« 13年01月開始アニメ | トップページ | 糖尿病治療継続中及び冬季単車用手袋について »

2013年1月21日 (月)

糖尿病治療の事

 と、云う事でプリキュアは次回最終回、更に翌週新番組だし、戦隊は更に翌週にゴーバスターズが最終回、もう一つ翌週から新番組獣電戦隊キョウリュウジャー開始の予定である
 と、云う事で前回宣言したインプレは当然まだ書けない訳だが、チト思い付いたので記事を更新してみる

 昨年後半から糖尿病について自身が体験した事や調べた事などを纏めて更新していたが、取り敢えず現在の状況を少々

 まず食事…入院中に徹底して物量制限及びカロリー制限が掛けられた事の影響か、若干胃が小さくなっているのは感じる
 入院前に平気で食っていた量が食えなくなっているのは事実だ
 まぁ適当に頑張れば食えるが、無理に喰うモンでも無いし、入院前に頑張って食った量(喰い放題で、つい多目に取って仕舞った時とか、大盛りで有名な店で大盛りを注文した時等)の量は先ず食えなくなったと思って良い
 その分、今までよりも早く空腹感は感じる様になる…胃に入る総量が少ないのだから、当然である
 今の時点、我慢出来ずに何か食う…と云う状況にはなっていないし、その状態で帰宅後の夕食前に血糖値を測れば何時もの通り若干高めの数値が出る訳で、低血糖症状を示す訳ではないので、取り敢えず夕食まで我慢する訳だが

 併せて、食う内容であるが、今までも書いて来た通り、血糖値にイキナリ反映するのは炭水化物、アルコール等、最終的に糖となる部分であり、同じカロリー量でも魚・肉等の蛋白質は若干有っても良いらしい
 ただし、糖を完全に断つと次回に摂取した際の吸収効率が格段に上がり、却って血糖値を上げる要因となるそうなので『少量を摂る』事が重要なのだそうだ
 で、その代わりと云ってはナンだが、食えるのが植物繊維と蛋白質となる様だ
 特に食物繊維は食事の最初に摂ると糖の吸収を抑えるのか少量を持続して吸収させる様になるのか、兎に角、血糖値の急激な上昇を抑えるのだそうだ
 洋食のコース等では食前にサラダが出るが、コレはそう云った事が経験則で判っていたから出来た様式なのだろう
(こういった様式が出来る前の時代にそんな栄養学が確立していたとは思えん)
 と、云う事で先ずサラダor野菜の煮付け等の繊維物→肉や魚→主食と云う順番で量も大→中→小となる順に食うのが最近の通例となっている
 出勤中の100円ショップで買う就業日の昼食もお握り*2+惣菜パンor菓子パンと云った状態からサラダ+お握り+惣菜パンといったラインナップになった
 朝食・夕食についても,茶漬け用茶碗で2杯食していた白飯を茶碗自体は変えていないが茶碗半分以下の盛り1杯で抑えている
 まぁその分、野菜なり肉なりの惣菜中心で食しているのが現状だが

 調味料も結構な問題らしく、大豆原料の味噌や醤油にもカロリーは有るが、糖分を多く含むケチャップや油分を多く含むマヨネーズも結構覿面に出る様だ
 試しに最近よく行くステーキハウス『ビリー・ザ・キッド』で実験させて貰ったが、250gのハンバーグ『パンチョハンバーグ』を普通にケチャップソースで食した後の血糖値は一気に上がったのだが、500gのハンバーグ『ジャンボハンバーグ』をソース無し(テーブル上に配膳されている下ろしニンニク+醤油)で食した時には左程の上昇が無かった
 今後、外食をする際は、ソースについての注文が可能かどうか確認してから…と云う事になりそうだ

 で、一番記して置きたいのが水分摂取量である
 血糖値が上がると、血液粘度が上がるらしく、血行が悪くなるらしい
 その事から、体中に「凝る」症状が起きやすくなるし、動脈硬化や脳溢血、眼底毛細血管瘤が出来れば視界の一部欠損等、一部合併症の原因になるのもこの辺りの症状らしいのだが
 取り敢えず、体が『この侭では不味い』と判断し、水分摂取を促す…つまり『喉が渇く』のだ
 で、その本能に従い水分を過剰に摂取すると当然排泄量も増える
 結果、小便が多量に出るのだ…糖尿病診察開始時に水分摂取量と小用の回数を聞かれたが、この辺りの目安を取る為だったと今になって判る訳だ
 で、外出先のトイレ(男子用)において、小用を済ますのに個室で腰を下ろす人間がどの程度居るか判らないが、少なくとも私は男子小便用の便器が用意されているトイレに入れば、そちらを使って用を足す
 で、この便器は確かに一々個室で下半身を出して座り込む必要無く用が足せるので便利なのだが、反面、便器に当たった自分の小便が便器外に跳ねる
 跳ねた小便は小さい飛沫なので普通は気にも留めないし、周囲の床に飛び散るだけなら…まぁ便所掃除が大変だ、だけで済むが、自身にも実は跳ね返っている
 当然、ズボンの生地はソレを吸っている訳で、汗等と同じくスボンの汚れの原因となる
 コレが1日に1~2回程度なら問題ないが、日に数回コンスタントに起きるとなると、結構な汚れになる
 特に糖尿の患者は尿素だけでなく、糖も出ている訳だから、乾けば結構な汚れになる訳だ

 さて、話を戻して血糖値が収まった退院後の生活では、水分摂取量が格段に落ちた
 以前は日に1~2Lの水分(真冬でも氷水)を飲んでいた訳だが、最近は1日350cc? マグカップに2杯の茶(年末辺りから紅茶→玄米茶を飲む様になった、後述)で殆ど済んでいる
 当然、排出量も減っており、日に8~9回(昼夜合わせて)は行っていた小用も現在は2~3回で済んでいる
 スボンの汚れも目立たない程度になっている…多分、小用の回数激減が要因だと思う

 さて、此処で取る水分の種類についても記して置くかと思う
 糖尿云々を検診で云われるだけだった当時は普通にジュース(炭酸系が多かったかな)を飲んでいた
 有る時、友人との旅行の際、紫の野菜ジュースは葡萄果汁が多く含まれており、野菜のエグ味が感じられない事に気付き、果汁+野菜ジュースを愛飲するようになった…ガゴメ等で販売している『紫の果実+野菜』と云った感じのアレだ
 職場の敷地内に有る生協でコレを販売していたので利用していたのだが、有る時を境に値が上がった事と製法を変えたのか旨くなくなった事でコレを取り止めた
 で、代わりに乳酸菌飲料や100%果汁ジュース等にしたのだが、コレが結構血糖値に響いたらしい

 で、現在はお茶にしている
 最初はコーヒーは実はカロリーが有る(まぁ1杯6Kcal程度らしいが)との事で、紅茶(こちらは甘味料を入れなければ基本ゼロカロリーである)にした訳だ
 偶に行くパスタ専門店『馬車道』の『桃の香りのピーチティ』はリプトンから出ているパックのフレーバー紅茶とほぼ同じ味がしたので、同じくリプトンから出している桃のフレーバー紅茶のティバッグを買って飲んでみた
 …甘くないwww
 香りは確かに桃の香りがするのだが、甘いのはやはり甘味料を入れているのだろう…今後は馬車道で飲む時にも多量の接種は不味いかも知れない
 まぁ兎に角、コレを飲んでいた訳だが、更にNet等で検索してみた所、緑茶の場合はゼロカロリー以上に血糖値を抑える効能が有る可能性が出て来たと云う研究結果に当たった
 まぁ間違い無くそうなると判明した訳ではないが、別に甘くない紅茶と緑茶でどちらが好きかと云われても差して変わらないのも事実だし…と、玄米茶に変更した訳だ
 玄米茶…煎茶の葉と炒った米をブレンドして飲むお茶だが、米そのものを食す訳ではないので、カロリーはやはりゼロなのだそうだ
 と、云う事で、此処1週間程度は単車通勤で冷え切った体に玄米茶と云う習慣が出来ている

 …取り敢えず、退院後でも気を使って変えた習慣はコンなモンか
 一応忘備録の意味も含めて作成したが、糖尿の疑い又は診断された人には参考となれば幸いである

 次回こそ、プリキュアと戦隊のインプレになるのかな…
 2月中旬にならんと書けないので、ソレ前にまた何か書くかも知れん
 ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 13年01月開始アニメ | トップページ | 糖尿病治療継続中及び冬季単車用手袋について »

心と体」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
血糖値コントロールのためとはいえ、色々飲み物にも試行錯誤されているのがよくわかります。
冷え切った体に玄米茶……高速道路のサービスエリアのフリードリンクみたいです(^^;

投稿: いぶき | 2013年1月22日 (火) 23時49分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝します

 まぁ御存じのとおり、生来が無精者ですので、出来る範囲が非常に限定的です
 普段やってる事に+α…位までは出来る事がありますが、+α+βまでやろうとすると、途端にやる気が萎えますwww

 故に、自転車も結構、私にとっては限界値の様ですし…
 自転車って…原付に手を出して以降乗ってませんでしたので…24年? 程度は乗って無かった訳で、乗り方自体は忘れて無かった様ですが、漕ぎ方(力を入れるのは足をどの向きに向かわせた時? 純粋に真上に来た時に踏み込むのか、重心を後ろにして前に蹴り出す感じなのか、逆に重心を前にして後ろに踏み切る感じなのか…ハンドルも単に操舵だけでなく、懸垂の要領で握ったハンドルを引っ張り上げる感じで体重移動すると踏み込む力が増すかな…とか)を忘れてて、まぁ乗ってる最中に色々迷いが出て、毎回体も疲れますが精神的にもキます、最近www

 飲み物に関しては、本当に治療が始まって摂取水分量が一気に減ったので、お茶…と云うのも選択肢に出来た感じですかね
 今までは…まぁ元来が暑がりの汗かきだったので、無暗に飲む量が多かった事もあり、水道水一択だった訳ですが、飲む量が減った事で選ぶ余裕が出来た感じです

 職場では陶器のマグカップを利用してますが、紅茶だと茶渋が結構付きましたが玄米茶に代えてから殆ど付きません
 調べてみると、茶渋の原因はタンニンな訳ですが、玄米茶はティーバッグ内の半分近くの容量が米なのだそうで、タンニン自体が少ないのだそうで…
 まぁ更に調べたところ、タンニンは多量の摂取をすると鉄分の吸収が抑えられるらしく、貧血気味(ってか、糖尿病が遠因になり、貧血にはなり易くなるそうで…ミケの初日や自転車で秋葉原に到着してすぐ等、結構貧血を起こしてます…酷い時は視界全体がホワイトアウトして色彩が一切感じられなくなる事も)の私は、緑茶成分は摂取出来てタンニンが少ない玄米茶と云うのは結構ナイスな選択だった様です

 まぁ飲む際は、カップで手を暖めてからですので、かなり冷めてるんですがねwww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年1月23日 (水) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/56593467

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病治療の事:

« 13年01月開始アニメ | トップページ | 糖尿病治療継続中及び冬季単車用手袋について »