« 翠星のガルガンティア総論 | トップページ | 徒然なるままに…('13/07/29) »

2013年7月22日 (月)

13年7月開始アニメ

 と云う訳で、1クールが過ぎるのは早い…と、先日終了アニメのインプレをしたので、今回は開始アニメのインプレ

 開始タイミングの違いで、もう数話終わってるのも有れば、本当に1話のみしか見て無いモノまで…まぁ月初に週末出掛けたりして見れなかった負債も残っているのだが…
 と云う訳で今期の視聴リストにピックアップしたのは以下の通り、2chアニ雑板のリスト修正版で

■日曜日
・ドキドキ!プリキュア
・HUNTER×HUNTER
・宇宙戦艦ヤマト2199
・ハイスクールD×D NEW
・ガラスの仮面ですが
・有頂天家族
・てーきゅう
・八犬伝-東方八犬異聞-
・ブラッドラッド
・魔界王子devils and realist

■月曜日
・リコーダーとランドセル ミ♪
・犬とハサミは使いよう
・神のみぞ知るセカイ 女神篇
・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

■火曜日
・BROTHERS CONFLICT

■水曜日
・ダンボール戦機ウォーズ
・たまゆら ~もあぐれっしぶ~

■木曜日
・銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
・銀の匙
・ステラ女学院高等科C3部
・ダンガンロンパ
・恋愛ラボ
・戦姫絶唱シンフォギアG
・帰宅部活動記録
・サーバント×サービス

■金曜日
・超次元ゲイム ネプテューヌ
・ロウきゅーぶ!SS
・とある科学の超電磁砲S
・空の境界
・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
・ガッチャマン クラウズ

■土曜日
・きんいろモザイク
・幻影ヲ駆ケル太陽
・君のいる町
・<物語>シリーズ セカンドシーズン
・神さまのいない日曜日
・進撃の巨人
・ファンタジスタドール

 10+4+1+2+8+6+7=38本/週…って、チト異常だorz
 31→32→33と来て今回38本って…更にその前の昨年7月開始アニメの時は32本だったし…
 今後、切る作品を少し検討する必要が有りそうだ…前期の駄作アニメ『惡の華』みたいなのが有れば、速攻切りだが…ナンかソコまで酷いのは余り感じないんだよなぁ
 その代わり名作! と手放しで云えそうなのも感じないけど
 日曜のヤマト2199は、今月第6章(19話~22話)のメディア発売がされ、最終第7章(23話~26話)は9月下旬の発売予定なので、23話(9月8日放映予定)以降はTVの方が先行放送と云う形になるので、今までの様に『メディアで事前に見てるから見逃しても…』と、云った形にならないしなぁ…
 で、新作アニメの本数が? 6+4+1+1+7+5+6=30本/週かよ…まぁ前期からの続きものが8本しかないのは判ってたけどねorz
 取り敢えず、個別のインプレなど…

・ハイスクールD×D NEW
 以前放映したおっぱいパンツアニメの第2期
 前回もそうだったが、今回も1クール使って原作小説2巻分消化だそうで…
 前期の『はたらく魔王さま!』もそうだが、その程度の進行が一番作りが丁寧なんだと思うのだが…
 前期も面白かったし、期待作^^

・有頂天家族
 P.A.Works…前回のR・D・Gが真っ当な小説を原作にして作ったので物語の破綻が無く真っ当に出来ていた事に続いて、今回も真っ当な原作小説が有るらしい
 そう云う意味では安心して見れる気もする…
 今期大活躍の櫻井孝宏氏が主役の狸である

・てーきゅう
 まぁ…見るっつっても有頂天家族の序でである
 5分アニメでギャグだからまぁ…コンなモン
 基本、前期(コレも第2期)と評価は変わらず

・八犬伝-東方八犬異聞-
 コレも2期アニメで、話数も14話からスタートって事で、2期アニメってか、分割2クールとして最初から考えられてたのか?
 まぁ良いか、イケメン勢ぞろい(主人公が女性では無く、兎に角美男子のみ集めた方の)腐女子御用達
 一応前期の流れで…BGVになりそう

・ブラッドラッド
 前期大活躍だった逢坂良太氏の今期主役作品
 4月期の作品では魔王だったのに、今は単なるブロック長www
 人間のエンターテイメントに心酔する魔界のブロック長(混血吸血鬼で吸血鬼特有の弱点が無い)が人間界に来る機会を見つけ…ってな事らしいが
 原作漫画は表紙だけ見たが…特有の弱点が無い吸血鬼って…無敵ぢゃね?
 一応継続視聴の予定

・魔界王子devils and realist
 ソロモンの継承者になってた主人公を取り巻く72柱の魔王たちの話…で、良いのかな?
 上記のハイスクールD×Dもそうだが、ソロモン72柱って…ネタにされる癖に詳細が結構知られてないよね…
 まぁ私もさして知ってる訳ではないのだが、芸術や知性の魔王なのに好戦的だったり、名前だけ使われてる感じ?

・リコーダーとランドセル ミ♪
 5分アニメの第3期…連続して放映した第1期・第2期と違い、間が空いた事もそうだし、背景とか実写に色付けた様な演出が有る事も…また最後の2分位? に監督と置鮎氏のチャレンジコーナー? ソレは余り要らんから、しっかりアニメ作ってくれ、と
 1期・2期が面白かっただけに残念

・犬とハサミは使いよう
 今期大活躍の櫻井氏、今度は犬だwww
 と、云う訳で偶然遭遇した喫茶店強盗の凶弾に当たって死んだ青年の転生体としての犬と、その時、青年の活躍で難を逃れた女性作家(井上麻里奈は本当に最近、残念なキャラばっかやらされるな)の話
 ラブ展開になりそなならなさそな…取り敢えず興味は結構有るので切らないと思う

・神のみぞ知るセカイ 女神篇
 コレも第3期アニメ
 第2期までの話から若干話を飛ばして女神篇を銘打っている話まで原作をすっ飛ばしたらしい
 当然、主要キャラの中に、すっ飛ばした最中で登場するキャラも居るが、その辺は適当に補完してやるんだろうな
 基本、嫌いな話では無いので継続視聴

・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
 思ったほど面白くないかな…自分はモテると自信のみ肥大化した喪女子高生の根暗ライフ?
 期待値がデカ過ぎたかな…BGV化しつつある

・BROTHERS CONFLICT
 父親の再婚により血の繋がらない13人の男兄弟の只中に放り込まれた女子高生…って感じの腐女子ゲームのアニメ化
 所謂…男女逆転のシスプリ?
 まぁ今の所は継続視聴の予定かな?

・たまゆら ~もあぐれっしぶ~
 OVA・TV1期と続いたTV2期目
 ソモソモが写真のポジに丸い光玉が写るのは単なる露光ミスだと思うし、場合によっては心霊写真扱いだと云うのに、ナンか上手い写真の条件っぽく語られてるのは…ナンだかなぁwww
 まぁ女子高生のまったりライフ(一応、各キャラに『やりたい事』が有って、それぞれ部活や放課後の自主活動に頑張ってる辺り、他の作品とは若干趣が変わるが)と云う事で

・銀の匙
 荒川弘氏の農業専門校漫画原作
 農業系の高校・大学を経験してる友人には評判が良いので、有る意味正しい描写をしている様で…
 ハガレンとは全然趣が違うので、切り離して考えないとなwww

・ステラ女学院高等科C3部
 お嬢様学校でサバゲー部とか…まぁ無茶な設定だが、有り得ない話ではない
 私がサバゲーやってた時代はMGC・マルイ・マルゼン等が鎬を削ってた時代で、ガンガン良い銃が出てた時代だったから面白かったが…今って、どうなんだろう?
 空気銃に対する規制も結構強まってる筈だしねぇ…

・ダンガンロンパ
 超高校生級の才能を持つ人材を集めて殺し合いさせる学校で『殺人がバレなければ卒業』と云う話
 ゲーム原作の様だが、ゲームではメインヒロインになる筈の娘(wikiによる:私はゲーム未プレイ)がイキナリ被害者になったぞ?
 キャラ及び設定だけ使って話の展開は誰のルートとも違うモノで作るのか?
 ちなみに、今期大活躍の櫻井氏が人間役で出てるよ…と、思ったら、3話で殺人がバレて処刑されちゃったwww

・恋愛ラボ
 原作の単行本1巻の頃から愛読してる4コマ漫画原作
 お嬢様学校の私立中学で、恋愛沙汰禁止の校則の中、恋愛研究と称して結構素っ頓狂な事をする生徒会面子の話
 原作は間違いなく面白い…アニメでは、どうなるか…静観したい

・戦姫絶唱シンフォギアG
 超自然災害ノイズに対抗出来る能力を持った少女達の話、第2期
 まぁ第1期が取り敢えずの鉾は納まったが根本的な解決は全くされなかったので、その辺を含めて今期なのかな…と
 継続視聴

・帰宅部活動記録
 コレは…ラノベ原作?
 4コマ的なショートショートを繋げて30分にしてる感じの…『みなみけ(第1期)』みたいな作りをしている
 その所為か、深く考えずに済むので気楽に見れる感じ

・サーバント×サービス
 北海道の市役所系かな? の地方公務員ネタ
 Working!の原作者が描く漫画原作の様で、云われてみればネタは全然違うが雰囲気は結構似てる
 客商売でソレはね~だろ、と云うWorking!だが、公務員でソレは懲戒モンぢゃね? と思う似非公務員が此処に居ますよ…www

・超次元ゲイム ネプテューヌ
 余り見る積りは無かったのだが、ナンか流れで…
 女神が世界平和を約束した後の世界というファンタジー?
 平和になっても女神には仕事があるってのは…まぁそぉだろぉねwww
 場合によっては高確率でBGVになると思われ

・ロウきゅーぶ!SS
 以前放映されたアニメの第2期
 取り敢えず『小学生は最高だぜ』の決め台詞で一躍有名になったが、まぁバスケ漫画としてもそれなりに真面目に書かれている良作であった
 今期はどんな話になるのか、期待

・空の境界
 元は同人小説…TypeMOONとして既に企業化された元サークルの作品で劇場用として映像化されていたが、今回はコレを時系列順に修正してTV放映…と
 世界観が難しいので、読む人を選ぶ小説ではあったが…その後、講談社だっけ? から商業用小説としても出版されたし、知名度はそもそも高い
 一度見てるし原作も完読済み、ある意味BGVかな

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
 上記『空の境界』を書いたサークル(企業)の別作品『Fate』の…公式二次?
 世界観は多分、全然違う…本来、空の境界とFateは世界観を同じくする違う地方の話として書かれているのだが、プリズマ☆イリヤは間違いなく別世界の話
 魔法少女モノだが、ステッキが黒い(ステッキに意思があり、考え方が黒い…と云う意味)…実兄がコメント付き動画サイトで視聴した際、某QBより黒い(QBは必要事項を『聞かれなければ云わない』と伏せたり誘導したりして少女を欺いたが、強制はしなかった)との事で…軽く描いてるが、真面目に見るとかなり救いが無い気がする

・ガッチャマン クラウズ
 制作:タツノコなので、まぁ確かにガッチャマンなんだが…別作品として見なければ頭が沸騰する事間違い無しwww
 取り敢えず、大鷲の健やコンドルのジョーは出て来ないらしい…
 そもそも、ガッチャマンは大鷲のケンのみを指して云うコードネームで、科学忍者隊全体を指す訳ではないのだが…まぁその辺りも全く考えずに、全く新しい設定のアニメとして見る必要が有る

・きんいろモザイク
 幼少時の英国ホームステイ経験からステイ先の娘が今度は自分の家にやって来た…と云う女子高生とその仲間たちを中心にしたほのぼの系
 取り敢えず、癒しなんだろぉな…原作は知らないけど、やっぱり4コマ系なのか、Aチャンネルとかけいおん!とか、その辺の匂いがする
 取り敢えず、継続視聴

・幻影ヲ駆ケル太陽
 今期の魔法少女モノの一つ
 可愛い系でデフォルメが強い絵に対して、魔に取り憑かれた人は怪物化した上、浄化ではなく殲滅…つまり、倒したら元の人は帰らず消え去る(周囲の人から記憶も消し去られる)と云うシビアな話
 このギャップは所謂『鬱系』になるのかも知れないが、今後の展開がどんなモンか

・君のいる町
 マガジン連載中の青春ラブストーリー漫画?
 ラブコメ等ではなく、真面目に青春ラブストーリーらしいので、今まで余り見て無かった分類
 そう云う意味では画面を注視する必要は無いと思うし、BGVかな

・<物語>シリーズ セカンドシーズン
 化物・偽物・猫物と続いて第4期目…って事になるのか?
 名前だけでは化物語の2ndと云う意味だと思われ
 取り敢えず、羽川と戦場ヶ原が中心になって話を進めているが、物語の(一応)主人公の筈の阿良々木が全く出て来ていない
 基本、阿良々木・八九寺の会話が一番好きなんだがwww

・神さまのいない日曜日
 夢の無いファンタジー…とでも云えば良いか
 取り敢えず、神が世界を捨てた…と云う事は間違いない様で、人は死んでも神の元に行けない=ゾンビ化して蠢き回る
 しかし、ソレは死の無い世界と同意にはならないのか? まぁその辺がメインテーマなのかも知れんが…
 コレも有る意味鬱展開に走りそうな作品

・ファンタジスタドール
 コレも魔法少女モノ…の一部になるかな、変則的ではあるけど
 取り敢えず、主人公自身は変身しないが、カードを使って召喚する事が可能になった人材の様だ
 対するは魔とか悪とかではなく、同じくカード所有者…って事で、リアルに傷つける事も可能なカードバトル…と云うのが正しい感覚なのかも知れない
 取り敢えず、話の方向がどう進むかは追ってみる

 取り敢えず、以上かな…
 上記の通り、37本/週はキツいので、幾つか切るか、間違い無くBGVとなる作品は多数出ると思われ
 3ヶ月後にどんな感想になるか、自分でも楽しみであるwww

 次回の更新は…ネタが無いwww
 まぁ何か見付けて…と、云う事で
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 翠星のガルガンティア総論 | トップページ | 徒然なるままに…('13/07/29) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

1stインプレッション乙カレーでございます。

ロウきゅーぶ!SSはミニバスケットボールのシーンが入ってくるのは2話目からです。
ただ、事前に原作を読んで内容を知っている人からすると、アニメーションになったミニバスケットがこんなにも地味に映るものかなーという気になります。世の中みんなキャプテン翼や巨人の星みたくなれとは言いませんが、女の子のバスケットでは超絶必殺(?)技とかが出て来るわけではないので(多分出て来る。でももっと後だと思う)、特にそう感じます。まあロウきゅーぶは何もスポ根に特化したアニメーションじゃないのでそこまでこだわりは無いといえば無いですけど。

私モテは妻がどーも胸に痛いらしいです。過去にやらかしたかどうか尋ねるのはヤボなのでしませんが、女の子のモテたい願望が斜め上な方向へ行くのは誰にでも有る傾向……?と感じました(笑)。

投稿: いぶき | 2013年7月22日 (月) 12時49分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝します

 …ねぇ37本/週もチェックする莫迦たれが一寸此処を通りますよ…って感じですがorz

 ロウきゅーぶ!は原作ってラノベでしたよね?
 コミカライズ作品もチラ見した気がしますが、アレはメディアミックスの一環としてのコミカライズでしたよね…
 で、バスケ漫画で必殺技…バスケ漫画はスラダンも結局見て無いですし、黒子かな? 真面目に見たバスケ物は…の黒子は元々の影の薄さとソレを意識的に更に薄く…存在感ほぼゼロとか云うトンデモ技を使っていましたが、現実にはボール周辺にいて人の目に映らないとか、有り得ないしwww
(まぁ誰の視界にも入らない様にする…ってのは可能性としては有るかも知れませんが、味方だけ判るってのもオカシイしねぇ…)

 私モテ…ってのが略称なんですか、Jeriaさんが過去にナニやらかしたのか…まぁ旦那さんである貴方がヤボだってんなら私が聞くのは更に失礼だしソッとしときますがwww
 男の子のヒーロー願望みたいなモンですかねぇ…ソレが拗れると厨二病になる訳ですが、腐女子向けのゲームって基本、単にギャルゲの男女逆転版…ってんぢゃなくて、真逆ですよね
 性別が逆(男子の主人公周りに美少女だらけ→女子の主人公周りにイケメンだらけ)は当然ですが、野郎がプレイするギャルゲは基本自分が気に行った娘を攻めて攻めて攻めまくって落とす(故に恋愛ゲームなのに『攻略』と称される訳で)のに対して、腐女子むけゲームって基本、周囲のイケメンは最初から主人公に一定以上の好意が有って、並み居るイケメンを振るいに掛ける感じで主導権は主人公側に有ったり
 ギャルゲで旨く二股・三股が成功しても、ラストで本命以外を振らなきゃいけない場面では結構罪悪感を持って泣きながら切るのに対して、腐女子は平然と本命以外切り裂いて行きますからねぇ…
 ソレでいて、振られた本命は直ぐ掌返す様に本命とのカップリングを祝福してくれたり…ね? 真逆でしょ?

 まぁそう云う願望に対応するゲームならば、当然そうなるよね…と云うのは判る気がします
 当然、結婚ドコロか浮いた話一つない私の身では、ゲームから見た…と云うのが限界ですがwww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年7月22日 (月) 17時51分

私は今回20本超えで溜めたらアウトの結構つらい状況です。2期ものを除けば、きんもざ、ラブラボ、帰宅部辺りが良さそうです。ファンタジスタドールと幻影も悪くはなさそうなので期待したい感じです。

神様のいない日曜は、アイちゃんは可愛いのですが、キャラの行動理念がいまいち理解できなかったり少し残念。良い話だなとはいかない辺りが悲しいとこ。


投稿: まー | 2013年7月23日 (火) 21時44分

Shot>まー さん
 コメント感謝です

 貴方にしては今回チェック数が多いですね…かなり厳選するイメージが有ったんですが
 恋愛ラボは原作漫画は取り敢えず面白いです…この雰囲気をアニメで壊さなければ良作になる筈
 きんもざは確かに良い感じですね…本文にも書きましたが、無理に繋げて長い話にしようとせずに、数秒~十数秒程度でもオチが付いたらアイキャッチで切り替えて次の話に行く潔さが良いです
 帰宅部もどっちかと云えばそんな感じかな? アイキャッチの印象は無いですが、オチが来るのが速くて次の話に引っ張らないのでスッキリ見れます
 ファンタジスタドールは…まだ序盤も良い所ですが、カードゲーム関係では中学時代にブイブイ云わせてたはずの主人公が高校で辞めた理由とか、その腕が鈍ってる理由とか…(辞めた方は後からの説明で納得できるけど、スポーツと違って腕が鈍るって…どぉよ? 現実のカードゲームだと新カード追加とかで、デッキの根本構成思想から変更しないといけない場合とか有るけど、ソンな感じでもないしねぇ…)がチト説明して欲しいかな
 幻影…は鬱に行きかけましたが、ナンか主人公だけのユニークスキルで打開出来そう…みたいな展開になって来ましたかね?

 神様のいない…は世界観がかなり特殊ですよね
 一応判ってる事は、神様が『死んでも天界に来るな』とした関係で(十数年前までは、死ねば昇天してた)、死んでもゾンビ化して昇天しなくなった→成仏するには『墓守』に埋葬して貰うしかないって事ですが
 ソコで、ゾンビ化した死者と生者の違いって何処だろう…と
 上記、『神に見捨てられ』てから、子供が産まれて無い…って事は、生命としての基本である子孫繁栄が無くなった…って事で、ゾンビも別に映画のゾンビの様に他を食い散らかしてゾンビを増やすとかは無い訳で…
 ソレこそ、人に迷惑を掛けて無い…と云う意味では、アイの父親を狙ってた親友が死んだ妻子を山奥に匿って生活してたって別に良い訳で…
 その辺の世界観が理解出来ないと、その世界に生きる人の行動原理も判らないですよね…その辺、視聴者にも判る様に今後説明がされるんでしょうかねぇ?

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年7月24日 (水) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/57842104

この記事へのトラックバック一覧です: 13年7月開始アニメ:

« 翠星のガルガンティア総論 | トップページ | 徒然なるままに…('13/07/29) »