« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月6日 - 2008年4月12日の記事

2008年4月11日 (金)

思わぬ所からお宝がw

 昨日、私の部屋で大雪崩が起きたw
 力学的に『ちとヤバイかな?』と思っていた箇所だったが、思いの他早く崩壊が始まった様だw
 結果、私の部屋の3分の1弱が無法地帯となった訳だが、未だ収拾は付いていないw
 明日は休日出勤確定なので、取り敢えず明日の帰宅後が本格的な作業になるかと思われる…まぁ今度も次の崩壊の準備になるのだがw

 さて、今回崩壊した部分は縦長の段ボール箱及びソコに寄り掛かっていた荷物の崩壊だったのだが、実はそのダンボール箱も2段置きになっている
 上の箱には今までLPレコードからLD、DVDと収集していた際に量販店から貰ったポスターや今までプレイしていたゲームのパッケージが積み重ねて有ったのだが、下のダンボール箱にはLDソノモノが入っていた
 上の箱に寄り掛かっている荷物も有った関係で、気軽に動かす訳にも行かず、半ば封印状態となっていたLDだが、未だ稼動するプレイヤも持っているし、別に見れない訳でもない
 で、ちと懐かしく幾つかのパッケージを出してみたのだが、その中に結構凄いモノが入っていた

 「快傑ズバット」…往年のヒーロー宮内洋氏が熱演した東映特撮ヒーロー番組である
 親友を殺されたことに付いて捜査を始めた「何をやらしても日本一の私立探偵『早川健』が、約1年弱の間、全国を渡り歩いて各地の暴力団を潰しながら旅をする…」と云う突っ込み所満載の「(渡り鳥シリーズ+快傑ゾロ)/2(或いは3で割るのか?w)」と云ったテイストの番組である
 その回の相手方暴力団の用心棒を褒めちぎって置いて「ただし、その腕前は日本ぢゃぁ2番目だ」と続ける台詞からのお定まりのやり取りは番組を見ていない世代の人間でも知っている位有名である
 で、そのLDであるが、'94当時辺りに発売されていた
 今ではDVD化されているので、ソレで持ってる人も多いと思うが、私は当時LDで揃えていた

 さて、そのズバットは8話分が1パケとなっており、全32話で4パケ販売であったが、最終巻である4巻目にジャケットと同じ絵柄の紙に日付及びサインの様なモノが書かれているものが同封されていた
 当時はソレが良く判らず、まぁ最終巻だし特典モノかな…とそのまま封入した上で完全に忘れていたw
 で、それから10年弱の月日が過ぎ、秋葉原で知り合いとなった露天商の売り子さんと話していると、そのズバットLDに宮内洋氏の直筆サインが限定…と云うかシークレット扱いで封入されているパッケージが有ると情報があった
 しかし、上記のサインジャケットは半ば忘却の彼方に有ったので「ふぅん、そんなの手に入れた奴はラッキーだったんだなぁ…」と殆ど他人事であった…

 で、話戻って昨日…フと懐かしさに「怪傑ズバット」LDを開いてみると…ナンと、サインジャケットがw
 よく見てみると、金色のマーカーで直筆らしく、インクのムラによる塗料盛り上がりもシッカリ判る状態でのサインである…ラッキーだったのは私の様だww
 取り敢えず、好きな番組のLDであるので、ソレを今更どうこうしようとも思わずにまた封印wしたのだが、今度からは忘れない様にしようw

 先日来より都合3回ほどお店に伺った森次晃嗣氏(ウルトラセブン/ダン)やら漫画家・小説家の知り合い等からサインを貰った機会は有るのだが、こう云う形で直筆サインを入手出来ていたのは気付かなかった分、嬉しさもひとしをである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

全国放送で餓鬼の喧嘩w

 と、まぁこぉ書けば何の事だか判る人も多そうだが、昨日のフクダ・オザワの討論である
 私は一応勤め人でも有るので、リアルタイムで見ることが出来ん故に、ニュースでしか知らんのだが、45分も使って結局何の解決もしていない辺り笑えるとしか云えない
 まぁ論敵である両人が折れたら、自分の政党からTopの資質を問われる訳だから折れる訳にも行かんのだろうが、コレが国事だと云うのだから情けない

 取り敢えず、簡単なニュースでは①日銀総裁人事に付いてはフクダの「人事権の乱用」だの「4回も総裁候補を否決されて『可哀相な位、苦労してる』」だのが目立って報道されている
 まぁ既に「個人の資質なんぞ誰も問題としていない」と云う事に気づいて無いフクダが間抜けなのかも知れんが(或いはソレが判っていて「官僚からでないと気が済まない」のかもしれんが…だとしたら、絶対に話は平行線だなw)、兎に角「天下り人事根絶」の観点から官僚からの総裁人事を絶対排除と云う点を考えれば、上記の様な台詞は出んと思うのだがw
 取り敢えず、云えるのは「自分から『可哀相』などとホザいてる奴は大抵可哀相等では無い」のだが…同情引こうと思ってるのか、本気でそう思っているなら重症だw

 ②揮発油税の暫定税率についても持論の公表のみでナンか『話し合い』ってされたの? 状態であるw
 これに付いてはオザワもこのまま税率復活の無い方向で…と云う持論公表のみの様な報道であったが、取り敢えず『無駄を切れ』以上だと思うのだが…
 取り敢えず、官庁は既得権(ってか法律違反も既得権か? 道路を作る筈財源で職員のレク用品だの残業時帰宅タクシー代だの出すのも既得権なのか?)確保だけを主張し、フクダはそれを諫める立場である事をすっかり放棄して云いなり…まぁコイツ、今まで私が見た中でも自分の意見を抜かしてる所を見た事が無い訳だがw
 …本当に誰だ、こんな『単なる拡声器』を国のTopに仕立て上げたのはw
 新聞やNetニュースで「首相激怒」との見出しが目立つが、取り敢えず激怒の原因は信念等の話では無く「どっちの云いなりになれば良いのか判らんジレンマによる怒り」のように見えるのは私だけかw

 まぁ莫迦な時間潰しして高給貰えるんだから良い商売だと思うが、国の恥なのでとっとと切り上げて正解かも知れんww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

雑多な日常、日々交々

 昨日は帰宅後少々ネトゲに繋いだだけで深夜アニメの為に一旦就寝、時間を見て起床しアニメを堪能(昨日から放映開始したクリスタルグレイブ…今の所は保留…面白いかどうかも判らん)したら再度就寝…未明に起床して風呂入ったら朝食…と云う按配である
 取り敢えず、最近はこの様な不健康な生活で規則的に過ごしている

 まぁ昨日事は良いとしてw、今日は本当に大した事は無い話で埋めたい
 一つ目は私の常用しているズボンのベルトである
 別に私の知り合いでもソンな所に注目する人は殆ど居ないので、多分誰も知らない事だが、私のベルトはダイソー製であるw
 一見、革に見えなくも無いが、少々使えば直ぐにメッキが剥げ、みすぼらしい様相を呈するのだが、上記のとおり私のソンな所に注目する人が居ない事を幸いにそのまま使い続けている
 かれこれ1年半は使っている筈だ…原価\100なので、完全に減価償却し尽くしていると思うw
 さて、そのベルトだが、私のウエストは若干狭くなりつつあり、使い始めた当初から比べて穴の位置を1つ短くずらして使用している
 ソレが幸いしたのか、使用当初に使用していた穴から布(?)部分がほつれ始め、今では金具を通す穴から下半分を糸2本で支えている状態である
 現在、金具はソレよりも短い所で留めているので、使用中は問題無いが、着替えたりズボンを整えようとする時にベルトを引くと、何時この糸が切れるか勝負時となる

 そもそも、私は生来から衣服は①防寒・日除け②必要以上に裸を人目に晒さない為の目隠し程度の機能が有れば問題ないと思っているので、この事態を有る意味ゲームの様に楽しんでいる
 一応、万一切れた時には対処出来る様にもう1本ベルトを持参しているのだが、まだ少々のスリルは楽しめそうだw

 さて、次に今日の昼食の話をしよう
 一応勤め人で家族に弁当を頼んでもいない(取り敢えず、バリエーションの有る昼食を食いたい)なので、昼食は学食等を使い、外で食している
 今日はチト気が向いたので、過去数回利用した事の有る喫茶店を使った
 その名も「カフェテリア本郷」…mixi日記では2回だったか紹介した「大盛メニューが容赦ない」喫茶店である
 私が今まで食した事の有る此方の大盛メニューは以下の通り
・カレーライス(インドカレー)
・スパゲティミートソース(キーマソース)
・オムライス
・スパゲティカルボナーラ
 取り敢えず私感だが、カレーが一番キツかった(量的に)
 町の喫茶店と云えば充分通じる味であるので、決して不味くは無い…ってかむしろ旨い
 が、大盛メニューで量を食すと少々腹・胸両方に来る
 全部完食している私だが、今日も此処でチャレンジしようかと考えた
 で、注文したメニューがハヤシライス大盛である…で、届いたメニューがコレである
Pa0_0045_2(ちなみに隣に有るのは文庫本である…皿の大きさ比較として置いた)
カレーとは違う皿の様で、カレーの時ほど異様な迫力を感じない…



Ca340150 ちなみにカレーの時はこんな感じw
(この写真で隣に置いてあるのは新書サイズの本であるw)



Pa0_0044_3 で、今回は盛りの大きさを見るのに横からも撮って見たw
 チト、カメラアングルに凝る事が出来なかったので、見辛いかも知れないが容赦願いたい


 まぁそれなりの大きさだが、今日はそんなに苦も無く間食出来たので、その証拠写真も載せておきたい

Pa0_0043 取り敢えず、こんな感じである




 大盛系で敗北したのは昨年身の程も知らずに挑戦した千葉:印西のリバーサイド「パンチくんスペシャル大盛」か、遡れば10年以上前のCoCo壱番屋の700g(その後、CoCo壱にはリベンジを成功させ、最高記録は1,300gを15分完食である)位である
 まぁ今でもリバーサイドでは勝つ自信が無いので、取り敢えず行く機会が有っても大盛にはすまいと思っているが(或いは持ち帰り用のタッパー持参かw)今度、別の店の大盛も試したいと思っている

 まぁコンな事に日々の楽しみを見付けながらでないと、退屈な日常に埋もれそうな毎日を過ごしている…まぁ年中刺激的なのも困ったモノなので、コレはコレで愛すべき日常である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

世事の莫迦ゝしさ…

 と、云う訳で昨日は完全に体力限界であったので、帰宅後も夕飯を食したら少々TV「QさまSP」を見て寝た…深夜アニメも取り敢えず興味をそそる新番組層ではなかったので、これからも月曜は休養日となりそうだw

 さて、そんな訳でニュースからネタを少々
・無能都知事、入都式で民間を貶す
 …コイツ、自分の一言ゝが自分の首絞めてる事に気付いていない
 法的なナニかが有って新銀行の運営を民間に任せたとの事だが、どの業者に任せるかを最終的に了承したのはコイツだし、そんなに他所に任せるのが嫌ならとっとと知事なんぞ辞任して手前で運営すれば良かっただろうに…結果、追加出資が必要になったと愚痴ったらしいが、コイツの持論では「都民に理解は得られる」ぢゃなかったのか?
 場所場所で、しかもそれぞれが公の場だと云うのに考えがコロコロ変わる様なTOPなぞ要らんからとっとと逝ってくれ…

・パリで聖火妨害相次ぐ
 コレも酷いもんだw
 一方的な正義を押し付けてチベット人迫害と云える様な政策を打っている中国は確かに問題天弧盛であろう…まぁ無駄に広い大地を持ってると云っても人口過密問題を抱える中国は『今すぐ移住できる地』を探してると云う部分も判らんでも無いが…まぁ結局は今までの無策のツケが今来てるだけだろうが
 で、チベットの精神的主導者であるダライ・ラマが非暴力主義を一貫しており、ソレに従うチベット人は今、反撃もせずに耐えて戦っている訳である
 それを他の国の人間が『政治力を使って国際正義を貫く』なら良いとして、偶々中国開催になった国際イベント(まぁ中国も『外貨を設けるチャンス』と誘致したのは当然の事だろうが…それにしても、色々な面で失敗は目に見えてるがなw)を妨害して回るのは如何なものかw
 当の本人たちの忍耐を完全に汚してる毛唐ドモも結局「(自分が勝手に決めた)正義の為なら何しても許される」と履き違えた虚けドモである事は傍から見ればかなり明らかで、やってる事は中国政府とさして変わらんと思うのだがw

・道路特定財源、ついには残業者の帰宅タクシー代へ
 …もぉね、どうにもならんよね、コレw
 社保庁の年金問題も結局どうにもなって無いけど、国交省のコレに付いても、コンだけ問題天弧盛りで今更財源確保の為に暫定税率復活…とか叫んでも、誰も頷かないってw
 国民がナニ考えてるか…って、結局自分たちの税金が無駄金になってる事を問題にしてると云う事なのだが、それが判って無い状態で兎に角自民党の政策を否定してばかりいる民主党にも支持出来るとは思えないし…もぉどぉでも良いや状態に近いね
 取り敢えず捻れ国会とよく云われるが、捻れても進む方向が国民の意識と右斜め上方45度に傾いてれば結局住み易い国家にはならない訳で…日本という国は好きだが、政治屋や政府はどう在っても好きになれない…自分の意識も捻れてるのかなぁw

・川内康範氏死去
 最近の話題では森進一との「おふくろさん」歌詞無許可変更問題で一騒ぎあったのが有名だが、取り敢えず特撮Fanとしては月光仮面やレインボーマン、コンドールマンの原作者としての方が有名かも知れない
 まぁこれらの作品は「作品は有名だが、古いので原作者名まで知られて無い事」も充分有り得たのだがw
 まぁ昭和初期とは云え、偉大な作品を作った人であるのは確かである
 謹んで追悼の意を表したい

・ヤフー・楽天で稼いでたポータルサイトが商品送付せず
 …通信販売で代金先取り方式の場合、かなり信用取引になるのは当然の話で、今まで優良企業だったからと云って、一気に赤字転落や倒産となるケースもある昨今、何処までその企業を信用するかと云うと周囲の評判と自身の判断のみが頼り所である
 私は原則、商品を見てから購入する主義なので、どうしても必要に迫られる様な事が無い限り店頭購入の主義である
 遠方の店舗にしか無い、通販限定の商品で有る等々の特殊事情が無い限りはその店で現物を見て、手荷物程度の大きさならお持ち帰り(現金かカードかは値段その他の条件で決める)をする
 まぁだからこそ、この手の問題には冷静・冷酷で批評するが、まぁ便利である反面のデメリットも充分判らん人間が下手に新方式に手を出すからこうなる…と云いたい
 まぁ金払ってブツが届かんでは、苦情が出るのは当然であるが、万一のケース金だけ持って逃げられた…と云う最悪のケースも念頭に入れた上での苦情となる事だけは肝に銘じた方が良い

 取り敢えず、最近のニュースから感じた事はソンなものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

…つ、疲れた(昨日は花見)

 今日は仕事でイベント(って云って間違い無いだろぉなぁ…)があり、午前中~2時辺りまでかかずらわってたので、疲れた…適度な休憩くらい欲しいやね、全く…

 さて、昨日は十年来の通信仲間・マイミク等々色々な関係となってる仲間内3人と花見に出かけた
 と、云っても現地集合・ほぼ現地解散と云う状態であったが…

 場所は千葉公園
 千葉駅からモノレールで1駅、3分程度の場所らしい…それなりに古い公園らしいが、そのおかげで駐車場が無いとの事
 千葉駅周辺であれば、少々頑張れば単車移動可能なので、何も考える事無く地図片手に動けば良かったのだが、駐車場が無いとなれば話が変わる
 と、云う訳で職場まで単車移動→丸の内線で大手町→東西線で西船橋→総武線で千葉→モノレールで千葉公園と云う移動手段となる

 さて、今回は4月と云う事で、今回集合の面子の一人の誕生月である
 その面子からは先日の私の誕生月の集まりでもプレゼントを貰っており、何か返礼をしたいと思っていた
 と、云う訳でその前日…土曜日だが、秋葉原で適当に散策してみた
 私が昨年の誕生日に貰った物は「特撮ヒーロー100人」の特集本であった…まぁ大の大人が買うには少々恥ずかしい(今頃の年齢だと「お子さんへのプレゼント?」とか思われそうだがw)ので、返礼もソレ系で考えていたのだが…問題はソコだったw
 先日のブログにも書いたが、今年の特撮系は面白くない…自分が楽しんでいない番組の玩具をプレゼントしても面白くないのだ
 …結局、悩んだ結果有名声優さんの朗読する日本昔話CDにする事にした

 さて、そのプレゼントを携え11時の集合に間に合う様に9時過ぎに自宅を出発する
 単車を止めて、序でに職場にメット・グラブと単車用品を置いておき、電車駅に向かう…まぁ滅多に乗らないモノだが、流石に乗り方を忘れる程久しい訳でも無いので、順調に千葉駅に到着…で、モノレール…っ!?
 ナンだコレ? 列車の到着間隔が異様に長い…7時過ぎ以降は1時間に5本って…10分に1本も無いのか?
(ちなみに、もっと手前は1時間4本以下…orz 平日はもう少々有るみたいだが)
 丁度列車が出た直後に着いたらしく、12分待ち…待ってる連中に遅れる旨の連絡を入れる

 やっと列車が着たので搭乗…一駅で降りたら駅出口は公園入口であった
 案内板を見ながら連中に連絡すると、既に始めているとの事…その場所を確認して私も移動する
 池の畔と云う事もあり、難なく集合場所を確認、合流する
 適当に飲み食い(これはこの集団の主催である一人がメインになって集合場所に来る際に買出しをしてくれていた物である…私の方は足りなければ補充する積もりで何も持ち合わせしない。余ると面倒だが、足りなければ買い足し出来るのだと言う観点である)しながら、プレゼントを引き渡す
 いや、まぁ他の人のプレゼントも見たが、自動浮沈ギミック付きの潜水艦プラモ…頑張って作ってください^^

 さて、適当に駄弁り、色々人間大なり小なりの伝説は有るモノだ(私は普通の人間が「やろうと思えば出来る事」しかしてないので、大した伝説は持ってないが)と云う事を再認識したりとまぁ翌日には忘れるような莫迦話で一日過ごすのもソレはソレで有意義である

 頃合も14時半を過ぎ、話しも丁度良い所で移動を開始する
 何でも、公園内にSL車両が1両(まぁかなり小振りであったが)千葉市に寄贈されている物が展示されているとの事で、見物に行く
 途中、良い気分で酔っ払ったオヤジが何かを云って来てたが、華麗にスルーしてSLを見物…適当に満足したら、集まりの一人が乗って来た自動車に便乗、千葉駅まで移動して軽く食事(花見の席でもそれなりに腹に入れたのだが、やはり五月雨式に腹に入れるとその度に消化するらしく「食った」と云う気にならない)を取り、解散…電車移動のもう一人と総武線に乗った

 ソコでもそれなりに莫迦話をして、途中で降りる友人と別れ、一人になる
 後は来た時と同じ様に東西線→丸の内線→単車を回収→自宅となる
 ソコでも当然夕飯を食すのだがw

 今日は、上記の通りイベントで疲れたので、コレだけのみ書いて置く…まぁ今日のニュースなどでも突っ込みたいネタは結構有ったのだが、明日のニュース等が面白く無ければ掘り返すかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »