« 更にバッタもん・眼医者・iPod touch | トップページ | iPod touch(ってかiOS?)のバグ »

2013年4月 8日 (月)

13年03月終了アニメ

 4月も第2週となり、先月終了アニメも最後の作品(リトバス)がこの週末に終り、一応一通り終わったと思う
 と、云う訳で今期終了アニメについて一言づつ入れたい

 取り敢えず、今期終了アニメの一覧を1月の視聴リストから抜粋する

■日曜日
・マギ
・閃乱カグラ
・ラブライブ!
・IXION SAGA DT-イクシオン サーガ DT-

■月曜日
・AMNESIA(アムネシア)
・さくら荘のペットな彼女
・THE UNLIMITED 兵部京介
・幕末義人伝 浪漫

■火曜日
 無し

■水曜日
・ダンボール戦機W
・たまこまーけっと
・GJ部

■木曜日
・PSYCHO-PASS
・ROBOTICS;NOTES
・ささみさん@がんばらない
・ビビッドレッド・オペレーション
・僕は友達が少ないNEXT
・琴浦さん
・絶園のテンペスト

■金曜日
・キューティクル探偵因幡
・新世界より
・まおゆう魔王勇者
・問題児たちが異世界から来るそうですよ?

■土曜日
・FAIRY TAIL
・バクマン。3
・D.C.Ⅲ~ダ・カーポⅢ~
・リトルバスターズ!
・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
・みなみけ ただいま
・八犬伝-東方八犬異聞-

 4+4+0+3+7+4+7=29本/週か… 1月時点での視聴アニメが32本/週だったのだから、9割弱が終了する事になる
 年度末、と云う意味も多分に有るのだろうが、前々から云っている通り、昨今のアニメは1クールが殆どなので仕方のない事ではある
 しかし、この状況はどぉにかならんモノかな…もっと1作品に愛を傾けられる状況を作って欲しいモノだ
 全体的に云えば、週の初めはかなり楽なスケジュールだったので、週後半に溜めた未消化アニメを週前半で視聴し切る生活だった気がする
 今月開始アニメはどうなるか、取り敢えず開始アニメの紹介やインプレは次回更新で、と云う事で、各番組のインプレッションを入れたい

・マギ
 今期終了の2クール、監督が舛成氏と云う事で出来は良かった
 まぁ日曜夕方アニメであるので、色気的には少な目だが…モルさん履いてない? と云う感じだったが最終回で履いてる事が判明www
 主役はアラジンよりもアリババだよなぁ…まぁ原作でも両方を主人公としてる様だけど
 2期が有れば見たい作品

・閃乱カグラ
 おっぱいアニメ…だなwww
 取り敢えず、善忍と悪忍とか秘伝忍法書とか、一昔…ってか、かなり昔の忍者漫画を彷彿とさせるが、ソレでもまぁおっぱいアニメのレッテルは剥がれないだろうwww
 この手のアニメは2期が出来辛いが時間が有れば…程度かな

・ラブライブ!
 間違い無く駄作…ってか、何がしたくてアニメ化したんだ? コレ…
 主人公は思い付きで行動して周囲を巻き込んで忠告も聞かずに自爆して周囲に慰めて貰うだけって…他人に迷惑掛けない分中二病患者の方がマシって程酷い
 見たから云える台詞かも知れないが、見る価値なし…ゲーム誌の誌上読者参加企画のアニメ化らしいが、同様に出来た『ある日突然12人の妹が出来た』ってのもコンなに酷いモンだったのか?

・IXION SAGA DT-イクシオン サーガ DT-
 下品…DT(童貞)とED(不能)の戦い…って
 まぁそう云う意味が有る事を踏まえて見るのとそれらの意味を知らずに見るのとでは見え方が違うのかも知れないが、時間潰し程度に見れば良い感じかな
 少なくとも、このアニメ見て元ネタのネトゲをやろうとは思わないなぁ…

・AMNESIA(アムネシア)
 逆ハーレムアニメで『ナンか意味も判らず時間遡って彼氏の違う並行世界を飛び捲る』って感じ?
 最後に種明かしされた訳だが…まぁ推理ドラマでは無いのだから最終回でイキナリ出て来た黒幕ってのはアリなんだろうけど…
 やっつけ感の有る終わり方だった気がする

・さくら荘のペットな彼女
 原作小説に沿っているらしいが、結構端折ったらしいな…
 1年間を2クールで…新入生が来た所で終わらせるのは良い区切りだが、2期を視野に入れてるか?
 まぁ2期が有れば見るかな…新入生の優等生女子がさくら荘にどんな形で染まるのか、チト興味も有るしなwww

・THE UNLIMITED 兵部京介
 絶対可憐チルドレンのスピンオフになる訳だが、夕霧は本編に今後関わるのかな?
 まぁ一応綺麗に纏まった気はするけど、興行的にはどうだろう? 絶チルのアニメ2期には繋がらないかな
 結局、パンドラは伊7号の予知の通りの未来に向かい『たい』のか? その辺が判らない

・幕末義人伝 浪漫
 まぁ綺麗に終わったと云えば綺麗に終わったのだが…
 阿国(おゆき)が結局、浪漫とどういう関係になった(原作のパチンコでは所謂『ルパンと不二子』の様な状況により敵味方が入れ替わる立ち位置の様だが)が描けてない
 最後に急いだ感があり、途中を少し急いでも、終りを丁寧に作って貰えると良かった気がする…2期は無いかな

・ダンボール戦機W
 新シリーズは完全に世界観が変わる様だが、前期から続けて2年続いたシリーズ完結
 ってか、この主人公達、中学生だったよな…A国って某合衆国だろ? の大統領から依頼を受けて玩具を使って世界を救うって…ドンな世界やねんwww
 レベル5の作品に突っ込んだら終わりってか突っ込んだら負け? 的な作品だな

・たまこまーけっと
 騒動はあったが、着地点としては今までの通り…と云う、まぁ良くも悪くもない終わり方であった
 取り敢えず、デラが今後、島に帰るかどうかは別として、続きが作れる様な内容でも無いので、2期はなさげな感じである
 京アニのオリジナルは目も当てられない駄作になる…と云うジンクスは拭えたかな? 程度には見れた

・GJ部
 3年生3人の卒業までで一区切り
 ソモソモが『ナニする部活か判らないダラダラした連中の風景』を描いた作品なので、続きは難しいだろう
 原作のラノベはどう云う続け方になってるのか判らないが、アニメではコレ以降は無いと思われ

・PSYCHO-PASS
 近未来…ってか、かなり未来だよな、コレwww
 日本は食料自給も含めて完全に鎖国出来てる設定らしい事は最近WIKIで知った
 最初は『設定世界の常識が身について無い痛い主人公』だった常守朱(主人子)が立派な刑事になる物語と『機械による完全管理社会』と思わせて置いて実は人間集団の恣意的な判断が優先される世界だった世界観、併せて云えば管理社会への不信感と云うモノも描けた良い作品だったと思う
 2期は無いと思うが、後々はメディアを買って無かったのは悔しくなるかも知れない作品…今更買おうとは思わないが

・ROBOTICS;NOTES
 コレは近未来で良いのかな…高校生が部活で巨大ロボを作るんだから…やっぱ、かなり先の未来かなwww
 未放送が4話位出来るとの事だが、メディア付録なのかNet配信なのか…どうなんだろう? まぁ一応物語の区切りはついてるが
 シュタゲは最後の盛り上がりが凄まじかったが、今回はソンなに盛り上がらなかった気が…廃部とか君島レポートとか小さな山場の連続で大きな盛り上がりが無かった感が有る

・ささみさん@がんばらない
 日本神話絡みで神格がどうの、強制力がこうのって話なのは判った
 まぁ…こう云う話はコレで良いんぢゃね? って程度かな
 コレと云って続きを見たいとも、屑アニメだから見る価値なしとも云わない…色気担当のキャラが居る訳でも、そう云う話でも無い癖に、妙に肌色が多かった気がする事を特記しておく

・ビビッドレッド・オペレーション
 中学生の尻を見せたかったのか?
 取り敢えず、示現エネルギーの使い方を間違えないかの試練…と云った事らしいが、その試練を設定した高次体は一切出ず、メッセンジャーだった筈の存在が暴走しただけ…と云う事?
 まぁ話の繋ぎ方によっては2期も作れるかも知れんが、出来たとして暇が有れば見る程度かな

・僕は友達が少ないNEXT
 思いの外、恋愛色が強くはならなかった…まぁ安定はしていたが
 ラストの引きがアレで有るのなら、3期を狙っているのかも知れず…まぁやれば見るだろうけど、メディア購入は無いな
 結局、ダラダラとお友達関係が続くんだろぉなぁ(恋愛的な意味でも隣人部的な意味でも)と云う意味では、安心して見れるしな

・琴浦さん
 今回の期待株…取り敢えず、原作には無かったプレ(琴浦さんが真鍋と会う前の話)が第1話Aパートに有った事で、話に深みが出来た
 最終回で部長が告白(まぁ心が読める琴浦さんには全部筒抜けだったけど、口に出して謝罪する事で一応のケジメと云う形…コレも穿った見方をすれば、部長の自己満足にしかならん訳だが、ソレを云うと話にならんかな)で締めた関係で、2期は難しいかな
 原作で殺人だった話が暴行止まりだったり(序でに犯人違うしwww…2期を考えてないから、今後を考えずに変更出来た、と考えていいのかな…)、TV用にスポイルされた部分も有るが、最後まで楽しく見れたのは間違いない

・絶園のテンペスト
 原作と一緒に終わると云うハガレンと同じ様な作り方をした事は評価
 原作に興味を持ったので読み始めた…今、1クール目後半(単行本3巻まで)であるが、かなり原作に忠実に作られてるのは確認出来た…アニメ化に際してかなり丁寧に作られているのが判る良作
 話の作りとしては良い感じだった…後半の沢城(葉風)のデレっぷりが良いwww

・キューティクル探偵因幡
 まぁギャグ漫画だしな…
 時間潰しにはなった程度…特にコメントすべき事は無いかな
 ドン・ヴァレンティーノ(ヤギ)の『~であろう』と云う口調は印象に残った…コレは声優さん(大川透氏)の名演によるモノだろう

・新世界より
 コレも未来…ってか凄く未来? ナウシカとは別の『文明衰退後の世界』
 超能力者が突然変異でなく人類の進化系として発生した事により文明が崩壊した…で良いのかな(間違って無いと思うが正確ぢゃ無いよな…)の中での社会形成の矛盾…かな
 原作小説タイトルがアニメのタイトルにもなっているが、要所のBGMにドボルザークの新世界より第2楽章(家路)が使われていたのが印象的

・まおゆう魔王勇者
 やっぱり1クールぢゃ終わらなかったか…
 ペーパーバッグ5冊を1クールでは絶対無理だって…幾ら2ちゃん特有の会話文のみ(地文・ト書きが極々少量)であったとしても…
 逆に2期目以降を考えていたのなら、此処まで端折る必要はなく、もっと判る(『狼と香辛料』と同様、経済学の教科書にも使える様な出来と云う話だし)作り方をして欲しかった

・問題児たちが異世界から来るそうですよ?
 10話で完結して仕舞ったのが勿体ない
 今期の中では間違いなく上位だった気がする…上記『琴浦さん』がDVDとBDで特典が違う事によりメディア購入意欲が無くなった代わりに買うか悩んだ
 2期が有れば間違い無く見る…ってか原作も読んでみたいかも…時間が無いのだがorz

・FAIRY TAIL
 約4年半? 続いたなぁ…最初はソコまで続く作品とは思わなかったが
 1クール毎に一応の区切りの付く話作りをしていた事を有る意味評価していたのだが、最後の最後で風呂敷を畳めなかったwww
 どう考えてもあの終わり方は続きが無いと話にならない…2期(って云うのか?)が有るのか、続きは原作漫画を読めってんなら最悪の終わり方だな

・バクマン。3
 NHKの本気を見たアニメの完結編
 2クール*3期で都合1年半分、原作全20巻を75話掛けて作り上げた
 約4話で1巻のペースになるが、漫画原作なら充分な密度だと思う
 それぞれのキャラに見せ場があり、満足のいく作品になったと思う

・D.C.Ⅲ~ダ・カーポⅢ~
 エロゲ原作の割に良く出来てる
 原作ゲームは第1作目しかプレイしてなかったので、大まかな世界観位しか共有していないのがチト理解が足りない部分かな…
 最後の纏め方にチト説明不足を感じたが、まぁ取り敢えず流せる程度かな…

・リトルバスターズ!
 2クールやって更に2期を予定してる様な作りだったが…
 コレは、Keyのゲーム原作なのは知ってるが、この時期、Keyはエロゲメーカから非エロゲに方向転換していた時期だが、コレはどっちだったかな…? プレイしてないので判らん
 アニメとしてはまぁ青春モノとしてはソレなりの出来だったが、風呂敷が畳まれてない…2期を予め予定していたのなら問題ない話だが
 取り敢えず、世界の謎とか先見の過ぎる恭介の正体とか、語るべき事はまだ伏線を引いただけ…とも云える

・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
 原作小説がどうなってるのか不明だが、アレでは修羅場ってよりカップリング決定(真涼ルート確定)の様に見えるのだが…?
 それとも、その他3人の略奪愛モノに話が進むのか?
 まぁ単発作品としては綺麗に終わって、2期が無いならコレでも良い気がする

・みなみけ ただいま
 有る意味『サザエさん』作品なので、何時始まって何時終わっても問題無いwww
 私はアニメ関係では2期のみ否定派(1・3及び今期は肯定)なので、良い出来だと思う
 開始当初は年少組(千秋・夏奈パート)メインだったが、最後は保坂主役だよなぁ…声優さん(小野氏)の影響も強いのかなぁ…今期は野菜の歌だしなぁwww

・八犬伝-東方八犬異聞-
 流し見だった所為もあってか、完全に理解し切った訳ではないが、取り敢えず南総里見八犬伝で云う所の八犬士が揃うまで辺り?
 ソモソモ、元の『南総~』も読んでいないので、どの辺がオマージュでどの辺が今作のオリジナルなのかが判らんが、まぁ人気はあるのか? 2期の予定が立ってる様で
 2期は…時間が有ればやはりBGV扱い程度かなwww

 と、云う事で一通りの感想を述べて見た
 今期開始アニメも始まっているので、取捨選択及び見るアニメの感想など、纏まったら書きたい
 しかし、次回は別ネタになる予定
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 更にバッタもん・眼医者・iPod touch | トップページ | iPod touch(ってかiOS?)のバグ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

アニメの回転が速いと言うのは、今の製作形式だと仕方がないのかもしれませんね。
私は今季はたまこを買いました。当然キャラ押しです。もう少し話が良ければなあという感じです。癒しを求めて見るアニメとしては良かったのかもしれません。
ラブライブについては作品に何を求めているかの違いですかね。限られた時間の中で、青春をおくると言う作品として見れば悪い作品だとは思いませんでした。
リトバスは元々4クール作品で、私はゲームやってませんが後半のリフレインが本番だそうです。確かに先は気になります。
さくら荘は、途中空太に対して、熱いのと切れやすいのは違うぞと思ってしまい、そこが残念。話がと言うよりは表現の仕方が悪かったのかなと。
問題児は、自分的はダークフォース。期待値が低い分かなり楽しめたアニメです。
俺修羅は、愛衣が出てきた辺りから、面白くなってきた感じです。ギャグ要員として見れば最高に良いキャラです。
細かい話は、サンクリの時にでも機会があればお願いします。

投稿: まー | 2013年4月 8日 (月) 21時57分

Shot>まー さん
 コメント感謝します
 今の制作形式ってのは『○○制作委員会』ってやつですよね…
 方式としては『何となく』ですが知っている訳ですが、詳しくないのでwikiで確認しました
 EVAで一躍有名に…と云うのが私の中で定着してましたが、映画ではナウシカやAKIRAが走りで、TV作品だとタイラーが最初だったんですねぇ…
 ソレは兎も角、早い話『○○作りたい奴、この指止~まれ』で集まった会社等から出資して貰い、損益(利潤・版権等の利益と赤字の場合の損失)を分散する事で『1発がコケた際に一気に倒産』とか云った致命的なリスクを回避する方式である半面、版権等の権利分配が非常に面倒…と云う事の様で

 詰まり、コケた際にはお互い出資した分(或いはその比率に伴う)損失を分け合える代わりに、利益が出た時に『コレは俺の権利』と云う権利の奪い合いが発生するリスクが出ると云う事の様で…
 と、云う事は『ウケた作品』に対して、他者が新規参入(スポンサーの交代や追加)する事が難しく、息を長く続けられる作品も短期で終わらせて次期の『この指止~まれ』の時に名乗りを挙げ易くする方が権利を分配する際の取り決めを決め易くなる…更に、1社が多数の作品制作に手を出し易くなる半面『予定通り終了しないと出資予定が狂うので別作品の出資にも影響が出る』と云う大人の事情によるモノなんでしょうねぇ>最近の方式での短命な理由

 リスク分散と云う考え方は悪くないんですが、それに伴う大人の事情で作品の息が短く切られるのはナンだか消費者側から見ると虚しいと云うか滑稽と云うか…何と表現したら良いのか判らない感情に支配されますね

 取り敢えず、メディアは前期の『隣の怪物くん』『神様始めました』及び長期スパンの『宇宙戦艦ヤマト2199』を買っているので今期の購入は控えました
 本文の通り『問題児~』がメディア購入の最有力だったんですが、購入中作品が上記2(3)作品有るので無理に買う必要はない、と判断しました

 たまこは…本文にも有る通り『京アニのオリジナルは…』と云うジンクスは無かったと思いますが、ソコまで良い話か? と、云うとそうでもない…可も不可も無く…と云った感想ですね

 ラブライブはやはり好きになれません
 世界観は生徒減少による学校経営の行き詰まりから閉校への動き→打開策として学校の目玉をと学生が躍起に→(この世界観ではメジャーなジャンルである)学園アイドルを始めよう…と云う流れ自体は別に『そう云うモノ』として受け入れる事は出来ます
 が、やはりその世界の中で動く主人公が『他人の迷惑省みず』な癖に『何故か旨く行く』御都合的な展開で『自分の責任で起きた事態に開き直って辞めれば済むと勝手に宣言して更に周囲から支えられて立ち直る』って…現実には『非常に稀かも知れないけど有り得る』話かも知れませんが、私は自分勝手な主人公が御都合主義で旨く行く話と云うのは基本的に嫌いです

 リトバスは…そうなんでしょうね、アレでは余りにも話に収拾が付いてませんから…
 ゲームで云う所の第1部(ヒロイン確定前フラグ)までしか進んでおらず、ヒロイン個別のバックボーンは説明されてもコレで良かったね…では済ませられないと思います

 さくら荘は…原作では空太のヒートアップは本来会話の掛け合いで段々とテンションが上がる書き方らしいのですが、アニメだと尺の都合か直ぐヒートアップしてる様に描かれて仕舞ってる…と云う事の様です
 コレもやはり展開を急ぐ余り各所を端折った煽りなんだと思います
(尺が足りないから、起点と終点だけ描くからテンションの上がり方が急になる)

 問題児はお嬢様と十六夜が良い味出してる感じで、ソコに白ウサギが治めようとする脇から白夜叉が良い感じに混ぜっ返しますので見てて飽きないです
 話の展開も王道と云えば王道の『瀕死のコミュニティを盛り返して目指せ! 魔王攻略』と云う単純明快な話ですし

 俺修羅は全体的に纏まりは良かったと思います
 しかし、本文でも描いた通り、あのラストでは既に真涼ルート確定の様な描き方になって仕舞っているので、2期を作るとしたらカナリ無理しないと続けられない気がします
 或いは最終回のキスやらナンやらを完全に無視して続き作るか…ですかね

 この手のネタでじっくり話せる相手は余り多くないので、非常に有り難いです
 後日、サンクリ又はComic☆1でゆっくりお話しましょう^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年4月 9日 (火) 11時45分

どもです。

はっきり言ってこの期はあんまし面白いのがなかったですね。
まおゆうは尻切れトンボになるのが確定的に明らかなので面白い以上に残念感が募ったし、ヴィヴィッドレッドはあの短パンが体操服じゃなく制服だと分かった途端に現実感が完全になくなって見る気なくしました。戦乱カグラも同様。

とゆー訳で来季に期待してます。もう始まってますが。

でわでわ。

投稿: あひる | 2013年4月23日 (火) 22時29分

Shot>あひる提督
 コメント感謝します

 先期は年度末もあってかやっつけ感が残る仕上がりの作品ばかりだった気がします
 結局、私もメディア購入する作品は無かったですし

 まおゆうは2期が無いと原作は綺麗に終わってるんだから話にならないし…売れ行き的に2期が作れるかって話とは、また別問題で、こんな中途半端に端折った上に中途半端な所で話を終えるなんてクリエイターとして恥ずかしくないのかねぇ…って感じの終わり方でしたし

 ヴィヴィットレッドは本文にも書きましたが、結局ナニしたかったのか不明でした…女子中学生の短パン尻and変身時の下着姿を描きたかっただけなのか? って感じで…

 まぁ戦乱カグラは最初からおっぱいパンツアニメとしてしか認識してなかったので、最初からの期待値が低く、失望感が薄かったのは事実ですがwww

 今期の作品は若干期待株がありますので、ソレが旨い事進むよう祈ります

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年4月24日 (水) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/57130912

この記事へのトラックバック一覧です: 13年03月終了アニメ:

« 更にバッタもん・眼医者・iPod touch | トップページ | iPod touch(ってかiOS?)のバグ »