« アニメ感想はまだ先…今週末か来週?(前回続き) | トップページ | コミックマーケット80in有明 第3回拡大集会(第1部) »

2011年7月 5日 (火)

今期終了のアニメ雑感

 と、云う訳で月も変わり、一通り最終回も迎えた
 と、云った所で簡単に感想等を2~3行程度

 ちなみに、見終わった最終回モノは以下の通り
■日曜日
 昭和物語
 アスタロッテのおもちゃ!
 俺たちに翼はない

■月曜日
 星空へ架かる橋
 ファイアボール チャーミング
 神のみぞ知るセカイⅡ
 戦国乙女~桃色パラドックス~
 聖痕のクェイサーⅡ

■水曜日
 30歳の保健体育

■木曜日
 [ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL
 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
 緋弾のアリア
 Aチャンネル
 電波女と青春男
 Dororonえん魔くん メ~ラめら
 まりあ†ほりっく あらいぶ
 そふてにっ

■金曜日
 よんでますよ、アザゼルさん。
 変ゼミ
 世界一初恋
 GOSICK

■土曜日
 DOG DAYS
 デッドマン・ワンダーランド

 3+5+1+8+4+2=23本か…結構な数だなwww
 では、感想を

・昭和物語:最初はまぁ普通の町工場一家を描写した、昭和の時代の参考映像の様な作品だったが、後半数回はかなり激動だったかな…
 高2→高3になった長女は先に卒業した先輩と普通に恋人になるかと思えば、万引きに引き込まれそうになり、二股掛けられた事に気付いて結局別れたり、一人で万引きして捕まったり…
 大学生の長男は頭でっかちに工業の近代化を唱えたけど、結局家業を継ぐ終わり方かな?
 小学生の次男はまぁ判らんでもないが、鬱陶しい存在で終わったな

・アスタロッテのおもちゃ!:普通にラブコメだったかな…
 結局、ロッテと明日葉が異父姉妹と云う設定はアニメでは殆ど活かされなかったが、原作ではどうなんだろう?
 改めて原作を読む気にまではならなかったな

・俺たちに翼はない:6月23日更新で記載したので、割愛

・星空へ架かる橋:「あか坂」程酷くなかった…と云う程度
 エロゲ原作の作品と考えても凡作かな、特記事項なし

・ファイアボール チャーミング:何気に良作だった
 百年・千年単位の伝言ゲームと時代を経た事による常識の変遷という要因で起きるカルチャーギャップを楽しめた作品
 1話約2分と云う時間でよく纏まっていた

・神のみぞ知るセカイⅡ:まぁ2期だよねwww
 ハクアが出て来てキャラの幅が広がったかな? と思ったが、思いの外余り貢献出来て無かった気がする
 まぁ3期狙うかどうか微妙な終わり方だったが

・戦国乙女~桃色パラドックス~:今期のダークホース
 思いの外楽しめた…織田・明智の目線から見れば、ポッと出で豊臣が現れたら、その従来にない発想に織田が着目、可愛がる…で、西方に遠征中に明智の不満が爆発、本能寺で一悶着…とか、史実が微妙に重なる辺り、作り方も旨い
 シロ(犬)が現世に来てる辺りで2期も狙えるか?

・聖痕のクェイサーⅡ:すまん、録画だけなので、割愛

・30歳の保健体育:これも6月23日更新で記載したので、割愛

・[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL:うん、まぁ面白かったかな
 「金(カネ)」と云うモノの重要性、稼ぐと云う事・掛けると云う事の決断、その後に伴う責任…とか考えると結構深い話になるのかも知れない
 初見だけでなく、時間が有れば2回3回と見た方がその辺りが考えられそう

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:コレも今回のダークホース
 上記[C]と併せて戸松の振られっぱなし1時間www
 [C]は主人公と戸松キャラはその後邂逅するのか不明な終わり方だったが、こっちはめんまの成仏の後、あなるとじんたんはもしかして…と云う期待を残す終わり方だった気がする

・緋弾のアリア:絵は整ってたが、原作が駄目だろ、コレ
 普通に可愛い女の子一杯で武装探偵許可の世界観で…でやればソレなりに良作だったろうが、ナニ? ホームズの子孫? ルパンの子孫?(しかもF.N.が峰?) ジャンヌダルクの子孫? 吸血鬼ブラド? 全部余所の創作物のパクリぢゃん…多分、主人公も左衛門尉景元の子孫って設定なんだろ? アニメでは語られなかったが
 金田一少年でも話題になったけど、そう云うのは同人誌でやるべき話で商業誌でそんな事を堂々と発表する原作者の正気を疑う

・Aチャンネル:安心して見れるアニメ
 実兄は「音楽の無いけいおん!」と評したが、最終回にそれは実感した
 けいおん!!24話で4人の卒業に直面した梓が感情を爆発させたが「どうしても追い付けない1年」を実感したトオルは感情を内に秘めた…コレは完全に好対照になると思う
 原作のストックも無いから2期は無いか、有っても先になると思う

・電波女と青春男:エリオの布団を引っぺがすまでは「ナンだ? この痛い話は」だったのだが、そこから先はモテモテの自覚無し主人公と云う王道の話になったかな
 TV最終回では主人公が精神的に一歩進んだ様だが、ナンか落ち着かない
 TV未放送の13話で評価は大きく変わるかも

・Dororonえん魔くん メ~ラめら:う~ん、えん魔くんで有る必要は無かった気がするけど、まぁこう云う話だな、と
 昔のえん魔くん(TV)は結構真面目に妖怪退治してたけど、漫画版は妖怪そっちのけでソフトエロに終始してたし、昭和の匂いも交えて漫画版のアニメ化と云う意味ならコンなモンか、と

・まりあ†ほりっく あらいぶ:第2期…第1期に比べて毒が少なめになったのか、落ち着いて見れた感じがした
 結構好きかな…DVD買う程では無いけど

・そふてにっ:伊藤かな恵の妄想全開アニメ
 取り敢えず、面白く見れたかな…ソフトテニスを題材にしてるけど、この内容ならソフトテニスで無くても良かった気が…まぁテニスに対してマイナー具合とか、良い選択かも知れないけど

・よんでますよ、アザゼルさん。:15分アニメ
 見る人間を選ぶかな…私はさして好感も嫌悪感も持たなかったが…ただ、ベルゼブブ(本来はソロモン72柱の1柱、疫病を司る魔王、蝿の王)は中途半端に原点に沿ってるから食事時には使えないネタが…最終回とか

・変ゼミ:こっちも15分アニメ
 併せてこっちも見る人を選ぶ…人間の生態についての面で
 人それぞれ性的なものも含めて趣向は有るし、それを突き詰めればこう云う学問も成立するかも知れないが、真面目にやる人間は色眼鏡で見られるだろぉなぁ…と
 そう云う意味では結構現実的な作品かも

・世界一初恋:今期の腐系
 まぁ…PC作業中のBGVだったが、漫画編集者のネタだったので、適当に見てた
 BLって、同じ匂いの人間に集まるのかな…良く判らん

・GOSICK:2クールで終了
 まぁ良く出来てたかも…気になるのは時代考証とセイルーンの村長が夏至祭で語った占い結果についての2点だ
 時代考証は…第2次大戦の起こった年と日本における終戦の季節だ
 第2次大戦は1939年又は日本の参戦で云えば1941年となるが、1920年代に開戦となっていること
 終戦も日本では1945年8月15日の玉声放送により敗戦が確定した訳だが「春来たる死神」に合わせるためか、久城の復員は春となっている(まぁ復員自体が遅れた地域も有るのだろうが)
 占いとしては「世界を揺るがす強い風によって二人は離れ離れになるだろうが、心は決して離れない」と云うモノだった筈(Wikiより)
 しかしながら、終戦後にヴィクトリカは久城と再会できている
 原作を読み進めていないので、原作通りなのかどうかは不明だが、この辺りの帳尻がどうも腑に落ちない

・DOG DAYS:安心して見れたアニメかな
 山は魔物退治になるのだろうが、確かに前半ゆっくりしたペースだったのに、山で端折った感は有る
 何度も星見をしても変わらず、回避の手段を取れば更に鮮明になる予知をその場の機転だけで回避するってのは確かに拍子抜けかも
 場合によっては2期も有りかな?

・デッドマン・ワンダーランド:ってかコッチは2期が無いと落ち着かんだろwww
 アンダーテイカーは全滅したっぽいし、オウルの死で自由の鎖も壊滅したんだろうけど、プロモータは生きてるドコロかナンの被害も受けてないし、レチッドエッグの正体も伏線としては張られてるけど、全く回収されてないし…
 グロ系描写も有るので好き嫌いは有るけど、取り敢えず話として終わって無い

 以上かな?
 7月開始アニメの感想は当然来週以降かな
 では、皆様、次の更新まで御多幸を^^

|

« アニメ感想はまだ先…今週末か来週?(前回続き) | トップページ | コミックマーケット80in有明 第3回拡大集会(第1部) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

どもです。先日はどうもありがとうございました。

この中で私も見ていたのはファイアボールチャーミングだけですが、
面白かったし一部前作の謎解きにもなったけど、やはり詳細は分かりにくい。
まあ狙ってやってるんだろうからそこを怒るのは無粋なのでしょう。
相変わらずこちらの地方はアニメ放送などしてくれませんから、
BSとはいえリアルタイムで見れたことにむしろ感謝。

で、「孤影再び」なんぞを借りて見ました。
なぜかレンタルでもこれどこにも置いてなくて、探し回ってしまいましたが見られてよかった。
うう、むせる。

投稿: あひる | 2011年7月17日 (日) 15時00分

Shot>あひる提督
 コメント感謝、亀レス御容赦orz

 お役に立てていれば僥倖です^^

 ファイアボールチャーミングは面白かったですね
 前作「ファイアボール」からの続きで見れば更に理解出来るのかも知れませんね…ドロッセルお嬢様の姿形が違うのは最終回で説明付きますし、チトその視点で見直してみる事にします

 孤影再びですか…渋いですね
 私はぢつは見てないです…ってかボトムズは放映当時まだガキだったのか、話の深い所が理解出来ずに放った部分が有りまして…
 今、Wikiで調べましたが、ボトムズのTVシリーズに後日談が有った事すら知らなかった私www
 PSの寿命とか、後付けの設定も知らなかったけど、今Wikiを巡回してボトムズの話がやっと判ったりwww 駄目ぢゃんソレorz
 別の意味でむせますなぁ…ゲホゲホorz

投稿: 毘沙門天松茸 | 2011年7月19日 (火) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/52128816

この記事へのトラックバック一覧です: 今期終了のアニメ雑感:

« アニメ感想はまだ先…今週末か来週?(前回続き) | トップページ | コミックマーケット80in有明 第3回拡大集会(第1部) »