« 弐剛会と自転車・単車 | トップページ | 漫画・ラノベ・アニメ等~神話まで、魔族って… »

2013年6月17日 (月)

TVアニメ(スペオペ)に見る社会思想(?)

 と、まぁ真面目そうなタイトルを付けているが、単に思った事をつらつら書くだけなので気軽に読み流して欲しい

 切っ掛けは、昨晩放映された『翠星のガルガンティア』である
 一応ネタバレを注意して置く

 まぁ細かい話は抜きにして、遥かな昔に氷河期となった地球を脱出して新天地を求めた人類が、宇宙生物との戦闘となった
 で、偶々、戦闘中の事故で地球に落っこちた上、原隊には復帰出来ない(主に距離的な問題で)状態になった兵士が出会った者は、地球で生き残って細々と暮らしている人類だった…と、云った感じか
 で、ソコでは生き残る為に共存共栄を範として、脅威となる生物には手を出さず、何とか生きている文化レベルに後退していた訳だが、宇宙戦争が出来る位の兵器を携えて来た軍人である主人公が、たった一人でその文化に馴染み始めた所で、第1話ではぐれた上官(まぁこれも原隊復帰は不可能と思われ)に出会った…と云う辺り

 さて、ソコで、上官は地球での人類生存率の向上として、文化レベルの引き上げ及び戦闘訓練を施し、大きな国を作る事を思想としていた
 軍人堅気な主人公は、上官の指示に逆らわずに作業を開始するが、次の啓蒙活動(圧倒的な戦力差を背景に啓蒙ってもねぇ…完全に降伏勧告と見て間違いないが)の対象が、地球で覚醒以後に世話になった船団『ガルガンティア』である事が判って今回の話が終わる
 コレは、地球に元から居た人類からすれば歴とした侵略行為だと云う事に主人公も上官も気付いていない

 此処で考えたのが、この上官の作っている世界の仕組みだが、まるっきり今まで主人公が語って来た『人類銀河同盟』の思想であり、多くの戦時中の軍隊がそうであるように『徹底した無駄の削除』を旨としていると思われる
 つまり、組織に対しての貢献度合いに比例した配給の実施(詰まり、タダ居るだけの食い扶持は組織内淘汰されるだろう)や適材適所の完全管理(家族と云う考えを一切排除し、能力別に生活区画を分離する)等である
 云って見れば完全な社会主義状態である

 多分、この世界では理想的な社会主義国家になると思われる
 何故なら、軍人教練のみで生きて来た上官や主人公には私欲が無く、本当に平等な富の分布がされる筈だからだ
 ただし、弱った者、障害の有る者は淘汰される非常の世界でもあると云う裏面を持つが
 しかし、この世界は上記2名の『大きく力を持ち、私欲の無い』指導者が居て初めて成り立つものであり、この指導者が死亡した後は力の委譲は可能かも知れない(軍規に反しない程度で指揮権の委譲は可能…との事で、原隊復帰が不可能な場合の特例事項と組み合わせた場合、マシンキャリバーがどう判断するかによるが)が、私欲の無い人類と云うのは…多分、育成不能だろう

 人間には3大欲求と云うのが有る…食欲・睡眠欲・性欲である
 この内、食欲と睡眠欲は『しないと死ぬ』と云う個の生存に直結したモノなので、完全に取り除く事は出来ないが、性欲に関して云えば『種の存続に関わるが、個の存続には関わらない』欲求なので、除去は可能である
 第1話で主人公は、軍務時間が一定以上に達したので、限定市民権(期間限定で、好きなモノ食って、女性とも交われる権利)を有する事になる旨説明を受けるが、さしたる興味が無い旨回答している

 性欲は『自分の遺伝子を後世に残す為の欲求』であるので、どれだけ優秀な異性を捕まえるか…引いては自分をどれだけ魅力的に見せるかの欲求に繋がる…姿形が良いとか、運動能力が秀でてるとか、金を持ってるとか…
 この自己アピールをしないでも個は生きて行ける…コレすら制御された世界が『人類銀河同盟』であり、今回上官が求めてる世界と思われる

 しかし、人間の基本的な欲求まで抑制している状態で『生きている』と云えるか…かなり哲学的な話になるが、難しい問題になると思う

 例えば、蟻だが、卵を産むのは巣に基本的に1匹しか居ない女王蟻のみで、受精させる事の出来る雄蟻はやはり限定された個体しか出来ない
 詰まり、それ以外の蟻は社会貢献はするが種の存続には関係して来ない
 他にも確かアンコウだったか、群れの中で一番大きな個体が雌となり、次点の個体が雄となる、この2体のみが繁殖可能で、雌が死ぬと雄が雌となり、更に次点の個体が雄化する…だったと思う
(アンコウではなく、別の魚かも知れない)
 こう云う生態系の中で、生殖に関係しない個体を『生きている』とするか…ってか、自由意思の無い組織(群れ)に貢献するのみ義務が課せられている状態で『生きている』と云うか…と云うテーマになる

 所謂ロボットアニメ、スペオペアニメにこの手の考え方が入り出したのは、やはり機動戦士ガンダムだろう
 ソレ以前は『異星等からの侵略にヒーローがロボットに乗って立ち向かう』と云った話が主流で、この手の話でも、何故、侵略者に対抗できる戦力が日本にしか無いのか等の利権関係で社会的なドラマを展開する事も可能だったが、何せ『子供向け番組』と一括りにされていたので、ソコまで深いドラマを必要としなかったのだ
 しかし、ガンダムは『人間同士の独立戦争に巨大ロボットを持ちこんだ』と云う話なので、どうしてもこの手の政治思想から離れて描く事が出来なかったのだろう

 スペースコロニーで生活する人類が増えた時代、スペースノイド(宇宙育ち)の人類はそれに適応する進化をしている…としたジオン・ダイクンの論文はデギン・ザビによって『進化した人類が旧人類に支配された状態は間違っている』いう独立宣言となり、宣戦が布告された…と云うのがガンダムの基本線だ
 これにより、旧来の支配体制を維持したい地球連邦と独立を勝ち取りたいジオン公国、理論を利用された上に殺されたジオン・ダイクンの復讐を考えるジオンの息子(シャア)等…色々な人物の思惑が絡んだ作品だ
 まぁガンダムはまだ構図が単純化されており、さして理解に難しくない

 しかし、Zガンダムまで行くとかなり複雑になる
 ジオンの独立戦争は収拾が付いたが、ジオンの敗残兵がゲリラ活動をしている事を理由に『地球生まれのみ』で構成した討伐隊が組織され、その権力を増していく
 この動きを背景に増長した討伐隊の抵抗組織として組織されたレジスタンスや地球連邦の中でのスペースノイドによる派閥、ジオンの残党を統括し直したネオ・ジオンと云う組織、討伐隊に実権を握られつつも、ソレを良しとしない地球連邦の上層部等が入り乱れて、その時勢により和平をしたり条約を破って攻撃したりと群雄割拠の戦乱が起きる…と云った話になる
 少なくとも放映当時、私は完全に理解出来ていなかったと思う

 ロボットアニメをソコまでエグって見る必要が有るかどうかはまた別の話として、気になったので書いてみた

 次回の更新は…ネタ有るかなぁwww
 取り敢えず、有ればまた
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 弐剛会と自転車・単車 | トップページ | 漫画・ラノベ・アニメ等~神話まで、魔族って… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
繁殖に携わらない生物は生きていると定義していいかどうか難しいかもしれませんが、人間であれば「生きる事は闘う事、自分の力を発揮する事」と私は主張するでしょう。
今月末でもって闘う事を一時休止しますが……(^^;

投稿: いぶき | 2013年6月17日 (月) 21時09分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝です
 先ほどmixiのもっきり屋にも書きましたが、ソレだと私は年間358日程度『生きて無い』事になりますかwww
 明日から本気出す…ぢゃないですが、ミケとコミ1でしか本気出す積り無いですからwww

 へ?
 月末でナンか変わるんで?
 ブログとかも読んでる積りですが…ナンかメッセージ見逃したかな?
 まぁ休養も時には大事です
 ゆっくり休んで、次の斗いに備えてください

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年6月18日 (火) 12時18分

佐藤大輔のRSBCだったと思うのですが「軍人は社会主義を嫌悪するが、軍人の理想とする社会は限りなく社会主義に近い」みたいなことが書いてあったような気がします、はっきり覚えてないのですが。
とは言え作中のナチス政権下やプロシア帝国の軍人、またはローマや古代中国みたいな時代の話ならともかく、軍人が主体となる政権なぞろくなもんでないとしか思えません。中東やアフリカにそれこそ数限りなく見本があるし。そう思うとガンダムの宇宙世紀も、あれだけ侵略や外征や内戦が繰り返される社会なんてそうとう悲惨に違いありません。
いーかげんもうやめてあげて下さい。>バンダイとサンライズ(笑)

投稿: あひる | 2013年6月26日 (水) 21時41分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します

 RSBC…無知で申し訳ない、初めて知りました…で、今wikiで調べました
 まぁゲームの概要は兎も角、そんな言葉が記されてる解説が有るんですね…結構真理だと思います
 前に読んだSSで、戦争は起こすまでは無駄のやり合いになるが、一旦起こすと今度は無駄の省き合いになる…と云う言葉が有りました
 つまり、戦争を起こすまでは挑発行為だの、どっちが先に手を出しただの無駄な事ばかりやりますが、戦時中となると経済力の尽きた方が負け(金が無ければ弾薬一つ作れない訳で)ですので、極力無駄をなくす…と云う事なのだと思います
 既に何十年…主人公君が産まれる遥か昔から戦争状態を続けている銀河人類同盟は極力無駄を省いた社会が完全に確立しており、完全共産主義国家となっていると考えられます

 実際に存在する軍事国家も結局、思想統制や私財不許可等、共産主義に近い状況を作ってるのだと思います

 まぁガンダムの生まれた時代は、まだ米ソ冷戦時代でしたから、両大国が宇宙開発の一番乗りを競っており、主として軍として動いていた…と云う背景で出来た話ですからねぇ
 その発展…ってかそう云う世界がこう云う物語を経たらどうなるか…と云う話ですから、ZやZZ、UCや閃光のハサウェイの様な話になるんだと…まぁ宇宙世紀以外のガンダムはOOしか見てない(あ、AGEも見たか…アレ、バンダイぢゃなくレベル5ですからねぇwww)ので知りませんが

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年6月28日 (金) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/57610070

この記事へのトラックバック一覧です: TVアニメ(スペオペ)に見る社会思想(?):

« 弐剛会と自転車・単車 | トップページ | 漫画・ラノベ・アニメ等~神話まで、魔族って… »