« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010年2月21日 - 2010年2月27日の記事

2010年2月27日 (土)

ズバット不在のダッカー退治

 今日は以前より企画していたネタで書こうと思っていたのだが、新鮮なネタが入ったので、それを軸に書こうかと思う

 タイトルだが、怪傑ズバットと云う特撮作品を御存知であろうか?
 1977年に放映されたヒーロー物で、親友の科学者を殺された私立探偵が、その遺作であるスーツと自動車を独自に完成させ、容疑者を探して日本全国を彷徨う…と云う話である
 行く先々で地元住民を苦しめる暴力団組織を退治して回るが、ぢつはその暴力団組織は、其々ダッカーと云う日本の暴力団を裏で支配している組織の下部組織であった…と云うオチが着く作品である

 さて、現在のダッカー…「Century21」がその様である
 TVのCM等でその名を知っている人は多いかと思う
 取り敢えず、此処の加盟店が全て暴力団(しかも三流だな、アレは…)かと云えば、それは確かめていないが、少なくとも私の所に来たのは上記の加盟店を名乗った暴力団紛いの連中であった

 事の起こりはある日、職場に掛かって来た電話であった
 問題がなければ社名も載せるが、その辺り、見識のある人から御意見が欲しい
 呼んでる訳でもないのに掛かって来るセールス電話は、原則として話もソコソコに公用電話で使用には塞げない事、自分自身にはセールス内容に興味がない事を話した上で切るのがセオリーなのだが、チト今回は様子が違った
 更に前なのだが、その旨で切った電話相手がリダイヤルを使い嫌がらせのストーキングに近い電話に切り替えてきた奴が居り(今回とは違う相手ではあったのだが)、ソイツと似た様な臭いを感じたのだ
 ナンだカンだでその日の夕方、来ると云うので「会えない公算が高い」と念を押して、残業のデスク外で行うものをその時間に来る様にセットし、取り敢えず放置することとした

 約束から30分経った頃だろうか、デスクに戻るとメモ書きで「まだロビーに居る」との事なので、つい会って仕舞った
(電話で上記の通り云っていたので、放置したまま帰っても良かったのだが…ってか、今思えばソレが最上策だったのかも)
 まぁ直接「興味が無いからそのまま帰れ」と云うのも良いかと云う事で、その旨伝えたのだが、「話も聞かせずに帰る訳にはいかん」「私用の資料を用意するから別の日に時間を作れ」と好き勝手云いやがる
 ならば、と「30分だけ時間をくれてやるから、その時間でその気に出来なければ帰れ」と云う事でその場はケリが付いた

 さて、その約束当日…セオリー通りに強面の兄貴分が登場し、最初の交渉に来てた小僧は殆ど何も話さなくなった
 取り敢えず、約束は守ると云う事で30分は話に付き合ってやったが、時間になっても当然私の気が変わる事も無く「約束だから」と話を切って仕事に戻った
 すると、「話の途中で席を立つのは非常識」だの「私の態度が気に入らん」だのまぁ適当な理由でゴタゴタ抜かして一向に出て行く気配が無い

 職場に呼んだのは、自宅の場所を悟らせたくない事と職場には守衛が居るからイザとなれば下駄預けられるかな…と考えたからなのだで、取り敢えず守衛に報告した
 …すると、ウチの守衛は契約業者からの派遣なのだが、思いの他使えないorz
 まぁソレもある程度想定済みであったが、仕方がないので守衛に了解を受け、警察に通報する事とした
 十数分後、パトカー1台、警官3人がやってきて状況を説明…まぁそれ以上に強面の兄ちゃんがガナってたので、警官はソレを宥める事から始めた
 その内、1人の警官が私に事情を確認し始めたので、上記の経緯を話す
 まぁその最中にもガナって喧しい莫迦は私相手にも突っ掛かって来るが、当然無視である
 云っちゃナンだが、職務柄本物の精神疾患者(或いはそれに類する連中)を普段から相手にする事のある職場である…暴力団の三下がガナる程度でビビる神経など持ち合わせては居ない…ってか、滑稽過ぎて笑いを堪える方が大変だったのだがwww
 すったもんだの挙句、やっと三下2匹が警官に伴われて出て行った訳だが、室内でガナったりパーテーションにケリも1回入れたな…辺りは暴行罪の、私が再三「話は終わったから帰れ」と云っても居座り続けたのは不退去罪の、両方刑法に違反していた筈なのだが、警官はソレに対して何の対処もせんかったのだが…何か手続き不足が有ったのだろうか? やはり俄仕込みの知識では手順が判らん

 ちなみに、警官が帰る間際に「刺した刺された等の暴力事件も心配して来た」とか云って帰ったが、ソレならパトカーが来るのに十数分も掛けるのは遅すぎないか?www

 あ、そうそう…最初に来た時に小僧が置いて行った名刺だが、「商談にならんのなら返せ」とか云って来た
 別に三下の名刺なぞ欲しくないので返してやったが、その際警察に証拠提出の為に、とコピーをとったらのだが、小僧が云うには「個人情報保護法に抵触する」のだそうだwww
 云い合いの最中、私も法律を完全に網羅しては居ないし、所謂「インテリヤクザ」は自分が違法にならない為に、と無駄に法的知識が豊富だし…と思って聞いたのだが、流石に笑いを堪え切れなかった
 一度自分から提出した名刺に写しを取られて抵触する法律って、なんか有るのかな…
 取り敢えず、戯言は無視してコピーをとったら、その場で毟り取られた
(ってかこの方が法に抵触しないか?…最終的には取り返したが、破れてしまった…なんて、コピーは2部取って置いたのだがwww)

 まぁ、この件で誤算が有ったのは、ウチのトップが帰宅する前だった(どぉも職務時間後に少し呑んで休んでたらしい…故に騒動には気付かなかった様だが)ので、話が少々デカくなった事だが、その件から数日経つが、取り敢えずこの三下企業その他からセールスの電話は今の所一件も無くなった
 偶々来ないだけなのか、この件がソレナリの筋から漏れて私は商用対象から完全に外れたのか…後者ならこれ以降静かになるので、怪我の功名となるのだが…どうなのだろう

 さて、結局ズバット無しでダッカー下部組織を退けた訳だが、反省点としてはやはり、その後にストーキング電話になろうとも、最初の電話で切れば良かったかな、と
(コレは最初の時に通信仲間からも云われたが)

 次の更新は特に問題が無ければ再来週だと思う…今度こそ平和に暮らせて企画してたネタを使えると嬉しいがwww
 では、次の機会まで^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »