« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »

2012年12月16日 - 2012年12月22日の記事

2012年12月17日 (月)

自転車の事

 と、云う訳で12月では2回目の更新になる
 先日より病気の事に関してのみ更新してる気がするが、今回も似た様なモンでwww
 まぁコミケ三拡にも参加したし、アニメも順調に視聴してる訳だが(メディア購入についてのアレコレも云いたい事が無い訳では無い)、取り敢えず、経過報告と云う事で

 取り敢えず退院後、今週木曜が初の外来診療となる訳で、退院してからどんな生活に変わってドンだけ血糖値が推移したかを確認した上で、今後の投薬量を変更又は維持するかを決めながら病気と付き合って行く事になる訳で

 私も知らなかった知識だが、糖尿病の患者には糖毒性と云う症状が発する事が有るらしく、即ち『高い血糖値を慢性的に維持していると、インスリンの効果が出辛くなる』と云うモノだそうだ
 と、云う事で、入院中は一時期、兎に角通常時の血糖値を一旦低くする為に食前にも超速効性のインスリン(インスリンは大きく2種類あり、持続的に分泌されて平常時の血糖値を抑えるタイプと食後に多く分泌され食後血糖値を抑えるモノが有るそうだ。超速効性はその名の通り打てば一気に血糖値を下げるが効果時間は接種後30分強程度らしい)を打ち込んだが、血糖値が収まってからは処方が取り止められた
 で、現在もインスリンの接種は1日に就寝前1回のみな訳だが、日に4回(毎食前と就寝前)に測る血糖値は、まぁ若干高め水準であるモノの、完全に『病気』レベルからは基本外れている状態である
 素人診断でどうこう云う話では無いが、取り敢えず現在の処方(朝晩の内服と就寝前のインシュリン接種)で問題ないと思われる
 週1~2回のヤンチャ(外食等の高カロリー摂取)も、その後のケアで必要以上に高くならずに済んでいるし、まぁ良いんぢゃ無いかと思う

 さて、前置きが長くなったが、先日…入院前に秋葉原に所用が有り出かけた際、単車が駐禁を切られて仕舞った
 今までかなり安全な(と云っても法的に大丈夫だったのではなく、単に警察所管の外れだったので警官や業者が来なかっただけなのだが)場所だと思われていた場所に一斉に切符が付いていた
 と、云う事で今まで安全だった地帯が安全で無くなった事、そして今回の病気の事もあり、自転車を購入し、秋葉程度には自転車移動する事にするかと思った

 で、場合によっては職場に持ち込んで現地移動の足にする等も考慮し、折り畳み自転車にするかと検討した訳だ
 すると実兄が見付けてきた店を紹介して来た
 折り畳み自転車の世界では老舗になるらしいが(創業30周年)、アメリカのDAHONと云うメーカに依頼してOEMとして作っている機種が有るとの事で、早速確認することにした
 本来のDAHONの自転車ならば最低\40k程度はするのだが、\19.8kと半額程度の値段で販売されており、小さくでは有るがDAHONのOEMである事を記すペイントも入っている
 オリジナルのDAHONとナニが違うのか店に確認したところ、オールアルミのオリジナルに対してスチール部品を混ぜる事で価格を抑えているとの事である
 その関係で目方が3kgほど重くなる(DAHON純正は12Kg、OEMは15Kg)のだそうだ
 確かに自転車として組み上がった状態で重心を持って歩く分にはさして感じないが、サドルとハンドルの2点支持で持った状態又は折り畳んだ状態ではかなりの重さの違いを感じる
 例えば、自転車通勤として最寄り駅まで自転車を使い、折り畳んで電車に乗り、職場最寄りでまた組み上げて自転車で乗り付ける…と云う事をするなら、この3Kgは致命的になる
 が、ソンな気は更々無いので、安い方で決めた

 結局、在庫で気に入った色の車体が無かったので、取り寄せを依頼し、購入したのは昨日だったのだが…自転車を甘く見ていた

 20年以上(原付を購入した以降)真っ当に自転車に乗って無かったので、勘を取り戻すまで少々怖かった事及び普段使わない筋肉が使われる事で腿の筋肉が非常に疲れたのだ
 購入後かっぱ橋の自転車店から自宅まで、昼食を挟んで自宅から秋葉原まで移動しただけで結構疲れた

 ソレと自転車に乗って思ったのは、単車に乗った、この20年は無駄ではなかった…と云う事も感じた
 停止線での一旦停止や左右確認、障害物を避ける際の後方確認等、習性として体に染みついているのが判る
 取り敢えず、意識しなくとも体がそう動くのだ

 糖尿病の運動療法の一環としても自転車はある程度推奨されている事も有るし、まぁ今後は自転車で何処まで行くかも含めて検討したい

 と、云った訳で次はミケ後かな…?
 今期のアニメ終了後の感想等が入りそうだが
 ソレまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »