« インスリン自己注射と血糖値自己測定 | トップページ | 13年04月開始アニメ »

2013年4月19日 (金)

インスリン注射取り止め指導(糖尿病話)

 アニメインプレが済んでないが、糖尿病の話www
 ってか、年度代わりと云う事も有るけど、新規で見始めるアニメの本数が32本/週ってどぉよ…
 まぁ前期から継続で見てるアニメが3本しか無いから、合計でも35本/週ではあるのだが…

 ソレは兎も角、本題の糖尿病
 昨日、通院日だったので、予定通り病院に行く
 診察1時間前に来院して採血、検査中は時間が空くのでチト買物…目当ての品は無い事が判明したが、まぁソレでも散歩にはなった
 で、待合室に戻って時間をつぶすと担当医が別の廊下から来る…急遽、診察室が変わってたらしい…ポケベルに通知があったが、気にしてなかったわwww

 で、診察
 HbA1c値は6.2…先月と変更無しだが、インスリンを6単位→3単位に半減してこの数字な訳なので、進歩と云えなくもない
 で、色々相談した結果、インスリンの注射を終了(注射針が5本ほど残っているので、コレを消費し切って終了)と云う事で了解を得た
 前回の懸念で有った血糖自己測定器の消耗品については、毎朝食前1回/日の測定で良いと云う事で決着を見た
 1回/日と云う事は問題無かったが、朝昼夕食・就寝前をローテーションで計るには、1月(30日)では平均値を出す元の数が足りず満足な平均にならないので、今回からは定時に毎日1回(土日はズレるが、平日はほぼ一定の時間に計れる)計れるタイミングで計ろう…という事になった

 前回処方された血糖値自己測定機消耗品が4箱丸々残っているので、1回/日であれば4ヶ月分近く有る事になる
 その間に数値が悪化(インスリンを完全に止める訳だから、この可能性も充分有る)した場合は、改めて在宅自己注射指導管理を取った上で消耗品を処方して貰えば良いし、以降数字が変動しない又は改善した場合は、今後も1回/日の計測で済む(前回の記事通り損益分岐点になるので、どちらでも支出は変わらない)訳だ
 まぁコレで気を緩めて数値・病状を悪化させては意味が無い話だが、手間が減るのは良い事である

 さて、コレも前回の記事に書いたが、現在の私のインスリン分泌能力は健常者に比べてどの程度あるのだろうか?
 コレを昨日聞いてみたところ、次回の診察時に検査を追加される事になった
 ナンでも、この検査はやはり血液検査らしいが、空腹時にインスリンの追加接種をしていない状況で計るのが理想的らしく(そりゃそうか、追加で接種してれば自然分泌分と区別して計測出来る訳も無いのだ)、ソレも含めて、このタイミングでインスリンの注射を辞めるのは丁度良かったらしい

 しかし、担当医が『私は、まだ若いし病状も進行してなかったから回復も早い』とか口走ったがどう云う事だろう?www
 若い…は、まぁ良い
 糖尿病と云えば生活習慣病…昔風に云えば成人病の代名詞なので、42歳で発症、治療開始と云うのは早いのだろう
 実際、入院中に同病棟になった人も同年代がチラホラで年配者が多かったしな
 しかし、病状が進んで無かった…?www
 測定された血糖値が健常者の4~5倍の数値を出して、職場の産業医にこっ酷く怒られて上司まで巻き込んで説得されて治療を開始、3ヶ月の投薬で結果が旨く進まずに入院…といった患者の病状が進んで無かったと云うのか、この医師は?www
 って事は、本来、糖尿病の治療を開始する人種はもっと病状が進んでから診察に来るケースが多いのか?www
 確かにこの病気は自覚症状も無く、症状が悪化して合併症が発症して初めて気付くor治療を決意するケースが多い病気とは聞くが…
 まぁ専門医の云う事だし『そう云うモンだ』と納得して聞いていれば良い話なんだろうが…チト気になったので、特記して置く

 次回は5月23日になる…数値の変動も含めて色々楽しみである
 と、云った所で次回こそ、アニメインプレとしたい
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« インスリン自己注射と血糖値自己測定 | トップページ | 13年04月開始アニメ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
多分こっぴどくなってからお医者さんにかかる人の方がかなり多いんじゃないかなーと思ってみたりします。亡くなった父の場合も健康指導されていたのに酒呑み続けて職場でぶっ倒れて担ぎ込まれてようやく観念したという状況でした。
とにかく余計な手間を排除出来そうで何よりです。

投稿: いぶき | 2013年4月24日 (水) 09時30分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝です

 そうですねぇ…私も大概逃げ回った方(最初に医者から指導が有ってから5年? ソモソモの健康診断で糖尿値で以上が検出されてたのはその更にもっと前ですし…)だと思ったんですが、まぁ倒れて担ぎ込まれるまでにはなってませんでしたし…
 本気で自覚症状が無い病気ですから、そのまま過ごせる感覚でいるんですよ、当人は…
 まぁそう云う病気こそ本当に重症になってからの診療が多いんでしょうから、医者も大変なんだろぉなぁ…と、想像してしまいます
 一応、酒は飲まないし煙草も吸いませんから、その辺と医者の指導には極力従って現状まで来た訳ですけどね
 インスリンの注射が月曜の晩に終了しました、今朝の数値はやはり高かったんですが、水曜日の朝は高い事が多い(火曜晩の風呂が早朝時間と云って良い程遅い所為が考えられます)ので、一概にインスリン中止の所為と云えない状態です
 まぁ気長に数値を見ながら医者とも相談する予定です

 兎に角、御心配感謝です

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年4月24日 (水) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/57203896

この記事へのトラックバック一覧です: インスリン注射取り止め指導(糖尿病話):

« インスリン自己注射と血糖値自己測定 | トップページ | 13年04月開始アニメ »