« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008年3月23日 - 2008年3月29日の記事

2008年3月28日 (金)

ガソリン税、どぉなる事やら

 昨日、フクダがナンか戯言抜かしたらしい
 もぉこのオヤジの話は聞く気にならんので、詳しい事も知らん…が、国民ナメ腐ってる事だけは充分判る
 このオヤジ、一応「民間経験者」を振れ込みに首相職に付いたのではなかったか…そこで学んだ事は、他人の神経逆なでする方法か…良い職場だな、今度紹介してくれw

 兎に角、4月までにガソリン税の税率が確定する事はなくなったと云って良いだろう
 ガススタンド(GS)では「高い税率で購入していた今までのガソリン」を如何に速く売り尽くすか、「税率が落ちて安く購入できるガソリン」を如何に大量に仕入れられるか…更に云えば、「税率復活した後に来る、高値ガソリンをどのタイミングで供給するか」が存亡の分かれ目になるだろう
 一応、GSは知っての通りグループで供給を行っているが、各GSは原則個人商店だ
 所属しているグループが購入したガソリン等を各GSが購入、一般に小売している
 従って、グループから購入するガソリン単価と一般への小売単価の利鞘が各GSの純利益になる…が、この幅を限界まで抑えないと現在の競争社会では生き残れない
 故に、この税率の変動(しかも、1ヶ月単位で急変動する筈…何せ、今の政府は『支出を抑える』事より、『収入量を確保する』事の方に重点を置いた無駄遣いしかしない訳だし)をどう生き延びるかで、冗談抜きに潰れるGSが後を絶たなくなると思われる
 取り敢えず、私は行き付けのGS(ちなみに出光系列)で給油しており、多少の値段の増減については原則考えていない
 まぁ自宅から近いと云う事も有るが、友人らとの雑談等で得た結果、出光系が一番(質的に)信用出来そうであると結論付けており、緊急事態以外では本当にソコでしか給油していない現状だ…故に、潰れて貰っては困る
 通勤や遊びにも単車利用の私である、ガソリン供給は生活に必須と思う…故に、余りフザけてもいられない話題である

 …しかし、冒頭に戻るがフクダの能無しオヤジの件もあり、真面目に政府広報を聞く気になれない現状をどうにかして欲しいモノだ
 道路財源ってナニ? 関係官庁の野球道具揃える予算の事? 道路とは何の関係も無い箱おっ勃てる事? 本日、友人のmixi日記のコメントにも少々触れたが、政治屋や報道機関の国語力不足は、まんま国そのもののステータスを落とすので、本当、勘弁して欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

春だから…で済ますのもナンだなぁ…

 取り敢えず、近況
 一昨日はブログ更新しようとしたらサーバメンテ21時間…21時間!? 無理だったw
 昨日は野暮用で保健所に…いや、身内が2年前に結核で強制入院した関係で同居家族は数ヶ月~1年置きに検診を受ける必要があって…ソレでチト受けてきたのだ
 まぁ過去受けた検診も異常無しなので、今回も大丈夫だと思うが…次は来年の今頃だそうで
 取り敢えず、行った先の保健所で機械診断では有りますが血圧・脈拍・身長・体重・体脂肪率が計測(一気にではなく、3つの機械でそれぞれ測るのだが)出来る様になっていたので、興味半分に家族で計測
 結果、昔からさんざデブ扱いされていた私が一番体脂肪率が低い事(まぁそれでも「軽肥満」の測定ですが)が判明し少々気分が良くなった事は一応記録しておこう
(小学生の頃に肥満になり、以来20年前後、家族でデブといえば私と亡き祖母の事だったので、この計測結果はそれだけで行った甲斐が有った気がする)

 さて、mixiの日記もこのブログ連携と正式に整えた
 今までの日記記事は多分消えないと思う(確か、mixi日記に設定を直すと以前の記事も復活した筈だし)ので、一応の防護策としてブログ設定直前のmixi日記をバックアップし、htmlで拙作HP(http://homepage3/nifty.com/MATSUTAKE/)の1コーナーとして掲載予定である
 取り敢えず、私が他者の著作権侵害をするのもナンだし、本文のみに修正してからの掲載にする
 後は近況と云えばネトゲの進捗や今期で終了したアニメの感想になるが、取り敢えず明日以降にしよう

 さて、最近のニュースで少々気になるのは通り魔的な無差別の殺傷事件の多さである
 刃物で刺し捲ったやら電車の駅ホームで突き落とした…加害者と被害者に何の関係も無く、「妹の生活態度が気に入らないから妹を襲う予定だったが居なかったので取り敢えず他人を襲った」とか「誰でも良いから殺せば刑務所に行けると思った」とか…なんと云うか基地外的な発送の持ち主が多く見えるのも気の所為では無いだろう
 被害者には『本当に』何の罪も無く(まぁこの件に関しては…と云う意味で。実際罪の大小に拘らず、全く違法行為をしていない人間の方が少ない訳で…小は自転車二人乗りでも違法行為な訳だし)、偶々『基地外が物理的な近くに居た』だけの事故に遭った…と云う事なのだ
 まぁ仕事上、春が近付くと基地外的なモノからの対応(電話、窓口を含め)をする事が増える…国公私の別・職種を問わず、対外的な窓口業務を行う人は少なからず経験が有るのではないかと思うが、本当に『この時期』にその手の対応を迫られる事が多いのだ

 以前,朝のワイドショーで最近の無差別殺傷事件の容疑者逮捕後の供述について纏めたレポートが有ったが、少々前には「自分が認められない」とか「社会に不当な扱いを受けた」とかが多く見られる事に対して、今年昨年辺りの事件では「誰でも良いから人を殺してみたかった」とか「人を殺せば刑務所に行けると思った」とか別に社会に対して不満が有るわけでも無い供述が目立つ(まぁ社会に対する不満と云っても、かなり被害妄想入ってて到底理解出来る筈も無いのだが)
 まぁ、進んで同属(種と云う意味では同じ人類である)殺しと云う、異常な事をしでかす個体(苛烈な飢餓状態の「共食い」やレミング鼠の集団自殺以外、同属を好んで殺す種を他の動物に私は知らない)の精神など、私には理解出来んのだが、春ならそう云うのも出てくるのかも知れない

 さて、基地外といえば現都知事だが、慎太郎銀行に400億円の追加予算投入を強行採決させた様である
 前々から思っているが、一ツ橋出の直木賞作家が政治に絡むと、自分の妄想内の世界と現実の区別が付かなくなるので、この世のアカウントをBANして欲しい所であるが、どぉにか成らんものかw
 「最終的には都民も納得すると思う」って、どの世界の都民が納得できるんだ? ソレ…
 候補者演説で「石原裕次郎の兄です」と弟の褌でしか相撲が取れん屑が都政のTopにいる事、更に一地方自治体の長でしかないモノが国政に口出す事も含めて、御都合主義の小説にしか精神が無い証拠だと思うのだが…
 まぁ人殺す基地外も迷惑だが、人の金でマネーゲーム始めて焦げ付いても何の反省も無い基地外も社会に(特に税金払ってる都民に)迷惑である
 まぁ次の当選は無いと思うが、国のTopである「全て他人事の様にしか話せないオヤジ」と併せて、一発ズドン(米国のJFKとか、昔は有ったよね…日本も、直接死ななかったけど自由党の板垣退助とか)で日本の恥になる屑が定期的にハジかれると今の政治屋も多少は真面目に国の事を考える様になるかな…とか、少々夢想してみたりもする
 今の日本、上記屑な政治屋(ってか、米国のJFKも日本の板垣先生も真っ当な政治家だった筈…真面目な政治家ほど殺されてる歴史が有るから私利私欲の屑しか生き残らなかったのかなw)ばかりだから、一人二人BANされても何の変化も無いかも知れんなぁ…と鬱になったりもするがorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

私のナニがそう見えるのか…

 この土日は普通に休んだ…年度末にしては平和な週末が続いている
(尤も、平日は平和等とは口が裂けても云えないが)

 此処数年、晴れた土日は秋葉原に出掛け、既に顔見知りとなっている露天商と駄弁るのが習慣になっている
 この土日も例に漏れず普通に出掛けて駄弁っていたのだが、その店の客…では無いな、結局何も買わなかったしw …が「『メイド喫茶』って何処ですか?」と聞いて来た
 言葉尻のイントネーションと、何処か不慣れな感じから秋葉原に始めて来た様なおのぼりさんの様だと感じる
 …ってか、何故私にソレを聞くか?
 私も秋葉原に通い出してそれなりに時間は経つが、メイド喫茶は出始めの頃に1ヶ月ほど(丁度メイド喫茶と云う業種が定着するかしないかの頃だったので、3店舗が共同でスタンプラリーイベントを開き、それに乗って仕舞ったのだ)通い詰めた事が有るが、それも既に数年前の話である
 今はメイド喫茶と云うのも定着しており…ってか其処彼処にメイド喫茶が乱立し、経営不振で潰れては跡地にまた別のメイド喫茶…と云う時代を経て最近は若干減ったのかな? …よく考えれば創世期から全盛期、終焉期に近付いているのかも知れないが、一応その全てを見てるのかw 見てるだけで入店する事は殆ど無かったけどなw

 さて、話は横にそれたが、まぁ時間が無い訳でもない、基本的には気分屋だが自分に宛てた依頼を無碍にするのも夢見が悪くなるタチなので、道案内も兼ねて同行する
 取り敢えず向かった先は「キュアメイドカフェ」…上記、私が通った3店舗の1つで、多分、一番正統派のメイド喫茶である
 ウェイトレスのメイド服はロングスカート、特に客に媚びる事無く給仕作業を進める
 紅茶系の注文をすると、最初の一杯はティポットから注いでくれるが、それ以外は写真撮影やゲームイベント等は不可(注文した品だったかは断りを入れれば許可の場合もあり)と云う本当に普通の喫茶店に近い雰囲気がある…当然、その静かな雰囲気を好んで通う客も多い店である
 私が案内を頼まれた場合(ってか、コレが初めてで無いのが泣ける)は、この店を紹介すれば取り敢えず無難と云う事で此処を紹介している
 …で、何時もならコレで済んだのだが、今回は一味違った

 10数分した後、先程案内した二人連れが戻ってきて「自分らのイメージした店と違う」と別の店を案内する様戻ってきたのだ…
 何でワザワザ「此処に戻ってきて私に」頼みなおすのか…
 取り敢えず、キュアメイドでイメージが違うとなれば同じく私が通った店の1つで真逆の道を行く店「コスチャ」を紹介した
 少なくとも、私が最後に通った頃の話であれば、追加料金でウェイトレスとの写真も可だった筈だし、同じく追加料金でウェイトレスとゲームの後、勝てば何か御褒美・負ければビンタとか云う事もやっていたと思う(そんな無駄金使う気になれんかったので、当然やった事は無いが)
 此処も上記の通り創世記に開店した店の1つだが、一度ウェイトレス全員が総取替え(ウェイトレスが辞めたのか、店がクビにしたのかは知らん)が有ったと聞いた事が有る
 取り敢えず、そう云う意味でもキュアメイドとは対極にある店と認識していた
 故に、2つ目は此処を案内してみた

 その後は私も時間が無くなったので、帰宅したのだが、日曜日にもう一度露天商に顔を出した際に聞いたが、3度目に再度案内の依頼は無かった様だ
 見知らぬ街で知らん男に道を聞くのは、在る意味勇気が要る行為だとは思うが、何故その対象が私なのか…上記の通り私は此処数年その手の店には行っていない…その間に幾つの店が出来ては消えて行ったかは知らんが、とおに私の記憶は過去のモノなのだ
 まぁ私もそれ以上は知らんので、ゲマ屋(駅前のゲーマーズ)前に設置されていた筈の総合案内所にでも行けで済ます積もりだったが、何を求めてメイド喫茶に行くのかが判らんので、案内の仕様も無い
 まぁ頻繁に起きる事ではないのだが、それでも稀には起きるのでチト気になった話ではある

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »