« 今日もニュースからネタを貰います | トップページ | DVD一気買い10月分とニュースww »

2008年10月23日 (木)

ニュースから…こればっかや

 と、云う事でやはりニュースネタでwww

・医師不足も当然だが『有能な』医師不足と云わざるを…
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/m20081023050.html
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/m20081023044.html
 と、云う事で先ずはこのネタ
 上段リンクは救急の受入れ拒否で妊婦の処置遅れ…胎児は何とか助かったが母体は死亡と云う件
 下段リンクは小児科医の過労自殺について、2審で業務増加と自殺の因果関係は認めるも、病院側の過失を認めずと云った判決が出た件
 上段の件だが、死亡した母体の掛かり付け産婦人科医は緊急性を解いた旨説明していたが、受入れ側の病院ではその判断をしてなかった…とか
 まぁ私もNIFTY-Serve(パソコン通信)時代からこの手の媒体を使っているが、文字のみ(当時のパソ通は通信速度やPCの性能面で、バイタリデータの送受信はファイル単位でしか出来ない上に時間も掛かり、受信→即表示とは出来なかった)での意思疎通の難しさは体験済みである
 電話・無線等でも、やはり情報が少なく、完全な意思疎通(しかも、知り合い同士なら兎も角、業務上の通信をするだけの見知らぬ他人なら尚の事)はかなり難しい
 それを可能にするのは医師の判断力と情報整理力だが、この辺りは天性のモノを持つ一部の人間以外は経験だと思う
 厚労省が長年『医師は足りている』と豪語したツケな訳だが…

 次に下段の件
 1審の時は業務過多と自殺の因果関係すら認めてなかったので、2審は一歩前進したらしいが、結局「自殺前にその兆候が認められなかった」と病院側の管理責任は問わない事で判決を出したらしい
 医師が表に出難い或いは他に迷惑を掛けまいと責任感で平静を装う事の出来る人間は周囲にSOSが出難いと云う事で賠償すら受けられないのか…ソレもチト違う気がするが
 結局、我侭云いたい放題の人間の方が利を得る世の中…と極論出来そうな気がする
 和を尊び、己を抑えられる古来の日本人種は絶滅するしかないのかねぇ…

 で、この両方で云える事は、医師不足と云うより『優秀な医師不足』だと思う
 上段では最後に締めた様に『救急の無線から、患者の容態を正確に把握出来る能力が有る医師』が居れば防げた話だろうし、下段の話では周囲に自殺した医師のSOSが読み取れる医師、或いは当該医師が受けていた当直過多を有る程度肩代わりできる程度の医師が居れば防げた話だろう

 厚労省は今、医科大学・大学医学部に学生定員の増加を求めている
 まぁ6年後(今から入学しても、医学科は卒業まで6年掛かる)から、医師国家試験の受験有資格者は増える事になるが、医師の増加にそれほど繋がるのだろうか?
 云っては悪いが、大学の定員を増やすと云う事は、今まで医学部に入れなかった(受験に失敗していた)人員から、より多くを受けると云う事だ
 当然、『良い大学』と呼ばれる所も入学枠を増やす訳なので、どんどん優秀な人材は人気大学から入る事になる
 人気大学とは、やはりソレナリに優秀な教育が出来る大学なのだが、入学枠が増えれば、ソレだけ教育負担が増え、教育水準が落ちる可能性はある
 当然、不人気大学はソレだけ『人気大学が入学させた後の残り』から入学させる訳で、更に教育水準は人気大学より劣る…結果、国家試験の合格率は多分に落ちる可能性が高くなる
 …結局、教育水準が劣った学生が多量に国家試験受験資格を得るだけで、医師(試験合格者)が増えるのかは少々疑問である
 更に云えば、試験合格者もソレまでの合格者よりも低い水準での教育しか受けられて無い事になる気もする
 まぁだからと云って、今更『医師不足に有効な手段』が直ぐ出る訳では無いだろぉが、厳しいねぇ…

・コレは判断が難しいなぁ
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2008102201000674.html
 空港での駐車料金を安く上げる為、代行運転で安い駐車場に移動させて保管する…と云う商売について、代行運転中に起こした死亡事故の賠償を依頼主である『客』にも負わせる判決が出た件
 裁判所は『代行運転を承知で車を預けた以上、その時の事故の責は有る』としたらしいが…難しい判断だな
 例えば…だが、出先で飲酒した場合、そのまま運転すれば、その運転手のみならず、酒宴に同席した全の人間に罰が科せられる現行道交法では、運転代行を頼む他は無い
 まぁ主演になる事を想定出来るのに、原動機付きで参上する方も問題(私はソレを理由に酒を断る下戸だがww)ではあるが、不意に話がソッチの方向に云った際、断るに断れない事もまま有るだろう
 で、頼んだ代行業者が事故った責任…と云う事も同じ理屈が通用する事になる

 所有した自動車の運転を他者に願い出た時に起きた事故は車両所有者にも責が有る事になる…まぁ自動車が『人を簡単に殺せるモノ』と認識出来る人間なら、当然の判断(まぁ殺人可能な凶器を他人に任せる訳だから)と、云えなくも無いが…
 殺人可能なモノ…を何処までの判断で行うかも結構な問題かとは思う
 自動車は轢けば殺せる…では、シャーペン・ボールペンも急所に刺せば殺せるし、旨く使えば紙幣(ピン札)だって和紙なので、人肌くらいは切れる=急所を切れば殺せるのだ
 これは極端な例だが、この辺りはハッキリさせる根拠と云うのは、どれも希薄で何も判断出来ないのが現実だろう
 『人を殺せる可能性が有る事が判っていて、その処遇を他人に任せた』…文章にすればそれで終わりだが、非常に難しいと思うのは、私の考え過ぎなのだろうか…

 今日は2件(3件)の記事だけで書いたが、偶にはソレも良いだろう

|

« 今日もニュースからネタを貰います | トップページ | DVD一気買い10月分とニュースww »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

・受け入れ拒否
マスコミは受け入れ拒否ではなく、受け入れ不能と言葉を変えて欲しい。拒否と不能をを使い分けて欲しい。「拒否」って明らかにマイナス的な意味に取れます。半端な設備、人為しかないのに受け入れて何かあったらそれこそ無責任です。

・医師不足
実際は医師の数は年々増えているようです。
ただ産婦人科や小児科の様に、言い方は悪いが面倒な科の医師は減っているようですね。実際にお産は時間を選ばないし、小児科も子供相手なので大変だし、何かあればすぐに裁判になり、労働時間も長いし、夜勤あり、で給料も労力に見合ったものではない。やりたくても体が持たないし、生活も出来ない、当然減りますよね。

上の様に不人気の科でも優秀な人材、設備を用意して、医師の育成に成功している大学があるようです。良い人材設備があれば人は集まります。その取り組みに期待します。

ただ根本的な解決は国家が体勢整備するべきかなと思います。
人数を増やす対策や相応の報酬、休暇、明らかに不当な裁判からは国が守る。その辺にしっかり税金を使う分には文句は言いません。

この辺は急務だと思いますが、正直今の政治家に期待するのは無理だな。。。

投稿: まー | 2008年10月24日 (金) 01時01分

Shot>まー さん
 コメント感謝

Shot>受入れ拒否
 …コレも難しい問題で、ソモソモ最初の墨東病院は妊婦用の救急指定(周産期母子医療センター)を受けている病院の筈で(ただし、コレを受ける為の基準に満ちていなかった事が今回判明…)
 都立病院だから都からの補助金は出てない様ですが、都立病院を都が指定してるのに、実態を把握してないってのはお粗末過ぎかとww
 本来、この指定を受けてる以上、余程の事が無ければ受入れ不可にはならない筈で…ソレを裏切っちゃイカンとは思いますね
 国公立病院は、勤務医も公務員扱いなので、他の私立病院に比べて給料が安いと云う点では(医師に取っては)魅力の無い病院と云える訳ですが、ソレを押しても来たいと思わせる魅力(医師に対しても)作りは病院側の努力を見せて欲しい所です
 都も、その資格が無い(或いは資格が無くなった)病院なら救急指定を切らなきゃ…orz

Shot>医師不足
 まぁねぇ…実際、ウチの学生も全員がそうだとは云わないけど、実習が楽な診療科を選択する(幾つかの診療科に付いては選択可能なカリキュラムになっているから)傾向は有りますね
 逆に云えば、自分に厳しい選択をする学生は、先ず国家試験でも落ちないですけど…楽して卒業しようとする学生ほど落ちやすい傾向は有りますねww
 まぁ同じ資格で「イザとなれば免許に『診療科』は書いてない」と云う事で診療出来るのが総合病院(医師が多量に勤務している病院)の強みですが、そのイザが感じ取れない様では意味が無いんですけどねぇwww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2008年10月24日 (金) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/42878896

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースから…こればっかや:

« 今日もニュースからネタを貰います | トップページ | DVD一気買い10月分とニュースww »