« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

2012年4月15日 - 2012年4月21日の記事

2012年4月17日 (火)

12年3月終了アニメ雑感

 やっと未来日記の最終回を確認…
 WOWWOW開局20年記念アニメであるオズマが今週最終回の筈で、コレの最終回はまだ見てないが、云い出すと切りが無い(ってか、オズマは3月開始のアニメで全6回だしな)ので、この辺でケリを付けるか、と

 で、見ていたアニメで今期最終回だったのは以下の通り

■日曜日
 デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち
 ファイ・ブレイン 神のパズル
 輪廻のラグランジェ
 未来日記

■月曜日
 あの夏で待ってる
 Another
 男子高校生の日常

■火曜日
 ちはやふる
 リコーダーとランドセル
 パパのいうことを聞きなさい!

■木曜日
 ブラック★ロックシューター
 ギルティクラウン
 キルミーベイベー
 アマガミSS+plus
 妖狐×僕SS

■金曜日
 ハイスクールD×D
 戦姫絶唱シンフォギア
 灼眼のシャナIII (Final)

■土曜日
 ゼロの使い魔F
 バクマン。2
 偽物語
 BRAVE10

 4+3+3+0+5+3+4=22本か…以前、1月期アニメの視聴開始記事で記した本数が30本で、その後進められて視聴を開始したのがアクエリオンEVOL…併せて31本だが、その内22本が終わるってどぉよwww
 で、1クールで無いモノが7本…約1/3か…まぁ多い方かな、最近のアニメでは…本当に制作が○○制作委員会とかになってから、息の長いアニメが作れなくなってるのはどうしようもないな…
 人気の出無さそうな作品は早々に切って次を作るってのも仕方のない事かも知れんが、大器晩成型のアニメが作れないのは悲しいモンだ
 しかも、人気が出ても「綺麗に終わりが締ってる」モノを無理に伸ばして駄作にする危険性が有る場合、やはり終わらせないといけないのは判るし…そう云う意味でも「最初の1月分と最終回2~3話見れば話は判る」と云われるシリーズアニメでも作れた時代は良かったのかも知れない
 まぁ本数その他に付いての総評はコンなモンとして、個々の感想等…

・デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち
 すまん、実は見ていないwww
 録画も途中で止まってるし、時間帯が早過ぎてる感も有ったしな…
 今度、動画サイトなんかで都合が付けば見たいな…ってか、ソモソモその時間が無いのが難点
 前作4クールで今回は2クールなのは、やっぱ人気が思った程上がらなかったからか?

・ファイ・ブレイン 神のパズル
 やっぱり「神のパズル」って部分は結構ぼかされたな…既に第2期も始まったが、第1期の終盤はパズル解きってよりカイトとルークの話に終始していた感が有る
 神の書って結局何だったのか、全く判らんウチに廃棄されたが、まぁ終わり方は予想の範囲かな…可も不可もなく
 第2期はまた「グループ仲良し」からスタートの様だが、今回はグループ各自にライバル相当のキャラが居る感じなので、その辺も見処かな?
 コレ以降は第2期スタート雑感で

・輪廻のラグランジェ
 コレも第2期が予定されている分割2クール(1クールづつ)
 で、結局、コレって鴨川市の宣伝アニメ?
 ナンか話が中途半端(まぁ続きが最初から予定されてるアニメなんだが、ソレにしても終わらせ方がナンかやっつけ的な気がする)な感じ
 2期は見ると思うが、メディア購入は絶対ないな

・未来日記
 コッチは2クール連続で作成
 12人(ってか7thは2人で1組なので13人?)のそれぞれ違った未来日記の所有者のサバイバルSF
 最後は超展開になった訳だが、一応話は纏まってたかな?
 ついったでふぉろーしてる作家の笹本祐一氏も云っているが「爆弾テロリストの9thが一番常識人ってのも…」と云う程度の話なのだが、まぁ主人公がリアル厨房だから仕方ないか
 そう云う意味でも厨房アニメ…原作漫画が終了してから終わったアニメなので、綺麗に終わったのは数少ない美点

・あの夏で待ってる
 有る意味「おねティ」の焼き直しとも云える青春SF三角関係アニメ
 まぁおねティは保志さん登用と云う事で、決める時には決める格好の良い男子高校生が主役だったが、凡人が主人公になると同じ様な世界観でもストーリーは異なるかな、という好例
 面白く見れたは見れた…余裕が有ればメディア購入も有ったかも知れん(ちなみに、おねティは実兄が、おねツイは私がDVDを持ってる筈)

・Another
 推理作家綾辻行人氏が原作小説のアニメ
 小説・コミカライズ・アニメでそれぞれ若干の変更がされており、実写映画も製作中との事…しかし、この作品で実写は無理が有りまくりwww
 オカルト作品であり、クラスに紛れ込んでる過去の死者(死者本人にその記憶と自覚は無い)が影響してクラスの2親等(血縁)が不慮の事故等で死に安くなる現象に翻弄され、対応していく中学生の話
 死者の正体や劇中に判明する現象を止める方法(ただし、対症療法なので、根本解決にはなってない)等を隠す為の叙述トリックが小説では見られるが、その辺をアニメではかなり旨く作ったと思う
 取り敢えず、アニメ版ではモチガワラ(主要面子のうち、望月・勅使河原の2人)のポカが被害範囲をかなり拡大させたと思うのは私だけか?

・男子高校生の日常
 純粋に笑えた
 取り敢えず、頭を空っぽにして笑う為に見るアニメとしては高評価
 コレはシリーズが続いたら見ると思う
 文学少女(やっさん)が好きだな、やっぱりwww

・ちはやふる
 競技かるたを真面目に書いた初の作品(少なくとも、私はコレ以前に競技かるた漫画を知らない)
 適当に恋愛職は有るが、絶対にメインにならずにかるたに青春をぶつけてるのが好感触
 続きが出れば見たい

・リコーダーとランドセル
 森田さんに続く3分アニメ
 現在ドに続きレと云う事で2期目がスタート
 ナンと云っても置鮎さんが無駄に艶っぽいwww
 コレで小学生役とか誰得www
 そして、ツンデレの無いくぎゅは印象として違って聞こえる事が再認識されたアニメ

・パパのいうことを聞きなさい!
 原作挿絵のなかじまゆかさん関連で原作小説を読み、アニメ化と聞いて視聴した作品
 なのだが、基本設定は確かに原作通りなのだが、途中…ってか3話辺りから既に原作を離れたシュチュエーションが多く見られ、落ち着き所は原作1巻の終了場所になったが、とても原作通りとは云えない作品になった
 別に原作至上主義って程でも無いが、此処まで変わると公式二次作品と云っても良い気がするし、好みで云えば原作の方が好きかな、私は

・ブラック★ロックシューター
 えっと…コレ、結局ナンだった?
 女子中学生が友達作りたかったんだけど、別の精神世界に入ったり送れたりするESP少女が関わってたからホラーっぽくなった…ってな感じ?
 最後は結局「苦しくても自分で痛みを伴って行動しなきゃ駄目だよ」と云った感じで〆?
 良く判らんウチに終わった作品…としか思えんwww

・ギルティクラウン
 ノイタミナの2クール枠
 第1クールと第2クールでナンか全然話が違った感触…
 引っ張り回された主人公が能動的に動こうとすると碌な事が無い…って話だっけ?www
 まぁそう云う事も有るかな

・キルミーベイベー
 コレは賛否両論あるかな…勿論私は否の方でwww
 設定におんぶだっこ…ってか、その設定も旨く使い切れてない感じで、だからどぉしたの連続
 何が云いたいのかも良く判らんし、ソーニャの殺し屋設定も、本当に仕事してるの? ってな感じで女子高生が遊びで自称してるだけにしか見えない

・アマガミSS+plus
 前期シリーズのエピローグを各2話でやったって事だね
 前期シリーズが寸足らずだったのか、今回が蛇足なのか…ナンにしても余り好感は持てない感じだったかな
 主人公の行動が「男の妄想全開」だったので、逆に引くかも知れんが、ソンなんばっかだった…前期シリーズだけで良いや

・妖狐×僕SS
 世間全体に対してツンデレだった主人公が、SSに心を開く話?
 ってか、SSって結局ナニ?
 シークレットサービスって全然シークレット(秘密裏に)してないし…個人雇いの執事?
 キャラは可愛かったのと中村さんの無駄に色っぽい声が印象に残った作品
(最近、女性声優の色っぽい声が少ない中、男性声優が無駄に色っぽい声を出す役が多くて…私はソノ気は有りません)
(取り敢えず、次回で書くと思うが、女性声優で色っぽい声は峰不二子の沢城くらいかな…化けてるなぁ)

・ハイスクールD×D
 おっぱいパンツアニメと思わせておいて、実は結構真面目にストーリーしてたのが好印象
 悪魔・天使・堕天使がそれぞれいがみ合ってる関係を理解するのがナンとも…此処で云う悪魔はソロモン72柱の事らしいので、堕天した悪魔とはモノが違うらしい…
 堕天使=ルシファー=サタンの構図で見ると混乱するが…
 でも、この構図も認めてたり、よく読むと結構複雑(ってか、逆にその辺りを気にしたら負けなのかも…原作ラノベだし)

・戦姫絶唱シンフォギア
 えっと、コレ、2期が有るんだっけ?
 この話では全部の黒幕が沢城でソレは退治されたけど、撒き散らされたノイズと云う人間に仇成す「現象」はまだ残ってる訳で…
 1話アバンで主人公が死んだとされる所から回想される始まりだったので、最終回は本気で主人公が死ぬか、実は生きていて…と云うENDになるかどっちかしかない訳で…結局後者だったけど
 どぉも収まりが悪い感じで終わった感が残る

・灼眼のシャナIII (Final)
 こっちは完全に終わらした作品…原作は途中までしか読んでないので良く判らんが、原作通りの終わり方?
 アニメ2期とかは、原作からかなり離れたストーリーになったので、強引に原作に戻した感も有る様な話も聞いたが…
 まぁ取り敢えず、アニメはスピンオフとか公式二次とか無ければもう出ないと思われ

・ゼロの使い魔F
 こっちも話的には終わったな
 原作は作者先生が癌で入院中との事(御本人、元気についったで活躍中です…早期復帰と続きの執筆を期待します)で先に進んで無いが、展開は原作と違う感じで終わった
 世界を覆う災厄の内容が変わってるから、原作は違う展開になるしかない訳で…まぁソレだけに原作に期待しているのだが
 コレも公式二次でも無ければアニメ作品の新作は出ないと思われ

・バクマン。2
 終わった途端に第3期の予告とは、NHK本気だな
 漫画家の裏側を確り描いてる癖にシッカリ楽しませてくれてる辺り、原作が面白いのかアニメ制作が本気だしてるのか…
 今度余裕が有れば原作漫画も読んでおきたい作品(確かデスノートの組み合わせだったっけ)
 兎に角、3期に期待

・偽物語
 化物語の続編…ってか、主人公の妹二人が怪異に関わる話
 化物語ではTV未放送の13話以降だっけ? を含めて5人かな? の怪異を解決してるのに、11話使って2人の怪異を描くとか、丁寧ってか前作が急ぎ過ぎだった?
 話としては面白いし、八九寺や神原との掛け合いは純粋に面白いので、嫌いでは無い

・BRAVE10
 えっと…コレは何だったんだろう…?
 真田十勇士を題材としたSF時代劇だったのは判るが、話が余りにも尻切れトンボ…
 ってか、勇士が揃っただけで1クール終わったwww
 2期シリーズとか始めるのも良いけど、出来れば連続で2クールとかしてくれないと話が判らなくなる気がする…
 総評にも書いたけど、息の長いシリーズが作れない最近のアニメ事情の弊害だな

 以上であるが、次は新規アニメの1stインプレッションかな…
 オズマの終了感想も含めてかも知れんが
 それまで皆様、御多幸を^^

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »