« ハカイダーを考える | トップページ | 知り合いが一人、旅立たれました »

2012年2月10日 (金)

遅れてスタート、アニメ2本

 と、云う訳で新規アニメの最後発がスタートした

 ノイタミナ枠の前半、ブラック★ロックシューターとスマイルプリキュアの2本だ
 まぁ戦隊ヒーローが今週最終回(ゴーカイジャー)と来週新番組(ゴーバスターズ)が有るが、まぁ特撮なので割愛かな

 と、云う訳で雑感を少々

・ブラック★ロックシューター
 既に2回終了…全8話の予定なので、1/4が終了した事になる訳だが…う~ん、判らん
 いや、中学に入学した女の子が席の近い別の娘と親しくなろうとしたが、ナンや判らん過去の柵から、学校にも行って無い車椅子少女の言い成りになってる現状が判る
 で、その車椅子少女が障害になって旨いコト仲良く出来ないけど、ソレでもやっぱりその娘と仲良くしようよ…と思って行動する主人公…ってな話は判る
 が、その中学生ドラマの合間で無暗に戦ってるだけの表題にもなってる「ブラック★ロックシューター」ってのは一体ナンだ?
 中学生ドラマの最中になされてる会話の一部が世界に響き渡ってる中での戦闘が繰り返されてるだけで、物語に絡んでる訳でもなく、本当に会話も無く戦ってるだけ…
 話の1/4が済んでるのにコレは飽きる奴は飽きるな、マジで
 と、云うか私は半分飽きている…あと2~3回でその辺りの解説が若干でも無いと見切りを付ける事も有りそうだ

・スマイルプリキュア
 Yes!プリキュア5GoGo!から4年目になる5人組プリキュア
 まぁ前例がない訳ではないし、最近は2人で始めても途中で仲間増えるし…まぁ良いか、って感じかな
 前回のプリキュア5では中1が1人,中2が主役層で2人,中3が2人の5人(GoGo!ではミルキーローズが中2に転入…ケド、学園での話って殆ど無かった気がする)だが、今回はどぉも全員中2で、しかも同じクラスの様だ
 第1回冒頭、遅刻寸前で走ってくる主人公が不思議生物と邂逅、本気で走り込む事に…で、その後、図書館で不思議生物の姿を見掛け、追いかけて事件に遭遇、プリキュアになる力を得て変身、取り敢えず1匹撃破…と云う流れはYes!プリキュア5を踏襲している感じ?
 まぁ必殺技を出そうと思うが出せずに「気合いだ!」を連呼する姿は某オリンピック女史レスリング代表の父親を彷彿とさせるが、流石に連発するネタではないと思われ…ってか、シリーズのプロットとして「幼児期の女の子に夢を与えるヒーロー」だそうなので、アニマル浜口が「幼女の夢」の筈無いだろう…と
 取り敢えず今週2話の予定で「自己紹介時、最初に話しかけて来た女の子」が2番目の「炎」のプリキュアになる(最初から5人ではなく、一人づつ増える展開もプリキュア5を踏襲してる積りかな?)らしいが、まぁ当然視聴の方向で

 と、まぁ始まった番組はコンなモンだが、序でに終わったアニメの感想も少々
・スイートプリキュア
・へうげもの
・テルマエ・ロマエ
 以上の3本かな?

・スイートプリキュア
 毎年1本づつ更新されるプリキュアのシリーズ8年目
 途中、敵側の幹部がプリキュアに転生するとか、2人で始まった筈なのに気付けば4人とか、初の小学生プリキュア誕生(前作では高校生プリキュアが誕生した)とか、お爺ちゃん(前作ではお婆ちゃん)大活躍とか…まぁ突っ込もうと思えば突っ込みドコロ満載
 プリキュアで突っ込むと際限ないしなwww
 今回の喰い物はカップケーキ、根本のテーマは音楽、あと味方の国で初めて男性の王様が登場(以来、堀内賢雄さんの声聞くと、プリキュア思い出す様になったしなwww)が新ネタかな?
 声優ネタではこの時間帯デビューの小清水がコードギアスを経て「此処でヤらなきゃ女が廃る」と男気溢れる女の子を熱演と、前作の久川綾(セーラーマーキュリー)に続いて三石琴乃(セーラームーン)が登場って辺りかな
 あぁ、敵を滅亡させずにハッピーエンドってのも初めてか
 取り敢えず、コンな感じ

・へうげもの
 第1話の爆発する天守閣から茶器の破片を取り戻す為に全力疾走する主人公…と云うシチュで、戦国時代のヲタクが居ればコンな感じか? と、見始めた作品
 途中、中弛みの気も有ったが、終盤は千利休が締めてくれた
 原作はまだ続いている様だが、アニメでは切りの良い所(千利休が処刑される所)で終わらしたのは良い評価をしたい
 千利休が自分の信念(わびさび)を追求し、後援してくれる大名を天下人に据える為に暗躍する…と云う展開は歴史物としても面白かった
 また、最後に自分が処刑される際にも、処刑側の人間を「客」と捉え、最後まで「もてなす」心を失わずに逝った根性は尊敬さえ出来る
 最後まで見切って良かったと思える作品だった…まぁ原作を読もうとは思わんがwww

・テルマエ・ロマエ
 ブラック★ロックシューターの関係か、単に劇場映画の宣伝が出来れば良かったのか、3週で終わった(打ち切りではなく、最初からその予定で作られた)作品
 まぁコレ以上やってもクドくなるし、良い感じで終わったかな?
 原作も続いていて、単行本も先日4巻目が出た訳だが、流石に読もうとは思わない
 此処にコメントをマメに入れてくれる旧友「いぶき」氏から、川崎フロンターレとのコラボを教わるも、流石に川崎まで行ってられずに未収穫orz
 単に頭を空っぽにして笑う為なら良いアニメで有った

 と、云った所かな
 次回更新は何だろう…良く判らないが、何かネタを見付けた時にでも^^
 では、それまで皆様、御多幸を^^

|

« ハカイダーを考える | トップページ | 知り合いが一人、旅立たれました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
私はあまりまったけちゃんに友達らしいことができていない様な気がしますが(いつもこちらが色々と教わってばかりで....)、今後共仲良くしていただけると嬉しいです。

息子がブラック★ロックシューターを録画しているらしく「面白いよ」とは言っているのですが、公式サイトのキャラクター紹介やストーリを読んでみると「どこに面白い要素が有るんだろうか」と少々悩んでしまいます。
日曜日とかで息子の部活が無い時にでも一緒に視てポイントを掴もうかな、と思います。

風呂マンガですけど、3話で終えてよかったと思います。コミックの中身からしても10話保たせるのが精一杯なので、あのアニメーションはシーズン間の谷間に埋めるリリーフ程度でも十分ですし、それだけでも存在感を出せます。
それにしても、建築技師ルシウスが現代日本で新たな発見に出くわした時のあの躍動は、ミスター味っ子の「うまいぞうー!」を彷彿とさせます(^^;

投稿: いぶき | 2012年2月10日 (金) 22時07分

ブラック★ロックシューターは今週見た感じ、次週が本番ですかね。私は割合絵が好みなので最後まで見るとは思いますが、説明不足感はありますね。

テルマエ・ロマエは話の流れが同じだから、3話(6話?)というのは良かった気がします。今後3話くらいのアニメを4本やって1クールと言うのも有なのかもしれませんね。

投稿: まー | 2012年2月11日 (土) 01時41分

Shot>いぶき さん
 コメント感謝^^
 亀レス御容赦orz

 まぁ最近直接会うことも出来ませんが、お互いブログを通じて生存確認意見交換なんかやってますから、充分友達でしょ^^
 まぁ本当に今度機会が有ればまた直接会いたいですがね

 B★RSは本当に本文にある通り、中学生の青春モノと隔絶した世界でやってる意味不明のバトルとの入り乱れで進んでるので、理解することが難しいです
 息子さん、小学生でしたっけ?
 この感性に付いて行けないのは年なのかなぁ…
 一応、録画はしてるので、見直しも可能ですが、ソレ以外に時間が取られてるのと、正直差して興味が湧いて無い事で敬遠されますね…

 やっぱり、風呂はあの長さが絶妙でしたよね
 阿部寛の実写映画も殊更観たいとも思いませんが、アニメ作品としては良い感じに終わった気もします
 味皇の口の中には宇宙がある…コレはミスター味っ子のアニメスタッフが第7話位でしたか味皇が味っ子の料理を食べた味皇の口から宇宙が飛び出した回でアニメの方向性が決まった…と云う談話で出たセリフです
 その前に、味っ子の作ったお茶漬けの蓋を開けた途端、丼から桜の木が生えて来たシーンによって有る程度決まり掛けた方向性を上記味皇の回で決定付けた、って事らしいですがwww
 まぁソコまで極端では無かったにしても、果汁入り牛の乳飲料はそんな感じだったのかも知れませんがww

Shot>まー さん
 こちらもコメント感謝
 併せて亀レス御容赦orz

 上記の通りB★RSは急激に興味を失いつつあります
 ちなみに、既に後番の坂道のアポロンでしたっけ? もTVCM流れ始めてますが、絵的に興味が惹かれません…嫌いな絵では無いですが、別に好きな絵柄でも無く、本当に興味が持てない感じですね
 次回から本番…と云うことで、何か惹き付けてくれるモノを魅せてくれれば良いですが、そうでなければ本当に『イラストから発展させた前評判だけアニメ』の汚名は拭えない気がしますが…
 やっぱ、上記のとおり感性が古くなったのかなぁorz

 テルマエはDVD(全2巻、同時発売予定)にはそれぞれ未放送1話(15分?)が付く様なのですが、ソレでも全8話ですしねぇ…
 ノイタミナでなければ「森田さん」や「リコラン」の様に短時間枠で1クールってのも有ったかも知れませんが…でも、時間置いて見るアニメでも無く、一気呵成に畳み掛けて正解だった気もします
 アレを1本づつ毎週見てると、多分飽きるかな…

投稿: 毘沙門天松茸 | 2012年2月13日 (月) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/53949788

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れてスタート、アニメ2本:

« ハカイダーを考える | トップページ | 知り合いが一人、旅立たれました »