きたい
 毎度の事ながら、もう少々見るアニメを減らしたい…とは思うのだが、思う様に減らせないのがナンとも…
 大器晩成型で後半異様な盛り上がりを見せる作品も多い中、今期も視聴本数が減らないorz

 取り敢えず、リストアップ…前回の視聴アニメのリストから、今期終了したものだけをピックする

■日曜日
・人生相談テレビアニメーション 「人生」
・さばげぶっ!
・スペース☆ダンディ
・月刊少女野崎くん
・DRAMAtical Murder

■月曜日
・精霊使いの剣舞
・ひめゴト
・アオハライド
・M3 ~ソノ黒キ鋼~
・ハナヤマタ
・Re:_ハマトラ

■火曜日
・魔法少女大戦
・モモキュンソード
・HUNTER×HUNTER

■水曜日
・まじもじるるも
・LOVE STAGE!!
・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei!

■木曜日
・グラスリップ
・東京喰種トーキョーグール
・残響のテロル
・真 ストレンジ・プラス
・PSYCHO-PASS 新編集版
・RAIL WARS!
・普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

■金曜日
・六畳間の侵略者!?
・東京ESP
・信長協奏曲

■土曜日
・金田一少年の事件簿R
・少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-
・アルドノア・ゼロ
・魔法科高校の劣等生
・戦国BASARA Judge End
・キャプテン・アース
・ばらかもん

 5+6+3+3+7+3+7=34…視聴アニメが42本/週だったので、8本が次期も継続放映する作品と云う事になる
 2クール作品もソレナリに終わったし、HUNTERの様な長期放映作品も終わったのが特徴と云えばそうかな
 10月期のアニメで見る作品が少なくて済むように祈りたい
 まぁ兎に角、各作品のインプレに行ってみたい

・人生相談テレビアニメーション 「人生」
 最初は真面目に人生相談する気は無いギャグ系だと思ってまぁ可も不可もなしと思っていたが、最後の生徒会長とのアレコレに関してはマイナス評価
 生徒会長の不正を暴く為に情報提供者に部費で賄賂(食事を奢る)とか、どっちが不祥事だ?
 最初から内容を気にしてはいけない作品だろうけど、コレは酷い

・さばげぶっ!
 最後まで『ステラ女学院~』との差別化が良く判らんかった
 まぁアレより更に内容を無くした様な感じか…取り敢えずキャラのみで押した感じ?

・スペース☆ダンディ
 結局、内容の無い話を長々2クール分放映して、最後に『実は主人公が特異点でした』的なオチを付けて来た
 まぁ…ナンと云うか、スターウォーズ以前の、一般作品より下に見られていたスペオペ…って事でF.A.

・月刊少女野崎くん
 ガンガンオンラインの4コマ(普通に描かれてる話数もある)原作だが、今期の1押し
 キャラの個性も良いが、やはり声優の布陣も良かったんだと思う
 原作もガンガンオンラインで読んだが、原作kに忠実なのにアニメで面白さが倍増している
 次期が有れば必ず見る

・DRAMAtical Murder
 腐ゲー原作だっけ?
 まぁ腐要素を持ってる人には需要は有ったかも知れない…ナンせ、女性(老人を除く)が殆ど出てこない訳だし
 話としては…まぁ普通にSF? 破たんはしてなかったな
 話の繋がり的に次期は無いと思われ

・精霊使いの剣舞
 肌色アニメなんだが…ニーハイソックスに拘りが有るのは判るが、ソレばっか押してた?(EDテーマとか)
 話は…中途半端な所で終わった感は有る…俺達の戦いはコレからだENDとして見ればいいのか?
 次期は…多分無いと思われ

・ひめゴト
 女装男子系のコメディ~ギャグ?
 最後の2話が雰囲気を台無しにした感が有るかな…
 綺麗に纏める為に不自然に放り込んだ的な…まぁお陰で綺麗に纏まったとは思うが若干の不満感は有る

・アオハライド
 純粋な恋愛漫画で、最近そう云う話は少なかったので逆に新鮮
 アニメの出来も丁寧で、出来は良かった
 ジャンル的にメディア購入までは考えなかったが、フと見返す事は有るかも知れない

・M3 ~ソノ黒キ鋼~
 結局、マッドサイエンティストを野放しにするとロクな事が無い…と云う事でF.A.?
 話が全体的に暗く、救いが最後にチラッと有ったかな? 程度で殆ど救われて無い
 何処を狙った作品なのか、微妙に判らなかった

・ハナヤマタ
 えっと…コレも萌えを目指したのかと思うんだけど、キャラ的に私には合わなかったかな
 まぁ何故よさこい? と思わなくもないが、その辺は中学生がナニにハマるかとか、結構、切っ掛けは他愛も無い事が多いので考えないにしても…
 そう云う訳で、話は悪くなかったと思うが、熱を入れて見れなかった

・Re:_ハマトラ
 前期の続きで解決編とでも云うのかな
 一応全ての伏線は回収したかな…話に無理は無かったと思う
 まぁ大事件を起こした切っ掛けは思い込み…と云う事も良く有る話で
 で、結局、元の木阿弥…って事で
 次期は無いと思われ

・魔法少女大戦
 24話で各3話を1つの話にして8人の魔法少女を紹介したかな
 其々がオムニバスで殆ど繋がりが無い
 ソシャゲの宣伝用アニメとしては、まぁソレでも良いんだろぉな

・モモキュンソード
 取り敢えず、最後は鬼ヶ島崩壊…って、崩壊までさせて終わったwww
 やはり元はパチンコで、その後ラノベ化(デジタルラノベ…ってナンだ?)された作品らしいが、その所為の有ってか結局八方丸く収まる感じでの終わり方だった
 そう云う明るい作品が好きな面子には好まれるかも知れないが、基本内容が薄いので、私の様な者には不向き
 次期は無いと思われ

・HUNTER×HUNTER
 3年半? やった訳だが、原作に追いついたんだと思う
 キメラアント編は特に無理に話を進めなかったんぢゃないか? と思う回が何回も有ったし
 前回アニメ化した時(前期では無い…今回は頭から作り直した)には原作に追いついて終了した訳だが…今回も同じである
 原作漫画は更に先がある様だが、まぁ今回はゴンが目的(ジンに会う)を果たした事だし、綺麗な所で終わったかな

・まじもじるるも
 う~ん、可も不可も無く…って感じ?
 一応、主人公の性格設定から、パンツ描写とかソレナリに入れてた訳だが、申し訳ないが原作の絵柄的に萌えの要素が低い分、余り色気重視は無用に感じた
 一部、心に来る話は有ったが、その路線で行った方が私的には好感を持てたかと

・LOVE STAGE!!
 ノンケ2名のイケメン男子のやおい…な訳だが、どうだろう
 男目線だからかも知れないが、友情以上を感じても愛情を感じる事は無いかなぁ…元から素養が有るなら兎も角
 しかも、最終回はベッドまで有りとか…まぁ無いなwww
 腐向けならコレで良いのかも

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei!
 うん、前期も含めてFateでは無いよね、既にwww
 まぁソレは良いとして、別作品ってかスターシステムの一つとして見れば良い訳だが
 ソレナリに熱いし適当に笑える良い作品だと思う
 肌色担当がイリヤ・クロ等年少組なのは…大丈夫か?www

・グラスリップ
 凪のあすからは結局超えられなかったな…P.A.はやっぱこの程度か…と云う感想が頭をよぎる
 この作品の一番無茶な所…駆って、夏休み中に転校して来て、夏休み終わる前に転校して行った…って高3だぜ?
 普通、高校なら転入の為に試験くらいやるだろうけど、前校の調査書を今回の舞台の高校に提出して、在学期間なしで次の高校宛てに調査書書かせんのか?
 凪の~の出来が良過ぎた(P.A.としては)のかも知れないが、やはりこの連中はオリジナルを作るべきではないと思う

・東京喰種トーキョーグール
 まぁ原作がそうなんだろうけど…グロ担当
 話としては良いと思う、人間とグールの両方の世界を見れた主人公が今後どう選択するか…ってか、両方の能力を持ってる方が強いってのは…お互いに庇い合える能力が有る場合なんだけど、この場合、ハーフって弱くなんね?www

・残響のテロル
 話は判った
 好き嫌いは有ると思うがキャラも良いし絵も綺麗だった
 けど…なんか私には合わなかったかな
 ファイブの行動理念も少々判らなかった(ノインと対決できる場が欲しかっただけで米国政府のエージェントになるってのも…ねぇ、日本警察で無く米国政府ってのがナンだか)
 主役級が殆ど死んだし、次期は無いだろう

・真 ストレンジ・プラス
 5分のギャグアニメ
 一応の人間関係を説明する程度のストーリーは有るけどその程度
 一話完結だった事も有り、何時でも再開可能だが、次期は有るかなぁ…?

・PSYCHO-PASS 新編集版
 次期に向かって、2年前の作品の再編集って事で
 まぁ結末を知ってるからこそ、途中で入った新規シーンの意味も判った訳だが、取り敢えず2期を楽しみにしてる

・RAIL WARS!
 まぁ適当に切りの良さそうな所で終わらせた感じだが…
 結局、高山のモテフラグを立て捲っただけで終わった気もするし…
 話として、チト無理が有ったかな
(国鉄が残ってるのは良いとして、学生研修に鉄道公安やらせるとか、拳銃所持が許可されるとか…)

・普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
 今期のお勧め株の一つ
 ほのぼの系で良い作品だった
 原作は4コマで3巻までの内、2巻まではほぼ完全消化したので、次期はあってももう少々先かな…
 魚心くんはマジ流山の公認ゆるキャラで良いと思うがwww

・六畳間の侵略者!?
 ラノベ原作アニメのお約束的に展開が早いwww
 2話で1冊くらい消費してると思う…取り敢えず、登場人物との『仲良く領地争い』の構図は作れた…って所で、締め
 二期も作れるんだろうけど、ラノベ作品乱立の御時世、かなりメディアが売れないと多分次期は無い…私は買わないwww

・東京ESP
 結局、鍋島警部がスターシステムでナブーと絡んでるだけで喰霊とは関係ない話だった
 独立した話として視聴すれば、普通に超能力者同士のバトル及び恋愛漫画作品だと思う
 可も不可も無く、適当に面白かったかな

・信長協奏曲
 本当に最近、信長題材多いよな…
 と、云う事で今回はタイムスリップモノで、現代高校生が戦国時代に来た話
 幾ら勉強苦手な劣等性だからって本能寺の変を知らんとか、有るのか?(高校進学出来たんだろ?)
 何時、どんな背景で…とかは知らんでも、誰が誰に討たれたのか…程度は知っとけよ

・金田一少年の事件簿R
 第2期ってか既に人間関係はある程度有る事を前提としたリメイクって感じ?
 基本、事件の謎解きが主題の作品だから、人間関係ナンザど~でも良いと云えばそうだんだが…
 ソンな事を紹介する時間が有れば、より複雑な謎を持った事件に挑め…って事なんだろう
 元々、金田一少年関係は横溝側と悶着が有ったりトリックの盗作問題も含めてダーティなイメージが先行してる訳だが、そんな感じ

・少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-
 コレも腐要素の作品だけど、今回の腐要素作品は正当版ってか女性一切抜きで展開する(逆ハーレム系では無い)作品ばかりだった感じ
 解散したアイドルの名を引き継いだ無名のデビューまで…って事で良いのかな
 初舞台を踏んだ所で一区切りついた訳だし、次期は無いかと思われ

・アルドノア・ゼロ
 虚淵が途中で降りたって話だが、取り敢えず最後まで見て思った事は『虚淵が最後までこの展開で描いてたら、主役級はスレイン君以外全員死んでるよね』って感じかな
 まぁ虚淵に有りがちな説明不足も無かったし、下ろして正解だったんぢゃね?

・魔法科高校の劣等生
 一部ですておに(素敵ですわお兄様)アニメと呼ばれているらしいが…まぁそぉだろぉなwww
 本来、完全無欠の妹と欠陥持ちの兄…と云う触れ込みだったと思うのだが、兄貴が完全無欠過ぎる描き方がされており、確かに魔法力不足云々は有ってもソレを補って余りある能力を発揮してる感じだからねぇ…
 絵は整ってたし声も良かったが、作品としてはどぉかなぁ…微妙

・戦国BASARA Judge End
 時代は関ヶ原の戦いまで来たが、話は…関ヶ原で天下が決まった様になって無い…まぁ既に史実カッ飛ばしてると云えばその通りなので、その辺を気にしたら負けなんだろう
 流石にコレ以上の次期は無いと思われ

・キャプテン・アース
 途中、中弛みってかな…遊星歯車装置の発見・覚醒等の話が続く辺りは必要なのかも知れんがパターン化していてだんだん見る気が失せて来ていたのは事実
 最後は結局、遊星歯車装置もその機械(ナンだっけ?)も全滅…って事で地球的には目出度し目出度し…って事なんだと思うけど、結局、最初の煽り文句通り1夏で終わったんだっけ?
 まぁ話の絡みから、次期は無いだろう

・ばらかもん
 出来は良かった
 今期はガンガンオンラインの掲載作品がアニメ化された作品が2点有ったが、両方とも良作であったと思う
 1クールで終えた訳だが、綺麗に終わらせた事も好印象で、次期が作れる様に話は続いている…当然、次期が有れば見る

 最後に、今期アニメでは無いが、イキナリ特番2夜連続で2クール目をやらずに強制終了…となった作品が有るので、コレもインプレwww

・バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-
 よほどメディアが売れなかったのか、1期でアレ程中途半端な終わらせ方したのを2話で無理やり終わらせやがったwww
 主人公カップルが現代に帰った事(未来に居た最中の記憶も失ってるぜ…その辺の説明もカッ飛んでるなwww)で続編は(まぁコレだけ無茶な終わらせ方したんだから有る筈無いが)無いだろう
 兎に角、伏線を回収する為だけに1時間分やった…って感じで、一応伏線は回収されてるがタイムパラドックスの矛盾とか、記憶を失う形で全部無かった事にしてやがる…
 もぉナニを語れば良いのかすら判らねぇ…以上

 と、云う事で、次は10月開始アニメのインプレに取り掛かりたい
 来週で間に合わなければ、次は別のネタにして更に翌週…となるかも知れんが、ソンなに本数増えないと良いなぁwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« ワイルダネス企画・東京公演と先週の補足 | トップページ | 14年10月開始アニメ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

何度か話したかもしれませんが。

野崎くん、ろこどる
正直どちらも大して期待してなかったですが、
野崎くんは友人が「見て」と言われたので見ましたが
その友人にはとても感謝しています。
どちらも決して重い展開にはならない。

野崎くんはすれ違いのギャグと言えばいいのでしょうか、野崎くんと千代ちゃんのやり取りが良かった。
それ以外のサブキャラの絡みも良い。
何故かあまり不快にならない。
前野もギャグとして許せる感じ。
何より千代ちゃんが乙女で可愛い。
売れる理由はわかります。

ろこどるは、話が各話単体としても、シリーズ全体としても良かった様に思います。メイン4人のキャラも可愛いし(個人的にはゆい先輩かな)、おじさんもマネージャーも良いキャラでしたし、この作品も不快感ゼロです。
奈々子の成長と縁との関係、ろこどるとしての成長など、話を綺麗にまとめてある。原作4コマとか思えないくらいです。

アルドノアゼロ
後半に期待。
あそこからどう持っていくのか楽しみです。
評価については途中なので深くは触れませんが期待はしています。

キャプテン・アース
キャラデザは良かったんですけどね。。。
キャラを活かしきれてない(特に敵キャラ)
中盤の中だるみ、同じような話を、数話繰り返していたのがね。。。その分色々掘り下げれば良かったと思う。それか後半もう少し余裕を持って欲しかった。

魔法科高校
お兄様がチート過ぎる。
敵に対しては容赦ない、ただの虐殺にしか見えない気もする。。。結構血なまぐさい感があるのが好き嫌いを分かれそう。お兄様最高、素敵と割り切って見れば、それはそれで楽しめるかと思いますね。

るるも
クセはあるけどキャラも可愛いし、悪くはないけど、終わってみると、あまり残らない感じですね。
重たい話をどうとるかですね。軽い時との落差が大きいのが。。。


ハナヤマタ
12話でうまく話をまとめて、構成が良かった感じ。
ただキャラデザで損をしているイメージはありますね。続編あれば見ますけど、何かを買うほどではないですね。

投稿: まー | 2014年10月28日 (火) 23時11分

Shot>まー さん
 コメント感謝します
 亀レス申し訳ありません…昨日は職場を休んで私用に走り回ってました

 さて、前期のアニメについては確かにお会いした時に何度かお話ししましたが

 野崎くんは今回一押しでしたね…後述のろこどるとかも良かったんですが、一番は野崎くんだった気がします
 結局、今、メディアを買ってるのがコレだけですし(アカメも若干悩んだんですが、2クール物だし、年明け以降にログ・ホライズン2が多分メディア化されるしね)
 私も野崎くんは事前情報が無くて、取り敢えずで見る積りでしたが大収穫でした
 最近はiPod touchとiPad miniの両方にガンガンOnLineのアプリを入れて原作漫画の最新状態をチェックしてます
 アレって掲載期間過ぎると既読漫画でも見れなくなるのね…知らんかったorz
 で、原作もソンな感じで読み始めましたが、結構原作に忠実にアニメ化しているのにアニメの方が面白く感じるのは声優さんの妙演でしょうね
 アニメの後で原作…だと少々物足りなくなる位です

 ろこどるは原作単行本を買いました
 未だ3巻までですので、ソコまで苦でもありませんでしたし
 そうですね、主役4人では一番人気になりそうなのがゆい先輩でしょうね
 なにゃことゆかりはどうしても主役(逆)補正で一番にはなり難いですし、なづっちは登場が遅過ぎました
 おじさんは原作ではソコまで登場するキャラでは無かったんですが、スタッフに気に入られたのか、登場回数が増えてますね
 如何にも地方公務員的な『ノラクラかわす』的なキャラで良い味出してます
 沙織さんも趣味が高じてマネージャー業にとかキャラとして充分立ってますし

 アルドノア~、2期がどうなるか見ないと評価しづらいですね
 1期のみの話で云えば、未完成品…としか云えない終わり方ですから
 まぁ…本文にも有る通り虚淵がそのまま書いてたらスレイン君以外全員死亡から第2期になったと思いますが、実際どうでしょうね

 キャプテン~遊星歯車装置の面々が確かに個性を出し切れてないかな…其々、覚醒に1~2話使ってるのにねぇ
 やっぱ、古来からのロボットヒーロー物(宇宙からの侵略vsヒーロー)ってのは、基本、侵略者の個性に拠って出来が左右されますからねぇ

 魔法科高校~確かに達也がチート過ぎますね
 本来『劣等生』の名の通り欠陥持ちな筈なんですが、アニメでは完全にその辺をスポイルして描かれてます
(魔法力の件、感情欠落の件、その他諸々)
 敵に対しての容赦の無さについても、ある意味感情欠落の一環な訳ですが、その辺の説明が全くアニメではされてませんしね
 『生徒会の一存』とは真逆(原作小説での情報量が多過ぎ)の意味でアニメにし辛い作品だったんだと思います

 るるもは私的にはそのクセがチト気になったんで、キャラのフォルム的には萌えは余り感じませんでした
 故に下着描写とかが有っても…タイプは違いますが『クレヨンしんちゃん』の『ゾウさんぱお~ん』と同じ程度のものにしか見えませんでした
 話が重いってかシリアスな話の方が好みでした…まぁ絵と合ってるって意味ではギャグ方面の作品だったんだと思いますが

 ハナヤマタは確かに1クールで綺麗に纏めましたね
 キャラは…可愛いんだけど私には萌えにはなりませんでした…他の人の目にもそうだったのかな
 続編って…アソコまで綺麗に纏めると続けるのも逆に大変な気がしますが

 今後もよしなにお願いします^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2014年10月30日 (木) 12時15分

お疲れ様です。私は野崎君と信長を視ていました。

野崎君は原作に忠実な作品はネタが判っているんだから面白くないだろと思っていたのですが、原作が面白ければアニメーションで改めて視ても面白いことがよく理解できました(^_^;)緩急はありますけど基本四コマを読むテンポで話が進むからでしょうか?

信長の方は原作を結構端折ってインパクトのある部分をピックアップしたダイジェストっぽい感じを受けました。それでもストーリーが破綻しているとも思わなかったのでアニメーションは端折りどころをよくわかって上手くまとめたのかなという印象です。サブローがときどき現代語を口から発して家臣らが「???」となる感じが凄く笑えました(^_^;)

投稿: いぶき | 2014年11月 3日 (月) 13時02分

どもです。PCの調子が悪くてあれこれやってる内に遅くなっちゃいました。

スペースダンディは面白いとは言いませんが、あのデザインとか音楽とかは特筆に値すると思います。主題歌の岡村靖幸なんかどっから連れてきたんだか。まあそういう妙な方向性の力の入れようも含めて笑って見てるのにはいいと思いました。

RAIL WARS!は、JRでなく國鉄などというものを持ってきてまでOJTで学生にここまでやらせるか?と、そこは一応突っ込んでおくべきでしょうが、まあ若者があれこれ体当たりで問題を解決していくというある意味王道ですし、肌色やハーレム展開に異論がなくはないですがまあ面白かったです。

アルドノア・ゼロ。あのラストにはなんともエライところで一時停止をかけたもんだとただただ驚かされました。ここまで毎回展開にびっくりさせ続けられたアニメも珍しいので、とりあえずこのまま続きも待ちたいと思っています。

ばらかもん。これは文句なく良かったと思います。大人を主人公にした「よつばと!」と言ったところでしょうか。続きがあるなら見たいです。

バディコン完結編。ま、一応オチをつけてみましたと言う所だと思います。しかしサンライズのロボットものだというのになんとも徹頭徹尾盛り上がらなかったなあ~。「パトレイバー」の後藤隊長を彷彿させるあの艦長さんだけは良かったと思います。

キャプテンアースはなかだるんだ頃に大義くなって、録ってはいるけどそのままです。だいたいいろいろ状況や用語の説明はしょり過ぎですわ、富野アニメでもあるまいに。どうしたものかなあ。

でわでわ。

投稿: あひる | 2014年11月 3日 (月) 22時34分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝です
 亀レス失礼します

 野崎くんは今回秀逸でした
 私は原作未読でアニメを見てその後にガンガンオンラインを繋いだり秋葉原ナンかで単行本を立ち読みしたりしましたが、余りに原作に忠実だったので吃驚しました
 例えば『みなみけ』は4コマではありませんが、ショートショートの様な『シチュエ¥ション単位』の漫画を原作にしてアニメで成功している例もありますので、その辺はスタッフの感性と腕なんだと思います
 少なくとも野崎くんは良かったですね
 併せて、声優陣が見事に有ってました…やぱ中村悠一氏と岡本信彦氏は旨いわwww

 信長~は結局、今でも原作は読んでません
 確か、正史では明智光秀って斎藤道三のとこに居たんぢゃ無かったっけ…その辺、私も勉強不足ですが
 まぁこの手の歴史パロ(大きく出れば三国志演義も歴史パロだけどな)で細かい事云うと際限無くなりますが、取り敢えず私としては此処1年前後の『信長フィーバー』とでも云いますか、ノブナガン,ノブナガ・ザ・フール,ドラマ『信長のシェフ』等々チト食傷気味でしたし、その偏見も有ってか余り楽しめませんでしたが…
 話は結構端折ってるんですね…まぁ歴史の転換点になる要所要所は抑えてたので、確かに違和感は感じませんでしたが
 声優的には梶裕貴氏(本物の信長:明智)と宮野真守氏(主人公:サブロー)は前から声質が似てると思ってたし良いチョイスだったとは思いますが


Shot>あひる提督
 こちらもコメント感謝します
 コメントなんざ手の空いた隙に戴ければソレでブロガーってのは満足するモンです
 これからもよしなにお願いします^^

 ダンディは…そぉか、話を追わずに制作したスタッフやら周囲に目を向けるべき作品だったんですかwww
 私は音楽には疎い(アニソン・特撮・ゲーム音楽を覗く)ので、恥ずかしながら岡村靖幸と云う人もピンと来てないのですがその手の人には垂涎なんでしょうね
 まぁそう云う作品も有っても良いかも知れませんが、私には合いませんでした

 RAIL~は、まぁ仰る通りですね
 高校生にやらせる研修内容ぢゃ無いです…ってか、ベテランでも手を焼く様な事案が矢鱈多かった気がしますが…
 まぁ本気のヲタってのは、下手なプロより知識量も有るし、若いからある程度の無茶も出来るって事で進めてるんでしょうけどね…

 アルドノア・ゼロは…本当に話途中ですね
 分割2クール(1クールで間を空けてもう1クール)って最近は良くやる手(制作会社に連続で2クール作る体力が無い)ではありますが、此処まで中途半端な所で切ってどぉするよ…と云うのは正直な感想です
 取り敢えず、今回の話はプレストーリーで主人公からナニから登場人物全取っ換えで後日談が本編です…と云われても納得出来る状況ですしねぇ

 ばらかもん…これも秀逸でした
 本編にも書きましたが、今期は野崎くんと併せてガンガンOnLine勢が非常に出来の良い作品を作ってくれました
 よつばと!はあずまんが大王の延長で読みましたが、4巻位までで挫折しました…ばらかもんでは拒絶反応は無いんですけど、どう云う違いかなぁ…

 バディコン…完全に失敗した感じですね
 メディアも然して売れなかったのか、2期を潰して1時間で締めましたし…上記アルドノア・ゼロが二の轍を踏まないかチト心配ですがwww
 艦長は速水奨氏…マクロスのマックスでで色男役が板に着いた感じでしたが、演技の幅なのか、飄々とした役でも安定してましたねぇ…

 キャプテンアースはまぁ一応話は完結してるので見るなら止めませんがお勧め…とは云えないかな
 まぁ中弛んだ所って、私も感じてた遊星歯車装置の面子を一々覚醒させて回ってた辺りだと思うんですが、ソコからの展開が気になる様なら見れば良いし、気にならんと忘れる様ならソレで良いんぢゃね? って感じですwww
 説明不足は確かに有りますね…別に虚淵作品みたくwikiで情報確認しないと話が判らん…とまでは行かないから、一応見れましたけど

 では、今後もよしなにお願いします^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2014年11月 4日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/60551847

この記事へのトラックバック一覧です: 14年09月終了アニメ:

« ワイルダネス企画・東京公演と先週の補足 | トップページ | 14年10月開始アニメ »