« この土日… | トップページ | 特に書く事の無い一日 »

2008年6月17日 (火)

殺伐とした内用だが…

 今日は特に日記として書く事は無い
 まぁそんなに面白い人生ばっか歩んでる訳ではないと云う事だww

 で、話題になるのが以下の事項
・宮崎勤、死刑執行
 宮崎勤と聞いてピンと来る人間が若年層には少なくなったかも知れんが、80年代後半、タダでさえ日陰者だったヲタを『危険なモノ・犯罪者予備軍』の様なレッテル付けをさせた立役者である
 幼女連続誘拐殺人…この事件を起こした張本人である
 記事によると88年の事件であるので、今年で丸20年経った事になる
 …私は死刑反対論者である(サクッと殺してハイ御仕舞い…では軽すぎる、もっと社会的・肉体的・精神的に追い詰めて『殺してくれ』と云われても簡単に殺さない様な極刑を用意すべきと考える)が、一応日本は死刑が採用されている法治国家である
 しかし、死刑が執行されるまで20年とは…結局、その間はのうのうと生きてる訳だ、コンな屑が…遺族の心情を考えれば『何時か死ぬと判ってても、今現在は税金で衣食住が保証された場所で生きている』と考えれば穏やかではなかろう…尤も、こんな屑の事はとっとと忘れて亡くされたお子さんの供養を最優先に考えるのが一番なのかも知れないが

 さて、話はずれたが、日本も死刑を採用していると云ってるのであれば、コンな犯した罪に疑いも無い様な屑はサクッと逝かせてしまえば良い訳なのだが…何せ、行動が遅い
 まだその罪に完全な確証も無く、殺した後で『実は無罪でした』とか出たら取り返しが付かん…と云うなら話は別だが、今回の秋葉通り魔の犯人やら、コイツやらはサクッと殺せ…と
(まぁ個人的には上記の様な別の極刑か、出来る事なら『三回殺す』とか『来世まで見付けて殺せ』とか空想する訳だが)

・ダガーナイフの販売自粛要請
 まぁねぇ…不要な武器は携帯すべきではないと思う(鉄扇携帯者が云うのもナンだがww)と云う理屈は理解出来るが…山奥なり少々未開の場に出向くなら刃物は必ず必要となる
 コレはキャンプ(シッカリ整備されたキャンプ場でのモノは別)に出る場合にも云える事で、人間相手の殺傷能力は無くても良いが、サバイバルツールとしてのナイフは必要だろう
(これは完全に矛盾しているのは百も承知…まぁ使えば週刊誌だって角使って急所に一撃入れれば人殺せるしな…)
 事件は『こんな殺人に使える武器が簡単に購入出来るから起きた』と考えるのはある意味正論だが、極論に過ぎない
 人を殺すのは武器では無く殺意…よく云われる事だが、殺意が有るモノが無ければ、どんなに殺傷能力が高い物が手近に有っても殺人事件は起きない(最近は悪戯心で人を殺せる餓鬼が居るからそうも云えなくなったか?)し、逆に殺意が有るモノが居れば、どんなに安全設計をした物でもソレを武器に人は殺せる…よしんば武器なぞ無くとも五体満足な体が有れば殺人は可能なのだ
 空手の技を身に付けた者が素手で通り魔殺人を犯したら、空手が規制されるのか?
 アスファルトやコンクリの上でバックドロップかませば普通、鍛えて無い人間は死ねるぞ?
 そう云う事である
 やることが無駄だとは云わんが、この手の規制は販売ルートが地下に潜るだけなので、余り意味は成さんと思う…と、云う事も付け加えておこう

・模倣犯・愉快犯多発
 もぉ一つゝ上げるとキリが無い位に『秋葉通り魔事件を見て自分でも…』と云う犯罪や犯罪予告が後を立たない様だ
 掲示板に書き込んで身元が割れて逮捕…供述を取れば上記の通り『秋葉事件を見て…』と云う事らしい
 自分の名を世間に知らしめたいとか、歴史に残したいとか云う勘違い野郎も居るらしいが、二番煎じの模倣犯なぞ世間が名を覚えたり歴史に名が残ったりする訳無いだろぉに…まぁ短絡な脳足りんはその辺りにも気付けないからコンな事するんだろぉな…

 取り敢えず、今現在で目に付いたニュースからはコンなモンで…

|

« この土日… | トップページ | 特に書く事の無い一日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

モデルガンやエアガンの趣味があるわしとしても、銃刀法の規制ってのは少々煩いなぁって思うときがあって、特に昭和52年の規制では金属性ハンドガンタイプのモデルガンは白又は金色への着色が規制によって義務化されたわけですが、そんなもんで規制してもさして意味はないよなぁって思っておりましたよ。

だがしかし、今回のダガーナイフやサバイバルナイフの販売自粛要請、これはわしは賛成せざるをえないなぁって思っていますよ。

まずもって、ダガーナイフはキャンプなどで使うナイフとは根本的に用途目的が違って、これは人を刺し殺す事を目的とした物、純粋な武器なんですよ。

キャンプなんかで木の枝を切ったり削ったりするナイフとは用途目的が全然違うし、使い方だって全く違うわけですよ。
そうしたナイフを刀身の長さや重さと言った画一化した規制だけで許可するのはわしは危険だと思います。

そーいう意味では、お上の方にもナイフは何でも禁止、みたいな思考停止した規制ではなく、用途向きに合わせた柔軟な規制をしてもんです。

ちなみにウィキペディアで「ダガーナイフ」を検索するとこんな画像があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Winchester_Riot_Knife.jpg

こんな両刃のナイフなんて、使うんだって危なっかしくて使いきれませんて。

投稿: たいちょ@ちば | 2008年6月17日 (火) 12時48分

Shot>隊長
 コメント感謝
 取り敢えず、mixiのニュースには『対象のナイフとして、ダガー、サバイバル、バタフライのほか、コンバットといった軍事目的の製造品も挙げた。』と有りますので、ダガーナイフだけでなく、サバイバルナイフも対象としている旨の記事だったので、本文の様になりました
 まぁサバイバルナイフと云えば、ランボー等で使われた事で有名になった大型ナイフですが、野外活動ではそれなりに需要は有ると思うのですが…
 まぁアウトドアを殆どしない私が云うのもナンですがねw

投稿: 毘沙門天松茸 | 2008年6月17日 (火) 13時21分

ショージキ、アウトドアで使うのにはサバイバルナイフは不適当すぎますわ。

刀身の背が鋸刃になってたりしたら親指で刀身の背を押して小細工する事も出来ませんし、鍔の部分がアンカーになっているとか、柄が小物入れになっているとか、軽装のキャンプでは使わない機能ばかりですよ。

普通のアウトドアで使うならビクトリノックスのソルジャー91mmあたりで十分ですよ

投稿: たいちょ@ちば | 2008年6月17日 (火) 14時08分

本来の「ダガー」は、甲冑の隙間に突き立てて致命傷を負わす為のナイフで、おなじコンセプトのマインゴーシュ(利き手と反対の手に持ち、利き手の剣で相手を押さえつけながら切りつけるナイフ)など、多岐に渡る両刃の戦闘ナイフです。少なくとも生活用品ではないですね。
無くなって困るのは、投げナイフなどを演じるマジシャンやサーカス団員くらいじゃないかな?

宮崎勤・・・まだ生きていたのかというのが率直な感想。責任能力が無ければ殺人を犯してもいいのかという日本の法律がおかしいのではないか?

死刑制度・・・まぁ、生かしておけば拘置所の中で税金を使って生きている訳で、「まず間違いない」ならトットと殺せ、というのがホンネかな?
まぁ、恩赦としてカンボジアかアフガンで、探査装置なしで地雷500個処理したら無罪放免とかでもいいけど。死ぬ前に人様の役に立て、と(w

模倣犯・・・S.Aスペシャル・エーを見ろっ!と(w
「二位さん」のバカにされようを・・・あんな風にイヂられたいマゾなのかしら(爆

投稿: おキヌちゃん | 2008年6月17日 (火) 14時10分

Shot>隊長
 またまたコメント感謝
 …なるほど、サバイバルってのは本気で『生き残り』を指す意味で、キャンプ程度では無用の機能ばかりが目立ってソコまで要らんと云う事ですね…
 まぁ上記の通り、アウトドアを殆どせんモノで、イメージ先行の書き方になってました
 情報感謝です

Shot>おキヌちゃん さん
 まぁマジシャン・サーカス団員等は仕事に使うと云う事で許可が出るんぢゃ無いかと…当然『自称』で武器だけ購入する輩を排除する為に、何かブロックを用意する必要は有るでしょうけど…
 宮崎勤…私も最近まで生きていたと云う事にびっくりです
 無駄に生かす必要の無い屑なら、とっととサクッと殺ってくれた方が、遺族の精神衛生上も税金の使い道にも良い事だと思うんですがねぇ…
 死刑判決出した癖に殺す度胸が無いと云うなら、本当に本文に有るような極刑を用意しろ…と
 そうすれば、死ぬのは『事故』だし、何の問題も無いかと…

 S・Aはアニメを毎回見てますが、模倣犯と何か関連有る話やってました? それとも原作漫画で何か有ったんで?
 この辺りは良く判らんです

投稿: 毘沙門天松茸 | 2008年6月17日 (火) 14時21分

ども、目黒のさんまです。
私の場合は、先月山奥に行った関係でサバイバルナイフは未開の地に行く場合は必須と考えます。松茸氏の意見とほぼ同じです。

何も人間を殺すためだけに持ち歩くのではなく、モラルさえしっかりしていれば問題ありません。さて、アウトドアについてですが。
多少開けたオートキャンプ場ならば、必要ないかも知れません。

ただ、蛇や熊や鰐が出る。もしくは、それ相当の危険が想定される場所では、サバイバルナイフがなければ確実に死にます。とくに、毒を持った生き物相手にはサバイバルナイフは欠かせません。

日本の場合だと、南西諸島と北海道の山奥探検の場合は必須です。クッキングナイフや、木工用のカッターナイフではどうにもならないことを、この前思い知りましたので。w

                             ☆sanmawater 目黒のさんま★

投稿: 目黒のさんま | 2008年6月17日 (火) 16時27分

Shot>目黒のさんま さん
 コメント感謝…今回コメント率高いねぇ^^
(刃物規制に付いては拳銃規制(エアガン含み)よりも、より実生活に根付く問題だけに関心が有るのかも知れませんね)

 さて、サバイバルナイフ
 隊長の云うキャンプとさんちゃんの云うキャンプにかなりの開きが有る様な…そう云う事ですね
 まぁ私は既に列記している通り、アウトドア経験は殆ど無い訳で、経験者の意見に頷く位しか出来ませんのでorz
 まぁ用途をハッキリさせれば売る(まぁ所持等に免許まで作るかどうかは判りませんが)とニュースの文面では取れます(審査がザルでは意味が無いのは重々承知ですが)ので、その辺りは今後の情報待ちですかね…取り敢えず、当面その様な刃物は私には必要ないしww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2008年6月17日 (火) 16時51分

ども、目黒のさんまです。
さて、サバイバルナイフについてですが、現在日本で購入するには年齢を確認できる身分証明書の提示と、サインを求められます。

私の場合は、上記にある場所に行きますので当然持っていますが、買う際には使用目的の確認と、身分証明書のコピーも取られました。なお、事件に使われた場合は警察に関係書類をすべて提出するとも言われました。

昨年度、やはり豪州のキャンプ地に行ったときにも持参しましたが、入国審査ではナイフ類に関してはまったくお咎めなしでした。日本と比べて、野生動物に遭遇する危険度が遥かに高いので、持っていないとお話になりません。

                   ☆sanmawater 目黒のさんま★

投稿: 目黒のさんま | 2008年6月17日 (火) 23時39分

Shot>目黒のさんま さん
 なるほど、現段階でもそれだけの手続きが必要なんですね…コレを更に規制するとなると…やっぱ免許制?
 銃刀法の刀剣類に分類してしまえば確かに所持にも免許が必要となる訳ですが…
 アレも『現在は(精神的にも)健常者』と云う分類で免許が発行されますので、購入後の行動に付いても保証する訳ぢゃ無いですしねぇ…まぁソレ云ったら自動車運転免許だって、交通事故を起こさないと保障するものでは無いから同じ事なんでしょうけどww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2008年6月18日 (水) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510881/41559834

この記事へのトラックバック一覧です: 殺伐とした内用だが…:

« この土日… | トップページ | 特に書く事の無い一日 »