« 9月になってるよ… | トップページ | 12年10月開始アニメ雑感 »

2012年10月 2日 (火)

12年9月終了アニメ

 と、云う訳で10月になってしまったが、9月中に終了した視聴アニメは以下の通り

■日曜日
 機動戦士ガンダムAGE
 ファイ・ブレイン 神のパズル 第2シリーズ
 輪廻のラグランジェ season2
 しばいぬ子さん
 TARI TARI
 アルカナ・ファミリア
 人類は衰退しました
 氷菓
 織田信奈の野望

■月曜日
 超訳百人一首 うた恋い。
 ゆるゆり♪♪

■火曜日
 だから僕は、Hができない。(今期中、最速変更)

■水曜日
 貧乏神が!

■木曜日
 SKET DANCE
 夏雪ランデブー
 恋と選挙とチョコレート
 戦国コレクション
 この中に1人、妹がいる!
 じょしらく

■金曜日
 はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)
 カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~
 アクセル・ワールド

■土曜日
 えびてん-公立海老栖川高校天悶部-
 DOG DAYS’
 ココロコネクト
 黒子のバスケ
 境界線上のホライゾンⅡ

 9+2+1+1+6+3+5=27本か…元々本数の少なかった月曜は兎も角、木曜は視聴アニメ全部ぢゃないか…まぁSKET DANCEは6クール続いた作品だが
 ソレでは個別の感想を少々…かなり長くなるので、よしなに^^

・機動戦士ガンダムAGE
 今期唯一の4クール(49話)作品
 サンライズが噛んでるとは云え、レベル5の色が非常に強く感じた作品
 と、云うのも『ガンダムを真似た』感が凄く強く感じた訳で…友人には当初「色々と間違ってるガンダム」から「正しい所を探す方が難しいガンダム」に変わった所以
 第1期主人公(フリット)が当初、母親やら初恋の人やらを戦争で亡くした事から『敵殲滅命』になり、最終的に老害化した事、火星圏代表であるイゼルカントが理想と手段に自己矛盾を抱えたまま、しかもソレを気付かずに突き進んでて、誰もソコに突っ込まない事等、ガンダムでは有り得ない様な事を平気でやって来た
(まぁ私も云う程ガンダムに被れてる訳ではないが、少なくとも1年戦争時代のソレとはかけ離れてる訳で)
 しかも『両軍の技術協力の結果、双方が上手く行く方法が見付けられました』と云う十数秒のナレーションで戦争の全てが終わってる辺り…まぁコレは1stガンダムでもあったかwww

・ファイ・ブレイン 神のパズル 第2シリーズ
 余人の預かり知らん所で世界の命運掛けてパズルを解くと云う謎の作品www
 結局はプレイヤの友情話になったが、出来はまぁ悪くない感じ
 と、云ってもパズル中心の話だから、ストーリーを追い掛けるのに手間がないからだけかもww

・輪廻のラグランジェ season2
 取り敢えず、前期中途半端でぶった切った続きを締めた…って形かな
 最後、国連事務総長からの依頼を先約の町内会手伝いを理由に断る素振りのある電話内容が主人公のスタンスを解説する手段となってるが…コレって、マジにやると身体が一つぢゃ間に合わん…ってかダースで有っても間に合わんだろぉ
 無茶っぷりを示す内容にもなるんだろうが…まぁそう云う作品だ、と云う事で
 最後まで「地球の危機」と云わず「鴨川の危機」だったな、ドンだけ鴨川から金貰ってるかが気になるほど嫌味な位、鴨川だった

・しばいぬ子さん
 まぁ…そう云う事www
 アニメが終わっても紹介は続ける…って、3分アニメの前時間、商品紹介は今後も有るって事か?www
 リコランで2期、メインのアニメ始まって2期、計4期の登場で1年…更にこのキャラで5期目紹介続けるのかwww

・TARI TARI
 P.A.Worksの悪い所が最後に集中した作品…としか云えんな
 最後の数話、在学者の居る最中の高校で突然理事長独断の閉校宣言、文化祭の中止、校庭へのマンション建設開始…ドレを取っても学校法人の認可を得てる組織の所業じゃない
 PTAも地元住民も『理事会の決定だし』で納得ってか恭順してるし、日曜日昼の「噂の東京マガジン」とか見てみろ、とwww
 シナリヲライターの知識の浅さが透けて見えて、一気に萎えたな

・アルカナ・ファミリア
 元はゲームだったのか? まぁ楽しんで見れた
 女の子主役でカップル候補は主に2人だったが、結局、誰ともくっ付かずエンド…と云う状態に
 まぁ第2期は無いと思うし、コレで良かったのかな

・人類は衰退しました
 私とは最終的にウマが合わなかったかな
 「わたし」(主人公に名前が無いのもナンだが、そう云う作品だし)の公務員的黒さは悪いが同族嫌悪に通じるし、世界観自体は面白いと思うが、衰退した人類と新しい地球の覇者たる妖精さんとの関係が有る意味良好である事も違和感が有るしな
 まぁ続きも作ろうと思えば作れると思う終わり方だし、2期が有ったら悩んだ末に見そうな気もするwww

・氷菓
 原作小説は継続して発行されてるし、続きは作れると思う
 「愚者のエンドロール」で2回程取り上げた程度には見たので、続きを作れば見ると思うが…
 基本、私も放映開始当初の折木弟の「省エネ主義」に甚く賛同する者なので、周囲がウザいと感じるのも仕方なかろうかと思う

・織田信奈の野望
 まぁ良い感じに作って良い感じに終わったかな
 コレは第2期が絶対あると思う…最後の引きに来た四つ割菱の家紋は間違いなく武田家だし、最後に信奈が云う通り上杉・浅井・朝倉とまだ平定してない武将が唸ってる訳だし
 取り敢えず、結構面白く見れたので、2期が始まれば見るかな

・超訳百人一首 うた恋い。
 基本、1話完結…稀に2話続きで続いていて、一つの話が終わったら次…と云う判り易い繋ぎ方をしていたので、迷う事無く見れた
 ストーリーテラーである藤原定家のエピソードを最後に持って来ているので、第2期の考えは無いかな…
 小倉百人一首を元ネタにしているので、続けようはあるのだが、アニメの構成上…と云う事で
 出来自体は良かったと思う

・ゆるゆり♪♪
 まぁ前期と同程度か少々強い位で百合色は有ったが、ノンケでも充分見れる程度なので問題無し
 まぁ女子中のスキンシップならコンなモンかな(まぁマウストゥマウスは無いだろうケドなぁ)とも思うし…女子中に通った経験無いけどwww

・だから僕は、Hができない。
 肌色濃いめの作品だったが、話自体は面白かった
 敵役にも事情があり…と云う方向は最近では使い古されている感も有るが、その事情は吟味すると現状維持(人間界とグリムワールドにおいて)をする為の必要な措置だった、と云うネタは中々面白い
 その為に、主人公が本懐を遂げた後の展開は興味深かった
 声優:下野紘氏のキャラは何故か脱ぐ(ダンボール戦機Wのヒロは脱いでないなぁ…子供向け企画だからかなぁ)ジンクスが有ったが、最終回で果たされたwww
 原作小説に続きが有るなら第2期も有り得るが、アニメとしては結構綺麗に完結してるので、コレで良いかも知れない

・貧乏神が!
 原作漫画が連載中なので話は続くんだと思うが,アニメとしては結構綺麗なと事で終わったと思う
 市子の性格矯正(まぁアニメ終了時でも途中段階だと思うが)もされ、裏紅葉の話が決着付いた所での最終回なので、コレで終わりでも良いし、第2期が来ても問題無く始められる筈
 メディア購入には少々悩むが今期の良作であったのは間違いない(以前ののべつ幕無しメディア買い状態だったら買ってたかな…ってかDVDはBOXのみかいwww 特典も大幅に減ってるし、本当にDVDが迫害されてるな、昨今は)

・SKET DANCE
 1年半? 6クールの長期放映お疲れ様でした
 最初はナンか惰性で見てた気もしたが、途中から結構真面目に見てた
 紗綾からの告白で〆た訳だが、少年誌の主人公らしくないボッスンの受け答え故に続きが出来ても可笑しくない終わり方に感じる
 次期が有れば見たい

・夏雪ランデブー
 うん、福潤がウザかったwww
 最初はナンか良い話っぽくなるかな、と期待して見てたのだが、途中から福潤演じる幽霊が非常に粘着で…人当たり爽やかだけど内面真っ黒と云う本性が透けて見えて来て
 で、本当に人当たり爽やかっぽいけど、やってる事悪霊のソレだよね…で、因果応報と云うか主役二人が揃って昇天しても、この幽霊だけは現世に取り残される…と
 見なきゃ良かったと迄は云わんけど、見返す事はまず無いだろぉな、と

・恋と選挙とチョコレート
 コレは続きは無いな…取り敢えず、選挙も終わったし、主人公もカップルになったし
 ギャグりたいのか真面目に話を進めたいのかの緩急が何となく弱く、どっちつかずの印象が付いて回った
 元はラノベではなくエロゲだった様だ…最近、エロゲとかしてないしなぁ…

・戦国コレクション
 一応全部見た…が、もぉなにも云うまい(いや、云うけど)
 信長や秀吉、家康と云った普通に戦国時代の武将を女性化しただけならまだしも、千利休(一応時代は戦国だが武将ではない)や平賀源内(武将ではないうえ,戦国時代でもない)や果ては劉備玄徳(三国志の英雄…日本は此の頃、邪馬台国の時代)ナンかが出てきた時点で「駄目だ、コリャ」状態に
 一応最後まで見たが、特に強い印象は無し、次期は万一有っても見ないかな…

・この中に1人、妹がいる!
 ラノベ原作、途中までは原作既読
 パンツやら風呂やらのシーンが多い癖にTV放映では消したり隠したり
 結局はメディアを買って見ろ、と云う事なのだろう
 実際、サイトで見たメディア版ではシッカリ映っていた
 話としてはアニメは結構完結に近い終わり方をしていたが、原作ではどうなのか…wikiを見る限り、アニメでは実妹である事が判明したキャラにその記述がない
 つまり、原作ではまだ実妹は確定していないと云う事なのだと思う
 まぁ原作はどうでもアニメではこれで完結したので次期は無かろう

・じょしらく
 サザエさん方式で1回3話ですべてが完結してしまう内容なので、続けようにも終わらせようにも自由自在
 Bパートは原作に無いオリジナルだった様で、云われて見ればBパートだけ楽屋の外に出張っている
 今季のアニメの中ではかなり安定して見れたのだが、次期は難しいかも知れない
(話としては続けられるだろうが、人間関係に本当に変化がない作品なので、新番組を立ち上げても目新しさがない…まぁ、ゆるゆりの例も有るのでこの辺は何とも云えないが)
 まぁ次期が有れば見る

・はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)
 コレこそ「2期無かったら怒るぞ、コラ」と云う作品
 異界から魔王の娘を保護してきた「はぐれ勇者」が追手を倒す…ってだけで終わって仕舞ったwww
 異界の女王様とか全然話に絡んで無いし、第1話ではぐれ勇者と別れ惜しんだ後は異界で心配してるだけやんwww
 と、云う事で2期が有れば見る、と

・カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~
 最後の敵はアテナ…とOPフィルムを見て思っていたが、アテナの母メティス(wikiによると、このエピソードはアニメオリジナルの様だが)だったとは…
 取り敢えず、世界の危機が日本で数回起きて、護堂がその度に救って来た…と、云う事の様で…
 併せて云うと事件を一つ解決する度に美少女を一人引っかけてる…と云う所も特筆すべきか
 原作でも護堂ハーレムはこれ以上増えないようだが、ならばこその次期が有るなら見てみたいのだが、最終エピソードをアニメオリジナルにしたのだから、次期は無いかな…

・アクセル・ワールド
 2クールしっかり使って良い所で話が終わった
 コレも原作既読の実兄からは「コレから登場するキャラとかがEDカットに有った」と云う情報もあるし、2期が有ることを前提としていると思う
 取り敢えず、能美の件は落着したが、大局としてはナニも終わってないドコロか始まったばかりな訳で、第2期は期待出来ると思われ

・えびてん-公立海老栖川高校天悶部-
 各話で色々な名作アニメのパロディをしつつ、本筋の話は一応進める辺り、見事
 だが、パロが強過ぎてコレで良いのか? と、心配する事しきり
 取り敢えず2期は無い筈

・DOG DAYS’
 前期はシンクが地球世界に変える方法探索、見付かったが今度は一度帰れば二度と来れない…と云うラストエピソードに良い展開が有ったが、今回は本当に「シンクが体操仲間を引き連れて再度来訪、世界を挙げてのお祭り騒ぎに参加して無事帰りました」だけだったwww
 まぁキャラの可愛さと戦争時に負けると衣服が飛び散る等の肌色展開(何気に多い)が人気の作品なので、さしてストーリーはどうでも良いのかも知れない
 次期は…有るかな? 第1期が学年末、第2期が夏休みと長期休業期でないと慌ただしいので、第3期が有ったとして冬休み? 年末年始に長期で子供達だけの旅行は普通許さないよな…夏休み丸々子供達だけで旅行ってのも、本来尋常では無いんだがwww

・ココロコネクト
 原作小説のヒトランダム・キズランダム・カコランダムの3編を1クールで終了…原作未読で
 PSPで出るヨチランダムは原作に無いオリジナルの様なので、キャラが好きならやってみるのも有りかと
(私は時間の都合でやらんだろうなぁ…)
 話は1編がそれぞれ完結しているので3編までと云っても綺麗に完結しているから問題ない、当然、次期も期待出来る
 沢城が当初、前期ルパンの峰不二子に釣られたか妙に高校生っぽくない演技になってた気がするが、1クールで慣れたしwww
 次期が有れば見ると思われ

・黒子のバスケ
 コレは絶対2期有るだろ
 2クールであったが、最後の数話は黄瀬と青沼の勝負がメインで黒子は解説すら殆どして無いし
(まぁ元から存在感が薄いキャラだから進んで解説とかはしないんだが)
 紫原と赤司はほぼ出てない訳で、これらの為にも第2期はあると思われ
 見るだけで録画してないのは残念か

・境界線上のホライゾンⅡ
 世界観が複雑すぎて1期の途中からBGV以外の何物でも無くなったアニメの第2段
 第1弾は主人公トーリとホライゾンの話だったが、今期は点蔵とメアリ恋話って事で合ってる様だ
 ナンにしても、世界観が理解出来ん事には話にならない
 次期が有ってもBGV以上にはならないと思われる

 以上である
 さて、次の更新は…今期開始アニメの感想かなww
 では、ソレまで皆様、御多幸を^^

|

« 9月になってるよ… | トップページ | 12年10月開始アニメ雑感 »

コメント

たんおめ♪

投稿: いぶき | 2012年10月 2日 (火) 15時50分

今期はゆるゆり、信奈かな。
ゆるゆりは安定していたと思いますし、
信奈は良い意味で裏切られた感じです。
ココロは話が重いので少し人を選ぶかな。
TARITARIはあの強引さがなければなと言う思いが強いです。。。

投稿: まー | 2012年10月 2日 (火) 18時34分

Shot>いぶき さん
 mixiメッセも含めてお祝い感謝^^
 まぁこの年になると誕生日を素直に祝えないお年頃では有るんですけどねwww

Shot>まー さん
 コメント感謝

 まぁゆるゆりは安定してますね
 3期も問題無く作れそうですし(原作が消費し切って無ければ)、良い感じです
 信奈は、思いの外良く出来た状態で、2期への繋ぎも残しているから多分作る積りは有るんだと思います
 メディアが発売開始してますので、売り上げ次第だと思いますが、順当に行けば先ず問題無く2期は有るかと
 ココロは…まぁねぇ、基本、超常現象を通して各キャラの性格形成に至った経緯やトラウマなんかを浮き彫りにして行く作品ですから…そう云う意味ではとらドラも深く読み込めばその様になる筈なんですが、雰囲気がココロよりライトな感じに仕上がってるので受け易かったのかも…と云う感は有ります
 原作小説も未完(既に完結は予告されてる様ですが)ですが、謎を謎のままにしておくかどうかが気になります(ふうぜんかつら等の存在の正体…ってか解説? は話の展開上有っても無くても完結は出来そうなんだけどねぇ)
 TARI TARIについては、本文に書いた事が全てですね…花咲くいろはの時は、放映当初に批判意見が殺到して路線変更…と云う話を聞きましたが、放映当初ならソレも出来たでしょうが、クライマックスであの展開にするとか、本当に脚本か構成(あるいは両方)の見識の狭さが浮き彫りになった駄作に陥った感が有ります
 P.A.Worksは基本絵柄や音楽など安定感が有る作品を作りますが、上記2本の様に話の根底でブチ壊しにする作品が出るので、余り安心して見れなくなった気がします

投稿: 毘沙門天松茸 | 2012年10月 3日 (水) 10時36分

AGEは3回目まで見て切ったんですが、やはりガンダムじゃありませんでしたか。
以下個人的断言ですが、ガンダムはヒーローでなくただの兵器とゆーか道具。主人公は自ら望まないが戦争と言う状況下で自身や仲間を守るため戦い、反目や挫折や失敗や敗北も味わいながら成長し、そして最後に何がしかの希望があって終わるもの。考えてみれば昔からある名作映画とかじゃ普通の話ですが、これをまじめに丁寧にやったから面白かった。
レベルファイブといえば子供に借りたDSでレイトン教授ものをやったんですが、パズルやクイズは面白いがストーリーのいかにもお子様向けなぶっ飛び方がげんなりで、なぜこれがそんなに評判になるのか理解に苦しんだものです。
しかし1クールの原作つきが当たり前になった昨今のアニメ作ってる中で、ストーリーと演出=ドラマで見せてくれるアニメ作れる人ってどれだけいるのかなあと暗い気持ちにさえなります。

氷菓は面白かったんですが、原作のストックがあと長編1つしかないそうなので映画とかならともかく2期はどうなのかなあとか思っています。
衰退は1話目の録画を失敗して2話見たらさっぱり話がわからなくてやむなく切りました。あとでコミック版を読んだら結構SF的で面白かったので少し後悔しています。
あとうぽっても見てましたが思ったとおりの馬鹿な話で、頭が空っぽになってこれはこれで。この路線でガールズ&パンツァーに期待。

投稿: あひる | 2012年10月 3日 (水) 11時27分

Shot>あひる提督
 コメント感謝

 AGEは…例えば第1期の主人公で初恋の人が実は敵対勢力側の人間で、戦闘中に亡くすとか敵対勢力は最終的に指導者を根こそぎ戦死させて結局和平に持ち込まれたとか、表面上はガンダムを追ってるんですが、提督が言う様な展開は無く、上記と本当に冒頭で第1期の主人公は敵対勢力の奇襲によって肉親(母親)を喪うとかの私怨で自分から群に協力・入隊して最後は軍の最高指導者として老害っぷりを見せ付けます
 ガンダムと云うMSに付いても、常にワンオフでエイジデバイスと云う起動キーを持っている者(そう云えばコレ、奪われたり、他者に利用されたりする事が無かったな)がガンダムのユーザである…と云う鉄則は1年間変わらなかったな…
 一応、ガンダムのノウハウを反映したMS開発は順次されてた様なのだが、最先端であるガンダムは常にワンオフだった訳で
 そう云う意味でも「正しい所を見つけるのが難しいガンダム」でしたね

 レイトン教授は全く手を出してません…ゲームの評価は高いので何時かやって見たいと思ってましたが時間が無くて…
 ただ、提督の評価がその程度ならやる価値が無いと思いますので、良い機会でした
 情報提供感謝です

 私もアニメ関係でブログ更新する度に結構な頻度で書いてるんですが、基本メディアの売上金で次期作の製作費を作ってると云う自転車操業っぷりが「取り敢えず短期で直ぐ金になる作品」ばかりを作らせてるんだと思います
 大きくは「○○制作委員会」と云う仕組みで、EVAが最初にやったと情報がありますが、不発に終われば委員会解散で責任は有耶無耶に出来る方式を取り始めた頃からおかしくなったと思います
 長期で制作する資金が続かないから大器晩成型の作品が作れない…過去、デュラララなんかは6~7話目からかな? もっと後かも知れませんが辺りからが面白くなった2クールアニメですが、そう云うのすら無くなりましたからねぇ…

 氷菓はどうでしょうね…一応2クール使って1年分時間が進んだ訳ですが、原作者は折木達の卒業まで書く積りらしいので、まだ原作は描き続けるんでしょう
 そう云う意味で、直ぐ第2期は無いかと思いますが、後々は可能性として有るかも…と

 衰退はSFですね、確かに
 サイエンスよりもフィクションに重きが有るSFですがwww
 取り敢えず、わたしの公務員的な黒さは間違いなく私自身が持ってる事を自覚するモノで、完全に同属嫌悪状態ですwww
 ソレを抜けば純粋には面白かったとは思いますよ?

 うぽってはアサルトライフルの知識が若干有ればなお面白い作品だったと思います
 私自身、サバゲー経験者ですし全くの無知識では無いですが、銃としての生い立ちや進化の過程なんかを知ってれば更に面白かったかな、と

 取り敢えず、次期のアニメ情報は基本入手しないで1話を見て視聴を決めるもので、ガールズ~の方は見てから、と云う事になります

投稿: 毘沙門天松茸 | 2012年10月 3日 (水) 17時38分

レイトン教授について、ネタバレになりますがちょっとだけ。私がやったタイトルは「魔人の笛」です。
基本はアドベンチャーで、アイテムを手に入れたり行けるところを増やしたりするのにクイズやパズルなどの「謎」をといて行くのですが、これ自体はかなり面白いです。

しかしそうやって進めていくストーリーが実は、怪獣や合体メカや謎のオーパーツとかがてんこ盛りな「なんでもアリ」で、要するに「怪盗ルパン」だと思ったら「ルパン3世」だったという所でしょうか。まあ少年マンガとかなら当たり前の展開と言えばそうですが、ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャーとか言うから推理ものを期待していた私には完全に当て外れでした。謎解きとファンタジーは完全に分離してるということだったのね。

そういうわけで、私の趣味にはあいませんが別にゲームは悪くないです。誤解させる書き方ですみません。

投稿: あひる | 2012年10月 4日 (木) 20時59分

Shot>あひる提督
 コメント返し感謝^^

 レイトン教授、なるほど判りました
 確かにチト誤読した様ですが、今回の御説明で有る程度理解したつもりです
 で、結果ですが、やっぱり買わないカナ…とwww
 まぁ純粋にパズルとかも嫌いぢゃ無いんですが、話が「ナンでも有り」ってのは本来好きでは無いですね
 ゲームでもアニメでも漫画でもそうですが、それぞれの作品に世界観が有って、その世界観の中で法則性のある話(魔法が有っても良いし、オーパーツの使い方が簡単に判明出来る世界でも良い)は問題無いんですが
 既にナンでも有りで世界観ソノモノが崩壊して仕舞う様な作品はやってて理解出来ません
 理解出来ないゲームはやってても面白く感じないのでプレイしません…ぢつは同じ理由でスーパーロボット大戦も一切プレイしてませんwww
(スパロボOGは対象外ですが、まぁオリジナルのロボットだけでSLGと云うのも燃えないと云う矛盾した理由でやって無い訳ですがwww)
 兎に角、情報提供感謝です^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2012年10月 5日 (金) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/55795940

この記事へのトラックバック一覧です: 12年9月終了アニメ:

« 9月になってるよ… | トップページ | 12年10月開始アニメ雑感 »