« 糖尿病治療の事 | トップページ | グリップヒータ装着(SHERPAのみ) »

2013年1月25日 (金)

糖尿病治療継続中及び冬季単車用手袋について

 と、云う訳で先日の更新から1回通院して話を聞いて来た事も含めてネタが出来たので更新する

 昨日、職場を休んで通院した
 今まで午前中に診療だったのだが、今回の予約は13時10分…で、何時もの通り診断1時間前に採血・採尿をするので12時過ぎに病院に着かねばならん
 で、昼食はどうするか…血糖値は食前と食後で大きく変わる
 特に、糖尿病患者はインスリンが体内で作られないor効かない体質になっているので、数値は健常者よりも大きな差となる
 と、云う事で病院に確認したところ、食前値を取るから昼食は摂らずに来院して採血後に食事してくれとの事
 久しぶりに学食で食すか…と、腹を決めて出る

 病院に到着後、受付して直ぐ採血・採尿の指示が出る
 ナンかエラくスムーズだ…朝に来院した時でも採血まで十数分は待たされるのだが…まぁ待たない事は良い事だ
 採血後、退院してから溜まっていた血糖値測定及びインスリン自己注射用の使用済針を廃棄して改めて廃棄用ボトルを貰う
 検体を提出してから結果までに1時間程度は掛かり、診察もその時間となるので、その間に昼食を摂る

 …と、その前に行って置きたい場所が有った
 本郷・東大赤門前に有る『いわしや』なる店である
 一般には馴染みの無い店だが、科学実験の器具を取り扱っている店だ
 と、云うのも、この寒い時期の単車運転時の手袋は未だ模索中なのである…防寒手袋、という意味でだが
 Netでも色々探しているのだが、コレというモノが見付からない…
 単車用品に限らず、寒冷地作業用手袋等も試したが、やはり、このクソ寒い時期に1時間も単車を飛ばしていると防寒能力も差して意味が無くなって仕舞う様だ
 と、云う訳で更に探したところ、防寒では無く、耐冷と云う単語が見付かる
 -20度以上の冷凍庫内作業用や-100度を超える薬品(液体窒素等)を扱う実験時に使う多袋の様だ
 …で、話が文頭に戻る訳だが、実験器具を取り扱う『いわしや』の戸を叩く事になったのだ
 大学の前に店を構えているから成り立つ様な需要なんだと思うが、かなりの老舗の様だ…店内には数人の従業員…多分、ほぼ全員なんだと思う…が居たが、対応してくれたお姉さんは色々カタログを見せてくれた
 流石に需要範囲が狭いので在庫は無いらしく、取り寄せとなるそうだ
 しかも、流石に実験器具だけあり1双で\20Kを超えるお値段だ
 更に、値引き価格での提供…と云う概念はこの業界には無いらしいorz
 取り敢えず、他を確認して、どうしても必要なら…と云う事で発注せずに店を辞した
 お姉さんは単車運転用に科学実験用手袋を…と発想した事に感心していた様で、旨く行けば新たな需要も増えるかも…と、云った所まで考えた様だ

 さて、昼食を取ったら診察時間までギリギリになっていたので急いで病院に戻る
 ナンでも今回については、私の検査結果について出が遅い様で、順番を1つ後回しにされたが、まぁ仕方ないだろう…変な数値が出て再検査…とかで無い事を祈ろう

 で、やっと診察可能になったので、病室に入ると近況の報告となる
 自己採血で毎日取っている血糖値について、記録を渡し、自己計算出の平均値(測定開始~11月末平均:157.19 12月平均:127.6 1月25午前まで平均:132.25 全てmg/dl)を申告する
 先月より今月の方が数値が高いのだが、チト気を抜き過ぎたかも知れん…今後の参考にする
 22日の晩に、内服薬を飲み忘れ(通院開始から初めての事だ)をして仕舞ったのも結構響いているかも知れん
 医師からは、逆に『内服薬が効いている事が確認出来た』と云われたが、まぁ致命的な数値にならず、リカバリ可能である状況ならば、そう云う捉え方も有りなのか、とチト目から鱗が落ちた

 併せて、血中ヘモグロビン濃度(HbA1c:健常者は5.8~6.2を優としている)の数値を見せて貰ったが、治療前(9/28)に13.3あった数値が入院前(11/9)には11.0となり、前回の診察(退院後半月(12/20))では8.6、今回(退院後1ヶ月半(1/24))7.1と云う感じで落ちている
 まぁ健常者の数値まで後一歩と云う状態であるので、治療方針の変更も無く、朝晩の内服と就寝前のインスリン自己注射(1日1回)で継続する方向で話が付いた

 序でに、今までのブログでも何度か書いているが、運動後(コミケ初日の買い出し後…とか、自転車で秋葉原に出た時、秋葉到着後…とか)に視界がホワイトアウトして不味い状態になる事で、糖尿病性貧血を疑った旨話してみたのだが、検査結果からは低血糖や貧血の原因となるヘモグロビン濃度低下は見られない…と云う事と、①座り込むと回復する、②回復後に再度立つと再発すると云う状況から、貧血の類では無く、立ちくらみの症状ではないかとの診断を受けた
 貧血とは、血中ヘモグロビン濃度(HbA1cではない…コレはヘモグロビンとブドウ糖が結合したモノの濃度であり、コレが高いと云う事は、酸素と結合する分のヘモグロビンが足りなくなる…と云う事で、つまり糖尿病性貧血とは、腎障害を合併症で発症していなくとも、この状態が原因で起き得るモノだそうだ)が低下して発症する酸素欠乏な訳だが、立ちくらみは急激な運動を急に止める、とか、寝てた・座ってた位置から急に立つ事により、心臓に血が充分供給されずに起きる低血圧症状の事である
 症状が似ているので混同しがちだが、原因も対処も結構違うモノらしい
 で、貧血の対処法の一つである鉄分摂取(ヘム鉄のサプリメント等)は私の場合、余り意味を成さないのではないか、と診断された
 立ちくらみ(低血圧)の対処法を今後模索するとしよう
 飯を食わずに血圧を上げろってのも結構難題だとは思うのだがwww

 その後、栄養相談も予約が入っていたので栄養相談室に行くと、予定の時刻よりも1時間以上早いのだが、丁度空き時間に入ったらしく順番を繰り上げて受診可能となった

 既に医師に伝えてある情報を再度繰り返し、数値を確認して貰い、最近の食生活や運動状況(自転車での秋葉訪問や先日の積雪の際の電車通勤によるもの等)を報告したが、まぁこちらも検査結果が順調に回復傾向にあるので、今後も現状維持に気を付けよう…で済んだ
 ちなみに、状況に変化(回復傾向が止まった、とか、悪化した、とか)が起きて医師の指示が有るまで、栄養相談は休止…と云う事で話も付いた

 さて、病院での会計(今回はインスリン及び自己注射用の針を処方して貰った所為か、在宅自己注射指導料約1800点が加算された関係で3割負担で\7K超えとか…高いねぇ)を済ませて、院外薬局に向かう
 院外処方されたインスリン及び内服薬を購入したが、その際に薬剤師からインスリンの処方が初めて(今まで自己注射していたインスリンは、退院時処方で貰ったモノなので、院外薬局では初めての処方だったのだ)だと云う事もあり、チト状況を聞かれた
 まぁ隠す事でも無いので、上記医師から教わったHbA1cの変移と毎日測定している血糖値の数値を見せた訳だが、薬剤師曰く『HbA1cが低くなっても毎日の血糖値での数値にブレ幅が大きい平均値の低下であった場合は未だ予断を許さない診断となる。私の場合、毎日の数値にブレ幅がさして大きくないので、順調だと云える』との意見が貰えた
 なるほど、そう云う見地での診断も有るのか…と、コレもまた目から鱗で有った

 さて、薬局も辞した後、向かったのが御徒町
 昼に行った『いわしや』と同じよう向きで外神田にある『ナリカ(旧:中村理科工業)』の本社で小売り販売もしているとの事なので、旨く行けば耐冷手袋の現物が見れるかも…と向かった訳だ

 で、チト迷った挙句に見付けたのだが、結論としては在庫は無かった…やはり、需要範囲が狭く、常時在庫を置くほど売れていないのだとの事
 序でに云うと、握る・放すは兎も角、手首を返す(右手ではスロットルを回す動作が必要になるので)のは、こう云う耐冷手袋では辛いのではないか、と返答が有った
 併せて云えば、『ナリカ』で扱っているのは『いわしや』で扱っているのとは別のメーカらしいが、やはり値引きは無く、\20K超えの値段がする様だ

 さて、用事も一通り済んだが、その後、浅草合羽橋まで足を伸ばした
 携帯のストラップとして使っていたエビフライ(食品サンプル)が紛失して仕舞ったので、代わりを補充しようと云う訳だ

 帰り道にチト遠回りをする程度で行けるので、そちらに回ってみたのだが、少し歩いただけで3店の食品サンプル屋が有った
 本来は、食堂等のメニュー棚に置く食品サンプルだが、ソレだけでは需要が少ないのか、最近は小型のソレを作って携帯ストラップやキーホルダー等にして売っている
 私が使っているのも、その一つだが、今回はエビ天+ししとう天のストラップと、フランスパンのネクタイピンを見付けたので、購入した
 …昔はもっと安かったと思ったんだがなぁ…景気の差かなぁ…
 結局、\2.5Kの出費となった

 さて、取り敢えず書く事は以上だと思うが、このネタ(糖尿病闘病記と防寒手袋、両方でだな)は新しい状況が判ったら当面書き続けたいと思う
 まぁ私も大層酷い状態(HbA1c:13.3,血糖値:480超え)だった訳だが、2週間の入院と4ヶ月弱の通院で一応健常者に近い数字まで引き下げる事が出来た訳で…まぁ内服・自己注射の投薬は続く訳だがwww
 糖尿病でお悩みの方が居たら、こんな奴でも復帰は出来ると云う好例として読んでくれれば嬉しい
 では、次回更新まで皆様、御多幸を^^

|

« 糖尿病治療の事 | トップページ | グリップヒータ装着(SHERPAのみ) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 バイク通勤のために耐寒用手袋を \20k も出すのであれば、バイクにグリップヒータをつけることをお勧めします。
 これがあれば相当なスピードを出さない限り普通のバイク用手袋で問題ありません(さすがに夏用のメッシュとかは厳しい)。
 冬シーズン以外は無用の長物かもしれませんが、分厚い手袋でアクセル、ブレーキの操作を鈍らせるよりも段違いです。 2台持ちということもあるでしょうが、冬はどちらか1台を専用にするというのもアリかと。

投稿: 味噌田楽 | 2013年1月25日 (金) 21時57分

冬の防寒は我々通勤ライダーにとっては大きな問題ですよね。
昔はスキー用の安い手袋とかでしのいでましたが、今のトリッカーにはブラッシュガードをつけていて、これのおかげで多少グレードの落ちる手袋でもなんとか耐えられます。
今まで試した中で最高なのは何といってもハンドルカバーで、前に乗ってたYBR125とかアドレスV100ではこれでしたが、素手でもぽかぽかです。ただ、見かけは最悪です(笑)。それに転倒時に手が離れなくて怪我をする危険もあるしおすすめできるものでもないです。
現行のアドレスV125Sでは冬期仕様でグリップヒータ+大型ナックルバイザ+シートヒータがあってかなりあったかそうです。次はこれが欲しいかも(笑)。http://www1.suzuki.co.jp/motor/uz125szl1/detail1.html

投稿: あひる | 2013年1月27日 (日) 21時12分

Shot>味噌田楽さん
 コメント感謝します
 亀レス失礼します(基本、平日しかブログ記事更新やコメント返ししないモンで…申し訳無い)

 さて、グリップヒータですが、早速検索してみました
 モノによって結構違いが有るモノですね…グリップそのものを交換するのが一般的ですが、ヒータになる布(電気毛布みたいなの? を防水袋に収めた感じ)をグリップに巻く方式のモノも有る様で…コントローラもON/OFF切り替えのみのモノや数段階の調節機能が有るモノまで…

 で、丁度今、3000Km点検の最中で、昨日ZZ-Rを回収してSHERPAを納車した訳ですが、その時に整備工に相談しました
 で、SHERPAは御存じの通りデュアルパーパスですので、ナックルガードも付けた方が防風効果と相まって効果が有ると説明を受け、発注しました
 取り敢えず、SHERPAでグリップヒータを試してみて、使い勝手が良ければZZ-Rにも付けるかと算段中です

 冬用のバイク…と云う御提案には少し悩む所でして、旨く行けば両方のバイクに付ける事を考えて行きます
 SHERPAは4日以上間空けて起動すると途端に機嫌が悪くなる気難し屋ですし、ZZ-Rを冬の1季節遊ばせると、走行距離差が2台の間で大きくなり過ぎて整備タイミングの調整が難しくなるし…と、悩み所も増える感じなのでww

 まぁあと数年は乗り続ける予定のバイクですから、これ位の投資は良いだろう、と
 お値段も安いの(上記ON/OFFのみとか、性能的に弱いのも含みますが)は数千円以下のモノから高いのだと万を超えるモノまで有りましたが、取り合えず\7K程度のモノを付ける予定で…
 旨く行けば、SHERPA乗り潰した後…は多分KLX辺りに乗り換えでしょうから、ナックルガードも含めて換装可能な両対応のサードパーティ品を選んでおきましたしwww

 整備工も、厚手の手袋にしていくと操作性が落ちる事を心配してましたし、まぁ試してみます
 序でにバッテリに掛かる負荷の感じも知って置きたいですしね

 兎も角、検索や今回の発注は貴方の発言が切っ掛けでした
 情報提供感謝します

P.S.
 整備工から連絡があり、サードパーティのナックルガードは廃番となっていたそうでorz
 その代わり、川崎純正のKLX用ナックルガードが付きそうだ、と…
 コレも条件が有って、設置用ボルト等の交換も必要だそうですので、少々割高(左右両方で\4.4K)になるそうですが…まぁ仕方ないので、了解しました
 取り敢えず、納車されるのが楽しみです

Shot>あひる提督
 こちらもコメント感謝です

 ブラッシュガード…って、所謂ナックルガードですよね?
 バイク用語ってデュアルパーパス=トレールとか、ブラッシュガード=ナックルガードとか、同じ意味した複数の用語が有ったりして、一瞬迷いますwww

 ZZ-Rにも付けられれば良いんですが、フルカウルだし、カウルに邪魔されてハンドル切れなくなりそうwww
 まぁソモソモ部品が無いと思うし…無理矢理加工すれば付くかも知れんけど、そうやって加工すると防風効果も落ちるだろぉなぁ…と

 ハンドルカバーは実は一時期真面目に考えましたwww
 ただ、やはり仰る通り外見的に…ねぇwww

 それと、当然ZZ-Rの方にはナックルガードと同じ様にハンドル捜査の邪魔になる可能性も考慮しまして、断念…と
 そぉですね、転倒時に手が離れない…と云うのは考慮外でしたが、云われてみれば確かにそうです…盲点でした

 私はスクータが怖くて(ニーグリップが無い単車って乗った事が無くて…以前、友人のスクータに一度乗った事が有るんですが、やっぱ怖かったし)現行車両を乗り潰しても、次はやっぱ同系車(ZZ-Rの後継はninjaだろうし、SHERPAの後継はKLXだろぉなぁ)になると思いますので、参考にさせて戴く程度ですが…シートは現在、乗る際に穿くオーバーパンツで結構しのげてる(シートだと尻だけですが、オーバーパンツだと脚全体を保温出来ますので)ので、当面コレで良いかと^^

 御意見感謝します
 参考にします^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年1月28日 (月) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/56623124

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病治療継続中及び冬季単車用手袋について:

« 糖尿病治療の事 | トップページ | グリップヒータ装着(SHERPAのみ) »