« 徒然なるままに…('13/07/29) | トップページ | 死にかけました… »

2013年8月 5日 (月)

糖尿病通院と新ライダー

 と、云う訳で前回から通院間隔が若干伸びた関係で7月の通院は行わず、8月1日に行った訳だが

 検査(今回も血液検査のみ、尿検査無し)結果、HbA1Cは6.1となった
 治療を始めて、初めて数値が悪化した(6月の結果は6.0)訳だが、医師に云わせれば今まで順調に落ちて来たし、健常値になってから、その範囲内(一応、国際基準で『優』と評価されるのは6.2未満…数値自体が小数点第一位までしか数値化されないので『優』の上限が6.1となる)でプラスになる事はまぁ問題無いとの事
 ちなみに、医師から聞いた話だが、この数値も下限があり4.8辺りになるが、基本、この数値は1ヶ月強の期間での平均値になるので、下限値になる様では常時低血糖を心配する数値であり、逆に治療が必要になるかも知れないそうでwww

 まぁ7月一杯の血糖値平均(医者の指導で2日に1回の測定なので、15~6回の測定による平均だが)が100.19と6月の98.18に比べて若干上がってるのは気になっていたは気になっていた
 また、上記の通り測定が2日に1回と云う事で測定後は少々遊んだ(カロリーが少々高めの物を食ったり等)りもしたので、今回の数値上昇は有る意味、予想していた範疇でもあるのだが

 取り敢えず、上記の状況も医師に報告した上で、今後多少の自重をした上で、投薬量は先月のまま(朝食後1錠の薬と朝食後1錠・夕食後2錠の2種類)で様子を見ることになった

 併せてその場で医師から聞いたのだが、またHbA1Cの指針基準が変わったらしいwww
 昨年9月末に治療を開始した時は日本基準(JDS)と呼ばれる基準だった所、年末辺り(入院前後だった気がするので、11月末辺りだったろうか)には国際基準(NGSP)と云う基準で判断する事になったと説明を受けたが、今度は日本糖尿病学会がこの数値を6.0%・7.0%・8.0%の3段階(ってか、この数値、パーセントだったのか…ソレすら知らんかったぞ? 何のナンに対する%かが判らんのでナンとも云えんが…治療前の私の数値は13.2だった気がするが、血中13%以上が糖分だったらそりゃ凄ぇぞ?www)に設定するそうで…
 取り敢えず、兎に角糖尿病って名の付いた連中に目指させる最低限の目標値が8.0%未満、無理させると低血糖だのナンだの副作用が出てしまう場合は次の目標が7.0%未満、更に食事療法や運動療法(少々の投薬で低血糖等の心配のない患者)に目標とするのが6.0%未満…と云う事らしい
 今までは上記の通り6.2未満(実質6.1以下)が目安だったが、更に落ちたぢゃんかよ…
(6.0%未満…って事は上記の通り小数点以下第一位までしか数値化しないので、実質5.9以下って事で…私がまだ見た事の無い数値な訳だ…6.0から上げてる場合では無くなった…って事だよな、実際www)
 その辺の詳細は、取り敢えず日本糖尿病学会の熊本宣言2013とか云う宣言に詳細が載っている
 URL(日本糖尿病学会でその宣言のPDFデータへのリンク)を参照して欲しい
URL:http://www.jds.or.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/uid000025_6B756D616D6F746F323031332E706466

 序でに少々気になっていたので聞いたのだが、ソモソモ糖尿病の診察を始めたのは職場での健康診断によるモノだ
 健康診断では糖尿判定はその名の通り検尿から診断するがコレは陰性(-)から始まり、±、+、2+、3+の5段階での診断しか無い
 現在の私は検尿した場合どうなるのか…と云う事だが、前々回(5月)の検診で尿検査を行った時の数値は陰性になっていたそうだ
 で、前回・今回と血液検査での数値変動は大きく無い訳なので、このままで行けば次回の健康診断では陰性で出る事になる筈…と云われた
 まぁ心配事は一つなくなったな

 さて、もう一つの懸念事項となった尿酸値だが、8.2mg/Lと先月と同じ数値を記録していた
 悪化はしてないが改善もしていない…と云う状態で、先月の更新時にも書いたが健常値は7.0mg/Lが指針となるので、あまり楽観視は出来ない
 取り敢えず、健常者の場合、9.0を越えた辺りから治療(投薬等)を開始するらしいが、糖尿病等の合併症の危険性がある患者の場合、8.0からの治療も有り得るとの事である
 先月から2ヶ月連続で8.0超えであるので、ど~すっかなぁ…と云う状況の様だが、取り敢えず今回からの投薬は見送られた

 次回の診察は9月19日…診察間隔を更に伸ばして1月半空けると云う事の様だ
 血糖値自己測定用消耗品については、完全に『処方出来ないモノ』になったので、個人の責任で購入して欲しいとの事で…まぁ1回/2日であれば、在宅注射指導料より易く済むので、まぁ良いだろう
 消毒用綿については、いい加減なモノで処方出来たから処方していただけで、無ければ無いでさして問題ではない旨回答が有ったwww
 慣れた人は消毒無しで服の上からインスリンの接種までヤる人が居るとの事で、まぁ付ける傷自体も小さいし、すぐ血が止まれば問題無いのだろう
 最後の1箱を開封した時にアマとかでポチれば良い話…と、云う事で了解された

 さて、以降は雑談になるが…先日、10月からの仮面ライダーが発表された
 仮面ライダー鎧武(ガイム)だそうで、名前の通り鎧武者をイメージしたらしい…が、W以降の特徴である『ライダー自身のフォームチェンジ』が今回は武装の変更らしく、『果物の種をベルトに装着し、果物をモチーフにした武装が装備される』のだそうだ…
 発表写真にはオレンジの剣が装備された姿が出ていたが、バナナとかパインとか色々出るらしい…
 『俺のバナナは使い込んでるから、皮を剥いたら黒々としたナニが出てくるぜぇ?』とか、日曜朝からナニ放送する積りなんだ?
 まぁフォルム的な突っ込みはディケイドの時に済ませてるし、今更、新仮面ライダーのフォルムについて突っ込んでも意味無い様な気がするし…有る意味放置、後日、番組を見てから改めて…と云う事になるか、と

 それよりも問題は、メイン脚本が虚淵玄(『魔法少女まどか☆マギカ』や『翠星のガルガンティア』の脚本家)だと云う事である
 以前、魔ま☆マやガルガンの単独記事を書いた際に書いたと思うが、この脚本家は人の生死に関して、独特なシナリヲを書く
 具体的には『ナニが有っても、人って死ぬ時は死ぬよね』的な? 結構簡単にキャラクターを殺す(復旧方法とか無く、本当に死んで終わり…的な退場のさせ方をする)シナリヲを平気で書き、鬱シナリヲの代名詞の様な扱いを受けている…世間的な評価としては

 私的な評価は上記魔ま☆マやガルガンの単独記事で書いたのだが、シナリヲを理解する上で、知って置かなければならない情報が完全に抜けており、シナリヲを理解出来ない作品しかかけて無い欠陥作者と云うモノである
 取り敢えず魔ま☆マでは『魔法少女が魔女や使い魔と命懸けで戦う理由』が完全に抜けており、ガルガンでは『主人公(レド)がヒディアーズの殲滅後に、その正体(遺伝子操作された人類の人工進化型であった)が判明した際の苦悩の理由』が完全に抜けている
 TVシリーズのアニメで有れば、尺が足りない等の制約は有ると思うが、その辺りを考慮しても全く触れていない事に関して『態と抜いている』のか『完全に見落としている』のか全く判らない
 どちらにしても、物語を人に見せるのに理解出来ない様なモノを書く様では些か残念な脚本家だとしか評価出来ない
 ソンな脚本家が書く仮面ライダー(ゲーム・アニメの脚本は色々書いているが、特撮は初めてらしい)が残念な出来にならない事を祈る
 以前放映された仮面ライダーキバが正に残念な出来で、毎回見ていたのだが最後まで話が理解出来なかった…
 コレは、主役のキバが主人公であるライダーとファンガイア(敵怪人の総称)の闘いと主人公の親父の時代(主人公が仮面ライダーとして変身できる理由・ファンガイアと戦う理由や今作の『2号ライダー』であるイクサ開発話等の動機付けの意味が強かったかな)がザッピングで放映され、どの物語が何処に繋がるか…とか、整理してみないと良く判らん話だった事に起因すると思う
 録画してもう一度親父世代→主人公世代を順に並べ直して見ればまだ話は理解出来たのかも知れないが…今更ソレをする気力も時間も無い…結局、残念な評価のままである

 次回はミケの関係でリアルタイムでは見れないと思うが、まだ1ヶ月半あるので、録画で追いかけてもナンとかなるだろう
 取り敢えず、ライダーの交代は10月だそうなので、他のアニメのクール終了と併せてか1回ズラしてか、レビューを纏めたい

 と、云った所で結構な字数になったし、今回の更新は此処までにしたい
 次回の更新は…例によってネタを探しながら、だなwww
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 徒然なるままに…('13/07/29) | トップページ | 死にかけました… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。新しい仮面ライダー、脚本が虚淵玄氏ですか。……出て来るキャラクターが理不尽な唐突死しちゃいそうな予感しかしないです(^^;
もっとも、それは氏の作風なので……鎧武の製作委員会(?)が何を期待して氏に鎧武の脚本を依頼したのか、そっちが気になります。

果物ベースの武装ですか……。黒々としたバナナもイイのですが(イイのか?)、ドリアンなんてベースにしたらどうなるんでしょうねー?(^^;

投稿: いぶき | 2013年8月 5日 (月) 20時00分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝します

 Wikiで見てみると、意外と私は虚淵作品を見ている事に気付きます
 本文に有る片手落ち作品2つ(魔ま☆マ・ガルガン)以外にもPhantom -PHANTOM THE ANIMATION-とPSYCHO-PASSは一通り見ました
(小説やゲームは最近やってないな…Fate/ZEROは原作小説は虚淵氏らしいけど、アニメには関わって無さ気)
 Phantomはさして違和感を感じずに見ましたがソモソモがマフィアの殺し屋が主人公の話だし、理不尽に人は死んでますよね…PSYCHO-PASSは良い作品でしたが、やはり世界観が少々おかしい気がします(日本は完全自給自足が出来てる上で鎖国状態で無いとシビュラシステム(個人の資質から精神状態までをトレースできる管理システム)なんて運用できる筈無いですから…Wiki見ると本当に基本設定として日本鎖国してるよwww …ってか、劇中にソレ、説明されてたか? 併せてこの作品では虚淵氏は完全にシナリヲを脚本化するだけで、物語は別の小説家が作ってたらしい)また、主人公(女)の常守 朱(つねもり あかね)はシビュラシステムが日本を完全に管理し始めてから生まれた筈(年齢設定から)なのに、このシステムに馴染めてない状態で数値的には高水準を保っている…と云う異質さ
(シビュラシステムに疑問がある時点でこの世界では『反社会的思想』と判断されかねない筈)
 ネタバレとしてシビュラシステムの正体が特定集団の恣意的判断によるモノである事が判るので、この辺はナンとでも云い繕えるかも知れませんが、少々釈然としない気もします

 さて、ソンな虚淵氏ですが、本当に日曜朝のヒーロー番組に組み込んだスタッフの意図が読めませんな
 上記4作品全て、人は理不尽に死んでますので、基本倫理ってか観念として『人って善悪関係無く死ぬ時は死ぬよね…で、死んだらお終い、帰って来る事は無いよね』的なモノが流れてますからね

 最近のライダーは色々な形態になる事を独特の云い回しで表現します(フォーゼは『○○ステイツ』、ウィザードは『○○スタイル』)が、今回は『○○アームズ』だそうで…コレは、基本的に武器の装備変えと云う意味だそうですので、こう名付けたんだと思いますが、オレンジアームズとかバナナアームズとか云うそうです
 で、ドリアンは…敵味方両方にダメージを与える諸刃の剣になりそうですが…ソレでも使う勇気、有りますかね?www
 虚淵シナリヲですから、ソレで死んでも絶対復活とか無いですよね?www

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年8月 6日 (火) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/57931744

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病通院と新ライダー:

« 徒然なるままに…('13/07/29) | トップページ | 死にかけました… »