« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

2008年7月6日 - 2008年7月12日の記事

2008年7月11日 (金)

気付けば金曜、週末だww

 今週は土日のレポとソコから派生したPSPのパンドラ作成、CFW自力導入可能になる道を記した
 まぁ世の中の情勢も色々突っ込みたい所は満載だったが、元来が日記のために書いてるブログで、ネタが無い時にニュース…の積もりなので、まぁ良いだろう

 一応、昨日紹介した自力で作成したMMSと購入したJKBと云う組み合わせのパンドラだが、自分の新型PSPで実験した所、無事更新されたので、明日の作業も大丈夫と思われる
 この土日は他に用事は無いので、秋葉で知り合い相手に駄弁る位で済ませることだろう
(給料日が近いので、節約モードで過ごす為、他に何も買えないww)
 今日、あなで少しコミックスの補充もする予定だしorz

 DVD消化とネトゲ、オフラインゲで2日過ごす事になるか…な
 まぁ寝不足解消が一番長い時間必要かも知れないが…

 話は変わるが、此処数日はニコ動のアップされてるアニメに変化が起きている
 flvデータでは有るのだが、その根拠がmp4データ由来のモノが殆どになって来ているのだ
 mp4由来のデータは小容量で画像が綺麗な事が特徴(元の録画データが汚いと意味は無いが)で、今までは運営が(多分、だが)奇麗過ぎるので、アップされると2~30分後には消されている事が多かった(純粋にflv由来のデータはもう少々生き残っていた)ので、余り人気が無かったのだ
 まぁ最近の事情(flv由来のデータでもサクッと消されるww)を考えれば、奇麗なmp4由来のデータに人気が集まって来たのかも知れないが、mp4由来のデータの場合、再生できるソフトが限られており、私も通常Setしているソフトでは再生出来ないのだ
 まぁmp4由来データも再生出来るソフトも持っているので、私自身は問題ない(まぁ日常的に使ってるソフトが使えなくなるのは不便だが)のだが、少々不便を感じる
 …一応画像は奇麗なモノに殆どなっているので、痛し痒しと云う気もするが

 では皆さま、良い週末を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

PSPのCFW化について

 さて、3日に及ぶ週末レポも済んだ訳だが、私に取って、この旅行での一番の収穫はやはりPSPのCFW化を自分の手で行えた事に尽きるだろう

 この件に関しては、以前にも書いた通り私のレベルは『公式FWの2.0→1.5のダウングレードとCFW(導入済み)のアップグレード』しか経験の無い、云わば『金とコネで良い物持ってるだけの未熟者』であったのだが、今回の件で一応『初めてのお使いは出来る程度』にレベルアップしたと(個人的には)思っている
 まぁ尤も、CFW化ツール『パンドラ』の中でも作るのが面倒(作る素材であるバッテリも新型用のバッテリで作ると新型専用になるらしいが、旧型用のバッテリではジグキック化の対策済みのモノが最近出ているらしく、新しいバッテリで作ろうとしても不可能な場合があるらしい…更に、作るためのPGが複数紹介されていたり、ブログに寄っては書き方に食い違いが有ったりと複数のブログからの情報を吟味して自分で方法を模索する必要がある)なJKBは結局怪しげな店で販売しているモノを購入しただけなので、劇的なレベルアップは無いと思うがww
(まぁ最近はその手の改造パーツにも検挙の手が伸びているらしく、今のうちに買えたのは僥倖だったのかも知れないが…ソレも一つの技術w 運含みだけどww)
 他のブログ等でCFW化の方法等については紹介されているが、結局は『個人的に「この方法で成功したぞ」と云う方法の紹介』であるので、成功の一例では有るが、必ずこの方法が正しいと云い切れない部分が有るのも事実である
 故に『知っている』のと『実体験がある』のは雲泥の差がある訳である

 さて、忘れないウチに自分でもう1回試そうか…そうする事でより経験値が上がるだろう…と思い、早速実行に移した
 今までは『自分のPSPは必要分CFW化出来てる』と云う理由から、自分でその手のツールを入手する事に興味を示さなかった訳だが、『自分でも出来た』と云う事で少々自信が付いたのかも知れない

 さて、最初にJKBであるが、コレはやはり、まだ売っているなら購入した方が安全だし確実だと考えた
 ちなみに、検索した時に得た情報だが『パンドラ』とはPSPのバグを突いた裏ワザの技術では無く『最初からPSPに備わっている機能』を使っての技術である事が判った

 PSPはゲーム機であるから、当然ゲームをプレイ出来る様に作る訳だが、FWと云うある意味BIOS? OS? の機能を持った基礎ソフトを内蔵している
 で、FWはPC等と同じ様にアップデート機能を備えた仕組みであるので、ROMによる供給では無く、RAMに対してインストールされている訳だ
 一度販売されたPSPについてFWのアップデート作業中はユーザの自己責任で行う事になる訳だが、作業中に不可抗力で中断され、FWが不完全・不安定な状態になる事も充分有り得る
 その際、修理を受けたメーカは、バッテリのサービスモードで復旧を試みるのだそうだ
 サービスモードとは『PSPの立ち上げの際、最初に読みに行くRAM(此処にFWのカーネルが書き込まれている)を読みに行かず、メモリスティックに記録されているFW情報を読みに行く様に設定されたモード』である
 此処まで説明すれば判る人も多いと思うが、その『サービスモードに入る為のバッテリ』がJKBであり『サービスモードに入った時に読み込むFW情報が書き込まれたメモリスティック』がMMSなのである
 本来、修理工場では、正しいFW情報が書き込まれたサービスモード用メモリスティックを使用してFW情報を書き換える訳だが、この機能を利用して別製のFWであるCFWを書き込んでしまうのがMMSな訳だ

 さて、能書きは良いとして、NetでJKBの販売で検索すると…小岩に\1,590-で新旧PSPに対応した(当然、新型PSPでは大きさの関係上、蓋は閉じないので、作業中は押さえて置く必要は有るが)JKBが販売しているとの事
 普通のバッテリをJKBに改造したモノではないので、逆改造を掛けて普通のバッテリとして使う事は出来ないらしいが、その必要も無いので、取り敢えずコレを買う事にする
 火曜日に仕場を早めに辞して(別に早退ではなく、残業を余りしないで…と云う事)、小岩まで単車を走らせ、見事購入…最初、店の位置に気付かず(ビルの7階だったが、気付かなかった…社名が違ってたしorz)ビルの前を何往復もしてしまったがww

 さて、次はMMSの作成である
 水曜日…昨日だが、此処でも少々早めに職場を辞して秋葉原へ…
 MMSを作る『だけ』ならば256MBのメモリスティック-Duoで充分なのだが、最近はそんな小容量のメモリスティックなぞ売ってないのが現実であるorz
 更に、最近はマイクロSD→メモリスティック-Duoに変換するアダプタもあり、メモリスティック-Duoソノモノが流通量として多くない
 しかし、MMSの作成にはマジックゲート機能が必須の様で、上記アダプタを利用した擬似メモリスティックではMMSを作る事は出来ないらしい…と、云う事で散々歩き回って\1,350-の1GBのメモリスティック(サンディスク、バルク)を購入した

 帰宅後、箱根で友人のPSPで行った様にMMSの作成に掛かる…が、最後の段階でミス
 公式FW3.90のアップデータが旨く解凍されず、データ不整合でMMSの作成が止まってしまうのだ
 友人のPSPに行った際には無事に出来たのに…orz
 ただ、今作成しているのは箱根の宿では無く、私の自室である
 PSP公式FWのアップデータはPSP公式Webページには最新のモノ(現在は4.01)しかアップされていないが、一度怪しいページを探せば過去の公式FWを公開しているページは複数存在している
 …と、云う訳で更に検索を進めて別のサイトから公式FW3.90のアップデータを見付ける
 で、必要な処理を再度行い…MMSの作成…無事完了^^

 一応、既にCFW化済みの旧型PSP(Ver.は3.40-OE-A)にMMSを挿してJKBを装着…無事起動してCFW等のインストールメニューが立ち上がった
 ソコから先は、まだ試していないが、今晩にでも新型PSP(CFW3.80-M33-5)に使ってみて、CFW3.90-M33-3にアップデート出来るか確認予定である

 さて、無事『パンドラ』を入手した訳だが、作ると使ってみたくなるのが人情である
 しかし、自分のPSPは3台が3台とも必要な措置は取られているものばかりである
(特に旧型は公式1.50で更新を止めたモノとM33以前の最高Ver.で更新を止めたモノ…と云う意味で、これ以上はアップデートする事は勘弁して欲しい…で、新型で試すのだがw)
 と、なると他人のPSPで使うしかなくなるww
 以前、ネトゲで同じギルドにいる先輩がチャットでCFW化を望んでいた事を思い出し、久しぶりにネトゲにアクセスした(2週間ぶりだろうかww)
 いつもギルドが一番賑わっている時間帯だった事も幸いして、その先輩もアクセス中であった
 で、持ちかけたら是非にとの話で纏まったのであるww
 取り敢えず、二人とも時間に余裕の出来る週末に一度合流して、その場でCFW化する事で合意した
 まぁ今日のウチに自分のPSPでも試すので、イキナリ人のPSPを破壊する事は無いと思うが…まぁ上記の通り起動後にCFW化メニューが出たので大丈夫だと思うww

 取り敢えず、上記『金とコネだけの良い物持ち』でマイナスレベルだった素人が、人様のPSP改造にまで手を伸ばす…と云う急激なレベルアップ振り(まぁまだ成功した訳では無いので、ナンとも…だがw)には流石に図に載り過ぎかも…と、思うが、何事も経験である
 此処で成功したら、私の友人・知人には『万一の時に恨まない事』を条件にCFW化の依頼を受けても良いかと思っている
 その際には此処なりで報告したい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

土日を使って箱根旅行…3(日曜、帰宅編)

 さて、旅行記も取り敢えず最終日

 夜中、何度か目を覚まして、本格的に起きたのは7時半過ぎ
 調理師から朝食として、食材を纏めて炒めた物が出る
 朝を食さない面子の中なので、余り贅沢も云えんかったが、やっぱり少々足りん
 さて、その後の計画を確認…鉄系面子のリクによる美術館(ラリック美術館…オリエント急行のサロンカー(実車)が展示、中に入れるそうで)と毎度通ってる温泉、そして帰宅…今回はそのままお仕事に直結する面子が居るので、出来るだけ早く帰る事が必要になる

 食後は早々にて荷物を片付け…とは云っても私は広げたPSPを回収する程度…JKBは隊長に売り付ける積もりで買ったので、回収はしない
(ちなみに、昨日\1,590-で買ったのは内緒ww Netで検索したら小岩で安い店見付けて…)
 9:30にチェックアウト…そのまま自動車に乗り、ラリック美術館に

 ラリック美術館…昔の硝子工芸家らしいが、少なくとも私は知らんかった…orz
 で、何故その硝子工芸家の博物館にオリエント急行か、と云えば、サロンカーの内装を手掛けたのがラリック氏だったと云う事らしい
 で、美術館に入館せずにオリエント急行のみ乗車する場合、1人\2,100-であるが、珈琲or紅茶(ポットサービス(3杯少々分))+洋菓子付きで45分…と云う事らしい
 ちなみに博物館に入るには別途\1,500-だったかな? が必要になる
 時間制限の為、10:15には着いたのだが、11:00~の回となる
 取り敢えず、無料で入れる売店等で時間を潰す

 さて、時間となり、入場…の前にオリエント急行用のもぎり近くにある売店で面子が『オリエント急行で使用されているカップセットのレプリカ』を発見…値段もそれなりにしたので購入を悩む
 私が『レジではカード使用可』と云う文句を見付けて一気に購入に傾く…2人であるwww
(ちなみに、1人はキャッシュで清算したが)
 さて、この車両の運搬記録のビデオを見た上で乗車…サロンカーでのお茶(11時のおやつ?)を堪能する
 確かに100年以上前の作品とは思えない保存状態の良さである
 当時はドレスコードも厳しかった超高級車両であるオリエント急行…ソレを傷付ける莫迦が居なかったと云う事か…経年劣化の痕は有るモノの、人為的な傷が無い
 茶も菓子も旨かったので、コレで\1K程度はするだろうと云う判断の元、乗車料は\1K程度と判断するww
 贅沢な気分を味わった後、面子の二人が件のカップセット+αを購入、サービスでポストカードを私も貰えたので、チト得したか?
 鉄な2人はオリエント急行のNゲージが近く発売される情報でホクホクである

 さて、昼食の為に箱根湯本まで移動…河岸を探すと…『手打ち讃岐うどん』の文字が…『蕎麦所』箱根でかいwww
 この文句に目を引かれた面子の強い推薦で此方で昼食をwww
 まぁザルうどん+炊き込みご飯はそれなりに旨かったが…

 昼食後、適当に土産を買い(今回は珍しく自宅への土産も購入…以前来た時から気になっていた『納豆ふりかけ』である)、毎度通っている安い野天温泉『かっぱ天国』へ向かう
 まだ時間も早いので、そんなに混んでおらず、適当に満喫する
 湯上りを無料休憩所で過ごし、適当に汗が引いた所で更に車上の人に

 今度は小田原厚木道路→東名高速で、海老名に到着
 此処でトイレ・軽食・今回の旅の清算をして、また車上に…今度は首都高に接続して芝公園で一般道に下り、品川駅で2人が離脱する
 東京駅で私が降りて完全にフリーとなる

 ソコからは丸の内線で職場に移動、単車を回収して帰宅となる
 帰ったら取り敢えず夕食、その後はNetをうろつく…
 土日の間にホカンし損ねたニコ動データの確認である
 取り敢えず、土日でニコ動チェックしているのは以下の通り
・しゅごキャラ!
・二十面相の娘
・Yse!プリキュア5GoGo!
・コードギアス反逆のルルーシュR2
 以上を確認しているうちに夜中になり、以下が追加される
・我が家のお稲荷さま。
・S・A ~スペシャル・エー~
 以上のホカンをして、風呂に入ると…殆ど寝る間も無く月曜出勤であるorz
 結構体力使い果たしてるな…

 まぁ来週は左程忙しく無い筈なので、骨休めをしたい
 以上で、土日レポ終了となる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

土日を使って箱根旅行…2(PSP改造編)

 さて、昨日の続きである
 宿を出たら直ぐに見付かったホテル、割引券が提供されているホテルの一つである
 確認すると、入浴可・割引券も利用可能…ただし、18時程度までにして欲しいとの事
 その時点で16:30、十分堪能出来ると判断して此方に世話になる事に

 ふむ、良い風呂である
 昨年だったかの様な源泉掛け流しの50℃オーバーと云う出鱈目な熱さでもなく、入浴には程よく適している
 料金・位置関係・風呂…全ての面でかなり理想に近い場所なので、今後、箱根宿泊での風呂は此方に世話になろうかと相談する
 さて、湯上りに面子の1人(調理を主に担当…ぢつは自動車の提供から運転まで、かなり彼に任せており、彼が居ないとイベントそのものが成り立たんww)が気付く…アルミホイルを買い忘れていた…と
 宿はキャンプ場だけあって、何も無いのだ
 コンロと鉄板は事前予約をすれば借りられるし、包丁や皿・コップの類はロッジに備え付けで有る…が、アルミホイルや割り箸の様な消耗品の食器は一切無い
 で、元箱根まで湯上りのドライブと洒落込んで買出し第2弾である

 序でにデザートも購入して、宿に戻る
 酒飲み連中は乾杯し、私もノンアルコールで食事準備に掛かる
 鉄板で焼肉…焼き蕎麦…炊いた御飯に焼肉のタレかけ…と続き、酒飲み2人は350缶のビールを24本/箱で購入し、次々と空ける
 もう1人はアルコールは可だが炭酸不可…と云う事情でワインやカルーアを飲んでいる
 適当に満腹・疲労も思い出した所で調理師の荷物からピザ生地が…ww
 ロッジ内備え付けのコンロで焼いたピザで食事関係は打ち止めになるが、焼いてる途中に私は一度ダウンするww

 目が覚めると、焼けたピザと適当に酔いを醒ましてHOゲージを走らせている2人…
 そして、目の前にはサブノートPC1台とPSPが4台www
 ピザを肴に更に飲んでる面子の脇で、PSPのCFW導入作業が始まる
 この時点で4人の面子がHOゲージとPSPでパッキリ割れる辺りwww

 さて、PSPであるが、材料は揃っていても自分では何もしていない(最初のPSPをFW2.00→1.50のダウングレードと、友人にCFW化して貰った後にCFWのバージョンアップ程度)人間が行うので、どうしても緊張する
 多分、一番面倒なJKBの作成は『購入』と云う裏ワザで対処したが、次にMMSの作成が残っている
 ぢつは、秋葉原ではMMSもセットになったパンドラも売っているのだが、値が一気に倍になるので、今回は回避している

 兎に角、作業を開始する…で、情報は多い方が良いと云う事で、CFW希望の彼が持ち寄ったPSP記事の載っている雑誌2冊…そして、Netだが…電波有効範囲ギリギリらしく、屋外までPCを持ち出さないと繋がらない事が判明orz
 結局、手持ちの材料のみで調理を開始する

 先ず、MMSにフォーマット予定のメモリースティックをCFW導入済みのPSPでフォーマット
 完了後、CFWPSPをUSB接続してPCに認識させる
 パンドラバッテリーPGを回答してmspformat.exeを起動して、専用フォーマットを行う…のだが、コマンドプロンプトで『mspformat h:』と入力してもエラーメッセージが返るだけで実行されない
 …私の手持ちのPSP3台、公式FWである彼のPSPの計4台で試すが、USB接続するとドライブレターはHになっているのは間違いないが、上記の入力ではエラーしか返って来ない
 悩んだ末、もう一度アンチョコを開くとmspformatの実行にはドライブレターの後のコロンが不要との事…MS-DOSの頃からPCを使っている私ら2人には考えも付かなかったミスである
 ドライブを示すには、ドライブレター+『:』が、ほぼ絶対の常識と考えていた私らの常識が崩れた瞬間であるorz

 さて、mspformatが無事に済み、今度はMMSをDespertar del Cementerio v5に対応させる作業が待っている
 上記PG(DL状態で持ってきたので、当然圧縮されている)を解凍…って出来ない?
 圧縮形式がRARである…持ち込んだPCには特別なアーカイバをインストールしてない状態だったので、RARが解凍出来ないのだ
 スったモンだの挙句、持ち込み雑誌の付属DVDに収録されているLhaca+でRAR解凍を行う
 必要なフォルダの作成、ファイルの転送…公式FWのファイル転送・リネームと一通り必要な作業を終了して、USB接続を切る
 PSP本体のメニューから、Despertar del Cementerio v5を起動すると…MMSの作成が始まった…どんどん作業工程が記載され、OKの文字が追加される…
 が、一番下の行まで書ききったらスクロールせずに最上段の行から文字が上書きされたのには驚いたww
 今何処の行に書いてある作業を行ってるのか判らないまま作業は進み…ww 無事終了するorz

 コレでCFW化に必要なJKBとMMSが揃った事になる
 CFW化したいPSPから通常のバッテリーを抜いてにMMSを挿入、JKBを装着すると、電源スイッチに触らない状態でも自動的に電源が入る
 初期起動メッセージの後、ボタン押下を要求するメッセージが表示される
×ボタンでCFW(3.90-m33-3)に
○ボタンで公式FW3.90に
 他の2つの説明はFlash0(PSPの基本データを記載している場所、此処のデータが壊れるとPSPはタダの文鎮になるww)のバックアップ・リストアの操作なので、今回は×を押下する
 メッセージが流れる…少々待つと、無事に終わった旨のメッセージの後、電源が自動的に落ちる
 バッテリーとメモリースティックを通常のモノに交換して、再度電源を入れると…無事、CFW化されている事が判る…成功した^^

 素人(まぁPSP改造のプロってのは怪しいがw)2人でよくもまぁ無事に出来た…と云う事だが、それだけPGに無駄が無いのだろう
 CFWの開発だけでも頭が下がるのに、初心者でも扱える程度のモノに仕上げる技術者に乾杯だ

 その後は、本格的に寝ただけなので、その日の分のレポを終えて今日の日記を終了する
 詳しい話は直接会える人はその辺りでお願いしたい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

土日を使って箱根旅行…1(前日準備→初日移動編)

 と、云う訳で、前回予告した通り箱根旅行のレポを入れたい

 私に取っては金曜日から始まったと云っても良いかも知れない
 事前に日程等の調整を行っていたBBSで、面子の1人が『私の持っているPSPを使って、自分のPSPもCFW化したい』と希望を出していたのだ
 私はPSPを3台所有しており、①公式FW1.50(旧型:黒)・②CFW3.40-OEA(旧型:白)・③ CFW3.80-M33-5(新型:FF7CC同梱版)となっているが、②・③は友人・知人の操作によりCFW化しているモノで、私にCFW化のノウハウが無い
 まぁNetで検索すれば判るのだが、一応CFW化する方法も結構載せているサイトも有るし、ソレ用のPGもDL出来る
 ただ、一つ問題があった
 ジグキックバッテリーである
 PSPのCFW…つまり、公式FWと同等の性能を持たせながらも自作PG(エミュその他)を稼動出来るFWであるが、コレを導入する為に必要なものが以下の通りである
 パンドラバッテリーと称されるものだが、これは以下の①②の両方がセットで呼ばれる呼称である
①ジグキックバッテリー(以下「JKB」:旧型PSP用のバッテリーを改造(昔は分解して回線の一部を切断して作ったらしいが、今は専用PGを使用することで作成可能)して作られた、専用のバッテリー)
②マジックメモリースティック(以下「MMS」:CFW導入専用のフォーマット(フォーマット用のPGも検索すればDL出来るサイトは見付かる)をされた、メモリースティック)
 で、②を作成する為に必要なものが、公式FW1.50か、CFW導入済みのPSP…と、云う事なのだ
 故に、私のPSPを使ってCFW導入…と云うのは不可能ではないが、現時点材料が足りない訳だ…
 その辺りをBBSでも説明して一旦落ち着いたかと思ったのだが…
 金曜、ブログ更新をしてからフと思い付き、秋葉原に走った
 秋葉裏道の露天や某所等でJKBを売っている(当然公式の製品である訳ではないので、好きモノが作ったものか、怪しげなメーカが商売として作ったか…であるが)事がある事を思い出したのだ
 …で、結構簡単に見付かるww(まぁ蛇の道はヘビ?)
 値段確認をして依頼主にTel.…取り敢えず購入指示が有ったので、購入
(チトまごまごしてる内に1つ別の人間に購入され、私の分を確保し損なったが…まぁ今直ぐ必要なモノでもないし…)
 で、帰宅後にNetで検索…少なくとも公式FWの1.50・3.40・3.90のアップデータ(※)とCFW導入PG、パンドラバッテリーPG(パンドラバッテリーの名で配付されているPG、これにJKB作成PGやMMSのフォーマット用PGが入っている)辺りは必要になる…との事なので、その辺りを(公式FWは既に自前で持っている分も併せて)DLしてUSBメモリに入れておく
※:使用するCFW導入PGによって、最後のアップデータだけバージョンが変わる
 現在最新のCFW導入PG(Despertar del Cementerio v5)を使う場合、導入されるCFWは3.90-M33-3になるので、公式FWの3.90アップデータが必要になる
 併せて、PGだけ有っても使い方が判らんでは話にならんので、一番参考になったサイトをコピーして、これもデータをUSBメモリに入れる
(一応、宿泊先はNet接続可能なようだが、一応用心の為)
 で、PSP3台(予備バッテリ含めて4つ)と任天堂DS(参加面子が共通して持ってる携帯ゲーム機がDSだったので)を充電して、寝た

 さて、明けて土曜日
 金曜日に準備したそれぞれをディバッグに入れて、8:30に一路職場に…ww
 職場でメットやら単車用の雨合羽やら無くしたくない鍵類を置いて、電車にスイッチ…丸の内線で東京駅に向かう
 東京駅の地下道を移動(箱根には面子の一人が所有している自動車で移動予定…東京駅地下駐車場は、直接首都高に入れるので、待ち合わせ場所に便利なのだ)中に自動車面子の1人(ドライバーでない方w)に連絡を入れると、若干遅れ気味なので集合時間(9:30)には送れそうだとの事
 まぁ待合場所には冷房もあるし、文庫でも読んでれば良いかと先に到着する
 と、既に面子の1人が待っていたので、上記通信結果を報告し、雑談で時間を潰す

 9:30から少々遅れて自動車面子が合流、トイレと水分補給のみで早速出立する
 首都高→中央道→談合坂SAと移動するが、此処までに少々渋滞に巻き込まれ、SA到着が11:30頃だったろうか
 昼食にするには少々速いので、此処は軽食に済ませる…予定だったが、SA内の売店で「メガたこ焼き」と云うメニューを発見…確保するww
 外見、たこ焼きなのだが…小型のタッパ(おこわ等の小買いをした時に使われる程度の、アレ)に2個入りと云う状況である…確かにデカいww
 取り敢えず、食してみると…飯蛸? 小型の蛸が丸1匹づつ入ってるww
 まぁ堪能した後に、再び車上の人となる

 中央道→東富士五湖道路→山中湖と移動して、昼食である
 取り敢えず、駐車場完備の蕎麦屋があったので、ソコで昼食…ざる蕎麦と鰻わっぱのセットメニューを食す
 まぁ鰻をネタに話題は尽きないがww、それなりに贅沢な気分を味わう

 昼食後は御殿場へと抜け、買出しを行う
 今回は宿は素泊まり予約としており、食材の確保も自分で行う事となる
(まぁ今までも注文した分では足りずに、追加購入や持ち寄りの食材を追加していた訳だが…宿に食材の確保を願い出ても単価が上がるだけとの判断である)
 土曜の晩と日曜の朝(朝食を余り取らん面子が多いらしいが…朝食は大事だぞ?
 まぁ取り敢えず適当に買い込み、宿に向かう

 神奈川県立芦ノ湖キャンプ場…既に10年少々使っているキャンプ場(日帰りの時も有ったし、泊まる事もしてるし…)で、チェックインの後、宿になるロッジに移動…荷降ろしの後は風呂である
 ロッジにも簡単な風呂場は有るが、箱根に来て簡易宿泊施設のシャワーは流石に悲しい
 …と、云う事で風呂だが…この10年少々、特に決まった風呂場を作らずに点々としていた(まぁ何処で風呂のみ利用可能(…特に利用料金等がネックになる)だとか云う情報も無かったのだが)のだが、今回はキャンプ場のフロントに置いてあった割引券に気付く
 ホテルの風呂のみ利用の料金割引きの様だ…使えるならソレに越した事無いし、万一使えなくとも手頃なお値段であったので、そのホテルを探して見よう…と三度車上に
 …で、キャンプ場の私道から行動に出て直ぐ…見付かったww
 取り敢えず、字数が増えたので、今日は此処までとしようかww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »