« 結局、DVD購入は… | トップページ | 10月も今日で最後か…更新が »

2011年10月 3日 (月)

9月終了アニメの雑感

 と、云う訳で更新
 今回は、今期で終わるアニメの雑感のみかな
 ソレでも文字数がかなり限界www
 まぁ昨日誕生日だったとか、幾つかあるが、ウチでは誕生日は特にイベントも無く、年は数え年で良いんぢゃね? って感じだし
 では、取り敢えず、今期見終わったアニメ作品の一覧から

■日曜日
 デジモンクロスウォーズ 悪のデスジェネラルと七つの王国
 青の祓魔師
 花咲くいろは
 異国迷路のクロワーゼ The Animation
 魔乳秘剣帖

■月曜日
 快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~
 ゆるゆり

■火曜日
 神様ドォルズ
 STEINS;GATE

■水曜日
 にゃんぱいあ The Animation

■木曜日
 うさぎドロップ
 NO.6
 BLOOD-C
 まよチキ!
 バカとテストと召喚獣にっ!

■金曜日
 BLADE
 ロウきゅーぶ!
 いつか天魔の黒ウサギ
 ダンタリアンの書架
 神様のメモ帳

■土曜日
 猫神やおよろず
 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%
 R-15
 TIGER&BUNNY
 日常
 セイクリッドセブン

 …5+2+2+1+5+5+6=26本/週か…7月に視聴予定のアニメ本数を確認した際、35本/週だったので、9本が継続放送って事になる
 アニメ業界が即金(DVD・BD等の売上による純利益)にならないと次の作品を作れないとか云う状況だと噂に聞いて暫く経つが、本当に「もっと気長に萌えようよ(by故・米澤嘉博氏(前コミケ代表))」と、思う
 まぁさて、それぞれ思う処が有る作品に一言づつ

・青の祓魔師
 日曜夕方と云う事も有ってか、可も不可も無く…と云う感じ?
 話は真面目だけど要所ゝで学園コメディの感が有って…
 でも、メインヒロインを決めずに恋愛系の話が全く無かったのは…まぁソレも有りなのかも知れないが、チト物足りなかったかな?
 立ち位置的にはしえみがメインヒロインだろうけど、アニメでは特に出雲も目立つ様に作られてたしねぇ
 最終回の数話のみ見れば、雪男がメインヒロインでFA?www

・花咲くいろは
 最初の数話ではアニメ版「おしん」の様な展開でこりゃ駄作まっしぐらかな…と思ってたのだが
 ナンか旅館仲居の青春モノに一気に方向転換したので、まぁ継続視聴した
(実兄の話では、やはり話に不評が出たので構成を変更したのだとか)
 締め方も…まぁ良いけど、東京での恋愛関係(孝一のバイト仲間の女性とか…)の話はどうなったんだっけ?

・異国迷路のクロワーゼ The Animation
 アニメから原作に興味を持って取り敢えず読んだけど、アニメは本当に原作に忠実に作ってたんだな、と
 これに関しては本当に可も不可も無く…二期が有れば見ると思う

・魔乳秘剣帖
 途中から真っ当に見出したのだが…話としてはまぁ良く出来ていたかな…
 以前書いたとおり、江戸時代日本は男女ともそんなにボリュームの有る体格はしてない訳で、かなり無茶な設定では有ったが、その辺りを無視すればソレも有りかな…
 二期があったらまぁ見るかも知れない…原作も続いてるみたいだし、話も終わってないしな

・快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~
 パチンコキャラのオリジナルアニメだった様だが、何となく真面目に見る気が起きなかったな…
 声優陣は豪華だったし、絵も崩れてないのだが、何が気に入らなかったのか…やっぱ設定とか話かな…

・ゆるゆり
 取り敢えず、全部見た
 中学が舞台では有ったが、Aチャンネルとかけいおん!系のほのぼの系
 しかし、まぁ原作が「コミック百合姫」と云う事もあり、その系のニュアンスが有ったことも含め毛色の違いは感じた
 最終回近くで主人公を敢えて出さない事も含め、実験的な作品だったかな

・神様ドォルズ
 取り敢えずDVD買いました…原作も(現在9巻で継続中)6巻まで買いました
 原作と対比して見ると、原作の進行速度が遅いのかな、アニメで特に端折った感がないのに既に13話で7~8巻辺りの所?(少なくとも6巻は既に終わってる)訳で
 コレは、二期有るとしても結構先になるだろうな…何せ、原作に追い付きつつある上、この作品、原作無視のオリジナルストーリーになったら、多分収集が付けられなくなる
 あと、原作者には悪いけど、アニメにして良かった作品である感想は否めない
 原作、絵が見辛い…下手って訳でもない(まぁ上手くも無いが)が、ナンか読みづらい…コレはアニメで見る方が純粋に話が判り易い

・STEINS;GATE
 終盤は面白かった…ってか、本当に終盤(まゆりの死を回避する…の辺りだから、本当に最後の2・3ヶ月?)だったので、それまでエンジンが掛らなかったスロースターター
 最後に主人公の邪気眼は「演じてる」事を告白するが、それでも冒頭の痛さはチト耐えられない
 見返す事は多分少ないと思う
 併せて云えば、SF検証が足りない…まぁ主たる視聴者層をドコに合わせてるか判らんが、『考えさせる作品』を作りたいなら、制作側も考えて作れ、と
 タイムマシンネタなのに、タイムパラドックスが起き捲ってるぢゃないか

・うさぎドロップ
 原作は第二部があり、綺麗に纏まってるらしいので、コレは逆に二期を希望したい
 当初、ツリ目系の幼女と云うのは余り可愛いと感じなかったが、見てるウチに慣れたのか、今では気にならずに可愛く感じるwww
 原作の第二部を二期としてアニメ化するなら、見たい

・NO.6
 原作の終わりと合わせて終わったらしい、小説原作
 ハードカバー9冊を12話のアニメでやると云うのはかなり端折ったんだと思うが…
 まぁアニメも見てる方が急いでる感を感じたが、何処と云って話が足りない感じがないのは構成スタッフの腕かな
 原作がそうなんだと思うが、少々色気がない(女性キャラが沙布しかいない)のもDVD購入に踏み切れない要因

・BLOOD-C
 えっと、結局ナニ? コレ…
 3ヶ月掛けて映画の番宣?
 グロ画像と下着描写に無意味な白光やモザっぽいボカシを入れてたけど、下着は兎も角、グロが話の中心だろ? コレ…
 異形の食人種族と女の子の戦いが主だった訳だし…まぁ映画は人間と沙夜の戦いになるんだろうけどな…でも、見る気しねぇ…

・まよチキ!
 コレも、何となく判らん作品になった
 メインヒロインはスバルなんだろうけど、奏の存在が物語を不明にしている感がある
 奏は近次郎とスバルの仲を進展させようとしたり、その場の混乱を招いて楽しんだりしながら、自らも近次郎に気が有る様な場も有る…結局何がしたいのか、行動理念が判らん
 コレがハッキリすれば評価は上がると思うが、現在の評価はタダの「キャラだけ」作品である

・バカとテストと召喚獣にっ!
 一期もそれなりに面白かったが、今期は多分それ以上に面白かった気がする
 雄二・翔子の回や入学当時の美波・明久の回はソレなりに真面目な話で面白かったし、新召喚システムのテストの回(四話Bパート)は大笑いで有った
 DVDは一瞬考えたが、一期も買ってないし…と、却下 三期があれば、見る

・BLADE
 コレも色気のない作品だったなぁ…まぁアメコミ(マーベルコミック)なら仕方ないかorz
 話としては面白かったが、取り敢えず本懐(母の敵であるフロスト討伐)は遂げたので、続きは無いかな

・ロウきゅーぶ!
 コレは有る意味どっちつかずの作品だったかと
 女子小学生の可愛さを出すのか、スポ根としてのバスケ漫画を描くのか…両方を出そうとしても余り読者は付いてこないと思う
(両方を欲してる受け手は少ない為)
 二期が有れば見るけど、DVD購入は無いと思われ

・いつか天魔の黒ウサギ
 コレも「何がしたかったんだ?」アニメ
 回が進む度に「実は世界(魔術やそこらの関係者的に)見て、対した実力ぢゃない事が判った月光」とか、結局「何の力が備わったか判らん大兎」とか、説明不足が多過ぎ
 二期があれば見るかも知れんが、BGV程度にしかならんかも

・ダンタリアンの書架
 取り敢えず、見た…まぁ19世紀の英国を舞台に幻書と呼ばれる魔本を収集(回収)する子爵の孫(結局、爵位は引き継いだのか?)と、書架の管理者である悪魔(?)の話
 この二人が全く出ない話が2・3回あった(最終回で一堂に会した事の伏線だったか)
 wikiでは原作は終了しているとの事だが、原作者が続刊を書かない旨公表しているだけで、解かれていない謎が点在しているらしい…ってか、それで良いのか? 原作者…
 そう云う意味では二期も有るかも知れんが、DVD購入は無くなったな

・神様のメモ帳
 「探偵ではない、ニート探偵だ」と云う決め台詞に違和感バリバリwww
 そもそも、少佐だっけ? は大学生だからニートではないし、ナンか「ニート」と云う言葉が流行語っぽいのでチト使ってみました的な安直さを感じる
 原作を読まなくても端折った感を感じる作品だったので、DVD購入は無し 二期は…有れば見る程度かな

・猫神やおよろず
 特に猫派ではないので流す程度www
 人情噺等もそれなりに有ったので、見てて不快感は無かった
 話も纏まったので、多分、二期は無いと思われ

・うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%
 芸能界の卵を舞台にした逆ハーレム物…って事でFA
 まぁ…女の子向けの作品だよね、イケメンに囲まれたシンデレラストーリーだし
 主人公の女の子は歌手ではなく、作曲家と云う所が今までとは違うかな? まぁソレだけかな…多分、二期は無いと思う

・R-15
 ラノベ原作らしいけど、アニメ化して失敗した作品
 今の描写規制激しい時代にはそぐわないし、ソモソモ話を映像化して逆に陳腐になった感がバリバリ
 少なくとも、DVD(多分、映像特典として規制解除描写だろうけど)の購入も、原作の購入もする気は起きない

・TIGER&BUNNY
 2クール物だったが、今期終了の作品では最高だったんぢゃないかと思われ
 主人公がオッサン(てかヒーローで女の子は2人だけ、他のメインキャストに女性はTVプロデューサの女性のみ)なので、色気が少ない事も有り、最初の喰いつきが悪かった
 が、話がかなり燃える話だったこと、主役二人のうち、バニー(デキの良い方)がタイガー(落ち目になり掛けのロートル)に心を許している描写などは「バニー、デレキター!!」とツイッターのTLがwww
 1クール終わりと2クール終わりの両方での山場は両方とも見物だった

・日常
 コレも2クールだったが、さして面白くなかったな
 タイトルに反して、絶対、日常ではないし、だからナンだと云う程度の話
 キャラを見つめてみても、絵面は可愛かったのは認めるが、性格的に何処かオカシイだけで、面白い訳ではない
 完全にBGVであった、二期が有っても変わらんだろうな、と

・セイクリッドセブン
 久しぶりに「いのまたむつみ」アニメが見れる事も有って結構期待したんだが…
 純粋なヒーロー物としての面白さが最初に見えたが、回が進み研美の悪だくみ等が表に出た辺りで失速感を感じて、結局再加速無しで終わった気がする
 純粋に期待していただけあって、残念

 さて、次の更新はナンになるか…未定だが、月1回更新が続いたので、少々打開したい所
 それまで皆様、御多幸を^^

|

« 結局、DVD購入は… | トップページ | 10月も今日で最後か…更新が »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

いろは。
キャラが話に翻弄されると言うのが多いと言いましたが、バイトの子は考ちゃんの近くに女がいると、緒花を動揺させるための駒に過ぎないので、役目が終わったらそれで終わりの存在です。
緒花が必要以上に盲目的で空回りしたり、菜子ちがちょっと痛い子になったり、緒花の母親がダメ親から良い親になったり、話に左右されている印象を受けました。その辺の一貫性が足りないなと言うのが私の感想です。
それでも全体的には悪くはなかったですけど。

投稿: まー | 2011年10月 3日 (月) 22時31分

Shot>まー さん
 コメント感謝
 先日、徹夜で語り合った時にもその話は出ましたが、キャラとストーリーのどちらを取るかと云えば、私はストーリーの出来を取る人間なのは周知の通り

 さて、いろは
 そう云う意味ではストーリーも早期の方向転換や場当たり的な話も結構有った気がするので、私的にも決して良作ではないと思います

 緒花の母親に関しては、(wikiに依れば死別したらしい)旦那(緒花の父)への想いが抜けきらなかったのだろう故の「恋多き女性」であり、女将に鍛え上げられた関係でぢつは仲居仕事もかなり熟練者であること等、設定的には結構ハイスペックな人だったと思うので「物語冒頭にいた恋人と別れた」時点で性格的にも多少の変化(つまり、恋人のいる状態での性格と、そうでない状態での性格に違いが出る)事で説明は付く様な気がします

 ただ、孝一の東京でのバイト仲間の女性は話の中にしっかり「孝一への好意」を明確に緒花に宣言しているのに、その後すっ飛ばし…と云うのがストーリーとしても問題があると思えます

 まぁ日曜夜の番組は少なかったので(異国迷路と魔剣は実質月曜の深夜にMXで見てたし)、良くはないが悪くもない作品として見てた訳ですが…

 今期はもっと見る数減らすかなぁ…

投稿: 毘沙門天松茸 | 2011年10月 4日 (火) 10時36分

どうもです。大事無かったようで良かったですね。

「日常」は、ニコ動で盛り上がっていたので、まず原作を読んだけどぜんぜん面白くない。
でもアニメだと声優さんの好演(怪演?)でかなり笑えました。といってもピンポイントなので、通してみればやはり評価は低いんじゃないかな?と思いましたね。

とはいえ、「けいおん!」だってマンガよりアニメのほうが面白かったので、やはり自分で見てみないと面白いかどうかわからないものだなとは思ってます。

で、ガンダムがまた始まるそうでどうしようか迷ってますが、敵が正体不明とかってガンダムじゃ前代未聞?それになんかプラもにし安そうなデザインもちょっと萎えるので、あまり期待できないかなあ。

投稿: あひる | 2011年10月 4日 (火) 23時29分

Shot>あひる提督
 コメント感謝です
 事故ってか単車ゴケについては、御心配お掛けしました
 まぁ打ち身・擦り傷と右足親指の爪剥いだ程度かと…
 爪については、初めてではないのですが、爪と肉の間で内出血が出来て、ソレが元で爪と肉に隙間が出来て仕舞った訳です。
 一度肉から離れた爪はナニやってもくっつかないので、新しい爪が出来るまで雑菌等入らない様に保護する位しか出来ないので…
 まぁ軽傷です、医者も不要な程度ですね

 さて、感想について…
 日常…ニコで盛り上がったんですか、知りませんでした
 ナンと云って良いのか…本当に「何が面白かったのか判らない」作品だったと評価しています
 「普通ではない=オカシイ≠可笑しい(面白い)」と云う典型的なパターンかと

 けいおん!は…アニメから知って原作読んだのですが、まぁ京都アニメーション(制作会社)は原作があると良い作品作る事で有名ですからねぇ^^
(逆に原作無しのオリジナルはダメダメな事も有名ですがwww)

 ガンダムは次の日曜から始まりますが、確かに登場人物から対象視聴者層まで年齢が低めの感じがします
 冨野氏も「巨大ロボットを問答無用で活躍させられる場が戦争だった」と云ってますが、本来ガンダムは「兵器」であって「ヒーロー」では無かったんですがねぇ…
 一応見ますが、どの程度見るのか不明です

投稿: 毘沙門天松茸 | 2011年10月 5日 (水) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/52899455

この記事へのトラックバック一覧です: 9月終了アニメの雑感:

« 結局、DVD購入は… | トップページ | 10月も今日で最後か…更新が »