« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

2011年6月26日 - 2011年7月2日の記事

2011年6月27日 (月)

アニメ感想はまだ先…今週末か来週?(前回続き)

 今度こそアニメ感想…って訳には行かないか、まだwww
 今日終了、明日終了とかまだ今週終了は残ってるしねぇ…

 さて、前回の続きとして、紹介したサーモマグだが、自宅に持ち帰り、実験してみた
 取り敢えず冷蔵庫から氷を満載し、冷水を入れる
 飲みながら過ごして飲み干したら水道水を満水に…2回目以降は水道水…所謂常温水で実験した
 一晩掛けて飲んだ結果、水は2回入れ直し(冷水の1回目を含めて3回満水にした)をして氷は無くなった
 氷が完全になくなった後も保冷状態は続いていたので、水は冷たいままだった
 ちなみにその間、結露は全然発生していない
 結構使えるかも知れん

 コミケの時に氷満載にして冷水を入れておき、冷蔵した水を簡易クーラーバッグに入れて持ち込み、サーモマグに水を継ぎ足しで飲んで行けば結構な時間保冷される手筈になる
 次の夏コミで耐えられたら良い感じではないだろうか…
 実兄から「溶けない氷」と云うものも紹介されたが、コレの導入は今年、このサーモマグが実用に使える事が確認されたら次の段階で使おうかと考える
 ナンでも自然石を冷凍庫で凍らせて使うモノが有るらしいが…ステンレスの内壁を破壊しないかどうかの問題が一つと、ソモソモこの「溶けない氷」ってのはジュースなり茶類なりを冷やす際に、普通の氷だと溶けた水分で飲み物自体が薄くなってしまう事を防ぐ為に使われる訳だが『水を冷やすのに水が溶け出たら問題か?』と云う根本から必要としない可能性も考えている
 普通の氷より冷却効果が高いとか、保冷時間が長いとかそう云うメリットが別にないと使う必要が無いと思うので、その辺りのデータを知っている人が居ればお知らせ願いたい

 さて、次にWi-Fiの関係だが、@Niftyで契約する事に決めた…ってか契約した
 価格.comのキャンペーンで\5,000キャッシュバックと云うのが有ったが、コレが@Nifty独自の機器購入時の割引・開線費用及び初月の使用料無料キャンペーンと併用できるか(価格.comでは@Nifty会員でない人間での値段しか示されていなかったので、元から会員である値段でも同様の適用が可能か)を聞きたかったが、価格.comには問い合わせ窓口が明記されていなかったので、@Niftyに直接聞いてみた訳だが
 結果、適用可能と云う事が判ったので、申し込みをしてみた訳だ
 ちなみに、契約時に確認した内容で気になったのは
・購入で依頼したルータはクーリングオフ対象外なので、開封後の返品不可(ただし、初期不良の場合は交換等対応)
・今回購入するルータは@NiftyでのWi-MAX専用のルータなので、他のプロバイダに移行したら使えなくなる(ルータのROMに@Nifty専用と書き込んであるので、市販の同形機とは厳密には違うモノが送られるのだそうだ)
 まぁ有る意味仕方のない仕様だが、当面@Niftyが最安値で利用できるのは間違いないので了解した

 コレで通信料は8月以降+\3.591と云う事になる訳だが、此処でオペレータの兄ちゃんから現在の接続コースに対しての助言が入った
 ダイヤルアップ接続・無制限コースと云うのが私の契約内容で、コレはモデムによる接続をしていた時分からの契約だったのだが、今の家に移ってからはCATV経由で使っているので、ダイヤルアップはしていないのだ
(ってか、I-NETに繋ぐプロバイダはCATVって事になる…Niftyはブログ(コレ)やメールを利用しているに過ぎない)
 ソコで、メール容量やブログ利用に関して、そのままの状態を継続しつつ安くなる料金プランが、同じダイヤルアップにあり、「お手軽5コース」云うものらしい
 コレは『ダイヤルアップ接続をすると』5時間無料接続可能で、それ以降は従量課金となるモノらしい
 上記のとおり『ダイヤルアップ接続では』であり、現在の私の様に他のプロバイダからI-NET経由で@Niftyに接続をする場合は別に課金されないらしい
 と、すると現行の運用とまったく変わらずに基本料金だけが現在\2,100/月の料金から\997.5/月になるとの事である
 と、云う事でプラン変更すると月に\1,102.5/月の節約になり、Wi-MAXの利用料\3,591/月と相殺で\2,488.5/月の負担でWi-Fiが使える事になる
 まぁ今までソレだけ無駄にしてた訳だから、節約と云えるかどうかは不明だが、まぁプラス思考で行こうと思うwww

 さて、最後にPSPの改造状況
 5.50 Prometheus-4を入れてあるFFCC同梱版の現用機だが、2回前の更新ではLCFW6.39PRO-B7にCIPLに更新して使えば…的な事を書いたと思う
 しかし、CIPLにすると云う事は、今後更新の度にCIPLの更新もしないといけないかも知れない(取り敢えず勝手な推測だが、CIPL自体が最新の技術だから、今後Ver.UPとかがされる可能性が高い)と思い、今配信されている最新のCFWである6.39ME-B6に更新することとした
 このCFWも制作はM33のCFWを解析した所からスタートしたと云う経緯のCFWなので、今までのデータ等との互換性やキーファンクション等はM33にかなり準拠されているので、不便はない
 ソモソモが、私のCFWは買ったゲームをiso化して使う事により「多数のUMDを持ち歩かずに済む」「UMDドライブを稼働させないので、電力消費を抑え電池持続時間を長く出来る」と云った効果を狙ったものなので、プラグイン等は使っていない故に結構どのCFWでもデータの互換性は有るのだ
 ただ、Prometheus系からのインストールだと、Flash0(PSPの内部メモリ、通常の操作では見る事も触れる事も出来ないし、コレが壊れると完全にブリックしてPSPが置物以下になるwww)に記録されているversion.txtと云うファイルが、FWのVer.偽造の為に9.90と書き変わっており、FWのver.が6.39では登録FWよりもVer.が低いと判断され、インストール出来ないと云う不具合を持つ
 ソコで、CFWの機能の一つとして「USB接続をした場合にPCから見に行けるメモリ切替」と云うモノが有るので、コレを使いFlash0をPCから書き換える事に成功する
 Flash0:/vsh/etc/version.txtの1行目にあるVer.情報を9.90→5.50に変更して書き込み、USB接続を外す
 念を入れる為にPSP自体も再立ち上げして6.39ME-B6インストーラを起動する…と、旨くVer.Up出来た様だ
 次に立ち上がったPSPのVer.をチェックすると無事「6.39ME-B6」と記載されているので、問題なくインストール出来た様だ
 最近、LCFW6.39PRO-B5や6.20PRO-B6(Permanent Patch)でプレイしていたAKIBA'STRIPを立ち上げて見たが、無事セーブデータもロード出来た
 念には念を…と、昔プレイしていたコードギアスPSP版のプレイもしてみたが、コレのセーブデータも無事読める事が確認出来た
 と、云う事で現用のPSP三台の布陣はCFW6.39ME-B6(FFCC同梱版PSP-2000)、LCFW6.39PRO-B5(PSP-3000赤)、LCFW6.20PRO-B6(Permanent Patch)(PSP-2000水色)となる
 不揮発性CFWのPSPが2台あるので、かなり心強いLCFW6.20PRO-B6(Permanent Patch)はVer.UPの際にPermanent Patchを解除してVer.UPしてもう一度Permanent Patchを充て直す必要があるので、やはり利便性としてはCFW>Permanent Patch>LCFWと云う事になるだろうな

 取り敢えず、今週末の事だけで結構な時数になったので、此処までとしたい
 次こそは本当にアニメの感想…だと思うwww
 それでは皆様、それまで御多幸を^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »