« 柿本光太郎氏2連荘 | トップページ | 刑事ドラマと劇場映画のディレクターズカット »

2014年3月 3日 (月)

光太郎氏の映画詳細とXライダーDay

 と、云う事で日々平凡に過ごしてる訳であるが…ネタとして

 先日、ビリー・ザ・キッド東陽町店に行った時の話である
 前回の記事で劇場版:仮面ティーチャーに倉田氏御長男である柿本光太郎氏が出ていた話はしたと思うが、登場シーンが完全に確認出来なかった件について
 前回記事の3つの候補について、1及び2が登場シーンであったと本人から確認が取れた
 今回、主役に対抗して登場する体罰教師が赴任して最初に指導(体罰)をした3人組(カツアゲ中)で、その後、もう一人の新任教師が指導(強制ナンパ中)した2人組と併せて反省(?)部屋に放り込まれる(一応此処で2シーンになるのかな?)と、校外の高架下辺りで退学までの持ち点が僅かになった事に愚痴ってる最中に、仮面の教師(上記新任教師+1)がやって来てタコ殴りにされる(暴行シーンは描写無し)シーンで併せて3カットである

 ちなみに、別の日にバッタもんで話を聞いたところ、バッタもんの常連仲間(此方も俳優業)が半モブとして出演しているとの事
 丁度会えたので聞いた所、新生徒会(上記新任教師の肝煎りで作られた、生徒を指導する生徒集団…体罰が公には許可されない教師に代わって暴力が許可された生徒)の下部組織員として出演しており、此方はパンフに写真が載っていたがエンドクレジットを含め名前が載ってない(劇団○○で纏められたのだそうで…)との事
 更にちなみに、此方で『この映画に光太郎氏が出てる』旨話したら、そう云えば出演者同士で挨拶した覚えが(しかし、ソレが光太郎氏とは思って無かったそうで)…と云う話も有った様で
 今度、ビリーに行って挨拶し直そうか…とか云っていたが、どうなったモンだか

 別件で、倉田氏が昨年末辺りから多忙にしていた理由も判明した
 今年秋の公開予定らしいが『レプリカント・イブ』と云う劇場作品に出演するのだそうだ
 主演は仮面ライダーディケイドで主役の門矢士を演じた井上正大氏の様だが、ソモソモこの映画、公式WEBがまだ出来て無い故にドンな話かも良く判らないのだwww
 出演者インタビューの記事がビリーに貼り出されてたから判った様なモノで、秋公開で昨年末から今も撮影に出ずっぱりの様なので、ソレナリに出番の多い役ドコロなのだろう、最近、映画づいているがコレも見る候補に入れる事にしよう
 此方でもちなみに、だが、井上氏は上記の通り平成ライダーな訳だが、今月末公開の平成vs昭和ライダー大戦には出演するらしい…倉田氏はどぉも此方には出ない様なのだが…orz

 同時期に撮影に入っていた速水氏(Xライダー:神敬介役)は年末(クリスマス)→正月明け位までの撮影だったらしいが、倉田氏はその頃、上記のレプリカント・イブの撮影中だった訳っで…その主役である井上氏は速水氏とも共演していた様だが…どう云うスケジュールだったのかなぁwww
 まぁ今回はXライダーと555(元々555はXをオマージュして作ったらしく、メカメカしい外見や多彩な武器を使用する辺りに反映していたらしい)の対比を描いた部分が多い作品らしいので、ディケは出ててもソンなに多い場面では無いのかも知れないが

 さて、ソンなコンなでバッタもんでのXライダーDayに話は移るが、上記仮面ティーチャーで半モブだった彼と話したのもこの日である
 まぁソレは兎も角、この日のメインイベントは昨年12月に行われた福岡ライブのDVD観賞会であった
 詳細は既に速水氏のブログでも紹介されているが、速水氏が持参されたDVDがど~もデータに不具合が数カ所あり、デッキに認識されない状況に…
 弐剛会の副会長が電機屋にひとっ走りしてダビングディスクを作成、無事鑑賞出来たのだが…Xライダーの歌(OP・ED)よりも自分で選曲したと云う矢沢永吉の歌の方が声質に合ってたのがナンとも…
 逆にライダーのテーマソングの方がナンと云うか…『コレぢゃない感』と云うか…結局、ホストである岡崎徹氏(アマゾン)と合わせて10曲ほど歌って終わり…と思ったら、ラストにアンコール? 舞台に引っ張られた人に見覚えが…村枝賢一氏(漫画家:仮面ライダーSpiritsを連載中、弐剛会会長)ぢゃないか…
 で、岡崎氏・速水氏・村枝氏が舞台で『レッツゴーライダーキック』を合唱して終わった…ナンと濃いDVDだwww
 まぁその鑑賞会も含めて結局午前0時を過ぎての解散…翌日平日だったんだがなぁwww
 まぁ仕事にはならんかったのは云うまでも無いwww

 さて、此処でもう一つ…
 先日、バッタもんで嫌われる客の話をしたかと思うが、此処にもう一つのパターンが追加された
 所謂『社会的な関係をバックボーンに入店する輩』である
 佐々木氏もバッタもんの店主としての顔だけでなく、舞台俳優や上記速水氏・岡崎氏やスーパー1高杉氏と組んでイベント等にも出る事が有るが、その辺りの関係者からの『たってのお願い』と云う事で、満席状態のバッタもんに強引に入店してきた人がいる
 前にも若干書いたかと思うが、XライダーDayは昨年10月から始めたが、最初の1・2回は余り知れ渡る事も無く、平和に『速水さんを囲んで当時の話等で盛り上がる』だったのだが、知れ渡ると毎回満席状態が当たり前になっている
 流石に2号ライダーの店に同じ昭和ライダーであるXライダーが来る日である、と感心する事しきりだが、私は弐剛会員と云う事(イザとなれば立ち飲みもアリだし、給仕・下膳等の手伝いもする要員として)もあり、若干遅くなってソレナリに人が入っていても入店が許可されるのだが、この日は毎月若干の予約と開店時からソレナリのお客さんが来るのが定番となり、かなり早い時間に満席状態になる
 ソレで、後から来た一般客はお断りする事も有るのだが、諦め切れない輩が上記の様な手段で搦め手で入ろうとするのだ
 結局、そうなると断わり切れずに入店出来る(通路に丸イスを置いての形になるのだが)事になったが…
 一応、ボッチ客として来た訳だし、放って置く訳にも行かずに適当に話題を振ったりして相手をしたが、元々XライダーDayだし、余り接客に余裕が有る訳ではない
 当然、弐剛会等の身内では無いので、基本的な閉店時間で帰った(まぁ出張序でで東京に来ており、ホテルに帰る都合も有ったらしいが)のだが、閉店後の身内だけ状態の時には今後の対応等も話されたのも事実だ
 結局、この辺が難しい所で、出来る事なら希望者全員を入店させたいのも本当だが、ママさんと佐々木さんの2人では対応出来る人数に限度が有るのも事実で、単純に店の面積を大きくすれば良いと云う問題では無い
 故に満席以上の場合は断るのだが、搦め手で入店しようとする客でも断るか…と
 まぁ基本、人情家の佐々木さんの事だ、佐々木さんにお伺いを立てれば『ソコまでして来たいなら立ち飲み条件で…』とか云い出しかねないが、ソレでは普通に入りたくて来た客だってどうするよ…と云う事にもなる
 その辺はママさんが矢面に立って断る時は断るのだが…店の運営の問題に関しては弐剛会でも本来は部外者な訳で、オブザーバとして意見は云えても、本来口を出す問題では無い
 今後、どう対応を決めるかは判らないが、取り敢えず店に迷惑掛ける行為は辞めようよ…とは云って置きたい

 さて、字数も結構な感じになったかな
 次回のネタは…特に無いと思うが…そう云えば3月になり、来月はもぉ消費税率が上がる
 8インチタブは結局まだ買ってないが、税率が上がる前に買うなら、現行機種で選ぶしか無いんだよな…
 今月新機種が出るとか云う話は全く聞かないし
 となると、ASUSが一番かなぁ…とも思うが、その辺を今月に1回書くかも知れん
 来週かどうかは判らんがwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 柿本光太郎氏2連荘 | トップページ | 刑事ドラマと劇場映画のディレクターズカット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

柿本 光太郎」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
本来ならば来客歓迎なのでしょうけど定員に達したのであればお断りの方向にするのが常連・一見関係無くフェアなんだろうなと思います。
境目になるのは、まったけちゃんの様にお店に入れるとプラスに働く人なのか、単なるお客様なのか。
その辺の見解はまったけちゃんの書いた通りお店の経営方針なので経営サイドの判断に委ねられるものなので、お店と参加者の良い関係を保つ工夫をしてもらうしかないでしょうね。
それにしても、色んな来店者がいるモンだねホント……(^_^;)

投稿: いぶき | 2014年3月 8日 (土) 07時31分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝します
 亀レス失礼します

 まぁねぇ…定員に達した時、どの客なら無理してでも入れるか、どの客なら断るか…その辺の塩梅は店主でも難しいのかも知れません
 まぁ定員以降はバッサリ…と云うのが一番平等なんでしょうけど、常連とかは大事にしたい人情も有り
(逆に常連なら話を通せば判って貰えるから…と云う計算も成り立ちますし)
 まぁ私も手伝うと云っても微々たるモンだし『最悪、立ち飲みでも文句を云わない客だから居させてやる』の意味合いの方が強いのかも知れませんwww
 まぁ単に飲み屋のオヤジって肩書きでなく、他の立場も有る人ですから、しがらみをどう処理するか…実際、開店当時は然して有名でも無く、常連と1~2回来れば満足するFanだけで持ってた店だったのが、しがらみを持った客も来る様になり、ソレ目当ての客とか色々背景が出て来て、何時の間にかソレナリに有名な店になってたりすると考える事が大きくなるのかも知れません

 まぁそうなった時には相談相手程度にはなっても結局決断は店の人(佐々木さん+ママさん)がする事になりますから、常連・非常時の手伝い程度の人間は決断に従うのみです
 まぁ、ソレ以前に、本当に『店・佐々木さんに迷惑を掛けない様に』と云う心構えで来てくれる人ばかりだと助かるんでしょうけどねぇ…
 やっぱ、こう云うウリの店は色んな人種が来るもので、話のネタには事欠きませんwww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2014年3月10日 (月) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/59230156

この記事へのトラックバック一覧です: 光太郎氏の映画詳細とXライダーDay:

« 柿本光太郎氏2連荘 | トップページ | 刑事ドラマと劇場映画のディレクターズカット »